※写真をクリックで拡大します。
Home

11/15(Thu) 人気ブランド「HIROKO HAYASHI」とのコラボレーション限定モデル発売
グランドセイコーのレディスライン

レディスモデルに力を入れている「グランドセイコー」から、初の他ブランドコラボレーション企画として人気ブランドの「HIROKO HAYASHI」(林ヒロ子氏)との数量限定モデル(200本)が11月9日から全国のグランドセイコーマスターショップで発売され、注目されている。
同モデルは、1967年に生まれた傑作モデル「62GS」をベースに、レディスモデルのシルエットへと昇華させ誕生したエレガンスコレクションを、さらに時を刻むことが楽しくなりそうな「HIROKO HAYASHI」の世界観を放ったスペシャル限定モデル。
ストラップには、「HIROKO HAYASHI」のアイコンでもあるレザーアイテムを、時計のストラップとして2種類セットで販売。林ヒロ子氏のおすすめは、ダイヤルを挟み上下で異なるデザインを施した1本。高貴な印象のブルーグレーを貴重に、12時側にはベージュを6時側はシルバーを重ねたカラーリングで、相対する人と自身とでは別の景色が見える仕様となっている。もう1本は網目状に立体感を施したデザインで、シャンパンゴールドカラーが手元を華やかに彩る。
ダイヤルは、2色のグレージュカラーにより、4分割された特徴的なデザイン。ポイントとなるオレンジの秒針は今の自分を表し、4つの過去と未来の時間軸を行ったり来たりするイメージを持たせている。オリジナルレザーウオッチケース付きで、価格は75万円+税。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/

11/15(Thu) フランスの高級時計ブランド「RESERVOIR(レゼルボワール)」日本初上陸
一新時計が初年度5店舗展開

《一新時計》 創業2年で“時計界のアカデミー賞”といわれる「ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ2018」にノミネートされ、今年のバーゼルワールドでも注目されたフランスの高級時計ブランド「RESERVOIR(レゼルボワール)」と日本初の正規代理店契約を締結した一新時計梶i東京都港区、千葉和彦社長)は、11月1日より取り扱いをスタートし、初年度として5店舗の販売店を展開する予定とした。
レゼルボワールは、革新的な技術と情熱ある真のアドベンチャーを実現するための計器をコンセプトに、2016年にフランスで誕生。創業者のフランソワ・モロー氏は無類の計測機器マニアで、自動車や潜水艦、航空機の燃料計やメーターをインスパイアした大胆でユニークなデザインが特長。スイスで製造されているコレクションは、分針が240°反復運動するレトログラード仕様で、毎時間分針が始点に戻り、メーターのイメージや世界観を忠実に再現。時針はなく、6時位置にある窓に時が表示されるジャンピングアワーを採用。内部のモジュール(機構)は、世界最高峰の技術を持つテロス社製で、安心して長く使用することができる。価格帯は50万円〜80万円。遊び心と高級感が融合した大人のための1本。
http://www.isshin.com/

11/15(Thu) ウブロが活動資金200万円を提供「未来」を変革する女性を応援
「HUBLOT LOVES WOMEN PROJECT」

スイスの高級時計ブランド「ウブロ」が、2016年秋にスタートした、時代を変える勇気を持った女性たちの今と未来を支えるための「HUBLOT LOVES WOMEN PROJECT」が、今年も開催される。
今回で第3回を迎える「HUBLOT LOVES WOMEN AWARD for Entrepreneurship 2019」は、「未来」を変革する女性を応援するもので、起業について具体的に検討している女性、そして、すでに起業していて今後の事業拡大を計画している女性を対象に、幸せな変革をもたらすアイデア、そして実現可能な取り組みについてのプレゼンテーションを募集し、優勝者にはウブロが夢を実現するためのサポートとして活動資金200万円と、副賞としてウブロの腕時計を提供する。
昨年も多数の応募があり、いずれもクオリティの高い作品ばかりで審査は難航を極めたが、お笑い芸人のたかまつなさんが、優勝している。
審査員は、美魔女ブームの仕掛け人で、フリーマガジン「TOKYO VOICE」編集長の山本由樹氏、出版社勤務を経て独立した女性起業家で、『未来を動かす』など多数の著書や連載で発信活動を行う安藤美冬氏、そしてLVMHウォッチズ ジャパンCEO兼ウブロ アジアパシフィック リージョナルディレクターの坂井実和の3名。
応募締切は2019年1月14日。書類審査、ビデオプレゼンテーションによる二次審査を経て、2019年3月上旬に最終審査会および表彰式を行う予定。
http://hublotloveswomen.com

