※写真をクリックで拡大します。
Home

08/15(Tue) WIREDからスーパーマリオとコラボ限定モデル(2機種)
世代を超えて日本のみならず世界中で人気を誇る任天堂のゲームソフト

《WIRED》 ファッションウオッチブランド「ワイアード」から、 誕生から30年以上を経た現在でも、世代を超えて日本のみならず世界中で人気を誇る任天堂のゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」とのコラボレーション限定モデル(2機種)が9月8日より発売される。価格は共に1万8000円+税。販売数量は、ワンポイントのマリオが印象的なシックなモデル(AGAK702:写真左)が500本、 ゲームの世界観を堪能できるポップなカラーモデル(AGAK703:写真右)が300本。
限定モデルの特別仕様として、裏ぶたには、マリオVSクッパのラストシーンが描かれ、シリアルナンバーが印される。また、りゅうず部の“スター”や、ストラップ裏側にプリントされた“クリボー”や“はてなボックス”など、誰もが一度は目にしたことのあるゲームの要素が随所に取り入れられ、土管をモチーフとしたスペシャルボックスにおさめられる。
http://w-wired.com/

08/15(Tue) クロック製造125周年の掛時計2機種
セイコークロックの伝統の継承と進化

《セイコークロック》 セイコークロックの前身である精工舎が1892年(明治25年)にクロック製造を開始してから今年で125周年を迎えるのを記念して、「伝統の継承と進化」をテーマにした掛時計2機種を9月下旬より全国で販売する。
精工舎創業期を代表するテンプ式八角小型掛時計からインスピレーションを得たクラシカルな意匠に、衛星電波を受信して時刻修正を行うムーブメント(機械体)を搭載したGP301Bは、伝統と先進技術の融合を象徴する1000個の数量限定品。価格は7万円+税。
衛星電波を受信して時刻修正を行う「セイコー スペースリンク」シリーズのフラッグシップモデルGP218L(写真右)は、衛星から撮影した地球を商品全体に大胆に表現。新しい時代の幕開けを象徴する記念デザインとなる。価格は5万円+税。
http://www.seiko-clock.co.jp/

08/15(Tue) 日比谷「ポール時計」の限定ペアウオッチ Riki
限定ペアモデルで、価格は1万2000円+税、数量限定400本

《セイコー》 モダニズムデザインの名作として日比谷交差点に立つ「ポール時計(1972)」をモチーフにした、スリムなリストウオッチが、日本デザイン界の先駆者渡辺力氏のデザインスピリットを受け継ぐセイコーウオッチ鰍フ、人気シリーズ「Riki」より登場。限定ペアモデルで、価格は1万2000円+税、数量限定400本。8月11日より全国のRiki取扱店で発売。見やすく、美しく、細部にまでこだわってデザインされたフォントとレイアウト、そして、心地よさを感じさせる絶妙な色使いが幅広い世代に支持されている。
http://www.seiko-watch.co.jp/

08/15(Tue) TASAKI高級腕時計コレクションからジュエリーウオッチを発売
遊び心にあふれる「comet plus 」モデル1型(380万円)が登場

TASAKIは、高級腕時計コレクション「TASAKI TIMEPIECES」の新作として、ジュエリー シリーズである「abstract star」と「comet」のジュエリー ウォッチを、TASAKI銀座本店で7月27日より発売した。
星のフォルムを象ったスタイリッシュなアウトラインでケースやブレスレットをデザインした「abstract star 」モデルを、ホワイトゴールドとダイヤモンドでモダンに描き出したデザインと、TASAKI独自の素材であるSAKURAGOLD™と、あこや真珠やダイヤモンドで華やかに表現したデザインの2型(650万円と480万円)で展開。SAKURAGOLD™とダイヤモンドで彗星を、あこや真珠で光の尾を表現した、遊び心にあふれる「comet plus 」モデル1型(写真:380万円)が登場した。
http://www.tasaki.co.jp/

08/15(Tue) ユナイテッドアローズのオリジナル発表
大沢商会 エレガンスコレクションの代表的なモデル

椛蜻商会は、ユナイテッドアローズのライセンス商品「エレガンスコレクション」から、夏にぴったりのメタルブレスバージョンを発表。価格はオクタゴンモデルが2万3000円+税、レクタンギュラーモデルが2万4000円+税。商品特徴は、エレガンスコレクションの代表的なモデルである、丸に近い八角形が特徴的なオクタゴンと、カービンググラスが美しいレクタンギュラーの2型に、ぴったりな、こだわりのメタルバンドを選んだ。
http://www.josawa.co.jp/

08/15(Tue) フォッシルジャパンがヘルスケア進出
「あるく保険」で使用されるウェアラブルデバイスに採用された

潟tォッシルジャパンが日本で展開する、デザイン性と高機能を併せ持つ活動量計MISFITは、東京海上日動あんしん生命保険鰍ニ劾TTドコモと共同で開発された新商品「あるく保険」で使用されるウェアラブルデバイスに採用された。MISFITは今後も積極的にヘルスケア部門において、ウェアラブルデバイスを利用したシステムの提供をしていくとしている。
https://www.fossil.com/

