※写真をクリックで拡大します。
Home

09/26(Mon)「ケンテックス ジャパン」が上野にショールームをオープン
直接顧客に対してコンセルジュサービスを提供する

国産機械式メーカーの潟Pンテックス ジャパン(本社:東京)は、10月11日、ブランド直営ショールームを上野にオープンする。ショールームには、ケンテックスモデル、自衛隊モデルの現行全モデルやコンセプトモデル、歴代モデルを展示、実施に手に取って見ることが出来る。
同社は、業界初となるオンラインでのOne to oneカスタマーサポートシステム《CLUB K》 で、消費者一人一人の時計を登録・管理する仕組みを提供、購入前の顧客からアフターサポートまで、直接顧客に対してコンセルジュサービスを提供する。時計修理技能士やウオッチコーディネーターなどの資格を持つスタッフが常駐し、ケンテックスウオッチに関する相談やアフターサポートを受け付ける。同社は、《CLUB K》やショールームを通じてエンドユーザーの絆を深め、ブランドコンセプトである“親から子へと世代を超えて受け継がれる時計”を実現していくとしている。
●ケンテックス ジャパン:東京都台東区上野 5−5−8 IMIビル(TEL.03−5846−0811 FAX.03−5846−0812)
http://www.e-tkb.com/brandlist/jkl.html#10

09/26(Mon) 新宿マルイメン8F時計売場で「オリエントスターフェア」開催中
オリエントスタープレステージショップならではの限定モデルや今年話題の新作を展示

オリエントスタープレステージショップならではの限定モデルや今年話題の新作を展示する「オリエントスターフェア」を新宿マルイメン8F時計売場で開催中。期間中、オリエントスターの時計を購入のお客様にノベルティをプレゼントしている。無くなり次第終了となる。
https://www.0101.co.jp/smp/074/shop-news/detail.html?article_id=12704

09/23(Fri) 9月17日から東京ミッドタウン・デザインハブで開催中
第29回公募2016日本ジュエリー展

《2016日本ジュエリー展》 時代にあったジュエリーの可能性を引き出しながら、ジュエリー作家の登竜門として多くのアーティストを輩出してきた「日本ジュエリー展」が今回で第29回目を数えた。その入賞作品の展覧会『2016日本ジュエリー展』が9月17日から25日まで東京ミッドタウン・デザインハブで行われているほか、兵庫県、仙台市、名古屋市の4都市で11月14日まで開催される。
今回は、応募総数341名、736点の応募があり、その中から大賞にJJDA会員部門に応募した、あさくらやよいさんのペンダント【写真】3点が選ばれた。鍛金技法から生まれた大賞作品は、純銀の優しい表情で、連作それぞれが視覚を通して語りかけ、触覚にも訴える不思議さを持つ完成度の高いジュエリー。
http://www.jjda.or.jp/

09/23(Fri) 「暴れ牛」がサーキットを駆け巡った週末
5年目の今シーズンも富士スピードウェイで開催

ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2016が、9月 18 日、富士スピードウェイに再上陸した。日本での開催は、6月の鈴鹿サーキットに続き今シーズン2度目。この歴史的なサーキットを舞台に、歴戦のレーサーとサポートチームがアジア大陸での最終戦を兼ねるシリーズ第5戦に挑んだ。第5戦は、、華やかなイベントと共に開幕、45台のランボルギーニ・モデルが集結し、美しいパレードが行われ、多くの観客を魅了した。
富士スピードウェイにおいてレース2日目が開催され、世界最速とも言われるサーキットで繰り広げられたスリリングなウェットレースをもって、大盛況のうちに幕を閉じた。

09/23(Fri) SEIKO × nano・universe 限定モデル<第3弾>
洗練された装いを提案し続けるスペシャリティストア

《セイコーウオッチ》 洗練された装いを提案し続けるスペシャリティストア「ナノ・ユニバース」がソットサスの名作をリメイクした数量限定モデル(20,000円または23,000円+税)<第3弾>を10月21 日より発売する。
昨年のダイバーズデザインコレクション、今夏のパイロットウオッチコレクションに続いて、今回、ナノ・ユニバースがチョイスしたのは、1990年代にセイコーとイタリア・デザイン界のマエストロであるエットレ・ソットサスがコラボレーションした名作モデル。このモデルをベースに、ナノ・ユニバースならではの感性により、現代的なカラーリングとサイズ感で男女を問わずコーディネートし易いデザインにリメイクした。洗練された装いとイタリア・デザインの真髄を楽しめるタイムレスなコラボレーションモデル第3弾となる。
http://www.seiko-watch.co.jp

09/23(Fri) 『WICCA(ウィッカ)』から新ライン「ブレスライン」デビュー
取り外し可能なスワロフスキー・チャーム付き

《シチズン時計》 10代〜20代の女の子に向けた最新かわいいウオッチ『wicca(ウィッカ)』から取り外し可能なチャームつきの新ライン「ブレスライン」6モデル(23,000円〜35,000円+税)を10月14日に発売する。
「ブレスライン」は、きらりと輝くカットパーツや、繊細なパターンが施された文字板デザインに、取り外し可能なスワロフスキー®クリスタルのチャームが付いた、まるでアクセサリーのように楽しめるライン。チャームには、それぞれのモデルにぴったりなカラーのスワロフスキー®クリスタルがセットされている。
また、アクセサリーのようなデザインでありながら、すべてのモデルに定期的な電池交換がいらないソーラーテックを搭載。また、ラウンド型ケースのモデルは電波受信機能も備えている。
https://www.instagram.com/wicca.official/

