※写真をクリックで拡大します。
Home

05/04(Mon) Inspire, Learn and Wonder !!
世界初のジュエリーと宝飾芸術の世界への扉を開いた

 ハイジュエリーメゾン「ヴァンクリーフ& アーペル」の支援のもと、年齢や経験を問わず、あらゆる人にジュエリーと宝飾芸術の世界への扉を開いた世界初のL’ECOLE SCHOOLOF JEWELRY ARTS(レコールジュエリーと宝飾芸術の学校)が、外出自粛の現状において、自宅での時間を充実させるべく『日本語字幕付きオンライン講座』を無料で公開している。
 この機会に、ジュエリーの魅惑の世界をバーチャル体験できる同プログラムへのアクセスをすすめる。
 オンライン講座を通して、ジュエリーが持つストーリーにインスパイアされ、学ぶ良い機会になる。そして各社におけるオリジナル製品の発信のアイデアなどに役立つことだろう。
 ART HISTOERY OF JEWELRYとして、『サミュエル・ビングと「芸術の日本」』、『シャトレーヌ、見直されるべきジュエリー』など8タイトルが揃う。THE UNIVERSE GEMSTONESには、『モゴック峡谷のルビー』、『驚くべきサファイアの色』など7タイトルが揃っている。
Inspire, Learn and Wonder !!
https://www.vancleefarpels.com/jp/

05/04(Mon) 文化的価値を共有し、心の自由を得ることに改めて着目
フランスのハイジュエリーメゾン『ヴァンクリーフ&アーペル』

 フランスのハイジュエリーメゾン『ヴァンクリーフ&アーペル』は、一世紀を超える歴史を通して、独自の詩情に満ちたジュエリーと時計を制作してきた。
 現在は、世界が直面しているかつてない困難を前に、つねに大切にしてきた価値、すなわち、ハイジュエリーや時計の文化的価値を共有し、心の自由を得ることに改めて着目している。
 ジュエリー文化を育み、未来へ継承するために、メゾンはこれからも変わらずその創造性の源にある驚きや魅惑に満ちたジュエリーに関するストーリー、それにまつわる作品をメゾンのS N S やニュースレター、ウェブサイトを通して紹介していく。
 たとえば公式ウェブサイトの「ヘリテージギャラリー」では、メゾンを代表するコレクションや歴史を閲覧できる。「フローラル」や「アルハンブラ」といったメゾンを語る上で欠かせないコレクションを、その歴史に刻まれたストーリーや歴史的な作品とともに紹介している。また、アール・デコ時代を表象する「ミノディエール」や1940年代にアメリカに端を発する「DANCERS(踊る女性たち)」も登場し、苦難の時も平和な時も超えていまに輝くジュエリーの普遍的な美しさを現代に伝えている。
https://www.vancleefarpels.com/jp/

05/04(Mon) サンビジュウがバーチャル試着サービスの提供
ダウンロードをせずに無料でAR体験ができる

 オーダーメイドジュエリーショップを運営するサンビジュウ(千葉県船橋市、岡田泰典代表)
は、iPhone・Androidなどのスマートフォン・タブレットで、アプリのダウンロードをせずに無料でAR体験ができるジュエリーのバーチャル試着サービスの提供を4月20日より開始した。
 同店では、昨年からiPhoneのみの試着アプリを提供していたが、今回提供を始めた試着サービスは専用アプリなどのダウンロードが必要ないため、iPhone・Androidに関わらず利用でき
る。また撮影機能もあるため、撮影した試着画像を保存することも可能だ。
 自宅で過ごす時間が増え、店に行かなくても自宅に居ながら楽しめるジュエリーのWebコンテンツを提供できればと考え、このジュエリーのバーチャル試着サービスを開始したもの。
 また、オーダーメイドジュエリーやジュエリーリメイクの注文の際には、デザインが決まり次第3Dプリンターでサンプルを造形し、顧客が試着できるようにしている。遠方でも最短で翌日郵便にて発送する。実寸大試着とバーチャル試着により、完成品とのイメージの差異をなくしている。
 サンビジュウは、デジタル技術を活用したジュエリーづくりが今までにない新しいものとして、2019年5月に千葉県知事から「経営革新計画」に承認された。デジタル技術のほかにも、宝石品質判定士やジュエリーリモデルカウンセラーの資格を有するスタッフも揃えている。今後もWebARなど自宅に居ながら体験できるコンテンツの充実を図り、顧客に満足を提供できるようにするとしている。
https://bridal.st-bijoux.jp/

05/04(Mon) ブルガリから日本先行販売
ピンクオパールをあしらった新作ネックレスとイヤリング

 究極のイタリアンフェミニニティを表現したブルガリの「ディーヴァドリーム」に、ピンクオパールをあしらった新作ネックレス(48万3500円+税=写真)とイヤリング(29万3000円+税)が加わった。
 ローマに誕生したハイジュエラーブルガリは「ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」黄金期に映画撮影のためローマを訪れたハリウッドを代表する映画スターたちに愛され、蜜月の関係を築いてきた。まさにディーヴァと称される彼女たちの美しさ、人々を魅了する輝きを称え、ブルガリは「ディーヴァドリーム」という絶妙なネーミングで捧げるコレクションを発表し、紛れもない魅力に敬意を表している。
 「ディーヴァドリーム」のアイコンである扇形モチーフの着想源は、ローマの壮麗な遺跡であるカラカラ浴場を彩るモザイク画。優美な曲線を描く扇形アイコンは、フェミニニティやグラ
マラスさを称え、タイムレスな美しさを魅惑的に表現する。
 女性の内在する美しさを引き出し、魅力的に映し出すと評されるピンクオパールをあしらった扇形モチーフは、魅惑的なデザインとカラーで、纏った女性のフェミニニティを際立たせる。
 また、幸運を呼ぶ力を宿すとも称されるピンクオパールをあしらった優美なデザインは、結婚記念日や母の日など、大切な人への気持ちを込めたギフトとして相応しい逸品となる。
 日本先行発売で登場した新作「ディーヴァドリーム」は、ブルガリオンラインショップでも取り揃えている。
https://www.bulgari.com/

