※写真をクリックで拡大します。
Home

05/26(Wed) セイコープロスペックス初のダイバーズ
ファブリックストラップまとったアクティブな2モデル

《セイコーウオッチ》 <セイコー プロスペックス>から、日本の伝統技法で編み込んだファブリックストラップをまとったダイバーズウオッチ2機種を発売する。タフなダイビングシーンに応えるよう耐久性を高めることで、ファブリック製のストラップを55年を超えるセイコーダイバーズの歴史の中で初めて採用した。1965 メカニカルダイバーズ 現代デザインSBDC141の価格は137,500円(税込)で6月25日(金)発売予定、1970 メカニカルダイバーズ 現代デザインSBDC143の価格は148,500円(税込)で7月9日(金)発売予定。
セイコーのダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生以来、独自のテクノロジーを搭載した商品を次々と世に送り出し、世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家から高い評価と信頼を獲得してきました。1965年、1970年に発売されたメカニカルダイバーズは、いずれもセイコーダイバーズウオッチの歴史を語る上でマイルストーンとなるモデルです。
 1965年に発売された国産初のダイバーズウオッチは、1960年代に南極の過酷な環境下で使用されることで、その信頼性を実証。アドベンチャーウオッチやパイロットウオッチにも通ずる、セイコー特殊時計開発の原点と言える。
 1970年発売に発売された、ユニークな流線型のフォルムが特徴的なダイバーズウオッチは、冒険家・植村直己氏が1974年〜76年にかけて行った北極圏12,000km犬ぞりの旅に携行され、過酷な環境における高い信頼性が実証されたことで知られている。
 この2つのマイルストーンのデザインを継承して現代的に解釈したケースに、しなやかなファブリックストラップを組み合わせることで、現代のライフスタイルに寄り添う新しいダイバーズウオッチが誕生する。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/news/20210526

05/25(Tue) グッチメイズとコラボレーションした数量限定モデル
<セイコー 5スポーツ>

《セイコーウオッチ》 日本製のメカニカルムーブメントを搭載したカジュアルウオッチブランド<セイコー 5スポーツ>から、鋭さと硬質さを感じるタイポグラフィなど、独自スタイルのグラフィック作品で国内外から注目を集める新進気鋭のグラフィックデザイナー、グッチメイズとコラボレーションした数量限定モデル(全2機種)を6月25日(金)より発売いたします。希望小売価格は各52,800円(税込)。
ダイヤル上に描かれたエッジの効いたグラフィックは、グッチメイズが本作のために「SEIKO」のアルファベットを分解し再構築したもの。SBSA135は、ベゼル表示板にエッチング加工で立体感と奥行感を表現し、鮮やかさと毒々しさが共存するカラーリングでまとめ、グッチメイズの作風を象徴するモデルに仕上がっています。SBSA131は、エッチング加工をダイヤル上に施し、グラフィックの力強さを引き出すとともに、全体をシルバーカラーのワントーンでまとめ、ラグジュアリーさを感じる仕上がりです。
部分には、5スポーツの「5」とスポーツの頭文字である「S」が象徴的にマーキングされ、裏ぶたにも、「SEIKO5S」のタイポグラフィがあしらわれています。
腕時計が収められたボックスにも、バックルと同じ「5S」のマークが表現され、裏ぶたと同様の「SEIKO5S」のタイポグラフィが施された2種のステッカーも付属するなど、余すところなくグッチメイズの世界観を満喫できるセット内容です。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/5sports/special/guccimaze/

