※写真をクリックで拡大します。
Home

08/04(Thu) “G-SHOCK”アンテナショップを名古屋にオープン
中部エリアでの『G-SHOCK STORE』初出店

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”のアンテナショップ『G-SHOCK STORE NAGOYA』を愛知県名古屋市の商業施設「Maruei Galleria(マルエイガレリア)」内に8月12日にオープンします。
同社では、お客さまとリアルでつながるコミュニケーションの場として、“G-SHOCK”の世界観や最新情報を届けるアンテナショップを国内外の流行発信地に展開しています。また、今年4月にはWEBサイト上から全国の「G-SHOCK STORE」での商品の在庫確認や店舗での取り置き、さらに7月からは当社ECサイト「CASIOオンラインストア」で購入した商品の店舗引き取りサービスを開始するなど、ECと直営店が連動した施策に注力しています。
『G-SHOCK STORE NAGOYA』は、中部エリア初となる「G-SHOCK STORE」として、今年3月に開業した「Maruei Galleria」1階にオープンします。名古屋市内の人気エリアに位置する同店舗は、飲食店や総菜、雑貨など日常生活と食をテーマに幅広い世代をターゲットとした店舗が並ぶ注目の商業施設です。店内には、全国の「G-SHOCK STORE」スタッフが“G-SHOCK”や“BABY-G”に合わせたコーディネートを提案する「G-SNAP」が見られるディスプレイやタブレットを設置し、気になる商品のスタイリングを確認できます。また、店舗の中央には可動式の商品棚を備え、イベントが行えるスペースを確保しています。さらに、土日祝日には専門技師が電池交換を行うメンテナンスブースも併設しています。
当社では、今後もオンラインと実店舗を連携させながら、ユーザーとダイレクトなコミュニケーションの場を増やし、お客さま一人一人に合わせた商品やサービスを提案してまいります。
住所:愛知県名古屋市中区栄3丁目3-1 Maruei Galleria 1階
電話:052-228-4115
https://www.casio.co.jp/

08/02(Tue) チックタック『メンテナンスサービス新料金プラン』
なし早めのメンテナンス、より永く楽しめることを提案

「チックタック」が腕時計の「店頭電池交換」「パッキン交換」「磁気抜き」「ベルト洗浄」を単品メニュー価格よりも得に利用できる『メンテナンスサービス新料金プラン』を7月21日より開始。それを記念し、8月31日までメンテナンスキャンペーンを実施している。  
キャンペーンのサービスは3つあり、@店頭電池交換・メンテナンスサービス新料金プランが550円OFF、A預かり電池交換・オーバーホール・その他修理が10%OFF、B腕時計ベルトが10%OFF。 電池交換から早めのメンテナンスを呼びかけ、愛用の腕時計をより永く楽しむことを提案している。
https://www.tictac-web.com/

07/16(Sat) 仙台最大のオンタイム仙台店に
「TRIWA」の「TIME FOR OCEANS FAIR」開催

アイ・ネクストジーイー 鰍ヘ、スウェーデンウォッチブランド「TRIWA」の「TIME FOR OCEANS FAIR」を仙台最大のTRIWAウォッチの品揃えを誇るオンタイム仙台店にて7月11日から開催している。  
TRIWAのTIME FOR OCEANSとは、海を漂うプラスチックごみを回収してリサイクルした素材から出来た腕時計。素材はスイスの“#tide Ocean Material社” が製造した100%リサイクルの海洋プラスチック。2020年から定期的に発売しており、今では3針モデルや日本別注カラー、回転ベゼルのサブマリーナコレクションなど、カラーバリエーションやデザインも豊富に展開している。全て10気圧防水なので実用性も備えたシリーズだ。  時計業界に革新を起こす、 という意味の頭文 字を取り名付けられたブランドTRIW Aは、2007年に北欧スウェーデンのストックホルムで生まれた。腕時計が人々の個性を反映するアイテムとなり、現代のファッションスタイルの象徴となることを目指している。 すべての製品はストックホルムにあるトリワのクリエイティブ・スタジオで日々生まれている。「自分が身に付けたいと心から思えるものだけを製造する」というモットーは、トリワが創業されたその日から変わっていない。
http://www.inge.co.jp/

