※写真をクリックで拡大します。
Home

11/03(Tue) Zoffが上海のグローバル旗艦店リニューアルオープン
新しい価値を提示し、次世代ブランドへ

《Zoff》 上海きっての繁華街、徐家匯に位置するショッピングビル「上海メトロシティ」にあるZoffのグローバル旗艦店 が10月18日にリニューアルオープンされ、来年20周年を迎えるZoffの新たなブランド戦略『Eye Performance』が 体現された中国国内ショップ1号店となった。  
Zoffを運営する潟Cンターメスティックの子会社である佐芙(上海) 商貿有限公司は、今回の増床リニューアルを機に 、日本と同様 の『Eye Performance』を体現するショップとして改装し、更なる飛躍を目指す。
 Eye Performanceは、「メガネ=視力矯正器具」としての役割だけに留まらず、人間の可能性を拡張するツールとして新しい価値を提示していくことで、社会や暮らしに必要とされる次世代ブランドへと生まれ変わろうとする、 来年20周年を迎える Zoffの新 たなブランド戦略である。
 なお、Zoffはこの新たなブランド戦略を掲げ、海外への出店も積極的に進めていくとしており、現在、日本国内253店舗、中国25店舗、シンガポール6店舗、香港11店舗の合計295店舗を展開している。
 同店の内装は、メガネをより選びやすく、手に取りやすくするために主役であるメガネを最大限に引き立たせるシンプルでモダンな空間に仕上げ、日本発ブランドであることを中心に、安心感を与えられる店舗づくりを目指した。 また中国国内のZoff店舗では、今年の7月より、紫外線カット率100%のクリアレンズ「Zoff UV」の追加料金を0 円にするサービスを開始し、大きな反響を呼んでいる(日本国内の店舗では同サービスは実施していない)。
https://www.zoff.co.jp/

11/03(Tue) 西日本最大級の眼鏡関連総合展(IMF)
11月4日・5日 にOMM(大阪マーチャンダイズ・マート)2Fで

 西日本最大級の眼鏡関連総合展「IMF(インターナショナル メガネファッションフェア)」が、 11月4日(内覧会)・5日(本展) にOMM 2F(大阪マーチャンダイズ・マート)で開催される。時間は4日:16時〜20時、5日: 10時〜16時30分。主催は、大 阪眼鏡卸協同組合(西村文子 理事長)。
 昭和58年にスタートした同展は、今年で38回目。感染症予防に留意しながら魅力ある展示を行う。仕入れ額に応じた景品(全国共通商品券、図書券、 QUOカード)をポイント制でプレゼント。5日のみランチサービスを提供し、午後1時までの来場者にはQUOカード500円分 を進呈する。
 出展社は、組合員38社と、福井県眼鏡協会から12社、特別小間には近畿眼鏡類協同組合となっている。
https://www.japanglasses.jp/

11/03(Tue) 店舗まるごとウイルス封印
眼鏡工具・眼鏡関連商品を製造・販売するサンニシムラから

《サンニシムラ》 眼鏡工具・眼鏡関連商品を製造・販売するサンニシムラ (大阪市阿倍野区、上阪優子社長)から発売されているウイルスブロック「イータックEtakinフルプロテクションZERO(4L)」は、長時間持続して菌・ウイルスをブロックできるとして、ドアノブ、テーブル・椅子、受付カウンター、ディスプレイ、PC類、タブレット、商品棚、洗面所など店舗まるごとウイルス封印に向いている商品として注目されている。
 同商品に含まれる「Etak」は、障害のため歯磨きが行えない患者に対して口腔内に使える除菌剤として、歯科医でもある広島大学大学院医系科学研究科、二川浩樹教授が開発・完成したもので、多くの医療関係施設などで感染対策に使われている。Etakは、多様なものの表面を除菌すると同時に、表面に除菌剤が固定化し、防菌・防ウイルス効果が長期持続する。なお、アルコールを含有しているので眼鏡フレーム及びレンズには使用できない。
 卸価格1万4000円+税、詰替用スプ レー(容器のみ250ml)700円+税。  
▽ サンニシムラ本社(06-6621-89 89)、東京営業所(03-3832-0051)。
https://www.san-nishimura.co.jp/

