※写真をクリックで拡大します。
Home

06/02(Wed) 日本のアイコンあしらった「Ten-dence」発売
葛飾北斎をはじめとした日本の酒落など

 2007年にスイスで誕生し、遊び心と存在感溢れる腕時計として世界中で愛され続けているファッションウォッチブランド「Ten-dence」は、葛飾北斎をはじめとした日本文化と日本の四季をモチーフにした繊細で美しい腕時計として「JAPAN I CON」コレクション3型を6月18日に発売し、同じく葛飾北斎を題材にした5月 28日に公開される映画「HOKUSAI」とのコラボS N Sキャンペーンを実施している。
 テンデンスは日本の文化や四季を腕時計のデザインに取り込んだユニークなライン「JAPA N ICON」をリリースする。日本文化の繊細な美しさを、テンデンスのダイナミックな表現技術と融合させたアーティスティックな腕時計は一度見ると忘れられない印象的なデザインになっている。
 海外でも人気の高い浮世絵から、葛飾北斎の名画「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」、東洲斎写楽の役者絵「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」をデザインに落とし込んだモデルと、日本の四季からは日本の国花の一つである「サクラ」 が立体的にデザインされたモデルの3 型を揃えている。
https://www.tendence.jp/

06/02(Wed) チェコ共和国代表するPRIM(プリム)
銀座三越で特別販売会を開催

 1949年からチェコ共和国にて自社一貫生産を行う機械式時計ブラ ンド・PRIM(プリム)の特別販売会が、5月26 日から、銀座三越6階シェルマ ンにて開催されている。取り扱いは潟uレインズ(東京都・日本橋)。
 特別販売会では数量限定生産の LEGACY 1(46万2000円)のほか、国賓への献上品として愛されてきたディプロマット(44万円=画像)など上品なヴィンテージフェイスの商品を多数揃えている。また、期間中にプリムの腕時計の購入者には、メーカーオーバーホール保証延長サービスを行っている。
 時計メーカー・プリムは チェコ共和国が社会主義時代の1949年から一貫自社生産を続ける小さな時計メーカー。
 時計作りの中心地スイス・ドイツから遠く離れた、チェコ東部のポーランド国境の小さな町で作られるプリムの時計は、50年代の雰囲気を残しつつも独自の発展を遂げてきた。50年代以降の自社製造ムーブメントを改良し現在も90%以上のパーツを自社で製造している希少なマニュファクチュール。 そのため自社工場内で切削加工するケースも34oから40oまでと形状もサイズも豊富でユニーク。針は一つ一つ型を抜いて職人が磨き上げ、自社内での青焼きも可能。ボヘミアングラスをカットした丸みのある様々なガラスも特徴の一つ。50年代の伝統的な製法を受け継ぐ数少ないメーカーだ。
https://prim-watch.jp/

06/02(Wed) 2021年限定のディープグルーンダイアル
GMインターナショナル「エドックス」

鰍fMインターナショナル取扱いのスイス時計ブランド「エドックス」の飽和潜水500mハイスペックダイバーズ『クロノオフショア1』から、新しいカラーバリエーションであるグリーンのダイアルとベゼルの限定モデルが6月 12日より発売される。
 力強さを演出するデザインを纏い、パワフルな存在感に加え、エレガントなディープグルーンの文字盤、同系色のベゼル、ダイヤモンドを配した1のアラビアインデックスと、ピンクゴールドPVDを施したケースでエレガントさがプラスされた。文字盤には美しい光沢感のあるサンレイ加工を施し、見る角度や光の当たり方により様々な表情を見せることも魅力の一つ。世界限定300本、23万6500円(税込)。
https://www.gm-international.co.jp/

