※写真をクリックで拡大します。
Home

10/01(Tue) 日本からジュエリーデザイナーの松崎マナさんが登壇
「香港ジュエリー&ジェムフェア」特別イベントのJNAカンファレンスに

「世界的な視点で見た今後のジュエリー業界」各国のデザイナーがディスカッション

《JNAカンファレンス》 9月19日、香港会議展覧中心で開催され「香港ジュエリー&ジェムフェア」の特別イベントとして企画されたJNAカンファレンス(JNA Conference “From Inspiration to Innovation – The Designer’s Journey of Creativity”)と題したジュエリーデザイナーカンファレンスに日本からジュエリーデザイナーの松崎マナさんが登壇した。
この企画は、アジアを代表するジュエリー専門誌「JNAマガジン」が催したもので、編集長であるクリスティー・ダン氏をファシリテーターに迎え、松崎マナさん他、イタリア人デザイナー・アレシオ・ボスキ氏(Mr. Alessio Boschi)、中国出身のフェイ・リウ氏(Mr. Fei Liu)、香港の若手新進気鋭デザイナーのサラ・シァン氏(Ms. Sarah Zhuang)、またこのカンファレンスのスポンサーKGKグループよりマリカ・ケムラニ氏(Ms. Malika Kemlani)らが登壇、各自プレゼンテーションの後に「世界的な視点で見た今後のジュエリー業界」についてのディスカッションを行った。
http://j-matsuzaki.co.jp/docs_latreia/designers.php

10/01(Tue) 自分自身の『独自なフォルム』で美しいジュエリー作っていきたい
JNAカンファレンスで自説を披露、感動を与えた松崎マナさん

《JNAカンファレンス》 最後のスピーカーとして登壇した松崎マナさんは、独自の世界観を貫くオリジナルブランド「LATREIAラトレイア」のコンセプトを構築するに至るまでの一人のクリエーターとしての物語を伝えた後、両親ともにジュエリーデザイナーであり、幼少期から様々なジュエリーに囲まれて育った事。回り道をして法律を学んだ経験によって「リーガルマインド」とは何かを理解し、そのロジカルシンキングが後にプロダクトデザインを通して「デザインとは何か」を正しく学ぶ事にもつながった経緯。ニューヨークで人生観が変わるような9.11テロを経験し、そこで改めて自分自信を振り返り「ジュエリーをやりたいんだ!」と奮起した話。F.I.T.でそつなく課題をこなすも「両親の影響から逃れられないのでは?」「自分自信のスタイルとは一体何だろう?」、「自分らしい表現」が何か分からずとことん悩んだ話。そしてアメリカ自然史博物館で古生物の骨格や化石を見てインスピレーションを受け、太古のジュエリーの起源が魔術的に身に付けた牙や骨であった事をテーマに、ジュエリー本来の意味合いを洗練されたジュエリーで表現しようと思い立った話。そういったこれまでの経緯を語った上で「地球上に溢れる生命そのものがテーマであり、例えば花や昆虫など『既に美しい物』の具象ではなく、さして美しいとはされていない物に光を当て、自分自身の『独自のフォルム』で美しいジュエリー作っていきたい」と締めくくった。
カンファレンス終了後、会場では多くの出席者から松崎マナのクリエイティブマインドに賛辞の声が上がったという。
カンファレンス終了後は、ファシリテーターのダン氏に特別インタビューを受け、次号JNAマガジンで松崎マナさんが紹介される予定となっている。
http://j-matsuzaki.co.jp/docs_latreia/designers.php

09/26(Thu) パーク ハイアット 京都の宴会場杮落しとなる展示会「花繚展(かりょうてん)」開催
今与のオリジナルブランド[かがよい]はじめ、国内外のジュエリーブランド

宝飾品の製造・販売を行う京都の?今与(本社:京都、今西信隆社長)は、11月1日(金)2日(土)パーク ハイアット 京都の宴会場杮落しとなる展示会「花繚展(かりょうてん)」
を開催する。今与が新規開業ホテル杮落しでの「花繚展」を行うのは2014年リッツカールトン京都、2016年フォーシーズンズ京都に次いで3度目。当日は今与のオリジナルブランド[かがよい]の全コレクションをはじめ、国内外から選りすぐったジュエリーブランドの数々を当日限り展示販売をする。
〜おもしろのはなざかり 花繚展〜
おもしろの意味するところは「趣」「風流」。そのおもしろが百花繚乱咲きほこるような展示会。それが花繚展。初秋の風情とともに、新しく京都のランドマークとなる建物でハイジュエリーを手に取って愉しめる展示会。
〜Kagayoi[かがよい]〜
1861年(文久元年)より、京都から本物の輝きを届けて158年。培われたIMAYOの感性、
受け継がれてきた数々のこだわり、優れた技のすべてが美しく結実したジュエリー、それが「かがよい」。「きらきらと光りかがやく」様を表す古語「かがよふ」から名付けた。日本、京都ならではの伝統、文化と、職人達の優れた技術との融合。大人の女性の内に息づく「和の美意識」を呼び覚まし、装う時を華やかに、雅やかに輝かせる。
主催者の?今与は、1861年(文久元年)京都の五条堺町にて、初代今西與兵衛(よへい)が簪・櫛等を取扱う小間物屋として創業。爾来、6代・150年余りに亘り、本物の装飾品で心を豊かにしたいという想いを貫き通し、現在では、宝飾品の製販一貫企業として、ハイエンドブランド「Kagayoi」、アニバーサリーブランド「ICHAROI」等を展開している。
http://imayo.jp/

