※写真をクリックで拡大します。
Home

10/01(Tue) 「2020年第52回WORLD OPTICAL FAIR」(WOF)
2020年4月7日(火)〜8日 ベルサール高田馬場で開催

 東京眼鏡卸協同組合(蟹江一郎理事長)は、東京地区の春の展示会としてビジネス拡大のために開催する「2020年第52回WORLD OPTICAL FAIR」(WOF)を、2020年4月7日(火)〜8日
(水)の2日間、ベルサール高田馬場で開催することを発表し、出展商社の募集を開始した。募集締め切りは、11月29日金曜日まで。
 会場では、技術力に優れ、機能性と実用性を兼ね備えたフレーム・レンズ・機器・関連商品を企画・製造するメーカーや商社が一堂に並ぶ。また、ファッション性の高いメガネや高い技術力で高品質なフレーム・レンズ・機器・関連商品だけではなく、新しい切り口のビジネス・コラボレーションが組める業者などにも期待が持てる。
 来場者数は2日間で約3000人。全国各地のメガネ取扱業者約1万7000社を招待する予定。出展社数は75社を予定。出展小間数は100小間予定。取引高は、5億円を予定する。
 申し込み・問い合わせ=WOF運営事務局(東京眼鏡卸協同組合内):東京都台東区下谷2-13-21(眼鏡会館2階)、TEL.03-3874-8656。
http://www.meganeorosi.com/contentshtml.html

10/01(Tue) 1本で度付き、リーディング(老眼鏡)グラスにも
JINS Switch READING

 潟Wンズは、1本で2WAYの使い方を叶えるアイウエア「JINS Switch」シリーズからリーディング(老眼鏡)タイプの「JINS Switch READING」(1万円+税)を、9月2 6日より全国のJINS店舗、JINSオンラインショップにて発売。さらに、「JINS READING」シリーズから、コンパクトに折りたためる「JINS READING Compact」(5千円+税)を10月3日に発売する。
 「JINS Switch」は、メガネ本体のフロント部分とプレート(フレームのフロント部分のみ)がマグネットで簡単に着脱でき、2WAYで使える新発想のアイウエア。2015年より業界に先駆け販売を開始し、メガネからサングラスにワンタッチで変えることができる画期的な商品設計と、スマートなデザインがユーザーに支持されてきた。
 今回、「JINS Switch」シリーズに、リーディングタイプが登場。メガネ本体は度付きのメガネとして使用でき、プレートを装着すれば、そのまま手元用のリーディンググラスとして使える。遠近両用レンズに慣れていない人や、遠用・近用それぞれ広い視野が欲しい人などにおすすめ。初めての人でも違和感なく使用できるように鼻に優しくフィットするシリコンタイプのノーズパッドを採用している他、シーンや気分に合わせてお気に入りの1本を選べるように、オーバル、スクエア、ウエリントン、ボストンの4つのデザインを展開する。
https://www.jins.com/jp/

10/01(Tue) 定期的な視力チェックを即す活動、VDT症候群が注目されている
愛眼「LOVE EYE SWEEK」キャンペーン

 メガネ・補聴器を販売する「メガネのアイガン」を運営する愛眼鰍ヘ、視力に係わるメガネを取り扱う企業として、今年で4 回目となる「LOVE EYE SWEEK」キャンペーンを10月1日〜10月31日まで、全国のメガネのアイガンを含む247店舗にて開催。店舗における視力測定を促し、家族や自身の視力変化に気づくことで、定期的な眼科受診などの早期対応に繋げることを目的と
している。
 近年、スマートフォンやパソコンなどのディスプレイを使った長時間の作業が原因で、目の疲れ、肩こり、頭痛などの目や身体、心に影響の出る症状を引き起こす、VDT症候群が注目されている。また環境の変化により、視力低下の増加傾向が社会的な問題となっている。
 特に成長期の子どもたちの視力低下は、勉強や運動をするうえで集中力や思考力、社会性や感情の発達にも大きな影響を与える。この活動を通じて、子どもたちを含む全ての人々に、家族や自身の視力変化に気づくきっかけを与え、定期的な眼科受診など早期の対応に繋げたいと考えている。
http://www.aigan.co.jp/

10/01(Tue) スタイリッシュ超音波洗浄器「スマートクリーン」
インテリアに馴染む新カラーのウォールナット9月に発売

 眼鏡関連商品全般を展開する名古屋眼鏡鰍ヘ、コンパクト超音波洗浄器「スマートクリーン」より新カラーのウォールナットを9月に発売した。
 「スマートクリーン」は、片手でも持てるコンパクト設計&洗練されたシンプルデザインのス
タイリッシュ超音波洗浄器。超音波洗浄器には珍しい豊富な6カラー展開で、インテリアに合わせて選べる。ボタンを押すだけの簡単操作で、メガネの他、金属アクセサリー、腕時計の金属バンドなどさまざまな小物類も洗浄が可能。
 新カラーは、家具などでも人気の高い落ち着いた木目の「ウォールナット」調。超音波洗浄器ということを感じさせず、おしゃれなインテリアにも溶け込む。価格は9000円+税。
https://www.meigan.co.jp/

