※写真をクリックで拡大します。
Home

01/22(Mon) ダイヤモンドをちりばめた優美な京扇子《美風扇》 
国際宝飾展[IJT冬]で1/24〜特別展示

ベルギー・アントワープに本社を置く「Grunberger Diamonds Japan(グランバーガーダイヤモンズジャパン)」は、第29回 国際宝飾展 冬 [IJT]で、創業1823年の京都屈指の老舗高級京扇子ブランド「宮脇賣扇庵」との初コラボレーションで誕生したグランバーガーダイヤモンドをちりばめた優美な京扇子《美風扇》を初公開する。
1月25日(木)には第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞が開催され、過去1年間を通じて『最も輝いている人』、『最もジュエリーが似合う人』そして『今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人』を世代別、男性部門で選考、表彰する。今年も様々な分野で活躍する岡田結実、菜々緒、上戸彩、遼河はるひ、浅野ゆう子、大竹しのぶ、浅丘ルリ子、福士蒼汰、村田諒太ら話題の豪華スター受賞者を招いて表彰式も行われるジュエリー業界のプロフェッショナルのためのセレブな展示会。
https://www.atpress.ne.jp/releases/147610/img_147610_2.jpg

01/18(Thu) 2017年の資産用金地金、プラチナ地金の取扱量を発表
金地金 金価格上昇で買取量は前年比約25%増、販売量は減少

《田中貴金属》  2017年の金地金の販売量は、前年 (2016年)と比べて34.4%減の17,978kg、一方、買取量は前年比で24.8%増の22,392 kgとなった。
2017年の金の国内平均価格は、前年(4,396円/g)より180円高い4,576円/g。2017年の年明け以降、金価格の上昇基調に伴い買取量が増加したが、3月以降は緩やかな価格上昇により売買共に伸び悩んだ。
8月に4,600円/gを超えると再び買取量が増加し、月平均最高値となった9月には年内最高の買取量となった。金価格が高値圏にも関わらず一定の販売量を保っているのは、
米国や欧州の政権交代、主要国の金融政策の転換による金融情勢混乱への懸念から、金が長期的な安全資産としての受け皿となっている様子がうかがえる。
【金地金の販売量/買取量】販売量:17,978kg(前年比-34.4%)、買取量:22,392kg(前年比+24.8%)。

プラチナ地金 取扱量は減少するも買取量は前年比1割増

【金価格の推移とその背景】2017年のドル建て金価格は、中東情勢や米新政権の政策実行力に対する不安感などからドル安が進行し、なだらかな上昇相場を形成した。
また、東アジアにおける地政学リスクの高まり、欧州の政治的リスクの緩和、連邦準備制度(FRB)の資産圧縮に向けた動きなどもドル安に寄与したと考えられる。
相対的に安全資産としての金が買われたことがドル建て金価格上昇の一因と考えられ、
9月には、年内最高値の1,350ドル/ozを記録。国内の金価格は9月4日に年内最高値4,751円/gとなった。

金は9月に年内最高値を更新し買取量が増加

その後、FRBが資産圧縮開始を発表するとドルは下げ止まり、一方でドル建て金価格は下落に転じた。10月には欧州中央銀行(ECB)が金融緩和政策縮小を発表し、一時的に値を戻す場面も見られたが、その後12月に米利上げが発表されるとドル建て金価格は再び下落した。

プラチナは12月に年内最安値を更新し販売量が増

今後は、日米欧など主要国の金融政策の動向や、株式市場の好調を受けて生まれる余剰資金の動き、世界的な地政学リスクに対する警戒感・不安感の状況に市場の注目が集まることが予想される。
※本文中の金とプラチナ円価格は、田中貴金属工業が公表している1グラムあたりの税抜き小売価格。
http://gold.tanaka.co.jp/index.php

