※写真をクリックで拡大します。
Home

09/15(Thu) 昨年の“バク買い”需要の減速で売上は伸び悩むが、下半期は堅調
「2016年秋冬ウオッチ合同提案会」

セイコー、シチズン、オリエント各社の「2016年秋冬ウオッチ合同提案会」が9月7日・8日、ロイヤルパークホテルで行われ、前回を超える2,300名の来場者で賑わった。来場者は毎回増えている傾向にあり、国産時計にかける期待は大きいようだ。
各社ともに「昨年前半の訪日した中国人の“バク買い”に代表される“インバウンド需要”の減少や、先行き不透明な世界経済の動向、円高傾向による景気への影響など、今期前半の売上は厳しくなっているのが、今年下半期の時計市場は堅調に推移すると見込んでいる。各社とも独自の技術力で多彩な新製品を披露している。

09/15(Thu) 「セイコー創業135年記念モデル」に期待
「GS」「ルキア」「ガランテ」から多彩な新作を発表

セイコーブースでは「グランドセイコー」「アストロン」「プロスペックス」「プレサージュ」「ルキア」等、多数の新製品と宣伝販促策を提案した。
「グランドセイコー」も昨年に比べると伸び率は落ちるが以前との比較では悪い数字ではない。特にセイコー創業135周年を記念して、特別仕様の陽極酸化処理を施した回転錘を搭載したメカニカルハイビ―ト36000GMTモデル(70万円+税)を11月11日から数量限定で発売する。
アストロンは昨年を越える数字でむしろ認知度は高まっている。9月に打ち上げられた人工衛星の初号機「みちびき」限定モデル(26万円+税)も11月11日、2,000本限定で発売される。やはりGPS機能が認知されたのだろう。ラインアップも充実して、市場も拡大している。キャラクターの大谷昌平選手の活躍も大きな要因だろう。
ルキアも前期以上の数字を挙げている。イメージキャラクターの綾瀬はるかさんプロデュースの「LUKIAYASE(ルキアヤセ)」(12万円+税)を10月21日から限定3,000本で販売する他、新モデルも投入して年末需要に備える。
白蝶貝のダイヤルに大胆かつ精緻な幾何学模様とダイヤモンドをあしらった「セイコーガランテ」数量限定モデル((65万円+税)を10月8日に発売する等、各モデルともに下半期に向け多彩な戦略で売り上げ向上を目指すが、特に今期は「セイコー創業135年記念モデル」に期待したい。
http://www.seiko-watch.co.jp/

09/15(Thu)40周年記念モデル世界最薄1.00oムーブメント「エコ・ドライブ ワン」
xCからは20周年記念新色「サクラピンク」デビュー

シチズン時計鰍ヘ、1976年独自のアナログ式光発電時計を発売。今年で40周年を迎える。その集大成として世界最薄1.00oムーブメントの「エコ・ドライブ ワン」の世界限定1モデル(70万円+税)を10月28日、レギュラー3モデル(30万円+税)を11月25日から発売する。
シチズンのエントランスには、薄さをアピールした85個のパーツを分解して展示、来場者の多くはシチズンの技術者から説明を受けていた。
「シチズンエル アンビュリナ 」(18万円と6万7円+税)は、エシカルな物づくりを背景にジュエリーのように身に付けたくなるデザインのレディースウオッチ。
主たるメンズ物では、「アテッサ」、「エクシード」のGPSバリエーションのラインアップを投入、多彩な新型を展示していた。中でもブラックのフェイス内に程よいアクセントとなるよう散りばめられた金色が特徴のシチズン アテッサ限定モデル「Stay Gold」(19万円〜25万円+税)を11月上旬に発売する。
レディース物では、20周年の節目の年に新色として女性の肌を美しく見せるデュラテクトカラーの「サクラピンク」を投入、商盛期にかけてカラーで演出するコレクションとしてビジュアルも新しくした。
http://www.citizen.jp/

