※写真をクリックで拡大します。
Home

09/07(Mon) 『MOUSSY クラシック スクエア』 発売
上質なデニムスタイルとマッチする、アクセサリー感覚のウォッチ

《オリエント時計》 ファッションブランド「MOUSSY(マウジー)」から、『MOUSSY クラシック スクエア』1型2アイテム(価格:15,000円+税)を9月10日より全国で発売する。なお、「MOUSSY」直営店でも9月10日からの発売となる。
『MOUSSY クラシック スクエア』は、華奢で女性らしいスクエアケースに細身の型押しレザーバンドを組み合わせた、「MOUSSY」のハイカジュアルなスタイリングにマッチするモデル。
文字板は型打ち模様入りのシャンパン色と柔らかい雰囲気の白蝶貝の2色。 さらに、シャンパン色にはテジュー柄、白蝶貝にはトカゲ柄の型押しバンドをそれぞれ採用することで、上品かつスタイリッシュな「MOUSSY」ブランドの個性を主張するテイストに仕上げた。
また、ヴィンテージ感のあるローマ数字のインデックスがクラシックな雰囲気を演出し、アクセサリー感覚で使える。
http://www.orient-watch.jp/press/details/?press_id=235

09/07(Mon) 『オリエント Neo70's ソーラー電波』発売
「Neo70'sシリーズ」に実用性と機能性を兼ね備えたモデルが新登場

《オリエント時計》 『オリエント Neo70’s ソーラー電波』 1型4アイテム(価格:36,000円+税、39,000円+税)と『オリエント Neo70’s ORIENT65周年記念限定モデル』1型1アイテム(価格:36,000円+税)を9月18日より全国で発売する。
今回発売する『オリエント Neo70’s ソーラー電波』は、実用性と機能性に優れたソーラー電波を採用したモデル。丸型ケースに3面カットガラスを組み合わせることで、レトロ感の中にも現代的なスタイリッシュさを印象づけた。また、ソーラー電波の搭載により、時刻合わせや電池交換も不要になることから、ビジネスシーンにも最適なモデルとなっている。
特徴的な形状のインデックスにケースリングを重ねることで立体感溢れる文字板に仕上げた。文字板カラーも12時から6時に掛けて光沢感のあるグラデーションカラーを採用することで深みのある雰囲気を演出している。カラーバリエーションもグリーン、グレー、ブルー、レッドと4色を用意。バンドは、艶消し3列メタルバンドにより、文字板、インデックスの鏡面を引き立てている。
『オリエント Neo70’s ORIENT65周年記念限定モデル』は、上記のモデルに限定モデル用に開発したラメ入りの文字板を採用した。金色のインデックスとスパークリンググリーンのダイヤル色を組み合わせることで、特別感溢れるモデルとなっている。価格は¥36,000・¥39,000+税。
http://www.orient-watch.jp/

09/07(Mon) 『オリエントスター エレガントクラシックトノー』発売
オリエントスターのクラシックラインに上品な雰囲気のトノーモデルが登場

《オリエント時計》 『オリエントスター エレガントクラシックトノー』 1型2アイテム(価格:80,000円+税、84,000円+税)を9月19日より全国で発売する。
今回発売する『オリエントスター エレガントクラシックトノー』は、丸みを帯びたトノー型ケースにカーブを描く両球面サファイアガラスを組み合わせることで柔らかなケース形状としながらも、ケースの上面、下面に直線的な面構成を施すことで、クラシックでありながら古さを感じさせない現代版クラシックを表現した。ケースサイズは日本人の腕に馴染みやすいサイズとし、さらにスモールセコンドを搭載した新キャリバーを採用することで時計の厚みを抑え、日常使いにもピッタリなクラシックモデルとなっている。
ダイヤル&インデックスには、シルバーの文字板に絶妙なバランスで配置されたローマインデックスと青い眼鏡針を採用。ローマインデックスと青い眼鏡針というクラシックの王道的な組み合わせで、男性の腕元を落ち着いた雰囲気に演出しる。さらに、ダイヤル中央部の型打ち模様で立体感を醸し出し、オフセットされた小秒針が良いアクセントとなって、上品で存在感のある文字盤に仕上げた。
バンドは通常の皮革バンドに比べ、剣先に向かう形状を強く絞り込むことで、時計全体を繊細な印象に仕上げている。価格は¥80,000と84,000+税。
http://www.orient-watch.jp/

09/07(Mon) 新色ブラックxゴールドの「エドックス」のデルフィンコレクション新発売
伝説的防水時計の復刻コレクション

“EDOX(エドックス)”は9月10日、「デルフィン オリジナル クロノグラフ」の新色を新発売する。デルフィンは、1960年代初頭に人気を博したエドックスの伝説的防水時計の復刻コレクションで、革新的なダブルリュウズシステム(特許取得)と丈夫なケースバック構造により、リューズをねじ込みなしで200m以上の防水を実現した。
新作のデルフィン オリジナル クロノグラフは、ステンレススティールベゼルにブラックPVD加工を、ケースやインデックスにゴールドPVD加工を施し、精悍さと艶感がプラス。タフで艶のある腕元を演出している。
http://edox.jp/

09/03(Thu) ワールドタイムの快適な操作性と上質感を追求した“OCEANUS Manta”
新開発のデュアルコイルモーターを搭載

《カシオ計算機》 フルメタル電波ソーラーウオッチ“OCEANUS(オシアナス)”の新製品として、プレミアムライン“OCEANUS Manta(オシアナスマンタ)”より、ワールドタイムの操作性と上質感を追求した『OCW-S3400』を10月23日かr発売する。

この『OCW-S3400』は、わずか10.7mmのケース厚というスリムなスタイルでありながら、凸型のラウンド時字を採用することで、立体的で上質感漂うデザインを実現したモデル。
メインダイアルと3時側にあるインダイアルで、2つの都市の時刻を同時に表示するデュアルダイアルワールドタイムを採用。インダイアルには、時計回り・反時計回りともに運針速度の速い新開発のデュアルコイルモーターを採用し、素早く快適な時刻合わせを可能とした。運針速度に緩急をつけた遊び心のある動きが、時計を操作する楽しみを演出する。また、2都市の時刻は、右上のボタンを押すだけで素早く入れ替えることができる。
さらに、同社独自の発電効率に優れた遮光分散型ソーラーパネルを活かし、くっきりとした美しい黒の文字板を実現。ワイドフェイスデザインと相まって、優れた視認性と美しさを両立させている。もちろん、風防には両面無反射コーティングデュアルカーブサファイアガラス、ケースには最高峰の研磨技術であるザラツ研磨、都市コードリングなどのパーツに“OCEANUS”独自のこだわりのブルーを採用するなど、“OCEANUS”らしい贅沢な仕上げを随所に施した。
http://www.casio.co.jp/release/2015/0902_OCW-S3400/



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37