※写真をクリックで拡大します。
Home

11/15(Thu) 好評のファミリーマート店頭受け取りサービス
修理完了品の代金引換を開始、コンビニ支払いでより便利に

《カシオ計算機》 カシオ計算機は、同社の「WEB修理受付サービス」を利用し、ファミリーマート店舗での修理完了品の受け取りを選んだお客が代金引換できるサービスを11月19日より開始する。

時計や電卓などの製品の修理をネットからカシオ計算機に直接申し込めるサービス

同社は昨年11月、「WEB修理受付サービス」を利用し、修理料金の支払い方法でオンライン決済を選択したお客を対象に、全国のファミリーマート店舗で修理完了品を受け取れるサービスを開始した。自宅や会社の近くで、いつでも気軽に修理品が受け取れて便利と好評を博しており、全体の2割以上のお客が利用している。
今回、オンライン決済に加えて、コンビニ店舗での修理料金の代金引換が可能になることで、クレジットカードを持ってないお客や現金で支払いたいお客も、ファミリーマート店舗で修理完了品を受け取れるサービスが利用できるようになる。
また、ファミリーマートでの代金引換サービスを開始するにあたり、バーコードを利用した受け取りサービスと連携。従来のFamiポートを利用する方法に加えて、同社からのメールに添付されたバーコードをスマートフォンやタブレットで提示するだけで、修理完了品の受け取りや修理代金の支払いが可能となる。
同社は、お客に製品を継続して愛用してもらい、カシオファンになってもらうべく、今後も時代と共に変化するお客のニーズに合わせたサービス内容の見直しや拡充を図っていくとしている。
https://www.casio.co.jp/release/2018/1115_convenience/

11/15(Thu) ディズニー楽曲を使用したスペシャルムービーを公開
アニメーション映画『ふしぎの国のアリス』が伝える光発電エコ・ドライブの魅力

シチズン時計鰍ヘ、ディズニー楽曲を用いた初のスペシャルムービーを公開する。
2018年3月より、シチズンはカリフォルニア ディズニーランド・リゾート及び4つのディズニー・テーマ・パークのオフィシャル・タイムピース(公式時計)となっている 。そのプロモーション提携の一環として、名曲“I’m Late(アニメーション映画『ふしぎの国のアリス』より)”を用いたスペシャルムービーを製作し、11月15日より一般公開する予定。
第一作となるコマーシャル動画では、『ふしぎの国のアリス』(原題:Alice in Wonderland)の映画の中で、主人公のアリスをふしぎの国にいざなう重要キャラクター、白うさぎが歌うコミカルな楽曲、“I’m Late(アニメーション映画『ふしぎの国のアリス』より)”を用いて、シチズンのコア・テクノロジーである光発電エコ・ドライブの魅力を訴求する。
映画の中でいつも急いでいるキャラクターとして知られるホワイトラビット(白うさぎ)を時間に追われるアイコン的な存在として描いている。「光発電エコ・ドライブを搭載する止まらない腕時計を持っていることで、会議やデートに遅れずに済む」というストーリーは白うさぎのこの性格にフォーカスしており、アリスやその他の個性的なキャラクターたちと共に、ユーモラスに展開されている。実写とCGを絡めた動画では、映画の中のキャラクターやシーンが随所に登場して、ディズニーの世界を反映した構成になっている。
スペシャルムービーは、シチズン時計公式WEBページや公式YouTubeやSNSアカウントを通して発信されるほか、日本国内でのプロモーション提携の一環として協賛している「ディズニー・オン・クラシック」 の会場でも見ることが出来る。
https://citizen.jp/news/2018/20181115.html

11/13(Thu) 時間をテーマとしたシチズン時計創業100周年記念イベント実施
『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』

