※写真をクリックで拡大します。
Home

07/02(Fri) 村尾嘉章氏が理事長を重任
日本貴金属製鎖工業組合「第33回通常総会」

 日本貴金属製鎖工業組合は、「第33回通常総会」を6月9日に開き、組合員11社中9社が出席、全て原案通り可決された。また任期満了に伴う役員改選では、潟ラオの村尾嘉章氏が理事長を重任したほか、渇p工芸の後藤俊明氏と三和精密工業鰍フ目黒和紀氏が副理事長を重任、活タ藤製作所の安藤兼輔氏が専務理事を重任した。
https://itp.ne.jp/info/137374620170840120/

07/02(Fri) 新会長に柏倉主和氏を選任
日本ジュエリーデザイナー協会定時総会で

公益社団法人日本ジュエリーデザイナー協会は、5月27日の定時総会で、新会長に柏倉主和氏を選任・承認した。柏倉新会長は「情報発信のスタンダードも大きく変わろうとしている。今までの方法に拘らず新しい方法を模索しながら、協会や会員そして作品を積極的に発信していきたい。協会創立60 周年を間近に控え、持続可能なJJDA を若い世代と共に考えていきたい」とコメントしている。なお、副会長は岩間大氏と西澤弘子氏の2人。
https://www.jjda.or.jp/

07/02(Fri) クロスフォー韓国の上場企業であるJESTINA社
韓国国内でのダンシングストーンパーツ独占代理店契約の締結を発表

  潟Nロスフォーが、韓国のKOSDAQ上場企業である大手ジュエリーメーカー、JESTINA社とダンシングストーンパーツの韓国国内での独占代理店契約の締結を発表した。
 J.ESTINA社は、韓国のみならず日本でも人気を誇るアーティストIUをブランドアンバサダーとして起用するなど既にダンシングストーンのジュエリーを販売し、売上が好調である。
https://crossfor.co.jp/

07/02(Fri) 日本語字幕付きレクチャーを公開中
「レコールジュエリーと宝飾芸術の学校」

 「カルティエ」の人気セミオーダーメイドサービス『Set For You by Cartier』が、スペシャルサイト「カルティエダイヤモンド」よりオンラインにてオーダーすることが可能になった。
 このオンラインオーダーは、世界に先駆け日本先行ローンチ。好みのデザインとダイヤモンドを選び、唯一無二の自分だけの特別なリングがオンラインで簡単に創れる。 また、オーダーは電話でも可能だ。
 カルティエのセンターストーンに使用される0.18ct以上のダイヤモンドにはすべて、ダイヤモンドの評価基準を定めている世界的な独立機関であるGIA(アメリカ宝石学会 )のグレーディングレポートが発行される。
 メゾンは、このダイヤモンドの客観的な評価手段である4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)の基準にしたがい、さらに、メゾンのダイヤモンド・エキスパートがひとつひとつ吟味した最高に美しいダイヤモンドのみを選ぶ。美しさ、卓越性、光沢、プロポーションの調和を、カルティエダイヤモンド・エキスパートが厳選する。そのダイヤモンドが、熟練職人の手によって比類なき魅力に溢れたリングに生まれ変わる。カルティエの歴史に刻まれた数々の素晴らしい愛の逸話のように、人生に寄り添う自分のためだけのリングをオンラインオーダーできる。
https://www.cartier.jp/

07/02(Fri) 6万6千円の「定額の手作り婚約指輪」
ついぶ東京工房

東風美術工芸梶i京都府京 都市中京区、中村光男社長)が運営する手作りペアリングの 「ついぶ東京工房」は、定額の手作り婚約指輪「グレインダイヤリング」の提供を新たに開始した。
 「グレインダイヤリング」は、指輪代もダイヤ代も加工費もすべてまとめて66,000円の定額の手作り婚約指輪。棒状の金属から、シンプルな細身のタイプの婚約指輪を自分の手で手作りすることができる。
 婚約指輪には「ダイヤモンドの大きさやグレード、鑑定書の有無、金属素材、デザインなどによって値段が異なるため」何を基準に選べば良いか分からないという人も多く、様々なデザインが用意されていることから「結局ランキング上位が売れる」という現状や、さらに「ゴージャスなデザインが普段着に似合わなかったり、石が取れてしまいそうだったりして日常使いできない」という悩みやデメリットなどが聞かれ、これを解決するために、ついぶ東京工房では日常使いしやすい婚約指輪を定額で手作りできる「グレインダイヤリング」の提供を開始した。全国4店舗展開。
 所要時間は当日約2時間(2週間〜お渡し)、素材・デザインは各3種類から選び、ダイヤモンドは約0.1ctで鑑定書・ソーティングはない。
https://tsuibutokyo.com/

07/02(Fri) 伊勢丹新宿直営店と連動したオンライン
創造性や革新性あるメッセージを

New Jewelry LLC.が運営する伊勢丹新宿1階に直営店を構える、デザイナーズファインジュエリーのセレクトストア CULETのオンラインショップが リニューアルされた。 オンラインでは、直営店で取り扱いのある、talkative、bororo、Hirotakaをはじめ、オンラインストア限定の Mariko SumiokaやSATOMI KAWAKITA JEWELRYなど、多種多彩なブランドが紹介されている。
また今後は、CULET伊勢丹新宿店との連動企画やオンライン限定アイテムの取り扱いなど、自宅でも楽しめるようなコンテンツを配信。デザイナーの創造性や革新性を垣間見ることができるメッセージ性を持った作品を提供していく。
https://culet-web.shop/

