※写真をクリックで拡大します。
Home

10/26(Wed) 日本電気硝子が宝飾ガラスを開発
「infiora」ブライダル業界でビジネス開始

日本電気硝子梶i本社:滋賀県:松本元春社長)は、ダイヤモンドに匹敵する輝きと透明度、ダイヤモンドを超えるファイアをあわせ持つ宝飾ガラス infiora(インフィオーラ)を開発、10月22日より、ブライダル事業を全国展開する大手ドレスショップで、infioraを使ったティアラのレンタルを開始した。
infioraは、無色透明ガラスとして世界一高い屈折率を持ち、また、大きな光の分散特性により、ブリリアントカットを施すことで強く美しい七色の輝きを放つ。高度なガラス材料設計技術と革新的なガラス溶融技術がこれらの優れた特長を実現し、かつてない宝飾ガラスを生み出したもの。ブランドネームでもあるinfioraは、「身に着けたとき、心に満開の花が咲くような高揚感を生む存在でありたい」と、イタリア語の「in fiore(満開)」と「ora(今)」にちなんで名づけた。
昨年から、世界初のティアラデザイナーである紙谷太朗氏とのコラボレーションによりinfioraを散りばめたティアラを制作し、人気モデルの木野山ゆうさん出演のブランド動画を配信するなどの先行プロモーションを展開している。
同社では、「infioraは無限の可能性を秘めた素材です。当社は、今後もinfioraの特性を活かした製品を創出し、環境と社会に優しく、より豊かな生活を提供していきたいと考えています」と同製品に賭ける期待は大きい。
https://www.neg.co.jp/infiora/

10/20(Thu) 『アナと雪の女王』の「アナ」と「エルサ」ウオッチ誕生
インデックス12.3.6.9時にはダイヤを留めた、大人のジュエリーウォッチ2モデル

オーダーメイド・ジュエリー企業の株式会社ケイ・ウノ(本社:名古屋市、伊藤崇史社長)は、ディズニー映画『アナと雪の女王』の「アナ」と「エルサ」それぞれをモチーフにした新作の腕時計『Forever sisters』2種類を、11月25日(金)に全国のケイウノ店舗、ケイウノオフィシャルサイトにて発売します。
このほどの新作は、雰囲気も性格も異なるけれども、お互いを信頼し合い助け合う「アナ」と「エルサ」を、それぞれのデザインで表現しました。「アナ」のデザインはピンクゴールドカラーのオーバル型で、文字盤にはドレスに描かれている植物のような模様をほどこし、衣装からイメージしたボルドーカラーの革製ベルトを使用した腕時計です。「エルサ」のデザインはシルバーカラーのスクエア型で、文字盤には雪の結晶をデザインし、ブルーグレーのベルトを使用しました。ベルトにはプレーンなシームレス素材を用いており、シックな印象。どちらも落ち着いた色味で、インデックスの12.3.6.9時の箇所にはダイヤモンドを留めた、大人のジュエリーウォッチです。価格は50,600円(税込み)。
ケイ・ウノは、2010年よりディズニーデザイン ジュエリーのオーダーメイドを手がけています。婚約指輪、結婚指輪、ネックレスやリングなどのファッションジュエリー、時計など、これまでに6万種類以上を生み出してきました。
ディズニーモチーフジュエリー提案のスペシャリストには、独自の「ディズニーデザイン コンシェルジュ」資格制度を設けています。有資格者は全国に約30名在籍し、オリジナルバッジを保持しています。
専門の「ディズニーコーナー」を3店舗(名古屋栄店、神戸店、千葉店)に設置(2022年10月現在)しているほか、全国のケイウノ店舗及びケイウノブランドサイトでもディズニーデザイン ジュエリーを取り扱っています。
https://www.k-uno.co.jp/

