※写真をクリックで拡大します。
Home

08/02(Tue) 11月に誕生する「眼鏡作製技能士」その@
眼鏡業界全体を成長させていく責任とは

今年11月に国家資格の「眼鏡作製技能士」が誕生する。眼鏡業界の念願だった。始まりは1960年の眼光調整法案。それから60年が経過し、当初目指した業務独占は諦めたが、小売・メーカー・卸が一丸となり、業界全体で努力を積み重ね、次世代へつなぐ道筋を切り開いた。だが、これで終わりではなく、これからがスタートだ。「国民の目の健康と利益を守るため」に、さらに業界が一丸となって様々な活動に取り組んでいく。  
ここまでに幾度となく議論が重ねられた。小売・メーカー・卸それぞれの団体が機能する中で、新しい資格制度を誕生させるための業界を網羅した推進機構という団体も立ち上げた。小売・メーカー・卸の代表や幹事が何役もこなした。多忙な中で辛い日々もあっただろうが、それだけ横串が強固となる強みも生まれ、業界内のコンセンサスを得られた。それもこれも「眼鏡専門店や資格を有する技術者から、眼やメガネの高度な専門的な製品の正しい情報を欲しいとする国民のため」に業界が一丸となって努力してきたことで、簡単にできるようなことではない。それぞれが「生活者に喜ばれること」という同じ目標、同じビジョンを念頭に置き、日々活動してきたからこそ成し遂げられたことだろう。  
今後は、有資格者のいる店舗を全国的に増やしていき、眼鏡資格者が眼鏡業界にいることを当たり前の環境にしていくのが数年先の目標だ。これまで以上に重要な役割を眼鏡業界は背負っていくのだ。  
これだけまとまった動きを業界が取れているようでも、「より業界が変わっていかなければならない」と各リーダーたちは声を発している。千載一遇のチャンスを逃してはいけないと、気を緩めないように警告しているのだ。これまでの商習慣に囚われていたことを反省し、生活者のためになるマーケットインの考えに変えるチャンスを迎えていることを伝え、眼鏡業界全体を変えようと士気を高めている。  
それぞれが時代に適した販売方法を試行錯誤する中でも、業界団体が一丸となって先を見据えて業界全体を引っ張っていっているのだ。メガネの市場規模は4000億円程度と大きくはないが、学べることがたくさんある。それに1兆円に膨らむ可能性もなくはない。  
山梨県の甲府で、「一般社団法人宝石のまち甲府会議」が5月に設立された。宝飾産業を通じた、豊かな甲府の地域づくりを主旨としているが、世界共通の価値ある宝石を扱う宝飾産業の可能性は大きいことを念頭に置き、宝飾産業は山梨県を代表する地場産業として、国内をはじめ海外からも人を集めることが可能であり、海外からの人の受け入れ態勢を整えれば、社会課題である人口減少を迎える時代も乗り越えられるとのビジョンを掲げてい る。  
これは甲府市からの声がけで始まったことではあるが、同団体設立前に、甲府地域(甲府地域及び隣接地域)の宝飾産業の歴史や多くの活動実績を学んできたことがポイントだ。同会議の発足メンバーの多くは、山梨県水晶宝飾協同組合の理事も務めているが、議論を重ねた後に新団体の設立に至った。 それは、新たな団体でなければ成し遂げられないと結論付たからだ。  
山梨県に限らず、宝飾業界の多くの団体が抱えているのは次世代への継承だ。現在は注力するほど余裕がないように見える。以前は、小売店の次世代への継承がよく話題となったが、時間とともにある程度解決されたようだ。
ただ、それぞれ自分の会社の継承に注力してきたことで、自分の属する団体の継承の方が疎かになり、ほとんどの団体が現在機能していないと言える。  
これは宝飾産業として大きな問題であるはずだが、誰も気にする様子も見られない。半ば諦めているようにも見て取れる。解散した団体もある。自分の会社も可愛いものだが、次世代の業界人へ自分の経験や力を伝え、業界を成長させていく責任をそれぞれが担ってい ることを自覚したい。どんな団体でも、継承する責任という大切なことを教えていくことが肝心だ。もしくは、新たな団体を立ち上げる必要があるのかもしれない。         (次号に続く)。
https://www.megane-joa.net/

