※写真をクリックで拡大します。
Home

10/21(Wed) ナイトダイビングを表現した新製品“OCEANUS CACHALOT”
ISO規格200m潜水用防水に対応した本格ダイバーズ

《カシオ計算機》 「Elegance, Technology」をコンセプトにした“OCEANUS(オシアナス)”のスポーティライン“CACHALOT(カシャロ)”の新製品として、ナイトダイビングを表現したダイバーズウオッチ『OCW-P2000D』を11月6日より世界限定1200個で発売する。
“CACHALOT”は、フランス語で「マッコウクジラ」を意味し、マリンスポーツ由来のスポーティさを機能とデザインで表現した“OCEANUS”のスポーティライン。ベースモデルとなる「OCW-P2000」は、“OCEANUS”のエレガントな存在感をまといながら、ブランドで初めてISO規格200m潜水用防水性能を備えた本格ダイバーズとして、今年6月に誕生した。
今回の新製品『OCW-P2000D』は、ナイトダイビングをイメージしてデザインした限定モデル。サファイアガラスのレジスターリングには、煌やかなゴールドとブルーのツートーンを採用し、ベゼルのチタンパーツにはレインボーIPを、りゅうずとボタンにはゴールドIPを施している。さらに、シルバー、ゴールド、レッドの時字を幾何学的に配置し、ナイトダイビングでの暗い海に、水中ライトで照らされた光が海面で輝く様を時計全体で色鮮やかに表現した。
性能面では、ベースモデル同様に裏蓋を特殊ビス8本で固定すると同時に、ねじこみ式のりゅうずにより気密性を高め、ISO規格200m潜水用防水を実現。潜水時間は逆回転防止機構付きのレジスターリングで表示するほか、ダイブモードに切り替えることで、エレクトロニクス技術を生かした針による計測も可能。さらに、スマートフォンの専用アプリと連携し、潜水時間と潜水スポットがアプリ上に自動記録され、いつでも簡単に過去のダイビングを振り返ることができる。文字板には高輝度なスーパーイルミネーターを備え、視認性も確保した。価格は275,000円(税込)。
https://www.casio.co.jp/release/2020/1021_ocw-p2000d/

10/15(Thu) セイコーがソニーのスマートウオッチと共同開発
アニメ「攻殻機動隊SAC_2045」とコラボした数量限定モデル

 セイコーウオッチ鰍ヘ、ソニー鰍ェ開発した、腕時計のバックル部にスマートウオッチとしての機能を内蔵するwena (ウェナ)の新型モデル「wena3」と共同開発した新ブランド『wiredwena』から、レギュラーモデル2機種と、人気アニメ「攻殻機動隊SAC_2045」とコラボレーションした数量限定モデル2機種の全4機種を、2021年1月15日より全国のワイアード取扱店にて発売すると発表した。
 特徴は、時計のケース本体 (ヘッド部)に搭載されるアナログクオーツムーブメントと、バックル部に内蔵されたソニーの新型スマートウオッチ「wena3」が連携するウェアラブルデバイスであること。アナログウオッチが持つ装身具としての質感を追求しつつも、「wena3」が有する電子マネー機能をはじめとした多彩な機能によって、現代社会における多くのシーンをサポートする。また、従来の「wena」シリーズにない、ヘッド部のムーブメントとバックル部の「wena3」がBluetooth機能によって連携し、ヘッド部のボタン操作により「wena」の機能の呼び出しや、バックル部のデータの一部をダイヤル上に表示することが可能になった。腕時計を使用するうえで、より自然でスムーズなアクションによってユーザビリティを向上することを目的としている。
 デザインは、構成要素を徹底的に減らし、過度な主張のない質感にこだわったケースに加え、ダイヤルは必要最低限の情報のみで立体的に構成することで、高い視認性を実現するなど、アナログウオッチならではの美しさを追求した。これは、多彩な機能をバックルにさりげなく搭載することで、自然に、違和感なくウェアラブルデバイスを身に着けてほしいというwenaが掲げるコンセプトにも通じている。
 なお、wiredwenaは、2020年度グッドデザイン賞を受賞。セイコーウオッチとして25年連続で受賞している。 価格は82, ,500円(税込)〜90,200円(税込)。
https://www.seikowatches.com/jp-ja

