※写真をクリックで拡大します。
Home

02/01(Thu) 世界最小光発電ムーブメント搭載アンティークデザインウオッチ「Kii」
シチズン時計から2月15日に発売

《シチズン》 小ぶりなラウンドケースに、温かみのあるホワイト文字板を組み合わせ、アンティーク感が引き立つ新作モデル3種が、2月15日、アンティークデザインウオッチ「シチズン Kii」から発売される。価格は2万5000円+税。
小ぶりながら世界最小サイズの光発電エコ・ドライブを搭載し、定期的な電池交換が必要ないことから幅広い層から注目される。
デザインは、アンティークを表現するクラシカルで優しい表情のラウンドケース&ブレスレット。ガラスの外周部分には、人と人との絆をイメージした「紐」をモチーフとしたパターンデザインが採用されている。アクセサリーとの相性が考慮されたローズゴールド、イエローゴールド、シルバーの3色展開。
http://citizen.jp/

02/01(Thu) シャリオールに日本限定特別企画商品
サントロペスタイル用チェーン3種類

《栄光時計》 栄光時計が取り扱う「シャリオール」から、日本限定の特別企画商品が登場している。人気の高いサントロペスタイル用時計の仕様に、独自のアレンジを加えた日本限定特別企画商品として、新規にロゴCクリップを取り付け、非単品販売のサントロペスタイル用チェーン3種類(3本)を特別にセット。冬から春に向けた様々なシーンで、好みに応じてバリエーションの中から選ぶことが出来る。PGタイプは26万円+税、SSタイプは24万円+税。
「サントノーレ」からは、桜の花びらモチーフの回転モノグラムを特徴に、桜色のレザーストラップ、煌くエクレアベゼル、文字盤はMOPに1ポイントダイヤモンドが施された新しい季節を彩る特別なチェリーブロッサムエディションの新作が登場した。日本限定100本、価格は9万8000円+税。
販促としては、特別リーフレット、店頭POP、インスタグラマーの活用。なお、商談会にて発注の店舗にはスペアストラッププレゼント(3月31日まで)を用意した。
「SCUDERIA FERRARI」からは、2月発売4種、5月発売3種が登場したほか、他店にないような商品による新たな市場開拓を提案するなど、見所が多かった。
http://www.eikotokei.co.jp/

02/01(Thu) 世界を旅するハローキティとコラボした“BABY-G”
旅行気分を盛り上げるスペシャルモデル

《カシオ計算機》 “Tough, Cool”をコンセプトにした女性用耐衝撃ウオッチ“BABY-G”の新製品として、世界中を旅するハローキティをテーマにしたコラボレーションモデル『BGA-190KT』(2モデル:18,500円+税)を3月9日より発売する。
今回のコラボレーションモデルは、2都市の時刻を同時に確認できるデュアルダイアルワールドタイム機能が旅行好きに好評な「BGA-190」をベースモデルに採用した。旅するハローキティをテーマに、旅行を趣味とする女性の心をくすぐるようなデザインを施している。
時計の分針には、ハローキティを象徴する赤いリボンをあしらった。バンドには、パスポートに押される出入国スタンプをハローキティ風にアレンジし、バンド全体へランダムに取り入れることで、心が躍る旅行気分を演出している。今回、コラボレーションを記念して、オリジナルデザインのパイロットハローキティを裏蓋と専用パッケージに配している。さらに、専用パッケージは旅行の必需品であるトランク型の特別版を用意するなど、旅を盛り上げるスペシャルなモデルに仕上げている。
https://www.casio.co.jp/

01/30(Tue) リズム時計から日本製めざまし時計「ジャプレフルール」発売
上品な金属調デザインが特長

《リズム時計》 アナログタイプの日本製めざまし時計「ジャプレフルール(8RA644SR)」を、2月27日より発売する。
“JAPAN PREMIUM”の意を込めた、人気の「ジャプレ」シリーズの最新モデル。シリーズ初となる、「コチコチ音のしない連続秒針」を搭載。金属調の枠デザインと高輝度蓄光塗料による装飾を施した女性へのギフトにおすすめの上品なめざまし時計だ。
 
1951年に国産初のプラスチック枠成型のめざまし時計を発売してから67年。リズム時計は今もなお、国産のめざまし時計を作り続けている。
時計の心臓部であるムーブメントも含み、国内製造となっており、熟練の作業員が手作業で丁寧に組み上げている日本製のめざまし時計。
コチコチしない連続秒針、金属調の上品なデザイン、夜見える文字板、ギフトを意識したパッケージ等、リズムならではの、新製品。年間販売数量は、15,000個、価格は¥5,000+税。
http://www.rhythm.co.jp/

01/30(Tue) 究極のサバイバルタフネスを追求した“RANGEMAN”新製品
世界初※のソーラーアシスト GPSナビゲーション機能を搭載した“G-SHOCK”