08/02(Tue) 眼鏡公正取引協議会「第36回通常総会」
眼鏡公正競争規約の遵守で信頼できるメガネ店を

眼鏡公正取引協議会は「第36回通常総会」を7月 4日、東京・日本橋にある油脂工業会館で開催。代議員定数46名中、本人出席 17名(リモート含む)、委任出席28名、欠席1名で決議、第1号議案から第5号 議案まで議案通り承認・可 決された。  
2022年度の事業計画としては、@「信頼できる会員メガネ店」と「会員マーク」の広報に関すること、A原産国表示に関する眼鏡公正競争規約の普及に関すること、B会員店に対する眼鏡公正競争規約の広報に関すること、C会員店の眼鏡公正競争規約遵守に関すること、D「眼鏡公正競争規約」の改定作業にかんすること、E眼鏡類の表示に関する相談等に関すること、F(公社)日本眼鏡技術者協会、日本眼鏡販売店連合会、日本眼鏡関連団体協議会、眼鏡技術者国家資格推進機構との協力に関すること、G 関係機関との連絡調整に関すること、Hその他、眼鏡公正競争規約の施行に関すること、の9つを基本とする。 第5号議案の役員改選では、事前に 推薦のあった候補者が承認され、以下の新役員が承認された。  
▽ 会長=平岩幸一(日眼連)。▽副会長=乾隆司(日眼連)、肥沼孝政(日眼連)、横井達郎(日医光)、開みどり(卸連)、佐々木英二(全眼工連)、山岸浩一(輸入協会)。▽常任理事=坪内登(日眼連)、山崎親一(日眼連)、米白谷邦之(日医光)、冨田洋正(卸連)、 池田賀典(全眼工連)。▽会計理事= 九鬼悦子(日眼連)。▽理事=中里幸生(日眼連)、小池俊木(日眼連)、原伸雄(日眼連)、宇佐美太朗(日眼連)、落合信裕(日眼連)、小池勲(日医光)、林正剛(卸連)、水嶌基博(全眼工連)。 ▽監事=中込米男(日眼連)井上敬康(日眼連)。▽顧問=馬場康男(日眼連)。▽相談役=西村輝和(日眼連会長)、伊藤基洋(日医光会長)、木方伸 一郎(技協会長)。
http://www.megane-ktk.or.jp/

08/02(Tue) 青山眼鏡が製品発表会を開催
オリジナルアイウェアブランド『DiiiNO/ディーノ』

青山眼鏡鰍ヘ、福井県立恐竜博物館監修のもと、オリジナルアイウェアブランド『DiiiNO/ディーノ』を7月9日より 発売。14日には福井県立恐竜博物館において、製品発表会を開催した  
福井県の勝山市(恐竜)と鯖江市(眼鏡)が持つこの強力なコンテンツ 「恐竜」と「眼鏡」を結び付けることで、年齢、性別を問わずに、日常的に眼鏡を使用している人からマニアックな恐竜好きの人まで、大勢の人達の心を惹きつけるアイウェアとして企画開発がスタート。そのターゲットは、『ロマンを追い求めるタフな大人たちへ』。  
『DiiiNO/ディーノ』は、恐竜の持つ強さ、重厚さ、野性的なイメージをブランドのアイデンティティとしている。この独創的で唯一無二のデザインは、没個性のアイウェアとは一線を画すものであり、掛けた人を恐竜の如く、強くカッコよくするアイウェアとして掛ける人の心を揺さぶり、単に恐竜をモチーフとしたキャラクターアイテムではない。  
福井県立恐竜博物館の研究員の全面監修による、恐竜の身体的な特徴や象徴する部分、そのイメージを取り入れた本格的なデザインが特長。世界初の恐竜ブランドならではのデザインとインパクト、マニア心を刺激するマニアックディテールが盛り込まれている。  
ファーストコレクションには、人気恐竜ランキングで常に上位に入る「ティラノサウルスレックス」「トリケラトプス」「スピノサウルス」「ステゴサウルス」「アンキロサウルス」の5種類をモチーフとしたデザインをラインナップしている。5モデル各3色展開、参考上代:39,600円(税込・眼鏡フレームのみ/レンズ別)。専用フレームケース、眼鏡拭き付き。
https://aoyamaopt.co.jp/

