※写真をクリックで拡大します。
Home

06/07(Fri) シチズン プロマスターエコ・ドライブ アクアランド200m
【Team KUROSHIO 提供モデル】

シチズン プロマスターエコ・ドライブ アクアランド200m コラボレーション限定モデル
(BN2030-88L) 70,000 円+税、限定数量1,000 本、発売中(限定モデルのため完売の場合あり)、光発電エコ・ドライブ搭載、最大70mまで計測可能な水深計付ダイバーズウオッチ。
https://citizen.jp/

06/07(Fri) プロマスターエコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー 1000m
【Team KUROSHIO 提供モデル】

シチズン プロマスターエコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー 1000m(BN7020-09E) 260,000 円+税、発売中、世界初の光発電1,000m飽和潜水用防水
ダイバーズウオッチ、海底1000mの過酷な環境に耐えうる強靭な外装。
https://citizen.jp/

06/07(Fri) 銀座のシンボル「エンジェル像」新たな場所で幸せ叶える
天賞堂銀座本店、エンジェル像を絡めた参加型イベントなども開催予定


《天賞堂》 時計、貴金属、模型の製造・販売をおこなう鞄V賞堂(本社:東京、新本桂司社長)は東京・銀座4丁目の天賞堂ビル社屋建て替えに伴って3 月に閉店した銀座本店に代わる時計、貴金属を販売する新店舗「天賞堂 銀座本店」を4 月13 日、銀座六丁目にオープンした。
以前の店舗で銀座のシンボルにもなっていたエンジェル像は、頭をなでると「恋が実る」「幸せになれる」といったことが口コミで広まっていたが3 月の店舗閉店の際には、エンジェル像はどうなるのかといった問い合わせがあり、近隣の店舗オーナーたちからも「絶対に残してほしい」など切望されていたほど。
ビル7 階に位置する移転先の新店舗のエンジェル像は、エレベーターを降りるとすぐにある入口に、店舗をのぞき込むよう設置されている。新店舗オープンからこの1 カ月で、エンジェル像の行方が気になっていた人たちが、写真撮影をしに続々と訪れているという。
新店舗に移って屋内になっても、雨が予想された日は、傘を差した写真を投稿するなどし
ており、これからは屋外では難しかったコスプレをさせるなど、見てくれている人たちが和むエンジェル像を発信していくとしてえる。
ゴールデンウィークには「天使を探せ」と題し、見つけて写真を投稿してもらうイベントを実施したところ、店舗移転を知らなかったお客たちがエンジェル像探しに銀座の街歩きを。店舗では、今後もエンジェル像を絡めた参加型イベントなども開催予定。
http://www.tenshodo.co.jp/

