※写真をクリックで拡大します。
Home

05/15Fri) ギフトにぴったりのセイコークロック置き時計
記念品に適した天然の白大理石を用いた

 セイコークロックから、パーソナルギフトや企業記念品に適する天然の白大理石を用いた小型置時計1モデルが5月29日より発売される。
 天然素材ならではの質感を感じられる白大理石にカットガラスを合わせ、ミラー印刷とスワロフスキー(R)・クリスタルのきらめき、立体感のある銀色の時分針、繊細な柄を施した文字板と細部にまでこだわったギフト好適アイテムとなっている。価格は1万6500円+税。年間販売目
標は1500台。
https://www.seiko-clock.co.jp/

05/12(Tue) 光発電スマートウオッチ『CITIZEN Eco-Drive Riiiver』
シンプルモダンデザインの新商品を発売

《シチズン時計》 様々なデバイスを起点にヒト・モノ・コトを繋げるIoTプラットフォーム『Riiiver』に対応した光発電スマートウオッチ『CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー』から、シンプルでモダンなデザインの新商品(49,500円(税込)、税抜価格45,000円)を5月21日に発売する。
このモデルは、ビジネスシーンをはじめ、どんなスタイルにもマッチするシンプルでモダンなデザインに仕上げており、これまでのポップなカラーリングから一転、シンプルに文字板とバンドをワントーンで揃えた。全体的に落ち着いた印象でありながら、ドット型のサブダイヤルとインデックス、効果的に差し色を使用することで『Eco-Drive Riiiver』らしい遊び心を加えまた、球面クリスタルガラスを使用することで、立体的で柔らかな雰囲気。腕時計が本来持つ美しさを意識することで、新しさを感じさせながらもアナログならではの温かみや優しさを持ったデザインを目指した。
『Eco-Drive Riiiver』は、IoTプラットフォームである『Riiiver』を通じて、自分のライフスタイルや好みに合わせて様々なデバイスやサービスとつながることが可能な腕時計。
例えば、腕時計のボタンを押すだけでアプリと連携して情報を取得したり、IoT機器を操作できるなど、アイデア次第で様々な設定が可能。
スマートウオッチとしての機能性と、腕時計としての美しさを兼ね備え、加えてケーブルによる充電作業のわずらわしさからユーザーを解放する光発電エコ・ドライブ※を搭載。太陽などの光で充電することによって定期的な電池交換を必要としない。
https://citizen.jp/news/2020/20200427.html

05/12(Tue) 香蘭社有田焼の時計2モデルを発売
リズム時計の創立70周年記念モデルとして

《リズム時計》 リズム時計の創立70周年記念モデルとして香蘭社の伝統的な絵柄を採用した、香蘭社有田焼の時計「雲散らし799 /瑠璃富士絵799」を5月上旬より発売した。価格は¥220,000(税込)。
商品の絵柄には、有田焼の名門「香蘭社」の長い歴史の中でも特に思い入れの強い絵柄を選定している。
絵柄のひとつ「雲散らし柄(4SG799HG03)」は、1876年のフィラデルフィア万博でグランプリを受賞した当時のデザインで、千変万化流動する雲と鳥の組み合わせをイメージした風雅な文様となっている。
もう一つの「瑠璃富士絵柄(4SG799HG04)」は、古くから親しまれている富士絵を2013年の世界遺産を記念して書き下ろした作品で、富士山頂の真っ白な雪が、金彩に浮かび上がる印象的なデザイン。日本情緒あふれる桜で囲まれた香蘭社独特の美しい瑠璃色の時計。
日本のARITAを美術品として世界に認めさせた「香蘭社」は、江戸の元禄文化が花開いたおよそ330年前に、初代深川栄左衛門が有田で磁器の製造をはじめたのが香蘭社の前身。その後、明治維新の激動期に、有田焼は佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失い、その再興に指導的役割を果たしたのが八代目深川栄左衛門だった。当時の選りすぐった陶工、絵付師、陶商たちを一つにまとめ結社をつくったのが香蘭社といわれている。
https://www.rhythm.co.jp/