11/03(Tue) スーツのように眼鏡を仕立てるセミオーダーフレーム 「Y2」
メガネのササガワがトライアルキャンペーン

 “皆さんの「困った」を解決する中小零細眼鏡専門店が集まる『MORE〜 快適眼鏡研究会〜』の登録店で、十条銀座商店街内にあるメガネのササガワ(轄川時計店、笹川秀樹社長)が、10月19日よりセミオーダーフレーム 「Y2」のトライアルキャンペーンを開始し、試し価格で提供している。
 セミオーダーフレーム「Y2」は、レンズとフレームが独立した構造で評判のメガネ『CONCEPT「Y」』の後継モデルで、 一枚のチタンプレートをレーザーカットしたパーツから出来ており、それを、顧客に合わせて折り曲げて作るメガネ。
 今までは工場のみでの作製だったが、今回トライルキットが発売され、店舗でも作ることが可能となり、沢山の作製経験を積むために 「Y2トライアルキャンペーン」を開催した。  
「Y2」の通常価格は3万9800円(税込み)からで、今回に限り12月28日までの特別価格で提供し ている。  
「Y2」の特徴は、鼻幅調整が可能で目と目の間隔の距離にレンズの中心を合わせられる為見え心地が良く、度付きにしても軽量に仕上げられる。レンズ周辺をナイロンの糸でホールドする、フルナイロール(糸)構造のため、レンズの形やサイズの自由度がアップ。溶接無し、ネジも無使用でフレーム破損の可能性が低く、素材はしなやかなベータチタンを採用。フレーム単体で3.9グラムと超軽量、掛け心地も抜群となっている。素材と構造により一人一人の顔に合わせて調整がしやすく、カラーも6色から選べる。仕上がりまではおおよそ1カ月としている。
https://sasa-gawa.net/concept/staff/index.html

11/03(Tue) 宮川大輔氏とのコラボ レーションモデル発売
青山眼鏡鰍フアイウェアブランド「FACTORY900」

青山眼鏡鰍フアイウェアブランド「FACTORY900」から、吉本興業所属のお笑いタレント、宮川大輔氏とのコラボ レーションモデルが10月23 日に発売された。4万6200円 (税込)。
 同社は、暗いニュースばかりが目についてしまう昨今において、“メガネで社会貢献を”と医療従事者向けのゴーグル型眼鏡を製造するなど、同社ができる形で社会に向けて発信 してきた。その中で、「ゴーグル形状のメガネをもっとファッションに取り入れやすく」とデザイナー自ら、かねてからFACTORY900 のユーザーであった宮川大輔氏にコラボレーションモデルを打診し、“共同製作”という形で今回のコラボが実現した。4色展開。
 コラボ商品は、宮川氏のイメージに沿った、大きめのスクエアのレンズシェイプ。はっきりとした顔立ちにあわせた際に、重量感のバランスの調和が取れるよう、意識的に平面を残しデザインされている。また、飛沫感染予防の観点から、時世を考慮しFACTORY900らしい立体的な造形と、ダイナミックな曲線を併せ持ったゴーグル形状のメガネに仕上げた。
 発売に伴い、宮川氏が直営店であるTOKYO BASEに来店。メインデザイナーの青山氏との対談がYouTubeに上がっている。  
http://www.aoyamaopt.co.jp/

11/03(Tue) 愛眼が発売する強力くもり止めクロスが前年比1200%越え
メガネユーザーのwithマスク生活に最適

《愛眼》 メガネ・補聴器を販売する「メガネの 愛眼」「Aigan」を運営する愛眼鰍ェ販売中の「DEFOGUARD III 強力くもり止めクロス」の販売数量が前年比1284%と 好評を博し注目されている。
 同商品は、メガネレンズを拭き上げるだけで約12時間くもり止め効果の持続が可能で、従来のように、レンズに薬品を垂らしたり、塗ったりする煩わしさがなく、ケースに戻せば約300回繰り返し使え、感染対策におけるメガネ・サングラスユーザーのwithマスク生活に最適なアイテム。 
http://www.aigan.co.jp/

111/03(Tue) 神木隆之介さんが変幻自在なメガネ男子に?
アエラスタイルマガジンvol.48[2020冬号]

子役時代から多くの作品に出演し、俳優として常に異なる姿を見せながら成長を続け、今年で芸歴25周年を迎えた神木隆之介さんが、10月23日発売のアエラスタイルマガジンvol.48[2020冬号]にて、27歳の大人の男として、さまざまな“メガネ男子”を演じ分け、眼鏡のポテンシャルを証明している。
神木さんは誌面の中で、「眼鏡はプライベートでもよく掛けていますが、デザインが変わるとガラリと“顔” が変わるのが面白くて楽しい。顔によって似合う服も違うので、眼鏡が個性を演出するファッションアイテムであることを改めて実感できました」などと話している。