06/03(Mon) 未来に希望を持てる人を増やす活動:日本時計輸入協会総会
社会貢献活動としてチャリティも開催する

 一般社団法人日本時計輸入協会(小谷進理事長)の「第64回通常総会」が、5月23日、浜松町東京會舘で行われ、39名中38名(委任状含む)が出席し、3議案すべて承認可決された。
 総会冒頭のあいさつでは、小谷理事長が「輸入時計業界は、自分でもわからないくらい、他業種に比べて、非常に好調に推移している。それを支えているのが、我が会員の皆様の努力の結果。長らく理事長を努め、業界への寄与がどれだけできたのか、思い浮かべるところだが、活動に賛同いただき、その活動が消費者に認められたことが、業界の推移だと理解している。皆様の尽力が業界に対して一定の効果があると自負している。来季からの新体制で、新たな輸入協会として、どのように市場に寄与していくか、どのような感性・感覚を消費者に訴え、さらに市場を安定させ、飛躍できるような会の活動ができるかに期待する。長いあいだご支援ありがとうございました」と、理事長退任挨拶を含めた言葉を述べた。
 任期満了に伴う役員改選においては、12名の理事と3名の監事が決定した。
 ◆新理事長=堀田峰明(潟zッタ)。◆副理事長=小谷進(栄光ホールディングス梶j、佐川良二(鞄新堂)。◆理事=河合利典(東邦時計ホールディングス梶j、木内義裕(潟ラキ)、金原厚(ブライトリング・ジャパン梶j、黒坂則昭(椛蜻商会)、佐藤久史(リシュモンジャパン梶j、高橋正敏( LV M Hウォッチ・ジュエリージャパン梶j、千葉和彦(一新時計梶j山田滋(スウォッチグループジャパン梶j。◆専務理事=松本薫。◆監事=浅尾忠寛(DKSHジャパン梶j、小竹信哉( 東洋時計梶j、城戸ア健(城戸ア公認会計士事務所)。
 総会終了後は、場所を移して懇親会を開き、新理事長就任のあいさつが行われた。
 堀田新理事長【写真】は、まず8年間理事長を務めた小谷氏と、今回で理事を退任する山崎剛氏に、これまでの感謝の意を示してから、協会の果たすべき役割を考えてみたと話し始めた。「共通することは、『この時代において』『我が国において』『輸入時計を扱っている』という3つ。『この時代において』は、時間を計るにはスマホで事足りる。『我が国において』は、世界有数の時計の生産国である。世界有数の時計生産国である我が国で、スマホがあれば時間がわかる時代において、輸入時計を扱っていることは、“贅沢品を扱っている”ということ。そして、贅沢品を生業として扱うことが出来るのは、前提に世の中が平和であることと、未来に希望が持てることが共通する。未来に希望が持てなければ、恐らく時計を買おうとは思わないでしょう」と前置きしてから、「協会としては、未来に希望を持つ人を少しでも増やしていく活動をしていくことが我々の役割だと思う。今を生きるすべての人に希望を持っていただくのは、多少おこがましい事だが、業界で働く人たちが、未来に希望を持てるようにすることは、協会がやらなければならないこと。CWCウオッチコーディネーターは、業界で働く人が未来を明るく描くことができるようにするための制度だと、言い換えることができる。資格を取って研鑽されることで、より自分のキャリアに明るい展望を描けてきたという業界人を、少しでも増やしていきたいと改めて思う」との意気込みを示した。また「今年度から、社会貢献活動として、毎年『時の記念日(6月10日)』にチャリティオークションを行うことを決めた。収益金の全額を、あしなが育英会に寄付する予定としている。これは、協会が未来に希望を持てる人を増やしていく象徴的な活動だと思う」として協力を呼びかけた。
 総会で決まったこととして、「定款の一部を変更した。これまでは正規輸入を通じて、としていた箇所を、正規輸入の販売に携わる個人・団体も会員になれるとした」と報告。また理事長任期は長くても4年と改めた。
 そして最後に、「歴代に比べ若輩者ですが、輸入協会があって良かった、メンバーで良かったと思えるよう努めていく」として、あいさつにかえた。
 2019年度の主な事業活動は、社会貢献活動への支援事業、I m p o r tWatch of the Year(IWY)事業の2本柱で、そのほか、輸入時計の普及啓発及び流通環境の整備を目的とする事業として、「年鑑」、「広報」、「時計技術講習会」などとなっている。
http://www.tokei.or.jp/

06/03(Mon) 「時の記念日」に社会貢献活動チャリティオークションを実施
日本時計輸入協会

 一般社団法人日本時計輸入協会(堀田峰明理事長)は、毎年6月10日の「時の記念日」を含む週に、チャリティーオークションを開催し、その収益金を慈善団体( 今年度はあしなが育
英会に決定)に寄付することを発表。微力ながら社会貢献を行うとしている。
 同協会は、今後社会貢献活動に注力していくことと、特に若い年代の人たちに向けて、寄与できる方法を模索していくことを検討している。
 今回のチャリティーでは、同協会加盟の10数社から約35点の品物の提供を受け、オークションを行う。ゼニス提供の大型クロック、リシャール・ミル提供のゴルフパター、ブライトリング提供のバッグやTシャツ、セイコーウオッチ提供のSEIKOランナーズウオッチ+山縣亮太選手のサイン色紙のほか、複数ブランドの腕時計も出品される予定となっている。
 オークション開始日時は、6月8日11時。オークション終了日時は6月15日22時。プラットフォームはヤフオク。
http://www.tokei.or.jp/

