※写真をクリックで拡大します。
Home

08/26(Wed) 日本ジュエリー協会が世界のダイヤ鉱山団体(NDC)連携
消費者にダイヤモンドジュエリーを身近に感じてもらうため

 一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA:小山藤太会長)は、8 月17日、日本の消費者にダイヤモンドジュエリーをより身近に感じてもらうためとして、NATURAL DIAMOND COUNCIL (NDC)との提携を発表した。
 ダイヤモンド鉱山業界の代表的団体であるNDC(旧名称:DIAMOND PRODUCERS ASSOCIATION)は、世界の7大ダイヤモンド採掘会社によって発足したグローバルな業界団体。メンバーはALROSA、De Beers Group、Dominion Diamond Mines、Lucara Diamond Corp、RZMurowa、Petra Diamonds、そしてRio Tintoで構成されており、その生産総量は世界の天然ダイヤモンドの75%を占める。
NDCの使命は天然ダイヤモンドの多面的で輝かしい世界を見せることで、人々が天然ダイヤモンドへの熱望をより高めること。業界のトレンドや業界関連情報のシェアなどにより、天然ダイヤモンド領域での権威的存在を確立していく。天然ダイヤモンドジュエリーの非凡なクリエイティビティを称え、メンバー各社が守り抜く価値観と天然ダイヤモンド業界全体が生み出す社会貢献を広く伝えていく。 NDCとJJAは、この事業を通じて日本における天然ダイヤモンドの可能性を最大限に引き出し、その優れた数々を日本の消費者にアピールしていくことを目指す。
NDCは日本の天然ダイヤモンド業界を支援するため、JJA にあらゆるコンテンツを提供する。それらは、ジュエリー業界のベテランによる特集記事、天然ダイヤモンドジュエリーの購入を検討する際にバイヤーが必要とするすべての情報を提供する信頼できる教育コンテンツ、天然ダイヤモンドの世界をつなぐ6つの柱(@ Epic Diamonds、AHollywood & Pop Culture、BLove & Diamonds、 CStyle & Innovation、DDiamonds101、EInside the Diamond World)からなる洞察力に富んだコンテンツとなっている。
JJAは、NDCが天然ダイヤモンドジュエリーのトレンドを予測してまとめた「2020 Fall Jewelr y Trends Report」にもアクセスでき、これからのシーズンを見据えた幅広い視点から、 日々のスタイル選択に鋭く焦点を当てたものまで、あらゆるトレンドを日本の小売店と消費者に紹介することができ、両者の提携は市場活性化における新たな力を生み出すことに期待される。
天然ダイヤモンドに関する質の高いリソースを世界のコミュニティと共有し、世界の天然ダイヤモンド業界を刷新することを決議したNDCは、以下4点を推進していく。
1.小売店や消費者向けに価値あるコンテンツを作成。2.天然ダイヤモンドジュエリーならではの優れた創造性の称賛。3.天然ダイヤモンドを取り扱う企業の価値を高めること。4.天然ダイヤモンド業界全体から生み出される明確な社会的利益の強化。
「日本は天然ダイヤモンド業界の世界5大市場の1つです」と語るNDC中国のManaging Director、マーベル・ウォン・マコーミック(Mabel Wong McCormick)氏は、「新しいデジタルプラットフォームOnly Natural Diamonds の高品質なコンテンツを 活用することにより、JJAはNDCとともに日本市場に合わせたスタイルで天然ダイヤモンドのプロモーションをしていきます。それによりJJAは日本の消費者、小売店そして業界関係者とより深いつながりを持てるでしょう」と述べている。
https://jja.ne.jp/