10/15(Thu) 『The CITIZEN』ブランド誕生25周年を記念した第二弾
和紙にプラチナ箔を施した数量限定モデル

 時計の本質を追求するシチズンブランドの最高峰『The CITIZEN』から、ブランド誕生25周年を記念した限定モデルの第二弾、年差±5秒の高精度光発電エコ・ドライブムーブメントを搭載し、土佐和紙にプラチナ箔を施した文字板とスーパーチタニウム™のケースを組み合わせた数量限定モデルが10月22日に発売される。価格は35万円+税。
 今年3月に発売された金沢金箔を使用したザ・シチズン25周年記念限定モデルに次ぐ第二弾となる同モデルは、プラチナ箔を施した土佐和紙文字板とデュラテクトプラチナを施したスーパーチタニウム™製のケースを合わせた仕様で、数量限定350本。文字板の土佐和紙は、千年の歴史を持ち世界で最も薄い和紙と言われる「土佐典具帳紙(とさてんぐじょうし)」を採用。さらに、日本の伝統的な「砂子蒔き(すなごまき)」技法でプラチナ箔を和紙の上に雪のように舞い散らせている。和紙の柔らかな風合いと、職人の手でひと つひとつ仕上げた砂子蒔きの上品なあしらいが、ふたつとない特別な仕上がりになってい る。スーパーチタニウム™ケースに施したライトシルバー色のデュラテクトはプラチナを配合しており、キズがつきにくいだけでなく、明るく透き通るような色調が特長。ケースと文字板双方に使われたプラチナの輝きが重なり、奥行や知性を感じさせるモデルとなる。また、光発電エコ・ドライブで年差±5秒という高 精度を誇るムーブメントを搭載。加えて、ザ・シチズンの日付つき年差精度時計は全て、2100年2月28日までうるう年などの月末カレンダー修正が一切不要なパーペチュアルカレンダーを搭載している。文字板、りゅうず、ケース裏ぶたのメダリオンには、シチズンの時計づくりの自信と誇りの象徴として、イーグルマークを載せている。
https://citizen.jp/

10/15(Thu) グランドセイコー誕生60周年を記念限定モデル
初のステンレススチールモデルが登場

 国産腕時計を代表するグランドセイコーの誕生60周年を記念し、発売された革新的な「メカニカルハイビート36000 80 Hours」のキャリバー9SA5を搭載した初のステンレススチールモデルが、12月11日より数量限定で発売される。
 一般的に駆動時間が短くなるハイビートムーブメントでありながら、『キャリバー9SA5』は最大巻上時で約80時間の長持続を実現した、世界最高レベルの機械式ムーブメントである。
 従来のグランドセイコーに搭載されている毎時36,000振動のハイビートムーブメント(9S8系)は、最大巻上時約55時間の駆動時間であったが、「キャリバー9SA5」では、高効率な脱進機やツインバレル(二つの動力ぜんまい)を採用することにより、毎時36,000振動のハイ ビートでありながら最大巻上時約 80時間駆動の大幅な長持続を実現した。  また、グランドセイコーが受け継ぐデザイン「セイコースタイル」を基本としながらも、全ての原点である初代グランドセイコーの意匠を見つめ直し、視認性や装着性を高めた、新しい時代のグランドセイコーをけん引する普遍的なデザインとなっている。
 9SA5を搭載した初のステンレススチールモデルとして、低重心のケースデザインと従来のメタルバンドよりも駒の幅を広くとることで、優れた装着性をもたらしている。
 ダイヤルには、ブランドを象徴する特別なカラーである「グランドセイコーブルー」を採用。秒針の鮮やかな赤色には、グランドセイコーのものづくりへの情熱が込められている。価格は110万円(税込)。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja

10/15(Thu) EDIFICE「ホンダ・レーシング」とのコラボ第4弾
新作モデル『EFS-560HR』10月9日発売

 カシオ計算機の高機能メタルウオッチEDIFICEから、「ホンダ・レーシング」とのコラボレーション第4弾となる新作モデル『EFS-560HR』(4万6200円)が10月9日に発売される。
 新作は、レースを通じて培った技術を市販車の開発に還元するHondaと、同じくレーシングチームへのヒヤリングを通じて時計の技術開発を行うEDIFICEの共通項として、象徴的なサーキットをデザインモチーフとした。 文字板には、路面のアスファルトを模した特殊加工を施したほか、文字板の円周とインダイアルにはサーキットの縁石をイメージした赤のアクセントを採り入れるなど、こだわりのデザインに仕上げている。ベゼルには、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材 を採用。 メカニックのハー ドな使用シーンを想定し、 バンドの 素材に CORDURA®ファブリックを表面に用い、更にケブラー®繊維をインサート。 また、風防には傷がつきにくいサファイアガラスを備えたほか、ソーラー充電にも対応し実用性も確保した。文字板やバンド、裏蓋には「Honda Racing」のロゴを随所に刻印。専用パッケージも用意し、「Honda Racing」を応援する思いを盛り上げる。
https://casio.jp/

