※写真をクリックで拡大します。
Home

07/19(Wed) グランバーガーダイヤモンズが阪急梅田本店で初プロモーション
メレ鑑定の実演も

グランバーガーダイヤモンズ社が、7月26日〜8月1日の期間限定で、阪急うめだ本店に初出店する。
世界のハイジュエリーブランドから賞讃される煌きの逸品メレダイヤモンドを3代に亘りつくり続ける「グランバーガーダイヤモンズ」と、上品で洗練されたジュエリーリフォームで定評のある「stoRé ストーリー」との初コラボレーション。グランバーガー製の最高品質メレダイヤモンドとともにオートクチュールのような華やぎを添えたフルオーダーで、ワンランク上の新たなリフォームをテーマに開催する。
グランバーガー社製ダイヤを1000ピース以上贅沢に散りばめた気品溢れるゴージャスな特製ティアラも初公開。
なお、期間中、グランバーガーダイヤモンズ社3代目ジャパン社代表サイモン・グランバーガー社長が、メレダイヤの鑑定実演を行う。通常、社内アトリエでのみ行われるダイヤモンドの鑑定作業を本邦初公開、特別に至近距離で見ることができるチャンス。精密にカッティングされたダイヤモンドの美しさ、グランバーガー社ならではの完璧な「ハート&キューピッド」を、実際に専用スコープを手に取って確認できるとする。
http://www.grunbergerdiamonds.com/

07/19(Wed) 香港のジュエリーブランド「Qeelin」
デニス・チャンの日本初個展

GINZA SIX5階のアートギャラリー、 Artglorieux GALLERY OF TOKYO(運営:椛蜉ロ松坂屋百貨店)で、世界中に店舗を展開する香港のジュエリーブランド「Qeelin」のクリエイティブ・ディレクター、 デニス・チャンの日本初個展が、6月15日〜28日まで開催された。
デニス・チャンは、昨年上海で開かれたアートショーで、すべての作品が即日完売となった注目の作家で、今回の展示では、パンダをモチーフとしたスワロフスキーアートを中心に、日本での個展のために作られたアートピース16点を出品した。
タイトルの「HAHA」は人の笑い声を表している。この世界共通の笑い声である「HAHA」と、中国を象徴する動物「PANDA」がひとつになった作品が、「HAHA PANDA」。グローバリズムとナショナリズム、個性と調和、自然と人工など、相反する要素について考えをめぐらせる作品として、「HAHA PANDA」は制作された。
http://www.jiji.com/

07/12(Wed) 公明党党首の山口那津男代表がお祝いに駆け付けた
7月11日、東京・帝国ホテルで金子康男会長の古希を祝う会

7月11日、東京・日比谷の帝国ホテルで田中真珠葛燻q康男会長の古希を祝う会が、業界関係者130余名の出席のもと、盛大に行われた。
主賓として出席した公明党党首の山口那津男代表が「職業柄外国の要人を接待する時お土産に一番喜ばれるのが、日本の真珠です。それと昨年、国会で真珠振興法的な枠組みが整い、政治的に支援していく事が決まった。これからも日本の誇る真珠を大切に育てていってほしい」と祝辞を述べた。
金子康男会長は「以前、皇太子様関連の皇室の方の結婚の為に、良質なアコヤ8ミリ珠120個を集めてほしいと依頼され、2カ月かけて揃えた事や、金に糸目を掛けず最高品質の南洋真珠を欲しいという人からの要望で、インドネシヤから輸入した経験など、田中真珠の先代から”真珠は品質重視”という事を教わったことが、現在の自分を支えている。御木本幸吉翁の教えであった”小学生に信頼される人間になれ”を実践すべく、自分の田舎の小学校に30年間毎年本を寄贈しており、今では“金子文庫”として残っている。一粒の真珠を大切にしながらこれからの人生を全うしたい」と謝辞を述べた。
そのあと、日本ジュエリー協会の中川千秋会長の音頭で乾杯、祝宴に入り、発起人の一人である東京真珠鰹ャ山藤太会長が「金子康男氏は、東京真珠加工卸協同組合の理事長及び日本真珠輸出加工協同組合副理事長など真珠産業の養殖を長く務め、現在は真珠産業の中央団体である(一社)日本真珠振興会の理事として活躍している。金子会長は我々業界人、ひいては真珠産業の牽引役としてなお一層活躍してもらうことを祈念して、今日の会を企画した」と挨拶、祝う会を終了した。
http://tanaka-pearl.co.jp/