10/01(Tue) SWANSアドバイザリースタッフ契約女子マラソン前田穂南選手
東京2020オリンピックマラソン女子日本代表に内定

 SWANSブランドのスポーツアイウェアを製造販売する山本光学鰍ヘ、同社とSWANSアドバイザリースタッフ契約を結び、同社製品を着用する女子マラソン前田穂南選手(鞄V満屋所属)
が、9月15日に「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」にて優勝し、東京2020オリンピックマラソン女子日本代表に内定したことを報告した。
 前田選手は、9月15日に開催の東京2020オリンピック日本代表選考を兼ねたMGCにて、2時間25分15秒の好記録を叩き出し優勝。東京2020オリンピックのマラソン女子日本代表に内定した。
同大会で前田選手は、陸上競技に特化して開発された“ 纏うアイウェア”『E-NOX NEURON』を着用。常識を覆す天地逆転の「逆さまテンプル」デザインが走行中のズレやブレを防ぎ、前田選手の視界を最後まで支えた。
 前田選手は2017年の北海道マラソン優勝時から、走行時にズレる事も無く、走りに集中できるとしてSWANSのアイウェアを着用。2 0 1 9 年2月よりSWANSアドバイザリースタッフとして契約している。 
https://www.swans.co.jp/

09/26(Thu) 『オモシロ』『高機能・高技術』『超高額』 話題のアイウェア特集
世界20カ国から370社が出展する「第32回 国際 メガネ展 IOFT2019」

10月8日(火)〜10日(木)の3日間、東京ビッグサイトにて、日本最大世界20カ国から370社(昨年比50社増)が一堂に出展するアイウェアの展示会「第32回 国際 メガネ展 IOFT2019」を開催いたします。

アイウェアは顔に乗せるアクセサリーと、言わんばかりに驚くほどたくさんのデザインがあります。
今回は、一風変わったおもしろメガネや、高機能・高技術なアイウェア、超高額な何千万円もするメガネフレームなど、普段なかなか出会うことのないアイウェアをご紹介します。

会 期: 2019年10月8日(火)〜10日(木)
  10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)
会 場: 東京ビッグサイト 南展示棟
主 催: リード エグジビション ジャパン(株)
     (一社) 福井県眼鏡協会
共 催: 全日本眼鏡工業連合会/日本眼鏡卸組合連合会
協 賛: 日本眼鏡販売店連合会/(公社)日本眼鏡技術者協会/(一社)日本補聴器工業会
https://www.ioft.jp/

09/24(Tue) 「第7回めがね供養会開催」を上野・不忍池『辯天堂』で開催
福井県眼鏡協会公認めがね大使「CUTIEPAI・まゆちゃん」が参加する予定

《東京眼鏡販売店協同組合》 東京都の中小零細眼鏡店が所属する東京眼鏡販売店協同組合は、今年で7回目となるめがね供養会を令和元年10月1日(火)11時より上野・不忍池『辯天堂』にて開催し、生活者のが愛着を持って使用している眼鏡の供養をします。
当日は、スペシャルゲストとして福井県眼鏡協会公認めがね大使「CUTIEPAI・まゆちゃん」が参加する予定。

東京眼鏡販売店協同組合は、お客様へのビジョンケアの提供を使命とする眼鏡販売店の集まりです。私たちは役目を終えた眼鏡を毎年ご供養し、その後産官学連携し、再活用しています。
眼鏡とは、お客様一人一人の眼に合わせて作られるものです。大切な眼鏡は毎日使われ、まさにお客様と苦楽を共にしている道具とも言えます。そのため、買い替えにより不要になった眼鏡や破損した眼鏡、あるいは故人となられた方の眼鏡をそのまま処分するには忍びないお客様もいらっしゃいます。
眼鏡販売を行う組合としては眼鏡を最後まで見届けたいという想いと、「眼鏡への感謝」を伝える機会ともなる事から『めがね供養会』を主催する事としました。
開催日の10月1日は2006年に制定した「メガネの日」に合わせたもので、眼鏡業界の先人達の手で作られた業界物故者を供養する「めがね之碑」が上野・不忍池・辯天堂境内に建立されている事から、毎年この場所を会場に実施しています。
当組合加盟店がお預かりした供養希望の眼鏡は、辯天堂で供養後、再利用可能・不可能なものに分別され、再利用可能なものは洗浄など必要な処置を経て海外へ寄贈されます。また不可能なものは福井県鯖江市の眼鏡修理メーカーへ送り、修理用の材料として生かされます。
https://meganekuyoue.jimdofree.com/

