※写真をクリックで拡大します。
Home

06/06(Wed) 6月10日、銀座・和光の時計がお休みします
セイコー時間白書2018 「時を休もう。」

《セイコーホールディングス》 6月10日「時の記念日」にちなんで、昨年から生活者に時間についての意識や実態を探る調査を実施し、「セイコー時間白書」としては発表している。
今年の調査では、昨年から変わらず日本人が時間に追われ、休みの時でさえ心理的にせかされていることが分かった。
同社では、そんな願いを込めて、「時間」について見つめ直すきっかけ作りの為、日本の「時」のシンボルである銀座・和光の時計を6月9日(土)、10日(日)の二日間にわたり休むことに決めた。なお、この時計が姿を隠すのは、2008年の和光本館リニューアルに伴う一時閉館以来10年目ぶり。
https://www.seiko.co.jp/timewhitepaper/2018/index.html

06/06(Wed) 現代人は、2017年から依然として時間に「追われている」
昨年の「セイコー時間白書2017」の結果と比較して 

《セイコー時間白書2018》 6月10日「時の記念日」を前に、全国の10代〜60代の男女1200人を対象に時間意識に関する実態調査を行い、昨年に続き第2号となる「セイコー時間白書2018」としてまとめた。
何かと忙しく時間に追われがちな現代人。わたしたちは「時間」という存在をどのように感じているのでしょうか? 時間の価値について、昨年の「セイコー時間白書2017」の結果と比較してみた。
https://www.seiko.co.jp/

06/06(Wed) 昨年よりはやや改善傾向にあるものの、依然として「時間に追われている」現代人
9割近くが「意識して行動」していると答えている 

《セイコー時間白書2018》 時間を意識して行動するかという問いには[図1]の通り、9割近くが「意識して行動」していると答えているが、昨年(88.8%)よりも今年(85.8%)のほうがややスコアが低く、「時間に追われている」意識も64.3%と高いものの、昨年(69.1%)よりもやや低下している[図2]。また、1日24時間についても、56.3%が「少ない(足りない)」と感じているが、こちらも昨年(59.2%)より少なくなっている[図3]。昨年と比べるとやや改善傾向が見られるものの、依然として時間に追われている感覚を持つ人の割合が多く見られる。
https://www.seiko.co.jp/timewhitepaper/2018/index.html

06/06(Wed) 時間に追われる現代人、引き続き、時間を効率的に使う“時間マネジメント”に積極的
約7割が「おおよその目安の時間を計算して行動」 

《セイコー時間白書2018》 昨年同様、時間に追われている意識の強い現代人だが、時間に関する具体的な意識や行動についての問いには、[図4]の通り、約7割が「おおよその目安の時間を計算して行動」(今年67.7%、昨年68.3%)し、「効率的に進められるよう工夫をする」(今年64.2%、昨年66.5%)と答え、半数以上が「事前にスケジュールを決めて行動」(今年51.9%、昨年55.9%)していると答えている。
また、半数近くが「ひとつの事に集中せずに、複数の事を同時に行なう」(今年43.8%、昨年46.0%)マルチタスクや、「1日を有意義に過ごすために朝の時間を大切にする」(今年42.6%、昨年46.1%)朝活意識が高く、昨年と同様、時間を効率的に使う“時間マネジメント”に積極的に取り組んでいる。それだけ、時間に管理されていることの表れとも推測できる。
https://www.seiko.co.jp/timewhitepaper/2018/index.html

06/06(Wed) 時間管理意識が強い日本人
休みのときも、時間にせかされ、時間に支配されている?  

《セイコー時間白書2018》 時間管理意識が高い日本人は、オンタイムだけでなく、オフタイムも時間にせかされ、気が休まらず、半数近くが「1時間に1回以上」時間を確認している。時間を管理するというよりも、時間に支配されている。
時間に対する意識への問いには、オンタイムは[図5-1]の通り、「時間管理をより意識するようになった」(54.8%)、「なにごとも、効率重視で行動するようになった」(53.7%)、「時間の使い方を見直すようになった」(51.9%)といった意見が半数を占めている。
またオフタイムも[図5-2]の通り、3人に1人が「以前より、ゆっくりする時間が減った」(38.0%)、「時間管理をより意識するようになった」(37.5%)と答えており、プライベートな時間でも、時間にせかされ時間に縛られる傾向が強くなっているよう。
https://www.seiko.co.jp/timewhitepaper/2018/index.html



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37