※写真をクリックで拡大します。
Home

09/16(Mon) 「Feather」がテーマのペア限定モデルを11月から発売
「アテッサ」と「クロスシー」から

《シチズン時計》 シチズン時計のグローバルに活躍するビジネスマンをサポートする「アテッサ」と、上品で凛としたデザインに使いやすい機能を兼ね備えた「クロスシー」から、二人の未来へ羽ばたくFeather(羽)をテーマにした、ワールドタイム機能付光発電エコ・ドライブ電波時計ペア限定モデルが11月に数量限定で発売される。価格は各10万円+税、各2000本。
 華やかなライトゴールドカラーの文字板に施したさりげないFeatherパターンと、ゴールドのローマ数字のインデックスが印象的な、ペアモデルの特別仕様。アテッサはガラス外周にゴールドカラーを、クロスシーは美しく輝くエターナルプラチナのケースとバンド、ガラス外周の上品なゴールドカラーに加えて、12時・6時・9時位置に合計4ポイントのダイヤをあしらう。軽く、肌にやさしく、キズに強いスーパーチタニウムTMを使ったケースとバンドには、鏡面仕上げとサテン仕上げを使い分けて、奥行きのある表情を作り出している。限定モデル専用のボックス付きで、ペアでの購入だけでなく、ギフトにも最適。
https://citizen.jp/

09/16(Mon) 人気シリーズ「リネアルクス」の限定クレドール
美しいグラデーションのエナメルダイヤル

《セイコーウオッチ》 高級ウオッチブランド「クレドールの、都会的でエレガントな人気シリーズ「Linealx(リネアルクス)」より、クレドール誕生45周年を記念した限定モデルが発売される。
 「夜明け」をテーマに、安藤七宝店の高度な技法を用いたエナメルダイヤル限定モデルで、同シリーズ初となる自動巻メカニカルムーブメントを搭載した。メンズモデルは60本、レディスモデルは20本の数量限定で、10月11日よりクレドールサロンにて、2020年2月1日よりクレドールショップにて、販売される。価格は100万円〜125万円+税。またレギュラー4モデルも同時展開。価格は53万円〜90万円+税。
 クレドールは、日本人の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチブランドとして1974年に誕生し、今年45周年。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE D’ OR)」を意味するその名前に相応しく、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつ
に至るまで、厳選された素材に名工の技術を注ぎ込み、その美しさと品質を守り続けている。
 そんな記念を迎えた今年は、年間を通して「ハンドワークス」をテーマに、限られた職人による手の込んだ特別なモデルとしての第5弾は、エナメルを施した限定モデル。
 1880年(明治13年)創業の老舗七宝店「安藤七宝店」の、透明感ある美しいエナメルをダイヤルに採用。内側から外側にかけて深みが増していくグラデーションのエナメルは、職人が自ら釉薬の微妙な色味を調合し、メンズは4段階、レディスは5段階の色を生み出
す。それらを、土台となるひときわ優美な純銀製の素地に差し、焼成し、研磨する、という工程を繰り返し行い一枚のダイヤルベースが出来上がる。美しいグラデーションを施すには大変繊細な作業が必要となり、卓越した技術と経験を持つ限られた職人しか作ること
ができない。
 メンズモデルは「暁の氷(冬の夜明け前の水面に浮かぶ氷)」をイメージし、八角形が幾つも広がっていく模様をベースに、ライトブルーからダークブルーへのグラデーションを施している。
レディスモデルは「曙の水面(日が昇り始める頃の穏やかで優美な水面)」をイメージし、女性らしい柔らかなパターン模様に、色味はオレンジのグラデーション仕上げとなっている。
 紳士用キャリバー「6L75」は、ブランドにふさわしく厚さ3.69mmという薄さで、自動巻ムーブメントでは同社最薄レベル。また新たに投入された婦人用キャリバー「2L75」は、小型ながらもパワーリザーブ約50時間以上という持続時間を実現し、実用的に使いやすい
モデル。
 なお、今回新メカニカルムーブメントをレギュラーモデルでも展開することで、機械式を求める本格志向ユーザーなど、幅広い層の声に応える。
https://www.seikowatches.com/

