※写真をクリックで拡大します。
Home

07/16(Fri)「ジャパンジュエリーフェア2021(JJF)」
国内市場の活性化と出展者による最新情報に期待する

無料のシャトルバスや工場見学なども

 国内最大級の宝飾産業のB2B展示会 「ジャパンジュエリーフェア2021(JJF)」は、9月1日〜3 日の3日間、山 梨県甲府市のアイメッセ山梨で開催される。
 未だ収束の見えない新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しながら、首都圏以外での開催を、「9月の香港フェア」との連動を踏まえながら模索した結果、JJFが掲げる、揺るがぬ「B2Bトレードショー」を確実に実現できる場として選んだのが、ジュエリーの産地として知られる山梨県甲府市だった。
 決定当時は、コロナ以前と同様の国内の移動と海外からの人の往来が可能となれば、購入意欲の高いバイヤーが多く押し寄せ、業界が待ち望んだ国際的なジュエリートレードショーに期待したかったが、現状ではオンライン商談やソーシャルバイヤーに期待するほかない。
 現在は、セミナーの事前登録が始まったほか、無料で主要都市(東京、新宿、横浜、名古屋、新大阪)から会場までのシャトルバス (要予約)のほか、甲府駅から会場までの循 環バスも用意されるなど、国内の多くのバイヤーが訪れやすい環境を整えている。開催まで残りの1カ月半で、出展者たちによる、国内バイヤーがJJFへ行きたくなるような最新情報が業界に溢れ、会場が賑わうことが望ましい。
 会場では商談のほかに、世界有数の宝石加工の街にある工場見学、体験ツアー(事前予約)、フルーツの王国からの魅力的なギフト進呈(先着順)なども用意されている。
https://www.japanjewelleryfair.com/

07/16(Fri) 「結婚指輪を、カジュアルにしよう」
全く違う形態のオンラインショップ「hibi」

 「mina.jewelry」と「uchimari」を運営する各ncochi (大阪市西区、南口寛之社長)が、これまで当たり前になっていた結婚指輪の3つの価値観(一生ものである、高額な買い物、お店で相談)を変えるサービスの提供を、“結婚指輪の買い替えができる” オンラインショップ「hibi」で開始した。
「hibi」は結婚指輪をネットショップでのみ販売するブランド。指輪の買い替えができるサービスのほか、ペアで5万円台からの商品も揃えている。
 コンセプトは「結婚指輪を、カジュアルにしよう」。これまで当たり前になっていた、@ずっと同じものをつけ続けるもの、A高額な買い物、Bお店で相談の3つの価値観を変えたいとしている。
 そのために、全く違う形態のサービスとして、まずは、二人のタイミングにあった「買い替えサービス」を実施する。Hibiで購入の指輪を買取し、買取金額に応じて発行したクーポンで、新しい指輪が購入できるサービスとなる。このサービスにより、好みが変わった人や新しいもの、より良いものに買い換えたい人たちの需要を捉えたいとしている。次は、高額ではない指輪として、ペアで5万円台から購入できる結婚指輪を用意。結婚指輪の購入金額で最も多い割合の20万円〜25万円未満や25万円〜30万円未満という需要の多い層以外をターゲットにしている。 最後は、「近くに店がない」「接客が苦手」な人たちも気兼ねなく指輪が選べるよう、全ての商品をネットで販売している。
 同社の理念は「結婚指輪を選ぶときの選択肢を増やしたい」ということで、創業当時からオーダーメイド、手作り、 既製品を念頭においているが、時代の変化とともに『店舗orウェブ』という選択肢や『一生ものorカジュアル』といっ た価値観の選択肢が増えていき、今後も色々な方向の選択肢が増えていくことを捉えれば、それらを混ぜることなく 1つ1つのブランドとして確立させることが、顧客にとってわかりやくすシンプルに選択できることだと考えたと説明 している。
https://www.uchimari.com/