05/21(Fri) 「master-piece」とコラボした限定2機種
セイコーセレクション

《セイコーウオッチ》 セイコーセレクションより、若い世代を中心に人気を博しているバッグブランド「master-piece(マスターピース)」とコラボレーションした限定モデル2機種を6月25日(金)に発売する。価格は58,300円(税込)〜63,800円(税込)。
1994年に生まれた「master-piece」は日常で使うことを目的に、ファッション性と機能性を高い次元で融合させたプロダクトを追求するバッグブランド。
国内外のサプライヤーと共同開発したオリジナルマテリアルなどを使用しながら、日本の自社工場で丁寧につくり上げられた「master-piece」のプロダクトは、使えば使うほど細かいディティールへのこだわりを感じられるモデル。
このモデルのディレクターである古家幸樹さんは「バッグを通した生活における機能美を追求するmaster-pieceにとって、数々の傑作を生み出してきたセイコーと、今回のプロジェクトに携わることができ大変光栄です。今回は、master-pieceが掲げる一つの側面”NEO WORK”の世界感をセイコーと共に表現しました。この時計とこれからの新時代を共に歩み、時を刻んでいただければ幸いです」とコメントしている。
本作は多様化するビジネスシーンやライフスタイルにマッチする、「master-piece」の「NEO WORK」コレクションのコンセプトを取り入れたモデル。カラーリングはスタイリッシュでクリーンなオールシルバーと、ソリッドで存在感のあるオールブラックを用意、どちらもワントーンに仕上げ、「master-piece」らしい機能美を表現している。
秒針は「master-piece」のブランドマークを模した特殊な形状で、差し色にブランドカラーのイエローを採用。ダイヤルには、バッグで使用されている生地の織模様をイメージしたパターンを施すなど、随所に「NEO WORK」のデザインマインドが表現されている。
裏ぶたには、コラボレーションモデルだけの特別仕様として、「master-piece」とセイコーのダブルネームがマーキングされていて、視認性に優れた大きめのダイヤルサイズでありながら薄型にすることで、着け心地がよく、カジュアルからビジネスシーンまで幅広く使用可能。
高いデザイン性だけでなく、ソーラー充電機能と5エリア6局(日本2局・中国・アメリカ・ドイツ・イギリス)の電波受信機能を備えたムーブメントを搭載しているため、時刻合わせや電池交換の必要がなく、日常使いに最適。
コラボレーション限定モデル購入者には、「master-piece」のバックに使用されている生地を使ったオリジナルデザインのポーチを用意している。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/seikoselection/master-piece

05/18(Tue) 創業140周年のスポーティーなクオーツGMTモデル
「グランドセイコー」の新たな挑戦への強い意志を

 セイコーウオッチ鰍ヘ、セイコー創業140周年を記念し、「グランドセイコー」の新たな挑戦への強い意志を、夜明けに輝く太陽の光をイメージしたダイヤルに込め、スポーティーなクオーツGMTモデルを6月10日より発売する。価格は60万5000円(税込)、2021本の数量限定モデル。
 限定モデルは、金色があしらわれたGSロゴ、ダイヤルリングやGMT針、そして光を受け反射し輝く放射パターンのダイヤルは、夜明けに輝く太陽の光を表現している。これは、セイコー創業140周年という節目の年に、グランドセイコーの新たな挑戦への確固たる意志を表している。
 上下2色に分かれたダイヤルリングは、第2時間帯の昼夜を視覚的に識別できるほか、GMT針には、時分針・およびインデックス上と異なる青色のルミブライトが施され、夜間でも高い視認性を確保している。
 要素を削ぎ落とした結果生まれた機能的な造形に、耐摩耗性に優れ、擦り傷が付きにくいブラックセラミックスベ ゼルを組み合わせたケースは、ソリッドな印象の外観に仕上がっている。また、20気圧防水と16,000A/mの強化耐磁性能を併せ持ち、ハードな環境に耐えうるスペックで、タフな使用シーンにも頼れる相棒となる。
 裏ぶたには、シリアルナンバーとともに、ブランドの象徴である「獅子の紋章」をかたどった18Kイエローゴールド製のワッペンが取り付けられている。
 さらに、ベゼルにセラミックスを採用したスポー ティーな2モデルがレギュラーコレクションに加わる。9Fクオーツのレギュラーコレクションで、セラミックスをベゼルに使用した初のモデルになる。ビビッドな赤色と青色が差し色として印象的なレギュラーモデルは、それぞれ、飽くなき挑戦への燃え盛る情熱と、冷静さの中に秘めた情熱をイメージし、 数量限定モデル同様、デザインとスペックの両面でアクティブシーンにマッ チする。価格は共に50万6000円(税 込)、発売日は6月10日。
https://www.grand-seiko.com/jp-ja