09/25(Wed) 《GIA-AAJ》 仙台で会員限定と法律の二部制セミナー開催
「インタージェムの奇跡」「民法改正セミナー」

GIA同窓会日本支部(GIA-AAJ)は、11 月9 日(土曜日:17:00〜20:00)宮城県仙台市において会員に向けた二部制のセミナーを企画している。参加費は、AAJ 会員3,000 円会員外4,000 円。

第一部は、ビルの7階に位置する店舗でどのようにジュエリーを販売しているのか?小売店は路面店であるべきという常識をくつがえす?インタージェムの佐藤郁雄会長を講師に、小売店舗の常識を覆す秘訣「インタージェムの奇跡」(17:00〜17:45)
第二部は、JC2級を持つ弁護士新田真之介氏を講師に、法律の知識は壁であると同時に、使い方によって自身を守る盾にもなる「法律セミナー」(18:00 〜20:00)
今回は、小売販売店向けの消費者契約法と質屋・買取り店向けの2020年民法改正(合成ダイアモンド対策)を中心に、分かり易く解説してもらう。(締切り:11 月5 日、定員20名)。
セミナー後、懇親会を予定しており、懇親会にも参加希望の方は申し込み時にお知らせください。また、遠方よりお越しの参加者には仙台市内の観光の相談も承ります。

日時:2019 年11 月9 日(土曜日) 17:00〜20:00
会費:AAJ 会員3,000 円会員外4,000 円
場所:インタージェム( 仙台市青葉区中央2‒1−5青葉21 ビル7F )
*事務局(office@giaaaj.jp) へE-mail にて申し込みのこと。

09/24(Tue) 日本宝石協会(JGS) 第一弾『間違いやすい宝石たち』
宝石科学アカデミーの渥美郁男氏を講師に

《2019年度下半期の勉強会》 一般社団法人日本宝石協会(JGS)は、2019年度下半期に開催するJGS宝石勉強会『あぶない宝石・3回シリーズ』を10月、12月、来年の2月の3回に分けて開催します。
先ず第一弾は『間違いやすい宝石たち』を10月18日(13:30〜15:30)、東京・御徒町のオーラムビル2階、ジュエラーズジャパン研修室において?宝石科学アカデミーの渥美郁男氏を講師にして開催します。
今回は初めての試みとして、一般の人達に向けて、よりJGSを知ってもらうという願いのもとキャンペーン価格で設営するものです。
内容としては、海外での買い付けや、買い取り査定での現場で「アクアマリンと言てるけど、ブルートパーズでは?」と疑問に思った経験はありませんか?他にも多数の疑問を感じたことは数多くあると思います。そんな悩みを一挙に解決する勉強会です。JGSでは、何時ものように、多数のサンプル石を準備して貴方の鑑別スキルをブラッシュアップします。定員30名(予定)。
参加費:▽JGS会員=¥2,000、▽一般=¥8,000、▽Gem-A宝石学在校生=¥6,000。
#ルーペ、ペンライト、紫外線ライト、ツイザー持参の事。
申し込みは、(一社)日本宝石協会(JGS:東京都台東区東上野1−26−2、オーラムビル2階:03−5812-4785、infu@japangemsociety.org)

09/24(Tue) 日本宝石協会(JGS) 第二弾『取り扱い要注意!の宝石たち』
アンブローズ代表の堀内信之氏を講師に

《2019年度下半期の勉強会》 一般社団法人日本宝石協会(JGS)は、2019年度下半期に開催するJGS宝石勉強会、『あぶない宝石・3回シリーズ』を10月、12月、来年の2月の3回に分けて開催します。
その第二弾『取り扱い要注意!の宝石たち』は12月6日(13:30〜15:30)、マイスター一級技能士のアンブローズ代表の堀内信之氏を講師に“宝石は割れる”実感しましょう。
石留は「割れる」と認識しながら、常に真剣勝負で槌を振り、ヤットコを握っている。普段味わえない貴重な体験を皆さんで共有しませんか?JGSでは、何時ものように、多数のサンプル石を準備して貴方の鑑別スキルをブラッシュアップします。割れた宝石、欠けた宝石をお持ちください。定員30名(予定)。
参加費:▽JGS会員=¥2,000、▽一般=¥8,000、▽Gem-A宝石学在校生=¥6,000。
#ルーペ、ペンライト、紫外線ライト、ツイザー持参の事。
申し込みは、(一社)日本宝石協会(JGS:東京都台東区東上野1−26−2、オーラムビル2階:03−5812-4785、infu@japangemsociety.org)

