※写真をクリックで拡大します。
Home

06/02(Thu) 3周年迎えたサステナブルジュエリー
「アップサイクル」概念が、ここ数年で浸透

潟Rメ兵とテクノロジーを活用したメディア事業を運営する潟Xマートメディアが展開する、サステナブルジュエリーブランド「miluna」が、5月30日で3周年を迎え、これを記念して、人気のパー ルコレクションに新作のイヤーカフとピアスが仲間入り。6月13日より、公式オンラインストアにて販売される。  
担当者は「当初は、生活者に馴染みのなかった「サステナブル」、「アップサイクル」の概念が、ここ数年で浸透し、サステナブルな取り組みに対しポジティブに 共感していただける機会が増えてきたと感じています。一度ジュエリーとして輝いた天然石やパールをアップサイクルして、 新しい姿へと生まれ変わらせたジュエリーが、世代を超えて多くのお客様のもとで輝いていることをとても嬉しく思っています」と説明。また、「形や色など同じ ものが1つとして存在しない個性豊かな天然石やアコヤパールを手に取るたびに、地球の限りある資源の大切さや美しさを感じます」と話した。  
新作は、もともと一連のアコヤパールのネックレスだったものをアップサイクルしてつくられる人気のパールコレクションに、耳元を飾るイヤカフ、ピアスとして誕生した。  
また、3周年を機に「Shine your self, Colorourearth.」をテーマに掲げ、milunaのジュエリーが身につける人を輝かせ、地球の美しい彩りを守り続けていけるようなきっかけを提供する存在になっていきたいとしている。

06/02(Thu) ケイ・ウノ『Signet Ring(Gentle)』
ジェンダーレスでボリューム感ある

潟Pイ・ウノ(愛知県名古屋市、伊藤崇史社長)は、幅太のシグネットリング 『Signet Ring(Gentle)』を 6月3日に全国のケイウノ店舗、ケイウノブランドサイトにて発売する。  ジェンダーレスで、どの指でも楽しめるよう、55号から30号と幅広いサイズから選べる。そのまま身に着けることはもちろん、宝石を留めたり、メッセージの刻印など、アレンジオーダーを施して世界にひとつの指輪を作成して楽しめる。シルバー950の価格は、どのサイズでも一律で33,000円。プラチナ、K18、K14の展開もある。シルバー特有の経年変化による変色も、永久無料のアフ ターサービスでいつでも何度でも磨きなおすことができる。
https://www.k-uno.co.jp/kuno-bridal/

06/02(Thu) ファッションジュエリーブランド「Fauvirame」
自然環境に寄り 添う行動を可能にする

ヨーロッ パ在住のデザイナーによって作り出された、身につけることで自然環境に寄り 添う行動を可能にするファッションジュエリーブランド「Fauvirame」の期間限定 POPUPストアが、5月30日〜6月5日、 NE WoMan新宿で開催されている。  
感覚に直接働きかける表現を特徴とした20世紀初頭の絵画運動として知られる "Fauvism" からインスピレーションを受け展開される全てのジュエリーは、人々の生活に密であり心を癒す存在である植物や風、水などの自然環境を独自のFrame(=額縁)で切り取り、感覚的に具現化したデザインが特徴だ。  
今回は、定番のRoots collection をはじめ、水滴、連なる木の実や有機的な粒から着想を得た Water Drop collection, Lapis lazuli の Kinomi collectionなど最新のアイテムを一度に見られる初の機会となっている。また、ヨーロッパのヴィンテージフラワーベースを、独自の視点で収集する THE PEARから届いた一点ものの花器も一緒に展開。またとないコラボレーションを楽しめる。
https://fauvirame.com/

06/02(Thu) 三雄工芸が新サービス
金属アレルギー対応素材で作り替え

且O雄工芸が運営する、新潟県内(新潟市・長岡市)で2店舗を構える、ブライダル ジュエリーショップ 「Atelier CraM」(平沢竜人社長)は、自社でブライダルリングを作った顧客が、体調等により突然症状が現れる可能性のある金属アレルギーに見舞われた際に、金属アレルギー対応の地金素材で指輪を作り直せる「作り替えサービス[Re:build]」を6月1日より開始する。 同サービスでは、医療用のサージカルステンレスで同じデザインの指輪を、金属アレルギーに対して最も安心できるタンタルで一から作り直す。
https://www.craft-sanyuu.co.jp/

