※写真をクリックで拡大します。
Home

02/16(Tue) 「第31回技能グランプリ」愛知で開催
無観客でも動画配信で選手を応援

日本ジュエリー協会も運営に協力

「第31回技能グランプリ」が2月19日〜22日に愛知県で開催される。
 ジュエリー製作の競技「貴金属装身具」は、愛知県国際展示場Aichi Sky Expoで行われる。今大会は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため無観客での開催となり、大会 の様子は動画配信される予定となっている。
 なお、同大会運営には一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)が協力しており、JJAからの派遣委員として、運営委員=西田良洋氏 (JJA前理事)、競技委員=岡内太郎氏 (主査・JJA技術者育成支援委員)、土屋昌明氏(同)、臼倉信吾氏、吉澤崇幸氏が現地で協力する。また、JJA技術者育成支援委員会として、「ものづくり」に対する関心を高め、技術大会への参加者を増やし、ひいては日本のジュエリーの品質を維持向上させるため、2015年度より表彰制度を設け、上位入賞者に報奨金(金賞:30万円、銀賞:20万円、銅 賞:10万円)を授与する予定にしている。
 同大会の目的は、熟練技能士が技能の日本一を競う大会として、技能の一層の向上を図ることともに、広く国民一般に対して技能の重要性、必要性をアピールすることにある。
https://jja.ne.jp/

02/16(Tue) 買い物中心の大型イベント「rooms JOURNEY」6月開催
ブランド、ユーザー、「rooms」阪急百貨店の4者が交わる

 クリエイターやアーティストの為のプラット フォーム「rooms」を運営するアッシュ・ペー・フランスが、日本各地の作り手とファン層の交流を通して地域活性を図る、大型マー ケットイベント「rooms JOURNEY」を発表。 初回は、大阪・阪急うめだ本店9階にて、6月 2日〜7日の6日間開催する。
 20年以上、国内外のクリエイターたちを発信するビジネスマーケットを牽引し続けたrooms は、合同展示会に留まらず、より多くの人にクリエイターを届けるため、買いものを中心とした大型マーケットイベント「rooms JOURNEY」をスタートする。
 初回のテーマは『GOOD FOR THE FUTURE』。普段の暮らしのGOODな気づきを提案する『GOOD FOR THE FUTURE』は、 阪急うめだ本店が2019年から掲げる大切なテーマ。
 roomsはこのテーマに共感し、初となるrooms JOURNEYを阪急うめだ本店とタッグを組んで開催することにした。
 様々な土地で生まれたクリエイティブでサステナブルな思想や文化、アイデアを皆に持ち帰ってもらえることを目指した、買い物を中心としたイベントを予定する。 参加ブランドと顧客、そしてroomsと阪急百貨店の4者が交わることで、“GOODな気づき”の共感のコミュニティを生み出す。

02/26(Tue) 引き続き若い世代へ情報の発信を
(一社)日本ジュエリー協会(JJA)理事会報告

 JJAの理事会の中で、環境省のホームページに記載された「不思議な水銀の話」の中のページ「エシカルジュエリーを選ぶ意味」において、金地金およびダイヤモンド流通に関して消費者誤認に繋がる可能性のあることが問題として上がり、JJA総務委員会との連携にて、日本金地金流通協会より「日本国内の貴金属の健全性に関する事実」及び「ダイヤモンドの99.8%がコンフリクトフリーである事実」を環境省に申し入れたと報告された。また、国内で流通している金地金については、金地金の信用を維持するための世界的な団体であるLBMAより、日本国内大手業者11社が倫理的な貴金属取引業者としての認証を取得しており、国内で流通している金地金は安心・クリーンであると報告されている。
 日本真珠振興会とのパールキャンペーンにおいては、キャンペーン用漫画制作とスマホ用サイトが準備中で、来年度の事業として、若い世代への情報発信に力を入れ、引き続き同振興会とのコラボ企画を実施予定としている。
https://jja.ne.jp/

