※写真をクリックで拡大します。
Home

03/16(Tue) 自然と調和する世界限定15本のジュエリーウオッチ
セイコー創業140周年記念限定モデル「グランドセイコー」

信州の「御射鹿池(みしゃかいけ)」をデザインテーマにした

「グランドセイコー」から、8日巻のスプリングドライブムーブメントを搭載したセイコー創業140周年記念限定モデル、世界限定15本のジュエリーウオッチが、5月21 日より国内、海外で順次発売される。価格は2200万円(税込)。
 昨年、8日巻のスプリングドライブムーブメントを搭載した、ブランド初のメンズジュエリーウオッチが発表され、今年はセイコー創業140周年を記念し、第2弾として長野県茅野市にある、「御射鹿池(みしゃかいけ)」をデザインテーマにしたモデルが登場した。  「御射鹿池」は、スプリングドライブをベースとした複雑時計や最高級品を手がける専門工房「マイクロアーティスト工房」(セイコーエプソン 渇鱒K事業所内)のある長野県奥蓼科の森の中にひっそりと佇む。水面には周囲の山々が逆さに映り込み、神秘的な光景を生み出している。季節ごとに色を変える木々は夏になると深緑へと変化し、水面に映る壮麗な景色は訪れる人を魅了する。日本を代表する画家の1人である東山魁夷が1982年に発表した 作品、「緑響く」のモチーフになったことでも知られている。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja

03/16(Tue) 「TiCTAC」オリジナルからの新作
ロングライフデザインの腕時計

 「TiCTAC」のオリジナルブランド『Move ment in Motion』から、新作「イジル感ソーラークロノグラフ」が全国の店舗とオンラインストアで発売された。
 同オリジナルブランドでは、日々顧客と対面する腕時計専門店ならではの着眼点で、時を経ても古くならないデザインを心がけ、ディテールや色づかい、質感や素材にもこだわって展開。自分らしいスタイルを持つ人の“マイ・スタンダード”を目指している。
 新作は、2005年発売の初代『イジル感』で最も人気の高かった二つ目クロノグラフをリブートして発売、復刻カラー1点と新色3点、計4アイテムを展開。“一生つきあえる”モノづくりがされていた時代の「カメラ」をモチーフにした、ロングライフデザインの腕時計になっている。また、サイズを一回り大きく 42mm径とし、ソーラムーブメントを搭載してアップデートした。価格は3万 9000円+税〜4万3000円。
https://www.tictac-web.com/

03/16(Tue) 薄さ5.5mmのリンクウォッチ新作3モデル登場
北欧デンマーク「BERING」

 リズムグループのアイ・ネクストジーイー 鰍ヘ、デンマークウォッチブランド「BERING」より、薄さ僅か5.5mmのリンクウォッチの新作3型を3月12日から発売した。昨年の3月には同シリーズから史上最薄の4.8mmの薄さのシリーズが発売されている。
 寄り添うように袖元を邪魔しないスリムケースは、その着け心地の良さから人気のコレクション。 ビジネスシーンでの着用も多く、正面からの見た目からは想像できない薄さが魅力。煩わしい印象のメタルバンドモデルも、ウルトラスリムコレクションで印象が変わるかもしれない。腕時計が苦手な人や初めての腕時計に勧めたい。新作のウ ルトラスリムリンクはネイビー、グレー、 シルバー×ブラックの全3色。シルバー ×ブラックのみ直営店のみで先行販売される。径40mm、重さ87.5g、3気圧 防水、価格2万3100円〜2万4200円 (税込)。
https://bering.jp/

03/16(Tue) 「ウィッカ」時計×ネイルの新しい提案
“ときめくとき”を刻むウオッチ

 “ときめくとき”を刻むウオッチ「ウィッカ」が、手元からおしゃれを楽しむ女の子に、 時計×ネイルの新しい提案をはじめた。
 3月4日に発売された世界限定2200本の最新作は、オリジナルのネイルポリッシュ付きのソーラーテック春の限定モデル。
 パレットに見立てた文字板はネイルを塗ったり、ストーンを散らしたようなデザイン。風になびくように軽やかなローマンインデックスは舞い上がる花びらをイメージ。インデックスとスワロフスキー ®・クリスタルのカラーは下から上に向かって徐々に明るい色合いに。「上昇気流にのって何事も良い方向へ向かっていきますように」という想いを込めている。その他、文字板外周にあしらった華やかなラメ、定期的な電池交換が不要、コフレのような限定ボックス付き。価格は2万6000円+税。
https://wicca-w.jp/

