※写真をクリックで拡大します。
Home

05/02(Sun) IJK特別セミナー(事前申込制/聴講無料)のご案内
第25回 神戸 国際宝飾展

5月13日(木)〜15日(土)まで神戸国際展示場で開催される「第25回 神戸国際宝飾展」
内で全6セミナーを広聴できます。IJK特別セミナー(事前申込制/聴講無料)
5月14日(金)( 13:00〜14:00)から「Instagramでモノを売るための最新ノウハウ」をテーマにした
(株)ROC坂本翔代表取締役CEOを講師にした特別セミナーはじめ多くの有益なセミナーが目白押しです。
講演内容=現代のマーケティングに欠かせないInstagram。必ず知っておくべき思考法や仕組みなどの基本からすぐに実践できる投稿のポイントまで、Instagram販売で成功するために必要なノウハウをお伝えします。
\この他にも全6セミナー開催/
【1】コロナ後の宝飾業界はどうなる!?〜今我々がなすべきこと〜 (K-S1)
【2】ジュエリーのソーシャル販売の始め方 (K-S2)
【3】世界各国の知られざる色石たち (K-S3)
【4】Instagramでモノを売るための最新ノウハウ (K-S4)
【5】ジュエリーメイキングのための基礎講座 (K-S5)
【6】人気ハンドメイド ショップの作り方〜月商100万円の販売法とは〜 (K-S6)
https://www.ijk-fair.jp/ja-jp/lp.html?utm_source

05/01(Sat) 投稿ポビティブキャンペーン実施
且梃v美術宝飾新聞社

新年度に入り、3度目の緊急事態宣言が出ましたが、業界でもイベントや新作発表会など本格始動に向けて動き始めています。まだまだWithコロナとして油断できませんが、それと同時に様々な新たな取り組みが開始されています。勝ち残ることが大事ですが、市場拡大、透明性ある流通、適正価格、正しい情報開示を目指すなら、業界が一丸となることもまた大切です。まずは声を上げることがその第一歩です。業界に対する疑問や提案をお待ちしています。匿名でも構いません。
投稿は、FAX: 03-3833-1717、メール: hayato@carol.ocn.ne.jpまで。
https://www.e-tkb.com/