09/23(Fri) 大人の女性へ向けた新デザインシリーズ「Linealx(リネアルクス)」発売
<クレドール>から、しなやかな強さと、自然体のエレガントスタイル

《セイコーウオッチ》 高級ウオッチブランド<クレドール>から、しなやかな強さと、自然体のエレガントスタイルを持 つ、大人の女性へ向けた新デザインシリーズ「Linealx(リネアルクス)」(300,000円+税から550,000円+税)を10月8日(土)より全国のクレドール取扱店で発売する。
「Linealx(リネアルクス)」は、“水”をデザインモチーフとして、気取らない自然体のエレガントスタイルを保ちながら内面から輝く大人の女性へむけた、豊かさと遊び心を合わせ持つ新シリーズ。ケースフォルムには、1985年に発売し高い評価を得た「リネアクルバ」シリーズの特徴を採用。円の重なり合いが織りなす優雅な曲線のラグ(かん足:ケースとバンドとの接合部)を活かしながら、27mmのサイズで見やすくするなど、現代の感覚でリデザインしている。
http://www.seiko-watch.co.jp/

09/21(Wed) <アニエスベー>2本のバンドでコーディネートが楽しめるペアウオッチ発売
工具なしで簡単にバンドの交換が出来る

《セイコーウオッチ》 <アニエスベー>ウオッチから、工具なしで簡単に付け替え可能なスペアバンドがついた、シンプルなフォルムとディテールの美しさが際立つペアウオッチ(メンズ・レディス共に各3モデル)を10月8日(土)より全国で発売する。
シンプルなケースフォルムに合わせた細身のバーインデックスや、どことなく懐かしさを感じさせるカーブガラスの組み合わせが美しいペアウオッチが誕生。メンズはカレンダーつきクロノグラフモデル、レディスはシンプルな3針モデル。
メンズモデル・レディスモデル共に、工具なしで簡単に付け替え可能なスペアバンドがついている。バンド交換は裏側にあるつまみを指先でスライドさせるだけの簡単操作。女性の人でもさっと付け替えが可能で、その日の気分やコーディネートに合わせてバンドを交換し、異なる表情を楽しむことが出来る。シンプルなホワイトの専用ボックスにスペアバンドと共に納められているので、男女問わず、ギフトにも最適。価格は31,000円+税。
http://www.agnesb-watch.jp/

09/21(Wed) ユーザー宝飾展示会も新たな時代を迎えた
シチズン宝飾梶負h光時計梶@合同展示会

ジュエリーメーカーのシチズン宝飾梶i本社:東京、平田洋司社長)と時計と宝飾の総合商社の栄光時計梶i本社:大阪・、平野雅彦社長)は、九州の2会場で行う合同ユーザー展示会を開催。業界大手2社が手を結び協業展示会を開催するのは異例のことで、新たな宝飾展示会のあり方として今後の動向が注目される。
9月9日ホテルニューオータニ博多、10日11日の両日レンブラントホテル大分で「グランリアン」と名づけられた宝飾ユーザー展を開催。「グランリアン」とは大きな絆という意味の造語で、2社の意気込みを展示会名で表現している。
近年、特に地方都市での宝飾展示会はどの企業も縮小傾向にあり、その傾向は両社も例外ではなく、その歯止め策として今回の開催に至った模様。商品は両社の自社ブランドを中心に出品し、互いの得意先顧客にとってはかなり新鮮味があったようだ。両社の担当者によれば、「両社の社員が一体感を持って取組めるかどうかが成功へのキーワードとして社員に意識の徹底をした。今回これが奏功した催事となった。克服しなければいけない課題はまだまだ残るものの、今後も前向きに進めていきたい」とコメントしている。ジュエリーのユーザー展も新たな時代を迎えたようだ。
http://jewelry.citizen.co.jp/

09/20(Tue) 『オリエントスター誕生 65周年アニバーサリーキャンペーン』実施
「旅行券(46万円分)」を1名他豪華賞品が

《オリエント時計 メンバーズクラブ通信 Vol.59》 今回は9月15日(木)よりスタートしました、『オリエントスター誕生 65周年アニバーサリーキャンペーン』の案内です。
オリエント時計が、「輝ける星」と呼ぶにふさわしい機械式時計を目指し、代表ブランドである「オリエントスター」を発売したのは1951年。登場以来、一貫した国内生産により、本格的かつ個性的な機械式時計を世に送り出してきた「オリエントスター」は、時代の流れに左右されないシンプルなデザインと機能が人気のシリーズでした。
特に名機の誉れが高い「46系」ムーブメントは、機械式時計に注がれる日本の技術力の高さを世界に示すものです。昭和46年より作り続ける伝統と、様々な付加機能を実現した革新が融合したムーブメントです。
『オリエントスター誕生 65周年アニバーサリーキャンペーン』は、オリエントスターキャンペーンサイト(http://www.orient-watch.jp/campaign/orientstar/)から、オリエントスターに関するクイズとアンケートに答えた人から、抽選で「旅行券(46万円分)」を1名に、オリエントスターを末永く使ってもらうためのお手入れグッズ「オリエントスター オリジナルクリーニングクロス」を100名にプレゼントするものです。
http://www.orient-watch.jp/orientstar/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:33