※写真をクリックで拡大します。
Home

06/29(Mon) 金鳳堂新潟伊勢丹店が7月1日、リフレッシュオープン
パリを彷彿とさせるデザイナーズ店舗

明治20年創業、今年で133年の歴史を持つ眼鏡店・葛燒P堂は7月1日、新潟伊勢丹5階にアイウェアSHOPを移転OPENする。店舗コンセプトは、1950年代後半から1960年代前半にかけてのフランス映画界で起きたイノベーション「ヌーヴェルヴァーグ」。旧来の価値観を打破し、新しいものを作ろうとした時代のエッセンスを新しい店舗づくりに採り入れている。国内では、ヌーヴェルヴァーグ調をコンセプトに取り入れたデザイナーズ店舗は、まるひろ川越店に次ぐ2店舗目。
メガネをかける時間や目的は、一人ひとり異なる。見たい距離(タテ方向)と視界(ヨコ方向)を設定し、ピントが合うゾーンをカスタマイズできる。自宅やオフィスなどの室内空間と、外出時や広いホールでは、それぞれの環境で見ているゾーンが異なる。
またその環境に身を置く時間の長さもレンズ選びの大切なポイントになっており、
お客がメガネを使われる環境や状況、またその頻度や重要性を考慮し、丁寧に時間をかけたカウンセリングのなかで、見やすさと使いやすさを確認します。
大切な人の声・自然の音や安全に関わる音・楽器が奏でる繊細な音など、聴こえによって生まれる感動がある。
専門員による「聴こえ」に関する悩みなど幅広い相談を承り、また最新の補聴器は、人の声と雑音を正確に聞き分け、さらに日本語の聞き取りやすさにこだわった優しく自然な聞き心地の機能や、ファッション性に優れたスタイリッシュなデザインのモデルが増え「補聴器」のイメージが大きく変わっている。リニューアル店舗では新たに防音室を設置した。
店頭で最新の「聴こえ」を試せます。「見るコト」「聴くコト」について、疑問に思っていること、不安に思っていること、なんでも気軽に相談ください。
https://www.kimpo-do.com/kimpo-do/

06/26(Fri) ビジョンメガネ小倉本店でコンタクトの出張販売を開始
店舗スタッフが企画、全国の店舗で唯一のサービスとして実施

全国106店の眼鏡専門店を運営する(株)ビジョンメガネ(本社:大阪)はコロナ禍を機に、北九州市の小倉本店でコンタクトレンズの出張販売を開始した。
新型コロナウイルスの影響で、外出自粛を継続する人が多いなか、店舗には「やっぱり取りに行かないとダメですよね?」「送ってもらうと送料かかりますよね?」といった電話の問い合わせ多くあり、そうした方に少しでも寄り添えればと、店舗スタッフが自ら会社に提案して実現した、小倉本店限定のサービス。コンタクトの購入者が多い同店ならではの、地元に密着したサービスで、お客に「見える」を届けている。
今回のお届けサービスは、コンタクトレンズを既に使用中方で、商品の届け先が店舗の半径約3キロメートル圏内のお客を対象に行う。主に小倉北区や戸畑区の方の利用を想定しているサービス。
訪問依頼は店舗電話(093-533-2117)で受け付けている。日ごろお使いのレンズの種類や度数などを事前に聞いて、訪問日時を両者で設定した上で、商品を持っていく。
当日、スタッフはマスクとゴム手袋を着用した上で訪問し、お客に直接触れないようにするなど最大限配慮している。代金の支払い方法はクレジットカードにも対応し、このサービスはお客の外出自粛状況を見ながら、当面の間、実施するとしている。
https://www.vision-megane.co.jp/shop/

