※写真をクリックで拡大します。
Home

06/11(Fri) 「時の記念日」に「シチズン タイムレス シティ」オープン
時計の文字板上にバーチャル空間が出現「リアルな質感が実現する没入感」

《シチズン時計》 オンライン上で様々な時にまつわる体験ができるバーチャル空間の街「CITIZEN Timeless City(以下、シチズン タイムレス・シティ)」を ⽉ 10 ⽇「時の記念⽇」にオープンした。
「シチズン タイムレス・シティ」は、誰もが気軽に腕時計の魅⼒に触れ、ワクワクできる体 験を提案したいという想いから⽣まれたバーチャル空間上の街。6⽉10⽇にコンテンツ第⼀弾として、ブランドの世界観を360°空間で体感できる「コンセプトラウンジ」、シチズンを代表する歴代の腕時計が⾒られる「ミュージアム」、動画コンテンツを楽しめる「ライブスペース」をオープンいたしたもの。 100 年以上にわたり腕時計を作り、「時とは何か」を考えてきたシチズンだからこそできる、 時計の歴史や、腕時計を選ぶ楽しみを体験出来る場所を⽬指している。また、腕時計という 1µm 単位のモノづくりを追求してきたシチズンとして、建物や道路をはじめ街の細部の質感にもこだわった。バーチャル空間ならではの⾮現実的な街の構造と、リアルさが交差し、未来的でありながらもどこか懐かしい「シチズンタイムレス・シティ」の持つ雰囲気を是⾮体験してください。 今後、コンテンツを随時追加・更新し拡張していく予定で、2021 年秋頃に、実際に店舗に 訪れているような体験ができる「ブティック」をオープン予定。腕時計が好きな人はもちろん、まだ腕時計に触れたことがない人にも、この空間へ訪れるたびに新しい発⾒や体験ができる魅⼒あるコンテンツ提供を⽬指していくとしている。
https://city.citizen.jp/

06/08(Tue) コロナ禍で広がり加速する時間の多様性
「セイコー時間白書2021」

セイコーホールディングス鰍ヘ、6月10日の「時の記念日」にちなみ、生活者に時間についての意識や実態を探る調査を2017年から実施、毎年『セイコー時間白書』として発表しています。コロナ禍が本格化して1年が経過。仕事やプライベートを問わず生活環境が大きく変化したことによって、「時間の使い方」は多様化し、時間をどう使うか、時間の価値を改めて見つめ直した人も少なくないようです。『セイコー時間白書』では、コロナ禍において創造された時間の新しい価値や、時間の使い方の多様性を“レガシー”(社会の資産)にすべく、多様化した時間の使い方や深まった時間への意識を探り、ひもときます。また、今回はグローバル編として、アメリカと中国にて同様の調査を行い、日本との時間意識の差を探りました。

新たに生まれた「豊かな時間の使い方」

時間価値、時間の多様性
新たに生まれた「幸せな時間の使い方」とは?
■生活環境の変化で「増えた時間」=「今後も維持したい時間」に。コロナ禍による時間の使い方の変化は、良い時間の使い方を見つけるきっかけに。
■新たに生まれた豊かな時間の使い方 コロナ禍で広がった時間の多様性:「平日に夫婦でランチデート」「自宅でコンサート鑑賞」「家族でそろって食事」「妻を師匠に料理を勉強」「平日昼休みに子どもやペットと遊んでリラックス」「猫と仕事」「50歳を過ぎてからの学び直し」 etc.

自分にとって良い時間の使い方 時間との付き合い方の行動や考え方の変化とは?
■コロナ禍で「人生をより豊かにするための時間の使い方」を考えた人が2人に1人。時間を価値あることに使う意識が醸成。
■「臨機応変に自らの裁量で過ごす」「隙間時間も工夫しながら過ごす」など、半数に近い人が時間の使い方を工夫している。
■1時間の価値、オフタイムの時価12,992円、前年比155.7%、5年間で2倍。

これまで以上に「時間」と向き合い始めた日本人

日本、アメリカ、中国の時間価値比較
■オン・オフの時間価値の差が大きい日本、オンとオフの時間価値に差を付けないアメリカ、オンの時間価値がオフを上回る中国。
■2020年の体感速度 日本2.03倍 アメリカ2.92倍 中国1.49倍
■時間の使い方自己採点 日本58.5点 アメリカ64.5点 中国78.4点

ユニークトピック
コロナ禍における“メリハリ付かない問題”のその後
■リモートワーカーのメリハリ付かない問題が、1年を経て10ポイント程度改善。折り合いを付けられるようになっている一方、集中しすぎてオーバーフロー気味の傾向も。

自律ならぬ“時律”時代 時間マネジメントの個人差が顕著に
■私生活で「他人の生活リズムがわからない」46.2%、「生活のメリハリがはっきりしない」42.3%、「時間を効率的に使うことが難しい」41.8%と新たな課題も。

