※写真をクリックで拡大します。
Home

02/15(Sat) JTO「第15回ジュエリーデザイン画コンテスト」
学生を中心に過去最高の応募数

 ジュエリータウンおかちまち(JTO。田中勇会)が主催する「第15回ジュエリーデザイン画コンテスト」の表彰式が、2月5日、上野精養軒で行われた。
 主催者として田中会長は「このコンテストは、いわゆる製品のコンテストとは一線を画し、宝飾業界の将来を担う皆様、特に学生の皆様を中心に開催している。前回からテーマを設けました。今年のサインというテーマを深く考え、色々なコンセプト、多彩なデザイン画を一生懸命描いていることがとても伝わってきました。お陰さまで、今回は過去最高の応募数となり、本当に選ぶのが大変でした。入賞者の皆様は、167点の中のトップ9名となり、それを今後の糧として、是非とも宝飾業界の中心となって活動いただけたらと思う」と述べた。
 ▼東京都知事賞=藤田貴大、「インクと羽ペン」(日本宝飾クラフト学院)。▼台東区長賞=池田亜由美、「雪解−雪華と春告げる花たち」(日本宝飾クラフト学院)。▼東京商工会議所会頭賞=丸山夢美、「朝と夜」(日本宝飾クラフト学院)。▼JTO会長賞=ホウ・レイレイ、「Responsibility」(金沢美術工芸大学)。▼オリエント4C’s賞=山嵜美幸、「兆し」(東京デザイン専門学校)。▼グリン宝飾賞=西原志捺子、「春ノ訪レ」(日本宝飾クラフト学院)。
▼ジュエリー・ミウラ賞=大野礼奈、「姫金魚草」(東京都立工芸高等学校)。▼セレナ賞=ババヤン・タテフ、「Hert of Music」(文化学園大学)。▼ミユキ賞=鈴木香澄、「目に見えない
sign」(山脇美術専門学校)[敬称略]。
 応募作品数は167点。第1次審査により公開作品数を150点に絞り、WEB投票(983票)、展示会場(歳末タウンセール期間/166票)の合計数、上位42作品の中から本審査を実施した。
https://jto-net.com/

02/15(Sat) 梶光夫さんフランスのリモージュ市から国際メダルを受賞
37年間、愛情を注いだ「エマーユ」

 37年間にわたりエマーユジュエリーの創作を続けてきたジュエリーデザイナーの梶光夫さんが、エマーユ(エナメル七宝)芸術の中心地であるフランスのリモージュ市より、エマーユ技術の継承とその貢献に対して「国際メダル」を受賞。梶さんが館長を務めるエマーユ七宝美術館にはアンティークエマーユ絵画が贈呈された。
 これは、昨年10月にリモージュ市長が梶さんに会いに来日し、メダルを贈呈する予定だったが、台風19号の影響で中止となり、昨年末にメダルと絵画が送られ、今回の発表に至ったもの。
 梶さんは、青春時代を歌手として芸能界で活躍していた。
 その後、宝石店の家系から宝飾業界に入り、ダイヤモンドブームに乗っかって、鑑定会社を営んでいたのが昭和50年頃。当時はブランド名を付けるダイヤモンド鑑定が流行っていたが、創作することや、デザイン、クリエイティブなことが好きな梶さんは、昭和57年にジュエリー会社を立ち上げた。
 そして、鑑定会社を営みながら感じていたのは、「日本には同じようなデザインしかない。ヨーロッパなどにはもっと良いデザインがたくさんあるのに」ということで、自分なりの新しいジャンルのジュエリーを作りたいと、アール・ヌーヴォーを学んだり、集めたりしながらパリなどにも出向いた。
 ある日のパリで、骨董店に立ち寄った際に店主が見せてくれた、埃のかぶった小箱から出てきたのがエマーユだという。初めてエマーユに出会い、「面白い、綺麗」だと感じ、繊細で色の
多彩なエマーユを使ったら、カメオにはない味わいが出せると、小さくても存在感のあるエマーユの虜になったそうだ。
 それからはパリに出かけてはエマーユを探し、フランス中を回ったという。当時からエマーユジュエリーは良く売れたが、100年以上前のエマーユは簡単には見つからなかったそうだ。
 そんなある時、エマーユを探す日本人がいるという噂が縁で出会ったのが、エマーユ技術を継承するエマーユ作家のクリスティーヌ・シェロンさんだ。
 現在はシェロンさんの娘のセシールさんが技術を継承し、梶さんのエマーユジュエリーを作っている。梶さんは多い時で一年間に4 〜 5 0 0 点はエマーユジュエリーを売っていたといい、「100年以上前のものであっても、その当時のままの色合いや美しさを保てる」ことが魅力だと話す。
 シェロンさんは「私たちの工房は三世代にわたって梶さんと交流し、ジュエリーの共作を行っています。希少な正統的伝統技法を引き継いで制作している私たちのエマーユを梶さんは高く評価してくださいました。梶さんのコレクションは作家の魅力が伝わる美しい女性の肖像が描かれた作品が中心で、アール・ヌーヴォーやアール・デコなど各時代の様式を通して共通する優雅なモチーフです。梶さんがフランスの貴重な文化財であるエマーユに脚光をあて、日本でその価値の普及に努められていることに感動しています」とコメントを寄せている。
 日本初のエマーユ専門美術館「エマーユ七宝美術館」には、ジュエリーに使えるとして買い付けたエマーユ以外で、梶さんが心ときめいた、自分好みのエマーユが200点ほど展示されている。
一日に30名〜40名の来館者があるそうだが、一番多い時には130名が訪れる日があるほどの人気を集めている。館内では、クラシック&モダンをテーマに、エマーユにフレームを施したエマーユジュエリーの代表作がみられる。また、エマーユが花開いた1 9 世紀のアンティークジュエリーも展示され、当時の優美なジュエリーの数々が楽しめる。
 今後は3カ月に1回程度で企画を変えて展示していく予定とし、3月からはポール・ボノー氏をメインにした企画が予定されている。
 最後に梶さんは「これまで長年お世話になったエマーユを、業界をはじめ、業界外の多くの人に見ていただき、知っていただけたらと思っている」と話した。
 梶さんの次男であるジュエリーデザイナーの武史さんは、「父が特別な賞をいただけたのは、父が長年エマーユに愛情を注いできたからこそだと思い、これまで以上にエマーユを伝えていく使命感を感じています」と述べた。
http://emaux.jp/

