※写真をクリックで拡大します。
Home

09/21(Fri) “G-SHOCK”が世界的な人気バンド「Gorillaz」とパートナーシップ契約
タイアップ企画の第一弾として、特設サイトでスペシャルムービーを公開

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が世界的な人気を誇るイギリスのバーチャルバンド「Gorillaz(ゴリラズ)」とパートナーシップ契約を結んだ。
「Gorillaz」は、世界で最も成功を収めているバーチャルバンドで、イギリス出身のデーモン・アルバーンとジェイミー・ヒューレットの2人によるプロジェクト。2D、マードック・ニカルズ、ヌードル、ラッセル・ホブスという4人のキャラクターで構成され、若者を中心に世界的な人気を誇っている。
今回、世界に先駆けてバーチャルバンドというスタイルを築いた「Gorillaz」と、「耐衝撃ウオッチ」という分野を切り開き、常に新たな挑戦を続ける“G-SHOCK”が共鳴し、タイアップが実現した。タイアップ企画の第一弾として、特設サイトでスペシャルムービーを公開している。また、今後の「Gorillaz」と“G-SHOCK”とのタイアップについての情報も特設サイトで随時案内している。
特設サイトURL:https://world.g-shock.com/gorillaz/

09/19(Wed) 新生Tutima Glashutte(チュチマ・グラスヒュッテ)説明会
9月25日、東京・銀座のホテルモントレ銀座で

潟c塔gレックスでは、本年9月よりドイツのウォッチ・ブランド、Tutima Glashutte(チュチマ・グラスヒュッテ)の取り扱いを開始した。

この度、Tutima Glashutte社、モントレックス社との共催で、Tutima Glashutteブランドの発表会を兼ねたプレスプレゼンテーションを9月25日、東京・銀座のホテルモントレ銀座で開催する。
プレスプレゼンテーションでは、Tutima Glashutte社オーナー、Dieter Delecate(ディータ・デレカーテ)と営業部長、Karlo Burgmayer(カルロ・バーゲンマイヤー)
らが来日し、新生Tutima Glashutteについて説明する。
◇日時: 2018年9月25日(火曜日)、◇受付開始:16:30、 ◇プレゼンテーション:17:00〜18:00、◇懇親パーティ:18:00〜19:30、◇会場:ホテルモントレ銀座 2F ル・ソール(東京都中央区銀座2-10-2 TEL 03-3544-7111)
出欠の連絡は、同社の山口メール(y.yamaguchi@montrex.co.jp)に9月20日まで。
もしくはファックスでのお申し込みをご希望の方はhttp://www.e-tkb.com/imbord_2016/pdf/fax_tutima.pdf よりダウンロードしてください。

http://www.montrex.co.jp/

09/19(Wed) 「Honda Racing」と“EDIFICE”のコラボレーションモデル発売
赤×白のイメージカラーを採用した高機能メタルクロノグラフウオッチ

《カシオ》  “Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルクロノグラフウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、「Honda Racing」とのコラボレーションモデル『EQS-800HR』を10月12日に発売する。
「Honda Racing」は本田技研工業鰍ェ世界で展開するモータースポーツ活動の総称。カシオが“EDIFICE”で2016年からスポンサーをしているF1チーム「Scuderia Toro Rosso」に、今シーズンからパワーユニットを供給し注目を集めている。「Honda Racing」と“EDIFICE”は共に日本で生まれ、高度な技術を追い求める精神を有していることから、今回のコラボレーションが実現した。

折り目模様のカーボンを文字板に採用

今回紹介する『EQS-800HR』は、モータースポーツに欠かせないカーボン素材を文字板に採用したソーラーモデルで、腕時計全体から「Honda Racing」のアイデンティティをイメージできるように、赤を裏地に施したホワイト革バンドを採用している。文字板には「Honda Racing」のロゴを、遊環とケースバックには「Honda」のロゴを刻印。専用パッケージには参戦から50年を迎える1968年のF1マシン「RA301」のカードも同封し、プレミアム感の高いモデルに仕上げている。価格は、28,000円+税。
https://www.casio.co.jp/release/2018/0919_eqs-800hr/

09/15(Sat) 総合型リユースストアのコメ兵が「PATEK PHILIPPE collection」
新品での入手が困難なノーチラスなどKOMEHYOならではの逸品が集結

潟Rメ兵が、9月8日〜24日の期間中、KOMEHYO銀座店、新宿店、名古屋本店の3店舗で、パテック・フィリップのUSEDウォッチ合計60点を展示・販売している。新品での入手が困難なノーチラスなどの人気モデルに加え、最上級ラインである永久カレンダーの希少モデルが展示されるなどKOMEHYOならではの逸品が集結した贅沢なラインナップとなっている。
http://komehyo.jp/

