※写真をクリックで拡大します。
Home

05/01(Sat) 名古屋店を栄の中心地に移転・拡大オープ
「NIWAKA」

ジュエラー「NIWAKA」が4月 22日に名古屋店を栄の中心地に移転・拡大オープンした。錦通大津の角に位置する新店舗は4フロア、総面積773.52平方メートルに拡大した大型路面店で、 NIWAKAのブライダルジュエリー、ファッションジュエリー、ハイジュエリーを取り扱えている。 1階は代表的なコレクションすべてが揃うフロア。フロア中央 には、「八重霞」「花麗」「叶」「唐花」など、四季折々の美しい情景や伝統的なモチーフを昇華させたNIWAKAのファッションジュエリーを収めたショーケースがあり、フロア奥には人気のブライダルジュエリー、その他にもアカデミー賞授賞式をはじめ海外のレッドカーペットで着用されるハイジュエリーのエリアが設けられている。 2階と3階はブライダルジュエリーのフロア。2階の壁面はゴールドを基調としたファブリックが彩り、ホワイトとゴールドで構成されたスタイリッシュな飾り棚が目を引く。3階は紫色のガラスのゲートや照明により、特別感を演出。また両階とも、ディティールを追求したデザインのパーティションで仕切られた接客スペースを設けているため、ゆったりとブライダルリングが選べる。 4階は最上のおもてなしを提供する応接フロアと位置付けられ、床の間を設えたラグジュアリーな個室で NIWAKAのジュエリーを心ゆくまで堪能できる。
https://www.niwaka.com/

05/01(Sat) BIJOUPIKOが「宮崎店」と「福山店」オープン
店内には5 0ブランド 3000種類以上のブライダルリングを

BIJOUPIKOグループのブライダルジュエリーセレクトショップ「ビジュピコ宮崎店」と「ビジュピコ福山店」が4月 22日の同日に立て続けにオープンした。 両店舗とも店内には5 0ブランド 3000種類以上のブライダルリングをはじめ、結婚式などに活躍するウェディングアイテム100ピース以上の高品質ダイヤモンドを展開する。 宮崎店は、宮崎県初上陸の「NIESSING」のリングを使用したアイキャッチな看板が目印。オープニングフェアでは初回予約来店特典、成約特典、特別価格のダイヤモンドを揃え、5月31日までの期間限定で展開中。
福山店は、丸みのあるアーチが印象的なライトが照らす特別な空間で、福山市初上陸となるブランド「Flavor」をはじめとするアイテムをゆっくりと着け比べられる。また、ダイヤモンドブースにはグレードの高いダイヤモンドばかりを揃え、0.1〜2.0ctには全て鑑定書が付いている。
https://bijoupiko.com/

04/29(Thu) 新進画家『長靴をはいた猫』とのコラボブース実現
「第25回神戸国際宝飾展(IJK)」に出展する『KISHUN(キシュン)』

過去最大のルース・ジュエリーにアートの彩を添えて

5月13日から15日の3日間、神戸国際展示場で開催される西日本最大級の宝飾展「第25回神戸国際宝飾展(IJK)」に出展するジュエリーメーカー『KISHUN(キシュン)』(株式会社貴瞬:辻瞬社長)は、SNSでも話題の新進気鋭の画家『長靴をはいた猫』氏とのコラボブースを実現。宝石×アートの融合を更に進めたブースで過去最大数・最高品質のルース・ジュエリーを展開します。
中古製品として買取された良質な宝石を再研磨し、最新デザインの枠に嵌め生まれ変わらせることで新たな価値を与え、通常新品を製作するよりも高品質で低価格なジュエリーとして創業以来多くの反響を得ている同社は、卸業者からの信頼も厚く、出展する宝飾展においては常にトップランクの集客を誇り、ブースオープン前には多くの人だかりができるほど。
また近年、再研磨した宝石を利用するビジネスモデルが環境問題や若年者労働問題にも目を向けたエシカルな点でも注目され始め、一般消費者向けの展開も進んできています。
過去にも新進画家とのコラボブース展開で話題となった貴瞬ブース。
今回はTwitterやInstagramでも注目される新進気鋭の画家『長靴をはいた猫』氏(https://twitter.com/erumo_0384)デザインのブースを展開し、会場を盛り上げていきそうだ。
https://kishun.co.jp/

04/27(Thu) 山形の新光堂が「WEDYウェディ仙台一番町店」OPEN
1・2階100坪フロアに取り扱いブランド40以上!