05/18(Tue) 「メカニカルダイバー200m」シチズンプロマスター
TVアニメ「ゴジラ SP<シンギュラポイント>」とコラボした

 プロフェッショナルスポーツウオッチとしての高い性能に加え、「想像力」という価値を提案するシチズンプロマスターから、TVアニメ「ゴジラ SP<シンギュラポイント>」とコラボレーションした「メカニカルダイバー200m」2モデルが数量限定各500本でシチズン取扱店とゴジラ・ストアで発売される。事前予約が開始されゴジラ・ストアでは5 月22日発売、一般発売は同28日。価格は各3万8500円(税込)。
 日本が生んだ世界に誇るキャラクターである怪獣「ゴジラ」の新しいプロジェクトとして、4月から日本先行で放送中の完全新作TVアニメシリーズ「ゴジラS.P<シンギュラポイント>」と『シチズン プロマスター』がコラボレーションした。
 ベースとなるモデルは、『シチズン プロマスター』の海外で展開するメカニカルダイバーズウオッチで、ISO規格をクリアする200m潜水用防水性能が特長のモデル。ごつごつした回転ベゼルをはじめ、その外装から想起される堅牢性が、ゴジラが持つ強靭なイメージに重なる。
 文字板にゴジラの象徴である独特の背びれをデザインし、ゴジラの力強さと冷酷な狂暴性をレッドとグレーのカラーリングで表現。裏ぶた中央には、攻撃態勢に入ったゴジラのシルエットを精緻に刻印。ゴジラの魅力をさりげなく取り入れた、普段使いし易いデザインになっている。
 時分秒針とインデックスは夜光を載せて視認性を確保し、逆回転防止ベゼルや手首の動きを妨げにくい8時位置のねじロックりゅうずなど、ダイバーズウオッチに求められるスペックを備えている。
 「ゴジラ」コレクションのひとつとして時計をディスプレイできるガラス製のオリジナルウオッチスタンドと「ゴジラS.P <シンギュラポイント>」のロゴが入った専用ボックスが付属する。
https://citizen.jp/promaster/index.html

05/18(Tue) 「nendo」からくすみカラーの新色が登場
日本を代表するデザインオフィス

 リズムグループのアイ・ネクストジーイー は 、腕時計ブランド 「10:10 BY NENDO (テンテンバイネンド)」 の新商品の先行発売を4月28日より開始した。
 「10:10 BY NENDO」は、日本を代表するデザインオフィス「nendo」の佐藤オオキ氏が手掛けている腕時計ブランド。時計が10時10分を示す時が最も美しく見えることから、また時間と分 を区切る記号「:」が点と点であること から名付けられた。
 buckleシリーズから登場した数量限定の「カラーズ」は、それぞれケース、 インデックス、針、ダイヤル、ストラップと少しずつ色味を変えながらも同色でまとめられたコレクション。原色のカラフルな時計を見かけることはあるが、nendoデザインをするとただカラフルなだけではなく、少しくすんだ上品な色味に仕上がる。サンプル製作が複数回繰り返され、微妙な色の調整が行われている。
 また、buckleシリーズはもともと長いストラップを1周回してバックルに通す構造になっており、初となるナイロンストラップの相性も良く、これからの季節に着用しやすいコレクション。 男女問わずフィットしやすい36mmのケースに、視認性が高く、ダイヤルの表情を豊かにする立体的なインデックスを採用。ストラップは6時側に長く伸びた1本のみ。それを一周させて時計を着ける。着用した際に先端を留める部分が抜け落ちないよう、ストラップにミリ単位でテーパードを掛けるなど、細部にまで拘った作りになっている。カラーバリエーションは5色。各色ニュア ンスカラーが独特な雰囲気を醸し出している。
https://www.rhythm.co.jp/

