※写真をクリックで拡大します。
Home

05/15(Fri) 「FOPE(フォッペ)」の日本総代理店にSwissPrimeBrands
5月から販売開始

 SwissPrimeBrands梶i東京都中央区、オルドゥーニャ・ルカ・セルギオ代表)は、1929年イタリア・ヴィチェンツァで創業、現在世界50カ国以上で展開しているファインジュエリーブランド「FOPE(フォッペ)」の日本総代理店として、5月より販売を開始すると発表した。
 コレクションは主に、ブランド独自に開発したノヴェチェント(イタリア語で1900年代の意)メッシュチェーンで構成されている。コレクションによってサイズとデザインが異なる18Kゴー
ルドのメッシュチェーンは、エレガントでタイムレスなイタリアンスタイル。
 また、何十年にもわたり蓄積してきた豊富な知識とノウハウにより2007年に発表した、18Kゴールド製の伸縮性のあるブレスレット「FLEX’IT(フレグジット)」は、世界中の女性から高く評価されている。世界で特許を取得したこの画期的なシステムはブランドのシグネチャーとなり、エレガントで快適な着け心地を実現している。
 価格帯は8万6000円〜3500万円(税抜)。アイテムはリング、ブレスレット、ネックレス、ピアス。展開店舗は、日本全国の百貨店、高級時計宝飾店、セレクトショップ等で順次展開予定。公式サイト www.fope.com

05/15(Fri) 「アレキサンドライトの宝石学的特徴と産地鑑別」
GIA Tokyo

 GIA Tokyoは、第17回GemFestを5月8日にオンラインで開催した。
 Zoomを使用したセミナーのテーマは「アレキサンドライトの宝石学的特徴と産地鑑別」。美しい変色効果を示す人気の宝石アレキサンドライトの一般的特徴から、2019年2月よりサービスを開始した産地鑑別について説明した。
https://www.gia.edu/

05/15(Fri) 「CVDダイヤモンドを深く知る」参加費は無料
日本宝石協会が6月18日14時からZoomを利用したオンラインで

 一般社団法人日本宝石協会が主催する勉強会が、6月18日14時からZoomを利用したオンラインで開催される。
 議題は「CVDダイヤモンドを深く知る」。講師は、コーンズテクノロジー社の博士、津川和夫氏。登録制で、参加費は無料。詳細・申込はH Pで確認をhttp://japangemsociety.org/

05/15(Fri) ティファニー「エルサ・ペレッティ™ ボーン カフスペシャルエディション」発表
「ボーンカフ」の誕生50周年

 時代を超えて愛されるデザインアイコン、「ボーンカフ」の誕生50周年とともに、色を愛したエルサ・ペレッティの功績を称え、ティファニーは、「エルサ・ペレッティ™ ボーン カフスペシャルエディション」を発表。凛とした女性らしさと無造作な抜け感。1970年代に発表されたこの画期的なデザインが、彼女のジュエリーの特徴でもある人間工学に基づいた、官能的な美しいフォルムを描いている。
 5月1日から公式オンラインストアより順次発売される新作「ボーンカフ」は、あざやかなレッド、ブルー、グリーンの3色展開(価格6万円+税)。美しいだけでなく、芸術作品のような存在感のあるアイテムの内側には、「スペシャルエディション」の文字が刻まれる。
 また今年の秋には、エルサ・ペレッティが彫刻の石からインスピレーションを受けた宝石をデザインしたスペシャルなボーンカフストーンも発売される。
 時代を先駆けた彼女のクラフトマンシップは、絶妙なラインを描きながら、手首を包み込むボーンカフのデザインに表現されている。左右の手首に自然に馴染み、身体と一体化するようなデザインと彫刻のようなフォルムは、彼女の飽くなき好奇心と創造性の証。それは少女時代に17世紀ローマのカプチン派修道会の地下聖堂を訪れた時の衝撃、そしてアントニオ・ガウディの「カ
サ・ミラ」に刺激を受けて、バルセロナで過ごした経験から生まれたもの。
 身に着けるだけで力を与えてくれるボーンカフ。それは、強さと優雅さの象徴。エルサ・ペレッティの美学は、現代を生きる独立した女性と個性あふれるスタイル感覚を体現している。彼女のデザインは、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンの大英博物館など、世界的な美術館のコレクションの一つとなっている。現代を代表する最も重要で、世界中で愛されているデザイナーの一人と言える。
https://www.tiffany.co.jp/