03/16(Tue) 多機能備えた「Sinn」の新シリーズ発売
テクニカルでスポーティな外観

 今年で60周年を迎えた「Sinn」から続々と新商品が発表される。新たに誕生したテクニカルでスポーティな外観に多彩な機能を加えた105シリーズからは4つのモデルが発売された。
 同シリーズには、回転ベゼルに時間計測のための分目盛12時間式第二時間帯表示を備えた105.ST.SAと、24時間式のUTC機能を備えた105.ST.SAUTCの2シリーズが揃う。 それぞれにオレンジ色の秒針をアクセントにした非常にマット感の高いブラックダイヤルとホワイトダイヤルがある。オーバル系のインデックスや針のフォルムは 従来のジンのコレクションとは一線を画し、時計にレトロフューチャーな印象を与える。三針タイプは英語とドイツ語の曜日表示が設定可能で、UTCタイプにはデイト表示を搭載。両タイプともに回転ベゼルはサンドマット加工を施したケースに特殊結合方式で固定されているため、 絶対に外れることがない。耐傷性の高いテギメント加工をベースとしたブラッ ク・ハード・コーティングにより、時計の全体的な外観をプロフェッショナルなものにしている。また、高精度な時刻計測を体感できるだけでなく、サファイアクリスタル製のシースルーバックから機械式ムーブメントの動きを細部まで観察することができる。価格は三針25 万円〜28万円+税、UTC29万円〜32万円+税。取り扱いは、潟zッタ。
http://www.hotta-group.co.jp/

03/11(Thu) 新素材のチタン合金を採用した『GMW-B5000TR』
スクエア型のフルメタル「5000」シリーズ

《G-SHOCK》 スクエア型のフルメタル「5000」シリーズに“G-SHOCK”のために開発された新素材のチタン合金を採用した『GMW-B5000TR』を4月23日に発売する。
『GMW-B5000TR』は、日本製鉄鰍フデザイニングチタンブランド「TranTixxii®(トランティクシー)」のチタン合金を外装部分に採用している。“G-SHOCK”のさらなる素材の進化を追い求め、同社と日本製鉄が6年の歳月をかけ共同開発を行い、新しいチタン合金が誕生した。軽量で耐食性が高く、低アレルギー性といったチタンの特性はそのままに、純チタンの約2倍の硬度を確保している。これにより、これまで鏡面加工が難しかったチタン素材で、ステンレス素材と同等の仕上げを施すことが可能になり、“G-SHOCK”のチタンモデルでは初めてベゼルとバンドに天面フルミラー仕上げを実現した。
この新素材におけるステンレス同等の鏡面性により、IPの美しさを引き出す新たな表現が可能となり、メタルモデルでは初のマルチカラーIPを採用。ケースにはゴールドIP、バンドとボタンには新しく開発したダークブルーのほか、レッド・ライトグレー・ダークグレー・ゴールドとパーツごとにマルチカラーのIPをカラフルに施すことで、メタルモデルでありながらも“G-SHOCK”らしい遊び心あふれるデザインとした。さらに文字板にもマルチカラーをあしらい、ポップな印象に仕上げている。
機能面では、スマートフォンリンク機能を搭載し、自動時刻修正やワールドタイムなどの各種設定を簡単に行うことができる。また、カシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」や「マルチバンド6」、高輝度なフルオートLEDバックライトなどの実用性も備えた。価格は192,500円(税込)。
https://www.casio.co.jp/release/2021/0310_gmw-b5000tr/

03/11(Thu) 「BERING(ベーリング)」春の新作ウオッチ登場
機能性のあるマルチファンクションモデル“SLIM MULTIFUNCTION” 6型

リズムグループのアイ・ネクストジーイー梶i小川志津子社長)は、デンマークウォッチブランド「BERING(ベーリング)」のウルトラスリムコレクションから、機能性のあるマルチファンクションモデル“SLIM MULTIFUNCTION” 6型を3月12日より発売する。

ニューモデルは、ケース厚7mmの薄さに日付・曜日をメーター表示、実用性の高いモデルに仕上げている。スポーティーな印象の2つのインダイヤルは、シンプルなバーインデックスと色の組み合わせによって洗練された上品な雰囲気に。透明度の高いサファイアガラスがフェイスを美しく映し出す。
フェイス周りはポリッシュ加工を施した光沢のあるケースが高級感を演出。少しずつ異なるカラーバリエーションは、どれも日常使いしやすい配色なので、時計選びにこだわりのある人にはもちろん、初めて時計を使う方のエントリーモデルとしてもおすすめ。
日本では、6色中4色がTiCTAC系列店、2色がオンタイム・ムーヴでの展開と販売店が限られているアイテムとなっている。
BERING直営店であるBERING SHOP SHIBUYA、NORDIC FEELINGでは全色展開。
https://www.tictac-web.com/news/detail/?nid=750