08/02(Tue) 「もっと外遊びプロジェクト」を支援
ジンズが「近視のない世界を目指して

 潟Wンズは、未来を 創る子どもたちの見る目を養う活動「見る育 (みるいく)」において、 近視進行抑制の観点から外遊びを支援する「もっと外遊びプロジェクト」を始動。その第1弾として 「JINS見る育プレーカー」を制作し、東京都世田谷区内の認定NPO法人「プレーパークせたがや」へ寄贈。7月27日 に、世田谷区玉川野毛町公園にて地域の子どもたちへ披露した  
JINSでは、2050年をマイルストーンとしたサステナビリティ目標のひとつに、“近視をなくす。目を通じた、幸福の追求を。”を掲げている。  
近年、子どもの近視の増加が社会課題となる中、日常生活で取り入れられる近視進行抑制のひとつとして「1日にできれば2時間は外で遊ぶ」ことが推奨されている。一方で、安心して遊べる場が地域の中で減っていることなどにより子どもが 外遊びの楽しさに触れる機会が少ないことが 課題と言われ、子どもたちを取り巻く環境を見直す必要性が浮き彫りになっている。  
そこで、「もっと外遊びプロジェクト」は、近視進行抑制の観点から外遊びの大切さを伝え、子どもが安心して外遊びをできる機会や遊び場の創出を支援することを目指して始動した。  なお本プロジェクトは、昨年3月より 環境保護対策の一環として有料化したショッピングバッグの年間約70万枚分の代金を活用し、持続可能な社会づくりに還元している。
https://www.jins.com/

07/16(Sat) 「 めがねフェス2022」
全国からめがね好きが集まる感謝祭

10月1日 (土・めがねの日)・2 日(日)にめがねミュージアム

〜新しい産地へと進化するきっかけに〜

一般社団法人福井県眼鏡協会は、「めがねフェス2022」を10月1日 (土・めがねの日)・2 日(日)にめがねミュージアム、ならびに周辺特設会場で開催することを決定。3年ぶりのリアル開催となる。
開催に伴い、第5回「めがねよ、ありがとう作文」の募集を開始。めがねにまつわるエピソードを求めている。  
めがねフェスは「めがねよ、ありがとう」を合言葉に、全国からめがね好きが集まるめがねの感謝祭。めがね供養からはじまり、産地の最新のめがねが並ぶPOP UP GALLERYや、めがねステージ、めがねワークショップ、めがねグルメ、めがねグッズ販売など、めがねづくしのイベントだ。 2022のめがねフェスのコンセプトは「枠を超えて」。新しい産 地へと進化するきっかけになるようなイベントを目指す。  
また、「眼鏡作製技能士」の指定試験機関である日本眼鏡技術者協会も、眼鏡作成技能士に求められる知識・技術とその存在を全国のめがねファンに広めたいとフェスに参加する。企画コーナーとしては、来場者向けの調整コーナーをはじめ、メガネに関する「Q&A」のトークショー、眼鏡作製技能士の試験問題から抜粋したクイズコーナー、マネキンを使った「フィッティング体験」コーナーを予定する。
https://www.megane.gr.jp/

07/16(Sat) 佐々木英二氏が新理事長に
福井県眼鏡工業組合が5月に開催した通常総会で

福井県眼鏡工業組合は、5月に開催した通常総会において新役員を発表。 理事長に、佐々木英二氏が就任した。
役員一同協力して、眼鏡業界の発展に誠意努力するとしている。  
理事長=佐々木英二(新)。副理事長=水嶌基博、山内隆嗣、中村栄夫(新)。専務理事=伊藤幸彦.
https://www.megane.gr.jp/contents/industrial.html