05/04(Mon) 『CITIZENEco-Drive Riiiver(エコ・ドライブリィイバー)』のサービス拡充
家電コントロールとコミニュケーション可能に

 シチズン時計鰍ヘ、様々なデバイスを起点にヒト・モノ・コトを繋げるIoTプラットフォーム『Riiiver』に対応した光発電スマートウオッチ『CITIZENEco-Drive Riiiver(エコ・ドライブリィイバー)』が、新たにスマートリモコン「Nature Remo」とコミュニケーションロボットの「B O C C O 」と4月8日(Android版を先行リリース、iOS版は今後予定)より連携し、サービスが拡充することになったと発表した。
 スマートリモコン「Nature Remo」は、さまざまな家電の赤外線信号を受信し学習させることで家電をコントロールできるスマートリモコン。これにより、例えば暑い日に家の外から帰宅途中で『Eco-DriveRiiiver』のボタンを押すとIoT プラットフォーム『Riiiver』を通して「Nature Remo」に繋がり、そこからエアコンを起動し、玄関を開けるころには部屋が涼しくなっている。というように、テレビなど身の回りにある赤外線信号に対応したあらゆる家電との連携が可能になった。
 コミュニケーションロボット「BOCCO」は、スマートフォンのアプリと連動し、外出中の家族と留守番中の子どもや離れて暮らす高齢の家族が、ロボットの音声でメッセージをやりとりできるコミュニケーションロボット。この「B O C C O 」との連携により、例えば『Eco-DriveRiiiver』のボタンを押すとIoT プラットフォーム『Riiiver』を通して「BOCCO」に繋がり、あらかじめ設定した言葉を話したり、『Riiiver』で繋いだ天気などのサービスを話すことが可能になった。
 詳細は、Riiiver公式サイトなどでhttps://riiiver.com
https://citizen.jp/

05/04(Mon) 伝統技法「塵地螺鈿(ちりじらでん)」が描く宇宙
『カンパノラ』の限定モデル

 シチズン時計鰍ヘ、時を愉しむためのウオッチブランド『カンパノラ』の光発電エコ・ドライブを搭載したコレクションから、伝統技法「塵地螺鈿(ちりじらでん)」を用いた300本の数量限定モデルを5月14日に発売する。価格は34万円+税。
 『カンパノラ』のデザインコンセプトである「宙空の美」を漆黒と神秘的なゴールドを組み合わせて表現、壮大な宇宙を時計の中にデザインしている。
 日本の伝統技法である漆塗りに、貝の真珠層を散りばめた「塵地螺鈿」細工が施された6時位置のサブダイヤルが特長。宇宙船の窓から眺めた漆黒の宇宙空間に輝く星空や、ムーンフェイズにより夜空に浮かぶ月の満ち欠けを表現した。また、古代アステカ風の文様で太陽を描いた12時位置のサブダイヤルは針で日付を表示。12時と6時のサブダイヤルを取り巻くように電気鋳造で回転連続パターンを施し、あたかもふたつの次元をワームホールがつなぐような世界を作り上げた。定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブの中でも、文字板の見返し部分にリング状のソーラーセルを備えた仕様のため、このような多彩な文字板表現が可能となった。
 さらに、シチズン独自の表面硬化技術デュラテクトDLCで加工した高級感のある艶やかな黒いケースは、すりキズに強いのが特長だ。
https://citizen.jp/

05/04(Mon) ヴィンテージテイスト『SKYMASTER』コレクション
「H U G OBOSS」の2020新作モデル

 栄光時計鰍ェ取り扱う「H U G OBOSS」の2020新作モデル『SKYMASTER』コレクションが全国のユーゴ・ボス正規取扱店で発売され、ヴィンテージテイストと高級感あふれるディテール
がカッコ良いと注目を集めている。
 新作は、飛行機のコックピットを思わせるダイアルデザインで、空へのアドベンチャースピリットを表現する。バリエーションは、シックなブラックダイアル×SS製ケースと、上品なネイビーダイアル×ラグジュアリーな印象のゴールドカラーケースの2モデルを用意。どちらのモデルもダイアルは、中心から外側に向かって放射線状に広がる太陽という意味のサンレイ模様。また
ラグに段差をつけたステップ・ド・ラグを施すなどヴィンテージテイストと高級感あふれるディテールが大人の装いを演出している。価格はブラックダイアル:4万1000円+税、ゴールドカラーケース:4万8000円+税。
https://www.hugoboss.com/