06/24(Wed) 「ペーパーグラス」の直営店がリーガロイヤルホテルにプレオープン
白を基調とした落ち着いた店舗 西村プレシジョン

老眼鏡、近視用、サングラスなど薄型眼鏡の「ペーパーグラス」を企画製造販売する叶シ村プレシジョン(本社:福井、西村昭宏社長)は、関西エリア2店舗目となる直営店として「ペーパーグラス大阪リーガロイヤルホテル店」をリーガロイヤルホテル大阪ウエストウイング1階に6月20日(土)プレオープンした。
店舗としては、関西エリア2店舗目となり、大阪の迎賓館と称され創業85周年を迎えた歴史あるホテル「リーガロイヤルホテル(大阪)」にオープンしたことに意味がある。
115年の歴史がある眼鏡産地「鯖江」で生まれ、ひとつひとつ丁寧に作られたペーパーグラスをじっくりと選べる体験は、ホテルの持つ雰囲気と相まってお客に上質な時間を楽しんでもらえるものと考えている。
また、新しい生活様式に合わせて、マスク着用、手指消毒、手袋着用、接客毎の清掃除菌など店内感染予防対策を行ない安心して買い物ができる体制を整えお客を迎えられる。
なお、グランドオープンは2020年夏頃を予定している。
https://www.atpress.ne.jp/news/216594

06/16(Tue) マスク紐による耳の痛みを軽減する「マスク みみ楽くん」
メガネの総合商社潟сuシタから発売

 メガネの総合商社潟сuシタ(東京都文京区、藪下昌宏社長)は、マスク紐による耳の痛みを軽減するシリコーンチューブ「マスク みみ楽くん」を取扱小売店で販売を開始した。  
新型コロナウイルスの影響で多くの人が長時間マスクを着用する環境になった。そのような中、「マスク紐で耳が痛い!」といった悩みをよく耳にする。
「マスクみみ楽くん」はそんなマスクユーザーの悩みの軽減に役立てればと企画された商品だ。  
「マスク みみ楽くん」は、シリコーンチューブをマスク紐に取り付けることで、耳にあたる紐にクッション性が生まれ耳が痛くなりにくくなるもの。  
チューブにはスパイラル状の切込みが入っており、マスク紐への取り付け・ 取り外しが簡単にできる。透明のチューブのため装着部分が目立たない。シリコーン素材のため、水で洗って繰り返し使用できる(実用新案出願 中)。
https://www.yabushita.co.jp/

06/16(Tue) ビジョンメガネが「見える暮らしを」応援
ビジョンメガネが「見える暮らしを」応援

在宅勤務やオンラインでブルーライトカットレンズ需要高まる

 全国106店の眼鏡専門店を運営する潟rジョンメガネは、各店1200 本のフレームを最 大70%割引して販 売する大型セールを、15都府県の全店106店で8 月2日まで開催している。  
長期化する在宅勤務にともなうニーズに応えるため、セール期間は通常時より約1カ月 長く設定。購入者を対象に、パソコンのブルーライトをカットするレンズ(度なし)もしくは 薄型(1.60)非球面レンズ(度付き)を無料で付けるサービ スも展開中だ。  
コロナ禍で、メガネの見えづらさや不具合があっても、気軽に買い替えのできない状況が続く。また、コンタクトレンズより手軽に身に着けられるメガ ネを希望する人や、目の疲労の原因とされるブルーライトを抑制するレンズの需要が増えている。ブルーライトカットレンズは、オンライン授業の急速な拡大で、子供用のニーズも高まると考え、フレー ム購入者の全ての人へ提案も行っている。
来客を迎えるにあたり、スタッフはフェースシールドとマ スクを着用、うがいや手洗いを徹底、ウイルス対策を行っている。さらに店内の清掃と換気、ドアノブや接客台、椅子、子どもコーナーのおもちゃ、トイレや洗面台の衛生周り等、顧客が接触る部分の定期的な除菌も行っている。  
なお同社は、新型コロナウ イルス感染拡大中に、メガネの除菌が気になる人に向けて、メガネを分解・洗浄した上で、除菌スプレーの無料サポートを4月3日より実施、5月 17日までには2万本のサポートを行った。
https://www.vision-megane.co.jp/