06/02(Thu) ジェムケリーがTVコマーシャル
創業30周年を記念し、全国へ

潟Wェムケリーグループホールディングス(京都、中野猛社長 )が展開するジュエリーブランド「ジェムケリー」が、創業30周年を迎えるにあたり、トリンドル玲奈さんを起用した新作ジュエリーのテレビコマーシャル(TV-CM)を6月から全国にて順次放送開始する。  
「輝く夜明け」をコンセプトに誕生した新作ジュエリーコレクション『aube/オーブ』は、極小のダイヤモンドを一 粒一粒立体的にパヴェセッティングすることで海面に映し出される朝日の輝きを表現している。ネックレス(Dia、 K10WG:154,000円)、ピアス(DIa、 K10WG:187,000円)。
https://gemcerey.co.jp/

05/16(Mon) 本紙とSarine社が「ダイヤ専門ウェビナー」
「ダイヤモンド業界向けウェビナー」を夏に向け企画

且梃v美術宝飾新聞社は、イスラエルに本社を持つダイヤモンドテクノロジーの世界的リーディング企業であるSarine Technologies(シンガポー ル証券取引所及びテルアビブ証券取引所)による、「ダイヤモンド業界向けウェビナー」を夏に向け企画している。  Sarine Technologies社は、ダイヤモンドの評価、プランニング、加工、計測、取引のための製品とテクノロジーの世界トップ企業で、世界中に流通するほとんどのダイヤモンドは同社の技術を利用して加工、検査、流通していると言われている。最近では、フランスの老舗ジュエラー「ブシュロン」が同社のデジタルソリューションを採用したのが記憶に新しい。  
今回のウェビナーでは、Sarine社のテクノロジーを活用した信頼性の高いトレーサビリティなどに焦点を当て、海外の導入企業などのキーパーソンをゲストスピーカーに招き、テクノロジーの有用性と今後のダイヤモンド業界の展望について説明する予定。
今後のダイヤモンドビジネスの戦略を考える上で役に立つウェビナーとなり、 日本のジュエリー及びダイヤモンド業界の発展に寄与できればとの思いを込めた企画となっている。  また、昨年9月に香港で開催されたウェビナーを皮切りに、同様のSarine社のウェビナーは世界中で複数回開催されており、製造業のみならずジュエリービジネスに関わるすべての人に有益な内容として好評を得ている。  今回は、日本市場向けに特別にアレ ンジした内容で開催する。  
日程や登壇者などの詳細情報、ウェビナー申込フォームなどは、Sarine Japan公式ラインで随時更新し、配信する。QRコードより友だち追加すれば最新情報が確認できる。弊紙にても決まり次第随時発表する。

05/16(Mon) MITSUO KAJIとNOBUKO ISHIKAWAがコラボ
ナガホリの協力で、業界の活性化に繋げる

ジュエリー業界の新しい取り組みや考え方のきっかけに

長きにわたり宝飾業界で活動を続けるMITSUO KAJI(潟Jジ・インター ナショナル)とNOBUKO ISHIKAWA(潟mブコイシカワ)の2大デザイナーが、デザイナーという立場から宝飾業界全体の活性化に繋げることを趣旨としたコラボレーションジュエリーを企画。それに賛同した潟iガホリの協力により、6月から開催される創美展での発表も決まったことから、3社合同による発表説明会が5月11日、ナガホリ本社で行われた。  
同企画は、あらゆる業界や分野でボーダレス化が進み、表現の多様性も重視されていることから、ジュエリー業界でもその流れを反映させ、コラボレーションという新しいアクションを起こし、未来に繋がる活動をしたいという梶ジュエリーとイシカワジュエリーの次世代を担う梶武史氏甲斐将彦氏の二人のアイデアから生まれたもの。  
両デザイナーズブランドは、ともに日本のジュエリー業界を引っ張ってきた実績を持つ。ジュエリー業界のみならず、消費者の多様化をはじめ、世界的にもコロナ禍による影響などで大きな変化を迎えている。これまでにも両デザイナーズブランドは国内で競演を重ね、何か新しいことができないかという話は何度となくあったが、お互いに忙しくなかなか機会に恵まれなかった。コロナ禍の影響で展示会が開催できなくなった2〜3年前から同企画の打ち合わせを本格的に開始。デザイナーの垣根を越え、お互いの魅力を認め合い高め合ったジュエリーを創作することで、これからの業界のおける新しい取り組みや考え方のきっかけとなることを目的とすることで一致。これまで「美」を追求してきた梶とイシカワのコラボ作品の発表により、デザイナーズジュエリーの自由な楽しみ方を提案するとともにジュエリーの美しさをあらためて感じてもらう機会にしていきたいとしている。  
梶光夫氏は「30年以上前からイシカワのロングセラー商品Benrieネックレスに梶のエマーユジュエリーのペンダントトップを合わせる顧客が多かった。その頃から亡き石川暢子 先生とは何か新しいことはできないかという話もしてきた。今回は若いふたりが考えて実現できたことを嬉しく思う。 ナガホリの協力も得て、力を合わせることは余りないこと。このような取り組みが業界に広がっていくことに期待したい」と述べた。  
長堀慶太社長は「日本全体が少子高齢と人口減少という課題を抱えている中で、 今回の若い二人が企画したことは、業界全体に明るい材料になると感じた。今年いっぱいはナガホリが独占販売させていただくが、その分営業努力で多くの客を集め、たくさん売っていきたい。6月の創美展はこの数年で一番良いタイミングになることが見込まれ、業界を盛り上げるべく同企画をバックアップしていきたい」と力強い説明をしている。  
この企画のために新しい発想で創作されたオリジナルのコラボジュエリーは、6月の創美展のクローズアップデザイナーとして初披露されるが、同企画の一環としてウクライナ人道支援チャリティにも取り組むことがナガホリの 賛同した一つの理由にも含まれてい る 。ナガホリはこれまでに千葉県や熊本県などへ赤い羽根共同募金などを通じた寄付活動を継続的におこなっている企業だ。  
今後3社が協力し業界の活性化に貢献することが注目されるとともに、あらゆる新しい取り組みが業界に広がることが期待される。

