※写真をクリックで拡大します。
Home

08/12(Mon) 何事にも心細やかな日本のサービス
国民性を反映してか

【8月11日、中国青年報】「態度がすべてを決める」「細部で成功の可否が決まる」と言うが、日本のサービス業はあらゆる面で周到で、そうした日本の国民性は日常生活の中にも現れていると伝えた。
空港から宿泊先へのリムジンバスに乗るだけでも日本の細やかさが感じられる。運転士は乗客の荷物を整然と積み込み、車内へのステップには汚れを持ち込まないようにと適度に濡らしたタオルが敷かれている。車内は清潔に保たれており、座席にはカップホルダーや小物入れなどがあり、乗客への配慮が至るところにされている。
宿泊施設でも宿泊客に行き届いたサービスが提供されているが、ある旅館では客室内のテレビで日本の折り紙を紹介しており、単なる紙がツルや花、四つ葉のクローバー、カエルなどに姿を変えていく様は驚異的だ。トイレにはさまざまな形の折り紙が飾られており、心がほっこりした。日本の細やかさは人をもてなす心と温かさにあるのではないか。

08/12(Mon) パリ旅行では、バックパック、ショートパンツは厳禁
フランスではスリ・強盗を避けるために

【8月9日、斉魯晩報】「パリ訪問の中国人観光客は犯罪防止のためにバックパック、ショートパンツを避けよ」を掲載した。
パリ警察は外国人観光客向けに安全ガイドを作成、強盗やスリを避けるためのノウハウを明かしている。中国語、日本語、韓国語、スペイン語など各国語版がインターネットで公開された。バックパックではなく小さなバッグを持ち歩くこと、現金は最小限しか持ち歩かないこと、財布をお尻のポケットに入れないこと、強盗に遭ったら抵抗しないことなどを警告している。
また、大手旅行サイト・トリップアドバイザーはスリ被害防止サイトを立ち上げ、パリの危険な地域を明示している。大きな折り畳み式の地図を使ったりショートパンツを履くと海外旅行客とわかり、スリの被害に遭いやすいとも警告している。

08/09(Fri) 一点限りの特別な腕時計(レディ アーペル ジュルネ ア モナコ)を出品
モナコにおける「オンリーウオッチ」チャリティオークション

 9 月28 日、モナコ大公アルベール2 世の後援による第5 回「オンリーウォッチ」チャリティオークションがモナコのオテル・エルミタージュで開催される。
このオークションは、同協会がアンティコルム・オークショニアズ、モナコ・ヨットショーと協力して開催するもので、4 回連続して参加するヴァンクリーフ&アーペルは、メゾンの哲学とモナコへの深い愛情を込めた特別な腕時計【写真】を創作した。
 ターコイズの文字盤、ホワイトゴールドとラピスラズリ製の回転するディスク、ホワイトマザーオブパールのトップダイアル、ダイヤモンドをあしらったホワイトゴールド製のケース、ホワイトのアリゲーター製ストラップで構築されるこの作品は、そのブルーとホワイトの色使いがフレンチリヴィエラの空と海を思い起こさせる。
このオークションで集められた資金は、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの研究支援に充てるため、モナコ筋ジストロフィー協会に寄付される。

08/06(Tue) 「新華社が中傷記事を書いた」とロシア・メディア
「ソ連崩壊後のロシアは悲惨」記述に反発

【8月4日、新華網】露ラジオ局・ロシアの声は「こんな記事をトップページに掲載するとは!」と猛反発している。
問題の記事は、「中国がもし崩壊すれば、ソ連よりもさらに悲惨」と題した王小石(ワン・シャオシー)氏の論説。王氏は「知識分子が中国の社会主義体制を危うくするようなマイナス報道を故意にねつ造し、欧米の資本主義憲政を賛美することで中国社会を根底から覆そうとしている」と批判し、「ソ連の崩壊はロシア人に悲惨な10年をもたらした」と指摘。「中国人1人当たりの資源を考慮すると、中国はロシアの数倍も悲惨な状況になる。だからこそ、中国人自らが選んだ社会主義制度を肯定しなければならない」と主張している。

08/06(Tue) 中国の資源消費量は世界一
広範囲で環境破壊が進む

【8月5日、香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト】国連環境計画はこのほど発表した報告書で「中国はすでに世界最大の資源消費国となり、広範囲で環境破壊が進んでいる」と指摘した。08年の原材料消費量は世界全体の3分の1にあたる226億トン、米国の4倍に達している。
中国経済の急速な発展により、08年の原材料消費量は1970年の13倍以上に増加。報告書は「過去数十年の経済成長で、中国では国内外の自然資源に対する需要が人類史上かつてないほど急増した。急成長は多くの人を貧困から脱出させたが、環境問題も日増しに深刻化している」と指摘した。
報告書はまた、中国の環境破壊にも触れ、12年末時点で大気汚染度数が基準を満たす都市は4分の1以下だったことを指摘。主要河川の3割、地下水の6割が汚染されているとした。



admin only:
no_next
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:37