《カシオ計算機》 耐衝撃ウォッチ“G-SHOCK”より、サバイバルシーンで真価を発揮する “RANGEMAN(レンジマン)”シリーズの新製品として、世界初となるソーラーアシストによるGPSナビゲーション機能を搭載した『GPR-B1000』(2モデル:¥100,000+税)を3月9日に発売する。
“RANGEMAN”は、極限状態での使用を想定した“Master of G(マスターオブG)”シリーズの中でも、「サバイバルタフネス」をコンセプトに、方位・気圧/高度・温度を計測するトリプルセンサーを搭載したモデル。
今回新たに発売する『GPR-B1000』は、トリプルセンサーに加えGPSナビゲーション機能を搭載した。GPS衛星から位置情報を取得することで、目的地までのルート上の現在地や、目的地の方向をリアルタイムで表示する。また、実際に通過したルート、ポイントの情報(緯度/経度、高度や温度など)をメモリーすることができる。
充電方式は、ワイヤレス充電とソーラー充電の2方式を採用。ワイヤレス充電が使用できない屋外の環境でGPS機能が使用できないバッテリーレベルになっても、ソーラー充電により一定時間再駆動ができるという、世界初の技術を搭載している。また、時刻表示はソーラー充電で駆動するため、GPS機能の使用状況に関わらず時刻表示を継続。
さらに、スマートフォンアプリ「G-SHOCK Connected」と連携することで、GPS衛星電波受信と合わせ、世界中で正確な時刻データを受信。また、アプリ上で活動の記録を管理する機能を備えており、メモリーしたルートやポイントなどのデータを3Dマップやタイムラインで表示している。
防塵・防泥のマッドレジスト構造やカーボンファイバーインサートバンドなど、構造・素材もタフネスを追求。究極のサバイバルタフネスを目指し、進化を遂げた新しい“G-SHOCK”。
https://www.casio.co.jp/release/2018/0130_gpr-b1000/

01/17(Wed) 「wicca(ウィッカ)」有村架純さんとのコラボレーションモデル第4弾
有村さんセレクトの花柄を裏地にプリントした革バンドモデル

《シチズン時計》 10代〜20代の女の子に向けた最新かわいいウオッチ「wicca(ウィッカ)」よりイメージキャラクター有村架純さんとのコラボレーションモデル1モデル(35,000 円+税)と通常モデル2モデル(30,000 〜35,000円+税)を2月9日に発売する。
第4弾となる有村架純さんコラボレーションモデルは、有村さんがセレクトしたイエローの花柄を裏面にプリントしたベージュカラーの革ベルトを採用。ループにも同じ花柄と有村さんの好きな色であるイエローを取り入れた。有村さんの誕生日2月13日にちなみ、2時位置にはイエローのスワロフスキー®・クリスタル、13秒の位置には「毎日がハッピーになりますように」という願いを込めて、四葉のクローバーを配置している。また、ケースの裏ぶたには、有村さん手書きのハートを4つ重ねてデザインした幸せを呼ぶ「四つ葉のクローバー」を刻印し、女の子の幸せを願う仕掛けが込められている。
機能面では、ソーラーテック電波時計なので、定期的な電池交換が不要なだけでなく、時刻や日付合わせも必要なく、いつも正確な時間を刻む。
http://citizen.jp/

01/17(Wed) アプリ連携でワークアウトの記録ができる“G-SHOCK”
機能性とファッション性を融合

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の新製品として、毎日のファッションにマッチするデザインでありながら、3軸加速度センサーを搭載し、専用アプリケーションとの連携で日々のワークアウトをサポートする新シリーズ“G-SQUAD(ジースクワッド)”より、『GBA-800』(6モデル)を2月9日から順次発売する。
今回の新製品は、3軸加速度センサーにより1日の歩数と歩行/走行のペースを計測し、歩数を時計上で表示する。Bluetooth®通信でスマートフォンと接続すれば、専用アプリ「G-SHOCK Connected」で毎日の歩数や消費カロリーなどの確認が可能。
今回新たに開発した弊社独自のアルゴリズムにより、時計で計測した歩数と歩行/走行ペースから、運動強度を5段階で判別して、歩数を運動強度別にグラフ表示する。また、スマートフォンを持って活動した場合は、歩数と消費カロリーをアプリの地図上でグラフィカルに表示。これにより、いつ・どこで・どれくらいの運動強度で・何歩活動したかを把握できる。さらに、タイマーとひも付けてワークアウトメニューを作成すればインターバルトレーニングに活用できるなど、日頃から健康管理や体力の維持向上を意識する男性に向けた新しい“G-SHOCK”。
Bluetooth®システムやセンサーを搭載しながらも、モジュールの実装を工夫しコンパクトなサイズを実現。バンドの穴を増やして手首へのフィット感も向上させた。また、1日4回スマートフォンを介してタイムサーバーに接続することで、常に正確な時刻を保つなど、時計としての完成度・実用性も高めている。全体はワントーンカラーでまとめて、普段使いも楽しめるデザインに仕上げている。
https://www.casio.co.jp/