11/03(Tue) パリミキのオリジナル補聴器「らくみみ MKシリーズ」
初めての5年間のロング保証付き

 「パリミキ」「メガネ の三城」を展開する且O城は、10月17日から新ラインナップとして、初めての5年保証付きパリミキオリジナル補聴器「らくみみ MKシリーズ」の販売を開始した。
 通常、補聴器のメーカー保証期間は2 年〜3年が一般的だが、パリミキのオリジナル補 聴器「らくみみMKシリーズ」(MK1、MK2が対象)には、今まで以上に安心して使用できるようにと、パリミキ独自の「ミキ安心保証プラスライト」(最大5年)を付け販売。今まで補聴器の故障で困った人や、初めての補聴器の使用で心配な人をサポートできる仕組みとなる。
 同安心保証の特徴は、万が一、補聴器が壊れてしまったときでも、5年間回数無制限で、修理代金の10%の負担で修理ができるので、急な出費の心配もなく安心。また、水没や落下などによるメーカー修理対象外の故障も保証し、万全のサポートを行う。
 補聴器の機能も前モデルから向上。 補聴器をつけると気になる自分の声の響きを抑えるだけでなく、相手の声を大きくできるので聞こえが楽になる 「デュアルプロセシング」や、周囲の音環境を認識し、前方向の声や音にフォーカスをして会話をしっかり聞き取りやすくする「HLTRA HD」が内蔵さ れている。また、専用ケースに置くだけで充電可能な自動電源ON・OFF機能も搭載する。
https://www.paris-miki.co.jp/products/glasses/

11/03(Tue) 国内4つ目の直営店「パナソニック補聴器プラザ福岡」
補聴器の非常に大きな潜在需要が見込まれている

 パナソニック補聴器鰍ヘ、11月12日に東京、横浜、大阪に続く国内4つ目の直営店「パナソニック補聴器プラザ福岡」を開設する。
 プラザ福岡は、補聴器の販売、調整、ならびにさまざまな聞こえの相談や補聴器選びのアドバイスなどを通じて、顧客のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上を提供していく。
 現在の日本においては75歳以上の 高齢者が約1900万人に達するなど、 急速に高齢化が進行している。75歳以上の高齢者のうち、約4割が難聴を自覚しているという調査結果もある。また、「二度聞きが多い」「大音量でテレビを見る」「大声で話す」といった行動を無意識にとるなど、聞こえの不自由さを自覚していない人も多く存在するため、国内において は補聴器の非常に大きな潜在需要が見込まれている。
 パナソニック補聴器は、全国にあるパナソニックショップや介護ショップ、 眼鏡店、補聴器専門店などを通じた補聴器の販売に加えて、東京、横浜、大阪の3カ所で直営店「パナソニック補聴器プラザ」を運営。聞こえの相談から補聴器選び、販売、購入後のアフターフォローに至るまで一貫して専門スタッフが対応し、顧客の困りごとに対して、きめ細やかに対応してきた。
 今回のプラザ福岡の開設により、専門性を生かした、顧客一人ひとりに寄り添った活動を拡充するとともに、地域のパナソニックショップとも連携を深めて、聞こえることの嬉しさと聞くことの楽しさを届けるとしている。
https://panasonic.co.jp/ap/phi/

11/01(Sun) 来年創業80周年迎えるオグラ眼鏡店が11月1日から「感謝祭」
公式のLINE友達追加でクーポンプレゼントも

2021年3月に創業80周年を迎える潟Iグラ(本社:東京、小倉信典社長)は、今日11月1日(日)から12月31日(木)まで80周年感謝祭を開催する。
“お客様へ感謝の気持ちを伝えるキャンペーン企画”として、オグラ眼鏡店公式のLINEアカウントを開設し、期間中、お友達追加したお客には12月31日(木)まで対象店舗で利用できる「メガネ一式購入の人10%OFFクーポン」をプレゼントするもの。さらにオグラ眼鏡店各店では、オリジナル婦人用フレームと、遠近・中近・近々とレンズタイプが選べるお得なメガネ一式8万円(税抜)セットを用意している。お友達追加した人へ、オグラ眼鏡店で「メガネ一式購入の人10%OFFクーポン」をもれなくプレゼント。
利用可能な店舗は、オグラ眼鏡店の大丸東京店、松坂屋上野店は利用対象外となる。
https://www.ogura-megane.co.jp/80th/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:19