05/15(Fri) 「アイプリモ」から母の日の贈り物
誕生石でつくるベビーリング『NovababyBirthstone』

 ブライダルジュエリー専門ブランド「アイプリモ」は、愛おしい子どもの誕生の喜びと光あふれる未来への願いを込め、末永く愛用できるのが魅力の誕生石でつくるベビーリング『Novababy
Birthstone』を用意。昨今生まれてくる赤ちゃんに贈られる人生で初めてのジュエリー、出産祝いとしても人気が高いベビーリングに、世界に一つだけのお好きな刻印を入れ、5月10日“母の日”に、パパからママへの贈りものとして、またはママになった自身への贈りものとして提供した。素材はK10WG、YG、PG。誕生石は12色。価格は3万5200円(税込)。刻印は30字まで可能。
https://www.iprimo.jp/

05/15(Fri) アーカーから春夏コレクション先行発売
イエローサファイアやピンクトルマリンなど色石をメインに

 潟Aーカーから、色鮮やかなイエローサファイアやピンクトルマリン、ダイヤモンドをあしらった2020年春夏コレクション「twilight moon」が、清々しい初夏の訪れにふさわしいジュエリーとして、5月13日より公式オンラインショップにて先行発売された。
 「twilight moon」は、朝や夕方の幻想的なグラデーションの空に黄昏る時間や空間、淡い藍色の空を照らす月や星々をインスピレーションに、繊細でありながら神秘的な艶めきや煌めきが際立つ、存在感のあるデザインが揃う。
 月夜に輝く色とりどりの星々を表現した“ルレーヴ(lerêve)”。流れ星をイメージしてセッティングされたイエローサファイアやピンクトルマリン、タンザナイトなど色彩豊かなカラーストーンが、仕草に合わせてリズミカルに揺れる、大人の遊び心があふれるジュエリーとなっている。
 また、AHKAHの代表作のひとつとして好評の“ビンドゥ(bindu)”シリーズから新作が登場。身体の動きに合わせてしなやかに揺れる繊細なチェーンに直接留めたダイヤモンドが、揺れる
たびに瑞々しい輝きを放つ。洗練されたフォルムと繊細なダイヤモンドのセッティングによって、年代を問わず楽しむことができるジュエリーだ。
[写真]=ルレーヴリング:18KYG。アクアマリン、イエローサファイア、ピンクトルマリン、タンザナイト、ペリドット。価格8万4000円。
https://www.ahkah.jp/

05/12(Tue) 日本が誇るジュエリーの匠 -Five Virtuos -山口遼の名人五選
5月20日に発刊される『Hills(ヒルズ)』最新号

PR現代が年4回発行しているジュエリーのあるステキな暮らしを提案する情報誌『Hills(ヒルズ)』の5月20日に最新号となる第31号が発刊される。「日本が誇るジュエリーの匠─Five Virtuosi─山口遼の名人五選」を発刊する。
今号は宝飾史家 山口遼氏プロデュースによる「五人の会」にスポットを当て、長井豊、塩島敏彦、村松司、秋場けい子、首藤治という、それぞれ作風の異なる五人のジュエリー作家の作品を紹介。高度な技法を駆使し、凝縮された世界を表現する作家たちの見応えあるジュエリーを掲載している。ピクウェやプリカジュールといった希少な技法についての解説を記載し、各々の作品が生み出される工程にも言及することで、作品への理解を深める。
作家たちのプロフィールや作品の特徴紹介、山口氏の「五人の会」発足についてのコメントなど、宝飾専門店での展示会開催のための資料となる情報を提供している。
PR現代では『Hills』を、宝石に対しての更なる興味関心を持ってもらうためのツールとしてはもちろんのこと、催事前の予告案内として利用するジュエリーフェアの企画や、テーマに合わせた売場づくり、ウェブでの情報発信など多角的な展開を勧めている。活用を続けることで、成果を出している専門店も増えており、お客さまとの会話のきっかけづくりとしても『Hills』の活用を提案している。
https://pr-g.jp/

