※写真をクリックで拡大します。
Home

07/13(Wed) 今年も『エンジェルスマイル』に応募してみては?
2016 銀座 天賞堂フォトコンテスト

銀座天賞堂本店の角に天使がいるのをご存知ですか。この幸せを運ぶ天使と一緒に写真を撮って応募すると豪華な商品をゲットすることが出来ます。昨年も多くの応募がありました。応募の中からゴールド、シルバー、パールエンジェル賞と応募者全員に記念品が贈られます。彫刻家の山田朝彦氏や写真家の高橋和幸氏らが審査員として厳正な審査をします。応募期間は9月30日まで。応募要項は、天賞堂のホームページからダウンロードして応募できます。振るって応募してください。フォトコンテスト事務局:03−3561-0102。
http://www.tenshodo.co.jp

07/12(Tue) パリ・BIJORHCA展に香川のアクセサリーブランド『Matsuyoi』が出展
赤珊瑚や宇和島の真珠など四国の伝統装飾素材を使ったアクセサリーを世界へ 

香川県のアクセサリーブランド『Matsuyoi 待宵』(鰹シなみ、原田諭起子社長)は、9月にフランス・パリのファッションウィークに開かれるアクセサリー・ジュエリーの国際展示会「BIJORHCA展(ビジョルカ・パリ)」に出展する。
『Matsuyoi』はここ数年、大島紬や京丹後の織物など、日本の伝統的素材を使ったコサージュなどのアクセサリーを制作、東京、大阪の百貨店で高い評価を得ている。高知の血赤珊瑚、宇和島の真珠、徳島の藍染を使った、ジュエリーやアクセサリーを発表、国内だけでなく、海外からのお客からも高い評価を得ている。
同社の原田代表は、「今まで『Matsuyoi』は、日本の伝統素材にいろいろチャレンジして、アクセサリーを作ってきました。高知の赤珊瑚や宇和島の真珠は、ここ近年、特に世界的にも注目されていて、国内の展示会でも海外のお客様に非常に人気の高い素材です。
ファッションの世界的な中心地であるフランス・パリで、日本、そして四国の宝飾素材のすばらしさを分かっていただき、かつ、「日本の美」をテーマにした『Matsuyoi』のデザインを楽しんでいただけたらと考えております」とコメントしている。
http://matsuyoi.jp/

07/11(Mon) 『INDEPENDENT』ブランド誕生20周年を記念したモデル発売
部品をあえて見せるという逆転の発想から生まれたモデル

《シチズン時計》 『INDEPENDENT(インディペンデント)』より、ブランド誕生20周年を記念したモデルの第1弾となるソーラーテック電波時計機能搭載の限定モデルを含む3モデル【希望小売価格:34,000円〜38,000円+税】を7月14日から発売する。
INDEPENDENT(以下、インディペンデント)は1996年のブランド誕生以来、自由な発想から生み出された独創的なテイスト・デザインを提案し続けてきた。ブランド誕生から20周年を迎える今年、ブランドが掲げる独創性を表現するモデルとして、通常は隠してしまうソーラーセルやムーブメント外周部の部品をあえて見せるという逆転の発想から生まれたモデルを生み出した。
ソーラーセル上に配置される文字板は透明になっており、ソーラーセル本体を見ることができるうえに、ソーラーセル外周部に配置されているムーブメントの部品までもが透明な文字板の下面部に見ることができる。
シンプルなケースラインを採用しながら、透明な文字板デザインによってソーラーセルやムーブメント部品を見せたり、風防部分にカットガラスを採りいれる事により、腕時計としてのスタイルとインディペンデントらしい独創性を見事に両立させたデザインに仕上げている。個性的なデザインながら、定期的な電池交換が不要の光発電技術ソーラーテック、時刻や日付も自動修正してくれる電波時計機能も搭載しているうえに、10気圧防水機能も備えるなど機能も充実しており、また限定モデルには「20周年記念限定BOX」が付属している。写真は500本限定モデル。
http://www.citizen.jp/news/2016/20160706.html

07/11(Mon) 樋口孝二氏が社長、相談役には笠間達雄氏が就任
リズム時計工業の新役員人事

《リズム時計工業》 6月22日に行った同社の定時株主総会並びに取締役会において新役員人事が決定した。敬称略。
▽代表取締役社長=樋口孝二、▽取締役常務執行役員=奥田伸一郎(管理本部長、コンプライアンス推進室、内部監査室担当)、平田博美(接続端子事業担当、リズム協伸椛纒\取締役社長)、▽取締役相談役=笠間達雄、▽取締役=柴田顕士、辻龍也(新任:日本ピストンリング鞄チ別顧問)、▽常勤監査役=小泉裕一、▽監査役=高木権之助(高木法律事務所代表)、山下和彦(新任:エヌ・ティ・ティ・データ・ソフィア且謦役副社長)、鈴木欽哉(新任:公認会計士・鈴木欽哉事務所代表)、▽執行役員=湯本武夫(新任:プレシジョン事業担当、東北リズム椛纒\取締役社長)、酒井清貴(新任:時計事業部長)、関根文男(新任:電子事業部長、先行開発部担当)、北坂享正(新任:時計事業部営業本部長)。
http://www.rhythm.co.jp/

