※写真をクリックで拡大します。
Home

08/15(Sun) 「BERING」のイヤーズコレクション
神秘的な光のカーテンであるオーロラをイメージした

 デンマークウォッチブランド「BERING」の新商品1型の先行予約&シリアルナンバー受付が8月6日より開始され、同月20日から全国で発売される。取扱いはアイ・ネクストジーイー梶B
 新作は、ベーリングが2013年から日本限定で毎年発売しているイヤーズコレクション「Northern Lights」。氷の大地、北極の静寂の闇を照らす神秘的な光のカーテンであるオーロラをイメージしたコレクションとなる。
ブランド創立から10年目となる今年は、第1弾のNorthern Lightsを復刻。当時の盤面のデザインや素材はそのままに、当時レザーだったストラップを季節問わず使いやすいメッシュストラップに変更し、デザイン性と実用性を兼ね備えた1本に仕上げた。艶感のあるケースは、ブルーの加工を施したハイテクセラミックを採用。ハイテクセラミックは、1600度の高温で焼結された後、一つ一つハンドメイドによって丁寧にダイヤモンドポリッシュされる。経年劣化による変色やサビを寄せ付けず、いつまでも美しく輝き続ける。4分割で色を変えた文字盤は個性的な輝きを放つが、落ち着いたカラーなので品の良さは健在。鮮やかなグリーンの秒針がまるで道標のように時を刻む。ベーリングの全アイテムに採用されている透明度の高いサファイアガラスは、絶妙な色合いも美しく映し出す。傷が付きにくいので、いつまでもクリアに時を刻む。裏蓋には数量限定の証であるシリアルナ ンバーを刻印し、世界で1本だけの特別感を。なお、ブランドストアとコンセプトストアの各店では、シリアルナンバーを選べるキャンペーンを実施している。価格は3万1900円(税込)。
https://bering.jp/

08/15(Sun) 「レイモンド・ウェイル 」ミュージック・コラボ
ザ・ビートルズ最後のアルバム

 絵Mインターナショナルが取り扱う「レイモンド・ウェイル 」から、ザ・ビートルズとのコラボレーションモデル第4弾が10月中旬より発売予定となった。今年11月には映画「ザ・ビートルズ:Get Back」の動画配信が決定しており、音楽ファンをはじめ多くの人から注目が集まっている。
 メゾンのルーツ“Music & Art”を体現する世界限定3000本のタイムピースは、レイモンド・ウェイルの揺るぎない姿勢の象徴となる。世界を驚かせたザ・ビートルズの最後のライブ、アップル本社の屋上で行ったルーフトップ・コンサートにオマージュ。レイモンド・ウェイルの4つのバリュー“Independence、 Savoir-Faire、Aesthetics、Creativity”をベースに、ユニークなデザインで時計に命を吹き込んだ。
 時計の全体的なイメージは、アントラシートの文字盤、ローズゴールドプレートの針とバー・インデックスのコントラストで表現されており、特に4時位置のインデックスが特徴的。4本並んだインデックスは、ザ・ビートルズの4人のメンバーを表している。彼らの象徴的な物語が始まった場所を思い起こさせるように、 ハカマと呼ばれるダイアル中央部の時計の針を取り付ける部分は、リバプールの街を示すように配置されている。価格は27万5000円(税込)。
https://www.gm-international.co.jp/