09/15(Thu) 「46系ムーブメント」を搭載した秋冬の新作
価値あるオリエントスターの魅力

《オリエント時計》 一貫した国内生産で、本格的かつ個性的な機械式時計を送り出してきたオリエント時計鰍ヘ、日本の技術力の高さを世界に示す名機の誉れ高いオリエントスター「46系ムーブメント」を搭載した秋冬の新作「手巻きスケルトン」、「レトログラード」、更にブランド誕生65周年記念限定モデル「モダンスケルトン」を用意した。
50時間パワーリザーブを装備、手縫いの本ワニ皮革のベルトを採用、同水準のスケルトンモデルとしては、例を見ない価格帯を実現、9月に発売した。「手巻きスケルトン」(ステンレス24万円、ゴールド25万円+税)。
11月発売予定の、温かみのあるケースデザインと両球面ガラスが印象的な「クラシック・レトログラード」(12万円+税)は、プッシュ式の観音式の中留を採用、ネイビーとホワイトの2色の文字板を用意している。
70年代風のテクスチャーと現代的なターコイズブルーの限定カラーを合わせた文字板の「オリエントソーラーパンダ」はクリスマス限定モデル(3万2千円+税)として10月に発売を予定している。操作性の高いT字型プッシュボタンがデザインのアクセントとなり日本製ソーラークロノグラフながら低価格を設定している。
http://www.orient-watch.jp/

09/15(Thu) 堅実な売り上げを上げた消費者展
みつわの「ジュエリースプレンダーフェア2016秋」

(株)みつわ(三輪晃久社長)は9月13日、恒例の「ジュエリースプレンダーフェア2016秋」を東京・永田町のザ・キャピトルホテル 東急で開催、悪天候にも関わらず都内近郊の専門店、そして百貨店のVIP客約200名余りが来場、会場は活況を呈した。
ハウスブランド「MG」はじめ「プレステージ」の秋冬新作、ジャンニ・カリタなど海外ブランドに加えてK−dion、ジュネ、QAYTENなどが出品され好評を博した。
会場には、歌舞伎界のスター三代目中村橋之助さんが八代目中村芝翫を襲名、3人の息子さんもそれぞれ襲名が決まり、父子4人の同時襲名記念として文化著名人の今田美奈子さんが製作した女神のスターダイヤモンドを使用したオーナメントが展示され、大きな関心を呼んでいた。
デザイナーズコーナーではみつわデザイナー藤田正をはじめ、梶光夫、松井久子による新作コレクションが紹介され、関心を集めた。
販売商品の傾向としては、ペンダントやブレスレットのダイヤモンド装飾品を中心にサンゴ、真珠製品などに動きがあった。 
(株)みつわは年末に向けたユーザー展として11月26日(土)に恒例の「輝京展」を京都の知恩院 和順会館で、12月24日(土)には「クリスマスジュエリーコレクション」を東京のホテルニューオータニで開催する予定となっている。
http://www.mitsuwaj.jp/

09/15(Thu) ワンランクアップのニナリッチ「PRESTIGE」披露
初めて全モデル3色展開

ニナリッチ発売元のエスジェイ ジュエリー梶i川村忠男社長)は9月1日、東京・有楽町ミュラキュルーズで新作発表会を開き、ワンランクアップのニナリッチ・ブライダルコレクション「PRESTIGE」を披露した。
このコレクションは、高品位(Pt950)、高品質(センター・脇石ダイヤ全てHeart&Cupid)を使用した最上級ブライダルコレクション。更にすべてのダイヤモンドのキューピッドの矢は方向を同じに向いていて、従来のラインに比べて質感も増した優美なデザインに仕上がっている。初めて全モデル3色展開(Pt950 ,K18YG,K18PG)によりニナリッチの世界観を6つのシリーズVague(ヴァーグ:波)、Lien(リアン:絆)、Courbe(クールブ:曲線)、Allee(アレ:並木道)、Ingenue(アンジェヌ:純情)、Infini(アンフィ二:永遠)で表している。
モデルとしては、ウェディングリング8ペア16型、エンゲージメントリング7型、セットリングの2型の計25型となる。
またニナリッチジュエリー秋冬コレクションは、ナチュラルな女性らしさに息づく官能美と誌的な魅力をコンセプトに究極のフェミニンカラーであるルビーをはじめ、ファンシーシェイプのカラードストーンがコレクションを彩る。色石を贅沢にあしらった「Oiseau de Nuit(オイソードゥ ニュイ:野鳥)、瑞々しい透明感が印象的なINGENUE(アンジュネ:純情)、リボンにダイヤモンドのグラデーションを配したMASCULIN FEMININ(マスキュランフェミニン)の3のテーマで展開。価格帯としては¥144,720〜¥734,400(希望小売価格:税込)。
http://www.sjj.co.jp/