09/24(Tue) 「IOFT2019」で新ブランド「SUi roots of AXE」コンセプトモデルを発表
老舗アイウエアメーカー「AXE(アックス)」から誕生した

創業1936年、老舗アイウエアメーカー「AXE(アックス)」から誕生した新ブランド「SUi roots of AXE」が10月8日(火)〜10日(木)東京ビッグサイトで開催される「IOFT2019」でコンセプトモデルを発表すると共に「少しでも多くの人にSUiを実感してもらいたい」と、接客を通じ、SUiの良さを薦めてもらえるパートナーショップ(小売店)を募集する。
今、サングラスにも「スポーツ」「ファッション」どちらかの選択ではないW新しいカタチWが必要とされている。
「SUi roots of AXE」は、スポーツサングラス分野において信頼と実績のある創業1936年の老舗アイウエアメーカー「AXE(アックス)」が長年培ってきた専門的なノウハウを継承し、日々のライフスタイルに寄り添うW新しいカタチWを表現したサングラスブランド。
汗や激しい動きにもズレない、長時間使用しても、耳が痛くならないWズレないサングラスWを会場で体験してみたら。
■展示会説明
〈スーツ×スニーカー〉〈健康志向の高まりと自転車通勤の増加〉〈ノマドな働き方〉〈おしゃれな作業服で「働きやすさ改革」〉〈五輪警備員にサングラス推奨へ〉〈列車運転士がサングラス試験着用へ〉時代と共に変わりゆく価値感と多様化するライフスタイル。
https://sui-axe.jp/

0918(Wed)話題の『第23回日本メガネ大賞2020』受賞者が決まる
10月8日会期初日に展示会場内特設ステージで表彰式を開催

《速報》 日本最大のメガネの展示会「国際メガネ展IOFT」が10月8日〜10日まで東京ビッグサイト南展示棟で開催されます。この展示会と併催されるアイウェアのアワード『第23回日本メガネ大賞2020』が毎年話題となっています。
このアワードは、国内外より、2019年7月1日以降に発売される新フレーム・サングラスの中から、デザイン・機能が最も優れた製品に贈られる業界屈指のデザインアワードです。去る9月11日に審査会が行われ、ついに今年の受賞製品(5部門3製品ずつ)が決定しました!審査会では個性溢れるデザインと高い機能の製品が数多くエントリーされ、新たに審査委員へグラフィックデザイナーの左合ひとみ氏を迎えたことで、例年以上に白熱した議論が繰り広げられました。
会期初日に展示会場内特設ステージで表彰式を開催。メンズ、レディース、キッズ、サングラス、機能・技術部⾨のグランプリ製品を発表します。各受賞製品は各社のブースはもちろん、展示会場内の特設ギャラリーにも展示されます。デザインだけでなく、技術の見どころも凝縮された受賞製品をぜひご覧ください!
https://www.ioft.jp/

09/16(Mon) 新規・復活の出展社により、より魅力的な見本市に
全メガネ店の店長、店員が来場する「国際メガネ展IOFT 2019」に

福井産地から過去最多の95社

《「国際メガネ展IOFT 2019」》 前年に比べ50社増となる370社が出展する日本最大の「国際メガネ展IOFT 2019」(主催=リードエグジビションジャパンと福井県眼鏡協会)が、10月8日〜10日、東京ビッグサイトで開催される。
 第32回を数えるIOFT2019は、これまで以上に活発な商談展にするため、更にバイヤー誘致に力を入れると、主催者は7月に宣言している。
 また、ここ数年は眼鏡各店の店長・販売員の来場が急増傾向にあり、昨年のIOFTで店長会議を開催したメガネストアー加藤社長は「展示会を見ることで店長たちが非常に刺激を受けた」「社員の活性化につながった」と述べ、店長や販売員が来場することへの大きな意義を伝えている。
 出展社が増加傾向にある大きな要因としては、新規・復活出展の増加が挙げられている。ネクサス、伊藤光学、トニーセイム、クリアビジョン、i c! Berlin(ドイツ)、FLEYE(デンマーク)などが、新規・復活の出展社として決定している。また、昨年に引き続き、増永眼鏡、シャルマン、ボストンクラブ、マーション、内田屋、ヤブシタといった毎回出展している企業も決定しており、例年以上に魅力的な出展社が集まり、より盛り上がることが確実となっている。
 昨年あたりから生産数が増加に転じ、ようやく復調の兆しを実感している福井産地からも、新しく出展する企業を含め、昨年を上回る過去最多の95社が出展する(前回90社)。福井県眼鏡協会の竹内良造会長は「これから福井産地全体が確実に成長していくために、IOFTへの出展を生かし、新製品の開発に力を入れたり新しい取引先を探したりと、今まで以上に真剣に取り組んでいる」と述べている。写真は、第3 2 回日本メガネベストドレッサー賞政界部門の受章者、日本維新の会松井一郎代表。
https://www.ioft.jp/ja-jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:19