08/15(Sun) パイロット・ウオッチ「アビエイター」
41ミリサイズのデイデイトモデルDouglas Day-Date41が登場

 スイス時計ブランド「アビエイター」から、41ミリサイズのデイデイトモデルDouglas Day-Date41が登場した。
 1930年代から活躍したダグラスDC-3型機をイメージしたデザインで、衝撃にも強い自社ムーブメントAV-1000を搭載したエレガントなデイデイトモデル。
 3Dパターンのフェイスには、視認性を考慮したエレガントなデイデイトウィンドウがダグラスDC-3型機の内装のようなアールデコ調のデザインと見事に融合。磨かれたローマ数字は、コックピットからインスピレーションを受け設計されたベゼルと調和をもたらしている。深く細い溝のメタルシルクパターンは、時代を超越した美しさが特徴的。
 ケースは、ベゼル・ボディケース・バックケースの3つのパーツで構成。洗練された技法で再現された丸みを帯びた曲線は、ダグラス機の胴体を再現。また、鏡面加工されたケースは、人間光化学に基づき設計されている。美しく伸びた湾曲したラグは、どんな腕にもフィットするよう絶妙な角度となっている。
時計の心臓部であるムーブメントは、AV I AT O Rの新型キャリバーAV-1000を搭載。このムーブメントは、スイス製 のムーブメントSERITA SW240-2をベースに高いテクノロジーを融合させて作られている。また、デイトとデイデイト機能に、衝撃からムーブメントを保護するIncablocシステムを搭載している。特大で美しく細工されたローターは、文字盤のパターンを採用し全体的にアールデコ調となっている。価格はSSケース13万5300円、Goldケース14万3000円。取り扱いは、晦NDOROS。

08/10(Tue) 『The CITIZEN(ザ・シチズン)』メカニカルモデル発売
⾃社開発の新型⾼精度機械式ムーブメントCaliber 0200搭載

《シチズン時計》 ⾃社開発の新型⾼精度機械式ムーブメントCaliber 0200(以下、Cal.0200)搭載の『The CITIZEN(ザ・シチズン)』メカニカルモデル3モデル(605,000 円〜825,000 円(税込))を8 ⽉26 ⽇に特定店限定で発売します。
今回『ザ・シチズン』に搭載された、2010 年以来11 年ぶりとなる⾃社開発の新型機械式ムーブメント
Cal.0200 は、⾼精度と審美性を兼ね備えたムーブメントです。⾼精度機械式時計で⽤いられるフリースプ
ラング⽅式を採⽤することで時間精度の⻑期持続性を追求するとともに、傘下のManufacture La Joux-
Perret S.A.(スイス ラ・ショー=ド=フォン、ラ・ジュー・ペレ社)のアセットやノウハウを活かして審
美性を⾼めました。クロノメーター(てんぷ式腕クロノメーター)規格(ISO3159)を超える時間精度である平均⽇差−3〜+5 秒を実現しています。
ラグのない⼤胆な⾯構成のケースとそこから繋がるバンドは、ステンレスの無垢素材を活かした粗⽬の
ヘアラインとミラーでシャープに仕上げました。特に装着時には、ケースとバンドが放つ閃光が存在感を
創出します。
ダイヤルには『ザ・シチズン』のシンボルである「イーグルマーク」を配しています。「イーグルマーク」
は、「常に先を⾒据え、理想を追求する」「⾝に着ける⽅に永く寄り添う」という『ザ・シチズン』の2つの意思を表す証です。ブラックダイヤルモデル(NC0200-90E)は電鋳⼿法により独特の砂地模様をあしらい、その凹凸が作る陰影により、モノトーンの中に繊細な⾊調の変化を楽しめます。ブルーダイヤルモデル(NC0200-81L)はサンレイパターンに塗膜研磨を施した光沢感と深みのあるブルーが特⻑です。ホワイトダイヤルの数量限定モデル(NC0200-06A)はシースルーバックからのぞくK22 製の回転錘に「イーグルマーク」を配した特別仕様です。
https://citizen.jp/the-citizen/special

08/01(Sun)) 1973年に親しまれた「ツノクロノ」復活
「RECORD LABEL」から新作モデル

「シチズンコレクション」の個性際立つ新ライン「RECORD LABEL」から新作モデル『TSUNO CHRONO(ツノクロノ)』が、10月上旬に発売される。また、オンタイム・ムーヴ別注カラーモデルも同時発売され、予約受付が8月1日より開始された。   「RECORD LABEL」は、シチズンの個性のあるモデルを集めた、腕時計の新しい楽しみ方を提案するライン。名称の "RECORD"には、シチズンがこれまでに生み出してきたデザインの記録(RECORD)と、お気に入りの空間でレコードを聴くように自分の時間を楽しむといった意味が込められている。
 今回のベースとなった商品は、シチズン初の本格クロノグラフ機能付き時計として1973年に登場した「クロノグラフ チャレンジタイマー」。ケースの12 時側に配置されたプッシュボタンがツノのように見えることから、「ツノクロノ」の愛称で親しまれており、待望の復活に注目が集まる。スタンダードモデルは2万6400円(税込)。
 オンタイム・ムーヴ別注カラーモデルは、1973年当時に発売されていたグリーン文字板を再現。「クロノグラフチャレンジタイマー」を語るうえで外せないレトロ感漂うカラーリングで、時計ファン必見の仕上がりに。トレンドの緑文字板に、少しくすんだオレンジ・黄緑の差し色が、当時を彷彿とさせるデザインになっている。
 アンティークウォッチとして当時の同モデルを探してもなかなか出てこないカラーになるため、時計ファンも納得の 一本として、このチャンスに幅広く提案したい。
https://citizen.jp/collection/record_label.html

