※写真をクリックで拡大します。
Home

10/17(Tue) 10月17日、 「上野フロンティアタワー」の竣工式を挙行
上野御徒町エリアに新たなランドマークとなる複合商業施設が

J.フロントリテイリンググループおよび椛蜉ロ松坂屋百貨店が推進してきた松坂屋上野店南館建替計画(上野御徒町プロジェクト)「上野フロンティアタワー」は10月17日、竣工式を行った。商業施設は11月4日開業予定。
この事業は、J.フロントリテイリングが店舗を核にエリアの魅力を最大化し、地域とともに成長する「アーバンドミナント戦略」の取り組みの一環として、松坂屋上野店南館跡地で開発を進めてきた事業。2014年3月営業終了後、2015年5月に着工し、この度の竣工となった。
「上野フロンティアタワー」は、「松坂屋上野店」が本館に加えて地下1階を構築、1階から6階は「パルコ」、7階から10階は「TOHOシネマズ」、高層部の12階から22階はオフィスを一体的に備える複合商業施設。
「パルコ」は、“ともだちを誘いたくなるちょっとおしゃれな大人のたまり場”をコンセプトに、全68テナントから構成する「PARCO_ya」を新展開。上野御徒町エリア初登場店舗が52テナントと、街に新しい価値・魅力を伝える中核テナントとして開業する。
「松坂屋上野店」は、“上野を中心としたエリアの街歩きを楽しむ女性のためのフロア”をコンセプトに、婦人靴売場を設置。また、観光案内所の機能を持ち、地域の情報発信や物販・イベントを行う「上野が、すき。ステーション」を開設する。
台東区初のシネマコンプレックスとなる「TOHOシネマズ上野」は、ハリウッドや日本の代表作品に加え、秋葉原から徒歩圏内という立地を生かし、アニメファンからも支持される上映ラインナップを提供する。
2014年に改装、グランドオープンした「松坂屋上野店本館」と連動した店舗ラインナップで、家族や友人同士など幅広い世代が一緒に楽しむことができる施設を目指すとしている。
式典では、J.フロントリテイリング取締役兼代表執行役社長山本良一氏【写真】が、「上野フロンティアタワーの完成が、これからの上野エリア開発の起爆剤となれることを願っています」と挨拶した。
http://www.j-front-retailing.com/

10/17(Tue) 新しい下町文化をここから。上野御徒町は「シタマチ.フロント」へ
上野御徒町に新しい価値と魅力を加えるランドマーク

下町情緒溢れる上野御徒町エリアは、従来の魅力に加えて、今後さらに新たな文化やライフスタイルが創造されていく。そこで、上野御徒町エリアの新たな窓口(シンボル)として、地域の皆様とともに新しい下町文化の創造と再活性化をリードする存在となることを目指して、「上野フロンティアタワー」「松坂屋上野店本館」、大丸松坂屋百貨店が所有する周辺店舗などを総称し、「シタマチ.フロント」と名付けて発信していく。
「シタマチ.フロント」は11月4日(土)、「上野フロンティアタワー」の開業を機に、街開きいする。写真は「上野フロンティアタワー外観」
http://www.j-front-retailing.com/