05/01(Sat) WEB上で簡単にデザインできると話題
ふたりの想いをカタチにする婚約・結婚指輪

オーダーメイドの「アクレード銀座」

自分たちの理想の婚約・結婚指輪が思い通りにWEB上で簡単にデザインできると話題になっている。
消費志向がモノからコトへ移り変わるとともに、製作体験を楽しめることから手作りの結婚指輪が話題となっているが、その人気とともに、毎日・長い時間身に着ける結婚指輪として本来求められる品質や強度、耐久性を求める声が聞かれ始めているほか、デザインの自由度などが限られることが課題となってきていた。
 そんな中で注目されているのが、品質の高いジュエリー製作で世界的に評判の高いドイツ・ジュエリーマイスターが作る高品質の婚約・結婚指輪をWEB上で簡単にデザインでき、既に世界16カ国で展開されているドイツのジュエリーブランド「アクレード」の日本初のフラッグシップが3 月25日、銀座にオープンしたことだ。
 コロナ禍の影響によりオープン後の客足が心配されたが、アクレード銀座の店長、鈴木徳一氏は「この1カ月の間、予想以上に予約が入り、忙しい日々を送っています」と答えているように、順調なスタートを切っており、近年では台湾、香港、韓国を中心に人気のブランドとなっている。本国ドイツでは50数店舗展開中だ。
 アクレードの指輪は、ドイツで80 年以上続くジュエリーメーカー「egf 社」が手掛けており、高い耐久性と心地よい装着感、傷が付きにくいとされる鍛造方式を採用している。ドイツで長年鍛えられた熟練のマイスターによる技術と最先端のテクノロ ジーを融合させ、高品質の指輪をegf社が製作。世界的な有名ブランドのジュエリー製作にも携わっており、 本物志向のユーザーにぴったりのグローバルブランドである。
 また、その高いジュエリーマイスターの技術を余すことなく表現できるのが 、ジュエリーマイスターが目の前にいるかのようにさえ感じてしまうほどに細かなデザインが可能となる独自のリングデザインシステムだ。
 システムと聞くと機械的でその魅力が半減されてしまうと考えがちだが、それを補うのが店舗に常駐するリングアドバイザーである。リングアドバイザーは、指輪に込めたい想いをカタチにするサポートを行っていく。
 世界共通の店内の陳列棚には、アクレード銀座オリジナルをはじめとした多数のサンプルが用意され、実際にサンプルを見ながら、触りながら理想の指輪を追い求めることができる。他ブランドと比較しても種類の多さは飛び抜けている。素材や表面加工、サイズやデザインなどの基本的な部分はもちろんのこと、指に触れた時の感覚にダイレクトに影響する断面形状を数十種類から選べることは特筆すべき点になる。
 指輪のイメージからデザイン 選別、断面形状、素材選び、表面アレンジ、 ダイヤモンドのセッティング、手書きや指紋など自由にカスタマイズできる刻印選びなどを豊富なサンプルから選び抜く作業は時間が掛かるものだが、アクレードの場合はサンプルを探しに席を立つことなく、 オーダー画面を見ながらその場で行えるのも大きなメリットの一つ。いくつもの理想(設定)をボタン一つで瞬時に変えられ、何度でも何回でも自由に試すことができ、いつでも簡単に比較できるので、少しも妥協することなく自分たちの理想の指輪を追求できることが最大の魅力であろう。また、理想(設定)を変えるたびに、地金相場に合わせた価格が瞬時に変わる透明性から大きな安心感に繋げることが可能となってい る。
 更にegf 社は、世界の名だたるジュ エリー工房が集まるドイツのフォルツハ イムで強豪と伍して成長し続けている。
環境や社会に配慮した企業にだけ与えられる審査の厳しいRJC認証(Responcible Jewellery Council:責任あるジュエリー協議会)も取得している企業であり、倫理的なものづくりが保証され、国際目標となっている SDGsの達成も目指している。
そのような観点から、生産背景の透明性や高い質が保証された安心・安全にこだわり抜いたダイヤモンドルースを提供していることも重要なことだ。採掘後の原石が、どのように磨かれ完成したのか、採掘から宝石になるまでの 明確な流通経路が辿れる「ダイヤモン ドジャーニー」付きのダイヤモンドを紹介。また、この「ダイヤモンドジャーニー」付きの全てのダイヤモンドには、サリネ社が世界で初めて開発した「輝き」を 光学的に分析し、数値化する鑑定システムで証明された最高ランクの美しい輝きを放ち希少となる「Ultimate3」の証明が付く。
 コロナ禍によって様々なことが変化しているが、婚約・結婚指輪がもたらす人の幸せや喜び、 家族の絆、永遠の愛を求める象徴としての役割はいつの時代も同じである。ただ、 提供する仕組みや方法が時代に適したものに変化していくのと共に、常に婚約・結婚指輪としての本物の価値の提供を業界が求めていかなければならない。それを体現しているのが、「アクレード銀座」をオープンさせた潟zッタであり、創業以来142年守り続けている「時代が変わっても価値を失わない本物をお届けすること」、「時代変化を超えてお客様満足に応え続けていく」というホッタの企業姿勢の賜物である。
 今後の計画としては、直営店の出店と地方パートナーを探して全国展開を目指していく。 ◇アクレード銀座=東京都中央区銀座6-5-8 1階、TEL03-5962-8780(定休日:水曜)/潟zッタ(堀田峰明社長)=東京都中央区築地5-6-4)。
https://acredo-japan.jp/

05/01(Sat) リード エグジビションが「オンライン展」本格参入
6月16日〜18日の3日間「第1回 Japan IT Week オンライン」開催

 今年、新規47本を含め301本のリアル展示会の開催を予定するリード エグジビションジャパン 鰍ヘ、6月16日〜18日の3日間「第1回 Japan IT Week オンライン」を開催することを発表。 リアル展示会に加え、オンライン展示会を開催することにより、さらに出展企業のビジネス拡大に貢献することを目指す。
 昨年来、コロナ禍の影響で、日本のみならず世界中でオンライン展示会が開催されてきたが、その評判は賛否両論。特に課題になっているのは「商談・受注につながらない」ということだった。このような中、リードには「売上・受注につながるオンライン展示会を創ってほしい」「商談展を創り上げてきたリードのノウハウを生かし、成果が出るオンライン展示会を開催してほしい」という要望が数多く寄せられた。これを受け、リードでは「本当に出展社のビジネスにつながるオンライン展示会を創るにはどうしたらいいか」について議論を重ね、この度、本格的なオンライン商談展を開催する。
 各産業の要望を受け、「Japan IT Week」のほかに、「総務・人事・経理 Week」、「メディカルジャパン」、「ネプコンジャパン」、「ロボット開発・活用展」、 「スマート工場EXPO」、「オートモー ティブワールド」の6本、計7本がオンライン展示会として開催される。いずれの展示会もリアルでは日本最大・世界有数の展示会として高い評価を受けているという。
https://www.reedexpo.co.jp/