06/02(Wed) スウォッチの新しいスペースコレクション
NASAや宇宙からインスピレーション

スウォッチグループジャパン潟Xウォッチ事業本部は、NASAとアイコニックな宇宙服からインスパイアされたスペースコレクションを6月3日より全国のスウォッチストア、6月8日よりスウォッチオンラインストアにて販売を開始する。
  時間の使い方は本人次第 。スウォッチの空に限界はなく、夢は無限に広がる。 NASAは全世代にわたって、さまざまな印象で受け止められてきたが、ひとつだけ変わらないことがある。それは、人々の想像力をかきたて、宇宙を、そして新しい世界を開拓していこうとする能力。スウォッチの最新コ レクションは、こうした気持ちを呼び起こさせて大きな夢を抱き、自分自身の宇宙を創り出し、この地球上で時間を最大限に活かすように人々をインスパイアする。
 イノベーションへの情熱に駆り立てるこのスペースコレクションは、 NASAをたたえ、スウォッチの BIOC ERAMICにおける次なる一章を切り開く。3分の2がセラミック、3分の1がバイオ由来のプラスチックで構成された BIOCERAMICは、シルクのような手触りで抜群の弾力性があり、両者の長所を結び付けている。5本のコレクショ ンのうち3本の時計は、バイオ素材を使ってい るのが特徴で 、 NASAの宇宙飛行士が着て いる宇宙服からインスピレーションを受けている。BIG BOLD CHRONO EXTRAVEHICU LAR(1万9800円)は、アイコニックな白の宇宙服からインスピレーションを受けたデザインだ。 NASAの宇宙飛行士、ストーリー・マスグレイブとドナル ド・ピーターソンの両人が1983年に着用したのが初めてで、白の服は太陽の放射線を遮断して飛行士を守る。このホワイトのクロノは 、47mm径のBIOCERAMICケースとバイオプラスチックのガラスが特徴。クロノグラフには、一般的な12時位置のアワーマーカーではなく、打ち上げのカウントダウンを意識して、最後の10秒間がレッドで強調されている。クラウンは2つのプッシャーと並んで3時位置に配置されていて、レッドとブルーのストラップループ、Swatch Glowの針、そしてNASAのロゴがデザインを完璧なものにしている。
https://shop.swatch.com/

06/02(Wed) Garminのダイビングコンピューター
革新的な安全性を誇る

 ガーミンジャパン鰍ヘ、ダイビングに必要なリアルタイムデータを提供し、安全で楽しい潜水をサポートするGPSダイビングコンピューターのDescentシリーズより、直径43mm、重さ約60gと軽量かつコンパクトデザインの 「Descent Mk2S」を6月17日に発売する。予約受付は6月3日開始。
 Descentシリーズは洗練されたデザインでありながら、ダイビングアドベンチャーを楽しむための多彩な高機能を搭載したダイビング用コンピューターシリーズ。フルカラーマップとGPSによるエントリーとエキジットのポイントをマークすることができる、ウォッチスタイルのダイビングコンピューターとして誕生し、多くのプロダイバーから支持され ている。
 新発売の「Descent Mk2S」は、 Descent M2の性能と耐久性はそのままに、女性の腕にもフィットして使いやすい軽量さコンパクトさを実現した。
 ウォッチサイズは、Descent Mk2シ リーズより約9mm小さい直径43mm。 重量も60gと軽量化しており、陸上での装着時にも過度な重さを感じさせない。また、ウォッチサイズは小さくなってもディスプレイサイズは1.2インチを確保。水中だけでなく太陽光下でも見やすいディスプレイを採用し、ダイビング時だけでなく日常でも快適な操作性を 実現した。
 またデザインも日常使いに配慮し、ベゼルはラグジュアリーなゴールドや、 カーボングレイ、ミネラルブルーなどやわらかい色合いを採用。QuickFitバンドでカスタマイズできるので、シーンに合わせてバ ンド(別売り)を付け替えて違ったスタイルを楽しむこともできる。
 ダイブモードは、 単一ガス モード、マル チガスモード、ゲージモード、アプネアモード、スピアモード、CCRモードなど、 6つから選択可能。水面でのGPS機能は、ダイビングの開始位置と終了位置を自動的にマークし、ログデータで潜水ポイントを確認。開始地点でポイント登録を行えば、浮上後に開始地点へ戻るナビゲートも可能。水中では、水中3軸電子コンパスで進行方向の設定、 設定した方向との偏差を表示し、目的あしらった葛飾北斎、 洒落など日本のアイコ ン Tendenceを発売の場所へ 容易に進行でき、 ビュールマン ZHL-16c アルゴリズムの計算式 で算出されたデータで最適な浮上指示を行う。さらに、トーン&バイブ レーションアラートにより情報や危険性を的確に通知する。 加えて、サンゴ礁などダイブサイト(POI)へのナビゲーションもできる高度なマッピングも搭載し、Garminの専用アプリ「Garmin Dive APP」を使用すれば、情報検索だけでなく自身のお気に入りポイントやショップをマッピングし、仲間と共有することができる。 また、海だけではなく、ランニング、登山、ゴルフ、スキーなど様々なアクティビティを楽しむ機能も搭載。  普段使いとしても、SNSなどのメッ セージ通知機能や音楽再生機能、 Suicaのキャッシュレス決済にも対応し、日常をスマートにアシスト。ヘルスモニタリング機能は、心拍数や呼吸数、 睡眠、ストレスレベル、体のエネルギー状態を数値化するBody Batteryなど、 健康管理に必要な様々なデータのトラッキングが可能。さらに、「血中酸素トラッキング」機能にも対応し、体調の見える化により毎日の健康管理をサポートする。
https://www.garmin.co.jp/

