※写真をクリックで拡大します。
Home

10/31(Mon) 『G-SHOCK / BABY-Gウインターキャンペーン』
ウィンターグッズ・海洋堂とコラボしたフィギュアなどが抽選で当たる

《カシオ計算機》 耐衝撃腕時計“G-SHOCK”と“BABY-G”の購入者を対象としたキャンペーン『G-SHOCK / BABY-Gウインターキャンペーン』を11月1日から開始する。キャンペーン内容は、“G-SHOCK”と“BABY-G”の購入者から抽選で、人気ブランドの冬用アイテム、特別レコード、海洋堂とコラボレーションしたフィギュアを合計で100名にプレゼントするもの。応募期間は、11月1日〜2017年1月15日(日)23時まで。
今回、人気ブランドのウィンターグッズが当たるほか、SHOCK THE RADIO賞としてRIP SLYMの限定盤オリジナルLPレコード、Master of G賞として、滑C洋堂とコラボレートした“G-SHOCK”の人気シリーズ“FROGMAN(フロッグマン)”のアイコンである「潜水カエル」のフィギュアを用意した。
酸素ボンベを背負った「潜水カエル」は、耐衝撃ダイバーズウオッチ“FROGMAN”の裏蓋に刻印されており、シリーズのアイコンとして親しまれている。今回フィギュア化したのは、今年6月10日に発売した最新モデル「GWF-D1000」で採用した、ライトを持ってレスキューに向かう姿をデザインした「潜水カエル」。画像は、“FROGMAN”「潜水カエル」フィギュア
http://www.casio.co.jp/

10/28(Fri) 京都オパールが鉄道車両の装飾として初採用
泉北高速鉄道の新型特急車両の外装デザインを彩る装飾部材として

京セラが開発した装飾用素材“京都オパール”が平成29年2月から導入する泉北高速鉄道の新型特急車両「泉北ライナー」の外装デザインを彩る装飾部材として採用された。京都オパールが鉄道車両の装飾として採用されるのは今回が初めて。
「泉北ライナー」は、南海12000系をベースとし、金色の車体に青と黒のラインが走るデザイン。側面に配置されたシンボルマークの中央には「新しさ」を表す星が輝き、その周囲に泉北ラインが走る「ニュータウンの4つの地域(泉が丘・栂・光明池・トリヴェール和泉)」を表現する4つの丸がデザインされている。今回その4つの丸に4色の京都オパールが施され、煌びやかな車両デザインに落ち着きのある上品な輝きを添えている。
http://www.semboku.jp/cat_news/4845/

10/28(Fri) 来春「シチズン時計の旗艦店」が銀座にオープン
シチズンウオッチグループの世界観を感じられる開放感のある空間

《シチズン時計》 世界で初めてのシチズンウオッチグループ フラッグシップストア「CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO(シチズン フラッグシップストア 東京)」が、2017年4月20日開業予定の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」内にオープンする。
この旗艦店は、銀座に新しくオープンする「GINZA SIX」の1階フロアに位置し、交詢社通りと三原通りに面している。イベントスペースと修理工房を含めて約300uの広さを持つフラッグシップストアは、充実した商品ラインナップとサービスにより、シチズンウオッチグループの世界観を感じられる開放感のある空間といえる。
全てのお客に、気軽に時計を「見て」「触れて」「体感することができるよう「タッチ&トライ」コーナーを充実する。知識が豊富なブランドスペシャリストが、ここでしか手に入らない限定商品を含む魅力的なラインナップから、お客にあわせた時計を提案する。修理工房では時計技能士が、メンテナンスに関わる相談をうける。世界中から集うお客をおもてなしできるよう外国語を話せるスタッフも常駐する予定。
定期的なイベント開催も予定しており、時計の楽しさや魅力を感じてもらい、何度も足を運びたくなるウオッチストアを目指すとしている。
http://www.citizen.jp/