08/01(Sun) 約1,600万票から選ばれた「セイコー5スポーツ」
“CUSTOM WACH BEATMAKER”キャンペーンの参加者から最多票を獲得

 セイコーウオッチ鰍ヘ、日本製のメカニカルムーブメントを搭載したカジュアルウオッチブランド「セイコー5スポーツ」より、 “CUSTOM WACH BEATMAKER”キャンペーンにおいて、参加者から最多票を獲得したカスタマイズモデルを商品化し、数量限定で8月6日より発売する。
「セイコー 5スポーツ」は、2019年のリローンチから1年を記念して、腕時計と音楽を融合させたデジタルキャンペーン“CUSTOM WATCH BEAT MAKER”を2020年10月から2021年1月にかけて実施した。
 キャンペーン専用サイトでは、5つのカテゴリーから好きなパーツをセレクトすることで、オリジナルのカスタマイズモデルをシミュレーションで作成。同時に、「セイコー5スポーツ」の意思に共感するアーティスト8 名が制作した32曲のオリジナルBGMの中から、作成したモデルに合うBGMが自動的に流れ、自身を表現するスタイルが完成。さらに、世界中のユーザーが作成したカスタマイズモデルのイメージを見ることができ、お気に入りのモデルへ投票が行われた。
 今回のキャンペーンには、約4万8000のカスタマイズモデルがエントリーし、約1,600万もの投票があった。その中で、約850万の最多投票を獲得したモデルが、今回数量限定モデルとして商品化された。印象的なゴールド調のダイヤルに、赤と青のベゼルのカラーリングがアクセントとなった、レギュラーモデルにはない個性的なカラーリングが特徴となっている。世界限定2021本、価格3万3000円(税込)。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/5sports

08/01(Sun) 高級置時計2モデル発売
法人ギフトにふさわしい「デコール・セイコー」

 セイコータイムクリエーション梶i東京都江東区、萩原健二社長)は、最高級ブランド「デコール・セイコー」の置時計1機種2モデルを8月27日より販売する。
 デコール・セイコーは厳選した素材を用い、日本の工房でひとつずつ丁寧に組み上げている、企業・団体の周年記念や就任祝いなど法人のエグゼクティブギフトにふさわしい気品ある逸品として人気のブランド。
 新商品は、金属、ガラス、石という3つの素材を組み合わせながらもシンプルに構成した空 間が中に浮かぶような文字板の木目の美しさを最大限に引き立てる。金色枠には温かな華やかさをもつサペリ玉杢、銀色枠にはモダンでクールな印象のスモークユーカリ柾目を組み合わせている。いずれもエグゼクティブな空間にふさわしい気品を添えている。  木材は、同じ種類でも個体差によって表情が大きく異なる。そのため、デコール・セイコーでは熟練者の目で1つ1つの木材を念入りに吟味、厳選している。選ばれた突板は複雑な木工加工を経たのち、塗装工程へと進む。塗装と研磨を幾度となく繰り返すことで、元来の美しい木目に加えて奥行き感、輝きのある表情が生まれ、最上級の仕上がりへと昇華させる。
 文字サークルの正面、外周、内周の3面に非常に細かいピッチの筋目を入れ、エッジ部のみを鏡面に仕上げた。 シャープで上品な輝きが上質さを更に高めている。
 合法性が証明された木材を製造・ 加工する企業として業界団体の第一号認定を受けた「北三梶vの突板を使用している。北三製の突板は世界でも有数の加工技術を誇る工場で生産されており、希少な天然木材を無駄なく効率的に使用できる、非常にエコロジカルな素材となっている。価格は33万 円(税込)。
https://www.seiko-stc.co.jp/

