※写真をクリックで拡大します。
Home

12/04(Tue) 国家資格制度の全力サポートと共に 視生活向上とQOVに貢献する
日眼協「第23回通常総会」開く

日本眼鏡関連団体協議会(日眼協/相澤博彦代表幹事)の「第23回通常総会」が、11月20日、東京・新橋の第一ホテル東京で開催され、会員(8団体)22名中20名(本人13人、代理1人、委任6名)が出席した。
冒頭、相澤代表幹事は「この1年は天災などが多く、業界としては小売店被害が多少あったと聞くが大きくなかったようだ。日眼協としては、一歩一歩進んでいる国家資格制度の活動により協力していきたい」と挨拶した。
総会では、第1号議案から第4号議案まで原案通り承認可決された。
白山聡一氏は「今年で平成最後となり、新しい時代へ突入する。恐らく変換点を迎える。業界は大きく枠組みを変えていくことが予想される。連携し新しい時代を作っていかねばならないので、引き続きの協力をお願いします」と閉会で述べた。
2018−19年度の事業計画としては、業界団体の叡智を結集し、眼鏡技術者の国家資格制度の実現に向けて全力でサポートするとともに、時代の流れを慎重に見据えながら、国民の快適な視生活の向上とQOVに貢献するために各種事業(以下参照)に取り組むとしている。
@視生活者の向上を図るための調査・研究、情報の収集・提供、その他、必要に応じた事業を行う。A眼鏡技術者国家資格推進機構の資格制度確立に向けた活動への協力。Bビジョンケアに関する啓発、宣伝、PR活動を推進する。C公正な取引に対する会員の倫理観の高揚並びに、公正競争規約の理解の周知徹底を図る。D10月1日「メガネの日」を業界活性化の一助として推進する。E大規模災害支援システムの構築を推進する。F製造物責任に関する諸問題の標準化を推進する。G眼鏡フレームの表示の標準化・統一化を推進する。H眼鏡に関する諸用語の標準化・統一化を推進する。I専用ホームページを維持・管理する。J業界効率化を研究する。Kその他会則の施行に関する事項。
https://www.megane10-01.com/

12/04(Tue) 金賞は三工光学の「ドゥアン」 前回を上回る売上高14億9000万円
購買意欲を高めたIMF展

大阪眼鏡卸協同組合(開みどり理事長)が主催する西日本最大級のメガネの見本市「インターナショナル・メガネ・ファッション・フェア」(IMF)が、11月7・8日の2日間、大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)2階で開催され、会期2日目14時現在の速報値では来場者数が初日391名、2日目570名と前回人比べ若干少なめに推移していたものの、最後まで活発な商談が続き、最終的には近畿圏を中心に2日間で1007名(前回比88%)と伸び悩んだが、売上高は14億9093万円(前回比104%)と前年を上回った。
会場では購買意欲を高める企画として、「めがねたび」を掲げて、会場内を旅する雰囲気でトレンドに巡り会えるような演出を試みた。
恒例のベストグラスコンテストには26社(ブランド)が集まり、投票数も1996票と注目を集める企画となった。
金賞は且O工光学の「ドゥアン」、銀賞は鞄燗c屋の「クロスオーバー」、銅賞は福井めがね工業鰍フ「エスプレンドール」とシルエット鰍フ「Silhouette」、潟Gイトオプティックの「カザール」、理事長賞は潟~ーティングポイントスクウェアの「フレアー」、委員長賞は潟nグ・オザワの「SFACE」が選ばれた。
開理事長は「大阪の展示会は、業界全体で一緒にやろう!を基本姿勢に、今後とも意思の共有化を図りながら業界の活性化に取り組んで行きたいと考えております」としている。
来年の予定としては、EGF展が5月14日・15日、IMF展は11月6日・7日を同会場にて予定している。
http://www.o-o.or.jp/

