※写真をクリックで拡大します。
Home

05/01(Mon) ジウジアーロ・デザインを忠実に再現80年代の本格ダイバーズウオッチ
数量限定で登場  SEIKO

《セイコーウオッチ》 「ジウジアーロ・デザイン」ならではのユニークなデザインが際立つ80年代の本格ダイバーズウオッチをリメイクした数量限定モデル(2モデル各2000本)を6月9日より発売する。希望小売価格は4万円+税及び4万5000円+税。
1986年に、セイコーとジウジアーロ・デザインが共同開発した200m空気潜水用防水の本格ダイバーズウオッチを可能な限り忠実に再現したのが本作となり、ケースをストラップの中心から左にオフセットしたユニークなデザインが特長。水中での手首の動きをスムーズにするために考案されたもので、特徴的な形状のプロテクターやストラップ、ダイヤルカラーにいたるまで、オリジナルのデザインを可能な限り忠実に再現している。
ケースサイドに固定した別体のグリップ付プロテクターは、衝撃からムーブメントを保護すると同時に、ダイブ前の潜水時間の設定時に回転ベゼルを操作し易くするためのパーツで、ジウジアーロ・デザインの機能主義を象徴するユニークなアイデア。ストラップには、従来のウレタンではなく、強化シリコンを採用し、耐久性と装着感が向上した。
http://www.seiko-watch.co.jp/

04/28(Fri) イオンモール幕張新都心店でスター・ウォーズクロックフェア開催
リズム時計とザ・クロックハウス共催で

リズム時計工業鰍ニザ・クロックハウス鰍ヘ、5月4日「スター・ウォーズの日」を祝う特別企画として、イオンモール幕張新都心店で「スター・ウォーズクロックフェア」を開催する。大人気のアクションクロック/BB-8™をはじめとするスター・ウォーズキャラクターのクロックが大集合!ここでしか買えない商品や先行予約新商品を用意している。更に、購入特典プレゼントも用意している。(一人1回の買い上げで1つ/数量限定、無くなり次第終了)
会期=4月28日(金)〜2017年5月7日(日) 10:00〜21:00(最終日のみ19:00まで)
会場=イオンモール幕張新都心ファミリーモール2F ファミリーラウンジ
http://www.rhythm.co.jp/news/2017/news170427.html

04/25(Tue) 初任給は、平均190,047円 東日本が西日本より11,761円高い
「自炊して弁当持参」という回答がトップとなり、「堅実派」の傾向

《新社会人」に関するアンケート調査》 三井ダイレクト損害保険が3月28日〜31日の4日間、1ヶ月に1度以上車を運転する新社会人男女300人(18歳〜29歳の2017年4月に初めて社会人になった人)に対してインターネットリサーチを実施した。
その結果、初任給の予定金額は、平均190,047円 東日本が西日本より11,761円高い。初任給の使いみちトップは、「貯蓄」の54%。理想の上司を芸能人に例えると、「天海祐希」さんがトップ。ヒヤリ・ハット経験、55%が1度以上ありと回答している。
貯蓄予定額は、全体平均額、58,627円。最高額は初任給の平均額を超える300,000円だった。自分自身へ投資したいもののトップは「貯蓄」の43%。昼食の摂り方は「自炊してお弁当を持参する」、全体64%、女性75%、男性48%。理想の上司に期待することのトップは「気配りや思いやりがある」の59%。勤務中の運転で「事故を起こすのが怖いので嫌だ」、38%。交通事故になりそうになったシーン「人・車の飛び出し時」、48%。運転時に気をつけていること「車間距離をあけること」、62%。
今年の新社会人の特徴として、初任給の使いみちをはじめ、自分自身へ投資したいもののトップ回答に「貯蓄」があがった他、昼食は「自炊してお弁当を持参する」という回答がトップとなり、「堅実派」の傾向がある。一方、ヒヤリ・ハット経験は55%、交通事故になりそうになったシーンは「人・車の飛び出し時」48%と、運転中に危険を感じることがあるという結果も出ている。
http://news.mitsui-direct.co.jp/topics/20170424/index.html?id=40275

04/19(Wed) 『CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO』銀座GINZA SIX1階にオープン
世界にここだけにしかないウオッチストア

《シチズン時計》 世界で初めてのシチズンウオッチグループ・フラッグシップストア『CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO(シチズン フラッグシップストア東京)』を4月20日に開業の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」内にオープンする。
ショップでは、シチズンウオッチを中心に「Alpina(アルピナ)」、「Arnold&Son(アーノルド&サン)」、「BULOVA(ブローバ)」、「CAMPANOLA(カンパノラ)」、[Frederique Constant(フレデリック・コンスタント)他、シチズンウオッチグループの主要ブランドを世界最大級のコレクションで展開する世界で初めてのフラッグシップストア。“居心地の良い時、を感じる場所”を空間コンセプトとした『CITIZEN FLAGSHIP STORE』は、三原通りに面する横に長いファサードが、光の反射が楽しい縦ルーバのリズミカルな配列で広がり、大型ビジョンに流れる映像が、外を行き交う人の目を楽しませるとともに店内への期待感を高めている。店内は、白とナチュラルウッドを基調とし、誰でもが気軽に入りやすく、上品で上質な空間を創り上げている。
店内では、豊富な知識を持つブランドスペシャリストが、ここでしか手に入らない限定商品を含む魅力的なラインアップから、消費者に合わせた時計を提案する。修理工房では、時計技能士が、メンテナンスに関わる相談を賜る。世界中から集うお客様をおもてなしできるよう外国語を話せるスタッフを常駐させる。
http://citizen.jp/

04/19(Wed) 戸倉敏夫社長が挨拶「シチズンウオッチのファンを増やしていく拠点として」
グランドオープンに先駆けレセプションパーティを開催

《シチズン時計》 『CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO』のグランドオープンに先駆け、4月18日、同ショップでレセプションパーティを開催、シチズンウオッチグループの各ブランドマネージャーが本国から来日した。
シチズン時計褐ヒ倉敏夫社長は「銀座は国際的かつトレンドの発信地で、世界中から多くの人々が訪れる街です。その街で2017年4月、様々な趣味・趣向のお客様に対応した、シチズンウオッチグループの主要ブランドを一堂にご覧いただける旗艦店をオープンしました。時計の魅力を知ってもらうことが出来ることを目指して、またお客様との絆を構築し、シチズンウオッチグループのファンを増やしていく拠点として、ブランド価値を発信してまいります」と挨拶した。来日した各ブランドマネージャーを紹介する戸倉敏夫社長。
http://citizen.jp/



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37