〜田根剛と杉本博司によるトーク、森山未來のパフォーマンス等〜

シチズン時計鰍ヘ、12月7日(金)から12月16日(日)まで東京・南青山のスパイラルガーデンで開催する創業100周年を記念したイベント『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』の会場において豪華アーティストを迎え、時間をテーマとしたトーク、パフォーマンス、コンサートを開催する。参加は無料、事前申込み制、定員100名。
シチズンは、創業100周年記念イベント『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』開催にあたり、時と向き合い、未来へとつながる意思・表現の可能性を探る企画として7つのイベント「コミュニケーション・プログラム」を開催。田根剛(建築家)、杉本博司(現代美術作家)、アオイヤマダ(ダンサー)、向井山朋子(ピアニスト・美術家・演出家)、森山未來(俳優・ダンサー)を迎え、時間をテーマとしたトーク、パフォーマンス、コンサートを行うもの。また、親子で楽しめる子供向けのプログラムも開催する。田根剛がデザインするインスタレーション空間と共に、シチズンが考える時間や時計の「今」そして「未来」を多様な表現を通して感じられる場となることを期待している。
【コミュニケーション・プログラム 概要】
■オープニングトーク=12月7日(金)20:00〜21:30(開場 19:30):田根剛(建築家)・杉本博司(現代美術作家)、モデレーター:橋本麻里(ライター・編集者)。
■アオイヤマダ パフォーマンス「I am Time」=12月7日(金)、8日(土)13:00〜19:00の間の毎時0分から約5分間 計7回実施
■向井山朋子 コンサート=12月14日(金)20:15〜20:45(開場 20:00)/21:15〜21:45(開場 21:00)
■森山未來 パフォーマンス=12月15日(土)※時間調整中
■子供向けプログラム・親子時計組み立て体験「お絵かき体験」=12月8日(土)9:15〜10:30(開場 9:00)
■子供向けプログラム・時間のお話「宇宙と時間の中にいる私たち」=12月9日(日)9:15〜10:30(開場 9:00)、講師:藤沢健太(山口大学・時間学研究所)
■子供向けプログラム・親子時計組み立て体験「組み立て体験」=12月15日(土)9:15〜10:30(開場 9:00)。※定員、申し込み方法等は詳細を確認して下さい。
https://citizen.jp/100th/event/spiral/index.html

11/09(Fri) セイコークロックからきかんしゃトーマスとなかまたちが大集合!
楽しく時計の読み方を覚えられる大型掛時計が登場

《セイコークロック》 セイコークロック鰍ヘ、きかんしゃトーマスの大型電波掛時計を11月23日より販売する。
直径500mmという大きなサイズで、時計の読み方を覚えられる工夫も凝らしているので、キッズスペースや幼稚園・保育園など子どもが集まる場所にぴったりの時計といえそうだ。
大人気の仲間たちで楽しく時計の読み方学習
踏切をイメージした赤い時針に、ヘリコプターのハロルドをあしらった青い分針と、時分針の色を分けることで「時計の読み方」を学習しやすくした。
また、トンネルの丸い穴からこちらを覗いているようなくトーマスとなかまたちをあえて数字の間に配置し、「赤い針がトーマスのところにいるあいだはご飯の時間だよ。」「青い針がゴードンのところに来たらお片づけを始めようね。」など、時計の読み方に加えて時間管理の習慣を楽しく身に付けられる工夫を施している。この製品は、電池寿命が約5年のグリーン購入法適合の製品。価格は、30,000円(税抜)
https://www.seiko-clock.co.jp/news/2018/20181109.html

11/01(Thu) セイコークロックから山縣亮太選手の活躍を願ってマルチサウンドクロック発売
特別仕様モデルを数量限定発売

セイコークロック鰍ヘ、セイコー社員アスリートである山縣亮太選手の更なる飛躍を期待して、セイコーマルチサウンドクロックの山縣亮太特別仕様モデルを発売する。山縣選手の誕生日(6月10日)に因み、610台の数量限定。10月27日から12月6日まで予約受注を受け付けている(受注数量が610台に達した場合はその時点で終了)。商品の届くのは、12月下旬を予定。価格は、26,000円(税抜)。
製品は、セイコーのスポーツ計測機器をモチーフにしたイエロー&ブラックのカラーリング、
製品本体の天板に山縣亮太選手のサイン入り(シルクスクリーンプリント)、山縣亮太選手のメッセージカード付いている。
山縣亮太選手の略歴は、リオデジャネイロ五輪男子4×100mリレーの第一走者として、男子トラック種目初の銀メダル獲得に貢献。個人では、100m走で日本歴代2位タイの「10秒00」を2017年、2018年の2度にわたり記録。2018年のシーズンでは日本人選手に全勝。五輪における日本選手史上最速を記録したトップスプリンター。
https://www.seiko-clock.co.jp/news/2018/20181026.html