02/15(Sat) 3月の香港フェアが5月に延期
アジアのジュエリー市場に大きく影響

 3月上旬に開催予定だった「香港インターナショナル・ダイヤモンド・ジェム・パールショー(AWE)」と「香港インターナショナル・ジュエリーショー(CEC)」が、新型コロナウィルスの感染拡大を理由に、5月に延期すると主催者である香港貿易発展局(HKTDC)が2月4日付で発表した。
 延期日程は5月18日〜21日とされたが、会場はAWE会場のみ。大幅な出展者の減少が確実となり、その影響だけでも大きなものとなりそうだが、5月のIJKや6月の香港フェアにも影響し
そうだ。

02/15(Sat) シルバーアクセサリーの制作サービスを提案する『alchemy』
赤字リスク・在庫リスクなく

 赤字リスク・在庫リスクなく気軽に本格シルバーアクセサリーを作成・受注販売できるサービス『alchemy』を、凱OSHPIT(東京都港区、後藤薫代表取締役C E O )が、“アーティストを愛してくれているファンが大切に身につけられるオリジナルシルバーアクセサリーを制作しましょう!”と、アーティストやタレント・IP保有主に向けて、2月11日にリリースした。
 型に縛られない様々なデザインを制作可能にするために、アクセサリーや精密な小物のデザインに精通した3Dデザイナーを採用し、3Dデザインによるデザイン起こし・詳細設計をしていく(実現できない場合もある)。
 在庫リスク・赤字リスクのない制作を可能にするため、「生産⇒グッズ販売」という従来の生産方法ではなく、「グッズの事前予約販売⇒注文期間の締切⇒生産・郵送」という完全受注生産の体制をとっている。また、短期間の販売により、まとまった販売収益を短期間で得ることも可能とする。
 デザインの作成、生産工場との交渉、販売サイト準備、発注管理、発送などを同社が一括で対応するため、発注者(アーティストなど)のオペレーションコストがかかることなくアクセサリーを制作することが可能となる。発注者は、好きな形でのデザインの要望出しと、販売開始時のSNSなどでの告知・宣伝が役割となる。
 同サービスは、2019年11月〜12月にかけて検証も兼ねて初期リリースを実施。男性ダンスユニットとコラボし、製品のデザインからディスカッションを重ね、ファンが喜ぶ製品を制作した。
 その結果、販売期間の1カ月弱で多くのファンからの受注を得て、売上額は1200万円以上の実績になったとした。同社は「ファンのみなさまに喜んでいただけ、かつアーティスト様の活動の支援となることが検証でき、同リリースをすることといたしました。今後も、様々なアーティストやIP保有主様とのコラボ拡大予定です」と話している。
 後藤代表は、これまで芸能・エンタメの業界でアーティストのマネジメントや大手レコード会社のグッズECサイト運営のサポートやアプリ企画などに従事。その中で、友人・知人のアーティストを近くで見てきたことで、グッズを安く大量に作るほど資金的余裕のないアーティスト(特にアイドルやインディーズバンド)などの資金的悩みを軽減させ、本業のアーティスト活動に集中できる環境を作りたいと思い、同サービスを構築した。