10/15(Sun) さりげなく宝石を身に付けるアイテム上位に「腕時計」
セイコーウオッチが働く女性と宝石に関する調査

《働く女性と宝石に関する調査》 セイコーウオッチ鰍ェ、女性向けの主力ブランド「セイコー ルキア」から、 新モデル「Lady Diamond(レディダイヤ)」を、10月7日より全国で発売したのに合わせ、働く女性と宝石に関する調査を行った。対象は、20〜30代の独身有職女性500名に、大人の女性にふさわしいジュエリーについて調査した。
その調査結果によると「大人の女性に似合う宝石」のダントツ1位は「ダイヤモンド」(67%)で、「パール」(42%)、「エメラルド」(22%)と続き、その理由は「ダイヤモンドの輝きは、素晴らしくて、高貴なイメージがある」(39歳)、「一番高級なジュエリーのイメージがある。着けることで高級感を身にまとい格が上がりそう」(30歳)などの声があがった。さらに、「憧れる宝石」においても、「ダイヤモンド」(65%)、「パール」(16%)、「サファイア」「ルビー」(共に12%)と、ダイヤモンドが圧倒的な支持された。
次に、多くの女性が憧れているダイヤモンドに対し、実際に身に着ける場合、女性たちはどのような点を重要だと考えているのか探っている。
「ダイヤモンドを身に着ける上で重要なポイントだと思うこと」の1位は、96%が回答した「品の良さ」。2位「デザイン」(94%)、3位「さりげなさ」「自慢しているように見えないこと」(共に86%)と続いている。
一方で、「主張の強すぎるジュエリーのイメージ」を聞くと、8割以上が「印象が悪い」、「好感がもてない」(共に84%)と回答。実際に過剰に輝くジュエリーを身に着けている人の印象が悪いと思ったことがある人も72%おり、「TPOをわきまえて着けた方がいいと思う」(24歳)、「会社で派手なジュエリーをしている人がいたが、職場の服装や雰囲気に合っていなかった」(25歳)、「先輩が大ぶりのジュエリーをたくさん着けていて、品がないように思えてしまった」(21歳)などの意見があがっている。
前問の「ダイヤモンドを身に着ける上で重要なポイントだと思うこと」の回答にもあったように、宝石はさりげなく、品良く身に着けることが重要なようだ。中でも働く環境でのアイテムを気にする人が多く、TPOを配慮した宝石使いに女性の視線は集まっていることがわかる。
では、さりげなく宝石を身に着けるのに適している 「日常でさりげなく宝石を身に着けられそうな手元アイテム」を聞くと、1位「指輪」(86%)、2位「腕時計」(81%)、3位「ブレスレット」(77%)という結果。「腕時計」が同じく腕につけるアイテムである「ブレスレット」を上回る結果が出た。
腕時計を選んだ理由は、「一部分に宝石が使われていても嫌みに見えず、さりげない上品さが演出できそう」(31歳)、「腕時計は多くの人が着ける習慣のあるアイテムで、着けていて人を不快にさせるものではないし、知的な感じがするから」(24歳)、「時間も確認できるし、ブレスレットよりできる人にみえる」(28歳)、「腕時計は毎日身に着けているし、こだわったものを身に着けることで好印象を持ってもらえそう」(25歳)などの声があがっている。
女性たちは、腕時計に対し「知的」「仕事ができる」というイメージを抱いており、日常使いに違和感のないアイテムであることから、ダイヤモンドを身に着ける上でも腕時計なら「さりげない上品さ」を演出できると考えているようである。
https://www.seiko-watch.co.jp/

10/15(Sun) 「インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー(IWY)」に変更し、年に1回実施へ
時計の魅力を知ってもらうことを目的に

《日本時計輸入協会》 輸入時計の国内での健全な発展と、国民生活の向上に貢献することを目的とした一般社団法人日本時計輸入協会(会員42社。小谷進理事長)が、より多くの人に時計の魅力を知ってもらうことを目的として開催してきた「インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー(IWY)」について軌道修正すると、10月4日に同協会が主催したプレス懇親会で言及した。
堀田峰明副理事長(潟zッタ取締役社長)の説明によると、これまで同協会の一つの柱として2013年と2015年に、各ブランドがエントリーしたモデルの中から一般消費者が選ぶ形で実施してきたものを、現在スタートしてから5年以上経過し、1900名以上が登録しているCWC資格者(ウオッチコーディネーター)が、一般消費者におススメしたい時計(メンズ1本、レディース1本)として投票する形に変更すると共に、2年に1回ではなく、毎年1回開催していくとした。
なお現在は、既にCWC資格者に投票用紙を配布し、11月には結果発表する予定としている。
http://www.tokei.or.jp/