11/01(Thu) 時計産業連盟の10月例会で「FBのパラダイムチェンジ」
東京時計産業連盟の10月例会

東京時計産業連盟の10月例会が10月18日に開催され、12月の納会の日程が12月6日になったことなどが伝えられ、涌井宏昌理事長は「楽しい会だけではなく、一つか二つ学びを持って帰って欲しい」などと述べた。
勉強会は、毎年恒例となる繊研新聞社の中村善春氏による「FBのパラダイムチェンジ」。デジタル革命、消費構造・生産構造の変化、消費者の意識変革を背景に、変わりゆく現状から利益追求のポイントや注目企業、21世紀型産業などを学んだ。

10/31(Wed) 初代”G-SHOCK”「DW-5000C」が蘇る期間限定レストアサービス
”G-SHOCK”の誕生35周年企画として

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ”G-SHOCK”の誕生35周年企画として、初代モデル「DW-5000C」とそのデザインを引き継ぐ「DW-5600C」を対象に、期間限定でベゼル、バンド、電池を交換するサービスを実施する。11月1日午前9時より専用のWEBサイトで受付を開始する。
今回のサービスは、”G-SHOCK”をいつまでも使い続けたいというお客様の熱い要望に応えるべく、”G-SHOCK”の象徴ともいえるスクエアデザインを生み出した初代モデル「DW-5000C」(1983年発売)と、そのデザインを引き継いだロングセラーモデル5600シリーズの第一弾「DW-5600C」(1987年発売)を対象に、期間限定で実施するもの。オリジナルパーツをもとにして樹脂パーツを複製する「光成形技術」を用いて部品を複製することで、従来は対応できなかった「DW-5000C」と「DW-5600C」の外装部の交換が可能となった。価格は9,600円(税抜き)。写真はDW-5000C。
https://www.casio.co.jp/release/2018/1031_restore/

10/19(Fri) 『Furbo design』ブランド設立15周年記念『限定腕時計』登場
付け替えベルトで、2つの表情を楽しめる洗練ウオッチ

潟hウシシャ(大阪本社:大阪、野村正幸社長)は、オリジナルライフスタイルブランド「Furbo design(フルボデザイン)」の15周年記念モデルの腕時計を10月20日に発売する。価格は26,000円(税抜)。
「Furbo(フルボ)」とはイタリア語で「抜け目ない」という意味。「トレンドだけに翻弄されず、自分自身の感覚で物を選び、使い、愛する」、「仕事や趣味に強いこだわりを持って向き合い、自身のバランス感覚でライフスタイルを確立していく」、日常の中にこだわりと、ほんの少しの遊び心を持つ男性のためのブランド。
今回発売となる15周年記念時計は、6月に発売したF2501シリーズに続く第二弾。最大の特徴はスケルトン部分。インデックス周辺は、15周年記念のロゴをランダムに配置。ロゴとインデックスを残しながら、切り絵のように文字盤を切り抜いたようなデザインで、さりげなく遊びのポイントを取り入れている。7時位置のオープンハートからは勿論、9時位置の24時間計や裏蓋のスケルトン部分からも、内側の機械を覗き見ることができる。ハードなグレーカラーの文字盤には、ピンクゴールドのメタルパーツやダークブラウンのレザーストラップを合せることで、貫禄のある雰囲気を演出している。15周年を記念した[F2701-15TH]には、ファブリックの替えベルトを付属。カジュアルダウンした印象も楽しむことができる。
http://www.furbodesign.com/

10/15(Mon) <グランドセイコー>日産とイタルデザインの共同開発車モデルを発表
「Nissan GT-R50 by Italdesign」にインスパイアされた完全受注生産のカスタムメイド