08/10(Thu) 分かち合う新たな冒険 リシュモングループ初の女性CEO
ピアジェ・インターナショナルのCEOに、シャビー・ノウリ氏

今年4月、リシュモングループとし初の女性CEOが誕生した。ピアジェ・インターナショナルの最高経営責任者(CEO)に、シャビー・ノウリ氏が就任したのである。
前職は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ (BAT) で、タバコブランドVogueのグローバル代表として活躍。その後、スイスとオーストリアの マーケティング・セールスディレクターを務めた。その前は、カルティエ(スイス)で10年、カルティエ・インターナショナルで計8年、ジュエリーとハイジュエリーグループ・マネジャー、 インターナショナル・リテール・エリア・ マネージャー、マーチャンダイジング・マネジャーとしてキャリアを積んできた。
また、経歴も然ることながら「彼女の全体を見据える戦略的かつ実現性のあるビジョンは、 ピアジェを独創的な視点から見ているからこそでしょう」と評価されており、ジュエリービジネスの再発展の成功とブランドの新たな位置づけにおいて、既に大きな効果をもたらしているという。
さらに、仕事に対して情熱的でありエネルギッシュなシャビー氏は、エレガンス漂う独創的な雰囲気に包まれながらも、ピアジェ チーム、ピアジェソサエティと顧客、アンバサダー、フレンズ・オブ・メゾン、アーティストそしてセレブリティーとともに分かち合う、新たな冒険への出発に期待されているそうだ。
http://www.piaget.jp/

08/10(Thu) 東武百貨店 池袋本店に最高額3億6千万円の機械式腕時計が登場 
国内外全51ブランドを2つの会場に取揃える

《2017 東武ワールドウォッチフェア》 東武百貨店 池袋本店では、8月17日(木)から8月22日(火)まで「2017 東武ワールドウォッチフェア」を開催する。今春スイスで開催された「SIHH(ジュネーブサロン)」「バーゼルワールド」「WPHH(フランク ミュラー ウォッチランドグループ新作発表会)」で発表された新作を始め、ハイエンドな本格的機械式時計やラグジュアリーウォッチ、人気のベーシックモデルなど、国内外全51ブランドを2つの会場に取揃える(8階催事場:36ブランド、6階第2会場:15ブランド)。今年のテーマは「歴史と継承」。
国内外ブランドの世界観・歴史と卓越した技術を実感できるだけでなく、メイン会場となる8階催事場ではトークショーや写真展、ポートレート撮影会、フォトスポットの設置など、数々のイベントを開催。例年以上に「年に一度の時計の祭典」を盛り上げ、時計の魅力を伝える。
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/

08/08(Tue) “G-SHOCK”誕生35周年記念モデル第1弾「BIG BANG BLACK」
新色のマットブラックとゴールドで原点と進化を表現

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年4月に誕生35周年を迎えるにあたり、記念モデルやコラボレーションモデルの発売、世界各地でのイベント開催など、今後さまざまな活動を展開していく。その第1弾として、光沢感を抑えた新色のブラックを採用した記念モデル『BIG BANG BLACK(ビッグバンブラック)』(5モデル、¥19,500〜¥400,000+税)を9月8日から発売する。
35周年記念モデルの第1弾となる『BIG BANG BLACK』は、ブランドを象徴するブラックに新たな表現を用いている。粒子を塗料に混ぜ込む塗装技術によって、光沢感を抑えた吸い込まれるようなマットブラックを実現。このマットブラックが宇宙誕生前の「無」の状態を、裏蓋に配色した鮮やかなゴールドがビッグバンの瞬間的な大爆発の様を表しており、誕生から35周年の節目を迎える“G-SHOCK”が原点に立ち返り、これからも新しい価値を生み出し続けるという意思を表現している。
裏蓋には、世界的に有名なグラフィックアーティスト、エリック・ヘイズ氏が手がけた35周年記念ロゴを、そして遊環には“35”を表すスターマークを刻印している。文字板には「SINCE 1983」を配し、スペシャルパッケージを用意するなど、特別感あふれるモデルに仕上げた。
http://www.casio.co.jp/r

08/0'(Mon) 藤原和博プロデュース第9弾 腕時計×有田焼150本限定「SPQR(スポール)」
スモールセコンド腕時計『SPQR arita ism smallsecond』 

時計企画室コスタンテは、藤原和博氏プロデュース第9弾として、SPQR(スポール)×有田焼職人の技による藍色の釉薬が見事な白磁の文字盤と竜頭を搭載した「SPQR arita ism smallsecond」アナログ腕時計を8月1日から150本限定で販売を開始した。
諏訪精工舎(現:セイコーエプソン)で幾多の商品企画に携わった清水新六が2002年信州諏訪に「時計企画室コスタンテ」を設立、あえて“時代に乗り遅れる”ことを意識し、流行に左右されることなく、年を経るごとに愛着の沸くデザインを追求。国内での小ロット生産にこだわり、隅々にまで情熱を注ぎ込む丁寧なものづくりを続けている。
常に他社に先駆けた商品を開発し世に送り出しているウオッチの日本ブランド「SPQR」。SPQRの主要コンセプトは、日本が世界に誇る伝統工芸や職人技とのコラボレーション。
約400年前に日本で初めて有田で磁器が誕生した。高い技術を取り入れた手描きの白磁の文字盤と竜頭を搭載した、世界に先駆けた日本の伝統工芸を先取りするスモールセコンド付きアナログ腕時計が誕生した。
この製品は、佐賀県有田の天保年間創業の「しん窯」の窯で、多くの工程を橋口 博之氏による匠の卓越した技法で、奥深く輝く白磁の青みがかった白と藍色の釉薬の絶妙な色バランスで焼かれている。
arita ism(アリタイズム)のismはintelligence(知性があり)sensible(センスがあり)modern(しかも現代的な)というコンセプトであり、コンパクト且つスリムで6時位置のスモールセコンドが印象的な洗練された商品に仕上がっている。
184,680円(税込)
http://www.costante.co.jp



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:19