※写真をクリックで拡大します。
Home

09/15(Tue) “天使のはしご”をモチーフにした限定モデル
『wicca(ウィッカ)』から

《シチズン時計》 10 代〜20 代の⼥の⼦に向 けた"ときめき"を提案するウオッチブランド『wicca(ウィッカ)』からケース上部のスワロフスキー ®・クリスタルが特⻑の「ティアラスターコレクション」の数量限定モデル(41,800 円 :税込)限定数量 2,000 本を 10 ⽉ 15 ⽇に発売する。
『wicca(ウィッカ)』は、⼥の⼦がときめくデザインに、定期的な電池交換の要らないソーラーテックや⾃動で時刻を修正する電波時計など機能性を兼ね備える、レディスウオッチブランド。 「ティアラスターコレクション」は、ケース上部にスワロフスキー®・クリスタルを配置しているのが特⻑で、ティアラのように輝くクリスタルに『この時計を⾝に着ける⼈の願いが叶いますよう に』という想いを込めた。
この度発売する限定モデルは、“天使のはしご”と呼ばれる、雲の隙間から地上に差し込む柔らかい 光をイメージしている。ケースとバンドにはウォームゴールード⾊を使⽤し、ケース上部のブラウン のスワロフスキー®・クリスタルから⼀直線に、降り注ぐ光をイメージしたモチーフを⽂字板にプリ ントした。華奢なブレスレットタイプのバンドは、アクセサリー感覚でオン・オフ問わずどんな場⾯でも着⽤できるデザイン。 バンドには⼯具を⼀切使わずにサイズ調整できる「ワンタッチアジャスト」を、ブランドで初めて 採⽤した。⾃⾝で簡単にサイズ調整することが可能なので、オンラインでの購⼊や贈り物にも適している。
https://citizen.jp/news/2020/20200915_2.html

09/10(Thu) 「BERING(ベーリング)」から2020AWの新色4モデルが登場
“Luxe”がテーマの上品なペアウオッチにも

《BERING》 リズム時計グループのアイ・ネクストジーイー鰍ヘ、デンマークウオッチブランド「BERING(ベーリング)」の新製品6型(Changes、North Pole、Scandinavian Solarより各2型)を9月11日(金)よりBERING直営店で先行予約、9月18日(金)よりBERING展開店舗で発売する。発売開始とともにノベルティキャンペーンも実施。
BERINGのブランドカラーといえばブルーが定番カラーとしてラインナップされているが、実はもう一つのカラーとしてブラウンのIP加工は、上品な色合いが最大の特徴。光の当たり方によって、マットなブラウンになったり、紫がかった色合いに変化したりと不思議な煌めきがある。華美になりすぎず、地味にもならない、日常で使うための調和のとれたデザインが、北欧デザインならびにBERINGデザインならではの特徴といえる。
Changesのペアウオッチは、ケースをローズゴールドにしてエレガントな印象に。付属のストラップはレザーとメッシュをどちらもブラウンに統一してブラウンIPの美しさを時計全体で表現した。North Poleよりも深いブラウンカラーを採用しているため、全体的にクラシックな印象となり、レザーをセットするとよりクラシカルに、メッシュストラップをセットするとモダンな印象に変化する。
North Poleはケースをブラックカラーにして、アクセントを加えた。全体に施したブラウンカラーもChangesより明るいブラウンを使用することでカジュアルな印象に。針、インデックス、ロゴを全てローズゴールドカラーにすることでブラックケースの印象が際立ち、ドーム型の風防デザインも相まって腕元のワンポイントとして目を引くアイテムとなる。
ソーラー機能を搭載したScandinavian Solarシリーズからも新色としてグリーンカラーのペアウオッチが登場。洗練されたフェイスデザインとクラシカルなカラーの組み合わせが新しいペアウオッチとなる。
発売開始とともに、BERINGウオッチ購入した人に先着でオリジナルウオッチクロスをプレゼントするノベルティキャンペーンも実施する。価格は¥18,500〜¥26,500+税。
http://bering.jp/