オープン記念ブライダルフェアを5/2〜5/31開催

山形県天童市の時計・宝石の専門店叶V光堂(阿部光広社長)は、東北最大級のブライダル専門店として「WEDY(ウェディ)仙台一番町店」を5月2日(日)に出店する。
新光堂は創業84年を迎える会社で、「WEDY」はブライダルリング専門店として山形県に1店舗、宮城県に仙台一番町を入れて3店舗と、計4店舗ある。

「WEDY仙台一番町」は、1・2階合わせ、100坪フロアに40以上のブランドを取り揃えており、様々個性豊かなものからシンプルまで、ナチュラル・ハワイアン・ジャポニズム・ラグジュアリー・ディズニーと、あらゆるテイストのリングを一度に見ることができる。また東北初のブライダルリングブランドも登場。
1Fは、SNSで話題の「YUKA HOJO」「BELLE NOBLE」や、ディズニーファンにはたまらない「シンデレラ」や「美女と野獣」「ラプンツェル」と幅広いテイストのリングが揃う。ご縁の地 八百万の神が集う出雲で誕生した「叶リング」は東北初登場となる。
2Fはメンズライクなラグジュアリー空間をテーマに、男性も楽しめる海外ブランド、スイスメイドの鍛造ブランド「MEISTER」や、世界3大カッターズブランド「MONNICKENDAM」、イタリアでハンドメイドで作り出される「DAMIANI」が並ぶ。
また、本場ハワイの彫り模様を織りなす「Makana」やカスタマイズできる「Kahuna」、日常使いしやすい「mauoli」等、ハワイアンジュエリーも充実。京都発祥、和モダンの本格派ブライダルリング「萬時」は、芸術的なクリエイターデザインと一つ一つの指輪に和の意味合いを持つこだわりよう。金属アレルギー対応のアレルギーフリーの結婚指輪「Aroode」もあり、まるでブライダルリングの百貨店のような品揃えとなる。
「WEDY(ウェディ)仙台一番町店」では、グランドオープンを記念して、5月2日(日)よりオープニングフェアを開催。フェア期間中に、「WEDY(ウェディ)仙台一番町店」にWEBより来店予約すると、もれなく3,000円分のAmazonギフト券を進呈する。
https://j-shinkodo.jp/

04/27(Thu) 「I-PRIMO Kowloon Bay Telford Plaza Store」リニューアルオープン
アイプリモブランドの認知拡大が見込まれる

ブライダルジュエリー専門店のプリモ・ジャパン鰍ヘ、香港の九龍半島中部の旺角にある「I-PRIMO Mong Kok Grand Plaza Store」を、「I-PRIMO Kowloon Bay Telford Plaza Store」として5 月 25 日、リニューアルオープンする。
九龍の東部に位置する観塘区は、香港内で人口最多を誇る地区であり2020 年末時点でおよそ69万人の人口を有している。近年は啓徳空港跡地を中心に再開発が進められている注目のエリア。今回同社がリニューアルオープンを行う「コ福廣場(Telford Plaza)」は、九龍東部の中心エリアに建設されており、総フロア面積 83,000 平方メートル、260 以上の小売店が出店し、映画館やスーパーマーケットも併設されている、この地域で最大級のショッピングモール。館内には宝飾ブランドも多数出店をしていることから、ブライダルジュエリーを探すお客による買い回り効果も期待できる。また地下鉄「九龍湾駅」から直結し、アクセスも非常に良いため、アイプリモブランドの認知拡大が見込まれる。
移転リニューアルを機に、より気軽に店内を見てもらえるよう着席以外のショーケースを増やすなどレイアウトを変更する。また店内外にブロンズ素材を使用することで、上品で洗練された空間を実現。快適に指輪選びを行えるようプライベートな半個室空間の要素を取り入れながらも、開放感を感じられる設計となっている。お客様おひとりおひとりの要望を聞きながら最適な商品を提案する 「パーソナルサポート」を通じて、一生の記念となるブライダルジュエリーをゆっくり選ぶことを可能にする。
https://www.primojapan.co.jp/ja/index.html

04/26(Mon) 5月13日「第25回 神戸国際宝飾展IJK」開催決定
政府より予定通り会場使用を承認する旨の連絡が入った

4月26日、神戸 国際宝飾展事務局から「先日政府より、4都府県に対し緊急事態宣言が発令されたことを受け、兵庫県および神戸市から神戸国際展示場に対し、緊急事態宣言の期間後の展示会開催に対しては、予定通り会場使用を承認する旨の連絡がございました」との連絡が入った。
「第25回 神戸 国際宝飾展」は、5月13日(木)〜15日(土)まで予定通り開催することを決定している。
詳細は、本展のホームぺージをご覧ください。
https://www.ijk-fair.jp/doc_declaration/

04/26(Mon) 『Hills(ヒルズ)』5月の最新号
「私のReジュエリー物語─身近に楽しむリフォーム&オーダー─」がテーマ

《PR現代》 ジュエリーのあるステキな暮らしを提案する情報誌『Hills(ヒルズ)』の最新号が5月20日、発刊する。
最新号となる第35号は「私のReジュエリー物語─身近に楽しむリフォーム&オーダー─」をテーマに「ジュエリーを着ける意味や価値を訴求し、消費者のあらたな購買意欲を喚起する」ための“ジュエリースタイルマガジン”がコンセプト。顧客や休眠客、また店頭での新規客へのコミュニケーションツールとして、全国の宝飾専門店で活用されており、現在、導入活用店をさらに募集している。
 今号は、昔購入した相続等で譲り受けたジュエリーをすてきに甦らせるリフォームやオーダーを特集。家族の絆や思い出を大切にするための作り替え、自分へのご褒美ジュエリーのオーダーなどの実例を、ビフォーアフターの様子を交えて掲載。家庭での断捨離などが進むなか、その宝石にまつわるエピソードも添えて、リフォーム&オーダーの魅力、価値を存分に紹介している。ジュエリーリフォームでもっとも多い立爪の婚約指輪はリモデルのサンプルをカタログ形式で多数掲載し、読者の潜在需要を引き出している。
 PR現代では『Hills』を催事前の予告案内として利用するジュエリーフェアの企画や、テーマに合わせた売場づくり、ウェブでの情報発信など多角的な活用方法を勧め、成果を出している専門店が増えている。また接客時におけるお客さまとの会話のきっかけづくりとしても『Hills』の活用を提案している。
詳しくは、咳R現代 03-3639-1253 『Hills』編集部 越地(こしぢ)。