05/16(Mon) 一真堂がモニッケンダム正規取扱い開始
世界三大カッターズブランドが集結した

長野県や新潟県にジュエリーショップを運営している活齔^堂(長野県長野市、岩間栄次郎社長)は、30ブランド・2000本以上の婚約指輪・結婚指輪を揃えるセレクトショップ「一真堂松本渚店」で英国のダイヤモンドカッターズブランド「MONNICKEND AM」の正規取り扱いを開始したことを発表。これにより、一真堂松本渚店は、世界三大カッターズブランドを一度に見比べることが出来る国内でも数少ないブライダルジュエリー専門店となった。  
「ダイヤモンドカッターズブランド」とは、自社でダイヤモンドカッター(研磨士)を抱え、原石から美しく輝く形へとカッティングを施すブランド(企業)を指す。そして、優れた技術や功績によりダイヤモンド業界に多大な貢献を果たした、3つの企業を称える呼称である。  
「ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンド(オランダ・アムステルダム)」、「ラザールダイヤモンド(アメリカ・ニューヨーク)」、「モニッケンダム(イギリス・ロンドン)」の3ブランドは、取り分け優れたカッティング技術を持ち、ダイヤモンドの新たなカットの開発や評価基準を提唱するといった偉大な功績を遺している。 モニッケンダムは1890年に創業し、イギリスロンドンに本社を構える。「原石に命を与える」をカッティングポリシーとして原石の個性を生かし、最高の輝きを作り出すことに情熱を注ぐ。英国王室との関わりも深く、1948年にはエリザベス女王が成婚の際にタンザニア政府から寄贈されたダイヤモンド原石のカットも担当。 さらに、1965年には世界最小と言われている「 1 / 6 0 7カラット(0.00164ct)」のダイヤモンドに、58面体のフルカットを施すことに成功し、モニッケンダムの技術力の高さが世界中を驚かせた。  
モニッケンダムのダイヤモンドは、「ラグジュアリーホワイト」と称される白く豊潤な輝きが特徴。様々な色の気配がしてくるような白、色が香り立つようなニュアンスの白とも例えられている。  「 ロイヤ ル・アッシャー・ダイヤモンド」 は、1854年の創業以来 、165年以上ダイヤモンドをカットし続けているブランド。ダイヤモンドがより美しく輝くカット を追求し、「ロイヤル・アッシャー・ カット」や「トリリアント・カット」、「ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット」など、数多くのカットの 開発も行っている。1905年に南アフリカで発見された世界最大のダイヤモンド原石「カリナン(3106カラット)」のカットに成功するという偉業も成し遂げている。 1980年には、ダイヤモンド業界における永年の功績をたたえられ、オランダのユリアナ女王陛下より「ロイヤル」の称号が授与され、世界で唯一無二のロイヤルの称号を持つブランドとなった。
「ラザールダイヤモンド」は、“The worldʼs most beautiful diamond.”と 称されるニューヨーク発のダイヤモンドブランド。ラザールダイヤモンドの創業者であるラザールキャプランは、優秀なダイヤモンドカッターで「カッティングの魔術師」や「Mr.ダイヤモンド」と称されている。また「アイディアルメイク」と呼ばれる、ダイヤモンドの最高の輝きを引き出す理想的なプロポーションでカットを施している。ダイヤモンドに入った光の輝きを外に漏れることなく前面に全反射するため、中から湧き出る、奥深い輝きと虹色(7色)の輝きが特徴だ。さらに、ダイヤ モンドの評価基準 に「カット」 を加えたのは、同ブランドの提言によるもの。
https://1sd-bridal-nagano.jp/shop