12/04(Tue) 「柔軟・斬新な発想で業界再生」をテーマに
眼鏡記者会 2019年新年賀詞交歓会1月18日、新御徒町・オーラムで

眼鏡記者会(美濃部隆代表幹事)は、新春恒例の「2019年新年賀詞交歓会」(第35回) を、来年1月18日(金)に新御徒町駅近くのオーラムで開催します。
今回は「柔軟・斬新な発想で業界再生」をテーマに掲げました。眼鏡業界は、21世紀に入ってからさらなる技術革新、消費者のメガネ価値観や眼鏡店の販売方法で大きな変化がありパラダイムチェンジしました。今は踊り場に来ている観があります。テーマに掲げましたように、柔軟・斬新な発想で改革が求められる時期に入ったと言えます。第一部ではメガネビジネスプロデューサーの竹本圭一先生にご講演いただき、眼鏡業界を俯瞰・分析するとともに、ご参加の皆様にはご意見・お考えを交換いただき、新たな業界発展に向けた道筋を見いだせればと考えております。より充実した会にするために皆様のご参加をお願い申し上げる次第です。

▽日時 平成30年1月18日(金) 15:00〜19:30 受付14:30〜
▽会場 オーラム地下2階(東京都台東区東上野1-26-2、都営大江戸線、つくばエクスプレス線・新御徒町駅から徒歩2分 電話03-5812-1123)▽内容 第1部/講演会、第2部/新年ごあいさつ及び業界功労者表彰、第3部/懇親会(17:50〜19:30)▽申し込み 平成29年1月8日(火)までに眼鏡記者会新年賀詞交歓会事務局または眼鏡記者会会員各社へお申込みください。会費は別項のとおり銀行振込または現金書留で送金お願いします(当日受付での支払いも可)。
▽会費 1名につき1万5千円/@銀行振込…三菱東京UFJ銀行上野支店(店番号337)・普通預金口座0237652 眼鏡記者会会計・榎本卓生(ガンキョウキシャカイカイケイ エノモトタクオ)A現金書留…「眼鏡記者会・新年賀詞交歓会」本部(〒110-0016 東京都台東区台東1-8ー7 加藤ビル 眼鏡光学出版出版鞄焉A電話03-5818-1871)まで
※お申し込み後、やむを得ずご欠席となる場合は代わりの方のご出席をお願いします。
【眼鏡記者会会員社】眼鏡光学出版梶A葛サ隆出版社、且桾光学新聞社、且梃v工藝新聞社、且梃v美術宝飾新聞社、挙本貴金属時計新聞社 

12/04(Tue) ハリー・ポッターの世界観を模したメガネスーパーのスペシャルモデル
コラボレーションしたオプティカル・フレームと、小物・アクセサリー

潟rジョナリ―ホールディングスの子会社である潟<Kネスーパーでは、ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツとのパートナーシップのもと、「ハリー・ポッター」及び11月23日から公開されたハリー・ポッター魔法ワールド最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」とコラボレーションしたオプティカル・フレームと、小物・アクセサリーを11月9日から全国のメガネスーパー、メガネハウス、シミズメガネ、メガネのタカハシのビジョナリーホールディングスグループ各店舗にて発売している。
今回のコラボモデルは、魔法ワールドの世界観を表現しながら、掛け心地、デザイン性、機能性、素材、ディティールにまでにこだわった本格的なオプティカル・フレームに仕上げた。ハリー・ポッターをイメージしたモデルから、『ファンタスティック・ビースト』の主人公“ニュート・スキャマンダー”をイメージしたモデルまで計11種類を用意し、年齢や性別を超えて幅広い人に様々なシーンでも楽しめる商品としている。さらに、オプティカル・フレームの他にも、魔法ワールドを象徴する4種類のセリートなども用意し、魔法ワールドが堪能できる。
メガネスーパーでは新商品の投入により、顧客ニーズにきめ細かく対応した高機能ながら求めやすい商品を一層拡充させることで、更なる顧客満足向上を図っていく。
https://www.meganesuper.co.jp/