07/02(Fri) 10.0ctのダイヤモンドをあしらった『ファンタジア』
ジュエリーカミネのジュエリー絵画®

 潟Wュエリーカミネ(神戸市中央区、上根学社長)は、初めてのディズニーデザインのジュエリー絵画®として、ミッキーマウスの魔法の帽子と手袋に10.0ctのダイヤモンドをあしらった『ファンタジア』のジュエリー絵画®(コード:DMK3XL3、消費税込価格:880万円)の世界限定生産1枚を、ディズニー公式通販サイト「shop Disney」のオープン1周年記念として、6月25日から予約販売を開始(同商品の予約販売は、「shopDisney」のみとなる)。さらに、ミッキーマウスのスクリーンデビューとなった 『蒸気船ウィリー』 や、同じデザインなどの『ファンタジア』のジュエリー絵画®の通常販売品も用意し、同日から「shop Disney」にて、7月1 日からジュエリーカミネの8店舗とジュエリーカミネショッピングサイトにて予約販売している。
 このジュエリー絵画®は、輪郭の線画以外はすべて宝石を素材に作られており、熟練した職人が一つ一つ手作業で宝石を敷き詰めて制作する絵画。 受注生産後、11月18日のミッキーマウスの誕生日に届けられる。
https://www.kamine.co.jp/

07/02(Fri) クリーマによる「手作りの祭典」名古屋で開催
日本各地から3000名の作家・ デザイナーが集う

 日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」による、丁寧に手づくりされたものと、それをつくる人とつかう人、それぞれが集う『Creema Craft-Party 2021』が9月11日・12日の2日間、愛知県名古屋市の国際展示場「ポートメッセなごや」で開催される。6月 15日より、各種チケット販売サイトにて、前売りチケットの販売が開始された。
 これまで東京と大阪で大規模なクラフトイベントを開催する中、多くのクリエイターや来場者から中部エリアでの要望を受け、満を持して初の名古屋開催となった。数多くのクラフトや伝統工芸品で知られる地域に囲まれ、ものづくりに所縁があるこの土地で、心と心が繋がるようなあたたかなイベントを届けたいとしている。
 会場内は、アクセサリーやバッグなどのファッションアイテムからインテリア、 キッチン、アート、器、手工芸品など、日本各地で活動する約3000名の作家・ デザイナーによる作品が展示・販売される「マーケットエリア」と、伝統工芸士や人気クリエイターによるものづくりが体験できる「ワークショップエリア」、 素材にも作り方にもこだわった焼き菓子やパン、ジャムなどを販売する「フードエリア」で構成される。
https://www.creema.jp/

07/02(Fri) ブランド初となるラボグロウンダイヤモンド
エフ・ディ・シィ・プロダクツ「スマイルプログラム」から

潟Gフ・ディ・シィ・プロダクツが展開するジュエリーブランドエフ・ディ・シィ・プロダクツでは、皆が笑顔で過ごせるよう願いを込め、そして新型コロナウイルス感染症の拡大防止の取り組みを支援するため「#Smile Program」を実施しており、6月4日からはプロジェクト第6弾として、ブランド初となるラボグロウンダイヤモンドを用いたジュエリーを発売した。 ジュエリーには、CVD法(化学気相蒸着法)により成長したピュアな輝きのラボグロウンダイヤモンドを採用。「永遠の愛」を象徴するピンクダイヤモンド、「幸福」を象徴するブルーダイヤモンドといった希少なカラーダイヤモンドジュエリーを、今までよりもさらに多くの人がカジュアルに楽しめるよう提案している。また、売上げの10%を、様々な人道支援活動に取り組む「日本赤十字社」へ寄付し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を支援する。
https://www.fdcp.co.jp/

07/02(Fri) ちょっとした「嬉しい気持ちで」
石福ジュエリーパーツ6月21日の「スナック(菓子の日)」

 宝飾品パーツの卸売り専門店「石福ジュエリーパーツ梶vは、日本唯一の宝飾問屋街“おかちまち” で、6000種類以上の色々なアイテムを取り揃え、絶えず人が絶えない店舗として知られている。
 どんな時でも多くの人から重宝される店舗であっても、「お客さんあっての商売」だと、様々なサービスやアイデアを提供している。
 万全なコロナ対策はもちろんだが、コロナ禍で晴れない気持ちの中、訪れるお客さんに向けて、6月21日の「スナック(菓子の日)」には、『石福 in スナック・カーニバル』と題し、ポテトチップスなどを配るサービスを行った。
同様のサービスは毎月開催されているとのことで、店舗に訪れてもスナック(菓子)に関するアナウンスは一切ない。スナックの配布はセルフサービスで、 欲しい人だけが決められた分を持ち帰る。ちょっとしたことだが 「嬉しい気持ち」になるに違いない。山本孝広社長は「コロナ禍で苦しい時ですが、商売は続けなければ会社も社員も守れません。こんな時ですので、訪れる人に少しでも笑顔になってもらうことで、より豊かな商売に繋がればと思います。いま、経済や社会環境が絶え間なく変化しています。私たちの生活やビジネスも大きく変わり始めました。しかし、『互助』や『共助』は忘れてはいけません。『地域共生』という原点と共に、おかちまちから業界を盛り上げていきたいです」と話した。さらに、時計美術宝飾新聞社が掲げている「ジュエ リー産業をポジティブにしようキャン ペーン」に賛同していますと、付け加えた。
http://www.ishifukujp.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:10