10/19(Wed) 祇園エリアに全国6店舗目を開業
「BRILLIANCE+(ブリリアンス・プラス)京都ショールーム」

ダイヤモンドジュエリーをPC上で案内する宝飾店「ブリリアンス・プラス」を運営する(株)キュー(東京都中央区)は、11月19日(土)京都に初進出し、祇園エリアに全国6店舗目を開業します。
新店舗ジュエリーショップ「BRILLIANCE+(ブリリアンス・プラス)京都ショールーム」(京都市東山区)は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された趣ある街並みにある、
町家造りの木造建築を改装してオープンするものです。
新店は、パソコン上でダイヤや各ジュエリーを案内する“異色のジュエリーショップ”で、国内外のサプライヤーと自社のネット取引システムを連携させたビジネスモデルが強みで、
国内最多クラスの3万個のダイヤを供給元から直接買い付けることで、適正価格で販売します。
祇園四条駅から徒歩2分の好立地で、多彩なデザインの指輪とネックレス、また地金を組み合わせて、自分だけの“一点モノ”にカスタマイズできるのが特徴です。全て完全受注生産制で、オーダーいただいたものを一つずつ丁寧に仕上げます。
https://www.brilliance.co.jp/

10/15(Sat) 産学連携で繋げる取り組み
文化服装学院 衣類をアップサイクルし、社会的課題を理解

文化服装学院ファッション流通専門課程は、将来ファッション業界の流通職で活躍できる人材育成に力を入れている。1年次の授業カリキュラムにて軸としている 『ファッションビジネス』ではファッション業界全体の構造や現状の理解を深めながらビジネスへ繋げる創造性を高めることを目標としている。また、外部企業との取り組みを通し、実践・実務で応用できるスキルを習得する。  
主軸科目『ファッションビジネス』ではファッション業界全体の構造や現状の理解を深める授業をおこなっている。また『社会的課題』についてもアパレル業界のことに関わらず関心を持つ学生も多く、ファッションを通し何か表現・発信できないか検討してきた。  
そこで今回、潟<泣Jリ、慨HIBUYA109エンタテイメントに協賛・協力を得て衣類をアップサイクルし、Z世代が感じる『社会的課題』について理解を深め、学生の創造性を発信することとなった。  
ファッション流通専門課程にて知識を深めているコーディネート力・色彩学・素材知識・企画力・提案力に加え、潟<泣Jリ、慨HIBUYA109エンタテイメントとの講義やディスカッションを通し、社会貢献への意識を高めることを目的としている。  
『社会的課題』の発見や理解を深めながら、若者の街“SHIBUYA”をテーマに提供の衣類をアップサイクルし、コーディネートで表現する。評価は文化服装学院教員、潟<泣Jリ、 SHIBUYA109エンタテイメントでおこない、それぞれ評価基準を設け、全80 チームの中から選出されたチームにはメルカリステーションやSHIBUYA 109渋谷店にて2023年2月上旬よりエキシビジョンをおこなう。
https://www.bunka-fc.ac.jp/event/culture-festival2022/

10/15(Sat) Plant Origin Jewelryブランド『90MM』
閣en-sen銀座三越本館でショールームを開く

人と有限資源のより良い関係価値を提案する閣en-sen(岩手県久慈市、菅野舞雪社長)に よる、「琥珀」を使用したPlant Origin Jewelryブランド『90MM(ナインティエムエム)』が、10月12〜18日に、銀座三越本館3階でショールームを開いている。9月28日に発表した“太古の樹木が化石化した宝石”である「ジェット」を使用した新コレクションの披露と受注販売を行っている。  
『90MM』は、日本最大の琥珀専門企業である久慈琥珀鰍ニ協業し、琥珀ジュエリーに特化したブランドとして今年6 月にリングやピアスなど計4型をFirst-Collectionとして発表した。  
今回新しく発表するマットブラックの「ジェット」(黒色琥珀とは異なる)は、岩手県久慈市で採れる琥珀と同様に約 9,000万年前の地層から採掘される太古の樹木が化石になったもの。 琥珀と同様に植物由来で、世代や性別を超えて愛される「黒」色が魅力のジェットを新たにコレクションに加え、Plant Origin-Jewelryブランドとしてさらなる拡大を目指す。  
マリアージュリファインジェットとK18ゴールドのリングは、石座をもたないセッティングが繊細であり大胆。つけていることを忘れる心地よさが魅力。そのイヤカフは、職人の手で一つひとつ細やかに仕上げた丁寧なカットが特長的で、柔らかくそっと寄り添う感じが出ている。
https://10-1k.jp/