07/16(Fri) どの年代の女性も楽しめるデザインリング
今与のハイエンドブランド「かがよい」から

 宝飾品の製販一貫企業の轄。与(京都市中京区、今西信隆社長)が、ハイエンドブランド「かがよい」の、はなかさねコレクションから、どの年代の女性も楽しめるデザインリングの販売を開始した。
「はなかさね」は、京都に根付く創造性と比類なきクラフトマンシップによって生み出され、四季の衣の「襲(かさね)」の色合わせや重なりを壮麗かつ大胆に表現してきたコレクション。
 新作の、洗練された流れるラインとボリューム感で作られた、はなかさねリングは、年代を問わないエイジレスなかがよいの新しいスタイル。
 カラフルなカラーストーンで表現されたこのコレクションが宿す色彩豊かな感性と、繊細さと大胆さが際立つ煌めきあふれる唯一無二のデザインが、見事に融合し、タイムレスな美しさを日常にもたらす。
 ▽5連タイプは、指の上で軽やかに躍る華やかなボリュームのデザインが特長。YG×ダイヤモンド110万円、 Pt×DIA×グリーンガーネット×ピンクサファイヤ110万円、PG×DIA×アメジスト×ピンクサファイヤ104万5000円、 Pt×DIA×アメジスト×グリーンガー ネット、Pt×DIA 110万円(全て税込み)。▽クロスラインタイプは繊細な2本のラインが弧を描き指の上でドラマティックに交差するシンプルデザイン。 価格は59万4000円〜99万円。
https://imayo.jp/

07/16(Fri) リード社が『RX Japan株式会社』に社名変更
新たな一歩を踏み出す決意を表明

 これまで「国際宝飾展」をはじめ、「国際メガネ展」など年間で80本以上の多彩な見本市を主催する日本最大の見本市を主催する会社、リードエグジビションジャパンが、7月15日付で『RX Japan株式会社』への社名変更を発表した。
 「これまでリードで培った経験や、皆様との繋がりはそのままに、お客様、関係者の皆様のために、これまで以上 に価値ある展山梨で開催される「ジャパンジュエリーフェア2021」 国内市場の活性化に出展社による最新情報に期待〜無料シャトルバスや工場見学なども〜一 生もの、 高額店での相談という価値観を変える「結婚指輪を、カジュアルにしよう」 全く違う形態のオンラインショップ、展示会を創り上げたいとの想いから、新たな一歩を踏み出すことを決意しました」と田中岳志社長の名でコメントも発表している。  同社は1986年に設立。2003年に見本市を主催する分野で日本最大の会社に成長。さらに、その後の16年間で成長の速度が加速、「出展社が儲かる展示会を真剣に創る企業」として評価され、年間延べ3万社以上が同社の展示会に展示している。
 今後も長年に渡って築きあげた成功へのDNAとノウハウを進化させ「出展社・来場者の期待を超える商談展」を創り続けることで、各産業の発展と日本経済の活性化に貢献していくと決意を表明している。
https://www.rxjapan.jp/

07/16(Fri) エシカルジュエリー「HASUNA」新作登場
ルワンダの元ストリートチルドレンにより生産された

 エシカルジュエリーブランド「HASUNA」( HASUNA=東京都渋谷区、白木夏子社長)が、ルワンダの元ストリートチルドレンの青年たちが技術を学び、生産されたコルネ(牛の角)を使用したコレクション「HOPE」から2年ぶりの新作を発表した。アイテムは、ネックレス、イヤ ーカフ、そしてHASUNA初のヘアアクセサリーとなるポニーフックの3種。
 コルネはHASUNAが創業以来大切にしている素材のひとつ。アフリカの国ルワンダから来ており、ルワンダにある牛角細工工房「ウムリモ・ムブジマ」は、HASUNAのパートナーが青年海外協力隊の赴任中に立ち上げた工房である。ここでは、元ストリートチルドレンの青年たちが加工技術を学びながら職人として働き、自活できる報酬を得ている 。創業当時からHASUNAのシンボリックな素材としてたくさんのジュエリーやコレクションにつかわれてきたコルネは、2017年に改めて『HOPE』という名のもと、日本のガラスジュエリーブランド「_cthruit」とのコラボレーションでコレクションとして発表された。『HOPE』は“希望”の証。そして、映画『ルワンダの涙』に出演した「クレア=ホープ・アシティ」の名前にも由来する。美しいジュエリーに悲しい背景があってはいけないと、エシカルジュエリーを作り続けてきたHASUNAがその理念とともに大切にしてきたのがコルネだ。
https://hasuna.com/