09/02(Wed) LUKIA誕生25周年を祝して、綾瀬さんプロデュースの限定モデル
“ルキアヤセ” ブランド誕生25周年を記念

《セイコーウオッチ》 <セイコー ルキア>からブランド誕生25周年を記念したモデル第3、4弾として同ブランドのイメージキャラクターである綾瀬はるかさんプロデュースの「“ルキアヤセ” 綾瀬はるかプロデュース限定モデル」3機種を順次発売する。うち1機種は9月11日(金)より価格275,000円(税込)で発売し、他2機種は、10月9日(金)より価格は各132,000円(税込)で発売する。
女性の憧れの存在である綾瀬さんが考える「大人に似合う上質なウオッチ」が完成した。綾瀬さん自身が命名した「LUKIAYASE(ルキアヤセ)」は2016年にスタートした企画で、過去2回発売された限定モデルはいずれも好評を博している。本作はその第3,4弾。
本人が描いたスケッチ画を基に、ケースの形やインデックス、色のイメージやダイヤモンドの配置などをそのまま採用している。綾瀬さんこだわりの付け替え用ストラップも、着用される方を想い、多くのサンプルの中からセレクト。オンオフ問わず日々のファッションに合わせて楽しめるカラーや素材を選んでいる。
柔らかな光沢が美しい白蝶貝ダイヤルの7時位置には、綾瀬さんお気に入りの「ブルーサファイア」が配されており、インデックスにはすっきりとしたローマ数字が採用されている。秒針は、25周年を記念して作られたLUKIAの頭文字「ℓ」をモチーフにした新しいデザインとなっており、上下左右を取り巻く30石の煌びやかなダイヤモンドは腕元を華やかに演出している。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/news/20200902-84287737304

09/01(Tue) グランドセイコー誕生60周年を記念した数量限定モデル
朝焼けの色をイメージしたメカニカルモデル

《セイコーウオッチ》 国産腕時計を代表する<グランドセイコー>の誕生60周年を記念し、「グランドセイコースタジオ雫石」からほど近い、岩手山の朝焼けの色をイメージしたメカニカルモデルを数量限定で発売する。 価格は 605,000 円(税込)。
<グランドセイコー>は 1960年、当時の技術、技能の粋を結集し誕生、以来、 最高峰の腕時計を目指し、正確さ、見やすさ、美しさといった腕時計の本質を高い次元で追求・ 実現するための弛まぬ進歩を重ねることで、ブランドの伝統を築き上げ、今年、誕生60周年を迎えている。
本作ではこの特別な一年を彩るにふさわしい、ブランドを象徴するカラーである「グラン ドセイコーブルー」のダイヤルと陽極酸化処理 を施したブルーのチタン(外周部はタン グステン)製の回転錘を採用している。
ブルーのチタン製陽極酸化処理回転錘と裏ぶたサファイアガラスに施された真っ赤な差し 色によって「岩手山」の朝焼けを表現。 新製品の最大の特徴はシースルー仕様の裏ぶたから見ることのできる、鮮やかな回転錘。 メカニカルモデルの製造地である「グランドセイコースタジオ 雫石」のある、岩手県の八幡平から望む、「岩手山」の朝焼けをイメージした鮮やかなブルーの回転錘は、チタン素材に陽極酸化被膜を施すことで生まれる色彩が魅力。 陽極酸化処理回転錘に採用しているチタン材は、高弾性・高い振動吸収性を備えており、 衝撃による変形、ムーブメントや回転錘のベアリングへの衝撃の伝わりを軽減することで、 より安心して使用できる実用性も兼ね備えている。 裏ぶたのサファイアガラスの内側外周部には、真っ赤に染まった朝焼けの雲をイメージした赤い差し色が施されている。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/news/pressrelease/20200901

09/01(Tue) リズムからコンパクト加温器「MIS100」発売
シルクのような霧とアロマで楽しむ

《リズム時計》 シルクのような霧とアロマの香りで楽しむコンパクト加湿器 「MIST100」 を9月上旬より発売する。
日本最大級のインテリアSNS RoomClip(ルームクリップ)で行ったユーザーアンケートで「あなたの家に一番置きたいのは、何色ですか?」で選ばれ支持された「白」と「ダークグレー」の2色展開。
製品特長は、小さなサイズでしっかりと加湿するパーソナル超音波式加湿器。シルクのようにやわらかい霧と、雑菌の繁殖を抑制する抗菌仕様で、乾燥する季節、オフィスのデスクやベッドサイドで健康管理に役立つ。アロマオイルを使用すれば香りを楽しむことも可能。
超音波式加湿器は超音波の振動で水を霧状にし、加湿を行うもので、そのキーテクノロジーとなる超音波振動子にこだわり、質の高い日本製の振動子を採用。粒子が細かく(約3.5㎛)、シルクのようにやわらかな肌触りの霧を実現した。
運転モードは4種類。コンパクトながらも強約100㎖/h、中約50㎖/h、弱約20㎖/h の加湿量を実現。さらにリズム運転モードにすると自然の霧のような「ゆらぎ」を楽しめる。
https://rhythm.jp/lp/9YY017SR