11/15(Thu) ドウシシャが15周年の記念モデル発売
F2501シリーズに続く第二弾

潟hウシシャのオリジナルライフスタイルブランド「Furbo design」が15周年を記念した腕時計を10月20日に発売した。同モデルは6月に発売したF2501シリーズに続く第二弾で、最大の特徴はスケルトン部分。ロゴとインデックスを残しながら、文字盤を切抜いたようなデザイン。ファブリックの替えベルトが付属し、カジュアルダウンした印象も楽しめる。
https://www.doshisha.co.jp/

11/01(Thu) グランドセイコー新CMは天海祐希さんを起用
レディースモデルに注目集まる

高級ウオッチブランド「グランドセイコー」の新WEB動画『自由に生きてる。だけど、時間には正確。』編が、10月18日よりWEB・店頭で公開され、20日よりCMオンエアが始まった。イメージキャラクターは引き続き女優の天海祐希さんを起用。“自分の意思を持ち、確かな審美眼と豊かな感性を備えた女性であること”を表現し、話題となっている。
CMに登場の商品は、1967年に生まれたグランドセイコーの傑作モデル62GSをベースに、レディースモデルのシルエットへと昇華させた新エレガンスコレクション。瞳や水滴、女性のボディラインといった、自然が生み出す歪みのないカーブフォルムから着想をえて、シンプルな中に見えてくる女性的な美しさを追求したデザインで、圧倒的な艶やかさを漂わせながら、ブランドアーカイブのオマージュも感じさせ、CMとともに注目されている。
同モデルの象徴となるのが、ケースデザインの主役とも言えるガラスサイドの大きなアーチにダイヤモンドをセッティングした部分。トップを揃えながら複数のサイズの石を組み合わせて立体的にセッティングすることで、あらゆる角度の光を取り込み、流れるような美しい輝きを放つ。さらに石留めした後には、ダイヤモンドの回りのケース部分にグランドセイコーならではの研磨を施し、歪みない金属の鏡面とシャープなラインがダイヤモンドと完璧に調和している。貴石を傷つけずに平滑に磨き上げることができるのは、細やかな匠の技ならでは。また12時位置に菱型状の輝く大粒のダイヤモンドを配置し、一層引き立てる。ダイヤルカラーは、シルバーと深紫の2色。共に11月9日発売。価格75万円+税。
また、限定コレクションとして、日本人デザイナー「HIROKO HAYASHI」とのコラボレーションモデルが登場。ダイヤルカラーはグレージュ。200本限定。11月9日発売。75万円+税。
https://www.seikowatches.com/

11/01(Thu) 「シチズン Kii:(キー)」からブランド誕生10周年記念モデル
アンティークデザインウオッチ

シチズン時計鰍ヘ、アンティークな雰囲気にスマートな機能をあわせ持つレディスウオッチ「シチズン Kii:(キー)」から、定期的な電池交換のいらない世界最小サイズの光発電エコ・ドライブムーブメントを搭載し、白蝶貝とダイヤモンドを用いた、ブランド10周年のアニバーサリーモデルを11月15日に発売する。価格は3万円+税。
アニバーサリーモデルらしく、Kii:のブランドコンセプトでもある、身に着ける人に明るさと自信を与えるデザインにこだわった。白蝶貝の文字板の中央には放射状の装飾で囲んだ星のパターンと、12時位置には1ポイントのダイヤモンドをあしらっている。また、バンドの裏には、Kii:のモチーフである「鍵」と「鍵穴」を描き、未来の扉を開いて欲しいという想いを込めた。簡単に付け替えが可能な、グレージュの替えバンドつき。また、限定BOXには星のパターンが施されている。クリスマスの贈り物や、一年間がんばった自分へのご褒美としておすすめ。
アンティークデザインの時計は機械式や電池式が多いなか、Kii:は光発電エコ・ドライブを搭載しているのでぜんまいを巻き上げたり、定期的な電池交換などのわずらわしさがない。加えて、トノー型の新作3アイテムも同時発売される。価格は2万3000円+税。
https://citizen.jp/