10/15(Sun) 「テッドベーカーロンドン」時計ラインからTiCTAC先行モデルが発売
TiCTAC

世界中に300以上の店舗を展開するイギリスのライフスタイルブランド「テッドベーカーロンドン」の時計ラインからTiCTAC先行モデルが発売された。
同モデルは、2017年AWシーズンで用いられたオリジナルプリントの「チェルシー」を替えベルトに採用。ローズゴールドのケースに淡いフラワープリントが上品でシックな印象。価格は2万1000円+税。
http://www.tictac-web.com/

10/15(Sun) ドイツ「ボッチア チタニウム」のウルトラセブンの記念ウオッチが話題
「ウルトラセブン」が今年で放送開始50年

《ホッタ》 1967年10月1日にテレビ放映が始まった「ウルトラセブン」が今年で放送開始50年を迎え、これを記念してドイツの時計ブランド「ボッチア チタニウム」が製作した5種類の記念ウオッチが人気を集めている。
ウルトラセブンのシルエットやウルトラ警備隊のエンブレム、TV放映のオープニングをイメージしたマーブル柄など、ウルトラセブンでお馴染みのモチーフが随所にデザインされ、ウルトラセブンのファンはじめ、ウルトラマンシリーズのファンの間で話題。
腕時計としても、「ボッチア チタニウム」の名の通り、高純度のピュアチタニウムで作られた軽量で耐久性に優れている。このウルトラセブンモデルも直径38.5mmという程よいサイズのチタンケースが採用され、わずか40gという軽さを実現。防水性も10気圧を備えている。また、ウルトラセブンやウォッチコレクションを解説する小冊子が付属する。各1万6000円+税。さらに、単品の時計とともにアルミ製専用ケースに腕時計5本を収めた「特別限定コンプリート・ボックス」も同時発売(9万円+税/78セット限定)。ケースの外側には地球防衛軍・ウルトラ警備隊(TDF-UG)とボッチアチタニウムのロゴマークが印され、内側にはウルトラセブンのロゴマークやシルエット、放送開始50年記念のロゴマークがプリントされている。取扱は、潟zッタ。
http://www.hotta-group.co.jp

10/15(Sun) 生きる伝説25年の軌跡を体感 フランクミュラー特別一般公開
京都にある艸堂で「WPHH JAPON 2017 in KYOTO」の特別一般公開

1992年に天才時計師フランクミュラーと共同経営者であるヴァルタンシルマケスがブランド「フランクミュラー」を起こしてから25年というアニバーサリーイヤーの今年、フランク ミュラー ウォッチランド(ワールド通商梶jは、日本の古都・京都にある艸堂(THE SODOH)にて、「WPHH JAPON 2017 in KYOTO」の特別一般公開エキシビションを開催した。会期は10月13日、11時〜17時。
http://www.franckmuller-japan.com/

10/15(Sun) 和光創立70年の節目にセイコーフラッグシップサロン開設
和光限定モデルも発売

《セイコーフラッグシップサロン》 セイコーウオッチ梶i服部真二会長兼CEO)と、釜a光(安達辰彦社長)は、和光本館1階に新たなセイコーの発信拠点「セイコーフラッグシップサロン」を10月5日にオープンした。
2017年は、服部時計店(現セイコーホールディングス梶A1881年創業)の小売部門を継承し、 和光が創立されて70年という記念の年。創立70年の節目の年に当たり、今春より独立ブランドとして新戦略を発表した「グランドセイコー」をはじめ、クレドール、セイコー ガランテのプレミアムブランドと、セイコーアストロン、プロスペックス、プレザージュなどセイコーがグローバルに展開する主力商品を中心に取り扱う「セイコーフラッグシップサロン」の新たにオープンとなった。
なかでも「グランドセイコー」は、新ブランドカラーである日本の伝統色「紺色」と「シルバー」を基調としたコーナーを新設、フルラインアップの商品を展示する世界最大級の売場となった。
日本の匠の技と美意識で時計の本質を究めるべく挑戦を続ける「グランドセイコー」をその独自の世界観の中で選べる。併せて、和光創立70年を記念して特別に製作した「グランドセイコー」和光限定モデルを数量限定30本で、10月19日より発売する。
また「セイコーフラッグシップサロン」オープン時には、銀座の街を彩る和光本館のショーウィンドウもオープンを記念した演出を行うとともに、 購入者には特別な特典を用意し、世界中から上質な商品を求めて和光に来る顧客を迎えた。
http://www.excite.co.jp/