07/16(Sat) SUUNTOブランドがPayPayモール・Yahoo!ショッピングに
スポーツウォッチ、精密機器の世界的リーダー

生活関連用品の企画・開発・販売を行う潟hウシシャは、スポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、精密機器の世界的リーダーであるSUUNTOブランドのオフィシャルストアを PayPayモール・Yahoo!ショッピングに7月6日にオープンした。  
フィンランド本社による戦略の一環において、昨年12月にドウシシャがSUUNTO製品の販売業務を行う日本国内の正規取り扱い代理店になったことから、 PayPayモール・Yahoo!ショッピング内でのSUUNTOオフィシャルストアを新たにオープンする運びとなった。  
1936年から現在も歴史を刻む、 SUUNTOブランドのDNAである「冒険のパイオニア精神」を軸に、時代を超えて受け継がれる製品の正確性、堅牢性、信頼性、デザイン性、そして フィンランドの魂を、PayPayモー ル・Yahoo!ショッピング内でも表現していくとしている。  
また、日本国内のSUUNTO ファンや、新たな消費者にとって、ショッピングが楽しく且つ満足できる運営を強化し、PayPayモー ル・Yahoo!ショッピングサイトを通じて引き続き日本国内のSUUNTOブランドファンを構築する。  
1936年、フィンランドのオリエンテーリング選手であるトゥオマス・ヴォフロネンが、より正確なコンパスの開発に着手し、その後、液体を充填したコンパスの新しい製造方法を発明して以来、パイオニアとしての探究心はスントのDNAに受け継がれている。今日、ス ントはスポーツウォッチ、ダイブコンピュータ、そして世界中の冒険家が使用する機器のデザインと革新の最前線にいる。  
創業から85年が経過した今、スントの製品は過酷な状況にも耐えうるものであると同時に、北欧のアイデンティティーを反映した日常的な美意識を持ってデザインされていることを誇りに、スントの本社と工場は現在もフィンランドにある。
https://www.doshisha.co.jp/

07/12(Tue) 『CITIZEN ATTESA』ブランド誕生35周年記念第2弾
「HAKUTO-R」とコラボ、新開発の「結晶チタニウム」を使用した限定モデル

《シチズン》 最先端技術を搭載し、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』ブランド誕生35周年記念第2弾として、コーポレートパートナー契約を結ぶ株式会社ispace(所在地:東京都中央区/Founder&CEO:袴田 武史、以下ispace)の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」とコラボレーションし、新開発の「結晶チタニウム」を使用した限定モデル(319,000円:税込)を7月7日に世界数量限定で発売しました。
2022年末頃の打ち上げを予定※している民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のランダー(月着陸船)の着陸脚パーツには、シチズンのスーパーチタニウム™が使用されています。このランダーの着陸脚パーツと同じ「デュラテクトDLC」を施したスーパーチタニウム™とシチズンが新たに開発した「結晶チタニウム」を組み合わせたブランド35周年を飾るのに相応しい特別なモデルです。
「結晶チタニウム」は、チタニウムを高温で熱処理し、再度冷ますことで組成が不均一に結び付き、表面に結晶パターンが出現することで生まれます。この結晶パターンは、自然界の鉱物のように、一つとして同じものがありません。まるで、月面を様々な角度で写し取ったかのような表情を見せるパターンが、これから始まる「HAKUTO-R」のミッションを連想させる素材となっています。また、結晶化する際に高温を加えることで素材が膨張する為、「結晶チタニウム」を細密に加工するには高度な技術が必要になります。その「結晶チタニウム」をベゼルとバンドの中駒に使用している本モデルは、長年チタニウムを追求してきたシチズンだからこそ、実現できたデザインです。
この「結晶チタニウム」と「デュラテクトDLC」を組み合わせ、人間にとって未知の領域である宇宙空間の暗闇をイメージし、文字板、ケース、バンドともにブラックで統一。文字板は、リングやインデックス、サブダイヤルのリングパーツを重ねた積層構造とし、チタニウムの結晶をイメージしたパターンをブラックトーンで表現しています。裏ぶたには、スーパーチタニウム™を使用している「HAKUTO-R」のランダーの分解図イメージがレイアウトされています。
機能面は、エコ・ドライブGPS衛星電波時計の最上位ムーブメントF950を搭載し、時刻情報のみの受信では、世界最速レベルの「最短3秒」で受信、メインタイムの時針と分針を従来の2倍の速さで動かし時刻を表示します。さらに、ダブルダイレクトフライや1/20秒クロノグラフ機能なども備えたフルスペックモデルです。
https://citizen.jp/news/2022/20220610.html

07/02(Sat) 注目集める大谷選手の新CM
セイコープロスペックスも売り上げ順調

 セイコーウオッチ鰍ヘ、 ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手出演の新CM、『セイコープロスペックス「SHO-TIME」篇』を6月24日より放映し、注目を集めている。 このCMソング「Save Yourself」は、大谷翔平選手と同じくアメリカでも活躍中のロックバンドONE OK ROCKが同日リリースした新曲。疾走感のあるメロディが特徴の、たゆまぬ努力で挑戦し続ける人の背中を押すような楽曲となっている。  
同CMに登場する 時計は、同日発売の新製品『セイコープロスペックス 1965メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the-Oceanモデル SBDC165』で、大谷選手も好きな鮮やかなディープブルーのダイヤルとソリッ ドなブラックのベゼルが特徴。
プロスペックスが展開する海洋保護活動支援“Save the Ocean”を象徴するコレクションでもある同作は、極地に広がる壮大な氷河の世界をダイヤル上で表現している。  
また、同日より11万円(税込)以上のセイコー プロスペックスまたはセイコーアストロンの購入者に「大谷翔平選手二刀流ボブルヘッド」をプレゼントするキャンペーンを実施し、売上を順調に伸ばしている。