09/24(Tue) 日本宝石協会(JGS) 第三弾『エチオピア産オパールの現状と実験』
ジェムリサーチ?の福田千紘氏を講師に

《2019年度下半期の勉強会》 一般社団法人日本宝石協会(JGS)は、2019年度下半期に開催するJGS宝石勉強会、『あぶない宝石・3回シリーズ』を10月、12月、来年の2月の3回に分けて開催します。
第三弾『エチオピア産オパールの現状と実験』は2020年2月14日(13:30〜15:30)、東京・御徒町のオーラムビル2階、ジュエラーズジャパン研修室においてジェムリサーチ?の福田千紘氏を講師に、世界で最も愛されている宝石のひとつに“色の変化を見る”という意味の名前を持つオパールについての勉強会です。
オパールは天然石の中でも特にデリケートな石です。エチオピア産オパールは、特に水分含有量が高い上に、内部の水分が簡単に出入りする性質を持っています。
今回の勉強会ではオパールの酢の物、醤油漬け、焼き物、そして染色などのデーターで読んだり、吸湿性の実験を行う。オパールの美しさとその内に潜む怖さの秘密を知り、ともに知識を深めましょう。JGSでは、何時ものように、多数のサンプル石を準備して貴方の鑑別スキルをブラッシュアップします。定員30名(予定)。
参加費:▽JGS会員=¥2,000、▽一般=¥8,000、▽Gem-A宝石学在校生=¥6,000。
#ルーペ、ペンライト、紫外線ライト、ツイザー持参の事。
申し込みは、(一社)日本宝石協会(JGS:東京都台東区東上野1−26−2、オーラムビル2階:03−5812-4785、infu@japangemsociety.org)

09/20(Fri) 日本初のラボ・グロウン ダイヤモンドブランド『SHINCA』
京都の直営店に続き、2店舗目が銀座に登場!

?今与(本社:京都市中京区、代表取締役社長:今西 信隆)は、日本初のラボ・グロウン ダイヤモンドジュエリーブランド「SHINCA(シンカ)」東京初進出の直営店舗を10月
10日、銀座にオープンする。
2018年の発表以来、日本初ラボ・グロウン ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)のジュエリーブランドとして業界を先駆けてきたSHINCA。「進化する、新しいかがやき。」をコンセプトに、研究とテクノロジーの結晶による素晴らしくピュアな美しさを生かした、シンプルでありながらこだわったデザインで人気を博している。
商品はリング・ピアス・ネックレス・イヤリングを取り揃え、カジュアルなものから大粒1カラットのラグジュアリーな商品まで、ファッション性に富んだラインナップを幅広く展開している。「デザインしないデザイン」をコンセプトにしたミニマルなデザインと、選りすぐったクオリティのダイヤモンドで構成するフルラインナップを見ることが出来る。本体価格 22,000円(税別)〜。
http://shinca-shop.jp/

09/19(Thu) 金賞は「ふりむけば 夫がいない 宝石店」
金賞に30万円のピンクダイヤモンドペンダント

《きらきらジュエリー川柳大賞》 帝国ホテルアーケードで96年の歴史を刻んできたマユヤマジュエラーは、第7回となる『きらきらジュエリー川柳大賞』の金賞作品を決定した。
今回は2019年7月1日〜8月20日の間に7才〜91才の1,921名から、4,882句のジュエリー川柳が全国から寄せられた。テーマが「ジュエリー」ということもあって、全投稿者の60%は女性からの投稿だった。
音楽家、エッセイストの森ミドリさんを審査員長に迎え、全応募作品の中から“きらきらジュエリー川柳実行委員会”の厳正な審査を経て選定されたのは以下の作品。(敬称略)
【金賞】1名:副賞「30万円相当のピンクダイヤモンドペンダント」
・ふりむけば 夫がいない 宝石店 (古賀愛理・福岡県)
【銀賞】1名:副賞「15万円相当のパライバトルマリン・ダイヤモンド ダンシングストーンペンダント」
・見るだけと はめたダイヤが 家にある (横田早苗・東京都)
【銅賞】1名:副賞「10万円相当のパールブローチ」
・「小さいの」「清楚な君に似合ってる」 (青木由晴・高知県)

