※写真をクリックで拡大します。
Home

08/04(Fri) 企画提案型企業に注目@製品、Aイベント、Bセミナー
「B2B プロフェッショナル宣言」をコンセプトに

《東京ビックサイト東5・6ホール》 JJFは、「B2B プロフェッショナル宣言」をコンセプトに、プロに向けた商談、仕入れのためのビジネスショーというスタンスを取り続け、今年も展示ブースがほぼ満杯になる見通しとしている。また、国内はもとより、香港、台湾、タイ、シンガポールなどのアジア地域に加えイタリア、ドイツ、ポーランドなど15の国と地域から450社が出展する見込みとし、来場者見込みは1万6000人。
JJF最大の特長である、@製品展示、Aイベントステージ、Bセミナーの3つの要素で展開するが、今年はその内容もかなり充実したものになるという。
毎年最新トレンドのジュエリーが一堂に展示されるが、今年は“企画提案型企業”が集結するクオリティ・デザインゾーンをはじめ、デザイナー&クラフトマンパビリオンの拡大や、日本の珊瑚を世界に発信するジャパンコーラルパビリオンの新設など、B2Bの展示会ならではの、ここでしか見ることができないジュエリーに注目したい。
そして会場内に設置されたイベントステージでは、ジュエリー最高峰を決める JJAデザインアワードやジュエリーファッションショーが連日開催され、エンターテイメント性も見どころの一つ。
http://www.japanjewelleryfair.com/

08/04(Fri) 過去最多!18本の業界セミナー、ライセンスビジネスと連動
海外動向から国内マーケット、技術セミナーまで、実に多彩なプログラム

《東京ビックサイト東5・6ホール》 そして恒例の「ジュエリー業界セミナー」。海外動向から国内マーケット、技術セミナーまで、実に多彩なプログラムが予定されている。業界事情や今後の展望など業界の最新情報を得るための貴重な機会と言える。
さらに、昨年立ち見のセッションも出るほど好評だった出展社によるプレゼンテーションの開催も予定している。
今年は 25 周年記念を飾るべく、質・量共に今までで一番の内容としている。小売店向けにはゼクシィ編集長によるアニバーサリーセミナーをはじめ、恒例となったJJA主催による百貨店・小売店によるパネルディスカッションの他、今年は“地方応援プログラム”としてボランタリーチェーン主催のセミナーも講演が決定。同じ宝飾小売店でも首都圏と地方では来場層も違えばその販売手法も異なる。今回は地方店で売上を伸ばしている成功例について講演するだけではなく、その後ブースで相談できる場も設ける。
他にもメーカー・卸向けには周大福、ジュエリーニュースアジア、リシュモングループのポアレジャポンなどが講演するジュエリー市場についてのプログラムや、JJA が主催する三木氏のセミナーのほか、JMC主催の彫刻・石留の種類やテクニック、独立時計師による特別講演などの作り手向けのセミナー、さらには今年からUBMジャパンが主催する専門展示会『ライセンシング エキスポ ジャパン』と連動したライセンシングビジネスに関するセミナーなど、様々な業種や職種に対応するプログラムを用意した。
http://www.japanjewelleryfair.com/

08/04(Fri) 多様化に伴い多くのニーズを取り込む
小売りや卸の方々にとっても求める情報が細分化されている

《東京ビックサイト東5・6ホール》 前出のイブ氏は、「UBM では今年に入りファッション向けの展示会IFF MAGICやライセンスビジネス展示会などの展示会を新たに開催。これらのネットワークと情報をJJFに活かさない手はない。ユーザーのニーズの多様化に伴い、小売りや卸の方々にとっても求める情報が細分化されている。JJF ではできるだけ多くの方々のニーズに対応するためにこれだけのプログラムを無料で開催する。自社にとって最適な活用方法を見出し売上UPにつなげていただきたい」と述べている。
http://www.japanjewelleryfair.com/