09/16(Mon) Z世代の若者に向け、楽しさとコーディネートを提案
ALBAから「fusion(フュージョン)」デビュー

 セイコーウオッチ鰍ヘ、今年4 0 周年を迎えるカジュアルブランド「ALBA」より、スマートフォンの時計に慣れた「Z世代」の若者に向け、ファッションとしてウオッチを身に着ける楽しさとコーディネートを提案する、新しいウオッチライン「fusion(フュージョン)」を10月11日から全国で発売する。価格は1万1000円〜1万4000円+税。
 ブランドコンセプトは文字通り、“融合”。今の時代を切り取りジェンダーレスで、懐かしさと新しさが溶けあった世界を表現している。アートでキッチュなモノが好きな人が、男女を問わず着けられるウオッチとなる。
 ブランドデビューにあたり、Z世代のライフスタイルやコミュニケーションにおいて圧倒的な支持を受けるSNS『Instagram』内にブランド公式アカウント(@fusion_alba)を開設。さらに、ブランドの世界と重なる3人のファッションアイコンを起用したスペシャルムービーを制作。
メイクやファッション、ダンスなど、それぞれのライフスタイルに合わせてコーディネートし、ウオッチを身に着けて自分らしくポジティブに生きる日常を映していく。なおスペシャルムービーが、公式アカウントにて公開されている。
 Instagram公式アカウントでは、今後も「fusion」ブランドの魅力や商品に関する情報、ファッションとしてウオッチを身に着ける楽しさとコーディネートなどを紹介していく。アカウントのフォローや投稿への「いいね!」、また「#fusion」をつけての投稿などで応援できる。
https://www.seikowatches.com/

09/16(Mon) 「オーデシー」からパープルカラーの新作登場
サントノーレから日本限定モデル

《サントノーレ》 エレガントなレディスウォッチとして売れ行き好調な「サントノーレ」より、秋らしいパープルカラーの新作が人気のコレクション「オーデシー」から登場し、話題となっている。
 この新作は、日本市場の要望を反映した日本限定モデルで、秋らしいパープルカラーのダイヤルに合わせ、上品なパープルのレザーベルトで統一した華やかさを演出したモデル。
 ユニークで洗練されたエスプリが魅力の「オーデシー」の特徴でもある、クル・ド・パリ装飾は、ベゼルに2段、さらに7時位置の小秒針の外周にも施され、タイムピースを美しく彩っている。
 そして、もうひとつの魅力が4 時位置のリューズ。ユニークなデザインとともに快適な着け心地を実感できる。さらに、カボションのブラックオニキスがセットされ、優美な雰囲気を醸し出している。
 9月中旬より全国のサントノーレ正規取扱店で発売される。価格はSS:7万5000円+税、PGカラーケース:8万5000円+税。取扱い=栄光時計梶i03-3837-0783)。
https://www.eikotokei.co.jp/

09/13(Fri) NYの時計ブランド「BULOVA(ブローバ)」、“CURV(カーブ)”から新色登場!
世界初のカーブクロノグラフムーブメントを搭載した

《シチズン時計》 140年以上の歴史を持つ時計ブランドBULOVAが、腕へのフィット感を実現するために開発した“世界初”のカーブクロノグラフムーブメント搭載の腕時計“CURV(カーブ)”(120,000円〜131,000+税)の新色を9月13日から発売する。
9月発売の新色は、大人の華やかな魅力を醸し出すゴールドカラーにスモーキーなブラックフェイスのオールメタルモデルと、カーフ型押しバンド3色(ブラック、ブラウン、ネイビー)の合計4色が登場。

ブローバの人気シリーズ“カーブ”は、時計のガラス・文字板・針だけでなく、クロノグラフムーブメントまでもカーブさせた「世界初」の技術を搭載し2016年に発売した。
このモデルの最大の特徴は時計のムーブメント自体を薄くし、カーブさせることにより着用時の腕へのフィット感を上げたこと。オンにもオフにも適した上品かつ個性的なフェイスも魅力のモデルとなっている。
ブローバは140年以上の歴史と革新の技術をあわせもち、数々の「世界初」を生み出しているNYの時計ブランド。これまで1928年に「世界初の時計ラジオの発売」、1941年に「世界初のテレビコマーシャル放送」、1960年に「世界初の音叉式電子時計『アキュトロン』の発売」など、数々の世界初を生み出してきた。

