※写真をクリックで拡大します。
Home

05/02(Wed) 人間の鑑定士とAIによる誤差率を検証
AIによる誤差率は、クラリティ=鑑定士7%、AI 3%、カラー=鑑定士3.5%、AI 1%

《ケイウノ》 その高い技術力は、サリネテクノロジー社の世界のダイヤモンド製造業分野シェア80%以上、サイトホルダー等の大手製造業者のSarineシステム導入率99%、GIA、HRD Antwerp、IGI、EGL、AGS、IIDGR、CGL、AGTなどの鑑定機関に占めるSarineシステムシェア80%以上との高い数字によって裏付けられると共に、同社の研究所による比較検証によると、人間の鑑定士とAIによる誤差率は、クラリティ=鑑定士7%、AI 3%、カラー=鑑定士3.5%、AI 1%になると、昨年7月に公表(クラリティ2000pcs以上、カラー10000pcs以上で検証)されている。
また世界では、鑑定するにあたり、国や地域、個人によって結果が僅かに異なる場合があることから、世界標準の安定した客観的な鑑定が求められており、各国の関係機関が過去の鑑定データをデジタル化するなど研究開発が進められている。さらに世界初となるAIグレーディングSarine Diamond Lab. が今年2月にイスラエルでオープンし、3月の香港フェアでもプレゼンテーションが行われ、AI鑑定はますます加速する傾向にある。
ケイ・ウノで販売されるAI鑑定のダイヤモンドには、中央宝石研究所の鑑定書とサリネテクノロジー社のデジタル鑑定書(サリネプロファイル)、紙の鑑定書(サリネAIグレーディングレポート)が発行される。サリネプロファイル(デジタル鑑定書)は、スマートフォンや電子タブレットなどインターネット上でダイヤモンドの内包物の位置や色味などを詳しく閲覧することができるもの。また、4C以外の価値として輝きを9段階に数値化して閲覧することができる。
なお、ケイ・ウノとサリネテクノロジー社とのパートナーシップは、世界的なダイヤモンド業界メディア「RAPAPORT」などでも取り上げられている。
*QRコードからデジタルAI鑑定書(サリネプロファイル=ケイウノ)のサンプルが閲覧可能となっている(印刷により開かない場合はご了承ください)。
http://www.k-uno.co.jp/

05/02(Wed) ジュエリー業界のビッグイベント「創美展2018」
CELEBRATION 〜時を超え 受け継がれるもの〜

《ナガホリ》 日本の美NADIAはじめミラノの奇才SCAVIAなど、世界のジュエリーが帝国ホテルに集結するジュエリー業界のビッグイベント「創美展2018」が今年も6月22・23日、東京・日比谷の帝国ホテル・孔雀の間で行われる。毎回10億円を超す売り上げで業界からも期待されている催事。
今回のクローズアップデザイナーは、梶光夫創作活動35周年、梶武史創作活動10周年の二人の集大成とした代表作「エマーユジュエリー」をはじめとしたアーティスティックな新作の数々を発表する。
http://www.nagahori.co.jp/

04/27(Fri) ミキモト・カレンポーリー選手をブランドアンバサダーに決定
騎手・馬ともに美しいパールジュエリーで応援

株式会社ミキモト(本社:東京、吉田均社長)は、障害馬術競技の選手であるカレン・ポーリーさんをミキモトのアンバサダーとして迎えた。
ポーリー選手は、ミキモトのパールジュエリーを身に着け、愛馬With Wingsはミキモトのパールを使って製作したオーダーメイドの馬具で大会に参加する。
カレン・ポーリーさん(25歳)は、アメリカ人の父と日本人の母の間に東京で生まれ、アメリカ・ニューヨークで育っている。7歳より乗馬をはじめ、近年はヴェルサイユの
Rolex Grand Prix、Hampton Classic Grand Prix、スプルース メドウスのCIBC Cupなど、世界トップレベルの障害馬術大会で好成績を収めている有望な騎手。
世界最高峰の障害馬術大会で注目を浴び、着実に同競技での存在感を高めているポーリーさんは、今後の更なる活躍が期待されている。
養殖真珠のオリジネーターとして、またハイジュエラーとして世界中の女性たちを輝かせてきたミキモトは、グローバルに活躍するカレン・ポーリーさんを美しいパールジュエリーで応援するとしている。
https://www.mikimoto.com/

