※写真をクリックで拡大します。
Home

07/17(Wed) インテリアに合わせやすい「フィットウェーブカレンダーD210/D219」
木目調の掛置兼⽤のマンスリーカレンダーデジタルクロック

《リズム時計》 リズム時計工業鰍ヘ、マンスリーカレンダーデジタルクロック「フィットウェーブカレンダーD210/D219」を7⽉中旬から発売を開始した。
この新製品は、デスクなど省スペースでの使用に便利なD210(¥5,000+税)とインテリアに合わせやすい木目調のD219(¥10,000+税)を同時発売している。カレンダーデジタルクロックの決定版としてギフトにも最適。
正面のボタンで、簡単に過去や未来のカレンダー確認が可能で、インテリアに合わせやすい木目調の掛置兼⽤のマンスリーカレンダーデジタルクロック。
https://www.rhythm.co.jp/

07/17(Wed) 『シチズン エクシード プレシャス』 「深紅(しんく)」の和紙文字板
華やかさと実用性を兼ね備えた、働く女性のための時計発売

《シチズン時計》 大人の女性に向けたエレガントウオッチ『シチズン エクシード プレシャス』から文字板に和紙とダイヤモンドを用いた光発電エコ・ドライブ電波時計※1モデル(270,000円+税)を数量限定70本で8月8日、百貨店内時計売り場や時計専門店で発売する。
和紙を使用した文字板は、細かい繊維がおりなす、落ち着きある風合いが特長。このモデルは日本古来より高貴な色として用いられ、多くの人に愛されている深い紅色「深紅(しんく)」を採用することで、『エクシード プレシャス』らしい、大人の女性にふさわしい深みのある文字板に仕上がっている。また、インデックス(時刻を表す目盛り)に22ポイントのダイヤモンドを配することで、和紙の質感とダイヤモンドの輝きのコントラストが上品な華やぎを演出しており、さらに、りゅうずには文字板カラーに合わせた人工ルビー石をセットしているので、サイドからも美しく見える。
丁寧に磨かれたケースとバンドは、シチズン独自の表面硬化技術デュラテクトにより、プラチナのような明るい輝きのシルバー色を放ちながら、日常使いで発生する擦りキズや小キズにも強い仕様となっている。バンドはまるでブレスレットのような細やかなコマ割りで、腕にまとうような装着感。
定期的な電池交換の必要がない、光発電エコ・ドライブ、正確な時間を刻む電波受信機能と世界24都市の時間がすぐにわかるハッピーフライトを備え機能的。仕事にプライベートに、充実した毎日を送る大人の女性に寄り添う、工芸品のような特別な輝きと機能性を併せ持つ限定モデル。
https://citizen.jp/news/2019/20190717.html

07/04(Thu) 漆文字板のグランドコンプリケーション
「カンパノラ」から限定とメタルバンドモデル発売

 シチズンの時を愉しむためのブランド『CAMPANOLA』から、複雑機構「グランドコンプリケーション」を搭載し、日本古来の伝統色を漆文字板で表現した数量限定モデルが、8月に発売される。価格は43万円+税、数量限定300本。
 漆文字板が特長の限定モデル「留紺(とまりこん)」(AH4080-01L)=【写真】は、昼間の明るい空色が、次第に濃い紺に染まり、果てしなく広がる宇宙を表現している。
 古くから、濃い紺色ほど高級と尊ばれ、藍染でこれ以上濃く染められない色を「留」の字を用いて「留紺」と呼ぶ。「留紺」と名付けた、この限定モデルは、文字板だけでなく見返しリングにも漆を施すことで、独特の艶や立体感を持っている。
 また、ミニッツリピーター、ムーンフェイズ、パーペチュアルカレンダー、クロノグラフの4大複雑機構をクオーツで実現させたシチズンならではの「グランドコンプリケーション」ムーブメントを搭載。2002年にグランドコンプリケーションモデルが『カンパノラ』に登場して以来、ブランドを代表する独創のムーブメントになっている。
 同限定モデルに加え、グランドコンプリケーション搭載の、茜と紫で染めた日本古来の色の名がついた「深緋(こきあけ)」、文字板に電鋳による微細な模様が施こされたメタルバンドモデルの新作2モデル(共に40万円+税)が同時発売される。 
https://citizen.jp/