08/04(Fri) 展示会の核「クオリティ・デザイン」、会場を彩るゾーニング
年末商戦に向けた仕入れを行うプロのためのビジネスショー

《東京ビックサイト東5・6ホール》 JJFには、年末商戦に向けた仕入れを行うプロのためのビジネスショーと位置づけられている。小売店や卸などが、本当に「売れる」「新しい」商材を求めている。
その為、会場はゾーニングとパビリオンに彩られている。
注目は、Made in Japanとしてクオリティとデザイン性の高さを国内外に発信でき、海外出展社においてはクオリティの高い日本の来場者へより効果的に自社ブランドをPRできるように、本展示会の核として展開する「クオリティ・デザインゾーン」(東5)。
その他、「ブライダルジュエリー」「ジャパンパールパビリオン」「デザイナー&クラフトマン」「ニュークリエイターアヴェニュー/ニューブランドヴィレッジ」「リ・ジュエリー」「ファッションジュエリー」「宝飾関連製品・サービス」など。
グループとしては、ICA、アーチザン・ビレッジ、アトリエグループやまなみ、ジュエリータウンおかちまち有志、ジュエラーズクラブセレス、全国宝石卸商協同組合、東京ジェムディーラーズ、日本ジュエリーデザイナー協会、日本真珠輸出加工協同組合、日本宝石協同組合有志、プロジェクトFなどと多彩だ。
http://www.japanjewelleryfair.com/

08/04(Fri) 「第5回 国際宝飾展秋」(秋のIJT)横浜開催により過去最多の出展社
クリスマス商材など50万点を比較できる パシフィコ横浜 10月25日〜27日

第1回東日本ジュエリーショップ大賞開催

《リードエグジビションジャパン主催》 年末商戦やクリスマス商戦に向け商材50万点が比較でき、その場で仕入れが可能な「第5回国際宝飾展」(秋のIJT)は、10月25日〜27日の3日間、パシフィコ横浜で開催される。時間は10時〜18時(最終日は17時)。
同展は今年で5回目を数える。回を重ねるごとに実績が評価され、出展社が増加傾向にある注目の宝飾見本市。さらに昨年は、パシフィコ横浜に会場を移し、プレミアムな雰囲気が人気の高い「横浜」という立地が追い風となって、大きな結果に結びついた。
昨年の国内外からのバイヤーは、前年比増となる9136名が来場。昨年の市況状態から厳しい結果を覚悟した出展社が多い中で、きっちりと商談に結びつけた結果が高評価となった。
さらに今年は、過去最多となる550の出展社(前回410社)が見込まれ、バイヤーにとってはより多くの商材から選ぶことが可能となり、スケールメリットを感じられるであろう。
http://www.reedexpo.co.jp/

08/04(Fri) 国内外から1万5000人 プレミアムバイヤークラブ
国内バイヤーに向けた「プレミアムバイヤークラブ」会員制度

《リードエグジビションジャパン》 それを見込んだ主催者であるリードエグジビションジャパンは、国内外からのバイヤー見込み数を、大幅増加の1万5000人と打ち出しており、少しでも目標数に近づけようと、リード社は、日々招致活動を行っている。
その一環のサービスとして、国内バイヤーに向けた「プレミアムバイヤークラブ」会員制度が設けられている。昨年の10月現在で、3947名が登録。会員には様々な特典がつけられ、仕入れ促進が行われている。
一部抜粋された資料によると、東京、大阪、兵庫の輸出入商、卸商、小売商などの6社以上が1000万円の仕入れがあり、700万円以上の仕入れでは東京、大阪、兵庫などから5社以上、300万位円以上では全国に9社以上となる結果実績が発表されている。
また会期中は、大量買付けを行い重要な来場者と位置づけられているアジア地域のバイヤー1500名以上が期待されている。
今年の中国の大型連休「国慶節」は10月1日〜8日となっており、10月後半に開催のIJT秋では、その影響が出にくいと予想されている。
また、9月・11月の香港宝飾展の影響を避ける日程が組まれており、香港宝飾展との連動性を活かせる範囲内での日程も出展社ニーズを捉えているところだ。
また、昨年リード社が掲げた4つのポイントは、 @ 国内有力バイヤー1800名を特別招待=有力企業1000名と高額仕入れの個人バイヤー800名。 A 商品ガイドブックを5万件に事前送付=宝飾、アパレル、ギフト業界の有力バイヤー。 B 他業界からも1200名が来場=リード社主催の展示会来場者(IJT対象者)9万件に招待券発送。 C 海外から前回比2倍の1500名が来場(その内750名は招待)=中国、香港、台湾、インド。
この4点は、今年も同様且つそれ以上に掲げられているはずで(7月25日現在、未発表)、国内外のバイヤーを積極的に誘致し、出展社の売上に繋がる活動は継続されていることであろう。それを活かすには、出展社自らが自社ブースへ立ち寄るためのDMや施策、案内を明確に打ち出すことが、最重要課題となる。
http://www.reedexpo.co.jp/