01/17(Wed) 1,000万円のプラチナ・メダル国際宝飾展IJTで展示される
プラチナ・ギルド・インターナショナル鰍ェ製作した

この度プラチナ・ギルド・インターナショナル鰍ェ製作したプラチナ・メダルは、純度99.9%の純プラチナ500以上も使用した宝飾メダル。繊細な表現が可能なレーザー加工技術により、表面は永遠の愛を誓う男女の意匠を、裏面にはプラチナを表すPtマークを施している。周囲には宇宙からもたらされた奇跡の貴金属プラチナにちなみ、キャスト製法で作られた星を散りばめている。金に比べても採掘量が年間約20分の一で、1トンの原鉱石から約3グラムしか採れないという高い希少性、天然の白く、美しい不変の輝き、手に取るとずっしりと感じられる本物ならではの重み。まさに最上級の祝福を上げるにふさわしいメダル。月末に行われる国際宝飾展IJTで展示される。価格は1,000万円。
https://www.preciousplatinum.jp/

01/17(Wed) プリンセスの象徴“ティアラ”への羨望も明らかに
女性が大切な人からプレゼントされたい特別なモノ第一位

《ロイヤルウエディングへの関心度調査》 今年の11月には秋篠宮眞子さまのご結婚が予定され、久しぶりのロイヤルウエディングに日本中の期待が集まっている。燦然と輝くジュエリー、ティアラ、気品あふれるドレスはいつの時代にも多くの女性の心を惹きつける。
プラチナ・ギルド・インターナショナル梶iPGI)は、昨年10月にプリンセス願望とロイヤルウエディングへの関心度に関する調査を行った。全国の20代から40代の女性、600人を対象に実施。その結果、20代の女性はプリンセスへの憧れが最も強く、全体の6割以上が「プリンセスの憧れを感じる」と回答。また、プリンセスの象徴である「ティアラを自身の結婚式に着けたい」との回答も6割を超えるなど、プリンセス願望が明らかになった。
https://www.preciousplatinum.jp/

01/17(Wed) 美しく輝く姿を見てもらえる「プリンセス」に憧れる
20代では64%もの女性が「憧れる」と回答

《ロイヤルウエディングへの関心度調査》 「プリンセス」に憧れたことがあったかを聞いたところ、20代では64%もの女性が「憧れる」と回答。30代では45%、40代では32%だった。
次にプリンセスのどんな点に憧れを持っていたかを聞いたところ「多くの人に祝福される」、「自分を美しくするためのベストをチョイスできる」「自分を再興に輝かせる時間が与えられる」と続いた。これらの結果から、各世代で多くの人に祝福され、輝かしく美しいプリンセスへの憧れを知ることが出来た。
https://www.preciousplatinum.jp/

01/17(Wed) 最も印象に残るロイヤルウエディングは「ウィリアム王子とキャサリン妃」
プリンスのどのような点に憧れるか

《ロイヤルウエディングへの関心度調査》 最も印象に残る結婚式では、全体では英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式(55.0%)との回答が最も多く、チャールズ皇太子とダイアナ妃(29.5%)、皇太子徳仁親王と雅子妃(14.5%)、文仁新王と紀子妃(秋篠宮ご夫妻)が続くものの、各世代で印象に残るロイヤルウエディングが異なる結果となった。
https://www.preciousplatinum.jp/

01/17(Wed) 一生に一度はなりたい憧れのプリンセス
「ティアラ」で夢を叶えたい

《ロイヤルウエディングへの関心度調査》 多くの人に祝福されるプリンセスと、そうありたいと自身の姿を重ねる女性たち。プリンセスを象徴する「ティアラ」を自分自身の結婚式で着けてみたいという人は20代では6割を超えた。30代では46%、40代では41%と、ティアラへの憧れがあることが判った。
https://www.preciousplatinum.jp/

01/17(Wed) ロイヤルプリンセスにふさわしい「プラチナ」は、贈られたいジュエリーNO,1
”洗練“”清楚“”知性“のイメージが女性全体に浸透している

”洗練“”清楚“”知性“のイメージが女性全体に浸透している「プラチナ」。74%もの女性がロイヤルプリンセスにふさわしい貴金属としてイメージしていることが判った。
更に、20代の半数以上が、30代、40代の65%以上もの女性にとって、何時かはパートナーや濃い美地にプレゼントされたい国別なものとして、心ひそかに温めているようだ。
https://www.preciousplatinum.jp/