https://pr-g.jp/promotion/jmg

04/21(Wed) 6月9日「JMG定例研究会オンライン」開催
催事・集客企画・来場景品情報 これでわかる!景品表示法

メンバー各店での人気企画とは? そして景品表示の実務情報を一挙公開!
宝飾小売業に携わる経営者・幹部を対象に「JMG定例研究会オンライン」を開催する咳R現代は、ゲストのJ M G顧問の新田真之介弁護士による「景品表示法」についての講演や同社取締役マーケティングプランナー三澤慎太郎による成果の出た催事企画の事例紹介を中心に、ジュエリービジネスにおける販促情報の具体策について紹介する「JMG定例研究会オンライン」を6月9日開催する。この勉強会は、これからの販促対策、催事企画、DMなどの情報を探している人におすすめ。
今回は、JMG(ジュエラーズ・マインドグループ)メンバー会員と、メンバーから推薦のあったオブザーバーが無料で参加可能。
◆とき=6月9日(水)14:00〜17:00
◆テーマ=「催事・集客企画・来場景品情報&これでわかる景品表示法」
◆対象=JMGメンバー、メンバー推薦のオブザーバー
◆JMG会員店は無料。今回はメンバーから推薦のあったオブザーバーのみ参加可能、無料です。
しかしもしご興味のある方はPR現代まで直接お問い合わせください
◆本フォーラムの詳細はこちらからhttps://pr-g.jp/news/jmg_210609
◆JMGについての詳細はこちらから https://pr-g.jp/promotion/jmg

04/19(Mon) アイプリモが「プロポーズ」に関する意識調査を実施
約9割の人がプロポーズを必要と答えている

《アイプリモ》 ブライダルリング専門店「アイプリモ」は、6月第一日曜日の「プロポーズの日」に向けて、直近1年以内にプロポーズまたは入籍をした20〜30 代の男女543 名を対象に「プロポーズ」に関する意識調査を実施、調査結果を発表した。この「プロポーズに関する意識調査」は2008年より毎年実施しており、今年で14年目となる。
また、この調査に合わせて「プロポーズストーリー」も募集している。プロポーズをした(またはされた)時の幸せあふれる二人の想いでを、アイプリモ公式 Instagram もしくは公式 Twitterで、指定のハッシュタグと共に投稿。投稿の中から抽選で5名にアイプリモオリジナルジュエリーケースをプレゼントしている。
調査に合わせてプロポーズストーリーを募集するキャンペーンも実施している。

プロポーズしたい人/されたい有名人

5年連続「新垣結衣さん」が1位!男性は昨年に続き「佐藤健さん」

プロポーズしたい有名人は 5年連続「新垣結衣さん」が1位!男性は昨年に続き「佐藤健さん」が首位 プロポーズしたい有名人の女性部門では、5 年連続で「新垣結衣さん」が1位を獲得した。昨年に引き続き、「石原さとみさん」が2 位、そして昨年の11 位から順位をあげ、「綾瀬はるかさん」が3 位という結果になった。男性では、昨年に引き続き「佐藤健さん」がトップに。同じく「吉沢亮さん」が2位、3位は昨年ランク外の「玉森裕太さん」。
https://www.iprimo.jp/propose/chiebukuro/research/propose/2021.html

04/17(Sat) GIA-AAJ Zoom Meetingセミナー
テーマ「コロナ禍後の業界展望―電子取引を中心に」

4月21日(水)20時、GIA-AAJ (GIA同窓会日本支部:田辺あい子会長)は、Japan Preciousの深澤裕編集長を講師に招いてZoom Meetingセミナーを開催する。テーマは今、業界でもっと注目されている「コロナ禍後の業界展望―電子取引を中心に」。
最近のデジタル販売は、WEBやSNSやTV販売に加え、ソーシャルバイヤー(転バイヤー)によるライブ販売が活発化してきた。その形態はBtoBやBtoCを含め、国内外の展示会場や御徒町地域での販売売り上げに占める比率が高まってきている。
その興味深い最新情報をジュエリー業界の情報に詳しい深澤氏のセミナーを通して拝聴できることに大きな期待が寄せられている。
日時:4月21日(水曜日)20:00〜21:00 
申込締切り:4月19日
受講料;会員 無料 会員外 ¥2.000
参加希望や詳細は、GIA-AAJ事務局=03-3839-8234 又は、office@giaaaj.jp まで。



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:23