09/15(Sat) 秋から年末にかけた後半に期待Japan Watch Collection 2018 Autumn&Winter
新作求めるバイヤーで賑わう

《3社合同提案会》 9月5日・6日に、エプソン販売梶Aシチズン時計梶Aセイコーウオッチ鰍フ3社が、それぞれに秋冬の新作腕時計を発表する合同提案会として開催された「JAPAN WATCH COLLECTION 2018」において、会期2日目の6日、セイコーウオッチ鰍ニシチズン時計鰍ェ業界新聞社に向けた説明会を開き、上半期の実績や下半期に投入する新作や提案などを発表した。
2社ともに、上期の市況は緩やかに回復傾向にあったものの、西日本などの災害や猛暑などにより国内小売市場の減速は大きいとの見方を示した。また、同新作発表会の初日も前日の台風による影響で出足が鈍ったものの、2日目には新作を求めるバイヤーで賑わい、秋口から年末商戦に向けて力を注ぐ両社の商品に足を止める姿やテーブルでの商談数も多く見られ、後半への期待が強く寄せられた。
http://www.jow-japan.or.jp/

09/15(Sat) セイコーウオッチ 強力な新製品と宣伝販促施策を提案
GSを筆頭にグローバルブランドを拡充

セイコーウオッチは、フラッグシップブランドとして世界で更なる高みを目指す「グランドセイコー」。世界での存在感を高める「アストロン」「プロスペックス」「プレサージュ」、そして日々を彩る「ルキア」「ブライツ」など、強力な新製品と宣伝販促施策を提案した。
上半期については、良いところもあれば悪いところもあったとした。
具体的には、西日本の災害の影響で小売に影響が出たが、東京を中心にGS(グランドセイコー)の高額品と、プロスペックス(スポーツ)を筆頭にしたグローバルブランドが好調に推移したほか、アニエス・ベー(ライセンス)などの中低価格帯においては、郊外型のショッピングモールなどで、一部在庫が間に合わないほど好調となるなどし、西日本の影響をカバーする形で、予想通りの売上で、まずまずの実績とした。
今後については、グローバルブランドに注力する。特に高価格帯に力を入れる。GSの強化としては、デザインとして「ヘリテージ」「スポーツ」「エレガント」と、それぞれ横(バリエーション)に広げていく。また、高価格帯を投入することで縦(価格帯)の幅を拡げるとともに、レディースも強化していく。レディースにおいては、限定50本(330万円)が催事などで即日完売するなどの需要が高まっている。
https://www.seikowatches.com/

09/15(Sat) GMT機能を付加した新開発ムーブメントを搭載した数量限定モデルなど
多彩な注目商品を打ち出す

《セイコー》 更に、毎年4月開催で30万人以上が集まるミラノデザインウィークにGSの冠で出展し、アートなど時計以外の好感度の人たちに訴求する機会を設けるなど新しい販促活動も行っている。なお、東京での開催も予定(詳細は後日発表)とした。
注目商品としては、GSから「キャリバー9F」の誕生25周年を記念し、GMT機能を付加した新開発ムーブメントを搭載した数量限定(800本)モデル(1機種/37万円+税)が10月に投入され、次いで2機種(33万円+税)を来年1月に、全国及び海外市場に投入する。
新キャリバー「9F86」には、初めてGMT機能が搭載された。時計を止めずに時針のみを修正する時針単独の時差修正機能により、クオーツウオッチの高い精度を失うことなく時差を修正することができる。また、通常のクオーツウオッチでは不可能な高いトルクを合わせもつことにより、より剛性の高い部品で構成するなど輪列部の見直しを図った結果、GSにふさわしい力強く堂々としたGMT針が搭載された。
セイコールキアのレディダイヤシリーズからは、世界的パティシエのピエール・エルメ氏とのコラボレーションモデルを11月9日に全国で発売する。
スイーツ「イスパハン」「キャレマンショコラ」をテーマに、ダイヤモンドやサファイアを贅沢に配した華やかで魅力的な新感覚のモデルに仕上がっている。限定モデルは、ピンクグラーデーションが2000本、ブラウンが1500本の数量限定で、共に12万円+税。
レギュラーモデルは、アクセサリー感覚で着けられる新しいケースデザインを取り入れ、最高に愛らしいモデルとなっている。
https://www.seikowatches.com/

09/15(Sat)シチズン時計  高価格帯から低価格帯まで豊富に揃え
国内は力不足も、海外は増収

シチズン時計は、8月9日に第一四半期決算短期を発表済みだが、業績としては、昨対同時期比で17年の363億円に対し、18年は358億円でマイナス5億円。営業利益は17年の26億円に対し、18年が23億円とマイナス3億円となった。要因としては、海外市場においては各国において不確実性があるものの緩やかな回復傾向にあるとし、利益としても増収となった。一方国内は、100周年のイベントで限定品が好調に推移したが、市場回復には至らず、若干の力不足と捉え、下期に力を注ぐとした。
8月25日に発表があった新たなブランドアンバサダーとなったプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手が、USオープンで優勝を飾り、世界的な話題となった。シチズン時計本社には、お祝いの電話が鳴りっぱなしで、着用したEco-Drive Bluetooth BZ4006-01Eがラッキーアイテムになったとして注目を集めている。
https://citizen.jp/