10/28(Fri) 「PADI」とコラボしたダイバーズウオッチコレクション
<セイコー プロスペックス>から、世界最大のダイビング教育機関

《セイコーウオッチ》 本格スポーツウオッチブランド<セイコー プロスペックス>から、世界最大のダイビング教育機関「PADI」とコラボレーションしたダイバーズウオッチコレクション4機種(65,000〜125,000円+税)を11月下旬〜2017年1月下旬にかけて全国で発売する。
<セイコー プロスペックス>は、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えたスポーツウオッチブランド。その中でもブランドを象徴するダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生して以来、セイコー独自の画期的なテクノロジーを搭載したエポックメイキングな商品を次々と世に送り出し、50年以上に渡って、弛まぬ進化を続けてきたことで、世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家から高い評価と信頼を獲得してきた。また、JIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)におけるダイバーズウオッチ規格制定には、セイコーが技術開発の基準にしてきた性能規格が大きく貢献するなど、セイコーダイバーズウオッチは常に世界をリードし続けてきたダイバーズウオッチのパイオニア。
PADIのロゴカラーを纏った本格スペックのダイバーズウオッチコレクションは、裏ぶたのシリアルナンバーとPADIロゴ入り専用ボックスが希少性を高める数量限定モデルで、ペアでも使えるソーラーダイバーズウオッチ。
http://www.seiko-watch.co.jp/

10/28(Fri)アンティーク技法のジュエリー「Millgrainミルグレーン」が復刻
ジェムインターナショナル「2016年新作展」

10月27日、東京・品川ザ・ランドマークで行われた潟Wェムインターナショナル(下倉骼ミ長)の「2016年新作展」で、同社のアンティーク技法によって誕生したレース細工のような繊細さとクラシカルな気品が魅力のジュエリー「Millgrainミルグレーン」が、同社設立10周年記念として復刻した。
この「ミルグレーン」は、地金にごく小さい丸い粒状の浮彫り細工を並べたアンティークラインのジュエリーで、同社の熟練したクラフトマンの手で、多くの手間と時間を費やして生み出されている。
「ミルグレーン」とは、ラテン語で「千の粒」を表すことから、縁起の良い「千」が意味する「子宝」「永遠」「長寿」をもたらすと言われている。欧州の貴族がこよなく愛したエドワーディアン様式の象徴ともいえるアンティーク技法のジュエリー。均整のとれた美しいミルグレーンを施すには、高度な技術が不可欠である。
http://www.gems-inter.co.jp/

10/27(Thu) 「月華」「風華」のラインアップ増と「ミルグレーン」が復刻
ジェムインターナショナル「2016年新作展」

 潟Wェムインターナショナル(下倉骼ミ長)の「2016年新作展」が10月27日、東京・品川ザ・ランドマークで行われ、同社取引先多数が来場して賑わった。
 大小様々なベビーパールとダイヤモンドをリズミカルに散りばめたジュエリー「月華」からは、まるで空気をまとったような軽やかなデザインにアコヤ真珠の優しい光沢と透明感あるペンダント、ネックレス、ピアス、リングなど7モデルの新作が登場、ラインアップの幅を広げている。価格帯は10万円〜65万円。
 上質な南洋真珠を主役に、ダイヤモンドが織り成すリズミカルな輝きがひときわ美しいラグジュアリージュエリー「風華」からは、一つの旋律が繰り返され、重ねられていくことで生まれる軽やかで立体感のあるペンダントとリングの新作が誕生している。
 また同社のアンティーク技法によって誕生したレース細工のような繊細さとクラシカルな気品が魅力のジュエリー「ミルグレーン」が同社設立10周年を記念して復刻された。この「ミルグレーン」は、地金にごく小さい丸い粒状の浮彫り細工を並べたアンティークラインのジュエリーで、同社の熟練したクラフトマンの手で、多くの手間と時間を費やして生み出されている。
 また同社が2年前に提案した“パールネックレス5つの長さと着こなしルール”が好評され、再度登場している。
 これは、40pのチョーカーに始まり、60p、80p、105p、120pの提案で、特に105pソワレの提案が各所で好評され、再登場となったもの。
 デザインから機能・開発、制作までを一貫して開発したオリジナルクラスプが披露され、好評を博した。バラエティ豊かなデザインと重量感あふれる造りが、既成のクラスプでは物足りない販売店に満足する商品となっていた。
http://www.gems-inter.co.jp/

