※写真をクリックで拡大します。
Home

03/02(Mon) 銀座三越店にオープンし話題を呼んだ
デジタルとリアルが融合したジュエリーブランド「Diaplusproducedby festaria」

 デジタルとリアルが融合したジュエリーブランド「Diaplusproducedby festaria」が、2 月1 9
日、銀座三越店にオープンし話題を呼んだ。
 エクスクルーシブブランドとして誕生した「Diaplus」は、フェスタリアホールディングス梶i東京都目黒区、貞松隆弥社長)が展開。上質なダイヤモンドにプラスするパーソナルな満足感をコンセプトにしている。
 厳選された美しいダイヤモンドルースをはじめ、スマートフォン専用アプリを使用したバーチャルフィッティングなど多彩なサービスを用意。ファッションからブライダルまで品質にこだわったパーソナルオーダーが自由に楽しめる。
 セミオーダーでは、幅広いラインナップから好みのデザインとダイヤモンドを選んで組み合わせ、お気に入りの一品としてオーダーできる。また、ブライダルジュエリーからファッション
ジュエリーまで100種類以上のデザインをバーチャルフィッティングできるスマートフォン専用アプリを用意。そのため、店頭のほか、自宅でも手元を見ながら、ゆっくりと様々なジュエリーの試着イメージを楽しめる。納期は約1カ月半。中心価格帯は10万円〜30万円。ダイヤモンドは1.0ct upまで展開している。
 また、自身の筆跡がそのままジュエリーに仕立てられる「サインジュエリー」の受注サービスを開始した。注文前に、店頭にて3Dプリンターによって作成されたサンプルが確認できるの
で、出来上がりの不安を払拭し、より安心感と満足度の高いオーダーメイドジュエリーのサービスを実現している。
https://www.festaria.co.jp/

03/02(Mon) 使用電力を100%再生可能エネルギーへ切り替え
業界初 全面切り替えを褐・彩が発表

 褐・彩(山梨県甲斐市、深沢栄治社長兼CEO)は、サスティナブルなビジネスと経済、社
会、さらには地球環境の創造を目指す一環として、2020年5月より、みんな電力鰍フ「ENECT
RE100プラン」を活用し、本社の事業活動における電力を100%再生可能エネルギーへ切り替えると発表した。
 担当者は「当社が、事業を営む上で大切にしているのは、製品を身につけるユーザー様、同社の取引先様、従業員、私たちの子孫、そして地球環境にとって、フェアなものづくりをすることです。私たちは事業を通じて、どんな貢献ができるのか、上場企業、そして国内トップクラスのジュエリー企業として、人と社会と、地球のためにできることを、日々考え実行していきます。目指しているのは、人と地球環境の両方に優しく、負荷が偏重することのない事業に向け、様々な取り組みを行っていきます」とコメントしている。
 その取り組みの一つが、今回のジュエリー業界初となる本社の使用電力の100%再生可能エネルギーへの切り替えを行うことである。
 更に、「現代に生きる私たちにとって、人と環境の両方にフェアであることは必須であると考え、今後も私たちは事業活動において、省エネルギー、脱炭素社会に向けての取り組みを実施し
ていきます。私たちは次世代へつなぐ、健全な地球環境に向けて行動し続けます」と、SDGsへの取り組みを掲げた。
http://www.kohsai-qq.co.jp/

03/02(Mon) 新しいルビーブランド『Rabitt’s eye(ラビッツアイ)』が誕生
タイ唯一の国立の鑑別機関「タイ国立宝石研究所」推進

中国とインドの協力でグローバルなきジョン作り

タイ唯一の国立の鑑別機関である「タイ国立宝石研究所( G I T:T h eGem and Jewelry Institute of Thailand)」による新しいルビーブランド『Rabitt’s eye(ラビッツアイ)』が誕生し、世界に先駆けて、1月のIJT会場で発表され話題となった。
 ルビーといえばPigeon Blood(ピジョンブラッド)が有名だが、ラビッツアイはこれに次ぐルビーの新しいプレミアブランドを目指す。
 ラビッツアイは、名前の通りウサギの目のような色で、ピジョンブラッドが時として色が少し暗すぎるのに対して綺麗な明るいピンク色となる。
 特に日本人には似合う色合いとなっていて、GITではこれを今後ブランディング化していく方向で進めている。
 また、宝石の産地であり集積地として有名なタイのチャンタブリー県のシンボルがウサギであり、その意味でもラビッツアイは宝石産地ブランドとして期待されている。
 「今までピジョンブラッド以外はノンブランドのルビーとしていっしょくたに売られてきましたが、一定の品質以上のものをラビッツアイとしてブランディング化することで、付加価値が生まれ、ルビーを取り扱う企業に利益をもたらすことが出来ると思います」とセミナーで講師を務めたGITのD e p u t y D i r e c t o r であるSumate Prasongpongchai 氏が説明した。
 IJTの会期3日目に開催されたGITによるセミナーでは、このラビッツアイの発表以外にも、マスターストーンを基にピジョンブラッド、ロイヤルブルーなどの鑑定基準の明確化、その方法や信頼性についての話や、昨年初めて開催された産地展示会「第一回チャンタブリジェム&ジュエリーフェスティバル:International chanthaburi gem &Jewelry Festival」の開催目的や開催結果についても報告された。
 GITでは鑑別、研究、教育事業の3本の柱で事業を実施。商務省、消費者庁、警察庁なども協力して宝石の信頼性を保障する動きをサポートしている。
 また、同じく国家鑑別機関である中国のNGTC、インドのGIIとも協力してグローバル基準作りを推進している。