https://bulova.jp/

09/13(Fri) 夜明けをテーマにしたグラデーションのエナメルダイヤル限定モデルを発売
<クレドール>の人気シリーズ「Linealx(リネアルクス)」より、

〜シリーズ初のメカニカルムーブメントを搭載〜

《セイコーウオッチ》 高級ウオッチブランド<クレドール>の、都会的でエレガントな人気シリーズ「Linealx(リネアルクス)」より、クレドール誕生45周年を記念した限定モデルを発売する。この新作は、「夜明け」をテーマに、安藤七宝店の高度な技法を用いたエナメルダイヤル限定モデルで、同シリーズ初となる自動巻メカニカルムーブメントを搭載している。
メンズモデルは60本、レディスモデルは20本の数量限定で、10月11日(金)よりクレドールサロンにて、2020年2月1日(土)よりクレドールショップにて、希望小売価格1,000,000〜1,250,000 円 + 税で販売する。またレギュラー4モデルも、希望小売価格 530,000〜900,000 円 + 税で同時展開される。
そんな記念を迎えた今年は、年間を通して「ハンドワークス」をテーマに、限られた職人による手の込んだ特別なモデルを開発しているが今作は、その第5弾となるエナメルを施した限定モデルとなる。
1880年(明治13年)創業の老舗七宝店「安藤七宝店」の透明感ある美しいエナメルをダイヤルに採用、内側から外側にかけて深みが増していくグラデーションのエナメルは、職人自ら釉薬の微妙な色味を調合し、メンズは4段階、レディスは5段階の色を生み出す。それらを、土台となるひときわ優美な純銀製の素地に差し、焼成し、研磨する、という工程を繰り返し行い一枚のダイヤルベースが出来上がる。美しいグラデーションを施すには大変繊細な作業が必要となり、卓越した技術と経験を持つ限られた職人しか作ることができない。

デザインテーマは、45周年の門出を記念する「夜明け」

メンズモデルは「暁の氷(冬の夜明け前の水面に浮かぶ氷)」をイメージしており、八角形が幾つも広がっていく模様をベースに、ライトブルーからダークブルーへのグラデーションを施している。
レディスモデルは「曙の水面(日が昇り始める頃の穏やかで優美な水面)」をイメージし、女性らしい柔らかなパターン模様に、色味はオレンジのグラデーション仕上げとなっている。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/news/20190912-53340579876

09/11(Wed) 江戸切子※をベゼルに採用した薄型“OCEANUS(オシアナス)”
三代秀石 堀口徹氏の制作・監修による

《カシオ計算機》 「Elegance, Technology」をコンセプトとした“OCEANUS(オシアナス)”の新製品として、スリムで上質感あふれるスタイルの“OCEANUS Manta(オシアナス マンタ)”より、夕方の都会の街並みをイメージした江戸切子※をベゼルに採用した『OCW-S5000D』を10月18日より世界限定2,000個で発売する。
新製品は、「堀口切子」の職人である三代秀石 堀口徹氏の制作・監修による、サファイアガラスベゼルを備えており、上空から見た規則正しく交差した道路や、ビル群で構成された都会の情景を、縦横に刻まれた日本の伝統の文様である「千筋(せんすじ)」で表現した。熟練の職人が細部にまでこだわり、全て手作業によってカッティングを施している。
ベゼルには“OCEANUS”を象徴する青、インダイアルにも用いられている新開発の琥珀色を採用している。さらに、カッティングラインを銀色で際立たせることにより、夕日が沈む都会の風景のような幻想的で美しいパターンを生み出していて、その文様は、堀口徹氏により今回「琥珀被千筋(こはくぎせせんすじ)」と命名された。
機能面では、標準電波受信に加え、Bluetooth®を利用したスマートフォンリンク機能を搭載。専用アプリ「OCEANUS Connected」との連携により、ワールドタイムの時刻を約300都市から簡単かつ直感的に設定できる実用性の高いモデルとなっている。価格は、230,000円+税。
https://www.casio.co.jp/release/2019/0911_ocw-s5000d/

09/05(Thu) RHYTHM PLUS「A Series・A4・時計」2モデル発売
オープンシェルフやカウンターに置きやすい

リズム時計工業梶i平田博美社長)は、インテリア性の高い時計シリーズとして、新たに”RHYTHM PLUS” をラインナップした。
そのシリーズ第一弾として、紙の寸法規格「A サイズモジュール」で揃えたA Series・A4・時計「8MY557SR06」(写真:¥10,000+税)と「8MG815SR03」(¥5,000+税)2モデルを9月11日より発売する。
A Seriesは、近年のインテリアに多いオープンシェルフやカウンターに置きやすい時計
のシリーズで、オープンシェルフやカウンターに置きやすい時計といえる。
Aサイズモジュールは、紙の寸法規格「Aサイズモジュール」で揃えたオープンシェルフやカウンターで収まりの良い時計で、付属のスタンドを使えば垂直に自立させる事が
できる。更に、時計を壁に掛けて使用したい場合は、裏面に置き用 のスタンドを収納することができる優れもの。
http://www.rhythm.co.jp/