10/15(Sat) ジュエリー受注イベント「Cartier Salon」
日本初披露のバーチャル試着ツール

カルティエは、10月8日〜16日まで、都内にてメゾンを象徴する“パンテール”をテーマにしたハイジュエリー受注イベント「Cartier Salon」を開催している。  
その開催に先がけ行われたプレス内覧会では、カルティエと親交の深い“フレンズオブメゾン”をはじめとする多くのセレブリティが来場。随所にカルティエのサヴォアフェールを感じることができる展示空間にて、ハイジュエリーを中心としたジュエリー&ウォッチの数々を一足先に堪能した。  
ハイジュエリーコレクション「パンテールドゥ カルティエ」の新作をはじめ、世界に一つしか存在しない魅惑的なピースなどジュエリー&ウォッチ450点以上が集結。2カ所の展 示エリアをつなぐ回廊には、パンテールのブローチが完成するまでのデザイン画、そしてアトリエでの作業風景をまとめた映像を披露。さまざまな専門技術が結集して生み出されるパンテールの成り立ちと職人たちの物語を通し、カルティエのサヴォアフェールを体感した。  
また、日本初披露となるバーチャル試着ツール「ルッキンググラス」を導入。カルティエがニューヨークのラボにて開発した最新技術を使用し、リングの試着体験を楽しんだ。メゾンの象徴であるパンテールのもつ精神性、卓越した技術と尽きることのない豊かな創造性によって生み出されるクリエイションの数々、クラフツマンシップ、そしてデザインを通じて、パンテールとハイジュエリーの世界を堪能した.
https://stores.cartier.com/

10/15(Sat) 一点物の宝石で仕立てるセミオーダー
「ビズー」が100種以上の多彩な天然石で魅了

国内最多クラス、100種以上の多彩な天然石を取り扱うジュエリーブランド「ビズー」は、世界三大希少石『パライバトルマリン』が一堂に集う特別イベントを、10 月7日より開催。一点物の宝石で仕立てるセミオーダージュエリーや、ブラジル産の極上ジュエルを使った新作リング、ネックレスを11月13日まで発売する。  
一点物の希少なパライバトルマリンが一堂に集う「パライバトルマリンフェア」を表参道店(表参道ヒルズ内)、日本橋店(コレド日本橋内)、ビズー心斎橋店にて、今回のために厳選した一点物のルースで仕立てるセミオーダージュエリーや、希少石・パライバトルマリンの魅力をそのまま楽しめるシンプルなデザインの一点物ネックレスを数量限定で販売している。  
色の濃い上質なルースこだわり調達したブラジル産のパライバトルマリンで仕立てたリングとネックレスの3アイテムを発売。日常使いできるシンプルなデザインでありながら、主役のパライバトルマリンにダイヤモンドを4石添えた 上質な一本。  
それぞれのジュエリーは、地金が K18(イエローゴールド/ピンクゴールド)とプラチナから選べる。価格は、リン グが¥12万1000円〜18万1500円、 ネックレスが¥12万1000円〜14万 3000円。
https://bizoux.jp/

10/15(Sat) 『LEON』と『STRASBURGO』トリプルネームコラボ
ジェントルマン&カンパニー

New classic finejewelry brand『GENTLEMAN』を展開する潟Wェントルマン&カンパニー(東京都港区、武田尚久社長)は、ラグジュアリーファッション誌『LEON』とスペシャリティストア『STRASBURGO』とのトリプルネームコラボレーションアイテムを10月25日に発売する(オンラインストアで10月7日より先行予約販売開始)。  GENTLEMANがブランド創業当時から変わらず、アイコンとしている紳士の証であるBOWTIE(ボウタイ)のモチーフのみを熟練した職人の技によってひとつひとつ組みあげたコラボレーションならではの遊び心溢れるアイテム が登場。ゴールドならではのしっ かりとした重量感がありつつも、 軽やかなデザインと日常使いが出来る着け心地の良さ が魅力。エンドパーツにはダイヤモンドをあしらって、上質なエレガンスを併せ持つ。BOWTIEが多面に光を受けて、ゴールド本来の煌めきをさり気なくファッションのアクセントとして取り入れることが出来る。K18YG/ダイヤモンド/ブレスレット/BOWTIE 499,400円。
https://gentlemanandcompany.com/