08/26(Wed) 9月17・18日「第71回ジェムストーンフェア in KOFU」開催
GSFに行くからこそ出会えるオリジナルカットや希少石

 毎年夏(7月)に開催されていた山梨県水晶宝飾協同組合の宝石研磨部会による「第71回ジェムストーンフェアin KOFU」(GSF)は、厳重な感染対策を講じ9月17日・18日の2日間、かいてらす(甲府市東光寺3-13-25)で開催されることが決定した。組合出展企業24 社、協賛出展企業3社。時間は10時〜17時。
 ジュエリー産地“山梨”らしく、カラーストーン、希少石、オリジナルカット石 、貴石など豊富な素材、商材が揃い、デザイナーや新企画を求める宝石関係者の多くが全国各地より集まる。
今回もオリジナルカットのカラーストーン、レーザー彫刻、企画、新作カット石、入手困難な希少石、パライバトルマリンなどGSFに行くからこそ出会えるジェムストーンの 数々が一 堂に提案される。
大森毅委員長は「これまで豊富な素材、商材と職員の高い技術力を生かした商品開発と提案が求められていると考えてまいりましたが、新しいスタンダードになりつつある今、お客様と出展社の信頼関係をより太いものとし、次世代のビジネスのやり方に対応できる 一歩となるフェアにできたらと思っております」としている。
今回は、会場までの無料送迎バスの運行が困難となっているため、交通費をかけてくる来場者に感謝を込めた特別企画として「交通費補助お買い物券抽選会」を実施。交通費のレシート又は領収書の持参を呼びかけている。
https://yja.or.jp/gsf-kofu/service.html

08/26(Wed) 多くの女性がコロナ禍の中でもジュエリーを求めている
《PGI》 消費者の意識調査

本質的な価値に目を向ける女性にジュエリーの提案が重要

 プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関であるプラチナ・ギルド・インターナショナル鰍ェ、主要4カ国(日本、中国、インド、アメリカ)において、ジュエリー顧客層への新型コロナウィルスの影響に関する調査を実施。 調査結果として、新型コロナウィルスがジュエリーの消費者にも大きな影響を及ぼしているものの、さまざまな価値観や人間関係が見直されている中で、ジュエリーの存在意義もあらためて感じられていると8月に発表した。
 その中で、日本市場の調査結果として、 「新型コロナウィルスが女性の生活に及ぼす影響トップ3」は、@ 自分の人生や優先順位を見直す良いきっかけになった(82%)、 A支出を抑えている(80%)、B経済情勢や自分の家計を考えると、何にどうお金を使うか注意深くしないといけない(74%)、と様々な見直しが浮き彫りになった。
 しかし、ジュエリーに関する調査結果では、コロナ禍においても、62%の女性がジュエリーの購入にお金を使う意思がある。その内41%はこれまでと同程度かそれ以上の金額を使う意思があると回答。コロナ収束後に、今まで以上にジュエリーにお金をかけたいと回 答した女性にとって、個人的な意味のあるものを購入したいという欲求が主要な動機となっている。
 また、19の選択肢の中で、女性が通常以上にお金をかけたいと答えたトップがジュエリーの59%。2位が旅行(55%)、3位腕時計(51%)となった。
 さらに、男性の70%がコロナ収束後にこれまでと同程度かそれ以上のお金をかけてジュ エリーを大切な人に贈りたいと回答。コロナ収束前であっても、ジュエリーを贈りたいと回答した男性は53%に上った。
なお、夫婦関係において「配偶者(パートナー)にあらためて感謝している」のは男性 8 5%、女性 82%。「 配偶者 (パートナー)がいてくれることにこんなに感謝したころはない」という男性は67%、女性 56%となった。
 コロナ禍は、配偶者やパートナーとの絆を再確認する機会となった。とくに男性の方がより強く妻やパートナーがいてくれることのありがたみを実感している。また、男性対象者の多くが感謝の形としてジュエリーを贈りたいと答えていることは、コロナ収束を待たずともジュエリーに大きな関心があることを示唆。プラチナ・ジュエリーが、夫婦間ギフトとしてのジュエリーに「純粋な絆、 かけがえのない感謝、永遠の結びつき」といった意味性を付加しうると考えられる。また、多くの男性がこれまで以上の金額のジュ エリーを贈りたい( 収束前53 % 、収束後70%)と回答し、 その大きな理由として「相手がしてくれたことにお礼をしたい」という点にも目を向けたい。
 また、多くの女性がジュエリーに自分にとっての意味性(パーソナルミーニ ング)を感じているからこそ、これまで以上の金額をコロナ収束後にかけたいと思っている。日本の女性たちも自粛生活の中でブランド名よりも本質的な価値に目を向けるようになった。ジュエリーのパーソナルミーニングを提案することが、コロナ禍を乗り越えたジュエリー市場の復興に繋がるのではないだろうか。プラチナ・ジュエリーはその本物感と純粋・希少・永遠という価値を身に着ける人にとってのストーリーに転換しうると考えられる。
▽ 調査対象=単価10万円以上のジュ エリーを過去24カ月間に入手したか、今後24カ月以内に入手意向がある男女20〜69歳(男性429名、女性571 名)、全国主要10都市、調査機関4月 23日〜5月10日、インターネット調査。
https://pgitrade.com/