06/02(Wed) セイコー初の1000mダイバーズ誕生35周年を記念
<セイコー プロスペックス>

《セイコーウオッチ》 <セイコー プロスペックス>から1986年に誕生したセイコー初の1000m飽和潜水用ダイバーズ誕生35周年を記念し、プロフェッショナルツールとしての完成度をさらに高めた限定モデルを7月9日(金)より発売する。価格は297,000円(税込)で、全世界で1,200本の数量限定。
セイコーのダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生以来、独自のテクノロジーを搭載した商品を次々と世に送り出し、世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家から高い評価と信頼を獲得した。
 1986年に発表されたセイコー初の1000mの飽和潜水用クオーツダイバーズは、世界で初めてセラミックスを外胴プロテクターの素材に採用し、軽量、高耐食のチタン製ケースと裏ぶたのないワンピース構造の組み合わせによって、高い信頼性を誇った。
 このモデルの誕生35周年を記念し、プロフェッショナルツールとしての完成度を更に高め、深海という未知の世界に挑み続けるダイバーに最適な数量限定モデルが登場。
見た目にも特徴的なセイコー独自の外胴プロテクター構造は、高い気密性を誇る、裏ぶたのないワンピース構造のチタン製ケースに、ジルコニアセラミックスの外胴プロテクターを組み合わせたもの。1000m飽和潜水用の防水性能や、大きな衝撃にも耐えうる高い耐久性を兼ね備えている。ムーブメントには、ダイバーズウオッチ専用の高トルク(出力)クオーツムーブメント「7C46」を搭載し、深海の環境においても、太い時分針で確実に時刻を読み取ることができる。
 黒と白を基調とした視認性の高いダイヤルには、12時位置から6時位置にかけてブルーからブラックへのグラデーションが施され、暗く神秘的な海の世界に潜り、徐々に光が消えていく様子を表現している。
https://www.seikowatches.com