05/04(Mon) ジュエリーピコが適正価格に近づく最安値として
「データプレミアムNo.1認証」を

 4月24日に「ビジュピコ札幌店」をプレオープンしたBIJOUPIKOグループの潟Wュエリーピコは、高品質ダイヤモンドを国際相場に沿った適正な価格で提供している。
 日本独自の価格設定を廃止し、中間コストを徹底的にカット。ダイヤモンドにもこだわりを持ち、メーカーならではの強みを生かしてバイイングしている。
 ビジュピコ札幌店では、店内に100ピース以上のダイヤモンドをディスプレイ。顧客自ら選ぶことが可能だ。 
 今年に入り、一般社団法人格付けジャパン研究機構によって行われた調査及びそれに基づくランキングにより、適正価格に近づく最安値として、「データプレミアムNo.1認証」を受けた。
 また、新型コロナウイルス感染拡大防止プロジェクトとしての取り組みも始めている。
https://bijoupiko.com/bridal/

05/04(Mon) プラチナ・レッスン満点達成キャンペーンを実施
プラチナ通信Vol.261

 プラチナ・ギルド・インターナショナルのプラチナ通信Vol.261によると、宝飾業界向けの情報発信をするトレードサイトでは、プラチナの基礎知識を気軽に学びながら、スキルアップや日々のセールストークの自信に繋がる機会となるオンライン・トレーニング「プラチナ・レッスン」を用意。また、最終ステップのTEST・おさらいクイズに全問正解した人の中から、抽選で10名にクオカード2000円分が当たるプラチナ・レッスン満点達成キャンペーンを実施している。応募期間は5月31日まで。
https://www.preciousplatinum.jp/

05/04(Mon) 新婚カップルを応援する『新婚カップル応援サービス』
「ラザールダイヤモンドブティック」

 最高峰の美しい輝きを放つダイヤモンド専門店「ラザールダイヤモンドブティック」(運営:プリモ・ジャパン梶jは、新型コロナウイルスの影響により結婚を延期した新婚カップルを応援する『新婚カップル応援サービス』を4月20日から開始。生涯の思い出となる刻印の入れ直し
を7月31日までの期間無料にて実施する。また、クリーニングは生涯無料で受け、ふたりの愛をサポートする企画として安心して利用できるように最善を尽くす。
https://www.lazarediamond.jp/

05/04(Mon) 3団体連盟で保税蔵地場設置について要望書を
宝飾展示会における保税蔵地場設置について

 3月2日、日本ジュエリー協会、日本真珠輸出組合、山梨県水晶宝飾協同組合の3団体は、財務省の遠山清彦財務副大臣へ、日本の宝飾展示会における保税蔵地場設置について、連盟による要望書を手渡した。
 保税蔵地場の設置は、海外バイヤーの利便性と出展社の輸出手続きの簡素化に役立つもの。現在はIJK(神戸)のみ設置されている。今後におけるJJFやIJT(東京)、秋のIJT(横浜)での設置を陳情した。
 遠山副大臣は「保税蔵地場の設置は可能と思われます。東京税関に話を進めるようにお願いしました」と回答したとしている。
https://jja.ne.jp/

05/04(Mon) 「New Jewelry Tokyo」を主催するNew Jewelry LLC.がオンラインストアをオープン
日本最大規模のデザイナーズジュエリーイベント「New Jewelry Tokyo」

 日本最大規模のデザイナーズジュエリーイベント「New Jewelry Tokyo」を主催するNew Jewelry LLC.が、営業を縮小するブランドと共に、顧客との新たな出会いの場を創出するため、誰でも簡単に本格的なネットショップが作れるSTORESを利用したオンラインストアを4月28日にオープン。約55ブランドが参加し、売上の一部を国境なき医師団(MSF)に寄付するとしている。また、減少傾向にある日本のものづくりを、これ以上衰退させないためにも、これからのジュエリー業界を少しでも元気にできるプロジェクトを発信し、ものづくりを継続できる場を創出したいと意気込む。

05/04(Mon) 「ブルガリお弁当プロジェクト」
都内の感染症指定医療機関で日夜戦う医療従事者を対象に

 新型コロナウイルスの撲滅において科学界と医学界を支援しつづけているハイジュエラーブルガリは、この度、ブルガリ ジャパンが、その企業活動の一環として、自社のホテルズ&リゾーツ部門に属するミシュランの星付きレストラン、イル・リストランテルカ・ファンティン(東京・銀座)のエグゼクティブシェフルカ・ファンティンによる栄養・衛生面にも配慮したイタリア料理で彩る弁当の製造・配送までを行うことを決定し、東京都内の感染症指定医療機関で日夜戦う医療従事者を対象に、4月22日より提供を開始した。第1回目(22日)の「ブルガリお弁当プロジェクト」は、東京都立駒込病院へ180食が届けられ、続いて、23日は、国立国際医療研究センター病院へ200食が無償提供された。なお、この活動は政府の緊急事態宣言期間中、週に2回のペースで行われ、4月27日に東京都立駒込病院、そして28日には、国立国際医療研究センター病院へ無償提供が実施された模様。
https://www.bulgari.com/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:4