10/15(Sun) ヘンリーロンドン日本市場好調につき日本限定コレクションの発売へ
日本限定コレクションも「大人の上品さ」をテーマに

《ウエニ貿易》 ヴィンテージウオッチのような雰囲気が手頃な価格で手に入るとして好評のイギリス腕時計ブランド「ヘンリーロンドン」が、日本限定コレクションを10月20日に発売する。
これは、日本進出から約1年で、日本市場での売れ行きが好調に推移し、世界71カ国で展開する中でも日本は第3位の売上を誇ることから、日本限定コレクションの発売が決定したもの。
日本市場のメイン購入者は30代の女性。今回の日本限定コレクションも「大人の上品さ」をテーマに、秋冬シーズンに映えるボルドーと、トレンドカラーとして注目されているネイビーの2色展開。また、近年ペアによる購入増加に伴い、25mmと39mmの2サイズを用意し、年末のギフト需要にも対応できるアイテムとなっている。価格は1万7000円〜1万8000円+税。取扱は、潟Eエニ貿易。
http://www.ueni.co.jp/

10/15(Sun) 「カール・エドモンド」を大沢商会が発売開始
北欧のミニマリズムとスイスのクリエイティビティが融合

《大沢商会》 海外商品の輸入卸販売及び、国内商品の企画、卸販売をする椛蜻商会は、北欧のミニマリズムとスイスのクリエイティビティが融合したスウェーデンの時計ブランド「CARL EDMOND(カール・エドモンド)」からファーストコレクション「Ryolit(リョーリット)」「Granit(グラニット)」を10月初旬より発売開始した。
CARL EDMONDは、本年9月に立ち上がったスウェーデンの新しい時計ブランドで、創設者のアリ・ヌーリは、 「BE BOLD、BE YOU(大胆に、自分らしく。)」をブランドメッセージに掲げ、人や流行に流されず、自分らしくあるための時計ブランドとして創設した。ブランドアンバサダーには、ハリウッド俳優でスウェーデン人のヨエル・キナマンを迎え入れた。
同ブランドのユニークなデザインは、ハリー・ウィンストン、スワロフスキーなどで数々の賞を受賞し、ラグジュアリーウォッチ業界で最もリスペクトされているスイス人デザイナー、エリック・ジロー氏と、彼の片腕であるエイドリアン・グレッシング氏とのコラボレーションによって創り出され、ファーストコレクションでは、エレガントなラウンドシェイプの「Ryolit」と、大胆なスクエアシェイプの「Granit」の2つのラインナップを揃えている。
時計の特徴としては、ミニマムなケースの12時側にシグネチャープレートが付属され、アシンメトリーなデザインに仕上がっていたり、ストラップには、設立140年の歴史を持つスウェーデンの老舗ブランド・タンショー社の革を使用されていたりと、細部にもこだわった腕時計となっている。
 また文字盤のインデックスには、60年代、70年代のスウェーデンのインテリアからインスピレーションを受けたパステルカラーが配されており、全7色の展開となっている。
今後は、ファーストコレクションの発売開始を皮切りに、ストックホルム、パリ、ミラノ、アムステルダム、ブリュッセル、ルクセンブルグ、シドニー、ブカレスト、そして東京をはじめとする世界中での展開を行っていく。
http://www.josawa.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:22