05/18(Tue) 2021年レッド・ドット・デザイン賞最優秀賞
「ユンハンス」のmax bill MEGA Solar

 ユーロパッション鰍ェ取り扱う「ユンハンス」のmax bill MEGA Solarが、2021年レッド・ドット・デザイン賞の最優秀賞に輝いた。
 max bill MEGA Solarは、ダイアルの分かりやすい配列によって本質的なものにだけ集中。分と時間のメモリの釣り合いは、芸術家マックス・ビルの完璧なバランス感覚を反映。ライトインデックスが3時・6時・9時に、ダブルインデックスが12時位置に配され、時 刻が読みやすくなっている。そしてケースの縁は、ダイアルが強調され、マット仕上げの配色により時計のミニマル・デザインが引き立っている。また同種のために特別に光を透過するダイアルをデザイン。ダイアル下にあるドーム型の太陽電池が高効率で高精度の多周波電波式ソーラームーブメントに電源 供給。この最新のテクノロジーはマックス・ビルのデザインに適合。2021年からはオプションでサファイアクリスタル も注文可能になった。さらに、パーペチュアルカレンダー、クラウンまたはアプリを使って現行のあらゆるタイムゾーンに設定可能なのでとても快適。肌に優しいチタニウムのケースは高耐傷性であると同時に特別に軽量となる。
http://www.europassion.co.jp/

05/18(Tue) Sinnの限定500本ダイバーズウォッチ
手作業によるスクラッチ加工ダイヤル

1点1点手作業による不規則なパターンでスクラッチ加工されることにより、光の加減や明暗の状態で時計の異なる表情が楽しめるのが特徴のSinnの限定500本ダイバーズウォッチ 「U1.DS」が注目されている。
 唯一無二のスクラッチ加工は、印象的なフォルムと最小限のディスプレイのおかげで完璧な視認性を確保。この視覚的特徴に加え、高品質な技術的特徴も備えている。ケースとベゼル、リューズには優れた非磁性と高い海水耐性を持つドイツ潜水艦の鋼鉄Uボート・スチールを採用。また、ケースとステンレススチール製ブレスレット、分刻みの逆回転防止ベゼルには、テギメント加工を施しており高い耐傷性も持っている。1000mの防水性能は、ジンの他のダイバーズウォッチと同様に船級認証機関DNVGLにより水深1000mまでの耐圧性と、欧州潜水器具規格に準拠した耐温度性と機能性をテスト、認証されている。価格は50万6000円(税込)。
https://sinn-japan.jp/

05/18(Tue) 「TIMEX 80」7月上旬より一般発売
80年代のデザインをベースに根強いファンの多いデジタルウォッチ

 「TIMEX」(ウエニ貿易)から、80年代のデザインをベースに根強いファンの多いデジタルウォッチClassic Digitalをモダンな解釈でグラフィカルにアップデートした「TIMEX 80」が4月30日よりAmazonにて先行発売され、7月上旬より一般発売される。
 デザインは、1970年代から40年以上販売されてきたタイメックスのデジタル・プロダクトをベースに同社のクリエイティブ・ ディレクターを務めるジョルジオ・ガリが手掛け、80年代のアートワークや看板サイン、ゲームなどからインスピレーションを得て生み出された。機能面では文字盤全面が発光するインディグ ロ®ナイトライト機能をはじめアラーム、タイマー、カレンダーなど必要充分な機能を搭載し、バンドにはゴムのように伸び縮みするメタルエクスパンションタイプを採用することでレトロ感とモダンさを両立させている。価格は8800円(税込)。
https://www.ueni.co.jp/brands/watch/

05/18(Tue) 「ZEPPELIN」5万円台の最新機械式時計
硬式飛行船「ツェッペリン号」をデザインに表現した腕時計

世界35カ国で人気を博すドイツ時計「ZEPPELIN」から、5万円台の最新機械式時計「キャプテンズライン」が4月28日から発売開始された。日本総代理店は潟Eエニ貿易。  新作のキャプテンズラインは、1900 年に浮力に動力を加えた革命的な硬式飛行船「ツェッペリン号」が ドイツで完成し、遠く離れた目的地への優雅でスタイリッシュな旅を楽しむことができるようになった当時の「感動」や「興奮」をデザインに表現した腕時計。
インデックスは「01」「02」のように「0」を用いた二桁表示。 視認性に優れ、4〜5時位置に秒表示、9時位置に24時間表示を配置。ユニークなデザイン、機能性だけでなく、左右非対称のアシンメトリーなユニークなデザインがこだわりを感じさせる。駆動装置:MIYOTA82S7、5気圧防水。価格は5万7200円(税込)。
https://ze-watch.shop-pro.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:26