05/26(Wed) セイコープロスペックス初のダイバーズ
ファブリックストラップまとったアクティブな2モデル

《セイコーウオッチ》 <セイコー プロスペックス>から、日本の伝統技法で編み込んだファブリックストラップをまとったダイバーズウオッチ2機種を発売する。タフなダイビングシーンに応えるよう耐久性を高めることで、ファブリック製のストラップを55年を超えるセイコーダイバーズの歴史の中で初めて採用した。1965 メカニカルダイバーズ 現代デザインSBDC141の価格は137,500円(税込)で6月25日(金)発売予定、1970 メカニカルダイバーズ 現代デザインSBDC143の価格は148,500円(税込)で7月9日(金)発売予定。
セイコーのダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生以来、独自のテクノロジーを搭載した商品を次々と世に送り出し、世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家から高い評価と信頼を獲得してきました。1965年、1970年に発売されたメカニカルダイバーズは、いずれもセイコーダイバーズウオッチの歴史を語る上でマイルストーンとなるモデルです。
 1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチは、1960年代に南極の過酷な環境下で使用されることで、その信頼性を実証。アドベンチャーウオッチやパイロットウオッチにも通ずる、セイコー特殊時計開発の原点と言える。
 1970年発売に発売された、ユニークな流線型のフォルムが特徴的なダイバーズウオッチは、冒険家・植村直己氏が1974年〜76年にかけて行った北極圏12,000km犬ぞりの旅に携行され、過酷な環境における高い信頼性が実証されたことで知られている。
 この2つのマイルストーンのデザインを継承して現代的に解釈したケースに、しなやかなファブリックストラップを組み合わせることで、現代のライフスタイルに寄り添う新しいダイバーズウオッチが誕生する。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/news/20210526

05/25(Tue) グッチメイズとコラボレーションした数量限定モデル
<セイコー 5スポーツ>

《セイコーウオッチ》 日本製のメカニカルムーブメントを搭載したカジュアルウオッチブランド<セイコー 5スポーツ>から、鋭さと硬質さを感じるタイポグラフィなど、独自スタイルのグラフィック作品で国内外から注目を集める新進気鋭のグラフィックデザイナー、グッチメイズとコラボレーションした数量限定モデル(全2機種)を6月25日(金)より発売いたします。希望小売価格は各52,800円(税込)。
ダイヤル上に描かれたエッジの効いたグラフィックは、グッチメイズが本作のために「SEIKO」のアルファベットを分解し再構築したもの。SBSA135は、ベゼル表示板にエッチング加工で立体感と奥行感を表現し、鮮やかさと毒々しさが共存するカラーリングでまとめ、グッチメイズの作風を象徴するモデルに仕上がっています。SBSA131は、エッチング加工をダイヤル上に施し、グラフィックの力強さを引き出すとともに、全体をシルバーカラーのワントーンでまとめ、ラグジュアリーさを感じる仕上がりです。
部分には、5スポーツの「5」とスポーツの頭文字である「S」が象徴的にマーキングされ、裏ぶたにも、「SEIKO5S」のタイポグラフィがあしらわれています。
腕時計が収められたボックスにも、バックルと同じ「5S」のマークが表現され、裏ぶたと同様の「SEIKO5S」のタイポグラフィが施された2種のステッカーも付属するなど、余すところなくグッチメイズの世界観を満喫できるセット内容です。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/5sports/special/guccimaze/