12/04(Tue) Zoff BLACK FRIDAYを開催
2800円を960円で提供

メガネブランド「Zoff」を運営する潟Cンターメスティックは、日本国内のゾフ60店舗にて「Zoff BLACK FRIDAY」を開催すると発表。今年は目玉商品として「Zoff PC CLEAR PACK(ブルーライトカット率約40%)」2800円+税を、960円+税の“クロ”価格を限定数で提供。開催期間は各店舗により異なるとしている。
「ブラックフライデー」は、米国で毎年11月の第4木曜日に催される感謝祭の翌日の金曜日を指し、この日はクリスマス・年末商戦の始まりの日とされている。小売店の売上が黒字化することに由来して「ブラックフライデー」と呼ばれ、大規模な割引セールが行なわれてきた。Zoffでは、2017年にも「ブラックフライデー」セールを開催し、好評を博している。
https://www.zoff.co.jp/

11/01(Thu) 「第36回IMF展」大阪でメガネの仕入会
11月7日・8日、OMM 2F

大阪眼鏡卸協同組合が主催のメガネの仕入れ会「第36回インターナショナル・メガネ・ファッション・フェア(IMF)」は、“めがねたび〜トレンド巡りに出掛けよう〜”をテーマに、11月7日(前夜祭)・8日(本展)、大阪・大手前・OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)2階展示場で開催される。時間は、7日:16時〜20時、8日:10時〜16時30分。
今回も、「新製品ベストグラスコンテスト」に投票し、スタンプラリーに参加すると、抽選で空くじなしの2万円キャッシュバックなどが当たるプレゼントをはじめ、購入金額に応じたポイント制で全国共通商品券や図書券、Quoカードのプレゼント、ルーレットで当たる景品なども楽しめる。
なお、商談や休憩用の飲み物は多種用意。8日のみ13時までの来場者には食事券が進呈される。
出展社は、潟Aミパリ、潟Gイトオプティク、潟Oラスパートナー、且O共社、潟Tンニシムラ、潟Xドー、東海光学梶A名古屋眼鏡梶A潟pール、潟nヤシ、福井めがね工業梶A潟~ックオプチカル、山本光学鰍ネど53社に、大阪眼鏡卸の組合員31社と福井産地コーナーに13社が集う。
開みどり理事長は「基本を見つめ、新しい時代を反映しながら、大阪のパワーあふれる様々な企画を用意し、皆様のお越しをお待ちしております」とコメントを寄せている。
http://www.o-o.or.jp/

11/01(Thu) WOF成功へ向け全力「東京眼鏡卸協同組合」
11月30日が募集締切

東京眼鏡卸協同組合(蟹江一郎理事長)は、第68回通常総会を10月3日、東京の組合事務所で開催、平成31年度事業計画案など諸議案を原案で承認した。総会終了後、同所で記者会見を開き、総会の報告と、次回の2019年ワールドオプチカルフェア(WOF)の開催概要を発表した。
通常総会は組合員総数24人中出席者22人(本人20人、委任2人)で成立。議案は、平成30年度事業報告承認の件、同財産目録・貸借対照表及び損益計算書承認の件、同剰余金処分案決定の件、平成31年度事業計画・収支予算並びに経費の賦課及び徴収方法決定の件、同借入金残高の最高限度決定の件、一組合員に対する貸付残高及び債務保証残高の最高限度決定の件、手数料・貸付利息及び保証料の最高限度決定の件、役員報酬決定の件、平成31年度加入金額決定の件、その他の10議案を審議、すべて原案で承認された。
事業計画は、教育及び情報提供事業、福利厚生事業、共同仕入事業、共同宣伝事業、卸業者としての立場の確立、青年部への活発な補助活動及び育成強化、関係官庁及び関係団体等との緊密な連携と強化推進、その他事業。共同宣伝事業は、2019年WOFを開催、出展社数65社、出展小間数100小間、来場者数2千人、取引高3億3千万円を目標とする。
記者会見で蟹江理事長は「68回総会が無事終了した。今期もやはり重要なのはWOFであり、全力をあげて取り組む。また、組合の会合として月例会や理事会、展示会委員会があるが、例会は報告だけでなく活発な意見交換の場が浸透してきており、有意義な会になっている。また理事会、展示会委員会はめりはりをつけて開催することにした。WOFは今年50回目の開催だったが、来場者、売上とも好調だった。来年もベースアップをめざし、展示会の中身を充実させるため、より多くの出展社を募り、魅力ある商品を発信したい。春の展示会として、他会場の展示会との相乗効果にも期待する」と述べた。齊藤行夫展示会委員長は「出展依頼書を発送し、すでに出店依頼もきている。集客に力を入れていきたい」とした。
また、第50回永年勤続従業員表彰8人を次の通り発表した。敬称略。▽5年勤続=島中亮(潟Xドー)、吉野万里枝(潟сuシタ)、▽20年勤続=朝日友香、荒井寛和(且O共社)、小林あづみ(潟сuシタ)、▽30年勤続=大坪裕明、兵藤和英、大西伸一(且O共社)。
 