08/04(Fri) 効率的に見て回れる会場構成に約50万点の商材が一堂に並ぶ
見本市としてのスケールメリットがより発揮されることに期待

《《リードエグジビションジャパン》 会場は、池袋の時とは異なり、1つのフロアで構成され、1月のIJTのように効率よく見て回ることが可能なスペースが広がる。
その上、昨年お規模は前々回より70%拡大しており、多くのウェイティング企業が出展できとことから出品商品が充実。今年はさらなる550社の出展が見込まれていることから、より幅広い商材が一堂に並ぶことが可能となることから、見本市としてのスケールメリットがより発揮されることに期待が高まっている。
会場構成は、年末商戦に向けた新作商品や商材、サービスなどの提案が「ジュエリーゾーン」「パールゾーン」「クラフトゾーン」ジェムストーンズゾーン」などとカテゴリー分けされ紹介される。商品総数も50万点と購入・買付けの場として絶好の場である。
秋のIJT専用ホームページには、注目商品特集として「トレンド」「メイドインジャパン」「天然石・希少石」「ラグジュアリー」などが掲載されるが、7月末の更新予定となっているので、専用ホームページで確認を。
また、大幅な割引価格で販売された「会期2・3日限定 お買得商品」も掲載される予定なので、比較材料にすると良いだろう。
http://www.reedexpo.co.jp/

08/04(Fri) 特別イベント クリスマスジュエリープリンセス賞
年末商戦の市場拡大に繋げようと盛り上げている

《《リードエグジビションジャパン》 クリスマスに「男性が最もジュエリーをプレゼントしたい女性」を選ぶクリスマスジュエリープリンセス賞を3年前から開催し、年末商戦の市場拡大に繋げようと盛り上げている。
前回の受賞者は、女優部門が土屋太鳳さん、タレント部門は河北麻友子さん、モデル部門はトリンドル玲奈さん、歌手部門が乃木坂46(選抜5名)と、特別賞にアナウンサーの加藤綾子さんが選ばれた。
残念ながら、今年の受賞者は8月頃に決定する予定となっており、次号以降で詳しく紹介する。
http://www.reedexpo.co.jp/

08/04(Fri) 新会場「パシフィコ横浜」 観光スポットの宝庫
仕入れ前後で打ち合わせがてらリフレッシュすることも可能

《リードエグジビションジャパン》 新会場のパシフィコ横浜の最寄駅は「みなとみらい」。そこからは徒歩3分という距離。周辺には中華街やランドマークタワーなど観光スポットなどが点在する。中華街をはじめ、赤レンガ倉庫、ランドマークタワーなど仕入れ前後で打ち合わせがてらリフレッシュすることも可能だ。
パシフィコ横浜までのアクセス方法は、東京駅から電車で約28分、新横浜駅から電車で約13分、羽田空港から高速バスで直通35分と利便性も悪くない。
名物グルメや話題のレストランも多数揃っており、宿泊施設も会場周辺に多い。
http://www.reedexpo.co.jp/

08/04(Fri) 第1回東日本ジュエリーショップ大賞 投票受付中
表彰式は、会期2日目の10月25日、15時30分から行う
 
《リードエグジビションジャパン》 昨今の海外展示会や海外バイヤーなどを中心としたビジネスから脱却し、国内バイヤーである全国の宝飾店をクローズアップし、独自に特徴を出しながら成長している「頑張っている国内の宝飾店」を応援し、そのアイデアや情報を小売店同士で共有する場を展示会場で提供することにより、日本全体のジュエリー市場を底上げすることを目的に「東日本ジュエリーショップ大賞」が開催される。主催は、日本宝飾記者会。
現在、「頑張っている国内の宝飾店」の投票受付が開始されており、日頃取引のある小売店を応援し、業界の更なる発展を願う1票(何票でも投票は可能/アンケート形式)をお願いします。
表彰式は、会期2日目の10月25日、15時30分から行う予定で、当日は表彰式後に、受賞された小売店の経営ノウハウを学ぶことができるパネルディスカッションを開催する予定です。観覧は無料。
http://www.reedexpo.co.jp/



admin only:
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536
page:11