08/15(Sat)『シチズン プロマスター』エコ・ドライブ アルティクロンの数量限定2モデル
アナログ高度計を備えたプロフェッショナルスポーツウオッチ

 プロフェッショナルスポーツウオッチとしての高い性能に加え、「想像力」という価値を提案する『シチズン プロマスター』から 、地上10,000mから海抜-300mまで計測可能なアナログ高度計を備えた「エコ・ドライブ アルティクロン」の数量限定2モデルが9月中旬に発売される。価格は10万円+税。
 「エコ・ドライブ アルティクロン」は、 地球上のあらゆる山の頂を上回る地上10,000mから海抜-300mまで計測可能な高度センサー搭載で、全ての情報を液晶ではなく、アナログで表示できるのが特長。
 新製品は、登山をイメージしたカ ラーリングの2モデルを用意。ピンクゴールドカラーのベゼルが映えるBN4055-35Wは、日の出直後や日没直前に高山の山頂が太陽光を受 けて赤く輝いて見える現象 「Alpine Glow」をイメー ジ。艶やかな黒にイエローの差し色が鮮やかなBN 4055-27Eは、夜間登山「Night Hike」をイメージしたモデルだ。カフストラップ(裏ぶたクッション付きのバンド)は、極寒の環境下でも裏ぶたの金属が肌に触れないよう考慮した仕様で、カラーリングやステッチなど随所にこだわったデザイン。BN4055- 35Wはシックなブラウンのシボ(シワ模様)カーフ、BN4055-27Eはカーフバンドの裏材部分にウレタン素材を貼り合わせた強度の高い仕様を採用している。
 両モデルとも定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブで駆動、またデュラテクトMRKにデュラテクトDLCを重ねたスーパーチタニウム™製のケースは、軽量で耐傷性に優れている。多くの情報を表示する文字板は、可能な限りシンプルなレイアウトで視認性を高めている。また、高度表示と時刻表示それぞれの判別をしやすくするため、針や夜光の色を使い分けている。
https://citizen.jp/

08/15(Sat) TiCTACのオリジナル機械式自動巻き腕時計
1960年代の国産時計をイメージした

 腕時計のセレクトショップ「TiCTAC」 が、オリジナルブランドのMovement in Motionから、1960年代の国産時計をイメージした、クラシカルな機械式自動巻腕時計の新作 『クラシック・スポーツ』 を発売した。 『Movement in Mo tion』は、日々顧客と対峙する腕時計専門店ならではの着眼点で、時を経ても古くならないデザインを心がけ、ディテールや色づかい、 質感や素材にもこだわって展開。自分らしいスタイルを持つ人の“マイ・スタンダード”を目指している。
 新作は機械式自動巻腕時計の『CLASSIC SPORTS』シリーズから登場。光沢のあるサンレイダイヤルにドルフィン針を合わせ、1960年代の国産時計を思わせるスポーティで クラシカルなスタイルに仕上がっている。36mm径の小ぶりなラウンド型ケースを採用し、毎秒8振動のハイビートムーブメントを搭載。ダイヤルに開けた6 時位置の小窓から、時 を刻むムーブメントの鼓動を楽しめる。機械の仕様やローターの動きを見て楽しめるシースルーバック、ラグや尾錠にエッジの効いた加工を施すなど、ディテールにもこだわって いる。 グレイ、シルバー、ネイビーの3色展開(ネイビーダイヤルのみ9月発売予定)。価格は4万4000円+税。機械式自動巻き(Cal.MIYOTA 90C5)、パワーリザーブ40時間、ステンレススティール、ミネラルガラス、5気圧防水。
https://www.tictac-web.com/