05/01(Sat) JCの3級合格者は88.77%の1099名
次回の検定試験は8月18日に実施予定

 ジュエリーと消費者との架け橋として全国で活躍する人材、ジュエリーコーディネーター(JC)を育てるべく、一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)が 1994年より取り組んでいる「ジュエリーコーディネーター検定試験」が3月に、 札幌、仙台、東京、甲府、名古屋、大阪、 広島、福岡、沖縄で実施され、第41回3 級試験に1238名が受験、第22回2級 試験に205名が受験した。 4月16日に合否が発表され、3級合格者は88.77%の1099名となった。
 次回の検定試験は8月18日に実施予定。会場は東京・大阪(3・2・1級1 次)、名古屋・福岡(3・2級)、仙台(3 級)となる。申込期間は5月6日〜6月18 日。法人は6月14日まで。
https://jja.ne.jp/

05/01(Sat) サステナブルな未来に貢献する「フォーエバーマーク」
女性の影響力、新たな未来を創る可能性を表現

デビアスグループの「フォーエバーマーク」から待望の新作「フォーエバーマークアヴァンティ™コレクション」が4月下旬に登場した。
 アヴァンティはイタリア語で「前へ」という意味の「Avanti」に由来し、一人の女性が「今」起こす小さな行動が、周りを巻き込み未来を変えていく姿を表現している。力を感じさせる環のデザインは波のはじまりを象徴し、シャープな先端からダイヤモンドに向けて描かれる滑らかなラインは、果てしなく広がる可能性を表現している。
 中央に輝くのは美しいフォーエバーマークダイヤモンド。天然であることにこだわり、比類なき輝きを追及し、サステナブルな未来に貢献する選び抜かれたダイヤモンド(アイコンと個別認証ナンバーが印される)。その基準を満たすのは、世界のダイヤモンドのわずか1パーセント未満。真の価値を備え、誇りを持って身に着けられるダイヤモンドとなっている。プレーンリング0.15ct:21 万4500円、0.3ct:40万7000円〜46 万2000円。パヴェリング0.15ct(パ ヴェ計0.08ct)25万8500円、0.3ct (パヴェ計0.08ct)46万2000円〜51 万7000円。リングのほかに、ペンダント、ピアス、バングル、ネックレスを展開する。
 CEOのナンシー・リウ氏は「ダイヤモンドにはエネルギーと慣例にとらわれない精神が備わっている。同コレクションは、身に着ける女性を輝かせるだけではなく、自身が内に秘めた力に気づかせてくれるジュエリー。あなたの小さな想いや行動が、大きな変化を起こしていきます。あなた自身に秘められたその可能性を、どうか忘れないでください」とコメントしている。
https://www.forevermark.com/

05/01(Sat) 「balance」と「kinetic 」新作ジュエリー登場
TASAKI のアイコンシリーズ

 パールの新たな魅力を引き出す革新的なデザインとして2010年春に鮮烈なデビューを飾って以来、TASAKI のアイコンジュエリーとして愛され続けている「balance」シリーズから2種の新デザインが登場したほか、人気の2 デザイン「balance neo」、「balance divine」の新アイテムが展開された。
 新作の「balance step」は、ステップ状になったバーに、パールが端正に並んでいる様は、まるでパールが美しいステップを軽やかに踏んでいるかのよう。遊び心溢れる新たなデザインで、「balance」のモチーフならではの浮遊感をユニークかつフレッシュに表現したネックレスとイヤリングとなっている。価格41万8000円。同じく新作の「balance loop」は、くるりと軽やかに指を取り巻くような流麗なラインを描くバーが特徴の新デザイン。 バーの左右には、サイズの異なるパールが絶妙なバランスでセッティングされ、まるで1つの直線の上に並んでいるかのように見える、遊び心あふれるモダンなリングだ。価格5 0 万6000円。
 また、「balance」イヤリングに、3珠のあこや真珠がバーの上に直線に並ぶ、浮遊感のある軽やかなデザインが人気の「balance neo」が新たなバリエーションとして加わった。 価格29万7000円 。さらに、「balance divine」のジュエリーに、 TASAKIの2 大エレメントであるパールとダイヤモンドをホワイトゴールド台にあしらったペンダントが登 場 。胸元にも背中にも身に着けられるセンシュアルな デザインが洗練された輝きを放つジュエリーだ。価格67万1000円。
 「balance」のデザインエッセンスを更に進化させながら、身に着けてこそ美しさが最も際立つというTASAKIのデザインフィロソフィを反映して生まれた「kinetic」シリーズからも、新アイテ ムを展開。宇宙のエネルギーからインスピレーションを得て、星の巡りの美しさを表現した「kinetic 」シリーズから、浮遊感あるパール遣いがモダンな新作イヤリングとペンダント(価格100万1000円)が登場。クリーンなラインを描くゴールドと軽やかで優美なパールが美しいコントラストを表現している。*価格は全て税込。
https://www.tasaki.co.jp/bridal/