2020年は例年の2倍速以上で経過?!
■体感速度がコロナ禍以前に比べ大きく加速、学生ではその傾向が顕著に。


若い世代ほど「時間」に関するコロナ禍の影響が大きい
■「何もしない時間が増えた」学生が半数以上、ツラい社会環境に。
■「世の中と関わる時間を増やしたい」44.8%。10代〜30代の若い世代ほど顕著。

今とコロナ収束後を表すのにふさわしい言葉は?
■今の状況は「粛々」「だらだら」。コロナ収束後は「のびのび」 「のんびり」。

アフターコロナ、最も望まれている時間は「友と外食」
■友人との「外食」55.6%、配偶者との「旅行」が40.2%。
https://www.seiko.co.jp/timewhitepaper/2021/

06/02(Wed) 「ごみゼロの日」にリサイクルしたウォッチ
北欧スウェーデンのTRIWA

 5月30日の「ごみゼロの日」に、北欧スウェーデンの腕時計ブランドTRIWAから海のプラスチックゴミをリサイクルしたウォッチシリーズ「TIME FOR OCEANS」の新作が登場。取り扱いのリズムグループのアイ・ネクストジーイー鰍ェ、新商品3型を5月25日より先行予約を開始し、5月30日に全国で発売開始した。
 ダイバーズウォッチデザインのアクティブな新作は、スイス の“#tide Ocean Material” が製造した100%リサイクルの海洋プラ スチックで作られたケースとストラップを採用している。
 2020年にTRIWAは、我々の海が直面している環境問題への意識を高めるために、リサイクル海洋プラスチックから作られた時計「TIME FOR CEANS」を発売。約2万本のペットボトルに相当する約10,000本の時計が販売された。そして今回、海洋プラスチックから作られた世界初のサブマリーナーウォッチ “TIME FOR OCEANS SUBMARINER”を発売した。
 新作は、黎明期の水中探検にインスピレーションを得てデザインされ、スイスの#TideOceanMaterialと共同開発された。TRIWAのTIME FOR CHANGEストラテジーの一翼を担い、時計をステートメントシンボルとし時代が直面する問題に対する意識を高める目的がある。それは地球上で問題となっているプラスチックゴミによる海洋汚染。この地球規模の問題に対して、海洋廃棄物をアップサイクルし、海洋の重要な健康への意識を高めることを目的としてつくられた、リサイクルウォッチ“タイムフォーオーシャンズ”から、新たにサブマリーナーコレクションの登場だ。価格は1万7600円。
https://www.triwa.com/ja

05/18(Tue) 「音と光の目覚まし時計 SUNRISE」
おうち時間を豊かにしたいというニーズ捉え

 昨今のおうち時間の需要の高まりにより、何か役に立てる商品を世に出せないかという想いから企画されたのが、ギフト関連商品の企画・製造・販売を行う潟Sルウィス(兵庫県神戸市垂水区、齋藤夏樹社長)による、規則正しい生活をサポートする「音と光の目覚まし時計 SUNRISE」だ。
 担当者は「既に“光を放つ目覚まし時計”はいくつか世に出回っておりましたが、機能性に優れたものは無機質な物が多い事に気が付きました。昨今では在宅ワークが増え、おうち時間を豊かにしたいというニーズが高く、インテ リアのお洒落を楽しむ方をSNSで拝見し、デザインの重要性を再認識させられました。そこで機能性とデザイン性を兼ね備えたお洒落で便利な目覚まし時計を作ろうと決心し、商品の開発を開始しました」とし、4 月29日から楽天市場Giftya(ギフト&韓国北欧雑貨)で先行販売を開始した。
 同商品は、「光と音のアラーム機能」を搭載するほか、必要な機能が詰め込まれている。ただ光るだけではなく、より人が自然に起きられるよう、日の出をモチーフにした演出を採用し、類似商品の調査を行いニーズの高かった「アラーム音の複数収録」、「タッチセンサー」、「イルミネーションモード」などを実装している。
 デザインは、日本人の好みのカラーを調査し採用することで、インテリア雑貨としても好まれるデザインになっている。シンプル・ナチュラルなデザインでありながら、無機質さを感じさせない暖かみを備えている。
 コンパクトな円柱型で360度明かりを灯すことができ、向きを気にせず使えるのも特長の一つ。カラー点灯・イルミネーションモードにより、気分や部屋の状況によって雰囲気を変えることができ、目覚まし時計でありながら SNS映えする商品となっている。メーカー価格は7580円(税込)。

