※写真をクリックで拡大します。
Home

08/03(Mon) 「セイコープロスペックス」世界限定500本
南極の「スカルブスネス」を着想に

 本格スポーツウオッチブランド「セイコープロスペックス」から、南極が生んだ神秘的な情景から着想を得たグリーンが印象的な、数量限定モデルが7月30日より国内、海外で順次発売された。価格は63万円+税。
 セイコーダイバーズの歴史は1965年に発売した国産初のダイバーズウオッチからはじまり、南極をはじめとする過酷な環境へ赴く調査隊や冒険家の下で使用されることで、信頼を築き上げてきた。
 南極・昭和基地から約55km の位置にある「スカルブスネス」と呼ばれる露岩地帯には、日本の研究チームが発見した、湖沼の底に広がるコケと藻の森が存在している。南極の水中という極限の状況にあって、長い年月をかけて形成されるコケと藻による神秘の森。幻想的な姿の中に生命の力強さを感じさせるこの植物群は、発見者たちから「コケボウズ」と呼ばれ、南極の湖底にひっそりと佇んでいる。
 このコケボウズは1種の植物によって出来上がったのではなく、コケと複数の藻類、バクテリアが共存することで形成されていることが判明している。
 地球が生んだ神秘的な情景からインスピレーションを受け、新作では群生するコケボウズをダイヤルパターンやグリーンカラーのセラミックスベゼル表示板で表現した。
 ケースはチタン(ダイヤシールド)、300 m飽和潜水用防水、世界限定500本。 スプリングドライブ/キャリバー5R65、自動巻、パワーリザーブ約72時間。
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex

08/03(Mon) 来年の春夏JWCは国産時計メーカー4社で開催
9月の「JAPAN WATCH COLLECTION Autumn & Winter 2020」(JWC)中止

 毎年、秋と冬の商戦に向けた新作発表の場となる9月初頭の「JAPAN WATCH COLLECTION Autumn & Winter 2020」(JWC)は、新型コロナウイルスに関する諸般の事情が考慮され、中止が発表された。
 なお、春夏商戦に向けた新作発表会「JWC Spring & Summer 2021」からは、カシオ計算機鰍燻Q加し、エプソン販売梶Aカシオ計算機梶Aシチズン時計梶Aセイコーウオッチ鰍フ国産時計メーカー4社による開催予定が発表され、時計関係者の間で期待が高まっている。

08/03(Mon) 5モデルが追加し、購買ニーズに応える
「シチズン公式オンラインストア」

 「シチズン公式オンラインストア」に、 シチズンアテッサ、シチズンエコ・ドライブBluetooth、シチズンエル、シチズンkii、また、シチズンコレクションからマーベル・スペシャルモデルの5モデルが追加され、既にオンラインでの販売を開始しているシチズンエコ・ドライブ リィイバー、シチズンアテッサの人気モデルAT8040をカスタムオーダー できるFTS(ファイン・チューニング・ サービス)と合わせ、合計7ブランドの購入が可能となった。同サービスの開始により、昨今多様化する顧客の購買ニーズに応えるべく、今後も一層のサービスの拡充を図る予定としている。
https://www.citizen-e-space.com/

08/03(Mon) 服部真二氏を会長兼グループCEO兼グループCCO
セイコーホールディングスの新役員体制

 セイコーホールディングス は、6月26日付にて新役員体制を発足し、役員一同一層社業発展に精励する所存と発表した。
 ▼代表取締役会長兼グループCEO兼グループCCO=服部真二(グループカルチャー統括 /グループCCO)。▼代表取締役社長=中村吉伸。▼専務取締役=大熊右泰(人事、IT推進担当)。▼常務取締役=瀧沢観(経営企画ESG・SDGs推進、経理、調達企画担当兼経営企画部長兼経理部長)、庭崎紀代子(新任/ コーポレートブランディング担当)。▼取 締役=坂本和彦(法務、不動産管理担当兼不動産管理部長)、市村誠(秘書、 総務担当兼秘書室長)、高橋修司(ウオッチ事業、DX推進担当、セイコーウ オッチ椛纒\取締役社長兼COO兼 CMO)、小林哲(研究開発、生産技術担当、セイコーインスツル椛纒\取締 役社長)、永野毅(社外)、寺浦康子(社外)。▼常勤監査役=木晴彦、西本隆志(新任)。監査役(社外)=浅野友靖、天野秀樹、矢野正敏。
 なお、取締役の金川宏美ならびに監査役の三上誠一は退任し、金川はセイコーウオッチ且謦役・常務執行役員を、三上はセイコーソリューションズ鰹任監査役を引き続き務める。(敬称略)
https://www.seiko.co.jp/