08/15(Sat) 「FORTIS」ブルーインパルスの日本限定モデル2機種
クロノグラフの「638ブルーインパルス」など

  世界70以上の飛行部隊のためにパイロットウォッチを製作してきたスイス・ ウオッチ「FORTIS」から、日本の航空自衛隊第11飛行隊、通称ブルーインパルスの創立60周年を祝し、日本限定モデル2機種(各50本)が発売され注目されている。
 発売されたのは、FORTISのオフィシャル・コスモノートシリーズをベースに製作されたクロノグラフの「638ブルーインパルス」(36万円+税)と三針の「647 ブルーインパルス」(22万円+税)。
 どちらのモデルも立体的なアプライドインデックスを備えたダイヤルの9時位置に、ブルーインパルスのロゴマークを配置。ケースの繊細なヘアライン仕上げと両面無反射サファイアクリスタルは日光の反射を防ぎ、瞬時の読み取りを可能にしている。さらにリューズのダブルパッキンシステムにより、非ねじ込み式リューズにも関わらず20気圧防水を確保している。ステンレススチール製ブレスレットのほかにコーデュラナイロン製ストラップ1本が付属する。
https://www.fortis.jp/

08/12(Wed) 『CITIZEN L(シチズン エル)』地球をイメージした限定モデル
ブルーグリーン文字板とダイヤモンドが輝く

《シチズン時計》 地球環境や人に配慮したサステナブルウオッチブランド『CITIZEN L(シチズン エル)』より地球をイメージした文字板とダイヤモンドが輝く腕時計2モデル(93,500円〜110,000円:税込)を数量限定で9月中旬に発売する。
このレディースウオッチブランド『シチズン エル』は、時計業界におけるサステナブルウオッチの先駆けとして、「CO2排出量の公開」や「製品成分表の公開」「DRCコンフリクトフリー」など、地球環境や人に配慮した「コミットメント*」を2016年よりブランド独自で掲げている。さらに、すべての製品に定期的な電池交換のいらない光発電「エコ・ドライブ」を搭載するなど、美しいデザインとサステナブルなものづくりを実現したウオッチブランド。
ケースベゼルとリングの間にセットされた大粒のダイヤモンドが回転しながら揺れ動く様が人気の「アークリーコレクション」。白蝶貝と組み合わせた深い海のように有機的で鮮やかなブルーグリーンの文字板は地球をイメージしている。文字板とガラス面にも大小4ポイントのダイヤモンドを施すことで、文字板に映るダイヤモンドの影が立体感を生み出している。ダークブラウンのサテン風合成皮革とウォームゴールド色ケースの組み合わせで、デイリー使いも可能なクラシカルで落ち着きのあるデザインに仕上げている。
https://citizen.jp/news/2020/20200812_1.html

08/12(Wed) 「エコ・ドライブ アルティクロン」から新色限定モデル登場
『シチズン プロマスター』アナログ高度計を備えたプロフェッショナルウオッチ

《シチズン時計》 プロフェッショナルスポーツウオッチとしての高い性能に加え「想像力」という価値を提案する『シチズン プロマスター』から、地上10,000mから海抜-300mまで計測可能なアナログ高度計を備えた「エコ・ドライブ アルティクロン」の数量限定2モデル(110,000円:税込)を9月中旬に発売する。
「エコ・ドライブ アルティクロン」は、地球上のあらゆる山の頂を上回る地上10,000mから海抜-300mまで計測可能な高度センサー搭載で、全ての情報を液晶ではなく、アナログで表示できるのが特長。
新製品は、登山をイメージしたカラーリングの2モデルを用意、ピンクゴールドカラーのベゼルが映えるBN4055-35Wは、日の出直後や日没直前に高山の山頂が太陽光を受けて赤く輝いて見える現象「Alpine Glow(アルペングロー)」をイメージしている。艶やかな黒にイエローの差し色が鮮やかなBN4055-27Eは、夜間登山「Night Hike(ナイトハイク)」をイメージしたモデル。カフストラップ(裏ぶたクッション付きのバンド)は、極寒の環境下でも裏ぶたの金属が肌に触れないよう考慮した仕様で、カラーリングやステッチなど随所にこだわったデザイン。BN4055-35Wはシックなブラウンのシボ(シワ模様)カーフ、BN4055-27Eはカーフバンドの裏材部分にウレタン素材を貼り合わせた強度の高い仕様を採用している。
両モデルとも定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブで駆動、またデュラテクトMRKにデュラテクトDLCを重ねたスーパーチタニウム™製のケースは、軽量で耐傷性に優れている。多くの情報を表示する文字板は、可能な限りシンプルなレイアウトで視認性を高めていて、また高度表示と時刻表示それぞれの判別をしやすくするため、針や夜光の色を使い分けている。
https://citizen.jp/news/2020/20200812_2.html



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:7