10/27(Thu) 7年ぶりの新作登場カンパノラ『コスモサイン』
時の起源である天空の星や月の動きを腕元に

《シチズン時計》 時を愉しむための機能を先端の技術で美しく表現したウオッチブランド「カンパノラ」から、人気シリーズ『コスモサイン』の7年ぶりとなる新作、2モデル(¥25万円と28万円+税)を11月3日発売する。
7年ぶりに登場する新製品は2モデルあり、北緯35°の全天星座をリアルタイムで文字板上に再現する「星座盤モデル」と、月齢だけでなく月と太陽の位置などを表示する「月齢盤モデル」をラインナップ。
「星座盤モデル」は漆黒の宇宙をイメージして、従来ブルーのカラーリングを施していた文字板を、星座盤面を含めて、ブラックのカラーリングにまとめた。さらに、方位高度線をグレーにしてトーンを落とすことで、星座などを見やすくしている。風防ガラスに99%クラリティ・コーティングを施して反射を抑えることで、星座盤面を見やすく。またカンパノラ「コスモサイン」に初のメタルバンドを採用することで、ブラックフェイスと相まってより精悍なモデルとなった。
そして今回、新たに加わる月齢を表示する「月齢盤モデル」は、私たちにとって最も身近な天体である月の満ち欠けや月と太陽の位置関係などを表示する、新たな魅力を持ったモデルの登場となる。
「宙空の美」をデザインコンセプトに持つカンパノラが表現する独自の美学に、唯一無二で独創の天体表現を行う、ふたつの新たな顔が加わった。
http://www.citizen.jp/

10/26(Wed) サダマツの第53期売上高92.9億円(前期比1.2%増)発表
2020年には東証一部上場を予定、売上高150億円を目指す

潟Tダマツ(貞松隆弥社長)の平成28年8月期(第53期)決算報告が10月26日、東京・茅場町の兜町平和ビルで行われ、主力商品の“Wish upon a star”の売り上げが前年比21.6%増と引き続き好調で連結売上高92.9億円(前期比1.2%増)、連結売上総利益もグループマネジメント体制の強化による海外事業の成長が奏功して58.7億円(前期比1.8%増)を計上した。
更に「中期5ヵ年計画」の2年目としての今期8月期は、基盤整備や成長戦略による大型投資を実行、足元では各種施設の着実な実行により連結売上高96億円(前期比3.3%増)、連結営業利益2.5億円(前期比15.4%増)の増収増益を見込んでいる。
また2017年方針として「銀座出店によるブランド力の強化」を掲げており、来春には銀座中央通りに路面店をオープン他、昨年の8月には恋愛の神様である東京大神宮に“Wish upon a star”モニュメントを設置、着実に競争の優位性を進化させている。
海外子会社との連携、インバウンド事業の強化をイノベーションで対応、ECサイトの立ち上げ等、新規事業の推進を図るとしている。
これら「不採算部門の排除」や眼鏡事業の譲渡、将来性や投資対効果を踏まえた経営資源の適正化などで、2020年には東証一部上場を予定、店舗数は増やさず100店舗のまま、売上高150億円、営業利益15億円、ROE20%以上を目指すとしている。
http://sadamatsu.com/

10/26(Wed) シチズンから『OUTDOOR PRODUCTS』ウオッチ 発売
優れた機能性を備えた、ファッション性豊かなスポーティーカジュアルウオッチ

《シチズン時計》 アメリカ・ロサンゼルスで生まれたアウトドアブランドである「OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)」の日本市場における腕時計の製造と販売を行うサブライセンス権を取得した。この新製品は、OUTDOOR PRODUCTSのデイパックの様に、優れた機能性を持ちながら、シンプルで使い易く、年齢、性別を問わず幅広く訴求するスポーティーカジュアルウオッチ。その第1弾モデルとして、定期的な電池交換のいらない「ソーラーテック」を搭載した2サイズ、8モデル(各13,500円+税)を10月27日に発売する。
http://www.citizen.jp/

10/25(Tue) 「フォーエバーマーク エターナル コレクション™」に新作3点登場
華やかなデザインが秋冬のファッションをより魅力的に

デビアスグループのダイヤモンドブランド フォーエバーマークでは、ブランドを代表する人気コレクション「フォーエバーマーク エターナル コレクション™」に新作3点を導入、全国のフォーエバーマーク認定ジュエラーで発売中。
秋冬のファッションをクラスアップしてくれるステーションネックレス、ロングネックレスは、秋冬に活躍する厚手のニットとも好相性。シンプルに1本だけで、またはお持ちのペンダントとの重ねづけでより華やかに、とその日のスタイルで着こなしを楽しめる。また留め金を外さずにそのままかぶるように着けられるところも魅力のひとつ。揺れるドロップピアスは動く度に顔周りに輝きを添え、毎日の装いはもちろん、華やかな席にもふさわしい存在感を備えている。
いずれもフォーエバーマーク ダイヤモンドの比類なき美しさを最大限にひきたてるデザインで、秋冬のファッションをより魅力的に演出してくれる。新作はロングネックレス、ステーションネックレス、ドロップピアスの3種類。
http://www.forevermark.com/ja-JP/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:16