04/24(Tue) 西日本トップ販売店の大繁盛の秘訣とは
「西日本ジュエリー大賞」受賞3店舗が語る無料セミナー

《西日本ジュエリー大賞》 5月16日〜18日までの3日間、神戸国際展示場で開催される『第22回神戸国際宝飾展』の西日本で成功している小売店を部門別で表彰する「西日本ジュエリー大賞」3店舗が決まった。受賞した3店舗は、会期二日目の5月17日、表彰式終了後に会場である神戸国際展示場2号館3階においてパネルディスカッション方式で各社の成功のノウハウを語る無料のセミナーがある。
受賞者は、人材教育部門:福井県の兜石時計の武内、武内瑛示副社長、商品開発部門:兵庫県の潟Wュエリーカミネ上根学社長、小商圏部門:岡山県の潟Gイコー堂西原桂子営業本部長の3氏。
会期二日目の5月17日(木:15:00〜16:00)、神戸国際展示場2号館3階。
http://www.ijk-fair.jp/To-Visit/Award/Winning-stores/

04/23(Mon) 金属アレルギー協会が「QBC2018」のエントリーを開始した
「金属アレルギーに悩む人と製品・サービスを提供する人」を結ぶ日本初のコンテスト

《金属アレルギー協会》 貴金属アレルギー認知向上の啓蒙と販売・製造の為の教育認証事業を手掛ける一般社団法人金属アレルギー協会(鈴木久子代表)は、金属アレルギーで困っている人を救うためのコンテスト「第一回E Quality of Beauty Contest2018」を主催、デザイン・技術・マテリアル(素材)の新しい可能性を学生・一般・企業から募集している。
このコンテストの作品エントリーは、既に4月18日から公式WEBサイトで開始しており、「金属アレルギーに悩む人」と「貴金属アレルギー対応製品・サービスを提供する人」とを結ぶ日本初のコンテストを目指している。
エントリーは無料で、国内在住、日本語でのエントリーが可能、18歳以上であれば企業・個人事業主、個人誰でもエントリー可能。
年々増加傾向を示す金属アレルギーだが、EQBC2018は、そんな「金属アレルギーに悩む人」と「金属アレルギー対応製品・サービスを提供する人」とを結ぶ日本初のコンテストとなる。
募集部門は「一般・技術・学生」の3部門で、デザイン性はもちろん、アレルギー対策の効果、効果の安定性(製品バラツキ、長期間使用後)、価格、製品の魅力(美しさ、深み、あたたかさ)、独創性、アイデアの面白さ、応用性(他の製品や他の分野への応用の可能性)などが審査のポイントとなる。審査員として東京大学非常勤講師工学博士も参加している。また公募で「金属アレルギーマイスター」を取得した方から1名を審査員として起用することも同時に行っている。
イベント名:第一回 E Quality of Beauty Contest2018
日時:募集開始(WEB上):2018年4月18日(水) 10:00
応募締め切り:7月18日(水) 17:00
一次審査
二次審査(WEB投票&審査員による審査)
結果発表(WEB上): 9月10日(月)
授賞式: 10月15日(月)13:00〜 京王プラザホテル「みんなのアレルギーEXPO2018」内
会場:授賞式は 京王プラザホテル「みんなのアレルギーEXPO2018」内
対象:受賞者・みんなのアレルギーEXPO2018来場者
各グランプリ受賞者:賞金3万円・賞状・副賞お申込み方法:https://eqbc2018.metallicallergy.or.jp/requirements/
https://eqbc2018.metallicallergy.or.jp/