05/04(Mon) 「母の日限定セット」をオンラインストア先行
TiCTACのオリジナルブランド

 腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」は、女性向けのオリジナルブランド「SPICA」(スピ
カ)の「母の日限定セット」を4月27日よりオンラインストア先行で限定発売している。
 『SPICA』は乙女座の一等星の名を付けたTiCTACのオリジナルブランド。自分らしくおしゃ
れを楽しむ女性に向けた、ジュエリーのようなデザインが特徴だ。
 発売しているのは「SPICA」の中でも人気の高いロングセラーシリーズ「プチ・スクエア」の母の日ギフトセット。アンティークウォッチのような小さく華奢な時計にレザーベルトとメッ
シュプレスが付属している。価格は1万7000円+税で、100セットの限定。
https://www.tictac-web.com/

04/27(Mon)光発電スマートウオッチ『CITIZEN Eco-Drive Riiiver』
シンプルモダンデザインの新商品を発売

《シチズン時計》 様々なデバイスを起点にヒト・モノ・コトを繋げるIoTプラットフォーム『Riiiver』に対応した光発電スマートウオッチ『CITIZEN Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー、以下Eco-Drive Riiiver)』から、シンプルでモダンなデザインの新商品(49,500円(税込)を5月21日に発売します。
このモデルは、ビジネスシーンをはじめ、どんなスタイルにもマッチするシンプルでモダンなデザインに仕上げた。これまでのポップなカラーリングから一転、シンプルに文字板とバンドをワントーンで揃えた。全体的に落ち着いた印象でありながら、ドット型のサブダイヤルとインデックス、効果的に差し色を使用することで『Eco-Drive Riiiver』らしい遊び心を加えた。また、球面クリスタルガラスを使用することで、立体的で柔らかな雰囲気。腕時計が本来持つ美しさを意識することで、新しさを感じさせながらもアナログならではの温かみや優しさを持ったデザインを目指した。
『Eco-Drive Riiiver』は、IoTプラットフォームである『Riiiver』を通じて、自分のライフスタイルや好みに合わせて様々なデバイスやサービスとつながることが可能な腕時計。
例えば、腕時計のボタンを押すだけでアプリと連携して情報を取得したり、IoT機器を操作できるなど、アイデア次第で様々な設定が可能。
スマートウオッチとしての機能性と、腕時計としての美しさを兼ね備えた。加えて、ケーブルによる充電作業のわずらわしさからユーザーを解放する光発電エコ・ドライブ※を搭載。太陽などの光で充電することによって定期的な電池交換を必要としない。
https://citizen.jp/news/2020/20200427.html

