※写真をクリックで拡大します。
Home

09/05(Mon) 『第4回めがね供養会』を10月1日、上野不忍池・辨天堂で開催
東京眼鏡販売店協同組合

東京眼鏡販売店協同組合では、昨年から開催した『第4回めがね供養会』を10月1日(土)午前11から、(雨天決行)、上野不忍池・辨天堂(東京都台東区上野公園2−1)で開催する。

09(Mon) 新しい形の参加型イベント「カクテル&ジュエリーパーティ」開く
シチズン宝飾がジュエリーを身に着け、楽しむ場の提供

ジュエリーメーカーであるシチズン宝飾梶i平田洋司社長)は9月4日、東京・新宿の京王プラザホテル東京で、ジュエリーを身に着けて華やかに装う場の創出と、ジュエリーの魅力を合わせて紹介する新しいスタイルの催し「カクテル&ジュエリーパーティ」を開催、関東近県から多くの来場者がジュエリーを身に着けて来場、会場内は華やかな雰囲気に包まれた。
この企画は、エメラルド、ダイヤモンド、パライバトルマリン、ルビー、パール、サファイア6種のジュエリーをテーマに同ホテルのバーテンダー6名が創作して競い合うもので、特別審査員として伝説のバーテンダー渡辺一也氏やタレントでありワインエキスパートの資格を持つ早見優さん、ジュエリーデザナーの梶光夫さんらが参加、更に参加者全員が創作カクテルコンペティションの審査員として楽しむ参加型イベント。
参加者は6名のバーテンダーがジュエリーのテーマに合わせて作るカクテルを全員で試飲、審査した結果、ルビーをテーマにしたカクテル「MAGICAL RED」を作った小鷲崇文さんが断トツで優勝、優勝者に投じた参加者3名にも豪華な賞品が授与された。
この他に、ジャズの生演奏やジュエリー&ファツションショーなど、パーティの場として華やかに装う場を創出して、来場者が大いに楽しんだ催しとなった。
http://jewelry.citizen.co.jp/

09/05(Mon) ジャパンジュエリーフェア2016の来場者の合計は 14,209名
UBM ジャパン鰍ェ会期3 日間の来場者受付カウンター登録数の速報を発表

UBM ジャパン鰍ヘ「ジャパンジュエリーフェア2016」の会期3 日間の来場者受付カウンター登録数の速報を発表した。9月1日(木)6,892 名、9月2日(金)4,651 名、9月3日(土)2,666 名の合計 14,209名。
来場者の業種別来場者数など来場者分析の詳細につきましては、後日報告書を作成の上、報告するとのこと。すでに次回2017年の出展に関する申込受付も開始しており、例年以上に多くの出展社から申し込みがあったという。
優先申込期間(9月30日)までに申し込んだ社から優先的に次回の小間位置を案内するとのこと。 上記の全ての数字は会場受付で登録した来場者のデータ数。( 同じ来場者バッチで2 日間以上来場された人はカウントしていない)上記には出展社バッチ数を含んでない。
http://www.ubmjapan.com/

09/05(Mon) 「セイコーアストロン」から「みちびき」スペシャルエディションを発売
宇宙とつながる世界初のGPSソーラーウオッチ

《セイコーウオッチ》 世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコーアストロン」から2010年9月11日に日本から打ち上げられた準天頂衛星システもの初号機「みちびき」からインスパイアされた限定モデル(¥260,000+税)を11月11日から発売する。
ダイヤル上の2時と10時位置に配置したメタリックブルーの金属パーツは翼を思わせる「みちびき」のソーラーパネルに、6時位置のマザーオブパール(白蝶貝)のサブダイヤルを地球に見立て、漆黒の宇宙空間をイメージしたオールブラックのケースとバンドと共に時計全体で、「宇宙空間に存在する地球とみちびきを」表現している。ケースとバンドにセイコー独自の新表面加工「スーパーブラックダイヤルシールド」を施している。裏蓋には、「みちびき」のロゴマークに加え、Limited Editionの文字と、0001/2000〜2000/2000までのシリアルナンバーが印されている。
http://www.seiko-watch.co.jp/

09/05(Mon) 綾瀬はるかさんプロデュ―ス「LUKIAYASE(ルキアヤセ)」を発売
“HAPPY BLUE”コンセプトに綾瀬さんのアイディア満載のスペシャルモデル

《セイコーウオッチ》 「セイコールキア」からこのブランドのイメージキャラクターである綾瀬はるかさんとのコラボレーションモデル「“ルキアヤセ”綾瀬はるかプロデュ―ス限定モデル」を10月21日から全国で発売する。イメージキャラクターが商品コンセプトから命名までプロデュースするのは、ルキアが初めて。価格は¥120,000+税で、限定3,000本。また日常でも華やかなシーンでも映える、上質な輝きを放つレギュラーモデル「ラッキーパスポートシリーズと「レディ・トノー」シリーズも各3機種(¥68,000+税)〜¥78,000+税」を10月8日から発売する。
http://www.seiko-watch.co.jp/

09/02(Fri) 箔一、“金沢箔”の技法を採用した和モダン置時計を
セイコークロックより9月2日販売開始

株嶋(本社:石川県、浅野達也社長)は、セイコークロック鰍フ最高級ブランド『デコールセイコー』の最新モデルに金沢箔の技法を用いた新商品を9月2日から全国で販売開始した。今回の新モデルは和モダンをコンセプトに開発され、主要なデザインの表現手法として箔一の代表的な“明日香”に着目、置時計の文字板にそれが見事に活かされている。
市松模様の文字板に、美しい金沢箔のグラデーションを表現、その上に、クリスタルが輝く金色のリングを配し、絶妙のコンビネーションの中に伝統の技が生きている。用いた金沢箔は3種で、筒ぶりという技法で金沢箔の切り廻しを散らし、絶妙なグラデーションを作り上げている。価格は、250,000円(税別)。
http://www.hakuichi.co.jp/