11/01(Thu) G-SHOCK人気の“ラバコレ”初のダイヤモンドモデルも登場
毎年好評のクリスマス限定ペアモデル

今年で生誕35周年を迎えたG-SHOCKから毎年好評のクリスマス限定ペアモデルに、アニバーサリーイヤーの締めくくりに相応しい、初のダイヤモンドをあしらったモデルが登場した。
天然鉱物として最高レベルに硬く普遍的な輝きを保つといわれているダイヤモンドと、タフネスを追求するG-SHOCKが「誰にも壊されない愛」を表現。シックなマッドブラックの色合いの中の12時、3時、9時位置にダイヤモンドを配置し、華やかさを演出。裏蓋にはゴールドの記念刻印を施し、さらにペアボックスはダイヤモンドのパターンを施したデザインで、聖夜を共に過ごす二人のためのスペシャルモデル。価格は4万7000円+税[写真]。
BABY-Gからは、Love is toughをテーマに、様々な苦難を乗り越えて永遠の愛を貫いたキューピッド(神)とプシュケ(人間)の固い絆を表現したモデルがスペシャルパッケージ付きで登場。価格は3万3000円+税。
https://www.casio.co.jp/

11/01(Thu) 時計業界初のミューメタルを採用し8万A/mの高耐磁性を実現
ボール ウォッチ

堅牢で信頼性のあるプラクティカルな機械式時計を展開するボール ウォッチ・ジャパン鰍ヘ、フラッグシップ・コレクションである「エンジニア ハイドロカーボン」より、「サブマリン ウォーフェア」を、12月より全国の正規販売店(10月現在69 店舗)を通して販売を開始する。世界限定1000本、300m防水、価格は26万5000 円+税。
アメリカを創業地とする『ボール ウォッチ』では過去に、南北戦争時代に開発された潜水艇の名をもつ「アリゲーター」、アメリカ海軍最初の潜水艦「ハンレー」など深海での使用を目的としたダイバーズ・ウォッチを開発してきた。
今回発売する「サブマリン ウォーフェア」は「潜水艦」を意味し、従来モデルよりも「視認性」や「耐磁性」にこだわり開発された。精悍なマットブラック文字盤、シンプルなシンメトリック・デザイン、反射防止処理済みのサファイアガラスは「視認性」を高め、時計内部のムーブメントを固定、保護するインナーケースに特殊素材のミューメタルを時計業界で初めて採用することで、80,000A/m という高耐磁性を実現している。
http://www.ballwatch.com/

11/01(Thu) ルミノックスの原点 初のGOLD仕様の日本限定モデル
初のGOLD仕様の日本限定モデル

「ルミノックス」(販売元:潟潟xルタ)から、初のGOLD仕様の日本限定モデルRef.3501.BO.JPLTDが11月9日、限定200本で発売される。価格は5万3000円+税。
人気の3500シリーズをベースに、軍用時計の開発を要請した元シールズの隊員が監修。インデックス、ベゼル、裏ブタまでゴールドカラーでデザインされ、ベルトに通常のラバーに加え、ルミノックス初期から人気の高いベルクロタイプのLNSストラップを採用。25年間発光し続ける究極の自己発光システム「ルミノックス・ライト・テクノロジー(LLT)」など、タフな性能はそのままに、豊富なカラーバリエーションやベルトバリエーションなどから、あらゆるプロフェッショナルだけではなくファッションとしても必要不可欠なアイテムとしての役割を果たす。
https://luminostore.shop-pro.jp/

11/01(Thu) ウィリアムズ限定モデル ORISのレーシングライン
「オリス・ウィリアムズFW41リミテッドエディション」

「ORIS」とウィリアムズレーシング・フォーミュラ1チームは、長年のパートナーシップを継続し、2018ウィリアムズFW41レースカーにインスパイアされた時計「オリス・ウィリアムズFW41リミテッドエディション」を11月下旬に発売する。価格は55万円+税。
ウィリアムズのテクニックを活かした軽量カーボンファイバーのケースとダイアルが特長で、ミドルケースはわずか7.2g。クロノグラフカウンターは、ウィリアムズレーシング・フォーミュラ1チームの有名なブルーに塗装され、歴史的なウィリアムズレーシングカーの計器盤に敬意を表し、8時のゼロ点にリセットされる。F1でウィリアムズの第41シーズンにちなみ410本の限定となっている。
https://www.oris.ch/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:10