03/02(Mon) 銀器業界の活性化には創作展の継承が大事
東京金銀器工業協同組合の新年会

 東京金銀器工業協同組合・東京銀器伝統工芸士会による「令和2年新年会」が、東京・台東区のオーラムで1月に開催され、約40人が参集した。
 最初に東京銀器の森將理事長が「昨年は、第13回金銀創作展を開催。業界の活性化には続けることが大事なので、来年の創作展に向けて準備をしていきたい」と新年の抱負を述べた。
 続いて、伝統工芸士会の石黒昭雄会長が「伝統工芸士は、一時期に比べ半減し、なかなか育っていかない状況。認定工芸士の試験の予備校的なものが欲しいとの要望もあり、挑戦していきたいと思う」と挨拶した。
 この後、伝統的工芸品産業振興協会の秋葉和生専務理事、東京都中小企業団体中央会の木下博文振興課主幹、日本貴金属文化工芸協同組合の小原雄司理事長が来賓挨拶を行い、来賓紹介、表彰者並びに受賞者紹介が行われ、椛蝠」銀器の大淵武則会長の乾杯の発声で開宴した。
 宴半ばに、遅れていた服部征夫台東区長が到着し「今年は、オリンピックの年で、みなさんの技術を世界にアピールする絶好のチャンスです。ぜひ頑張ってください」と挨拶を行った。
 さらに全員に景品の当たるビンゴゲームも行われ、大いに賑わった。
 東京銀器の泉健一郎専務理事の中締めに続き、星谷悦雄副理事長の閉会の辞で閉宴となった。
http://www.tokyoginki.or.jp/

02/21(Fri) 季刊『Hills(ヒルズ)』の最新号、宇和島真珠を特集
新規客へのコミュニケーションツールとして活用も

ジュエリーのあるステキな暮らしを提案する情報誌『Hills(ヒルズ)』(発行元:PR現代:A4版16ページ)の第30号「宇和島真珠 愛情ものがたり」が2月20日に発刊された。
『Hills』は、「ジュエリーを着ける意味や価値を訴求し、消費者のあらたな購買意欲を喚起する」ための「ジュエリースタイルマガジン」がコンセプト。顧客や休眠客、また店頭での新規客へのコミュニケーションツールとして、全国の宝飾専門店で活用されており、現在、導入活用店をさらに募集している。
今号は「宇和島真珠」にスポットを当て、真珠生産量日本一の宇和島を取材し、養殖真珠の生産に携わる人々の真珠への愛情と、美しい真珠が誕生するまでを紹介。稚貝から母貝を育てる母貝養殖業者や、核入れから養殖・ジュエリー製造まで手がける生産者を訪ね、真珠養殖の現場をルポしている。
宝飾店の店頭に並ぶ真珠製品が、膨大な年月と手間をかけ誕生していることや、ジュエリーになる真珠は選りすぐられた一粒であること、人々の愛情なしには育てられないことを訴える。また、自治体の真珠振興事業や、稚貝の大量死により懸念される真珠製品への影響についても言及している。
PR現代では『Hills』を催事前の予告案内として利用するジュエリーフェアの企画や、テーマに合わせた売場づくり、ウェブでの情報発信など多角的な活用方法を勧め、成果を出している専門店が増えている。また接客時におけるお客さまとの会話のきっかけづくりとしても『Hills』の活用を提案している。

A4版 オールカラー 中綴じ16ページ
定価1冊400円 ※消費税、送料別
100部以上@200円(年4回)

詳しくは、編集部まで問い合わせを。
〈問い合わせ先〉(株)PR現代 03-3639-1253 『Hills』編集部 越地(こしぢ)
https://pr-g.jp/

02/18(Tue) 東京と大阪で「プラチナ・ベーシックセミナー2020」実施
「プラチナの基礎知識」をコーディネート自習(グループワーク)