09/04(Wed)“MT-G”シリーズ20周年で新たな外装素材へ挑戦
カーボン織材の積層ベゼルで強さと美しさを備えた“G-SHOCK”

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、今年発売20周年を迎えるメタルと樹脂の特長を融合させた“MT-G”シリーズの新製品として、軽量でありながら強くて美しいカーボン積層ベゼルを採用した『MTG-B1000XBD/B1000XB』を10月5日に発売する。
新製品は、“MT-G”に用いられる外装素材の新たな挑戦として、スマートフォンリンク機能や電波ソーラーといった高い機能性と、腕になじむミドルサイズを両立した「MTG-B1000」をベースに、同シリーズで初めてカーボン素材をベゼルに採用した。カーボンは、樹脂並みの軽さでありながら、メタルと同等以上の高い剛性を持つことが特長で、その分、切削をはじめとした加工が難しい素材。今回、積層立体成形技術と切削技術の向上を図り、複雑に構成されたベゼルパーツに用いることができた。
ベゼルは、カーボン織材とカラーファイバーの織材のそれぞれに樹脂を組み合わせた2種類のシートを幾層にも重ねて立体成形しています。『MTG-B1000XBD』(¥135,000+税)にはレッド、『MTG-B1000XB』(¥120,000+税)にはホワイトのカラーファイバー織材の層をアクセントとして取り入れることで、積層部を横から見るとカーボンの黒とのコンビネーションが、時計正面からはカーボン特有の美しい織り目模様がデザインのポイントとなり、素材と構造を生かしたさまざまな表情を楽しめる。
レッドの『MTG-B1000XBD』は、メタルパーツの裏側に高い耐久性を誇るファインレジンを重ねて軽量化を果たしたレイヤーコンポジットバンドを、ブルーの『MTG-B1000XB』には、柔らかくフィット感の高いソフトウレタンバンドを採用。バンドとケースの接合部には、ファインレジンとメタルパーツを組み合わせることで、強度も備えている。
https://www.casio.co.jp/release/2019/0904_mtg-b1000/

09/03(Tue) 国内の中価格帯市場で売上No1の女性用腕時計ブランド
『シチズン クロスシー』新コレクション「hikari」デビュー

2019年10月4日コレクション第一弾発売

シチズン時計鰍ヘ、上品で凛としたデザインに使いやすい機能を兼ね備えたレディースウオッチブランド『CITIZEN xC(シチズン クロスシー)』より、全ての時間を美しく照らす光からインスピレーションを得た新コレクション「hikari」を発表。コレクション第一弾として光発電エコ・ドライブ電波時計4モデル(各75,000円〜78,000円+税)を10月4日に発売する。
『シチズン クロスシー』は1996年の登場以来、女性用腕時計としていち早く光発電エコ・ドライブや電波時計を採用するなど、アクティブに働く女性にとって使いやすい腕時計を追求してきた。
2019年10月、『シチズン クロスシー』から「hikari コレクション」が登場、コレクション第一弾として4モデルを発売する。デザインコンセプトを軸としたコレクションを導入することで、幅広いバリエーションの中から好みのデザインをわかりやすく提案している。
「hikari コレクション」の特長としては、日々を輝いて過ごしてほしいという願いを込め、全ての時間を美しく照らす希望に満ちた光からインスピレーションを得たデザインが特徴のコレクション。今回発売するモデルでは、ベゼル(ガラス外周部リングの部分)を太陽のように美しく照らす力強い光をイメージしてデザインしている。
『シチズン クロスシー』は、全てのモデルに定期的な電池交換が不要の光発電エコ・ドライブや、防水機能など、日常をサポートする機能性を備え、確かな品質で正確な時を刻み続ける腕時計を通して、前を向く自信と安心感を提供している。『シチズン クロスシー』を選び、身に着けることで、前向きな気持ちになれるエンパワーメントブランドになることを目指し、これからもすべての女性を応援し続けていく。
https://citizen.jp/news/2019/20190829.html



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1