08/26(Wed) 《中宝研》2021年度ジュエリーカレンダー申込み受付開始
申込み締め切り日:9月30日必着、11月上旬発送予定

《中央宝石研究所》毎年多くのジュエリーカレンダーを販売している中央宝石研究所器材部が制作している2021年度ジュエリーカレンダーが完成、秋に向けた受注を開始した。
来年の1月から12月までカレンダーには、ダイヤモンド、ルビー、ピンクサファイア、エメラルド、パール、アクワマリン、パライバトルマリン、キャッツアイなどがフルカラーで紙面を飾る。申込み締め切り日:9月30日必着、11月上旬発送予定。

※サイズは、B3版(51.5×36.4cm)7枚綴り・タンザック製本。オフセットカラー印刷。販売価格は、1部・¥1,000(別途送料)。
※名入れの場合は50部から。店名印刷代は初版のみ¥3000(税別:改版代は実費)。

■50〜99部:¥640、■100部以上:¥600、■200部以上:¥550、■500部以上:¥500、■1000部以上:¥450となっている。
※送料:1梱包(50部入)につき¥1000(税別)。社名は一番下に黒一色で入ります。
問合せ先:中央宝石研究所 器材部 担当 橋本 TEL:03-3839-1451/FAX:03-3839-1455
https://www.cgl.co.jp/

08/26(Wed) 「PR現代」がオンラインセミナーを開催
LINE公式アカウント集客講座・実践編オンラインセミナー

宝飾・時計・メガネに特化したマーケティング会社「鰍oR現代」は、9月16日(水)・9月29日(火)の二日間、「LINE公式アカウント集客講座オンラインセミナー」を開催する。LINEでこれからお客さんとの関わりを深めたい、集客を増やしたいというメーカーや問屋、小売店を対象にZOOMによるオンラインセミナーでLINE公式アカウントの使いこなしを解説するもの。講師は、同ウェブ制作開発室リーダーの高本恵未が務める。

今回の講座はLINE公式アカウントの便利な配信方法をマスターし、お役立ち情報や来店予約につながる配信方法のコツが学べる内容。パソコンを使い、さらに便利な機能を使いこなせる実践編で、来店に直結する配信を目指す。
■内容
@ LINE公式アカウントのパソコンの管理画面にログインする方法
A 1:1トークモードの活用方法(PC版)
B 一斉ライン配信をする方法(PC版)
C タイムラインへの配信方法
D カードタイプメッセージの配信方法
E リッチメッセージの配信方法
F 無料ソフト「Canva」を使って配信用の簡単な画像を作る方法
G お役立ち情報を配信する方法
H ご来店予約につながる配信をする方法
「LINE公式アカウント集客講座〜実践編」
・日時:2020年9月16日(水)14:00〜16:00
    2020年9月29日(火)14:00〜16:00
・形式:Zoomセミナー ◯主催:株式会社PR現代
受講料は一般:4,400円(税込)/1名
契約先・JMGメンバー:2,200円(税込)/1名
https://pr-g.jp/news/line2