09/15(Sat) 今年のバーゼルモデルが予約で完売状態
加えて「エコ・ドライブワン」、「ザ・シチズン」を3本柱として展開する

《シチズン時計》 商品においては、シチズンブランド94本とライセンスブランド37本、そして海外ブランド111本を展示し、2099万円〜5500円と幅広くそろえた。その中で「アテッサ」と「クロスシー」を二枚看板で推し進める。
高価格帯では、2011年に発表し、今年のバーゼルモデルが予約で完売状態の「SATELLITE WAVE」に新しい990を投入し、加えて「エコ・ドライブワン」、「ザ・シチズン」を3本柱として展開する。実売モデルとしては、「プロマスター」「エクシード」「シチズンエル」としている。
低価格帯では「REGUNO」よりディズニーとコラボ商品が登場。実写版の公開で話題となっている「Pooh」モデルが10月14日に発売されるほか、ディズニーコラボ商品は今後も増やしていく考えを示している。
注目商品としては、GPS衛星から受信した時刻を従来の2倍の運針速度で素早く表示する新ムーブメントCal.F950を搭載したエコ・ドライブGPS衛星電波時計を「アテッサ」から3モデルを10月12日に発売する。価格は20万円〜23万円+税。一つは、チタニウム外装に独自の表面硬化技術「デュラテクトMRK」と「デュラテクトDLC」を重ねて施したモデルで、耐傷性と美しい艶をもつ「ブラックチタンシリーズ」の最高峰に加わる。
「クロスシー」からは、ティタニアラインハッピーフライトから長く使えるベーシックなデザインで、アクセサリーと合わせやすいツートーンカラーの2モデルと、その他2モデルが10月4日に発売される。価格は7万5000円と7万8000円+税。
特長としては、時代に左右されない洗練されたベーシックなデザインを追求。球面サファイアガラスで蕾がほころぶイメージを取り入れ、優しい印象のオリジナルフォントとキリっとしたカットパーツが女性の持つしなやかさと強さを表現する。また、ツートーンカラーのモデルは、どのカラーのアクセサリーにも合わせやすく、オン・オフ問わず使いやすいのがポイント。
https://citizen.jp/

09/15(Sat) 年末に向けた限定モデルほか気軽に楽しむ「ボッチアチタニウム」
ホッタの新作から

潟zッタ ウオッチ&ジュエリー事業部は、9月5日・6日(予備日)に、同社輸入ブランドの展示会を、東京で開催。「ジン」と「フォルティス」は、3月にスイスで発表の新作をはじめ、秋から年末にかけて発売予定の限定モデルを紹介したほか、ボッチアチタニウムでは、多彩なレギュラーコレクションに加え、新しいカジュアル・エレガンスラインの「ロイスコンセプト」コレクションを展示した。
「ジン」では、856シリーズに新しいパイロットウォッチが誕生。これまで3・6・9・12のみだったアラビア数字が、12時位置のマーカーを除いた全てで使用され、時・分・秒針とインデックスには夜行処理を施し、暗所での視認性も確保されている。ダイヤルの6時位置には、3つのテクノロジー、マグネチック・フィールド・プロテクションとArドライテクノロジー、テギメント・テクノロジーのマークが記されている。レギュラーコレクションの中では、ジン・テクノロジーを搭載し、回転ベゼルのないシンプルなケースに、アラビアインデックスのモデルは、このモデルのみで、日本限定50本となっている。発売は11月予定。価格33万円+税。
「フォルティス」からは、フリーガープロシリーズから日本限定仕様として新たなパイロットウォッチのスタンダードモデルが登場。その特徴はダイヤルにあり、剣型の針や、時・分針とインデックスに施したスーパールミノバのグリーンの配色に、初代フリーガークラシックの長く愛され続けてきたデザイン要素を取り入れているため、新作でありながらフォルティスらしい伝統的な航空スタイルとなっている。発売は11月予定。価格は9万8000円+税。
「ボッチアチタニウム」は、多彩なデザインで誰もが気軽に楽しむことのできるファッショナブルで高品質な時計をコンセプトに展開。軽量で耐久性に優れ、アレルギー反応を起こしにくい肌に優しい素材のチタニウム(純度99.0%〜99.7%)を全ての時計の素材に使用している。
https://www.hotta-group.co.jp/watch



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:3