※写真をクリックで拡大します。
Home

05/15(Fri) プラス思考で、今を乗り越え、明るい未来を目指しましょう。
情報とご意見を募集しています。hayato@carol.ocn.ne.jpまで。

 緊急事態宣言が39県で解除され、少しずつ元気を取り戻し始めます。海外への輸出がいつ正常化するかわからない中では、国内需要の活性化は必須です。これまで以上に正しい情報を消費者に伝えていくことが必要です。小さくても積極的なチャレンジを重ねていくことで、需要喚起の力となるはずです。業界がバラバラになり、力が弱まることは避けたいと考えます。明るい未来に向け、情報とご意見を募集しています。hayato@carol.ocn.ne.jpまで。
https://www.e-tkb.com/

05/15(Fri) 適正価格に近いダイヤモンド販売店の徹底調査
資産型成形ダイヤの販売価格の店舗別比較

一般財団法人格付けジャパン研究機構

 社会的なメリットや消費者のメリットに繋がる様々なテーマに関連して、調査分析に基づいたエビデンスをもとに商品やサービス、自治体、企業等の評価、格付け、ランキングなどを公表していく機関として、2019年に設立された、一般財団法人格付けジャパン研究機構(蓮沼馨代表理事)が、ダイヤモンドについて、小売販売事業者・小売店及び販売価格にフォーカスした動向調査及びそれに基づくランキングを、4月6日に公表した。
 その中で、日本の多くの宝石店で販売されるダイヤモンドは、国際的基準に則した販売価格と比べて、大きくかけ離れた高価格となっているのが通常とされている。従って、ダイヤモンドの販売価格が適正価格に近い、所謂低価格なダイヤモンド小売店を徹底解明することで、宝石として楽しむためのダイヤモンドを求め、また資産としてのダイヤモンドを求める消費者が受けるべきメリットを確実にすることができると解いている。
 そして、今回の動向調査及びそれに基づくランキングにより、ダイヤモンドの販売動向、特にダイヤモンドの販売価格に関するエビデンスのある情報を提供し、宝石であるダイヤモンドを憧れの商品として、また資産として求める日本の顧客に知らせたいと考えている、とまとめている。
 レポートでは、ダイヤモンドの解説から品質基準、流通経路、販売価格の国際的基準について、資産としてのダイヤモンド、日本のダイヤモンドの価格について書かれている。

資産としてのダイヤモンドについて

 日本においてダイヤモンドが資産ポートフォリオの一部として取り入れられていくためには、ダイヤモンドの購入に際し、「資産防衛としてのダイヤモンド」という視点を明確にし、国際的基準(相場)に則した取引の可能な価格、すなわち『換金できる値段』で購入することが必要となる。

日本のダイヤモンドの価格について

 例えば、ダイヤモンド取引所で、100万円くらいで取引されたものが、日本の百貨店や専門の宝石店に指輪となって並ぶときには、200万円〜400万円程になっている。すなわち、日本の一般的な宝石店で販売されるダイヤモンドは、国際的基準に則した販売価格になっているかといえば、ほとんどの場合にそうはなっていない。むしろ大きくかけ離れた高価格となっていることが通常とされている。これはダイヤモンドについて、従来から、所謂「憧れの商品」としてそれを楽しむ面のみが注目されてきたためと解される。世界では、「資産としてのダイヤモンド」という視点が重視され、ラパポートレポートに示されるような国際的基準が有効に機能している。しかし、日本では、この資産としてのダイヤモンドという視点が注目され始めているものの、まだまだ一般的なものとまではなっていない。すなわち、換金可能な又はそれに近い価格でダイヤモンドを購入して資産を防衛するために資産のポートフォリオに組み入れる、というような目的意識は、日本ではまだまだ一般化されていない。従って、日本では従来から、国際的基準から乖離した高価格でのダイヤモンド販売が許容され、また受け入れられているものと解される。
 しかし、ダイヤモンドという「憧れの商品」に対して年月を費やして十分楽しむ一方、世界の趨勢に合わせ、「資産としてのダイヤモンド」という視点に基づいて資産価値のあるダイヤモンドを保有しようとすれば、高品質のダイヤモンドを適正な価格で、特に、国際的に見ても適正といえる価格で日本の消費者が購入できるようにすることが重要となる。すなわち、資産となり得る高品質のダイヤモンドを国際的に適正な価格(適正価格)で日本の消費者が購入できるようにすることが、「憧れの商品」としてそれを楽しむ一般の消費者はもちろん、「資産としてのダイヤモンド」を求める消費者のメリットを守ることになると解される。
 そうした消費者のメリット、いわば当然のメリットを確実なものにしていくためには、従来のものでは無い流通・販売システムとそれを担うダイヤモンド取引業者、すなわち、国際的に見ても適正といえる価格で日本の消費者がダイヤモンドを購入することができる、従来の宝石販売
店と比べた低価格を実現するダイヤモンド取引業者・小売店が求められる。
 そのためには、日本に多数が存在するダイヤモンド取引業者・小売店のなかで、ダイヤモンドの販売価格が低価格であって、適正価格に一番近いと解されるダイヤモンド取引業者・小売店
を徹底解明し、それを明らかにしていくべきと考える。
 調査対象は、安心して購入できるダイヤモンド小売店をチェーン展開する小売販売事業者の計14店。項目は4Cの異なる2種のダイヤモンドの販売価格(見積価格)。