05/21(Fri) 「master-piece」とコラボした限定2機種
セイコーセレクション

《セイコーウオッチ》 セイコーセレクションより、若い世代を中心に人気を博しているバッグブランド「master-piece(マスターピース)」とコラボレーションした限定モデル2機種を6月25日(金)に発売する。価格は58,300円(税込)〜63,800円(税込)。
1994年に生まれた「master-piece」は日常で使うことを目的に、ファッション性と機能性を高い次元で融合させたプロダクトを追求するバッグブランド。
国内外のサプライヤーと共同開発したオリジナルマテリアルなどを使用しながら、日本の自社工場で丁寧につくり上げられた「master-piece」のプロダクトは、使えば使うほど細かいディティールへのこだわりを感じられるモデル。
このモデルのディレクターである古家幸樹さんは「バッグを通した生活における機能美を追求するmaster-pieceにとって、数々の傑作を生み出してきたセイコーと、今回のプロジェクトに携わることができ大変光栄です。今回は、master-pieceが掲げる一つの側面”NEO WORK”の世界感をセイコーと共に表現しました。この時計とこれからの新時代を共に歩み、時を刻んでいただければ幸いです」とコメントしている。
本作は多様化するビジネスシーンやライフスタイルにマッチする、「master-piece」の「NEO WORK」コレクションのコンセプトを取り入れたモデル。カラーリングはスタイリッシュでクリーンなオールシルバーと、ソリッドで存在感のあるオールブラックを用意、どちらもワントーンに仕上げ、「master-piece」らしい機能美を表現している。
秒針は「master-piece」のブランドマークを模した特殊な形状で、差し色にブランドカラーのイエローを採用。ダイヤルには、バッグで使用されている生地の織模様をイメージしたパターンを施すなど、随所に「NEO WORK」のデザインマインドが表現されている。
裏ぶたには、コラボレーションモデルだけの特別仕様として、「master-piece」とセイコーのダブルネームがマーキングされていて、視認性に優れた大きめのダイヤルサイズでありながら薄型にすることで、着け心地がよく、カジュアルからビジネスシーンまで幅広く使用可能。
高いデザイン性だけでなく、ソーラー充電機能と5エリア6局(日本2局・中国・アメリカ・ドイツ・イギリス)の電波受信機能を備えたムーブメントを搭載しているため、時刻合わせや電池交換の必要がなく、日常使いに最適。
コラボレーション限定モデル購入者には、「master-piece」のバックに使用されている生地を使ったオリジナルデザインのポーチを用意している。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/seikoselection/master-piece

05/18(Tue) 創業140周年のスポーティーなクオーツGMTモデル
「グランドセイコー」の新たな挑戦への強い意志を

 セイコーウオッチ鰍ヘ、セイコー創業140周年を記念し、「グランドセイコー」の新たな挑戦への強い意志を、夜明けに輝く太陽の光をイメージしたダイヤルに込め、スポーティーなクオーツGMTモデルを6月10日より発売する。価格は60万5000円(税込)、2021本の数量限定モデル。
 限定モデルは、金色があしらわれたGSロゴ、ダイヤルリングやGMT針、そして光を受け反射し輝く放射パターンのダイヤルは、夜明けに輝く太陽の光を表現している。これは、セイコー創業140周年という節目の年に、グランドセイコーの新たな挑戦への確固たる意志を表している。
 上下2色に分かれたダイヤルリングは、第2時間帯の昼夜を視覚的に識別できるほか、GMT針には、時分針・およびインデックス上と異なる青色のルミブライトが施され、夜間でも高い視認性を確保している。
 要素を削ぎ落とした結果生まれた機能的な造形に、耐摩耗性に優れ、擦り傷が付きにくいブラックセラミックスベ ゼルを組み合わせたケースは、ソリッドな印象の外観に仕上がっている。また、20気圧防水と16,000A/mの強化耐磁性能を併せ持ち、ハードな環境に耐えうるスペックで、タフな使用シーンにも頼れる相棒となる。
 裏ぶたには、シリアルナンバーとともに、ブランドの象徴である「獅子の紋章」をかたどった18Kイエローゴールド製のワッペンが取り付けられている。
 さらに、ベゼルにセラミックスを採用したスポー ティーな2モデルがレギュラーコレクションに加わる。9Fクオーツのレギュラーコレクションで、セラミックスをベゼルに使用した初のモデルになる。ビビッドな赤色と青色が差し色として印象的なレギュラーモデルは、それぞれ、飽くなき挑戦への燃え盛る情熱と、冷静さの中に秘めた情熱をイメージし、 数量限定モデル同様、デザインとスペックの両面でアクティブシーンにマッ チする。価格は共に50万6000円(税 込)、発売日は6月10日。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:5