06/16(Tue) 10月1日メガネの日に実施を決定
東京眼鏡販売店協同組合めがね供養会

 東京眼鏡販売店協同組合めがね供養会プロジェクト委員会は、10月1日メガネの日に例年同様、上野・不忍池の弁天堂内でめがね供養会の実施を決定。9月25日まで、供養を希望するメガネを受け付ける。
http://www.megane.or.jp/index.asp

06/09(Tue) 「学生応援!SEED で大喜利 ~笑顔にピントを~
「コンタクトレンズ商品券」や「PayPay ボーナス*」をプレゼント

コンタクトレンズの潟Vードは、『学生応援!SEED で大喜利~笑顔にピントを~キャンペーン』を6 月 8 日(月)より 6 月 30 日(火)まで開催するこのキャンペーンは学生を対象とした4種類の画像から好きな画像を一枚選択、画像に対してみなさんを笑顔にするひとことを募集するもの。応募作品の中から、同社審査員が優秀賞を選定10名様に「コンタクトレンズ商品券」3万円分をプレゼントするもの。また、先着 2,000 名に参加賞として「PayPay ボーナス*」500円相当をプ レゼントする。
実施期間:6 月 8 日(月)〜6 月 30 日(火) 23:59 まで。
応募方法:お題の画像@~Cの中から好きな画像を選択し(複数選択可)、画像に対してみなさんを笑顔にするひとことをキャン ペーンサイトの応募フォームより応募。 ※キャンペーンの詳細は、キャンペーン公式ホームページを。 ※応募はお一人1回限り。同一の方が、複数のメールアドレスで投稿することは禁止。
応募資格:日本在住の学校ないしは教育機関で学ぶ学生かつ本応募規約および注意事項に同意した方で、応募したメールアドレスおよび電話番号への連絡が可能な方。 ※未成年の方は、応募をするにあたり保護者の同意が必要。保護者に応募規約および注意事項の内容を確認、同意したうえで応募ください。
■プレゼント内容:応募された方に下記をプレゼント。 優秀賞:コンタクトレンズ商品券 3万円分×10名参加賞:PayPay ボーナス500 円相当×2,000 名(先着順)※商品券が使用できる施設につきましては、受賞後に受賞者の方の住まいの近くの施設を案内します。※ 応募フォームに記載のメールアドレス宛に送付します。PayPay ボーナスは出金と譲渡はできない。全国220万以上 の加盟店のほか、PayPay 公式ストアでも利用可能。
■優秀賞の発表について:キャンペーン終了後、厳正なる審査の上、優秀賞受賞者を決定する。受賞作品はキャンペーンサイトにて発表し、 受賞者へ連絡します。※都合により賞品の発送が遅れる場合がある。※審査結果に関する問い合わせには対応しない。
その他、応募期間中は、同社審査員が応募作品の中から随時ピックアップして、同社公式Twitterおよび公式Instagram で紹介。優秀賞はピックアップ作品の中から選定。キャンペーン内容は予告なく変更する場合がある。詳細はキャンペーンサイトを。
info-pr@seed.co.jp

06/02(Tue) 「メガネのアイガン」新型コロナウイルス感染予防の取り組み
業界ガイドラインに基づき、衛生管理を徹底

 メガネ・補聴器を販売する「メガネのアイガン」を運営する愛眼鰍ヘ、顧客並びに同社従業員が安心・安全に働けるよう、新型コロナウイルス感染予防に対する日々の取り組みを行っている。その内容を紹介する。1.除菌・消毒=業界ガイドラインに基づき、衛生管理を徹底。
▽顧客が掛ける椅子やテーブルは応対後に消毒。▽検査機器等は使用後にその都度消毒。▽路面店においては換気を徹底し、感染リスクの軽減に努める。▽その他、顧客が直接触れる場所はその都度消毒する。2 . 手指の消毒=スタッフの手洗い・消毒、体調管理を徹底。▽石鹸やハンドソープを泡立て15秒以上かけて手洗いを実施。▽視力測定やメガネの調整などをする場合は、手指の消毒を行う。▽体調不調のスタッフは出勤停止とし、医療機関の指示に従う。3.マスク着用=感染予防のためのマスクを着用。▽顧客と従業員の健康と安全確保のため、従業員はマスクを着
用。また顧客にも店内に入店の際は、マスクの着用を願う。▽待ち時間等が発生する場合は、3密をなるべく避けるよう、顧客同士の距離を保った待合室の案内もしくは店外で待ってもらう場
合がある。4.除菌クリーニング=メガネの除菌クリーニングを行う。▽すべての来店者を対象に、除菌効果のあるクリーナーを使用してメガネのフレーム・レンズの除菌クリーニングを実施する。
http://www.aigan.co.jp/