05/18(Tue) ビジネスアスリートに向けた「Garmin」キャンペーン
GPS機器のパイオニア

 GPS機器のパイオニア「Garmin」が、いつでも仕事で最高のパフォーマンスを目指すビジネスパーソン、「ビジネスアスリート」に向けて、5月10日より、Garmin のウェアラブルデバイスを活用した体験談を募集するキャンペーンを開始した。
 日常では仕事でしっかり成果を出し、休日はスポーツや趣味などプライベートを充実させたいというビジネスアスリートは、スマートで活動的な毎日を過ごすために、スマートウォッチを上手く活用しているとし、同キャンペーンで集めた体験談を通じ、Garminスマートウォッチのユーザー、または今後活用を検討している人に対して、Garminのウェアラブルデバイスを使った便利でスマートな活用方法を紹介し、多くの人のウェルネスラ イフのサポートに繋げていくとしている。
 体験談が採用されるとアプリでデータ管理ができる話題のスマート体重計、「Index S2」がプレゼントされる。
https://support.garmin.com/

05/18(Tue) 産業をポジティブにしようキャンペーン
且梃v美術宝飾新聞社

コロナ禍による苦しい状況が続くと思われますが、今できることをコツコツと増やして売上を作っていかねばなりません。
こんな時こそ笑顔でいたいですね。楽しかったこと、良かったこと、疑問に思うこと、困ったこと、助けたいことなどを業界の仲間たちと共有しませんか。人への親切がまわり巡ってくるように、ポジティブになることが求められています。
 無記名によるご投稿・ご連絡をお待ちしております。FAX:03-3833-1717/メール:hayato@carol.ocn.ne.jp  
https://www.e-tkb.com/

05/18(Tue) セイコーホールディングスが国連グローバル・コンパクトに署名
責任あるリーダーシップの発揮へ

 セイコーホールディングス梶i東京都中央区、服部真二会長兼グループCEO兼グループ CCOは、3月に国連グローバル・コンパクトが提唱する10原則の支持を表明し、署名したことを4月28日付で発表した。
 国連グローバル・コンパクトとは、世界の企業や団体が責任あるリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取り組み。「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野に関わる10原則を提唱し、企業や団体に対しそれらを支持し、事業活動を展開することが求められている。
 同社は、従来より「企業倫理の基本理念」を定めるとともに、それを実現するための「企業倫理行動指針」を制定し、役員および社員一人ひとりが実践してきた。このたびの国連グローバル・ コンパクトへの署名を機に、企業倫理 行動指針の確実な実践とともに、4分野10原則の具体的な取り組みを加速し、持続可能な社会の実現に向け活動を続けていくとしている。
 「国連グローバル・コンパクトの10原則」=◆「人権」:原則1.人権擁護の支持と尊重、原則2.人権侵害への非加担。◆「労働」:原則3.結社の自由と団体交渉権の承認、原則4.強制労働の排除、原則5.児 童労働の実効的な廃止 、原則6.雇用と職業の差別撤廃。◆「環境」:原則7. 環境問題の予防的アプローチ、原則8.環境に対する責任のイニシアティブ、原則9.環境にやさしい技術の開発と普及。◆「腐敗防止」:原則10.強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み。

「The Valuable 500」

 また、同社は障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアティブ「The Valuable 500」 の趣旨にも賛同し、加盟した。
 「The Valuable 500」は2019年の世界経済フォーラム年次総会において発足し、障がい者が社会、ビジネス、経済における潜在的な価値を発揮できるような改革をビジネスリーダーが起こすことを目的とした取り組み。
 同社は企業倫理の基本理念のもと、企業倫理行動指針において「基本的な人権、人格の尊重」を掲げ、社員の多様性、主体性と独創性が発揮できる環境の実現に努めている。
https://www.seiko.co.jp/

05/07(Fri) 『World Shopping BIZ チェックアウト』を4月より提供開始
全国から世界125ヵ国への販路開拓を支援

株式会社ジグザグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:仲里 一義)は、株式会社ウオッチ・ビジネス・カンパニー(本社:広島市西区、代表取締役:鍵本 優)が運営する「TIME TIME ONLINE STORE」において、JavaScriptタグ1行で越境EC対応を実現するサービス『World Shopping BIZ チェックアウト』を4月より提供開始した。
『TIME TIME ONLINE STORE』( https://store.timetime.jp/shop/default.aspx )は、海外販売(越境EC)対応のパートナーとして、多言語対応、海外決済、海外配送を一気通貫で行うジグザグの『WorldShopping BIZ チェックアウト』を採用。これにより、JavaScriptタグを1行追加するだけで、特別な開発や運営オペレーションの変更を一切伴わずに、世界125ヵ国に向けての海外販売対応が実現する。
高感度なブランドが揃う時計専門店のセレクトショップを全国で展開する「ウオッチ・ビジネス・カンパニー」の公式オンラインストア。幅広い年齢層をターゲットとする地域密着型の「TIME TIME」、時を経ても色褪せることのない不変的な価値観を持つウォッチをセレクトしたショップ「Khronos」など、全国展開するショップで幅広い年齢層に支持される選りすぐりの時計を取り揃えている。
https://www.atpress.ne.jp/news/258064