07/16(Fri) ダイヤモンド固有の輝きを「音化」で
一石ごとに異なる唯一無二の音響が加わったサウンドで

中央宝石研究所(CGL)がレポートと共に提供を開始した

創業1970年、国内最大規模のラボラトリーを有し、ダイヤモンドの全数検査 、最新鋭 の分析機器による宝石の研究、宝石を知り尽くした専門家による世界最高水準の鑑別、ダイヤモンドグレーディング・レポートの発行を行う樺央宝石研究所(CGL:東京都台東区、吉澤博幸社長)は、独自で開発したダイヤモンドの撮影装置(特許出願中:2020− 100729)によって制作されたダイヤモンドの輝きの映像に、連動して一石ごとに異なる唯一無二の音響が加わったサウンドプログラム付きレポート「Whisperof Dia-mond」の提供を7月12日より開始した。このレポートは、ダイヤモンドのグレーディングレポートのオプションとして発行され、そこに掲載されるQRコードを読み込むことで、いつでもアート作品としてのダイヤモンド固有の輝き(映像)とサウンド(音色)を楽しめる。
 これは、音響空間作家の及川潤耶氏(ソニフィデア合同会社:宮城県仙台市)と契約したことで実現。昨年6月に特許出願した撮影装置で差別化できるレポートを誕生させた。  撮影方法としては、ダイヤモンドのテーブル面と光源を相対的に回転させることで発生するシンチレーション効果を撮影し、光源に複数の点光源を取り入れることで7色に輝くファイアも表現される。約40秒にわたる映像の中では、ダイヤモンドに照射する光源の強さや数、位置などを変化させることによって、ダイヤモンドもそれに応じた輝きを放つ。  ダイヤモンドは一つ一つ撮影され、その映像データに及川氏が制作した音生成プログラムによって音付し、クラウド上に音付き映像として保管される。
https://www.cgl.co.jp/cgl/tokyo.html

07/16(Fri) Q&Aで悩み解決 ECで真珠を売る
オンラインセミナー 7月28日の13時30分〜14時15 分

 Eコマースでの真珠販売で定評のあるゼネラル真珠を講師に招き、ECに関する基礎知識から応用テクニックまでを学べるオンラインセミナーが、7月28日の13時30分〜14時15 分まで開催される。主催はJJFを運営するインフォーママーケッツジャパン。
 消費者の購買スタイルが変化する状況の中、柔軟に対応するべき一つとして、オンライン販売に注目が集まっているが、実際にはどのように取り組めば良いのかなどの疑問や不安を抱えている人が多い状況を捉え、同セミナーでは、今さら聞けない初歩的な質問から、聴講者が抱える様々な問題に答えるべく、 通常よりも質問時間が長く設けられる。匿名で質問できるので、成功事例から学び、明日のビジネスに活かしたい。
https://informamarketsjapan.com/

07/16(Fri) 共催企画展「見えてないデザイン展」
ヴァンクリーフ&アーペル

 ヴァンクリーフ&アーペルは、「ペルレ」コレクションに新たな6つのクリエーションを発表。まばゆい光を放つ洗練されたデザインには、コレクションに宿る煌めきに満ちた朗らかな精神が映し出されている。
新作は、イエロー、ホワイト、ローズの3色のゴールドを取り揃え、このコレクションの特徴である丸みを帯びたスタイルを継承しながら進化。ゴールドビーズの縁飾りを施し、最初のペルレクローバーのデザインを受け継ぎつつ、 さらに高度な技巧を盛り込んだス ウィートバージョンを生み出した。今回初めてブレスレット(180万8400円〜 192万7200円)には10個、リング(79 万7500円〜84万1500円)には5個の クローバーモチーフをあしらい、煌めくリボンのように手元や指を包むジュエリーを引き立てている。それぞれのモチーフには、中央のゴールドビーズを囲んで4石のラウンドカットダイヤモンド がセットされている。
https://www.vancleefarpels.com/