08/21(Fri) ジュエリー情報誌 季刊『Hills(ヒルズ)』発刊
「Broochi─今こそ身に着けたい お守りブローチを愉しむ」

ジュエリーのあるステキな暮らしを提案する情報誌『Hills(ヒルズ)』を発行する咳R現代は、8月20日に最新号となる第32号「Broochi─今こそ身に着けたい お守りブローチを愉しむ」を発刊した。
『Hills』は、「ジュエリーを着ける意味や価値を訴求し、消費者のあらたな購買意欲を喚起する」ための「ジュエリースタイルマガジン」がコンセプト。顧客や休眠客、また店頭での新規客へのコミュニケーションツールとして、全国の宝飾専門店で活用されており、現在、導入活用店をさらに募集している。
 今号はジュエリー愛好家が「最後にたどり着く究極のジュエリー」だというブローチにスポットを当て、その起源や装いのコツ、今どきのブローチカタログなどを掲載。眺めて楽しい、着けて愉しい現代のブローチ事情を紹介する。
 また、永坂景子、岩間大といった気鋭のジュエリー作家の仕事ぶりをフィーチャーし、伝統技法を駆使した作品を取り上げている。
 ブローチの原型という巨大な安全ピンのようなアンティークや、多数のブローチを展観することで、直接肌に触れることのない唯一のジュエリー、ブローチの魅力に迫る。
 PR現代では、『Hills』を催事前の予告案内として活用するジュエリーフェアの開催やテーマにあわせた売場づくり、ウェブでの情報発信など、多角的な活用方法を勧めている。また接客の際の会話のきっかけづくりとしても、『Hills』の活用を提案している。
A4版 オールカラー 中綴じ16ページ
定価1冊400円 ※消費税、送料別
100部以上@200円(年4回)
詳しくは、編集部まで問い合わせを。
https://pr-g.jp/

08/21(Fri) 国際宝飾展 秋 会場内では徹底したコロナ安全対策で実施
政府および展示会業界のガイドラインを基に、安全を確保し開催

《国際宝飾展【秋】》 来る10月28日[水]〜30日[金]の3日間 パシフィコ横浜で開催する「第8回 国際宝飾展【秋】」は、2月にビッグサイトで開催した「スマートエネルギーWeek」でのコロナ対策として、@全参加者へマスク着用を徹底、A全参加者にサーモグラフィー等による体温測定を実施、B全ての出入り口に消毒液を設置、C医師・看護師が医務室に常駐、D各セミナー終了後、講演会場の消毒を実施、E「扉の開放、空調設備による常時換気」、「セミナー会場での座席間隔の確保」を実施するなど徹底したコロナ対策を講じて開催するとしている。
https://www.ijt-aki.jp/ja-jp.html

08/21(Fri) 相本メソッドは、商品への愛を伝えること!
PR現代 相本さち子 接客力向上 オンラインセミナー開催

 宝飾・時計・メガネに特化したマーケティング・企画広告会社、鰍oR現代は、8月19日、フリーアナウンサーの相本さち子氏を講師に「接客力向上オンラインセミナー」を開催した。相本氏は現在QVCの人気ナビゲーターとして活躍。長年の TV通販番組での経験から培った、商品の魅力を最大限引き出し視聴者に伝える『相本メソッド』をもとに、実技も交えたZOOM形式によるライブセミナーを通じて、70名以上の受講者は熱心に学んだ。
ライブセミナーはアナウンサーの相本氏らしく、正しい発生や早口言葉などの実演と実習からスタート。「相本メソッド」は、本人が経験の中から培った「LFE理論」(LOVE、FUTURE、ENTERTAINMENT)がポイントという。
「自分自身の好きな趣味やお店に抱く感情のように、商品への愛情をキャッチフレーズ化することが大切。自分はお客さまに喜んでいただくエンターテイナーなんだという自覚をもち、お客さまの未来や幸せにつながる話を伝えることで、商品の本当の価値が伝わる」と語った。
ライブセミナーは二部構成で行われ、第一部は基礎・学習編として「今日から使える商品提案のノウハウ」、第二部は応用・実践編として、学んだ理論を活かした「喜平チェーンネックレス」を題材にしたデモンストレーションやその販売キャンペーンの紹介が行われた。
主催したPR現代の下島社長は「参加された方の反応も良く、『相本さんの商品提案は新鮮だった』『自分が無意識にしていたことに自信が持てた』との声を頂戴した。ニューノーマルな接客販売、商品プレゼンテーションの方法論が求められるウィズコロナの時代に、商品の魅力を伝え提案力を高めるよい機会になったのではないか」と語っている。
希望者は収録動画の購入も可能(1本5500円)。参加者からは早速、同社が主宰するジュエリー小売業の実践研究会「JMG・12月2日冬の定例研究会」では、題材となる商品を変えて、第二弾のライブセミナーも予定するとのこと。
問い合わせ:PR現代 TEL:03-3639-1253
https://pr-g.jp/