07/02(Sat) 生活者要望に応え公正公平に邁進
公益社団法人日本眼鏡技術者協会「第12回通常総会」

公益社団法人日本眼鏡技術者協会(木方伸一郎会長)は、「第12回通常総会」を6月23日、AP東京八重洲で開催。110名中36名が出席、委任72名、欠席2名により、第1号議案から第5号 議案まで原案通り承認可決された。  
木方会長は、リアルに総会が開けたことを嬉しく思うと述べてから、「ご承知の通りのコロナ禍で、我々のまわりの状況や国家検定に関わることが、本当に目まぐるしく変化する中で、成し遂げることができた。これも厚生労働省、眼科医会、会員の皆様のお陰です。お会いして話す機会が少なかったですが、なんとかここまでやってくることができました。学科試験が終了することができましたが、また実技試験に向け、皆様にご協力いただいております。 初めてのことばかりで大変なことも多 いですが、皆様のご理解とご協力によ り成り立っております。実技試験と特例講習会の時期が重なり、作業としては今が一番の山場です。無事に終わりたいといっても、何もないわけじゃありません。国家試験ですので、公平公正でなければいけません。色々なことを考えながら公平公正に進めております」と状況を説明。続けて、例えとして相応しくないかも知れないと断りを入れてから「ロシアのプーチン大統領の動きを見ていると、誰も反対意見を言えないような、そのような世の中になることが一番危険なことです。なにもプーチンのようなことをやることはないですが、できるだけ皆様に説明をさせていただきます。ですので皆様もしょうがないなどという気持ちにはならず、いろいろな立場からのご意見をお伺いしてより良い制度を築いていきたいと考えております。この制度は生活者のためです。日本にいる生活者からのより良い眼鏡をつくってもらいたいという要望があるわけですから、皆様とともに同じ方向に向かって邁進していきたいと思っております。総会では決算が中心となりますが、 総会後に色々と話ができると思いますので、最後までご協力のほど宜しくお願い致します」と述べ挨拶にかえた。  
国家検定の経過報告としては、4月 20日に学科試験を実施。受験者数は 1699名(1級541名、2級1158名)、合格者は797名(1級76名/14%、2級 721名/62%)、全体の合格率は41% となった。  
実技試験は、7月24日〜8月22日の 期間に、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡で開催される。また、特例講習会は7月27日・28日に全国27日会場で実施される。合格発表は11月 16日を予定。  
理事・監事選任の件では、理事22 名、監事2名が選ばれ承認された。理事22名=会員外=伊藤克也、魚里博、岡本育三、早風明正、古賀茂樹。会員=乾隆司、内田豪、金井昭雄、 神田徳哉、木方伸一郎、白山聡一、杉本佳菜子、高橋直、田部健二、豊福映吉、仲西隆義、中島幸広、春田喜裕、平 岩幸一、福田吉美、山崎親一、吉野紀子。監事2名=岡野雄次、羽田和弘。
https://megane-joa.or.jp/

07/02(Sat) 新協会発足後に中核事業を委譲
日本眼鏡販売店連合会「第14期通常総会」

日本眼鏡販売店連合会(西村輝和会長)は、「第14期通常総会」を 6月9日、 KKRホテル東京で開催。 代議員35名 中17名が出席、委任18名の総出席数35名により、第1号議案から第4号議案まで原案通り承認可決された。  
2022年度事業計画案では、新しい資格「眼鏡作成技能士」の件に触れており、眼鏡作成技能士制度の発足に伴い、業界団体の再編の必要性が高まり、眼鏡技術者国家資格推進機構 の解散(2022年9月末)に前後して、同機構の加盟店を中心に新団体「日本メガネ協会(仮称)」が設立される。新協会ではこれまでの日本眼鏡技術者協会が行ってきた認定眼鏡士の教育事業に相当する眼鏡作製技能士の資格関連事業(リカレント教育など)と、新たに眼鏡作成技能士制度に賛同し将来的に同技能士を積極雇用する眼鏡店の参加を求める販売店管理事業を担う。つまり、当日眼連は新協会の発足後は、その中核事業を同協会へ委譲することとなるとした。  
なお本年度は、新協会発足までは原 則としてこれまでの事業を継続しつつ、 新協会設立準備に積極的に協力し、新協会発足後は、新協会へ事業と会員の移行を適宜実施。その上で本年度中に加盟店からの意見や要望を聞きながら、新協会稼働後の同日眼連の折り方を検討し、次年度以降の体制を考えていくとした。
https://www.megane-jaos.com/