10/15(Sat) 大規模リニューアル「名古屋タカシマヤ」
堅調に伸長するラグジュアリーゾーン

2023年の秋頃に、名古屋タカシマヤは開業以来、売上が伸長し続けているラグジュアリーゾーンの大規模リニューアルを実施する。次世代を支える「ミレニアル世代」「Z世代」からの支持も厚いラグジュアリーブランドの新規導入やリニューアルを実施し、新しい売場へと生まれ変わる。  
ラグジュアリーゾーンの売上伸長率は開業時から6倍以上で、店の売上伸長率も開業時から2倍以上となっており、 2000年度は608億円、2021年度は 1,416億円となっている。店全体の売上伸長率と比較してもラグジュアリーゾーンは特に堅調に推移しており、今後も更なる伸長が予想され、段階的にリニューアルされる。  
「2・3・4階ラグジュアリーゾーン」に、新規5ブランドを導入し、8ブランドがリニューアルされ計34ブランドとなる。さらに、7階に新たに「ラグジュアリーゾーン〔紳士〕」が誕生し、ラグジュアリーゾーンの総売場面積は1.5倍以上になる。  
予定としては11月19日に、「エルメス」が、2つの独立したゾーンを持つ新たな装いの店舗へリニューアル。その後「グラフ」など、既存の人気3ブランドが、2023年春以降、順次リニューアル。グランドオープンまでに、新たに5 ブランドを導入する。

10/15(Sat) アーカーがアニメーション映画とコラボ
限定ブライダルを発売

 潟Aーカーは、人気小説を原作とするアニメーション映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』の公開を記念し、劇中に登場するアクアマリンのエンゲージメントリングを制作。10月14日より数量限定で発売した。  
原作は2016年6月に刊行された乙野四方字の小説「僕が愛したすべての君へ」、「君を愛したひとりの僕へ」(ハヤカワ文庫刊)。ひとりの少年がそれぞれの世界の別々の少女と恋に落ちるラブストーリー。ふたつの世界が絡み合い交差して、互いが互いの世界を支え合っている、そんな斬新な設定が話題となり、シリーズ累計発行部数40万部を突破。10月7日に二作同日・全国公開された。
https://www.ahkah.jp/

10/15(Sat) 一真堂万代店『ディズニー シンデレラ』
ブライダルコレクションの販売を開始

活齔^堂(長野県長野市、岩間栄次郎社長)は、セントピュール鰍謔阡ュ売されているディズニーシンデレラのブライダルコレクション新シリーズ『ディズニー シンデレラブライダルコレクション2023』の販売を一真堂万代店で開始した。限定モデル2シリーズ、定番モデル1 シリーズ、エタニティリング、プチペンダントの5シリーズ展開。
また、2022年10 月1日〜2023年9月30日までの1年間、シンデレラの魔法が解ける前の夢のような時間【11時59分】にちなんで、 マリッジリングペアとエンゲージリング あわせて1,159(ペア/本)の限定販売となる。  
同社は、約30ブランド2000本以上のブライダルリングが揃うセレクトショップ。今回、新シリーズの取り扱いをスタートした“ディズニーシンデレラブライダルコレクション2023”の他にも、「美女と野獣」「Tangled(ラプン ツェル)」も取り扱っている。
https://1sd-niigata.jp/shops/bandai

10/15(Sat) うさぎクラブin大阪  
オブザーバー募集中  

業界を元気に活性化させたい人が集まる「うさぎクラブ」の交流会が、10 月23日(日)19時より、大阪・難波で開催される。大阪は初の開催となり、小売、メーカー、卸など業種に関わらず会員を募集すると共に、今回はオブザー バー参加も募集している。
興味のある方は事務局までご連絡を。
メール: hayato@carol.ocn.ne.jp/ 080-4446-0460(担当:藤井)。



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
page:4