08/03(Mon) シチズン時計の新たな役員構成
取締相談役の戸倉敏夫は退任した

 シチズン時計鰍ヘ6月25日 に開催した第135期定時株主総会取締役会において、下記の役員構成を発表した。
 ▼代表取締役社長=佐藤敏彦。▼常務取締役・営業統括本部長=竹内規夫。▼取締役=古川敏之(経営企画部長経理部・広報IR 室・情報システム部担当)、中島圭一(シチズンマシナリー 椛纒\取締役社長)、白井伸司(製造技術本部長品質保証統括部担当、シチズン時計マニュファクチャリング椛纒\取締役社長)、大治良高(商品開発本部長兼研究開発センター長、時計開発本部担当)、宮本佳明(グループリスクマネジメント総務部長、人事部・CSR室・環境マネジメント室担当)。▼社外 取締役=寺坂史明、窪木登志子、大澤善雄。▼常勤監査役=田喜雄、赤塚昇(社外監査役)。▼社外監査役=石田八重子。▼上席執行役員=三輪克弘(時計開発本部長)、関口金孝(シチズン電子椛纒\取締役社長)、近藤隆造(シチズンファインデバイス椛纒\取締役社長)、石綿修一(シチズン・システ ムズ椛纒\取締役社長)。▼執行役員 =宇都宮央(営業統括本部長)、森田光則(経理部長)、三浦美男(営業統括 本部国内時計営業本部長)。なお、取締相談役の戸倉敏夫は退任した。
https://citizen.jp/

08/03(Mon) 全く新しい「時を告げるジュエ リー誕生
「チャームクローバーウォッチ」4点

 ヴァンクリーフ&アーペル 、メゾンを代表するアイコニックなタイムピースチャームコレクションに全く新たなデザインの「チャームクローバーウォッチ」4点を発表し、 世界に先駆け8月1日より日本で初披露した。
 新作は、流れるようなラインと遊び心あふれるスピリットを湛え、メゾンの時計制作のテーマである「時を告げるジュエ リー」の現代的なビジョンを表現。手首の動きに合わせて揺れるクローバーが特徴的で、穏やかな曲線とメゾンの伝統を受け継ぐ卓越性、そして洗練されたディテールを組み合わせている。 ベルトは交換可能なアリゲーターストラップと気品 あふれるローズゴールド製ブレスレットモデルがラインナップ。文字盤はギョシェ彫りを施したマザーオブパールを使用し、周りを彩るダイヤモンドとともに、ダイヤルと共鳴し、女性らしい煌めきを放つ。幸運を呼び起こす四葉のクローバーのチャームは丸みを帯びたシルエットを彩り、文字盤の周囲を楽しげに回り続ける。価格は163万2000円+税〜378万円+税。
https://www.vancleefarpels.com/

08/03(Mon) オリジナルの新色 「ショコラピンクゴールド」
東京発のレザーブランド「VARCO」

コラボモデルを「UNDONE」が発表

 時計技師が1つ1つ、オー ダーに合わせて組み上げるカスタマイズウォッチブランド「UNDONE」(涯NDONE JAPA N=東京都渋谷区、水岡駿社長)より、東京発のレザーブランド「VARCO」(潟激Uーデベロップメント)とのコラボレーション企画として製作された、ほのかに木の香りが楽しめる腕時計が7月22日 に発売された。
 「VARCO」は、トレンドに流されないシンプルでベーシックなデザインと、遊び心あふれるアイデアを織り交ぜた、東京発のレザープロダクト。革の染色からデザイン・縫製まで、時間と手間をかけ一貫して行うことにより、独自の世界観を表現している。また、同ブランドは、 東京都江東区のものづくりの素晴らしさを広く認知してもらうことを目的とした「江東ブランド」に、2019年に選出されている。
 VARCOで使われている本物の木の素材、ウォールナットと本牛革のキップレザーを使用し開発されたベルトは、 日本が誇るトップクラスのスライス加工技術を応用し、天然木を0.2ミリという繊細な厚さにスライスし革と圧着することにより、 天然木でありながら柔軟に曲がる新しい質感が魅力。
 革素材は、植物タンニンでなめされた上質なキップレザーを、手作業で染色することにより、革本来の風合いを生か した味わい深く、ナチュラルな仕上がり の牛革。その特徴は、使うほどにしっとりと滑らかな手触りとなり、光沢が増し、時と共にアンティークの風合いに変化して行くので、UNDONEの60年代風のヴィンテージ調のデザインの文字盤と最高に良い相性のベルトに仕上がっている。 本物の木の素材「ウォールナット」の香 りがほのかに漂い、男女問わず身に着けられるUNDONEのユニセックスシリー ズと合わせることができる。ベルトの単品価格は6000円(税込)。