07/02(Sat) 100%再生可能エネルギー化を達成
セイコーホールディングス鰍フ3事業会社

国内自社工場における使用電力の脱炭素社会の実現に向けて

セイコーホールディングス鰍フ事業会社であるセイコーウオッチ鰍フ国内腕時計製造を担う3工場(盛岡セイコー工業 梶^岩手県岩手郡雫石町、遠野精器梶^岩手県遠野市、二戸時計工業梶^岩手県二戸市)は、東北電力グループで発電された再生可能エネルギーの使用に関する電力需給契約を締結。これにより、腕時計の国内自社工場における使用電力の100%再生可能エネルギー化を達成した。  
同グループは、「気候変動・脱炭素社会への取り組み」をグループのマテリアリティ(重要課題)の一つとして設定し、2050年にカーボンニュートラルの実現に向けて、再生可能エネルギー の導入拡大を積極的に進めている。  
今回、その一環として、グランドセイコーやセイコープロスペックスなど国産の高級機械式腕時計の生産を担う盛岡セイコー工業および、時計部品の製造や組み立てを担う遠野精器、二戸時計の3社は、今年4月に東北電力が提供する再エネ電気プラン「よりそう、再エネ電気」を、新たに契約した。  
このプランは、東北電力グループの東北6県および新潟県に所在の水力発電所の再生可能エネルギー電源に由来する電気を供給し、電気の使用に伴う CO2排出量ゼロを目指すもの。これにより国内自社工場の使用電力を100%再生可能エネルギー化するとともに、年間約1万トンのCO2削減が可能となる。  
同グループは、これからもオフィスや製造現場における省エネ活動や、製品・サービスの省エネ性能の向上など、事業活動を通じて温室効果ガスの排出量削減に努めるとともに、再生可能エネルギーを積極的に導入し、脱炭素社会の実現に向けて取り組みを強化する。
https://www.seiko.co.jp/

07/02(Sat) QVCが千葉市避難民12名に寄付
「より良い世界」を作るための行動

動画を用いて楽しいショッピングを届けるマルチプラットフォーム通販企業の害VCジャパンは、ウクライナから千葉市に避難してきた12名を同社オフィスに招待し、アパレルやその他雑貨計499点を寄付した。  
千葉市役所を通じヒアリングしたところ、ウクライナより着の身着のまま避難してきたため、衣服が不足していることがわかった。ただ単に寄付するのではなく、同社が大切にしている「ショッピングの楽しさ」を感じてもらうため、 寄付候補のアパレルおよびその他 雑貨を陳列し、実際に避難民の12 名が物品を手に取って選んだものを寄付した。また、寄付会場には時間を気にせず物品を見られるように、子どもが遊べるキッズスペースや、物品を試す試着室を用意した。  
同社は企業が当事者意識を持って「より良い世界」を作るために行動する「コーポレート・レスポンシビリティ」に取り組んでいる。PLANET(地球)、PEOPLE(人)、PRODUCT(商品)の3つのPの領域で行動計画を策定しており、今回の取り組みは地域貢献やDE&I(多様性を公正に受け入れる)を含むPEOPLEおよび廃棄物の削減を含むPLANETの領域における活動となる。同社は今後もサステナブルなショッピングの実現を目指し、コーポレート・レスポンシビリティ活動に取り組んでいくとしている。
https://qvc.jp/

07/02(Sat) 17年連続でセイコーが担当
第18回世界陸上競技選手権オレゴン大会のオフィシャルタイマーを担当

セイコーホールディングス鰍ヘ、7月15日〜24日まで、アメリカ・オレゴン州で開催される第18回世界陸上競技選手権オレゴン大会のオフィシャルタイマーを担当する。  
セイコーは、1985年にワールドアスレティックスと協賛契約を締結して以来、 37年間パートナーシップを続けており、世界最高峰の陸上競技大会である世界陸上競技選手権大会のオフィシャルタイマーを17大会連続で務める。  
今回の大会では、跳躍競技の判定をより正確にすることを目的とした跳躍踏切判定システムなどの新機材を投入するほか、次世代アスリート支援を目的とする「Time to Shine」を開催する。  
『時代とハートを動かすセイコー』は、経験豊富なタイミングチームと最新機材による正確な計時・計測と次世代アスリート支援を通じて、世界中の陸上競技ファンに笑顔と感動の瞬間を届ける。  
なお、世界陸上オレゴン22の記念限定モデルを世界限定400本(日本100本)で、セイコープロスペックスのクロノグラフコレクション 「SPEEDTIMER」から発売している。
https://www.seiko.co.jp/

07/02(Sat) カシオが「Runmetrix」のプロコーチに
無料の練習会を大阪で開催

カシオ計算機は、新規客を対象に、ランナー向けパーソナルコーチングサービス「Runmetrix」が体験できる無料の練習会を、大阪のヤンマーフィールド長居にて7月30日・31日に 開催する。  
「Runmetrix」は、同社と潟Aシック スが共同開発したランナー向けパーソナルコーチングサービス。 GPSや9軸センサーを搭載したモーションセンサーを腰に装着して走ることで、走行距離やペース、ピッチ、ストライドを記録するだけでなく、ランニングフォームのスコア化や、自分のフォームを可視化できる。ランニングを手軽に数値化する新たなサービスとして、多くのランナーに愛用されている。
https://www.casio.com/jp/



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1