07/11(Tue) B2Bプロフェッショナル宣言
落ち着いて商談できる“プロ”のための展示会

「ジュエリーフェア(JJF)」は、世界最大のジュエリーフェア「9月香港ジュエリー&ジェムフェア」を主催するUBM社と(一社)日本ジュエリー協会との共同プロジェクトとして開催する国際トレードショー。
国内外の有力バイヤーが東京ビッグサイトに集結し、会期3日間を通じて活発な商談が行われる。クリスマス・年末商戦に向けた買い付け、商談の場としてベストタイミングで開催されるジャパンジュエリーフェアは、業界プロフェッショナルのための展示会として国内外に広く認知されている。
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/

07/11(Tue) 香港・中国本土におけるジュエリー市場の動向と将来予測及び周大福のビジネス戦略
香港貿易発展局(HKTDC)セミナー 8月28日 A-1 11時〜12:30

【同時通訳:日本語/英語】 世界最大の高級品市場となった中国で大きな存在感を示す香港ジュエリー企業。本セミナーでは香港・中国宝飾業界最大手で、中国市場において抜群のブランド力を背景に2000以上の店舗網を運営している周大福 (Chow Tai Fook)の経営トップを招き、現地の市場動向や同社の経営戦略を紹介し、日本のジュエリー企業が香港・中国市場をどのように活用すべきかヒントを探る。
周大福珠寶集團有限公司
董事総経理
黄 紹基 氏
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/

07/11(Tue) 第1部 「ジュエラーのためのルビー&サファイアの原産地鑑別」
カラーストーン最新情報【同時通訳:日本語/英語】8月28日、A−2 13:00〜14:00

《ICA主催セミナー》 カシミール産に類似したブルーサファイアが話題になっているが、同セミナーではルビー&サファイアの原産地鑑別について、多くの写真を使用してわかり易く解説してくれる。原産地鑑別の始まり、鑑別方法、正確性、問題点などにも触れ、ジュエラーの皆さんが商取引に役立つ情報を満載している。
(株)中央宝石研究所
リサーチ室部長
北脇 裕士 氏
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/

07/11(Tue) 2018年 中国市場はどうなる!?
中国のジュエリー市場を学ぶ A-3 13:00〜14:00

【同時通訳:日本語/英語】 A-3 14:30〜15:30
ジュエリーニュースアジア 中国版
編集長
クリスティー・ダン 氏
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/

07/11(Tue)第2部「日本産翡翠の宝石学的特徴および翡翠に関する最新情報」
カラーストーン最新情報 A-4, 16:00〜17:00

《ICA主催セミナー 》 糸魚川地域で産出される日本産翡翠は、ジュエラーおよびミネラルファンにも人気のカラーストーン。今回のセミナーでは市場に多く流通するミャンマー産翡翠と日本産翡翠を宝石学的に比較するとともに、日本産翡翠の最新情報を発表する。
GIA Tokyo(同)
鑑別部門 スタッフジェモロジスト
三浦 真 氏
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/

07/11(Tue) LIMAジャパン主催セミナー 「はじめてのライセンシングビジネス」
ブランドやキャラクターとのコラボレーションの手法

ブランドやキャラクターを使った商品化やサービス、またはマーケティングやプロモーションを行いたいと考えるジュエリー業界の方に向け、ビジネスの概観や、取引に関する基礎知識など、すぐに実践に移していただける情報をご提供します。【会場 : 会議棟6FK1】13:00〜14:00


セミナー主催者:LIMAジャパン(正式名称:一般社団法人日本ライセンシング・ビジネス協会)http://www.licensing.or.jp/
(株)ブランドッグ 代表取締役
東京理科大学大学院 イノベーション研究科
知的財産戦略専攻 客員教授
草間 文彦 氏
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/

07/11(Tue) ジュエリー製造団体等協議会(JMC)主催セミナー
日本の工芸技術とジュエリー【会場 : 会議棟6F】 K-3 16:00〜17:00

飯野一朗氏の実技で日本の伝統工芸の象眼、金いぶし(金アマルガム鍍金)等の技法を実演するDVDを鑑賞しながら、ご本人から解説いただきます。また氏の作品をスライドで鑑賞し、その金属工芸技法と現代ジュエリーの展開をお聞きします。
東京藝術大学名誉教授
工芸科彫金
飯野 一朗 氏
https://www.ubmjapan-group.com/jjf/seminar/



admin only:
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536
page:16