07/31(Fri) セイコーミュージアムが銀座に移転
銀座並木通りに面した至極交通便のいいところ

このたび、セイコーミュージアムは、創業の地である銀座へ移転することとなりました。
移転に伴い、現施設は2019年12月29日より休館いたします。新施設の開館は、2020年8月19日を予定しております。
時・時計の研究とセイコーの情報発信の拠点として、皆さまに親しまれる施設となるよう、より一層努めてまいります。
皆さまには、しばらくの間ご不便やご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

アクセスは、東京メトロ銀座線で銀座下車B4出口より徒歩1分、JR有楽町線の有楽町駅の中央口または銀座口より徒歩4分の至極交通便のいいところ。
住所は、中央区銀座4丁目3−13(セイコー並木ビル:〒104-0061)
電話:03−5159-1881(代表)
https://museum.seiko.co.jp/information/20191126000000/

07/30(Thu) 「スーパーチタニウム™」製の月着陸船部品の試作品が完成
〜民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」に採用予定〜

《シチズン時計》 シチズン時計鰍ヘ、コーポレートパートナー契約を結ぶ格spaceの民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のランダー(月着陸船)の着陸脚の一部パーツに採用予定である、シチズン独自の素材「スーパーチタニウム™」を使用した腕時計の試作品が完成したことを発表した。
今回「スーパーチタニウム™」で作られたのは、着陸脚の回転軸および連結部分の試作部品。月面着陸時の衝撃に耐えるために、着陸脚には、軽く、強度のある素材が必要となる。さらに回転軸および連結部分は可動部であるため、硬さに加えてなめらかさが求められている。パーツに使用されている表面硬化技術「デュラテクトDLC」は、キズに強いだけでなく、表面が非常になめらかなことが特長。DLC(Diamond-Like Carbon)は、一般的にも使用される技術で、シチズンのデュラテクトDLCは、中間素材に徹底的にこだわることで密着性を向上。表面加工がはがれにくく耐久性に優れている。さらに、強度だけでなく、腕時計に使用する素材としての見た目の美しさにもこだわってきた。50年もの間、腕時計の実用性と審美性のために培ってきた独自のチタニウム加工技術が、軽さ、強度、摩擦が少ないなめらかな素材である点が宇宙機にも応用できそうだと判断され、ランダー部品の試作品を完成させた。
「HAKUTO-R」は2022年の月面着陸を目指し、ランダーとローバーの開発を進めており、フライトモデルの製造に向けて両社エンジニアで引き続き検討を進めていく。
https://citizen.jp/news/2020/20200730.html

07/28(Tue) 「KLON」からENGRAVE TIMEシリーズの新作腕時計
マットな質感のブラックメッシュベルトも登場

《タイタン・アート》 タイタン・アートが運営するファッションブランド「KLON」よりケース本体にKLONブランド特有のシリアルナンバーを配したENGRAVE TIMEシリーズの新作腕時計を7月27日に発売した。
今回は33mmと40mmを用意。オンからオフまで使用できるスタイルを選ばないデザインウォッチ。
ケース本体に刻印されたシリアルナンバー。数字と英語を均一に羅列。しかし、その並びは不規則に。不規則の中にも、時間軸のところにはインデックスとなる数字が来るように計算されている。
ケース内の盤面にはあえて何も装飾せず、ケース本体の刻印を引き立て、シンプルでいてインパクトのあるデザインに。
「KLON」から初登場となるメッシュベルトのマットブラック仕様。つやなしにすることでクールでスタイリッシュな印象に。価格は17,380円(税込)。
https://twitter.com/KLON_KLON_KLON



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:26