04/23(Mon) フォーエバーマークがブライダル コレクションを発表
最新キャンペーンに広瀬アリスさんを起用

《フォーエバーマーク》 今年創立130周年を迎えたデビアス グループのダイヤモンドブランド、フォーエバーマークがエンゲージリングだけでなく、マリッジリングにもこだわり抜いたメレダイヤモンドを配した特別なコレクションの新たなブライダルコレクションを展開する。フォーエバーマークは、今年で日本デビューから10周年を迎えている。ミューズは広瀬アリスさん。プロポーズされた後の喜びを、はにかんだ笑顔でフレッシュに表現している。
ブライダルキャンペーンのキャッチコピーは、「永遠を、はじめよう。Our Story is No. 21902010」。婚約は「これからずっと一緒に人生を歩んでゆく」と決めたふたりの最初の誓い。そこに至るまでには、ハッピーな出来事ばかりではなく、喧嘩したり悩んだり、様々な出来事があった。それぞれの大切なストーリーに思いを馳せ、ふたりの唯一無二のストーリーをフォーエバーマーク ダイヤモンドに印されている世界にひとつだけの個別認証ナンバーになぞらえて応援したい、そんな思いで生まれたキャッチコピー。                              
キャンペーンは4月23日からスタート。プリント広告だけでなく、ふたりのこれまでのストーリーを電子ブック形式の動画で、そしてプロポーズのドラマティックな瞬間は60秒のショートムービーで展開。どちらも公式サイトで公開している。
どんなカップルにもあるちょっとしたすれ違い、それでもこの人と一緒に歩もうと決めた瞬間をアリスさんが熱演している。
フォーエバーマークがデビュー以来、初めて展開するブライダルコレクション。「ミルキーウェイ」(天の川)や「ジュピター」(木星)など、ダイヤモンドの美しさを、愛し合うふたりを永遠に見守る星や星座、そして壮大な宇宙をテーマに見立て、表現した計10型をリリース。どれもフォーエバーマーク ダイヤモンドの美しさを最大限に際立たせる、こだわり尽くされたデザイン。エンゲージリングだけでなく、セットで着けていただける同テーマをもつマリッジリングも展開し、ここにもフォーエバーマークがこだわり、選び抜いたメレダイヤモンドを配している。
https://www.forevermark.com/

04/19(Thu) BELECLAT JEWELRY FAIR 2018 横浜展
カシケイ 昨年並みの売り上げを記録

《カシケイ》 ブラウンダイヤモンドやコンクパールの発売元である株酔\(田口和也社長)が主催する消費者展「BELECLAT JEWELRY FAIR 2018 横浜」が4月15・16日、横浜ベイホテル東急で開催され、関東地区中心に全国から多数の顧客が来場、高単価のジュエリーの動きが良く、昨年並みの売り上げを記録した。
会場導入部のエントランスゾーンでは、特別企画として強固なダイヤモンドと儚く脆い紙の相反する二つの素材が織り成す空間を楽しむ「ダイヤモンドと切り絵の世界」を開催。中でも同社が誇るコレクション「ビジュ・ドゥ・パルファム」の「ジ・オーキッド」チョーカーを立体的な切り絵で製作したオリジナル作品と現物との共演は、どちらも人の手が作り出す精巧な美しさが圧巻の展示会となった。
「TOMOKO KODERA」コーナーでは、瞬間の輝きを表現した新作「through the green」が登場、「ブラウンダイヤモンド」コーナーでは、カラーとサイズを厳選したチョーカーネックレスをはじめ、多石使いの逸品や凝縮された粒もの等、多彩な魅力を紹介した。
また希少なハイジュエリーの数々を集めたゾーンでは、「ビジュ・ドゥ・パルファム」、「ピンクダイヤモンド feat アーガイルピンクダイヤモンド」、「ブリオレットダイヤモンド」等、照明を落としてゆったりとした会場で紹介、好評を博していた。
他にも「コンクパール」や「ㇳッリーニ」」等、話題性のあるオリジナル商品群を展示、多くのジュエリーとの出会いを楽しんだ。
http://www.kashikey.co.jp/