09/15(Thu) 『第4回きらきらジュエリー川柳大賞』入賞作品が決定 
〜金賞に30万円のピンクダイヤモンドペンダント!〜

帝国ホテルアーケードで93年の歴史を刻んできたマユヤマジュエラー(株式会社繭山龍泉堂:)は、第4回となる『第4回きらきらジュエリー川柳大賞』が決定した。また、川柳の募集とともに行なったジュエリーに関するアンケート調査の結果も公開した。
今回は14才〜99才の1,180名から3,013句のジュエリー川柳が寄せられた。テーマが「ジュエリー」ということもあって、多くの女性(全投稿者の58%)から参加があった。アンケートでは、ジュエリーやアクセサリーに対する男性からの回答も多数寄せられた。
【金賞】(1句)「ゆらゆらと ゆれるピアスに 猫パンチ (静岡県・伏見ゆき子)」副賞「30万円相当のピンクダイヤモンドペンダント」、【銀賞】(1句) 「孫の名が 大也(ダイヤ)に瑠美依(ルビー)の 時代来た (福岡県・富田用介)」副賞「10万円相当のガーネット・ダイヤモンドペンダント」、【銅賞】(1句) 「ジュエリーが 老いを追いやる サプリなの (東京都・鮎川由紀子)」副賞「8万円相当のミルキーターコイズブローチ」が贈られた。
http://mayuyama.co.jp/senryu2016-result/

09/09(Fri) 『スリランカ・ジェム・フェスタTokyo 2016』開催
10月24日〜26日、東京・御徒町のオーラムB1

 一般社団法人日本宝石協会(JGS略:伊藤彰理事長)は、10月24日〜26日、東京・御徒町のオーラムB1で開催する『スリランカ・ジェム・フェスタTokyo 2016』についての詳細を9月9日、東京・高輪のスリランカ大使館で発表した。
 冒頭、スリランカのD・G・ディサーナーヤカ特命全権駐日大使が「スリランカ政府は2020年までに輸出額200億ドル、輸出を国内総生産の2倍に成長させることを目標に掲げており、長期的観点からも、今回の展示会はスリランカの宝石産業の強化にもつながり、国内経済を支える原動力になると考えている。その為にも今回の展示会の成功を祈念したい」とエールを送る。
 主催者である(一社)日本宝石協会の伊藤彰理事長は、スリランカの宝石産業を総合的に司る唯一の政府機関、スリランカ政府宝石局からの要請で展示会の運営実行を引き受けたことの説明の後、「国土の4分の3が高品質な宝石原石を含む鉱床に恵まれ、2千年以上に亘り世界中に宝石を供給してきた原産国であるスリランカから20社に及ぶ宝石業者が参加する展示会では、過去最大級の1,400キャラットのブルースターサファイアをはじめ、高品質な宝石の数々を見ることが出来ます。展示会場を保税上屋に指定、輸出入にかかわる消費税の支払・還付手続き等の煩雑さ、資金負担等を鑑みた措置としている。輸入経験のない業者や小額でも購入可能な輸入代行サポートの導入も考えている』と展示会への来場を呼びかける。
http://japangemsociety.org/

09/07(Wed) 早くも年末商戦に役立つ商品や企画の提案
大沢商会時計宝飾部扱い商品の新作発表展示会

《大沢商会時計宝飾部》 椛蜻商会時計宝飾部は、同社の扱い商品の新作発表展示会を9月7日、日本橋室町野村ビルで行い、取引先多数が来場して賑わった。会場にはライセンスブランドや機械式輸入時計の新作はじめ、今春から取り扱うLARS LARSEN(ラース ラーセン)、初めてお披露目するSPEAKE MARIN(スピーク マリン)など年末商戦に役立つ商品や企画の提案をしている。また、腕周りのトータルコーディネイトの提案の一環として、アメリカ発のアクセサリーブランドALEX AND ANI(アレックス アンド アニ)の展示も行った。
http://www.josawa.co.jp/

09/07(Wed) 新製品の超お買い得品や朝市サービス品など、魅力商材がいっぱい
「第89回JTOフェア」9月7日、秋葉原のアキバ・スクエアUDXで

《第89回JTOフェア》 輸入・製造・卸業者が集まる東京・御徒町の宝石商団体「ジュエリータウンおかちまち」有志による小売店向け展示会の第89回目が9月7日、東京・秋葉原のアキバ・スクエアUDXで行われ、多くの業者が来場して賑わった。会場には新製品の超お買い得品や出展商社35社が朝市サービス品など、魅力商材がいっぱい。更に、特賞として当日買物券10万円、1等万円、2等万円、3等1万円⒛本が当たるWチャンス抽選会など、にぎやかに開催した。今後のJTOフェア開催予定は、第90回:11月2日、第91回:平成29年3月15日、第92回:平成29年6月7日となっている。
http://www.jewelrytownokachimachi.com/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:22