02/16(Tue) 売上全額にあたる合計190万円を2つの団体に寄付
「TASAKIチャリティープロジェクト MAGOKORO JAPAN」

 TASAKIは、2020年に実施した「TASAKIチャリティープロジェクトMAGOKORO JAPAN」による売上全額を、1月29日付けで2つの対象団体にそれぞれ寄付したことを報告した。
 今年は、同プロジェクトのために特別に製作したMAGOKORO JAPAN 2020ブレスレット(1万9000円)を、購入者自身が寄付先を選定する形で販売し、売上全額にあたる合計190万円を2つの団体に分けて寄付。内訳は、東日本大震災の孤児遺児の支援を目的とした「公益社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構(3.11塾)」へ136万8000円、平成28年熊本地震からの復興支援のための活動を行う「一般社団法人FOR KUMAMOTO PROJECT」へ53万2000円寄付した。
https://www.tasaki.co.jp/

02/16(Tue) MIKIMOTO、新ブライダルムービーStarring The Bride」公開
「花嫁は誰もが主演女優でいて欲しい」

 歴史あるMIKIMOTOが、新ブライダルムービーStarring The Bride」を2月2日より公開した。
 タイトルの「Starring The Bride」には「花嫁は誰もが主演女優でいて欲しい」という願いがこめられている。
 ムービーの監督には、大手ブランドをはじめとする様々なプロジェクトで活躍する29歳の新進気鋭アーティスト、中村壮志さんを起用。クラシックとモダンという、中村さんの作品づくりのテー マでもあるふたつの相反する要素を融合した作品に仕上がっている。 そしてムービー内の花嫁役には多くの広告 キャンペーンやカタログなどで幅広く活躍する高瀬真奈さん、花婿役には、雑誌、アパレル広告、コレクションランウェイで幅広く活躍する林久貴さんを起用。映像は50年代や60 年代にあったクラシック映画の雰囲気を現代に表現し、新しいブランドイメージや人物像を描いている。すべての人が、結婚や花嫁に対して、夢や憧れを抱けるような映像美に注目したい。
https://www.mikimoto.com/

02/16(Tue) 大切な記念日「バウリニューアル」
すべての人々にとって、誓いを新たにする

ピクスタ鰍ェ運営する家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa」は、一般社団法人日本バウリニューアル協会と、バウリニューアルプランを打ち出すホテルニューオータニとの共同で、1月6日に、結婚10年目と50年目の節目を祝う「バウリニューアル・フォトプログラム」を開催した。
バウ(Vow)は”誓い”、リニューアル (Renewal)は”新たな”という意味で、人生の節目となる大切な日に、愛や絆や感謝を伝え合い、誓いを新たにすることを「バウリニューアル」という。
 約100年前のイタリアを発祥として世界中に広まったバウリニューアルは、非常にポピュラーな文化として根付いているそうだ。
 日本バウリニューアル協会は、欧米のバウリニューアル文化を大切にしながら、夫婦に限らず、家族、恋人、友人など「すべての人々にとって誓いを新たにする大切な記念日がある」という新しいバウリニューアル文化を広げる活動を行っている。
 今回の「バウリニューアル・フォトプログラム」は、 チャペルでセレモニーを実施 。誓いの手紙の交換、指輪の贈呈、誓いの言葉などを結婚10周年の夫婦が行い、サプライズとして結婚50周年の娘からの両親への手紙と孫からの花束贈呈などが行われた。
 実施の背景には、2020年の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウエディング業界・ホテル業界共に大きなダメージを受けた。同様に人が集まることを避けるべく、結婚式をはじめ、大切な家族の記念日を祝うことも、記念に海外旅行に出かけることもできなくなったことがある。業界を救う一助になるだけでなく「記念に何か行いたい」と考える家族、双方の助けになれるよう、今こそ、もう一度、愛を誓い合う家族のためのセレモニー「バウリニューアル」の存在を知ってもらい、思い出に残してもらえたらと、日本バウリニューアル協会と、家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa」がタッグを組み、セレモニー会場としてホテルニューオータニの協力を得て、今回の「バウリニューアル・フォトプログラム」の開催に至っている。日本バウリニューアル協会 = https://www.nippon - vowrenewal.com/