▼ 調査@  1 カラット、D カラー、VVS1、トリプルエクセレント(ラウンドブリリアントカット)、1万未満切り捨て。

 ■アイプリモ銀座本店:213万円、■アンジェリックフォテッセ横浜元町店:209万円、■EXELCO DIAMOND東京本店:562万円、■4℃日本橋本店:取扱い無し、■KIRAT新小岩駅前店:313万円、■銀座ダイヤモンドシライシ銀座本店:333万円、■ケイウノ表参道店:308万円、■STAR JEWELRYthe shop OMOTESANDO表参道店:231万円、■TASAKI三越日本橋本店:340万円、■VENDOME AOYAMA青山本店:231万円、■ビジュピコ上野御徒町本店:140万円、■フェスタリアビジュソフィア日本橋タカシマヤ店:350万円、■VERITE目黒アトレ1店:370万円、■杢目金屋表参道店:300万円。

▼調査A 0 . 5カラット、Dカラー、VVS1、トリプルエクセレント(ラウンドブリリアントカット)、1万未満切り捨て。

 ■アイプリモ銀座本店:78万円、■アンジェリックフォテッセ横浜元町店:47万円、■EXELCO DIAMOND東京本店:85万円、■4℃日本橋本店:84万円、■KIRAT新小岩駅前店:63万円、■銀座ダイヤモンドシライシ銀座本店:59万円、■ケイウノ表参道店:65万円、■STAR JEWELRY the
shop OMOTESANDO表参道店:139万円、■TASAKI三越日本橋本店:95万円、■VENDOME AOYA
MA青山本店:168万円、■ビジュピコ上野御徒町本店:32万円、■フェスタリアビジュソフィア日本橋タカシマヤ店:130万円、■VERITE目黒アトレ1店:83万円、■杢目金屋表参道店:100万円。
https://kakuzukejapan.or.jp/

05/15(Fri) 村田宝飾が「マスクピアス」売上の一部を医療従事者へ寄付
賛同する小売店のマスクピアスの売上の一部も合わせて支援金として

すべての女性の心にうるおいを!

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、国民の多くが我慢を強いられている現状におい
て、宝飾業界も大きなダメージを受け、産業自体の存続が危うい状況となっている。
 そんな中、日頃からパートナーシップを心がけ、愛あるジュエリーを提供している村田宝飾鰍ェ、このほど、業界の閉塞感を打破するとともに、ファッションを通して女性の精神的負担を少しでも軽減することが必要と考え、気持ちを明るく保ちながら日々の生活を楽しめるアイテムとして「マスクピアス」を開発、4月27日より宝飾小売店向けオンラインショップで販売開始し、好評を博している。
 テーマに、「女性の心にうるおいを!」を掲げた。マスクをおしゃれに飾ることで、積極的にマスクを着けることを推奨するとともに、女性たちのどんなときでもオシャレを楽しみたいという気持ちを応援する。
 社会貢献として、日々感染者と向き合う医療従事者への感謝と応援のために、村田宝飾の売上(1個につき200円)を認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの「新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急支援活動」に寄付することを示している。さらには、賛同する小売店のマスクピアスの売上の一部も合わせて支援金として寄付し、宝飾業界全体を通して大きなムー
ブメントにまで拡げていける運動にと考えている。
 マスクピアスは、マスクに装着することを前提に開発されたピアス型ジュエリー(K18、14WG、K10使用)。肌に触れる面が痛くならないよう、K18丸玉にシリコンを挿入しキャッチとしたタイプ、またはシリコンキャッチを使用。ピアス本体の先端を丸形に加工することで外れにくい構造となっている(アフターコロナは、マスク以外にも、ブラウスの襟や鞄・帽子・スカーフ留め・手袋・レース部分などの装飾品として使用が可能)。価格は1500円〜(3点以上からの注文受付予定)。
http://www.murata-jewelry.co.jp/