WOF2019 現在出展社を募集中

第51回・2019年WOFは、来年4月9・10日、前回と同会場のベルサール高田馬場(新宿区大久保)で開催される。
WOFへの出展は11月30日まで募集。プランA(普通小間渡し。1小間30万円+税)、プランB(キカイ小間渡し。1小間25万円+税)がある。
開催概要、▽会期=2019年4月9日(火)9時30分〜18時、10日(水)9時30分〜17時。▽会場=ベルサール高田馬場(東京都新宿区大久保3-8-2、住友不動産新宿ガーデンタワー)。
問合せ=WOF運営事務局(東京眼鏡卸協同組合内、TEL.03-3874-8656)へ。
https://www.jetro.go.jp/j-messe/tradefair/WOF_57345

11/01(Thu) 加盟店は2.2%減、35店が会費未納
日眼連第2回理事会概要

日本眼鏡販売店連合会は、IOFTの会期に合わせ、10月23日、東京ビッグサイト会議棟で第2回理事会を開催。その後記者会見を開き、下記概要を発表した。
 加盟店の状況としては、2018年10月6日現在で、902店舖。前年比923店舖に対し、2.2%減。会費の納入状況は867店が納入、35店が未納とした。
週刊文春への出稿予定としては、今期6月と9月に出稿済みとなり、9月27日(10月4日号)、12月6日(12月13日号)、2019年3月7日(3月14日号)となっている。
メガネと目の旬間期間の活動状況としては、会員店または組合及び関連団体・企業らが各地区で取り組み、認知度が上がってきたとの声が増えてきたとした。またキーワード検索においても、多数のニュースが検出されたものの、「メガネの日ロゴマーク」の使用申請は少なく、継続したアピールが必要とした。
安全共済部からは、これまで情報漏えい保障プランとなっていたが、来季はサイバーリスク保障プランへ変更すると報告。掛金の変動はなく、これまでの保証に加えサイバーリスクにも対応する。
安全対策部からは、9月に起こった災害に対する安否確認などを報告した後、今後は素早く安否の確認が行えるようSNSの活用方針を固め検討に入った。また、日眼鏡のHPをリニューアルし、災害時の新コンテンツを加えた。
最後に、創立10周年記念誌が完成したことを報告。会員への配布は11月後半か12月頭を予定している。
http://www.megane-jaos.com/index.asp