《PGI》 プラチナ・ギルド・インターナショナル梶iPGI)では、毎年5月にプラチナジュエリーに携わる宝飾業者を対象とした「プラチナ・ベーシックセミナー」を実施している。
今年も東京は5月13日、第一ホテル東京で、大阪は5月15日、ホテルモントレ大阪でそれぞれ開催される。内容は「プラチナの基礎知識」をコーディネート自習(グループワーク)。参加は無料。
PGIの活動の中でも、販売員教育は重要な役割を担っており、特にこの「プラチナ・ベーシックセミナー」は、プラチナの正しい知識を学べる場として、長年PGIが提供しているプログラムのひとつ。
純粋性、希少性、永遠性に代表されるプラチナの高い価値や素材の特性を、店頭を通じて消費者に伝えることを目的としたセミナー。宝飾店は勿論、広くジュエリー業界の人々を対象とし、新入社員からベテランスタッフまで、また1社から何名でも参加できるセミナー。
【東京】5月13日(水):第一ホテル東京、【大阪】5月15日(金):ホテルモントレ大阪
申し込みは:申し込みはオンラインで、URLからセミナー概要のページに入り、4月1日(水)〜5月1日(火)の期間に。
http://www.pgitrade.com/seminar/

02/15(Sat)合成ダイヤモンドの呼称、表記及び刻印に関するガイドライン
日本ジュエリー協会が誤認防止への強化発表

 一般社団法人日本ジュエリー協会(小山藤太会長)は、1月15日の新年賀詞交歓の前に、「合成ダイヤモンドの呼称、表記及び刻印に関するガイドライン」について記者会見を開いた。
 ガイドラインを掲げた理由として小山会長は、JJAとしては、“合成ダイヤモンドが宝石ではな
い”という観点から、範疇外としながらも、「消費者が安心して(ジュエリーや宝石を)購入できるように、合成ダイヤモンド業界側に対しても、合成ダイヤモンドに関するガイドラインを備え、合成ダイヤモンド製品を取り扱うことで、誤認した買い物がないようにする」ためのガイドラインと説明した。
 発表されたガイドラインは以下の通り。
 1 .「合成ダイヤモンドの呼称、表記」について、@日本語での呼称・表記は「合成ダイヤモンド」とする。A英語での呼称・表記は「synthetic diamond」とする。なお、合成石とは同種の天然石とほとんどあるいは全く同一の化学特性、物理特性、内部構造を有する、一部あるい
は全体を人工的に生産した物質をいうと解説している。
 2. 「合成ダイヤモンドの製品への刻印」について、@製品への刻印は、「SDまたはLGD」あるいは「合成ダイヤモンドであることが十分に認知されているブランド名やシンボル」を刻印する。なお、「S D 」とはs y n t h e t i cdiamondの略称。「LGD」は、GIAやFTCが認定しているLaboratorygrowndiamondの略称。
 3.「合成ダイヤモンドのルースへの刻印」について、@表記可能なサイズ以上のルースには、「s y n t h e t i cdiamond(SD)またはLaboratorygrowndiamond(LGD)」あるいは「合成ダイヤモンドであることが十分に認知されているブランド名やシンボル」を刻印する。表記可能なサイズの目安は、0.18ctとする。Aガードル表面やテーブル直下など「明白な認識可能な部位」に
刻印する。Bさらに、個体を特定可能とするための「シリアルNo」を刻印することを推奨する。
https://jja.ne.jp/

