※写真をクリックで拡大します。
Home

07/18(Thu) アジア開銀相殺が中国経済の減速傾向は「失速ではない」と
シャドーバンキングも大問題にならない

【7月17日】中尾武彦アジア開発銀行総裁は日本記者クラブで記者会見し、中国の最近の景気減速傾向について「中国経済の失速を示すものではない」との見解を表明。その上で、「周辺諸国の中にはその影響を受けるところがあるので、よく見ていかないといけない」と語った。
アジア開発銀行が16日に、中国の実質GDP成長率見通しを、2013年7.7%、14年7.5%とそれぞれ下方修正したことについて、中尾総裁は「最近の輸出入の減速や金融引き締めを反映したもの」と説明。その上で「成長率見通しは下げたが極端に下げてない。中国景気の失速を示すものではない。ただ周辺諸国の中にはその影響を受けるところがあるので、よく見ていかないといけない」と言明した。

07/16(Tue) 米中には共通の敵が“3つ”ある
結論は多種多様、奇々怪々で、「強大な中国は世界にとって百害あって一利なし」

【7月13日、米華字紙・僑報】「米国と中国の敵は誰か?」と題した記事を掲載した。以下はその内容。
第5回米中戦略経済対話は7月11日に閉幕したが、その成果や価値に対する外部の研究、議論熱は依然冷めていない。現代世界最大の先進国と最大の発展途上国である米中が対話を通じて、経済貿易および国家戦略分野の摩擦や溝の解消および協力について協議することの意義は言うまでもない。また、利益を得るのは両国だけにとどまらず、それ以上に世界全体である。
米国の政府と民間シンクタンクは「中国が経済規模で米国を追い抜いた場合、世界はどうなるか」「世界首位を保てなくなった場合、米国はどうなるか」といったテーマを長年研究し続けてきた。その結論は多種多様、奇々怪々で、中でも人々を脅かし、かつ影響力が大変強いのが「強大な中国は世界にとって百害あって一利なし」というものだ。そこで「中国封じ込め」の声が四方から上がり、政府の戦略の本流ともなったうえ、「中国を仮想敵」とする行動を次から次へと引き起こし、アジア太平洋と中国周辺の情勢をにわかに緊張させている。

07/16(Tue) トヨタ「カローラ」が4000万台を販売して世界一に
人々の多様な自動車ニーズをリードし、ニーズに応えてきた結果

【7月15日、経済日報】一汽トヨタはこのほど北京で、カローラの売上高が世界全体で4000万台に達して世界一になったことを祝うイベントを開催した。トヨタの代表的車種であるカローラは1966年、7人の設計士の手を経て誕生。この年は日本の「マイカー元年」となった。これまでに10回のモデルチェンジが行われ、世界140カ国・地域で販売されてきた。
カローラの中国進出は2007年で、これまでに92万台が販売され、今年末には100万台を突破する見込みだ。一汽トヨタによると、カローラはこれまでずっと人々の多様な自動車ニーズをリードし、ニーズに応えてきた。信頼性、高品質、安全性、コストパフォーマンスの高さ、ドライバーの個性に対応した使用感は、カローラの成功に欠かせない5つの要因だという。

07/16(Tue) 円安を受けて台湾人が日本の不動産を買いまくり
アベノミクスも背景に

【7月14日】マレーシア紙・東方日報は記事「円安受け台湾人が日本の不動産を買いまくり」を掲載した。
アジア圏の顧客に日本の不動産を販売する信義房屋不動産株式会社によると、今年1〜6月、台湾人による日本不動産の購入額は115億円に達した。2012年全年を30%以上上回る高水準となった。都心の豪邸に人気が集中しているという。
円安によって日本の不動産が割安になったことも要因だがそれだけだけではない。同社の何偉宏(ホー・ウェイホン)社長によると、失われた20年を経てアベノミクスで復活しつつある日本に信頼が高まっていることも追い風になっているという。

07/16(Tue) インスタントラーメン世界のワースト10中国と台湾が半数を占める
米著名な評論化が発表した

【7月13日、台湾・東森テレビのウェブサイト】著名インスタントラーメン評論家として有名な、米国人のリーネッシュ氏が世界のインスタントラーメンワースト10を発表した。台湾が2点、中国大陸の製品が3点ランクインしたことが注目を集めている。
台湾のネットユーザーの間では、先立って発表されたベスト10に台湾製品が入らず、ワースト10のうち、第5位と第10位にランクインしたことに不満の声が上がっている。そして、第1位と第2位、第7位には中国大陸の製品がランクインした。
リーネッシュ氏はブログ「The Ramen Rater」で、台湾の「維力香辣牛肉麺」について、「しょっぱすぎて肉の味もしない」と評し、マズいラーメン第10位という評価をつけた。「南興新竹素食ビーフン」には、お湯をかけるとクモの巣のようになって、野菜も薄っぺらいと評し、第5位という評価。これについて、南興食品は「一度に5箱、10箱買う消費者もいる。好みはひとそれぞれだから関係ないですよ」とコメントしている。



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37