05/04(Mon) 日本ジュエリー協会
「JJAジュエリーデザインアワード2020」の中止を発表

 一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA。小山藤太会長)は、新型コロナウイルス感染拡大に
伴い、6月16日から応募受付を予定していた「JJAジュエリーデザインアワード2020」の中止を、
4月2 4日付で発表した。
 また8月19日に予定していたジュエリーコーディネーター検定(第16回1級、第22回2級、第
41回3級)を中止すると4月27日付で発表した。なお、今後の試験については決定次第同協会のウェブサイトにて知らせるとしている。
 さらに、「3月単月の企業活動への影響調査」及び「各会員会社の施策調査」の集計結果をジュエリー議員連盟に送付。具体的把握によるジュエリー業界の厳しい状況の理解及び会員各社の施策実態と課題の理解を通じて、「資金繰り支援」を中心とした支援策の迅速な対応について関係先への働きかけを申し入れたと4月27日付で発表した。
https://jja.ne.jp/

05/04(Mon) 自宅でコンシェルジュと対面会話
ケイ・ウノ 「オンライン接客サービス」を開始

 オーダーメイド企業の潟Pイ・ウノは、WEB会議ツール「Zoom」(無料)を利用した「オ
ンライン接客サービス」を4月21日から開始。自宅でコンシェルジュと対面で会話しながらジュエリーの相談ができ、デザイン提案や注文、配送までをオンラインで完結することを可能としている。
 オンライン接客サービスは、「秋に挙式を控えている。自宅で結婚指輪のデザインを相談したい」、「結婚10周年に、想い出に残るようなオーダーメイドジュエリーを作りたい」、「子どもの一歳の誕生日に、ベビージュエリーをプレゼントしたい」など、ジュエリーの購入を検討している人に向けたサービス。完全予約制で、希望日の2日前までに予約。各日12時と16時からの2部制となっている。
 また、外出自粛の要請に伴いケイウノでは、専属デザイナーが顧客の要望に合わせてデザイン画を提案する「おうちで無料デザイン依頼」サービス、ジュエリーに関する様々な相談・質問にコンシェルジュが返答する「LINE相談窓口」サービスを提供するほか、オリジナルデザインの婚約指輪・結婚指輪、ファッションジュエリーをオンラインショップで取り扱っている。
https://www.k-uno.co.jp/bridal/

05/04(Mon)「おうち時間を楽しむカミネのキッズとけいぬりえコンテスト」
老舗専門店カミネが実施中

 ヨーロッパを中心とする舶来時計やジュエリーを全6店舗にて展開し、創業1 1 4周年を迎える老舗専門店カミネ( 兵庫県神戸市、上根亨代表)は、4月11日から5月11日まで、自宅で過ごす時間を楽しむための企画「おうち時間を楽しむカミネのキッズとけいぬりえコンテスト」を開催している。
 同社は、取り扱う製品の腕時計を1つのアート(芸術品)であると考え、常日頃よりそれに紐づく展開を心がけている一環として、大半の店舗が臨時休業する中、「街に育てられ今日の姿がある自分たちにもできることを。オンライン上で人々と繋がり、なにか楽しい時間を過ごす手伝いをし、少しでも明るさを与えられれば…」という思いから同企画を具体化させた。
 企画内容は簡単。カミネのHPから2種類のぬりえ用紙を申し込めばいずれかが自宅に届き、それに色を塗ってエントリーするだけ。年齢制限はないが、申し込みは1家族につき2枚まで。
 グランプリは6月10日「時の記念日」にオンラインで発表。また、エントリーした全てのキッズに参加賞が贈呈される夢のある企画となっている。
 「スマートフォンやスマートウォッチの台頭により、腕時計を身につける機会は少し減り始めているが、元来腕時計は身につけることのみでなく1つの個体としてとても魅力ある『アート』であることをもう一度思い出してもらうきっかけにもなれば」とPRの上根彩さんは語っている。
 同社HPやSNSなどで告知し、開始から約10日経過した4月27日には、既に800件を超える申し込みがあった。
https://www.kamine.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:3