01/11(Thu) 時を愉しむためのウオッチブランド「カンパノラ」
漆と螺鈿で星空を表現したミドルサイズのムーンフェイズ3モデル発売

《シチズン時計》 時を愉しむための機能を先端の技術で美しく表現したブランド「CAMPANOLA(カンパノラ)」から漆と螺鈿で星空を描いた「ムーンフェイズ」3モデル(270,000円〜300,000円+税)を2月8日に発売する。

テーマは「月が浮かぶ星空」

2000年の登場以来、「宙空(ちゅうくう)の美」をデザインコンセプトとして、独創的なデザインとクオーツによる複雑機構を提案し続けている「カンパノラ」。新製品のケース径36mmは現状のコレクションの中でも最小サイズ。その中に最も身近な天体である「月」が浮かぶ星空を漆と螺鈿で表現した美しいムーンフェイズ。
ムーンフェイズには神話「ヴィーナス誕生」や「眠れるヴィーナス」に登場するヴィーナスの表情をカンパノラオリジナルで描いている。月齢を表すムーンフェイズ(1周:59日)の表情により、針の動きとは異なるグラフィカルな時間の流れを感じることができる。月からの波動を精緻な電気鋳造や白蝶貝の彫刻で表現した文字板、その6時位置には漆と螺鈿が艶やかに煌く小窓を配している。腕元に目を移すといつでも月と星空を愉しむことが出来る。
ケースサイズ40mm以上が主流のカンパノラにあって、36mmの小ぶりなケースサイズは、男女問わず使用可能。また他のカンパノラコレクションとのペアリングも新たに提案している。
http://citizen.jp/news/2018/20180111.html

01/11(Thu) <クレドール>より、螺鈿ダイヤル スプリングドライブ限定モデルを発売
月夜に舞う「桜吹雪」をテーマに

《セイコーウオッチ》 高級ウオッチブランド<クレドール>から「桜吹雪」をデザインモチーフに漆塗りダイヤルに螺鈿細工を施した限定モデル(1,000,000円+税)を数量限定120本にて3月9日から全国のクレドール取扱店で発売する。
2016年3月に発売し、好評を博している山田平安堂(やまだへいあんどう)とのコラボレーションによる漆芸ダイヤルモデルの第二弾。今回も日本の伝統的な技を駆使した漆芸ダイヤルにセイコー独自のスプリングドライブキャリバーを搭載した伝統と先進性が融合した限定品となっている。
螺鈿細工は、切り出した板状の貝片を漆で地板に接着し、上から漆を塗ったのち、貝片がみえるまで余分な漆を研ぎだす装飾技法で、日本では奈良時代より用いられている伝統工芸技法。この限定モデルの螺鈿細工は、一点一点手作業で仕上げている。
漆芸の技が生み出す「桜吹雪」の雅な輝きを描くダイヤル(文字盤)
心騒ぐ桜吹雪の情景を、シンプルで現代的なデザインにアレンジしている。螺鈿細工を中心に、プラチナ蒔絵など日本の伝統工芸である漆芸のさまざまな技巧と多くの作業工程をかけて作り込み完成させた。
ダイヤルを横断する桜吹雪は螺鈿と蒔絵を織り交ぜて表現している。螺鈿部分は、白蝶貝でひらひらと花びらが舞う様子を描写している。貝の向き、大きさ、色合い、全てを計算して並べる緻密な配置は熟練の職人だからこそなしうる技。きらきらと光る螺鈿の背景にはやわらかい輝きを放つプラチナ蒔絵を散らし入れることで絶妙なコントラストを醸し出している。また4時位置に配した一輪の桜の花は、時計を見るたびに和みを感じるアクセントとなっている。
https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/759/20180110

01/10(Wed) NIGO®×K.IBE G-SHOCK35周年記念スペシャルコラボレーションモデル
ファッションデザイナーNIGO®氏とG-SHOCK産みの親 伊部菊雄がコラボレート

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年4月に35周年を迎えるにあたり、日本を代表するファッションデザイナー兼ディレクターであるNIGO®氏とG-SHOCKの開発者である伊部菊雄とのスペシャルコラボレーションモデル(2モデル、¥13,500+税))各35本を全世界で販売する。色はイエローとピンクの二種類。
ベースモデルは、初代モデルのDNAを受け継ぐ「DW-5600」と、これまで数多くのコラボレーションモデルに採用されNIGO®氏の思い入れも強い「DW-6900」の2種類。「これまでにない表現をデザインに盛り込みたい」という両氏の思いを元に、色鮮やかな蛍光スケルトン樹脂を採用した。蛍光染料を2層の樹脂でコーティングし顔料化することで退色しにくくする、“G-SHOCK”では初となる技術を取り入れている。
また、裏蓋には「35th Anniversary Model Thank you from NIGO & K.IBE」という両氏からのメッセ―ジを刻印するなど、スペシャルコラボレーションならではの特別なデザインを施している。
https://www.casio.co.jp/release/2018/0110_g-shock35/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:13