【入選】5名:副賞「DIAMOダイヤ入りコスメセット」
・硬度10 ダイヤと夫の石頭 (山上直子・埼玉県)
・ペアルック 気恥ずかしいから ペアジュエリー (山本美加・宮城県)
・噴火前 妻のマグマを 冷ます石 (澤田和之・徳島県)
・ゴールドで シルバーライフが 色を変え (渋木圭一・広島県)
・愛してる ダンナさまより ダイヤさま (森みゆき・山形県)

佳作(10句)および特別賞(15句)は、ホームページで紹介している。
写真は、審査員長を務めたエッセイストの森ミドリさん。
http://mayuyama.co.jp/senryu2019-result/

09/19(Thu) 女性が一番好きな宝石は、ダイヤモンド、次いで真珠
ジュエリーに関するアンケート調査

『きらきらジュエリー川柳大賞』を開催したマユヤマジュエラーが川柳の募集とともに行なったジュエリーに関するアンケート調査の結果も公開している。
アンケート結果
Q1:一番好きな宝石は?(有効回答1,748票)
女性が好きな宝石(有効回答1,060票)
1位 ダイヤモンド 478票 45%
2位 真珠 121票 11%
3位 サファイア 82票 8%
4位 ルビー 67票 6%
5位 エメラルド 62票 6%
6位 アメシスト 48票 5%
(ホームページでは11位まで紹介。男性が好きな宝石も。あのレアなトルマリンの人気が急上昇)
Q2:全部でいくつジュエリーを持っていますか?(有効回答1,752票)
一人当たりのジュエリー平均所有数は女性が8.5個、男性が2.5個
Q3:真珠といえば「〇〇」(有効回答1,768票)
1位 清楚 225票 14%(清純・清廉などを含む)
2位 冠婚葬祭 103票 6%
3位 産地名 90票 5%(伊勢志摩・宇和島など)
4位 貝 89票 5%(アコヤ貝など)
5位 アイテム名 87票 5%(ネックレス・指輪など)
6位 気品 85票 5%(上品・品格などを含む)
7位 豚に真珠 72票 4%
(ホームページでは21位まで紹介。「東洋の真珠」と呼ばれたあの有名人の名も)
Q4:ジュエリーを素敵に着けている女性有名人は?(有効回答1,510票)
30〜40代が選んだ女性有名人(有効回答556票)
1位 デヴィ夫人 81票 15%
2位 米倉涼子 36票 6%
3位 叶姉妹 31票 6%
4位 北川景子 28票 5%
5位 石原さとみ 25票 4%
6位 黒木瞳 17票 3%
7位 石田ゆり子 14票 3%
(ホームページでは12位まで紹介。10〜20代、50代以上が選んだ女性有名人も。「ゴージャス系」もしくは「清楚系」な方が選ばれる傾向)
Q5:ジュエリーを素敵に着けている男性有名人は?(有効回答1,625票)
50代以上が選んだ男性有名人(有効回答815票)
1位 木村拓哉 97票 12%
2位 GACKT 37票 5%
3位 沢田研二 29票 4%
4位 郷ひろみ 27票 3%
5位 福山雅治 21票 3%
(ホームページでは17位まで紹介。10〜20代、30〜40代が選んだ男性有名人も。「セクシー系」もしくは「中性的」な方が選ばれる傾向。選ばれた方の大半が使用しているジュエリーアイテムとは?)
Q6-1:ジュエリーを失くした経験はありますか?(有効回答1,696票)
ジュエリーを失くしたことがある女性は41%、男性は15%
Q6-2:ジュエリーを失くした場所(有効回答490票)
1位 洗面所 67票(洗面台・トイレ 含む)
2位 家の中 40票
3位 宿泊先 32票
4位 プール・温泉施設 24票
5位 道 23票
6位 飲食店 22票
7位 思い出せない 18票
8位 ゴミと一緒に捨てた 15票
8位 職場 15票
8位 海水浴場 15票
(ホームページでは23位まで紹介。水回りで紛失するケースが多いという結果に。ジュエリーを失くさない方法もレクチャー)
Q7:冠婚葬祭・同窓会を除いて、高価なジュエリーを着ける場面はどこですか?(有効回答1,035票)
1位 デート 145票 14%
2位 食事会 128票 12%(ホテルディナーなど)
3位 記念日 101票 10%(結婚記念日など)
4位 パーティー 74票 7%
5位 旅行 68票 7%
5位 気合いを入れたい時 68票 7% 
7位 コンサート 60票 6%(観劇 含む)
(ホームページでは20位まで紹介。華やかさを演出するという目的だけではなく、高級ジュエリーに精神面を支えてもらっているという声も)
アンケートの詳細と分析は、マユヤマジュエラーホームページ上で紹介している。
http://mayuyama.co.jp/senryu2019-result/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:5