02/15(Sat) シチズン宝飾が解散
ブライダルとパール事業部は「ムラオ」に譲渡

 シチズン宝飾鰍6月30日付で解散することを連結親会社であるシチズン時計鰍ェ1月31日に発表。シチズン宝飾のブライダル事業及びパール関連は、宝飾製品等の製造卸販売会社として今年1月に設立されたセント・ピュール鰍ノ事業譲渡される。
 解散理由としては、近年の宝飾事業は厳しい状況にあり、事業の強化に向け様々な施策に取り組んだが、事業環境が厳しさを増す中で、宝飾事業の継続は困難と判断したと説明があった。
 事業譲渡については、ブライダル事業及びパール関連の事業譲渡先であるセント・ピュール梶i東京都千代田区神田、村尾嘉章社長)は、潟ラオの100%子会社になる。従業員も一部転籍してこれまで通り事業を継続することになる。また、解散後のアフターサービスについては、全商品セント・ピュール鰍ノて対応する。
 なお、シチズン時計は、3月期の連結業績に与える影響については、現在精査中とし、業績予測に修正が生じる場合には速やかに知らせるとした。
 シチズングループは、2019年2月に2021年度を最終年度とする「中期経営計画2021」を策定し、目標達成に向け取り組んでいる。同グループでは、時計事業、工作機械事業、小型精密部
品事業部等に経営資源を集中し、中期経営計画の達成に向けて取り組んでいくとしている。
http://www.murao.com/

02/13(Thu) 「THE LUXURY横浜展」300名の来場者、1億円を売り上げ
平均単価700千円で商品点数を伸ばした模様

《ナガホリ》 オーガニック・ラグジュアリーの「NADIA」はじめ「SCAVIA」「BUCCELLATI」などの著名ブランドが展示される潟iガホリ(本社:東京、長堀慶太社長)主催のジュエリー消費者展「THE LUXURY」横浜展が2月6日、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開催され、横浜地区を中心とした300名のお客が来場、1億円を売り上げた。
前年よりも若干集客数は減少したものの、集客先で見ると近郊の百貨店外商のお客が増え、チェーン店のお客が減っているとの傾向。
売り上げでは、今回は1千万円を超える高額品の決定がなかったものの、平均単価700千円で商品点数を伸ばした模様。
出展商品は、アンナマリア、イザベル、コンコルドジュエリー、コルロフ、ニナリッチなどの多彩なブランドジュエリー。
この「THE LUXURY展」は、横浜を皮切りに、3月4日:東京・パレスホテル、4月12日:金沢のANAクラウンプラザホテル金沢、4月23日:ヒルトン名古屋、5月12日:仙台国際ホテルの全国5大都市で開催される。
http://www.nagahori.co.jp/

02/12(Wed) オリヴィア・ワイルドが「NIWAKA(ニワカ)」のジュエリーを身にまとい登場
第92回アカデミー賞アフターパーティに

2月9日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催された第92回アカデミー賞のアフターパーティ「2020 ヴァニティ・フェア・オスカーパーティ」に、女優のオリヴィア・ワイルドが NIWAKA(ニワカ)のハイジュエリーを身にまとって登場した。
黒のドレスで登場したオリヴィア・ワイルド。雨上がりに輝く京の石畳をモチーフにした「京小路(KYOKOMICHI)」のイヤリングとブレスレット、そしてリングをコーディネートしたシックな装いで注目を集めた。
日本の美意識を伝えるジュエラーNIWAKAのハイジュエリーが、オリヴィア・ワイルドにいっそうの輝きをそえた。「Photo by Getty Images」
https://www.niwaka.com