《セイコーウオッチ》 国産腕時計を代表するグランドセイコーから、同ブランドで最も象徴的なスポーティネスを具現化したセラミックスモデルより、オーナーの感性との完璧な調和を目指す特別なカスタムメイドモデルを発表する。このモデルは2018年6月29日に公開された日産とイタルデザインの共同開発車である「Nissan GT-R50 by Italdesign」にインスパイアされたもので、両社とのパートナーシップにより披露される特別仕様モデル。
グランドセイコーは、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランド。
 「メカニカル」、「クオーツ」に加え、双方の技術・技能の蓄積を融合した独自の機構「スプリングドライブ」の3種のムーブメントで構成されるラインアップは、2010年から本格的なグローバル展開を開始し、世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と洗練されたデザインで、世界中で高い評価を得ている。
「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、日産とイタルデザインが初めて提携したことにより誕生したプロトタイプモデルで、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年の記念モデル。最新のGT-R NISMOをベースに、欧州スタイルの感性でつくりあげられたこのモデルは、日本のパフォーマンスとイタリアならではのクラフトマンシップが組み合わされている。
「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、7月12日に英国チチェスターで開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初公開して以降、各地で披露され、10月15日から銀座・和光の対面に位置する日産ブランドの発信拠点である「NISSAN CROSSING」に展示される。
今回、グランドセイコーはこの夢のGT-Rと同様に、カスタムメイド方式による完全受注生産の世界に1つだけしかない特別なグランドセイコーのオーダー受付を「セイコーフラッグシップサロン」である和光で10月15日から開始した。価格は、20,000,000 円+ 税。
受付状況によって、オーダー受付を制限する可能性もある。また、このモデルのコラボレーションを記念して、「NISSAN CROSSING」においても「Nissan GT-R50 by Italdesign」の展示とあわせ、この特別なグランドセイコーのコンセプトモデルの展示を行うとしている。
https://www.grand-seiko.com/

10/11(Thu) コーセーのメイクアップブランド「エスプリーク」とのコラボモデル発売
ティタニア ライン ハッピーフライトから

《シチズン クロスシー》 シチズン時計鰍ヘ、20〜30代のアクティブに働く女性に向けた「高機能ファッションウオッチ」として時計の新しい価値観を提案する『CITIZEN xC(クロスシー)』ティタニア ライン ハッピーフライトから、コーセーのメイクアップブランド「エスプリーク」とのコラボレーションモデル(100,000円 限定:3,500本)を11月8日に発売する。また似合う時計のカラーとメイクを診断できるWEBコンテンツも追加した。

似合う時計のカラーとメイクを診断するWEBコンテンツも追加

デザインのテーマは「Dress Up For Special Time」。文字板は、「エスプリーク」のトレードマークであるピンクのドレープ模様にし、傾けるときらきらと繊細に光るパールを配合した特別仕様。文字板の中には、女性のドレスアップに欠かせない、ネックレス、イヤリング、ルージュのデザインモチーフが隠されている。イヤリングのモチーフには、ダイヤモンドを2ポイント使っている。
また、コラボレーションモデル限定のオリジナルアイカラーパレット(6色)と18秋冬新作のプライムティント ルージュ(1色)を特製バニティポーチBOXにセットしている。
発売に合わせ、10月11日からクロスシー スペシャルサイトに「xC × ESPRIQUE カラー診断コンテンツ」を追加する。パーソナルカラーに似合う、デュラテクトのカラーと「エスプリーク」のコスメを使用した似合うメイクの色を提案している。
「ティタニア ライン」は、ステンレスより約40%軽く、肌にやさしく、キズに強い「スーパーチタニウム™」をケースやバンドに用いたシリーズ。また、「ハッピーフライト」は、定期的な電池交換が必要なく、世界4エリア(日本・中国・ヨーロッパ・北米)で標準電波を受信する機能により、定期的な時刻やカレンダー合わせも必要ない多局受信型 光発電エコ・ドライブ電波時計。シンプルな操作で世界24都市の時刻がすぐにわかるワールドタイム機能搭載なので、海外での時刻合わせも簡単。
https://citizen.jp/news/2018/20181011.html



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1