10/15(Thu) 「ORIENT STAR」ブルーをイメージした数量限定モデル
裏ぶたに限定シリアルを刻む特別仕様の逸品

 エプソン販売鰍ヘ、世界の多くの人にオリエントスターを着けていただきたいという想いから、「ORIENT STAR」から世界をつなぐ空や海のブルーをイメージした“Moving Blue”をテーマにした、第二弾となる数量限定モデルを10月22日に、レ ディースモデルは11月19日に発売する。
 今回のモデルは、コンテンポラリーコレクションの『モダンスケルトン』『セミスケルトン』、新たに登場したレディースモデル、および『クラシックセミスケルトン』から合わせて4タイプが登場、いずれも裏ぶたに限定シリアルを刻む特別仕様の逸品となる。
 『モダンスケルトン』は、全体的にダークなブルーのグラデーションを用いながら、ダイヤルの表示にメリハリをつけ、スポーティーな印象を高めている(世界数量限定1300本〔国内700本、海外600本〕)。『セミスケルトン』は、コントラストを強調したブルーのグラデーションが澄み渡る海と漆黒の夜空を想起させる(国内数量限定400 本)。どちらのモデルもピンクゴールド色のパーツで縁取られたセミスケルトン部分は海を照らす満月のようだ。
新たに加わった『セミスケルトン』レディースモデルは、ブルーダイヤルのセミスケルトン部分を縁取るピンクゴールド色のパーツを変形させてカットし優しい光を放つ三日月を表現、12時位置のダイヤモンドは夜空に輝く星をイメージしている(国内数量限定400本)。
 『クラシックセミスケルトン』は、ソフトフォーカスのような淡いブルーのグラデーションにセミスケルトンやスモールセコンドの縁取り、12時のローマンインデックスを彩るピンクゴールド色も洒 落たアクセントを演じている(国内数量 限定400本)。
 4タイプのモデルにはプレステージショップ限定モデルも準備され、数量は各250本それぞれのモデルに替えバンドが付いている。
https://www.epson.jp/

10/15(Thu) 『CAMPANOLA』ブランド誕生20周年を記念モデル
文字板と見返しリングを使用している特別な時計

 時を愉しむためのウオッチブランド『CAMPANOLA』のメカニカルコレクションから、ブランド誕生20周年を記念して、80本の限定モデル「彪目金( あやめきん)」(95万円+税)とレギュラーモデル「暈響(かさねきょう)」(90万円+税)の2モデルが、11月下旬に発売される。
 20周年記念モデルは、会津漆の伝統工芸士、儀同哲夫氏による文字板と見返しリングを使用している特別な時計。すべて手作業によるもので、同じものは二つと存在せず、唯一無二の表情を楽しめる。「彪目金」は「金虫喰塗り(きんむしくいぬり)」といわれる伝統技法を基にアレンジして仕上げた美しい漆文字板が特長。はじめに漆を塗った乾く前の文字板の上に菜種を敷きつめて乾燥させ、後にその種をはがす。種をはがしてできた凹凸に金粉を蒔いたあと再度漆を塗り重ねて乾かし、最後に研ぎ出すことで独特の彪(ひょう)文様が現れる。漆を幾度も重ねた見返しリングにも、金粉を蒔いている。「暈響」は儀同氏の代名詞である濃紺の漆を文字板と見返しリングに用いている。さらに螺鈿細工をモザイク模様のように配置することにより、万華鏡を通して覗くさまざまな形を人生に重ねて表現している。両モデルとも、シチズン傘下のラ・ジュー・ペレ社の自動巻き機械式ムーブメントを搭載。スイスの伝統的な機械式時計の技術と日本の伝統工芸である会津漆が融合した、20周年記念にふさわしい特別な時計だ。
https://campanola.jp/

10/15(Thu) ユンハンスの新しいFORM A Titan
卓越したクオリティ、無駄を削ぎ落とした都会的なデザイン

 ユンハンス(取扱:ユーロパッション 梶jの新しいFORM A Titanは、シ リーズの妥協のない機能性をさらに高めた卓越したクオリティに、無駄を削ぎ落とした都会的なデザインを高品質のマテリアルと融合させた。マット仕上げのダイアルは明快な秩序を表現。特に目を引くのが正方形に刻み込まれた分目盛で、スマートなデザインを引き立てる一つの要素になっている。マット仕上げチタニウムのケースは、軽量性、耐久性、そして肌に優しいのが特徴。加えてサファイアクリスタルのダイヤルカバー が時計を保護し、アクティブなライフスタイルにふさわしいクオリティを証明している。ケースバックはカラートーンのミネラルガラスから内部を見ることができる。ストラップは丈夫なバッファローレザーまたはリサイクルPET材料で製 造される。価格は14万8000円+税。
http://www.europassion.co.jp/junghans/maxbill.html