04/17(Fri) 諏訪地方の冬の朝をイメージしたジュエリーウオッチ
グランドセイコーから

 国産腕時計を代表するグランドセイコーから、8日巻のスプリングドライブムーブメントを搭載した世界限定10本のジュエリーウオッチが、6月19日より国内、海外で順次発売される。価格は2000万円+税。
 その特徴は、諏訪地方などで冬の朝に見られる、ダイヤモンドダストとも呼ばれる神秘の自然現象「細氷」をイメージした、グランドセイコーならではの気品あるジュエリーウオッチ。
 シルバーグレーカラーのダイヤル中心部は、無数の粒子状のきらめきがダイヤルの奥から放たれるような独創的な仕上げで、「細氷」の鋭いランダムな光り方を演出。ボックスサファイアガラスは多くの光を取り込んでダイヤルを輝かせ、細氷の世界観を際立たせている。
 分目盛りとしてダイヤルを囲む48個の細長いテーパーバゲットダイヤモンドと、12個のバゲットブルーサファイアは、18Kホワイトゴールド製のダイヤルベース上に円周状に隙間なく水平になるようレール留めされている。
 ダイヤモンドとサファイアそれぞれの高さや向きを均一にセットするには、高度な技術が要求されるが、熟練した職人の技巧によって入念にセッティングされることで、端正な輝きを実現している。
 また、分目盛りの外周部にも、合計60個のダイヤモンドとブルーサファイアを、りゅうずにはブリリアントカットのブルーサファイアが配され、一層の輝きを放っている。
 1 2 時位置のサファイアは、他よりもわずかに幅が広いものを採用し、12時−6時の縦のラインを強調することで、時刻の読み取りやすさを高めている。
 ケースには、独自の組成で作り上げたプラチナ950を採用し、数トンの圧力をかける冷間鍛造
で密度を高めながら形作ったうえに、独自のアイデアと匠の技による特別なザラツ研磨を施している。これにより、プラチナ素材では実現が難しい平滑面とシャープな稜線を実現している。
 搭載されているキャリバー9R01は、高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」(長野県塩尻市:セイコーエプソン渇鱒K事業所内)が手がけるスプリングドライブムーブメント。
三つの香箱を直列に配置することにより最大約8日間(約192時間)の連続駆動を可能にしながら、ムーブメント内の限られたスペースを有効に生かしている。また、受け板の形状は富士山、ローターは太陽、ルビーは諏訪の街の灯り、そしてパワーリザーブ表示は諏訪湖がイメージされており、裏ぶたを通して、スプリングドライブの誕生の地から霊峰富士を望んでいるかのような情景を楽しめる。
https://www.grand-seiko.com/

04/17(FRi) 明るく爽やかな「朝日」、リマンチックな「夕日」
『CITIZEN xC』ダイヤモンド輝く限定2モデル

 シチズン時計鰍ヘ、上品で凛としたデザインに、使いやすい機能を兼ね備えたレディースウ
オッチブランド『CITIZEN xC』から、全ての時間を美しく照らす光からインスピレーションを得た「hikari コレクション」より、「朝日」と「夕日」をそれぞれイメージした限定2モデルを4月23日に発売する。また、好きな文字を36字まで刻印できる「エングレイビングサービス」(無料)を、発売から6月28日までの期間限定で実施する。
 「朝日」をイメージしたモデル(左:ES9446-54X/10万円+税)は、白蝶貝文字板の上半分をオレンジのグラデーションに染め、太陽をモチーフとしたエッチングパターンと4ポイントのダイヤモンドを施し、明るく爽やかな太陽のきらめきを表現した。
 また、「夕日」をイメージしたモデル(右:ES9444-50Y/12万円+税)は、白蝶貝文字板の上に薄紫のストライプグラデーションを施し、さらにゴールドのラメと7ポイントのダイヤモンドをちりばめることで夕日が沈むロマンチックな様子を表現した。
 2モデルとも、ケースとバンドに驚くほど軽く、キズに強く肌に優しいスーパーチタニウムTMを使用。光発電エコ・ドライブ搭載で定期的な電池交換は不要、また世界4エリア(日本、中国、ヨーロッパ、北米)で電波を受信し、正確な時刻・日付に修正する多局受信型電波時計。更に、りゅうずを一段引いて回すだけの2ステップで、世界24都市の時刻に修正できるワールドタイム機能を搭載、サマータイムにも対応と、充実した機能も兼ね備えている。
 さらに、「自分だけの特別感あるものを持ちたい」といった声に応え、2019年11月発売の限定モデルで実施し好評を博した刻印サービス「エングレイビングサービス(無料)」を、本モデルでも期間限定で実施する。時計の裏ぶたに数字やアルファベットなど好きな文字を36字まで刻印することができ、名前だけでなくメッセージを入れることも可能。特別なギフトとしてもオススメ。
https://citizen.jp/



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1