02/12(Wed) 半数以上のママが「結婚指輪をつけていない」と回答
情報サイト「ベビカム」を発信するベビカムが結婚指輪に関する調査

妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」を発信するベビカム鰍ェ1月17日〜1月24日かけて結婚指輪に関する調査を行った。
最近、結婚指輪をつけていない夫婦が増えているようですが、実際に結婚指輪をつけていない人の理由は、体質や体型の変化などからなのか、それとも、愛情の問題など他の理由があるのでしょうか。
調査内容
◆結婚指輪はつけていますか?結婚指輪を「つけている人」はYESを、「はずしている人」はNOを選択し、理由やエピソートをぜひ教えてください。 回答数:93
「YES」の方のコメント
・いつもつけてます。はずす理由も特にないので…
・指輪のデザインも気に入っていて、はずす理由もないからつけてます

「NO」の方のコメント
・仕事上アクセサリー類が禁止なので…本当はもっとしていたいんですけど
・家事や子どもの世話をするとき邪魔になるから
・作業する時に気になるので
・衛生面が気になるので
・つけてだけど、手荒れしたから外しています
・妊婦なので、むくんで外れるか心配だったから
指輪をしない理由は、愛情の問題ではなく、仕事上の理由や家事の邪魔になるなど、ライフスタイル、体質・体型の変化など現実的なものが多い結果となりました。
ベビカムでは毎週さまざまな内容でアンケートを実施しています。今回のアンケートでは、本リリースにご紹介した意見だけでなく、多くの意見が寄せられていますので、結果詳細はこちらからどうぞ
https://www.babycome.ne.jp/research/quick/

02/07(Fri) 「THE LUXURY」横浜展を皮切りに順調にスタート
3月から5月にかけて全国5大都市で開催

《ナガホリ》 オーガニック・ラグジュアリーの「NADIA」はじめ「SCAVIA」「BUCCELLATI」などの著名ブランドが展示される潟iガホリ主催のジュエリー消費者展「THE LUXURY」の
横浜展が2月6日、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開催された。
出展商品は、アンナマリア、イザベル、コンコルドジュエリー、コルロフ、ニナリッチなどの多彩なブランドジュエリー。
この横浜展を皮切りに、3月4日:東京・パレスホテル、4月12日:金沢のANAクラウンプラザホテル金沢、4月23日:ヒルトン名古屋、5月12日:仙台国際ホテルの全国5大都市で開催される。
http://www.nagahori.co.jp/

02/05(Wed) 天賞堂ラボ・グロウン・ダイヤ新ブランド『Tensi テンシ』販売を開始
天然のダイヤモンドと比べて市場価格は5〜7 割ほどと安価に

創業140周年を迎える鞄V賞堂(本社:東京、新本桂司社長)は、2 月14 日よりラボ・グロウン・ダイヤモンドを使用した天賞堂オリジナルジュエリー新ブランド『Tensi テンシ』の販売を開始する。
ラボ・グロウン・ダイヤモンド(以下、LG ダイヤモンド)とは、最先端の研究により生み出されたダイヤモンドで、化学気相蒸着法(CVD)と高温高圧法(HPHT)の2 種類の方法で生成され、天然のダイヤと完全に同じ成分・特徴を持っている。キュービックジルコニアなどの模造石や類似石とはまったく異なり、専門家が見ても見分けがつかないほどで、天然のダイヤモンドと比べて市場価格は5〜7 割ほどと安価になる。
天賞堂が販売を開始する『Tensi』ブランドは、LG ダイヤモンドを使用したオリジナルデザインのルース(裸石)とペンダントが中心で、無色以外にも、希少・高額とされているピンクやブルーといったカラーも取りそろえる。カラーダイヤモンドは、結晶構造の歪みや成⾧過程の特定の元素の混入により、奇跡的に生み出されるため、非常に希少・高額な宝石となる。
『Tensi』ブランドのカラーダイヤモンドは、同じカラットやクオリティの天然ダイヤモンドと比べて安価な価格設定となるため、輝きはそのまま憧れの石を手にすることが可能となる。『Tensi』ブランドもすべて鑑定書が発行される。LG ダイヤモンドの生成過程は地球に優しく、そして安定供給できるサスティナブル(持続可能)。
『Tensi』ブランドのジュエリーは昨年夏の催事でお披露目として展示したところ、その輝きを興味深く見入るお客がたくさんいた。老舗で利便性いい銀座に店舗を構える同社での取り扱いは、「新しい商品なので安心できるところで購入したい」「まずは実際に見てみたい」という人の期待にも応えられるものとしている。
http://www.tenshodo.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:10