03/11(Thu) 「BERING(ベーリング)」“ウルトラスリムシリーズ”の新作
正面からの見た目からは想像できない薄さが魅力

リズムグループのアイ・ネクストジーイー梶i小川志津子社長)は、デンマークウォッチブランド「BERING(ベーリング)」のコレクションでも、圧倒的な薄さが際立つ“ウルトラスリムシリーズ”から新作3モデルを3月12日(金)より発売する。
新作の寄り添うように袖元を邪魔しないスリムケースは、その着け心地の良さから人気のコレクション。ビジネスシーンでの着用も多いリンクモデルは、正面からの見た目からは想像できない薄さが魅力。煩わしい印象のメタルバンドモデルも、ウルトラスリムコレクションで印象が変わります。
新作のウルトラスリムリンクはネイビー、グレー、シルバー×ブラックの全3色。
シルバー×ブラックのみ、BERING直営店(BERING SHOP SHIBUYA、NORDIC FEELING各店)のみで先行発売する。
BERING創立当初より人気のUltra Slim Series(ウルトラスリムシリーズ)。その名の通り、スリムなデザインが特徴的なシリーズ。
2020年3月にBERING史上最薄の4.8oの薄さの17039/17031シリーズが発売され、改めて注目されたUltra Slim Seriesから、この春新作としてリンクコレクションが登場した。
リンクでは珍しい5.5oの薄さはビジネススタイルの袖元も邪魔しない。
https://www.nordicfeeling.jp/release/210305/

03/04(Thu) スプリングドライブ8Days ジュエリーウオッチ
セイコー創業140周年記念限定モデル

セイコー創業140周年記念限定モデル スプリングドライブ8Days ジュエリーウオッチが15本の数量限定で5月に発売されます。価格は¥22,000,000(税込)。
グランドセイコーのマスターピースコレクションを生み出す「マイクロアーティスト工房」のある塩尻からほど近い森の中にひっそりと佇む「御射鹿(みしゃか)池」。その水面は周囲の木々や緑を鏡のように映し、神秘的な光景を生み出します。
緑色に彩られた白蝶貝ダイヤルとグリーンガーネットのインデックスが美しい御射鹿池へといざない、スプリングドライブの音もなく流れる秒針に、高原に佇む池の静けさが彷彿とします。
このモデルに搭載されているキャリバー9R01は、マイクロアーティスト工房が手がけるスプリングドライブムーブメントで、平均月差± 10秒(日差± 0.5秒相当)ながら、最大約8日間(約192時間)の連続駆動を可能にする自然と調和するジュエリーウオッチです。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/sbgd207

03/04(Thu) スイス・ラ・ジュー・ペレ社との協業の「ザ・シチズン」
新しく自社開発した機械式ムーブメントCaliber 0200(Cal.0200)搭載

《ザ・シチズン》 新しく自社開発した機械式ムーブメントCaliber 0200(Cal.0200)を搭載したメカニカルモデル3モデル(605,000円〜825,000円:税込)を、『The CITIZEN(ザ・シチズン)』より8月に発売します。2010年以来となる新型機械式ムーブメントCal.0200は、高精度機械式時計で用いられるフリースプラング方式を採用することで時間精度の長期持続性を追求するとともに、傘下のManufacture La Joux-Perret S.A.(スイス ラ・ショー=ド=
フォン、ラ・ジュー・ペレ社)のアセットやノウハウを活かして審美性を高めたムーブメントです。
1918年の創業以来、シチズンは高品質で信頼できる、実用品としての腕時計を作ることを大切にしてきました。1995年に誕生した『ザ・シチズン』は、シチズンが志向する腕時計の本質を追求し、自らが理想とする「精度」「品質」「デザイン」「ホスピタリティ」に絶えず挑みつづけています。
今回、新たに加わる機械式時計は、精度を高めると同時に、豊かな審美性と質感を有し、腕にまとうことにより生まれる充足感や身に着ける人の人生に寄り添うことのできる腕時計を目指しました。
2012年、シチズンは機械式時計開発力のさらなる向上を目指し、ラ・ジュー・ペレ社をシチズンウオッチグループに迎えました。Cal.0200はこれまでの技術交流を通じた協業によって実現したムーブメントであり、シチズンによる自社設計・自社組立でありながら、ラ・ジュー・ペレ社が保
有する高度で幅広い装飾技術を最大限活用した、日本・スイス両国の時計製造文化を背景に持つ機械式ムーブメントです。
https://citizen.jp/news/2021/20210304-4.html



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:30