10/15(Thu) オリエントの「SUN&MOON」ペアウオッチ
鮮烈なグリーンダイヤルの70周年限定モデル

 オリエントの幅広いコレクションの中でもひときわユニークなのは、24時間で一回転するディスクにあしらわれた太陽と月によって昼夜と1日の移ろいを視覚的に示すSUN&MOON表示を備えたモデル。これまでも機械式のメンズとクオーツのレディースが存在していたが、今年は新たなデザインを採用しペアウオッチとしての統一感を高め、10月22日に発売される。
 セミスケルトンのメンズは、世界中で愛されているオリエントならではのクラシカルなスタイルを踏襲している。 ボリューム感を抑えたケース、懐かしさと温かみを感じさせるボックス無機ガラス、美しい放射模様にバーイン デックスを組み合わせた文字板などを特長とし、ヴィンテージ感を併せ持つシンプルモダンのスタイルへと生まれ変わった。新しいレディースもメンズに呼応してケースと文字板にシンプルでクラシカルなデザインを採用、より薄いケースによって腕なじみが向上した。
 新たに誕生したSUN& MOON機構搭載モデルを代表するのは、70周年限定モデルの メンズ1500本(国内500本、海外1000本)、レディース700本 (国内200本、海外500本)。その特長は、縦方向に鮮やかなグラデーションを施したグリーンダイヤルで。10月22日に発売される。このグラデーションは、1970年代に一世を風靡したオリエントの「ジャガーフォーカス」モデルのグラデーションがモチーフ。また、組み合わせたゴールド色の針とインデックスも、70年代のヴィンテージ感を強調している。
 新たなデザインを採用するレディー スのレギュラーモデルは、ホワイトもしくはブルーMOP(マザーオブパール)ダイヤルの2モデルと、ホワイトパール調仕上げのダイヤル、合わせて3モデルがありポエティックなSUN&MOON表示を生かしたフェミニンなデザインが女性の手元を優しい表情で美しく彩る。
https://www.orient-watch.jp/

10/14(Wed) 「mizu collection」から泉をイメージ限定モデル登場
エシカルな合成ダイヤモンド「ラボグロウン・ダイヤモンド」採⽤

裏ぶた刻印サービス「エングレイビングサービス」実施(期間限定・無料)

《シチズン クロスシー》 シチズン時計は20〜30 代の⼥性に向けた上品で凛としたデザインに、使いやすい機能を兼ね備えたレディスウオッチブランド『CITIZEN xC(シチズン クロスシー)』 の新コレクション「mizu collection」から、2モデル(各132,000 円:税込)を11⽉5⽇に数量限定で発売する。両モデルともエシカルな合成ダイヤモンド「ラボグロウン・ダイヤモンド」を採⽤。また、このモデル含めた⼀部の対象モデルにおいて、裏ぶた刻印サービス「エングレイビングサービス(無料)」を期間限定(10⽉8⽇〜12⽉6⽇まで)で実施している。
新たに登場した「mizuコレクション」は、瑞々しく透明感あるカラーと⽔⾯の波紋のように柔らかで丸みのあるケースラインが特⻑。コレクション初の限定モデルは、⽩蝶⾙の⽂字板には淡いグラデーションを重ね、中⼼から外にむけて広がる繊細なパターンを施して湧き出る泉を表現。さらに⽂字板外周部に跳ねる雫をイメージした⼤⼩6ポイントのラボグロウン・ダイヤモンドが輝き、さらにりゅうずにも1ポイントと合計7ポイントをセット。限定モデルらしいエレガントなデザインに仕上げている。
2019 年より対象モデルを限定して実施し、好評されている刻印サービス「エングレイビングサービス(無料)」を期間限定(10⽉8⽇から12⽉6⽇まで)で実施する。時計の裏ぶたに数字やアルファベットなど好きな⽂字を36字まで刻印することができ、名前だけでなくメッセージを⼊れることも可能。
2モデル全てに共通してケースとバンドは軽量でキズに強く、肌に優しいスーパーチタニウムTMを採⽤。機能性も定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブを搭載するとともに、世界4エリア(⽇本、中国、ヨーロッパ、北⽶)で電波を受信し、正確な時刻・⽇付に修正する多局受信型電波時計と充実した機能を備えている。
https://citizen.jp/news/2020/20201014.html



admin only:
no_back
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536
page:1