08/20(Thu) 第9回清水三年坂美術館セミナー京都で開催
今年は「後藤 一乗」の作品がテーマ

GIA-AAJ(GIA同窓会日本支部、田辺あい子会長)は5月末に開催を予定していた「第9回 清水三年坂美術館セミナー」がコロナ禍の為、時期をずらし第一回を9月27日、第二回10月1日に京都・祇園の津田楼で開催する運びとなった。
今年は「後藤 一乗」の作品がテーマ。
「後藤 一乗」は、幕末から明治(1791-1876)にかけて活躍した刀装金工師。あの加納夏雄をして「技量優れて世に用いられ」と言わしめた彼の技は、一見の価値がある。また、余白を上手に用いた風景的・絵画的な表現でも高い評価を得ている。
清水三年坂美術館の村田理如館長の講義の後、一点ずつ手に取って見る事ができる。ルーペでじっくりと匠の技を観察できるのが、このセミナーの最大の特徴。 
セミナー後は、会場の津田楼での昼食が用意されている。

日時:第一回 9月27日(日) 11時より約2時間
    第二回 10月1日(木) 11時より約2時間 各回、内容は同じ。
場所:祇園「津田楼」京阪電車 祇園四条より徒歩5分(075)708-2518
会費:GIA-AAJ会員6.500円 会員外11.000円
   *津田楼での昼食付(飲み物別)*着物での参加者は上記より500円引き
申し込み先:田辺あい子(090)4284-2811 
GIA-AAJ事務局 office@giaaaj.jp いずれかに連絡の上、申し込むこと。

*各回、三密を避けるため、定員12名で開催。また、実施の一週間前の時点で8名以上の参加 申し込みがない場合、セミナーは中止。GIA-AAJ 事務局から連絡が届く。
*セミナー参加者は、新型コロナウィルス感染拡大防止策へのご協力
  1.入店前の手指の消毒。(津田楼にてアルコールは用意)
  2.マスクの着用。
  3. 万が一、セミナー参加者の新型コロナウィルスへの感染が確認された場合は、感染経路確認に必要な情報開示(当日やその前後の経路等)
  4, 新型コロナウィルス感染防止については、最大限の予防策を講じるが、各自、自己責任にて参加のこと。GIA-AAJでは一切の責任を負いかねる。
http://giaaaj.jp/

08/19(Wed) 1日に短縮して行われた「D&Dコレクション2020」
東京を中心にした南関東の販売店が参加の後押しを

毎年真夏に催しているD&Dダイヤモンドとコンコルドウオッチの発売元であるヨシディア梶i田村宗人社長)の新作発表会「D&Dコレクション2020」が、コロナ禍の真っ最中8月19日、東京・恵比寿のウエスティンホテル東京で開催され、無事に終了した。
いつもなら2日間の予定で開催していたのを今年はコロナの影響で1日に短縮し、感染防止として手指の消毒・サーモグラフティ・マスク着用と万全の対策を行って実施、来場したお客様には安心して会場内を見て回れるよう、配慮がなされていた。
同社の営業担当者の人達は「このような時期なので地方の販売店様には声をかけることが出来ませんでしたが、東京の販売店様を中心に南関東の販売店様にお声をお掛けしたところ、“喜んで参加するよ”との積極的なご返事を頂き、本当に感謝してもしきれないほどです」と、予期せぬ販売店のサポートに大喜びしていた。
出展商品は、コンコルド、D&D144、D&Dエレガンス、ROBERTO DEMEGLIO、CARL BLACKBURNなどの新作多数が披露された。
http://www.144diamond.com/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:21