07/02(Sat) 【眼鏡記者会共同】インタビュー:メニコン会長・田中恭一氏
眼鏡作製技能士PRに浄財、理想の制度になることを期待

− このたび、眼鏡作製技能士の 広報活動に対して2000万円の寄付 をされました。  

田中 私はメガネ屋の店員からスタートしましたので、眼鏡業界が長年願ってきた国家資格が制定され心よりうれしく思っています。コンタクトレンズで経験しましたが新しくできたものは、社会に広く知っていただくことが肝心。広報・PR活動に有効に使っていただければ幸いです。当たりまえのことですが、ユーザーのために努力する。資格ができたことを契機に、ユーザーの期待に応えるため、着実に技術レベルやスキルを上げていくことが望まれます。 それを継続していけば資格制度は理想の形に近づいていくと思います。

 − メガネの仕事に就かれたきっ かけは。

田中 私の父・田中崋山は竹彫工芸家で、独自の技法によって眼鏡入れ、印籠、ステッキなどの作品を作っていました。各地の展覧会に出品しており、高い評価を得ていました。当時、玉水屋さんで専用のショーケースを設けて作品を売っていただいていましたが、7代目店主の津田庄三郎社長と父は取引以上に深い親交があったようです。国民学校高等科を卒業した後、昭和21年7月、父に連れられて津田社長さんにお会いしました。すぐに就職が決まりました。津田さんと父の縁が、名古屋の老舗眼鏡店・玉水屋さんに就職するきっかけになったのです。終戦間もなかったこともあって、店の周辺は焼け野原状態で復興していませんでした。ただ、玉水屋は難を逃れていて測定器や加工機、在庫品は無事でした。仕事に就いて不安もありましたが、しばらくするとメガネの接客、加工、修理などひと通りの業務をこなせるようになりました。2年目には技術主任を拝命。メガネを作る仕事は面白かった。いろいろな工夫ができて、お客さまに喜んでいただくのが楽しみでし た。  
需要は回復しつつ ありましたが、物資が不足していてメガネも 種類が少なかった。玉水屋さんが大口購入店ということもあって卸問屋さんが何社も行商に来ていましたが、デザインもロイド、ボストン、丸などに限られていました。そこで自ら新しいフレームのデザインを考え図面をひいて注文するようになりました。べっ甲職人さんにお願いをしてセルロイドフレームを、彫金職人さんにはメタルフレーム を作ってもらったりしました。特注品ですのでかなり高価だったのですが、デザインが斬新だったこともあって、次から次へと飛ぶように売れました。  
また、進駐軍の病院関係の仕事もしました。オプトメトリストの軍医がいたので、病院から出された処方箋の仕事もこなしました。朝鮮動乱の時には、戦闘でメガネを壊したり失くしたりした兵士がいたので注文が大きく増えました。アメリカの兵士の中には一度に5 本買っていくお客様もありました。6年間、玉水屋さんにお世話になりましたが、本当に良い思い出であり、大いに勉強させていただきました。今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