06/02(Tue) JINS店舗従業員に対し「営業継続特別感謝手当」を支給
最前線で顧客の安全確保と商品提供を支える従業員に対し

 潟Wンズ(東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁)は、緊急事態宣言発令後、最前線で顧客の安全確保と商品提供を支える従業員に対し「営業継続特別感謝手当」を支給すると5月15日付で発表した。
 対象者はJINS店舗従業員(契約社員およびアルバイト含む)、対象期間は4月17日から、店舗が所在する都道府県の緊急事態宣言が解除されるまで。支給額は出勤1日当たり、フルタイムは
1000円、パートタイムは500円。
 緊急事態宣言後、同社は9割近くの店舗を臨時休業。大型連休以降は徐々に営業を再開、現在営業中の店舗では、顧客の感染防止対策の徹底と従業員自らの安全確保のため通常時よりも業務負荷が増加と捉えている。また、半数以上の店舗が現在(5月15日現在)も休業し、営業中の店舗においては、来店者が集中することによる、業務繁忙が続いている。心理的負担も多い状況の中で、商品提供を続けている従業員に感謝の気持ちを込め、今回の手当を支給することした。
 なお、顧客ならびに従業員の健康と安全に配慮し、以下の感染防止対策を行っている。
▽頻度の高い手洗い、手指消毒、うがいの励行、▽接客時のマスク、フェイスガードの着用、▽出勤前の検温、▽店内飛沫防止カーテンの設置、▽検査機器の消毒、▽混雑時の入店規制
 今後については、顧客と従業員の新型コロナウイルスへの感染防止を最優先に、顧客に製品・サービスを届け続けるため、従業員一丸となってさらに努力するとしている。
https://www.jins.com/jp/

06/02(Tue) Zoffの安心・安全メガネ選び
「オンラインでのメガネ購入チャート」を5月18日より公開

 メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する潟Cンターメスティックは、新型コロナウイルスに
よる影響の中、アイウェアに関して困っている人に向けた「オンラインでのメガネ購入チャート」を5月18日より公開した。
 「オンラインでのメガネ購入チャート」とは、新型コロナウイルスの影響によりZoff店舗が休業の中、『メガネを壊してしまったが、お店が開いていないためどうしたらよいかわからない』という悩みをはじめ、『テレワークになったのでコンタクトレンズからメガネ生活に変更したい』『子どもがオンライン授業になったのでブルーライトカットメガネを買いたい』というような要望に応え、シチュエーションに応じて、どのようにしてアイウェアをオンラインで購入できる
かという指標をまとめたもの。
 度なしのブルーライトカットメガネやサングラスの購入はもちろん、度付きのメガネを以前Zoffで購入したことがある人は、眼科に行かなくてもZoffオンラインストアにて同度数のメガネを新たに買う事も可能だ。
 さらに、Zoffでは4月29日よりブルーライトカットの追加料金を0円とする新サービスを開始。追加料金がかからないことで合計金額を気にしていた人もフレームの選択肢が広がり、リモート
ワーク中におけるビデオ会議などのテレワーク用や子どものアイケア用として、TPOに合わせたフレームを選びやすくなった。
 同社は、不要不急の外出自粛を求められる中、チャートを参考にすることで必要なアイウェアの購入における安心・安全な行動の一助となることを。
https://www.zoff.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:27