07/11(Mon) 「セイコープレミアムブティック」開店1周年記念で現代の名工イベント開催
セイコーウオッチが7月〜8月にかけて、隔週で


《セイコーウオッチ》 2015年7月30日、銀座にオープンした「セイコープレミアムブティック」は、世界の主要都市で展開するセイコー専門店「セイコーブティック」の頂点となる店舗として、3つの高級ウオッチブランド(グランドセイコー、クレドール、ガランテ)のみを取り扱う世界初の店舗として誕生した。同社は開店1周年を記念し、セイコープレミアムウオッチ製作に携わる現代の名工を受賞した4名が順次来店し、ブティックで製作工程の説明や組立の実演などを行う。
7月9日=現代の名工として黄綬褒章受章を受賞した組立・調整師の中澤義房氏がクレドールのソヌリ・叡智Uのスプリングドライブムーブメントと部品を用いながら、組立の作業工程を説明する。
7月23日=組立師の小松郁清氏がグランドセイコーのスプリングドライブモデルの文字盤・針付けなど組立工程の実演を行う。
8月6日=黄綬褒章受章の受賞者である彫金師:照井清氏がクレドールの最高峰であり、セイコー初のトゥールビヨン「FUGAKU」を手掛けた彫金技術を実演する。
8月19日=組立・調整師の平賀聡氏によるグランドセイコーの機械式ムーブメントの組立作業の実演を行う。
http://www.seiko-watch.co.jp/boutique/premium_ginza/

07/07(Thu) 、8月に行われる納涼会の詳細や今後の日程について報告
ウオッチコーディネーター上級編を10%引きで販売

《東京時計産業連盟》 7月例会が7日、御徒町のオーラムビル地下で行われ、8月に行われる納涼会の詳細や今後の日程について報告された。また堀田峰明副理事長から「日本時計輸入協会からウオッチコーディネーター上級編が5年ぶりに発刊されました。価格は7,800円(税抜き)で製造編と販売編に分けて発刊されたものです。業界にとっても意義深いものであり当会では、1割引きで販売します」と報告している。7月例会の会員スピーチでは、絵Mインターナショナルの宮上直喜取締役が、EDOXについて話をした。

07/01(Fri) 会場に桜の花を咲かせた東京貴宝のビッグイベント
4000名が来場する「第34回ロイヤルジュエリーコレクション」

《第34回ロイヤル会》 ジュエリー業界夏のビッグイベントと言われている『34回Royal Jewelry Collection2016』(ロイヤルジュエリーコレクション)晴天に恵まれた7月1日〜3日までの3日間、東京・芝のザ・プリンス パークタワー東京の地下2階で華やかに行われた。例年の2倍近い広さ(2051坪)での展開で、接客もゆったりとした雰囲気の中で4000名の来場者をもてなす。この催しは東京貴宝梶i中川千秋社長)がジュエリー業界夏の風物詩として行っているラグジュリーな消費者展で、毎年多くの来場者で賑わうイベントとして有名。
ダイヤモンドに桜の花を咲かせた「さくらダイヤモンド」コーナーでは、“和の心とヨーロピアンのモダニズムの融合”の『さくらダイヤモンド』の新作ジュエリーの数々が発表され、ペアシェイプのローズカットダイヤモンドを使い、桜の花を表現した”さくらローズカット”シリーズが好評された。
http://www.tokyokiho.com/

07/01(Fri) スカイツリーとさくらダイヤモンドを型ちどった「氷の彫刻」
華麗で幻想的な世界を生み出す氷で会場の熱気を吹き飛ばす

《第34回ロイヤル会》 また会場では5年連続で人気を博した華麗で幻想的な世界を生み出すスカイツリーとさくらダイヤモンドを型ちどった「氷の彫刻」を一日2回、実演して喜ばれた。
http://www.tokyokiho.com/

07/01(Fri) ヴァイオリニスト高嶋ちさ子が立ち上げたヴァイオリン・アンサンブル
華やかに『12人のヴァイオリニスト』大好評

《第34回ロイヤル会》 今年も『ロイヤルジュエリーコレクション』のメインイベントは、“クラシックをより身近に”をテーマに、様々な活動を続けているヴァイオリニスト高嶋ちさ子が立ち上げた“観ても、聴いても、美しく、楽しいヴァイオリン・アンサンブル”の『12人のヴァイオリニスト』2階に分けて演奏し、好評された。
http://www.tokyokiho.com/

07/01(Fri) 「エクレブ(ECREVE)」ブースが爆発的にヒットし、売り上げにつながった
新作コレクション「SEVEN HEARTS」を発表

《第34回ロイヤル会》 「奇跡(輝石)との出会いから生まれる未来(夢)の実現」である「エクレブ(ECREVE)」は、“輝き”と“夢”に思いを込めたブランド。今回は、新作コレクション「SEVEN HEARTS」を発表、ルビー、エメラルド、タンザナイトなどの希少色石のハートシェイプやダイヤモンドのハートセッティングを駆使し、大々的に提案、このブースが爆発的にヒットし、売り上げにつながった。そしてAfrican Deep Blue(タンザニアの夕陽と大地)という大物新作を発表、話題をまいていた。
http://www.tokyokiho.com/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:33