08/31(Wed) 山梨県ジュエリーマスター認定試験の受験者を募集
平成28年度の締め切りは10月4日

山梨県では、ジュエリー産業従事者の資質向上と社会的評価を高めることを目的として、平成元年に「山梨県ジュエリーマスター認定制度」を創設。今年度も認定試験の受験者を9月1日から10月4日まで募集している。この制度は、宝石加工・宝石鑑別・宝飾デザイン・宝飾加工(貴金属加工)の4つのジュエリー制作分野で、一定基準以上の技術を持つ人を山梨県知事が認定するもの。上級の称号である「ジュエリーマスター」は、後輩の指導が出来、独自の判断で業務を遂行できる人を意味している。その他初級の「ジュニアジュエリーマスター」、中級の「プレジュエリーマスター」が用意されている。試験日は、12月10日〜13日(業種別により異なるので要確認)。受験手数料は学科3,000円、実技6,000円。受験の申請・問い合わせは、山梨県産業労働部地域産業振興課 宝飾・繊維担当(055-223-1543)、又は「ジュエリーマスター」で検索を。
https://www.pref.yamanashi.jp/chiikisng/jewelre_master/jewelry_top.html

08/30Tue) 『ジュエリー絵画Ⓡベルサイユのばら』シリーズの卓上タイプを発売
「ジュエリーカミネ」が北米、オーストラリア、東南アジア、中東地域まで

潟Wュエリーカミネは、同社が好評発売中の「手塚治虫シリーズ」8点に続き、『ジュエリー絵画Ⓡベルサイユのばら』シリーズの卓上タイプ5作品を制作、9月中旬から発売する。
卓上タイプは、お気に入りのキャラクターを身近な場所に置けるもので、誕生日などのプレゼントとしても喜ばれる。全ての作品に専用のケースと保証書が付いている。価格は各作品とも¥29,800+税。詳しくはジュエリーカミネの絵画事業部(078−332-5512)
http://jewelry-pictures.com/

08/29(Mon)シチズン時計が2016年全米オープンテニス(USオープン)に協賛
オフィシャル・タイムキーパーとして24年連続

《シチズン時計》 8月29日〜9月11日(現地時間)、ニューヨーク、アーサー・アッシュ・スタジアムで開催される「全米オープンテニス」のオフィシャル・タイムキーパーとして今年も協賛する。同社は、1993年からこの大会のオフィシャル・タイムキーパーを務めており、今年で24年目となる。大会では、公式計時による試合運営のサポートの他、会場にシチズン専用ブースを設置して、商品のプレゼンテーションやブランド体験の場を用意し、大会を通じて来場者とのコミュニケーションを図っている。また、昨年度より全米オープンテニスに加え、その前哨戦となる「エミレーツ航空全米オープン・シリーズ」においてもオフィシャル・タイムキーパーを務めており、2020年まで両大会への協賛を継続する。
http://www.citizen.jp/news/2016/20160829.html

08/29(Mon) 「つなぐ・動く・美しく」ジュエリー業界に特化したウェブ・マーケティングセミナー
PR現代では9月21日、浅草橋「ヒューリック・カンファレンス ROOM3」

(株)PR現代では9月21日(水)、ジュエリー業界のメーカー、卸、小売専門店に特化したウェブ・マーケティングセミナー「第3回 ウェブ・ソリューションセミナー」を開催する。
(時間/午前10時30分〜午後4時00分 於/東京・浅草橋「ヒューリック・カンファレンス ROOM3」)
今回のウェブ・ソリューションセミナーは、ウェブからの問い合わせや来店の予約、実来店を増やす、店舗への誘導を主眼とした「ウェブで成果を着実に出す方法」を公開するもの。
第3回目となる今回は特にウェブサイトの「更新力・動画力」アップをテーマにする。・地道な更新活動で「検索1位」を獲得した事例・動画配信のやり方を撮影からアップロードまで具体的に解説。・ウェブサイトの新着情報のコンテンツ制作が楽にできる運用&テキスト制作マニュアル「White File」を活用した効果的な更新方法等を紹介。
自社のウェブサイトやSNSを店舗と連動し、相乗効果を出す具体策を事例をもとに紹介する毎回30名〜40名が参加する人気セミナー。下島社長は、「本セミナーは、お金をかけてウェブで成果を出す方法ではなく、日々の更新作業をコツコツ行うことで検索の上位を獲得し、お客様からの問い合わせを増やすという『見込み客発見型ホームページ』の作り方、運営の仕方をお伝えしご評価いただいているセミナーです。今成果を出すためのキーワードは「つなぐ・動く・美しく」です」と語り、高頻度の更新作業や動画配信の重要性、SNSや店舗との有効な連動の仕方を伝えるセミナーへ、参加を呼びかけている。
参加費は、和道経営の会、JMGメンバー:1名5,000円 、一般:1名様10,000円。
申し込み、問い合わせは、TEL.03-3639-1253/FAX.03-3639-1250:PR現代 ホームページ(http://pr-g.jp)から直接申し込み可能。



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:36