05/15(Fri) ジュエリーコーディネーター資格者と対面しながら相談可能
「アイプリモ」がオンラインサロンをオープン

 「アイプリモ」では、ミーティングツール「Live Call」(無料)を利用した『おうちで指輪選び』オンラインサロンをオープンし、婚約指輪・結婚指輪の相談を受けている。
 このサービスは、外出不要で全国どこからでも相談・注文・納品手配までをすべてオンラインで完結。ハレの日を迎える二人が幸せで満ち溢れるよう願いを込めて、ジュエリーコーディネーターの資格を持つ専門スタッフが、ダイヤモンドの選び方やリングの装着感、コーディネートな
どの婚約指輪・結婚指輪の相談を受けるもの。PCやスマートフォンで気軽に利用できる。今後もサービス内容充実を目指し、随時アップデートを進めていく。
https://www.iprimo.jp/

05/15(Fri)
まるでブティックに訪れているかのようなサービス

 ショーメは5月11日から、新サービス「サロンドゥショーメオンライン」をスタートしている。
 自宅にいながらLINEやZoomなどのアプリケーションを使い、まるでブティックに訪れているかのような充実したサービスが楽しめるサービスだ。
 ショーメに気になるジュエリーがあるけれど、外出できない人から、マリッジリングを探すカップル、パートナーにサプライズジュエリーを贈りたい人まで、また普段なかなかブティックに入りづらいと考える男性なども、気軽にショーメ体験ができる。
 また、4月から配信のメゾンの歴史の秘密に迫るデジタルツアー“#Chaumetat Home”では、アーカイブピースの秘話を続々と配信中。アーカイブピースに込められたストーリーが、ときに現在の作品とリンクしながら紹介されている。
https://www.chaumet.com/jp/bridal

05/15(Fri) 日本ジュエリー協会会員の年会費の免除並びに支払い猶予を
新型コロナウイルス感染拡大による緊急避難的措置として

日本ジュエリー協会の2020年度第1回理事会で決める

 一般社団法人日本ジュエリー協会の2020年度第1回理事会が4月21日に“書面会議”として開催され、以下概要が報告された。
 新型コロナウイルス感染拡大による緊急避難的措置として、年会費の免除並びに支払い猶予が、下記内容にて実施される。@2020年度・年会費の納金済み会員には、2021年度の会費は請求しない。A2020年4月に自動引落請求書を出している会員には、引き落としを中止し、2021年度に
改めて自動引落請求書を送付する。B2020年度・年会費の未納会員には、納金期限を2021年度末まで猶予する。C今年度の新規入会会員には、入会金並びに年会費を頂き、来年度(2021年
度)の年会費は請求せず、来年度(2021年度)の新規入会会員には、従前同様、入会金並びに年会費を頂く。Dこれは一時的な措置であり、2022年度(2022年4月1日〜2023年3月31日)か
らは通常の請求とする。
 「ジュエリーデー」の認知度向上に向けた新ロゴ作成と、11月11日に向けてのランディング
ページを作成、新ロゴの発表と雑誌へのパブリシティ広告の出稿を予定。また、インスタグラム「Jewellery_Days」投稿の新たな取組みとして、月に6投稿の予定で、テーマに合わせたジュエリーの掲載等を4月1日から第2弾として開始し、さらにフォロワー増加のためのプレゼントキャンペーンを実施予定としている。
 2021年1月に開催予定の国際宝飾展(IJT2021)の会場が東京オリンピック・パラリンピックの延期に伴い使用不可となり、代替会場は現在未定となった。さらに、2021年9月に開催予定のジャパンジュエリーフェア(JJF2021)も会期及び会場が未定となった旨を確認した。
 6月に開催予定の通常総会は、例年開催していたオーラムからJJA会館3階に変更し、記者会見と懇親会が中止となった。
 3月31日までの年会費未納が13社、退会届が11社あり、4月現在での正会員は777社となった。
https://jja.ne.jp/