06/03(Mon) 「時計フェスタ610」 時計の重要性と大切さを学ぼう
ヒコみづのが東京と大阪で開催

 時計を学ぶ専門学校「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」(東京都渋谷区、大阪市西区。学校長:水野倫理)」のウォッチコースが考える“時の記念日イベント”「時計フェスタ610」〔6月9日開催〕が、今年も開催される!
 第3回目となる今年は、「時への情熱」と題し、時計作りに情熱をそそぐ時計師の時別講義や熱意のある時計コースの学生が、時計の魅力を伝える内容となっている。
 東京会場の14時〜15時30分は、独立時計師ヴィアネイ・ハルター氏による特別講演が開催される。独創性豊かな時計を作り出すハルター氏が、時計に対する熱い想いを語る(事前予約制)。大阪会場の14時30分〜15時30分は、クオーツ時計の体験実習が開催される。内容は、クオーツ時計の電池交換を体験。講師による解説を受け、実際に手を動かしながら時計の仕組みについて学べ、初めてでも理解しやすく、安心して楽しめる。また、実習で使用した時計は持ち帰れる(参加費500円。事前予約可能、定員になり次第締切)。
 そのほか、手持ちの大切な時計の状態がチェックできる「歩度測定」と「磁気抜き」を実施(東京・大阪)。パネライ「Lminor」にも搭載されたムーブメントを使った「機械式時計の分解組立実習」では、組み上げたパーツが規則正しい機械音を打ち始める瞬間が体験できる(大阪/参加費無料、事前予約可能、11時〜12時30分)。時計のパーツを美しく仕上げる「青焼き実習」と、「講座」が『ウォッチワークショップ』として実施される。普段なかなか知ることのできない時計の世界が体験できる(東京/参加費500円、11時〜、13時〜、15時〜)。さらに、「お子様向け水時計製作」「時計展示」「時計電池交換」「カフェ」なども開催される。
https://www.hikohiko.jp/

06/03(Mon) ASTRON から「Honda NSX」の世界観とのコラボレート
ハイエンドモデルのスペシャル限定モデル発売

 世界初のG P S ソーラーウオッチ「セイコーアストロン」のハイエンドコレクションである、レボリューションラインから、Honda NSXの世界観とコラボレートした、数量限定モデルが9月7日より全国で発売される。数量は200本、価格は50万円+税。
 セイコーアストロンは、昨年11月に、ダウンサイジングに加え、高速タイムゾーン修正・タイムトランスファー機能を備えた、アストロン史上最高性能を誇る新開発のムーブメントを搭載した「5Xシリーズ」を発売し、また本年3月には「5Xシリーズ」から、最先端の金属加工技術を駆使し、独創的なコンポジットケースに身を包んだハイエンドコレクション「レボリューションライン」を発表するなど、ブランドのルーツである「高精度の追求」と、それを実現するための「絶え間ない進化」を続けている。
 商品特徴は、誰も知らなかった喜びを届けるHonda NSXのデザインを随所に取り入れたスペシャル限定モデル。最高の彩度をめざして生まれたNSX 2019年モデルの新色サーマルオレンジ・パールの、鮮烈なカラーを再現した新色「サーマルオレンジ」をダイヤル、ベゼル、付け替え用クロコダイルストラップに採用。NSXと響きあうスポーツネスを体現している。ダイヤルは、NSXのフロントグリルをモチーフにしたハニカム柄の立体成型パターンが施され、その上にはインストルメントパネルから着想を得た、アラビア書体の12時アワーマークをレイアウト。優れたエアロダイナミクス性能を発揮する独創的なNSXのボディフォルムをイメージしたケースデザインは、ワイド&ローな佇まいをさらに成熟させた2019年モデルを彷彿とさせる。またセイコー独自の表面硬化処理「スーパーブラックダイヤシールド」を施すことで漆黒の輝きを放ち、リアインテークとリンクするケース側面には、NSXのロゴが刻印されている。
 ベゼルの10時位置(UTC5)には、NSXの生産拠点であるアメリカオハイオ州メアリズビルにあるP e r f o r -mance Manufacturing Center(PMC)にちなんで、メアリズビルを含むコロンバス都市圏のポート・コロンバス国際空港の空港コード(CMH)を刻印。りゅうずは、シーンに応じて走りのステージを切り替えるNSXの「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」をモチーフとし、レギュラーモデルにはない特別な形状。裏ぶたは、特殊な3次元加工を施した専用鍛造アルミホイールをモチーフにし、NSXのロゴにLimited Editionの文字、シリアルナンバーを刻印。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/astron