01/15(Mon) 6月19日にはJJA30周年記念式典「ジュエリー文化を広め活性化」
日本ジュエリー協会「新年賀詞交歓会」

一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)の「新年賀詞交歓会」が、1月12日、上野精養軒で開催され、来賓はじめ関係団体・企業など約250名が集い新春を祝った。
はじめに、中川千秋会長は「今年は平成30年、来年は年号が変わる予定にもなっておりますが、30年というと、JJAも平成とともに歩み、今年で30周年を迎えます。6月19日には、同会場で30周年記念祝賀会を予定しています」と、今年の一大イベントをアナウンスした後、「30年前のジュエリー業界は、製造、卸、小売の団体や組合が別々に活動していたが、経済産業省の指導のもと、一つにまとまりJJAが設立された。その頃の業界の市場規模は3兆年。30年が経ち、いまは9400億円と、時代の変化もあるが、当協会の指名は業界の健全な発展にある」と同協会の意義を示し、「皆様のご協力のもとに色々な施策を行わせていただいている。消費者への情報開示の推進、ジュエリーコーディネーター資格者(JC)による業界と消費者の結びつき、JCを増やすためのコンテスト、デザインアワード作品の海外発信、人材育成、若手の技術者支援など、全てが業界の発展のためのもの」と具体的な活動を強調した。また、業界活性化に向け「昨年、とても良いヒントを真珠振興会から聞いた。それは真珠振興法である。調べると、農林水産省と経済産業省の応援で、生産するだけではなく流通業者も小売業者も一丸となって真珠文化を進行しなければダメだと書いてあった。これをジュエリー業界に言い換えれば、ジュエリー文化を消費者に社会に広めていくことで、ジュエリー業界が活性するということだ。一見遠回りにも見えるが、販促活動の中に取り入れていけば、30年前の数字に届かなくとも、売上が回復すると考えている」と説明した後、「今年は日本のアコヤ真珠の販促活動として、アコヤ真珠のキャンペーンを実施する。125年前にミキモトさんが養殖真珠に成功し、世界に広がっている長い歴史もあり、インバウンドの効果として2800万人を突破した訪日外国人などにもフォーカスされている。今年は、11月に眞子さまの結婚という慶事を控えより注目されることでしょう。こういう機会を捉え、真珠業界にジュエリー業界も学び、是非とも成功させ、売上アップにつながる年にしたいと思っている」と意気込みをみせた。さらに、「香港市場においては、今は買いに行く場所ではなく売りに行く場所に変わり、300社以上が出展している。このまま行けば、真珠と同じように輸出産業になるのではないだろうかとも考え、JJAでは力を入れている」と加え、再度色々な施策は皆様のご協力のもとに実行できていると協力を求め、会長挨拶にかえた。
www.jja.ne.jp/

01/15(Mon) 去年の11月に黄綬褒章を受章した坂巻章雄氏
「身に余る光栄な気持ち。業界のために力を注げればと思います」とコメント

来賓挨拶には、辻清人衆議院議員が登壇。「安倍政権が始まって、戦後いざなぎ景気を抜いて、2番目の長い景気拡大期。オリンピック・パラリンピックに向け、日本国内の景気回復を実感できるひとつのベンチマークにジュエリーがなると思っています。真珠振興法は、真珠産業の後継者不足や海外からの競争で国内の真珠が激減していることを支える議員立法。ジュエリーアワードで思うことは、日本のものづくり、技術の高さ。それを求め海外から注目されているのも事実です。今年一年、経済産業行政の一端を担う議員として、JJAの顧問としてしっかりと皆様が潤うよう頑張りたいと思います」と述べた。次いで、経済産業省生活製品課企画官の栗田豊滋氏は、「我が国の製品管理は問われ、製造業の品質保証体制の強化に向けた対応策を年末に発表した。ジュエリー業界では、合成ダイヤモンドが登場していると聞いている。希少価値の高い本物のジュエリーを求める消費者の不利益とならぬよう、品質管理の徹底、適切な情報開示に引き続きご尽力いただきたい」と話した。
その後、去年の11月に黄綬褒章を受章した坂巻章雄氏(牛竓ェ工芸社)を紹介。坂巻氏は「身に余る光栄な気持ちでいっぱい。業界のために力を注げればと思います」とコメントした。
www.jja.ne.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:15