08/01(Sun) 「TOKYO DIME」のオフシャルウオッチ
「Tendence」から

発売開始15分で完売した第2弾モデル

 2007年にスイスで誕生し、遊び心と存在感溢れる腕時計として世界中で愛され続けているファッションウォッチブランド「Tendence」から、2020年東京オリンピックの正式種目になり、注目されている3人制バスケットボール「3 x 3(スリー・エックス・スリー)」のプロチーム「TOKYO DIME」のオフィシャルウォッチ第2弾が100 本限定で、7月21日よりTendence表参道店とブランド公式オンラインストア、TOKYO DIME公式オンラインストアで発売され話題となっている。
 2018年に限定発売され、発売開始15分で完売となったTendence× TOKYO DIMEコラボレーション第1弾に続き、今回はカジュアルやスポーティなファッションだけでなく、スーツやドレススタイル時にも着用しやすいよう、落ち着いたブラックカラーをベースにデザインされたモデルになる。時計の中心部分には「DIME」の「D」をデザインし、インナーダイヤル(数字部分の背景)には、「DIME CAR」で使用している柄をさりげなく取り入れることで、ブラックとグリーンの美しいコントラストを表現。
 裏蓋にはDIMEグループである「OSAKA」「HACHINOHE」の名前も刻印されている。生産本数は100本限定。価格は6万500円(税込)。
https://www.tendence.jp/

08/01(Sun) 「AVIATOR」 が初登場
「ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメゾン」

 7月27日の日本最大級の高級時計ゾーン「ジェイアール名古屋タカシマヤ ウオッチメ ゾン」のオープンに伴い、スイスメイドの腕時計ブラ ンド「AVIATOR」 が初登場。
豪華ラインアップで販売をスタートした。
 「アビエイター」は、人類が抱く飛行への飽くなき憧れと挑戦するスピリットに敬意を表して誕生。大空の開拓者たちの決して妥協しないモノ作りのマインドを受け継ぎ、多くの人に感動を提供している。
 パイロットによる極限状況でのテスト飛行を重ねたプロフェッショナル向けのアビゲーションウォッチをラインアップ。最も頼できるスイス製ムーブメントの搭載 、耐久性が非 常に高い素材の採用など、ハイエンドなスペックを徹底追及している。
 それらを最高品質の仕上がりへと導くのは、スイス、ジュラ地方の文化的中心地であるポラントリューの町での研究開発、リペア、部品の組み立て、厳しい品質テストなどと、すべての製造工程を一カ所で一貫して行っているからこそ。現在は飛行機管制塔の跡地にデザインラボラトリーを構え、芸術と情熱を組み合わせた時計を生みだし続けている。
https://aviatorwatch.swiss/ja/jp

08/01(Sun) 『パックマン』をモチーフにした
「TIMEX」からコラボ第2弾が登場

 潟Eエニ貿易が日本総代理店を務める「TIMEX」のロングセラーシリーズWeek enderをベースとしたコラボレーション第2 弾として、日本を代表するビデオゲーム『パックマン』をモチーフにした「Week ender × Pac-Man WATCH」を8月 13日より公式EC、チックタック、ザ・ク ロックハウス、オンタイム/ムーヴのオンラインストアで予約開始、8月20日より発売開始する。
 1980年に発売された「パックマン」は、誰にでもわかるシンプルなルールと可愛らしい キャラクターでまたたく間に多くの人々を魅了し、その数カ月後には米国に進出し大ヒッ ト、たちまち世界中で “パックマン旋風”を巻き起こした。
 2020年には生誕40周年を記念した「TIMEX80 × Pac-Man WATCH」 が国内外で発売前から話題となり、即完売するほどに好評を博した。
 コラボ第2弾は、暗闇で文字盤全体が発光するインディグロ®ナイトライトを付けると、文字盤上のインデックスや、キャラクターたちが行きかう迷路が浮かび上がる。また、秒針の先端に施されたパックマンがモンスターたちを追いかける。価格は9900円(税込)。
https://www.ueni.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:18