06/03(Mon) 辰巳理事長が「まだまだ若者に時計の魅力を伝える」と挨拶
大阪時計宝飾眼鏡「第72回通常総会」

 大阪時計宝飾眼鏡商業協同組合(辰巳貞一理事長)は、「第72期通常総会」を5月22日、アークホテル大阪にて開催。総数108人中、本人出席36人、委任状出席43人で成立した。
 辰巳理事長は「72年前の設立から今日まで続いているのは、諸先輩の努力の結果と思います。本組合には時計技術訓練校があり、本年度は17名の入校があるのは、若い人にもまだまだ時計の魅力が伝わっているからだと思います」と挨拶した。
 総会は、各議案通り承認された。
 令和元年の各委員会事業計画は、絵画コンクールの開催、機関紙・タイムスの紙面充実、写真コンテストの開催(近畿ブロック)、組合保養施設白浜ランスロットマンション活用など。眼鏡関係では眼鏡講習会の開催、関係団体との意見交換、情報収集と開示などに取り組むとしている。
 その後、懇親会を開催。来賓祝辞を大阪府商工労働部中小企業支援室、商業・サービス産業課統括主査の小柳智史氏が述べた。その他の来賓は、大阪府職業能力開発協会事務局次長の寺田清美氏、(一財)大阪商業振興センター事業チーフの谷口彰一氏、大阪時計卸協同組合理事の小谷年司氏、ジェムリサーチジャパン椛纒\の宮ア智彦氏、大阪府火災共済協同組合専務
理事の大川肇氏、大阪府中小企業団体中央会連携支援部連携促進課主事の江藤佳子氏、大阪眼鏡専門小売協同組合専務理事の亀井正美氏を迎えた。
 続けて、長寿組合員の紹介があり、東大阪の沖村氏に記念品を贈呈。また技能検定合格者の発表で、山本善平氏に1級合格証書が手渡された。
 乾杯の音頭は小谷氏が行い祝宴に入った。宴半ば、吉田副理事長の中締めの挨拶で、お開きとなった。
http://tokeikumiai.com/osaka/

06/03(Mon) 中山理事長があいさつで「財政再建の方向に」
東京時計宝石眼鏡小売協同組合「第77回通常総会」を開催

 東京時計宝石眼鏡小売協同組合は、5月23日、台東区の上野精養軒で、「第77回通常総会」を開催。組合員総数156人中、本人出席22人、書面出席29人、委任状出席45人により成立。平
成30年度事業報告、令和元年度事業計画など全11議案を原案通り承認可決した。総代会終了後、長寿祝金贈呈式も同時に執り行われた。
 通常総会の冒頭、中山理事長があいさつに立ち、「現在も組合員の減少は続いており、組合の運営状況は厳しいことに変わりはない。しかし、私が理事長となり、皆様には不便、迷惑を掛けながらも経費の見直し、削減に務めた結果、僅かながら組合の財政も再建の方向に向かっている」と報告した。
 総会終了後には仕入事業三社長による第21期上期の業務報告が行われた。
さらに来賓として東京都中小企業団体中央会の千葉俊支援課主査と東時協の顧問弁護士を務める御正安雄弁護士から祝辞が述べられた。
 閉会後、同所にて、福祉生命共済会の長寿祝金贈呈式が執り行われた。

05/31(Fri) オロビアンコ新作時計ERUDITO(エルディート) 発売
ドウシシャからアンティーク調を追求した自動巻き時計

潟hウシシャ(大阪本社:野村正幸社長)は、イタリア・ミラノ近郊で創設されたバッグ発祥のファクトリーブランド オロビアンコ(Orobianco)の新作ウオッチ ERUDITO(エルディート)を6月1日(土)に発売する。
イタリア語で博識の意味を持つ今シリーズ エルディートは、幅広い知識や高い知性を持った紳士の洗練性と高雅さをイメージしてデザイン。アラビア数字とくさび型の2種類のインデックスやカーブを施したドームガラスを採用することでアンティークな雰囲気を表現し、秒針のエンドにはブランドの象徴であるコロナロゴが装飾のポイントとして配されている。38mmの小ぶりなケースサイズはシャツの袖口とのバランスが良く、腕元をすっきりとみせてくれるので、オンオフ問わずに使用できる。また、贈り物としてもオススメ。6月1日(土)より時計専門店を中心に販売する。価格は34,000円〜35,000円(税抜)。
http://www.doshisha.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:2