07/04(Thu) 「エコ・ドライブヨットタイマー」7月上旬発売
ヨットレースに特化したシチズンプロマスター

 プロフェッショナルスポーツウオッチとしての高い性能に加え、「想像力」という価値を提案する『シチズンプロマスター』から、本格ヨットレースに対応する機能を備えた3モデが、7月上旬に発売される。価格は5万円+税。また、シチズンはヨットレース「セーリング男子470級」で戦う、磯崎・高柳組を2019年から公式にサポートしている。
 1 9 8 9年に誕生した『プロマスター』は、数々のヨットレースをサポートしてきた。誕生30周年に当たる今年、ヨットレースに必要な機能を搭載した「エコ・ドライブヨットタイマー」
を発売する。
 同モデルに搭載したムーブメントCal.C660は、シチズンが独自に開発したアナログとデジタルのコンビネーションが特長。ヨットレースに求められる「カウントダウン」から「カウントアップ」へとダイレクトに繋がるレースタイマー機能、世界各地を転戦する際に必要なワールドタイム機能などを持つハイスペックな仕様となっている。
 また、ヨット計測機能を持たせたベゼルと見返しリングを備え、本格的なヨットレースに対応。20気圧という高い防水性能に、定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブ搭載、スポーツラグジュアリーというトレンドを意識したデザインとカラーリングで、タウンユースにもマッチする。
 またシチズンが、2019年からスポンサーシップ契約する磯崎・高柳組はヨットレース「セーリング男子470級」において、2018年世界選手権銀メダル、アジア大会優勝の実力をもち、日本セーリング連盟オリンピック強化委員会からナショナルチームとして選抜されている期待のペア。
https://citizen.jp/

07/04(Thu) 劇団EXILE佐藤寛太さんが熱演のセイコールキアWEB限定ムービー
「時計をする。物語が生まれる。」前篇

 セイコーウオッチ鰍ヘ、女性向けの主力ブランド「セイコールキア」のW E B 限定ムービー「時計をする。物語が生まれる。」前篇を、6月13日より公開。イケメン俳優として人気沸騰中の劇団EXILEメンバー、佐藤寛太(さとうかんた)さんが出演し、話題となっている。
 佐藤さん演じる後輩男子が、主人公である先輩女性と、彼女が身に着けている時計をきっかけに距離が近づいていく“時めき”の詰まった全7話。アラサー女性の理想の胸キュンシーンを様々なシチュエーションで描いている。
 今回の動画は、前篇となる3話。どの動画も、佐藤さんによる「腕グイ」などの女性だったら誰しも思わずドキッとさせられる男のモテ仕草が満載。時計をきっかけに始まる2人の恋の行方から目が離せず、10月より公開予定の後篇4話の展開にも期待が高まる。
https://www.seikowatches.com/

07/04(Thu) ガーミンジャパンが新コレクションを発表
“GPSプロウォッチ”で高級時計市場に参入

ガーミンジャパン鰍ヘ、米国での創業30周年を記念し、高級時計市場に向けた、新たなカテゴリー“GPSプロウォッチ”の『MARQ(マーク)』コレクションを発表。6月24日より、一部の時計販売店・大手量販店で販売を開始した。
 ガーミンは創業以来、「GPSを普及させて世界を変える」という理想を叶えるため、GPSナビゲーションおよび通信デバイスを提供している。
 G P S測位の高い精度を誇るガーミンの製品は、これまでに自動車、航空、海洋、アウトドア、フィットネスの分野で、世界中で2億台を超える製品を販売してきた。
 30年に渡り培ってきた技術を結集させ時計にプロフェッショナルのための計測器を搭載した“GPSプロウォッチ”『MARQ』コレクションで、高級時計市場に参入し、プロはもちろんのこ
と、“プロへの憧れ”を持つ人、また時計愛好家など、幅広いユーザー層を狙うとしている。
 『MARQ』は、高級腕時計の外観に、プロフェッショナルのための計測器を搭載した“GPSプロウォッチ”。自らの限界に挑み続けているドライバー、パイロット、マリナー、探検家、アスリートという、常に前進し記録を塗り替えていく人達のために、その記録を“マークする”ことから名付けられた。軽量でありながら、5つ(自動車、航空、海洋、アウトドア、フィットネス)のフィールドにおいて、高い性能と耐久性を発揮するために、それぞれに特化した機能と厳選された素材を搭載している。価格は21万円〜33万円+税。
https://www.garmin.co.jp/

07/04(Thu) ローラー式腕時計「FUTURE FUNK」
ピークスからラバーモデルの最新作を販売

 画期的なローラー式腕時計が話題となっているデジタルウォッチブランド「FUTURE
FUNK」から、トノーケースにラバーバンドを合わせたローラー腕時計の最新作FF104シ
リーズが、7月12日より発売される。なお、予約受付は6月13日からスタートした。
 企画販売は、1992年に創業し、スイス製腕時計FHB classicや、ZENOWATCHBASELなどの国内販売を手がけ、2003年からはRosemontブランドの代理店契約を締結、入手困難な1970年代のデッドストック腕時計など、幅広い種類の腕時計・アクセサリーアイテムを取り扱う潟sークス(東京都渋谷区、木村眞澄社長)。
 元々ローラー式腕時計は、世界が宇宙開発に沸いた1970年代がはじまり。車のメーターや飛行機の計器のようにローラーを縦に回す腕時計が1974年のBasel worldで発表され、話題を呼んだ。
 今回は、現代の最新技術により画期的なローラーデジタルウォッチF U T U R E -F U N Kとして蘇った。車のアナログ距離メーターをイメージし、ローラーを縦に回転させることによって時刻を表示することができる、クォーツ腕時計としては画期的なムーブメントを内蔵してい
る。1970年代に流行したスペイシーデザインのトレンドのひとつであった「LED WATCH」のスタイルを継承。1950年代からスイスの時計業界で活躍し続けているZ E N O - WAT C H
BASELのフーバー氏監修のもと、レトロなトノーケースのウィンドウから立体的なローラー機構を覗かせ、近未来的でありながらどこか懐かしさも感じさせるデザインに仕上げられている。色は、イエローゴールド、シルバー、ブラックの3種。価格はイエロゴールドとブラッ
クが1万4800円+税、シルバーが1万3800円+税。
http://www.futurefunk-watch.com/