05/01(Sat) 「セイコープロスペックス」が「iFデザインアワード」受賞
1968メカニカルダイバーズ復刻デザインモデル

セイコーウオッチ鰍ェ世界で展開する本格スポーツウオッチブランド「セイコープロスペックス」の『セイコーダイバーズウオッチ55周年記念限定コレクション1968メカニカルダイバーズ復刻デザイン』が、国際的なデザイン賞「iFデザインアワード」をプロダクトデザイン部門で受賞した。 1968年発表のオリジナルモデルは、 当時としては世界最高水準の10振動 ハイビートムーブメントを裏ぶたのないワンピース構造の300m防水ケースに搭載した画期的なモデルだった。1970 年には日本山岳会の植村直己、松浦輝夫の両氏がエベレスト登頂に同モデルを携行し、高い信頼性が実証されるとともに、今日ではプロテクターつきモデルと並んで、セイコーダイバーズウオッチの代名詞にもなっている。 受賞モデルは、オリジナルモデルのデザインや開発に込められた想いを継承しつつ、性能を大幅に向上させた。 当時空気潜水仕様だった防水性能を飽和潜水仕様にスペックアップするだけでなく、腕時計の外装素材として、世界最高レベルの耐食性を備えたステンレススチール素材「エバーブリリアントスチール」を採用したケースに、現代のメカニカルハイビートキャリバー 「8L55」を搭載することで、セイコーダイバーズ55周年を記念するに相応しいモデルに仕上がっている。
https://www.seikowatches.com/

05/01(Sat) クロックハウスから初のカスタマイズソーラーウォッチ
1万円台の3プライスで販売開始

時計専門店として国内最大265店舗(リアル店舗259、オンラインストア6)を展開する潟U・クロックハウスは、プライベートウォッチブランド「THE CLOCK HOUSE」より、初のカスタマイズソーラーウォッチを1万円台の3プライスで、リアル店舗・オンラインストア同時に5月1日より発売を開始した。37年の歴史がある同社のプライベートブランドウォッチは誕生から20年が経ち、累計販売本数は329万本を数え、毎日 着替えるリストウェアをコンセプトに、オンビジネスのフォーマルから休日のカジュアルまで、シーンとスタイルに合わせてコーディネートできる腕時計をラインナップする。 アパレルでは当たり前となったSPA型商品は、自社で「企画」「開発」「製造」「販売」まで全て一 貫して行うことで流通工程が短縮され、その分コストを抑える事が可能となる。 同社のプライベートブランドウォッチも、メーカー商品と同等の高いクォリティを実現しながら、ポピュラープライスを実現する「高コスパ」がプロダクトポリシーとなっている。1万円以上の腕時計は全てソーラー駆動、レザーバンドモデルは裏地に高級素材の東レ製のウルトラスエードを使用する。 SPA型商品の特徴である高コスパにくわえ、カスタマイズシリーズは時計本 体とバンドを別々に購入出来、さらにバンドをワンタッチで取り外しできる事から、時計本体「1つ」とバンド「複数本」で何役もこなせる腕時計となり、極コスパのプロダクトとなる。 ファッションやインテリアでミニマルデザインが潮流となって久しいが、その「最小限」の形や色の中で個性を輝かせる二つのデザインテイストがフレンチとノルディック(北欧)であり、それぞれのイメージをベースに新たなプロダクトは誕生している。 フレンチカジュアルモデルは、ベーシックなのに「どこか優雅で魅力的」な印象をユーザーに感じてもらいたい、そんな想いがデザインにこめられた。パリの通りにある、カフェの黒板に書かれた手書きのサインボードから、文字盤とインデックスのデザインはインスパイア。また時針と分針は、パリの街中に佇む教会の時計からヒントを得ている。針の先端がスペード形状になっており、ノスタルジックな雰囲気が感じられる仕上げになっている。 ノルディックカジュアルモデルは、シンプルなのに「どこか革新的」そして自然美と機能美を感じてもらえるような想いがデザインにこめられた。北欧の空や森、自然の風景から文字盤のカラーはインスパイアされた。ノルディックカジュアルに使われているインデックスや時針・分針は、すっきりとしたフラットバー。 北欧の人たちは、家の中でより心地よく快適に過ごすことをとても大切に考えており、飽きのこないシンプルな家具やファ ブリックが多くなったといわれている。この時計も長く愛用してもらえるように、無駄のないデザインが追求された。 サイズ34mm/39mm/40mm。各1万1000円、1万3200円、1万5400円 で展開。
https://www.theclockhouse.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:14