02/16(Tue) 総額3億円の展示会「金の祭典」
2月24日から大丸東京で開催

 2024年にデザインが一新される予定の新一万円札紙幣の表は渋沢栄一氏、裏は「東京の玄関口」として1914年に開業した歴史的建造物東京駅丸の内駅舎に決定した。
 2月24日〜3月2日に大丸東京店で初開催となる「金の祭典」では、今注目の東京駅駅舎をモチーフにした大判・小判を先行販売 。またコロナの終息を願ってアマビエの金も 登場する。
 資産価値が 20年で約6倍 となっている地金を様々な形で手に入れる人が増えており、この激動の時代の中で総点数 100点、総額3億円の金が一堂に会し、展示即売する。
 東京駅舎が描かれた純金製大判(100g/24金)は148万円、小判(30g)は49万8000円、共に専用桐箱入り。金のアマビエ(M5号)は49万 5000円。
https://kakaku.com/tv/search/

02/26(Tue) 「ショーメ」のハイジュエリー「エスキスドゥ ショーメ」
自然体と自分らしさが息づいたコレクション

 「ショーメ」から、スリランカ産サファイアとタンザナイトをあしらったハイジュエリー「エスキスドゥ ショーメ」コレクションが発表された。
 エスキスとはスケッチを意味し、新しい試みとして取り入れたモノクロ調のハーモニーと、ショーメの誇る芸術的なラインアートにサヴォワールフェールがふんだんに施されている。再解釈された蝶のモチーフや、美の象徴として初めて登場したラナンキュラスが強い生命力を感じさせる。
 繊細なスケッチと贅沢なボリュームが特徴的な作品は、 皇后ジョゼフィーヌの愛した庭園への新たな解釈と、植物やそこに住む生き物に敬意が表され、自然体と洗練、優雅さと自分らしさが息づいたコレクションになっている。
 リングは参考価格 3790万円+税(WG、ダイヤモンド、サファイア、オニキス、タンザナイト、オーバルカットサファイア6.05ctスリランカ産)。ジュエリーウォッチは、35mmの機械式自動巻きで参考価格525万円+税 (WG、ダイヤモンド、マザーオブパール、ブ ルーラッカー、ブルーアリゲーターストラップ)。
https://www.chaumet.com/

02/10(Wed) バンビジュエリーが業務効率を目指して埼玉県に移転
ライセンス営業部門は親会社である潟oンビに移管

ジュエリーメーカーであるバンビジュエリー梶i本社:東京、舘林秀朗社長)の営業部が3月8日から業務効率の向上を目的として埼玉県に移転する。なお、スヌーピー、手塚プロ、ムーミンのライセンス営業部門は、業務の拡大を目指して、3月1日から同社の親会社である潟oンビに移管することになった。
これを機に、ブライダルジュエリー事業の製版一体の推進と、ライセンス事業の可能性の追求を、これまで以上最善を尽くしていくとしている。
▽バンビジュエリー渇c業部
〒365-0062 埼玉県鴻巣市箕田1780
新電話番号:048-595-1481
新FAX:048-595-1482
▽潟oンビ 事業推進部 ライセンス事業課
〒110-0016 東京都台東区東4−32−1
電話番号:03-5688-0117
FAX番号:03-3832-2100
https://www.bambi.jp/

02/03(Wed) “花嫁がヒロインに変わる瞬間”
MIKIMOTO 新ブライダルムービー「Starring The Bride」

MIKIMOTOは2月2日より、新ブライダルムービー「Starring The Bride」を公開した。
タイトルの「Starring The Bride」には、「花嫁は誰もが主演女優でいて欲しい」という願いがこめられており、このムービーの監督には、大手ブランドをはじめとする様々なプロジェクトで活躍する29歳の新進気鋭アーティスト、中村壮志さんを起用している。
クラシックとモダンという、中村さんの作品づくりのテーマでもあるふたつの相反する要素を融合した作品に仕上げている。
そしてムービー内の花嫁役には多くの広告キャンペーンやカタログなどで幅広く活躍する高瀬真奈さん、花婿役には、雑誌、アパレル広告、コレクションランウェイで幅広く活躍する林久貴さんを起用。
映像は50年代や60年代にあったクラシック映画の雰囲気を現代に表現し、新しいブランドイメージや人物像を描いていて、すべての人が結婚や花嫁に対して、夢や憧れを抱けるような映像美に仕上げている。
https://mypearls.mikimoto.com/starring_bridal/mana_takase



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:26