07/04(Thu) ベストセラーモデル『シチズン アテッサ』AT8040を自在にカスタマイズ
4万通りの組み合わせ可能な『FTS(ファイン・チューニング・サービス)』開始

《シチズン時計》 高い機能性を搭載しグローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』のベストセラーモデル「AT8040」シリーズをベースに、バンドやケース、時分針などの細かい仕様まで4万通りにおよぶカスタマイズが可能になるファイン・チューニング・サービス(FTS)を7月4日にスタートする。
FTSは、多くのビジネスパーソンから好評を得ている『シチズン アテッサ』の人気モデル「AT8040」シリーズを自分だけの仕様にカスタマイズして購入できる新サービス。シチズンが提供する高い機能性を持つ人気モデルをベースに公式のカスタマイズサービスを提供することで、多様化したパーソナライズ需要に対応している。
カスタマイズのベースとなるアテッサ「AT8040」シリーズは、光発電エコ・ドライブや日中米欧電波受信機能といった実用性を備えながら、デザインや着け心地もバランス良く追求されており、2012年11月の発売以来、定価10万円〜13万円という価格ながら累計10万本以上というシチズン屈指の販売実績を持つ人気シリーズ。FTSでは、ビジネスシーンで活躍する機能はそのままに、様々な要望に対応できるよう、バンドだけでなく文字板や針などの細かな部品のカスタマイズも可能にした。
※仕様により、価格は110,000円〜140,000円+税での提供となる。
https://citizen.jp/news/2019/20190704.html

06/15(Sat)グランドセイコーから200m防水のクオーツダイバー登場
デイリースースにも馴染むデザイン

 国産腕時計を代表する「グランドセイコー」から、200m防水を備えた本格クオーツダイバーズウオッチの限定モデルが、限定800本で、6月8日より全国で発売された。価格は44万円+税。また、レギュラーモデル2機種も同時販売された。価格は42万円+税。
 これにより、グランドセイコーのダイバーズウオッチのラインアップは、メカニカル・スプリングドライブ・クオーツと、全ての機構が揃った。
 今作は、クオーツ式のため、グランドセイコーのダイバーズウオッチの中で最も薄く、よ
り幅広い層やシーンに馴染むケースデザインを実現している。
 使用するムーブメントは過酷な環境下でも精度が安定し、水中で見やすい太い針を回せるキャリバー9F61。ハイスペックながら時計の厚みを13mmに抑えることができ、装着しやすくデイリーユースにも適したデザイン。
 限定モデル(SBGX339=写真左)は、アクティブに活動するユーザーのチャレンジ精神や野心を表した、ビビッドなイエローのダイヤルリングが特徴。最も強いコントラストが生まれるブラック×イエローの組み合わせにより、日常での視認性を最大限に高めている。一方で、水中においてはイエローカラーの波長は減衰し灰色に見えていくため、ダイビング時に必要な時分秒針とベゼルの情報だけを判読しやすいよう考えられている。
 切り立ったベゼルに強い主張のある深いローレットは、素手でも馴染みの良いことに加え、細かい作業を行いづらいダイビンググローブを装着した状態でも損なわれない操作性を実現している。
 また水中で邪魔にならないよう、操作頻度の少ないりゅうずは、4時位置にセット。より過酷なダイビングの環境でも快適に使えるシリコンストラップを付属。汗や海水が抜けやすく水が溜まりにくい仕様になっており、さらに蛇腹状の部分は高い伸縮性を備えた構造で、実用性の向上を図っている。
https://www.seikowatches.com/

06/15(Sat) 「クレドール」と「杢目金」のコラボレーション
ブランド誕生45周年記念限定モデル

 竃ロ目金屋(高橋正樹代表)と、セイコーウオッチ鰍フ高級ウオッチブランド「クレドール」がコラボレーションし、日本発祥の伝統技術「木目金(もくめがね)」により、日本の原風景「風になびく実りの情景」を文字盤上に表現した「ブランド誕生45周年記念モデル」が、8月9日より、限定数量35本にて全国のクレドールショップで販売される。価格は300万円+税。
 木目金とは、400年前の江戸時代に刀装具用に考案された異なる色の金属を幾つも重ね、彫りやひねりを加えたのちに平らに伸ばすことで木目模様を出す日本発祥の金属加工技術。
 杢目金屋は、伝統技術の木目金を応用し、ブライダルジュエリーの製造・販売を全国で展開。杢目金屋のブライダルジュエリーは、「グッドデザイン賞」をはじめ世界最高峰のデザイン賞「reddotデザイン賞」「iFデザイン賞」や「ものづくり日本大賞・経済産業大臣賞」など国内外の賞を数多く獲得している。
https://www.seikowatches.com/



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1