07/16(Fri) ティファニー ブルーブックコレクション
自然を巡るカラフルな旅がテーマ

 ティファニーが発表した2021年のブルーブックコレクション「カラーズ オブ ネイチャー」は、自然界の鮮やかな色彩が次々に登場する万華鏡さながらの旅物語。同コレクションは、ジャン・シュランバージェの秀逸なクリエーションと、ティファニーハイ ジュエリーのデザインで構成され、自然の中で生まれ、自然を包み込み、自然を超越して広がる様々な色彩を讃える。核となっているのは、ティファニーのダイヤモンドオーソリティと、ジェムストーンの世界における影響力。この二つの輝かしいレガシーと、卓越したクラフトマンシップとイノベーションのヘリテージが一体となったブルーブックコレクションは、ハイジュエリーの新たな可能性を切り拓く。
 みずみずしい植物を形作る鮮やかなグリーントルマリンや稀少なコロンビア産エメラルドといった鮮烈なジェムストーンは、豊かな自然が生い茂る風景を表現している。紺碧の海と刺激的な色彩をまとった海中生物の世界を描くのは、アクアマリン、ツァボライト、サファイヤ。大空から着想を得て見る者を惹きつける見事なピースは、スピネルや、イエローやオレンジサファイアといった稀少なジェムストーンによって、 天空を染める驚くべき美しい色彩を再現している。このコレクションの色鮮やかなスピリットを体現しているのが、圧巻の美しさを誇る二つのネックレス。 厳選されたジェムストーンの豊かなバリエーションが、見事な色彩を生み出している。その中には、20世紀にティファニーがジュエリー界に初めて紹介したことで知られ、レガシージェムストーンとしてブランドが誇る、タンザナイトとクンツァイトも含まれている。
 一世紀以上にわたってハイジュエリーブランドとしてのティファニーの名声を支えてきたのが、イノベーションと伝統技術を融合したクラフトマンシップ。その卓越した技術は、「カラーズオブネイチャー」においても余すことなく発揮。内部に欠陥のない2 1カラット超のマーキスシェイプのダイヤモンドは、アフリカのレソトで責任を持って調達され、 ティファニーの職人が息を呑むほどの美しさを引き出した。これは、世界一卓越したクラフトマンシップを長年にわたり追求してきたティファニーのヘリテージへのオマージュに他ならない。
ティファニーの至高のクラフトマンシップが表現された最も芸術的なクリエーションには、ジャン・シュランバージェの豊かな空想力が生み出した数々のピースがある。今回、職人の腕 がシュランバージェの最も有名なクリエーションに新たな命を吹き込んだ。 合計85カラット超のダイヤモンドがきらめくプラチナネックレスは緻密な手作業で制作され、シュランバージェのデザインを特徴づけるアシンメトリー、ダイナミックな動き、フェミニンな繊細さを見事に表現している。シュランバージェの傑作の数々を完璧に補完するのが、革新的なセッティングで知られるティファニー ハイジュエリーピース。 特別なカスタムカットを施しハンドセットされたダイヤモンドは、さながら煌めくモザイクのよう。あるネックレスでは半透明のロッククリスタルの平面上にダイヤモンドがセットされ、まるでダイヤモンドが空中に浮遊しているような印象を与える。
https://www.tiffany.co.jp/

07/16(Fri) 「I-PRIMO」プロポーズプランを提案するサイト
診断チャートで“ぴったりリング”や“プロポーズプラン”

 「I-PRIMO」が、プロポーズ事例やプロポーズプランを提案するサイト「プロポーズ準備室」にパートナーのスタイルに似合う指輪を診断できる『婚約指輪マッチング診断』と、自分らしいプロポーズを手伝う『プロポーズシチュエーション診断』の両コンテンツを追加し、 プロポーズで感じる「プロポーズ方法を知りたい」「タイミングがわからない」「好きな指輪がわからない」などの多くの悩みをサポートできるよう整えた。
https://www.iprimo.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:3