05/15(Fri) ジュエリーコーディネーター(JC)検定合格者は421名
合格率は89.96%だった(日本ジュエリー協会)

 日本ジュエリー協会によるジュエリーコーディネーター(JC)検定「第40回3級試験」が3月4日に、全国8カ所(甲府は中止)で開催され、4月17日に合格者が発表された。
 申し込み者数は全国809名、その内受検者は468名で、合格者は421名となり合格率は89.96%だった。
https://jja.ne.jp/

05/15(Fri) aidectが画像一枚でジュエリー診断
店舗勤務できない社員に、LINEを通じてマッチング

 ジュエリーオーダー&リフォームスペシャリティストア『aidect』を運営する潟Wュエリーアセットマネジャーズは、外出を自粛する顧客に向けて、自宅から簡単にジュエリーに関する相談が行えるサービスを5月1日より開始している。
 昨今の感染拡大の長期化に伴い、家にいる時間が多くなることから、身の回りの片付け・整理などを行う時間が増え“捨てるもの”の整理はできても、“捨てるに捨てられない”ジュエリーやアクセサリーは片付けられずにそのままになりがちという声が多くあることを受け、同社ではジュエリー1点から宝石箱まで、aidect公式LINEアカウントに画像を送るだけで、アイデクトのベテランスタッフがジュエリーの扱い方全般について解説・相談に応えている。
 また、「休業に伴い出社できない社員が役立てるサービス」として、全店、百貨店やSCに展開しているaidectでは、商業施設の休館で多くの社員が待機中に伴い、店舗社員の持つノウハウ
や知識を困っている顧客に還元すると共に、アイデクトのサービスの認知向上の機会になればと考えている。
https://www.aidect.jp/

05/15(Fri) シリコンウェディングリングAMORE誕生
アメリカで100億円のマーケットに成長

 アメリカにおいて100億円のマーケットに成長しているというシリコンウェディングリングを発売している泣cAナ(神奈川県茅ヶ崎市、安達敦社長)は、日本国内においてもこれから必
ず成長するマーケットと捉え、「指輪のアスレティック化・機能化」をテーマに、「愛の証」「パートナーやファミリー、フレンドやチームとの繋がり」を大切にするシリコンウェディングバンドのブランド『AMORE』を販売し、プロモーションを行っている注目の会社だ。
 日本ではあまり聞きなれないシリコンウェディングリングだが、シリコン素材で作られた機
能的な結婚指輪。金属製のリングだとスポーツやワークアウトをする時に指輪やトレーニング器具、ときには人を傷つけてしまったりすることがあるが、シリコン素材を使っているAMOREは、リングに傷や汚れがつきにくく、丈夫で耐久性もある。電気を通さず熱や水にも強いため、安
心して肌に着用することができる。価格は2900円+税。5月31日までInstagramでローンチキャンペーンを実施中。

05/15(Fri) 「第17回HRDアワード」登録を受付中
5月11日〜6月14日まで

 HRD Antwerpが主催するジュエリーデザインコンテスト「第17回HRDアワード」の登録が5
月11日〜6月14日まで実施されている。
 今回のテーマは「HAPPINESS-ANEW Beginning」。現在の世界的危機にある人々を激励するようなテーマであり、輝くダイヤモンドや宝石によってそれを探求することとなる。
 優勝、準優勝の他、8つの個別カテゴリー賞を含む11の賞を用意。受賞者にはH R DAntwerpによる世界の教育コースとオンラインでの奨学金が与えられる予定。詳細はh r d d e s i g n a w a r d s @hrdantwerp.comまで連絡を。



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1