− コンタクトレンズに進出された きっかけは。

田中 玉水屋さんで忙しく働いている中、米軍将校の夫人がお客さまとして来店され、コンタクトレンズを持っているとおっしゃいました。その時は見せてもらえなかったのですが、大変興味をひかれました。これがコンタクトレンズに取り組む発端です。形状や材料、製造方法など全然わかりませんでしたが、身近にあった航空機の風防ガラスの端材を使ってみようと思いつきました。軍需工場から放出されたので手に入りやすかったのです。昼はメガネの仕事、帰宅してからはコンタクトレンズの研究という生活が始まりました。  風防ガラスの端材は、俗に「匂いガラス」と呼ばれていました。擦ったりすると甘い匂いがしたのです。実際はアクリル樹脂(PMMA)です。人体に影響がないので歯科で義歯の材料などにも使われていたものです。メガネフレームにも使われ始めました。「やってみなければ分からん」と思い、試験用の器具、工具、旋盤を揃えて試作にとりかかり、出来上がった試作品を自ら試しました。実際に装用して風に当たったり泳いだりして見え方や状態を確認。試行錯誤を重ねた末、実用化に到達し昭和32年にメニコンの前身である日本コンタクトレンズ株式会社を設立しました。愛知県一宮市木曽川町の自宅でスタートした仕事が会社設立へと漕ぎつけたのです。その後、素材の研究などを進めつつ業容を拡大、 東洋コンタクトレンズ株式会社を設立、ブランドとして「メニコン」を商標登録し、昭和62年に株式会社メニコンに社名変更しました。  
製品は、名古屋をはじめ東京・銀座、大阪などにある一流の眼鏡店さんに製品を扱っていただきました。製造工程を見に来られるなど研究熱心な経営者やドクターも多かったです。コンタクトレンズの販売は、眼鏡店さんにとって初めてのことでしたのでいろいろなノウハウを提供しました。製品のPR活動を進めると購入希望者が急増し、コンタクトレンズを扱う眼鏡店も増えていきました。

− 新しいことに追求する姿勢で仕 事をされてきたのですね。ご趣味も広 いとお聞きしています。

田中 父の影響があったと思いますが、達磨の刻画を続けています。達磨の刻画は縁起ものですのでたいへん喜ばれます。達磨大師ゆかりの中国の嵩山少林寺はじめ永平寺、金閣寺萬 福寺など多くの名刹に奉納しました。以前は10日に1つ作っていた時期もあり、これまで大小1000枚近くを制作しました。お寺は、達磨大師の刻画を大切に保管して下さり、いつまでも残るのが嬉しいですね。釣りやゴルフ、園芸にも取り組みました。趣味といえども 真剣です。寝る間を惜しんで打ち込みました。  
趣味にも仕事にも私の信条である「人真似をしない」が流れています。独創性が新しいものを作ると思っているのです。ただし何事にも常識があります。メガネにもコンタクトレンズにも常識があります。従来の実績や経験が常識となるわけで守っていかなければならないこともありますが、捉われすぎると進化できません。頭の中の壁となって思考が止まってしまう。常識を取り払って無から考えて、新しい発想をすること、何ごとにも情熱をもってチャレンジしていくことが大切だと考えています。

− いろいろなお話ありがとうござい ました。

07/02(Sat) 山本工学が契約を更新
世界パラ水泳連盟とオフシャルサプライイヤーの

SWANSブランドのゴーグル・スポーツアイウェアを製造販売する山本光学 は、国際パラリンピック委員会(IPC)傘下である世界パラ水泳連盟(WPS)と、視覚障がいクラスの競技で使用される「ブラックゴーグル」についてオフィシャルサプライヤー契約を更新したことを発表した。  
WPSと山本光学は、2017年より「カテゴリー専用のゴーグル製造者・ブランド契約」を締結。製品が選手から高評価を得て2019年から「オフィシャルサプライヤー契約」を締結。選手の活動を支えるためブラックゴーグルの安定した製品供給や選手へのサポート活動を行ってきた。 オフィシャルサプライヤーとしてのサポート体制やWPSとの連携も良好に取れていたことが評価され、契約の更新を締結した。なお、ブラックゴーグルは6月 にポルトガル領マデイラ諸島で開催した 『世界パラ水泳選手権大会』で多くのアスリートが使用した。
https://www.swans.co.jp/shops/



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1