04/18(Wed) 業界が注目「合成ダイヤモンドセミナー」を5月18日開催
『合成ダイヤモンド - 世界最前線』〈特別講演(K-2)〉

《神戸 国際宝飾展IJK》 5月16日〜18日まで神戸国際展示場で開催される「第22回神戸国際宝飾展」のセミナーが人気だ。特に今回、合成技術の進展により年々宝飾品として販売されることが増えている合成ダイヤモンドについてのセミナーが行われる。その最前線の情報と今後のマーケット動向を世界のダイヤモンド産業中心地 アントワープのダイヤモンド研究機関であるHRD Antwerp日本マネージャー伊藤拓也氏が解説する。料金は4,000円(税込) <5月2日[水]以降は5,000円(税込)>※VIPは無料。
・日時:5月18日[金]10:30〜11:30
・講師: HRD Antwerp 日本マネージャー 伊藤 拓也 氏
・タイトル:『合成ダイヤモンド - 世界最前線』〈特別講演(K-2)〉
★お申込みはこちら >>> http://www.ijk-fair.jp/seminar/  

04/17(Tue) 例年に比べ、ダイヤモンド出展社が増加!
世界のダイヤモンド業界を代表する超著名企業が、神戸に初登場!

【高品質ダイヤ ルース】が世界中から勢揃い!

高品質なダイヤモンド 出展企業の一部をご紹介するとMID HOUSE OF DIAMONDS (イスラエル/日本)は、あらゆる形状の2〜100カラットのルースダイヤを披露、また
YOEL DEIL DIAMONDS LTD.(イスラエル)は、世界中で人気の天然ファンシーカラーダイヤのベストコレクションを会期中特別価格で提供する。 VETS ALPHI DIAMONDS(ベルギー)は、業100年を誇る、ベルギーダイヤモンドの著名企業が久々に日本市場にカムバック。 同社の有名なハート&アローのメレが神戸に初登場などが、IJKでベストコレクションを披露する。本展で 世界の高品質ダイヤを仕入れてみたら。
出展社情報・商品詳細はこちら http://www.ijk-fair.jp/eguide/

04/17(Tue) GINZA SIXに入手困難な宝石“Rare Stone”が集結!
ジュエリーブランドLa Legendeの展覧会を1週間限定で開催

ジュエリーブランド「La Legende」(ヨミ:ラ・レジョン)は、5月17日(木)〜23日(水)の1週間、GINZA SIX5階のギャラリー、アールグロリュー ギャラリーオブトーキョーで、隕石から発見された宝石を始めレッドダイヤモンドや世界に数石しかない貴重な博物館クラスの宝石までの希少宝石だけを展示する
「Rare Stone Museum」を開催する。
【Rare Stone Museumのテーマは「希少価値という名の最終ステージ…」】
地球上には3,000種類を超える鉱物があるが宝石として使えるものは200種類程度。宝石となりうる3つの条件「美しさ・耐久性・希少性」この3つの条件を満たしたものだけが宝石といえる。しかし宝石の中には、例外と言えるほどに産出量の少なくかつ美しい宝石が存在している。それが希少石「Rare Stone」と呼ばれる宝石。入手の難しい希少石で高品質な宝石は世界的にも極めて稀で、これらの宝石が一堂に会する機会はほとんどない。今回の展示会は、希少価値という名の最終ステージといえる。
展示品は、La Legendeが誇るスターエメラルドやレッドダイヤモンド、ベニトアイトをはじめ希少なジェムクラスのレアストーンジュエリーを始め、レッドターフェアイト、ユークレース、フォスフォフィライト、隕石ペリドットなど博物館クラスの貴重な宝石ルース(裸石)も展示される。
入場は無料となり、展覧会会場では一部のジュエリー・宝石ルース(裸石)の購入も可能となる。
http://artglorieux.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:5