11/01(Thu) 第6回めがね供養会開く 使用済み眼鏡2千本に感謝
東京眼鏡販売店協組
 
東京眼鏡販売店協同組合(白山聡一理事長)は10月1日、東京・上野不忍池の東叡山寛永寺辨天堂で「第6回めがね供養会」を開き、役目を終えたメガネ約2千本を供養した。
 台風(24号)一過で関東は10月としては記録的な猛暑日となる中、供養会は11時、青年部の金井章部長の司会で進行、めがね供養会プロジェクト委員会の杉谷宗彦委員長が「今回は2千本以上のメガネを供養する。日本には付喪神という、物にも命が宿るという考え方がある。本日も無事に供養会を終えたい」と開会の辞を述べた。
代表者祭文では白山理事長が「人間とメガネは体の一部の関係にあり、メガネの行く末を最後まで見届けることは、メガネを調製したメガネ店の務めであると考え、6年前よりこの供養会を開催してきた。毎年春に行なう業界物故者追善供養とあわせ、ここ不忍池辨天堂のめがね之碑の御前に、メガネに関わるヒトとモノへの感謝と哀悼の誠をささげる。そして、我が国の眼鏡業界の発展のために精進するとともに、メガネが国民のQOL向上に欠かせぬQOVの役に立つものであり続けるよう努力することを誓う」と祭文を読み上げ、辨天堂住職による読経があり、使い終わったメガネを慰めた。その後、列席者による焼香があり、杉本佳菜子副理事長の「供養希望メガネは、供養後、再利用可能・不可能なものに分けられ、再利用可能なものは海外へ寄贈される。今回から産学協働事業として、メガネの度数チェック、洗浄などを東京眼鏡専門学校の学生に依頼した。これからも人に仕えたメガネを供養し、日々の研さんに励む」と述べ閉会した。
今回供養された2千本弱の使用済みのメガネは、組合員店の店頭や組合ホームページ、供養会の趣旨に賛同した他県眼鏡店などを通じて集められた。
また、この日は組合員リストや技術者協会、眼鏡技術者国家資格推進機構のリーフレット、メガネクロスなどを配り、OR活動を実施。福井県眼鏡協会公認めがね大使のキューティーパイまゆちゃんも応援に駆けつけた。
http://www.megane.or.jp/index.asp

11/01(Thu) 眼鏡記者会 2019年新年賀詞交歓会1月18日、新御徒町・オーラムで
「柔軟・斬新な発想で業界再生」

眼鏡記者会(美濃部隆代表幹事)は、新春恒例の「2019年新年賀詞交歓会」(第35回)を、来年1月18日(金)に新御徒町駅近くのジュエリータウンオーラムで開催します。
今回は「柔軟・斬新な発想で業界再生」をテーマに掲げました。眼鏡業界は、21世紀に入ってからさらなる技術革新、消費者のメガネ価値観や眼鏡店の販売方法で大きな変化がありパラダイムチェンジしました。今は踊り場に来ている観があります。テーマに掲げましたように、柔軟・斬新な発想で改革が求められる時期に入ったと言えます。第一部ではメガネビジネスプロデューサーの竹本圭一先生にご講演いただき、眼鏡業界を俯瞰・分析するとともに、ご参加の皆様にはご意見・お考えを交換いただき、新たな業界発展に向けた道筋を見いだせればと考えております。より充実した会にするために皆様のご参加をお願い申し上げる次第です。

▽日時 平成30年1月18日(金) 15:00〜19:30 受付14:30〜
▽会場 オーラム地下2階(東京都台東区東上野1-26-2、都営大江戸線、つくばエクスプレス線・新御徒町駅から徒歩2分 電話03-5812-1123)
▽内容 第1部/講演会、第2部/新年ごあいさつ及び業界功労者表彰、第3部/懇親会(17:50〜19:30)
▽申し込み 平成29年1月8日(火)までに眼鏡記者会新年賀詞交歓会事務局または眼鏡記者会会員各社へお申込みください。会費は別項のとおり銀行振込または現金書留で送金お願いします(当日受付での支払いも可)。
▽会費 1名につき1万5千円/@銀行振込…三菱東京UFJ銀行上野支店(店番号337)・普通預金口座0237652 眼鏡記者会会計・榎本卓生(ガンキョウキシャカイカイケイ エノモトタクオ)A現金書留…「眼鏡記者会・新年賀詞交歓会」本部(〒110-0016 東京都台東区台東1-8ー7 加藤ビル 眼鏡光学出版出版鞄焉A電話03-5818-1871)まで。※お申し込み後、やむを得ずご欠席となる場合は代わりの方のご出席をお願いします。

【眼鏡記者会会員社】 眼鏡光学出版梶A葛サ隆出版社、且桾光学新聞社、且梃v工藝新聞社、且梃v美術宝飾新聞社、挙本貴金属時計新聞社



admin only:
123456789101112131415161718192021
page:5