05/16(Mon) リフォームは最も身近なSDGs
ジェイシーバールのプロジェクト

大切な資源を次世代につなぐ持続可能なアイテムに

泣Wェイシーバール(富山県富山市、嶋龍仁社長)は、「思い出や絆をつなぐ婚約指輪リフォームプロジェクト」を「Makuake」にて4月25日より開始した。  
実施理由としては「婚約指輪は今も昔も、夫婦の絆であり譲り受ける人にとっては両親が結ばれる大切なきっかけとなったアイテム。でも、残念ながらプロポーズの時と、その後数回しか使われずに眠ってしまうことが多く、私たちはジュエリー専門店としてリフォームでその価値を次世代につないで行きたいと思いこのプロジェクトに取り組みはじめ、今回が第2弾のプロジェクトとなります。新たにダイヤモンドやプラチナを採掘することなくデザインを生まれ変わらせ、幸せな思いが蘇る婚約指輪の リフォームはジュエリー業界が取り組める最も身近なSDGsです」と説明している。  
婚約指輪があまり身に着けられない理由の多くは結婚、出産によって家事や子育ての時間が多くなり、指輪を身に着ける機会が減ること。同社は創業から25年、婚約指輪のリフォームの相談を受け新たなカタチへと生まれ変わらせてきた。「しかし、まだまだ婚約指輪をリフォーム出来るということはあまり知られていない」と指摘する。  
昨年同社は、第1弾プロジェクトを Makuakeで実施。結果は目標を大きく上回る223%を達成し、沢山のリフォー ム依頼を得ることができた。 嶋社長は「婚約指輪のダイヤモンドは、枠から外して何もしなくても十分に美しく、枠のプラチナは溶かして新たなデザインへと再利用が可能です。様々な物品が溢れる世の中でこれ程合理的に地球が生み出した資源を次世代につなぐことが出来る持続可能なアイテムはそう多くありません。私たちはジュエリー業界が出来る持続可能な取り組みに真剣に臨んでいます」と話している。  近年、結婚適齢期を迎えるカップルの価値観は大きく変わり、婚約指輪の取得率は年々減少傾向にある。半面、自分たちで高価なダイヤモンドを購入することはなくても、親から譲り受けたダイヤモンドを継承するカタチで記念とするカップルは増えている。新たなダイヤモンドやプラチナを採掘する必要がなく、デザインだけを生まれ変わらせることが出来るリフォームはジュエリーが出来る最も身近なSDGsと言える。  
ジェイシーバールでは専属デザイナーがデザインをしており、今回のプロジェクトでは全て新規で幸せへの願いを込めたデザインを起こしている。為替や地金の相場の変動により貴金属が高騰する中ではあるが、徹底的にコストを抑えて、婚約指輪のリフォームができることの認知拡大とSDGsへの取り組みを積極的に広めている。

05/16(Mon) 「ウクライナ支援プロジェクト」
「SEVEN THREE.(セブンスリー)」の手作りキット

伊勢志摩産あこや真珠ブレスレット

世界で初めて真珠養殖に成功した三重県「伊勢志摩」の豊かな海で、真珠養殖歴70年の祖父とその孫が手がける、伊勢志摩産あこや真珠ブランド「SEVEN THREE.(セブンスリー)」を展開する潟Tンブンノナナ(三重県伊勢市、尾崎ななみ社長)は、歌手のMISIAさんによるエシカルショップ『MY CHOICE - MY LIFE(MCML)』とのコラボ商品 「伊勢志摩産あこや真珠ブレスレット手作りキット」の発売を4月末に発表するとともに、MCMLを運営するリズメディアグループと一般財団法人mudefの「ウクライナ支援プロジェクト」に寄付するとして、製作経費を除いた全額をウクライナの人々の人道支援に活用する。  
手作りキットのコードブレスレットに採用されるあこや真珠は、ジュエリーに仕上げる真珠を厳選する際に、惜しくも溢れてしまったものたちだが、ジュエリーとなる真珠と同じ 産地であり、同じ養殖方法で約3〜4年の間大切に育てられている。  
あこや真珠は、海の中で母貝に守られながら成長することから、守護力が強いと言われている。暗いエネルギーを避け、癒しを与えることから「愛と平和の象徴」と呼ばれることも。 MCMLとのコラボブレスレットでは、 結ぶという行為には、願いや縁を繋げる意味合いがあるため、ウクライナの国旗と同じカラーの紐を結ぶ際に、「平和への願い」を一緒に結んでもらいたいとの思いが込められており、 SEVEN THREE.によるサステナブル とチャリティーの新しいかたちとしてのコラボが実現した。
https://eleminist.com/article/126



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:8