05/01(Sat) ショーメの新作リング登場
センターストーンにメゾン独自の基準

ショーメの「ジョゼフィーヌ」コレクションエグレットに、シグネチャーのエグレット(羽根のヘッドピース)を想わせるペアシェイプカットダイヤモンド 0.5ctをセンターに配し、周りをブリリアントカットダイヤモンドで囲んだ華やかなデザインの新しいダイヤモンドリン グが登場した。
バンド部分のVシェイプは優美なラインを描き、洗練された印象。まるでティアラをリングにしたような煌めきと存在感の高い仕上がりでエグレットの新しいバリエーションを存分に堪能できる。「ジョゼフィーヌ」コレクションエグレットバンドーリングとの重ねづけもおすすめだ。
 ショーメのソリテールリングは、センターストーンに厳しい品質水準を持たせている。一般的な4Cの基準“カラー、クラリティ、カット、カラット”の中でも最高級のダイヤモンドのみを使用し、さらにメゾン独自の5つ目の基準である “ハーモニー”に応じて再カットしている。これはダイヤモンドをより完璧なものにするために、見たときの感情にもプロポーションの計算と同じくらい重きを置いているため。また、ダイヤモンドの美しさが最も引き出されるよう、宙に浮かぶようなセッティングが特徴的。ハイジュエリーに用いられるサヴォワールフェールが惜しみなく施され、細部にわたるまで丁寧に磨き上げられた美しい輝きを永く楽しめる。価格 93万8300円(税込)。
https://www.chaumet.com/

05/01(Sat) 杢目金屋が「つながるカタチグラデーョン」受賞
ドイツの「Red-Dot Award Product design 2021」

 日本の伝統技法「木目金(もくめがね)」(金属の色の違 いで木目調の文様を生み出す技術)を用い、全国でブライダル・ジュエリーを展開する竃ロ目金屋(東京都渋谷区、高橋正樹社長)の結婚指輪「つながるカタチグラデーョン」が、世界三大デザイン賞の内の1つであるドイツの「Red-Dot Award Product design 2021」を受賞した。2012、16、17年にも結婚指輪が同賞にて評価されている。
 結婚指輪「つながるカタチグラデーション」は、1つの指輪をふたり自身の手で分かちあうことで2つの指輪が完成し、分かちあう体験とその瞬間の想いが痕跡として 結婚指輪にデザインされる新しいカタチの結婚指輪「つながるカタチ」をさらに進化させている。  銀色から金色に美しくグラデーションする一つの結婚指輪を分かちあうことで、 元は一つという絆を感じながら、カップルがそれぞれ色味の異なる個性ある指輪を身につけることができる、現代的な結婚指輪になっている。
https://www.mokumeganeya.com/

05/01(Sat) 「ポンテヴェキオ」の新作ジュエリー
グラデーションを華やかに彩る

 「ポンテヴェキオ」を展開する潟|ンテヴェキオホッタは、2021年にシンボリックジュエリー 「ETERNO FAMILY」が 20周年を迎えたのを記念した新作ジュエリーを5月28日より順次発売する。オンラインショップでは4月16日より順次先行発売されている。  その中でも高い人気を誇る、ダイヤモドとカラーサファイアのグラデーションがフェイスラインを華やかに彩るフープピアス「CERCHIO」に、「ETERNO FAMILY」20周年カウントダウン企画として昨年新たに登場したイヤーカフS(全5色)に新色3色が加わり、さらに彩り豊かなラインナップとなった。価格は5万3900円〜6万1600円。
 また、より印象的なボリュームとフォルムにアップデートした新作「CERCHIOイヤーカフM」も登場。人気カラー、イタリア語でミルクを意味する “LATTE(ラテ)”、いちごを意味する “FRAGOLA(フラーゴラ)” が揃った。 価格は8万2500円〜10万5600円。 *価格は全て税込。
https://www.pontevecchio.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:18