02/15(Sat) 恒例の「2019年度JPC地金使用量発表午餐会」
村尾嘉章理事長が「自分たちで出来ることに注力」挨拶

 日本貴金属製鎖工業組合(JPC=加盟10社。村尾嘉章理事長)による恒例の「2019年度JPC地金使用量発表午餐会」が、2月4日、東京・東上野のオーラムで開催され、来賓はじめ、報道関係者など30名弱が集った。
村尾理事長は「自然災害、香港宝飾展の低迷、地金高騰など明るい要因がない状況。さらに
政府主導による働き方改革によって同一賃金など、我々中小企業にもコストアップがのしかかってくることを懸念する」とした。続けて「しかし明るい材料として東京あリンピック・パラリン
ピックによって、大勢の人が海外からやって来る。外的要因ばかりに目を向けず、自分たちのできることに注力していけたらと考えている。ここに集まる皆様のお知恵を拝借し、業界の拡大、組合の発展に努めたい」と述べた。
来賓を代表し、プラチナ・ギルド・インターナショナル鰍フハンキンソン尚子社長は、プラチナの2019年のデータは2月末〜3月頭に出る予定と前置きしてから「年末、クリスマスと大変厳しかったと聞いている。ラボグロウンダイヤモンドの噂などがある中、地金ジュエリーが見直されたのは事実である。また、男性が結婚指輪を着けるようになり、着けるなら一時の軽いものよりもう少ししっかりしたものをという傾向が2018年から続き、国内ブランドにおける1本あたりの単価も上がっているようだ。またパラジウムの価格が増加したのを受け、プラチナの純度をアップして合金を変える動きなどの3つを総合して考えると、2019年は前年より若干微増になると弊社では見ている」と述べた。また「アメリカの業界メディアのリポート見ると、ティファニーやカルティエなどで、男性もののチェーンジュエリーが流行り始めていると取り上げられていた。18KWGで8000ドル、シルバーで2500ドルとブランドが力を入れている。日本でも流行るのではないかと思っている」などとして挨拶にかえた。
 続いて、水野ハンディー・ハーマン叶野由み香専務による乾杯の音頭で、午餐会へと入っ
た。
 JPCの地金材料使用量調査の発表は、加盟企業が無記名で出したデータを合計したもので、1981年より継続して行われている。また、村尾理事長(潟ラオ)を筆頭に、目黒和紀副理
事長( 三和精密工業梶j、安藤兼輔専務理事(活タ藤製作所)と若返りも図った。
 2019年の金(K24)使用料は5247kgで、前年比99.8%。WGは644kgで、前年比72.7%と大幅
減となった。プラチナは3078kgで、前年比94.6%。年間売上高は586億円で、前年比96.2%となった。小売平均価格は、金が4911円で、プラチナは3118.8円とした。期初期末で見ると、金は4500で始まり、5300円で終え、800円の値上がり。プラチナは2900円で始まり、3350円で終わり、450円の値上がり。なお、パラジウムは2000円程上がった。
 会の中では、来賓の田中貴金属工業鰍窿Wョンソン・マッセイ・ジャパン合同会社による情報共有も行われた。
http://www.j-p-c.jp/company/

02/15(Sat) J T Oがジュエリーの発信基地となりジュエリーフェスタで普及活動目指す
「ジュエリータウンおかちまち」の新年会

 ジュエリータウンおかちまち( J T O 。田中勇会長)の「令和2 年ジュエリータウンおかちまち新年会」が、1月29日、東天紅で開催され、来賓はじめ会員など約150名と共に新年を祝した。
 冒頭、昨年開催された「第1回ジュエリーフェスタ」の様子を写した動画が流された。
 田中会長は挨拶の中でジュエリーフェスタについて触れ「昨年最大のイベントだった。会員が一丸となって準備した。これは、ジュエリー離れと言われる中で、JTOがジュエリーの発信地
となり、元気を取り戻して欲しいと考えたジュエリーの普及イベント。上野・湯島・御徒町の連携による街の盛り上げへの貢献とともに、2回・3回と続けていく中で街の一つのイベントとして認知されることを願っている。また、台東区と上野警察署にご後援いただき、上野警察署にはブースを出してもらった。パンダ広場で開催されたイベントの中では一番安全だったとの言葉
も頂戴できた。ジュエリーの会社が集まるJTOとしては、常に犯罪に狙われている立場であることを認識し、防犯活動にも力を入れていく」などと話し、挨拶にかえた。
 来賓の挨拶の後に、日頃の防犯パトロールに貢献していることから、特別功労賞と感謝状が贈られた。続いて乾杯の掛け声で懇親会へ移り、出し物や恒例のビンゴ大会などを楽しんだ。
 最後は、若手理事たちを壇上で紹介し、前田智則副会長の締めの挨拶でお開きとなった。
https://jto-net.com/

02/15(Sat)10万円のWチャンス賞など現金が当たるJTOフェア
JTOフェアは3月11日に開催

 ジュエリータウンおかちまち有志による「第103回JTOフェア」が、3月11日、10時〜16時まで、秋葉原UDXビル2階アキバ・スクエアで開催される。出展者数は31社。
 春の商戦に合わせた恒例の仕入会として103回目を数えるが、厳しい状況の中でもブースレイアウトを一新し、JTOフェアらしく来場者たちを飽きさせることなく最適な商材を豊富に揃え
て準備を進めている。
 入場は、招待状持参の小売店に限られているため、詳細などは展示会事務局(03-3839-0936)まで問い合わせを。
 13時までの先着600名の来場者には、同ビル内にあるレストラン街で使える食事券を進呈。また先着600名には飲み物も提供する。
 なお、3万円の買い上げごとに1回抽選ができ、現金が当たる「J T Oフェア賞」を今回も実施する。特賞は5万円3本、1等1万円10本、2等5千円20本、3等2千円100本、4等千円250本など、合計で3383本を用意。更に、特賞10万円の当日買い物券などが当たる「Wチャンス賞」を、14時の1回のみ実施。特賞10万円1本、1等5万円1本、2等3万円3本、3等1万円20本を用意。「敗者復活賞」の5千円の買い物券30本も用意されている。
https://jto-net.com/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:9