※写真をクリックで拡大します。
Home

04/12(Wed) 「ザ・シチズン」から日本伝統工芸の手漉き和紙を文字板に採用したモデルが初登場
年差±5秒の高精度 光発電エコ・ドライブ搭載の

《シチズン時計》 高品質ウオッチ「The CITIZEN(ザ・シチズン)」から年差±5秒の光発電「エコ・ドライブ」を搭載し、日本伝統工芸の手漉き和紙を文字板に初めて採用した2モデル(各330,000円+税)を5月12日に発売する。
「ザ・シチズン」は、1995年創立65周年を記念し誕生して以来、「正確な時刻を刻み続けること。時刻を見やすく伝えること。その使命を長く維持すること。」をテーマに、時計の基本性能をどこまでも追い求めるシチズンブランドの最高峰として展開している。
「ザ・シチズン」にふさわしい、光発電「エコ・ドライブ」、の文字板素材を研究・開発する中で、古来より障子など光を取り込むために用いられてきた和紙に着目。今回その中でも、薄さと丈夫さが特長の日本三大和紙の一つである土佐の手漉き和紙を初めて採用した。繊維の隙間から光を透過する土佐の手漉き和紙により、光発電「エコ・ドライブ」を搭載する、今までにない魅力的なモデルが完成した。職人が手で漉き上げるため、一つとして同じ文字板が無いこともその魅力のひとつ。
「エコ・ドライブ」を搭載して年差±5秒という世界最高レベルの精度を実現したムーブメントを、流行に左右されないスタンダードなデザインのケース、バンドにおさめ、軽くてキズがつきにくい、シチズン独自のスーパーチタニウム™を採用した。日本の伝統工芸である手漉き和紙と、シチズンの先端技術が融合することで、日本的な感性を持つシチズン独自のモデルに仕上がっている。
特徴は、光発電「エコ・ドライブ」搭載ウオッチ、初の手漉き和紙文字板、年差±5秒、世界最高レベルの高精度ムーブメント、最高品質にふさわしいチタンケースとバンドの仕上げ、「シチズン オーナーズサイト」できめ細かやかなサービスを提供。
http://citizen.jp/

04/05(Wed) 『シチズン アテッサ』ブランド誕生30周年を記念し、数量限定3モデルが登場
漆黒の宇宙空間をイメージして、シチズン独自の技術である「デュラテクトDLC」を

《シチズン時計》 最先端技術を搭載し、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』から、ブランド誕生30 周年を記念して、数量限定の3モデル(230,000円+税、160,000円+税、90,000円+税)を5月12日に発売する。
スーパーチタニウム™を用いたケースやバンドには、漆黒の宇宙空間をイメージして、シチズン独自の表面硬化技術のひとつである「デュラテクトDLC」を全モデルに採用。さらに上位2モデルでは、素材を硬質化するデュラテクトMRKをアテッサに初めて採用した。ブレスレットからケース、文字板へと光の流れを感じさせるデザインも特徴。宇宙空間の淡い光を表現した紺碧のブルーを用いた文字板と、裏ぶた中央に施した30周年マークが記念モデルの証となる。
シチズンの主要機構が搭載されているF900、H820、E610、3種類のムーブメントを採用した。
F900は発売以来人気を博しているエコ・ドライブGPS衛星電波時計。デュアルタイムやクロノグラフなど機能の充実が特徴。H820はダブルダイレクトフライト※4エコ・ドライブ電波時計。デュアルタイム、ワールドタイムやダイレクトチェンジ機能などの使い勝手の良さが特徴。そして、E610はローカルタイム、クロノグラフ、アラームといった機能を搭載するエコ・ドライブ電波時計。それぞれがビジネスウオッチとしての使い勝手の良さで、幅広い層に高い人気を博している。
http://citizen.jp/

04/05(Wed) 『WICCA(ウィッカ)』から春の花をモチーフにした限定モデル発売
爽やかなホワイト&ブラウンカラーの付け替え用バンド付き

《シチズン時計》 10代〜20代の女の子に向けウオッチ『wicca(ウィッカ)』から、ソーラーテック機能を搭載し、春の花“マーガレット”をモチーフにした春の限定モデル1モデル(25,000円+税)を4月6日(木)に世界数量限定2,500本で発売する。
待ちわびた春が来て、可憐なマーガレットが開く姿をイメージし、ホワイトカラーをベースにビビッドなイエローを文字板やりゅうずにポイントであしらうなど清楚で可愛らしいデザインに仕上げている。白蝶貝文字板の上にはマーガレットの花模様をさりげなく施し、ホワイトとイエローのスワロフスキー(R)・クリスタルを4ポイント散りばめている。
ホワイトの革バンドのほか、付替え用としてブラウンの革バンドをセット。自身で付替えが可能なので、ファッションやシーンによって2WAYで楽しめる。定期的な電池交換のいらないソーラーテック機能を搭載しており、フル充電すると光のない場所でも約6ヶ月間動き続ける。限定BOX付き、世界限定2,500本で発売予定。
http://citizen.jp/

03/31(Fri) 『オリエントスター アーバンスタンダード Titanium』新色発売
あらゆるファッションに最適な定番のブラックダイヤルモデルを追加

《オリエント時計》 『オリエントスター アーバンスタンダード Titanium』の新色1型1モデルを4月14日より全国で発売する。 「オリエントスター」は、1951年に「輝ける星」をイメージして生まれた機械式時計の代表ブランドで、ブランド誕生以来65年以上にわたり国内生産に徹し、本物志向の方にも愛用される数々のモデルを発表してきました。昨今は、「コンテンポラリースタンダード」と「クラシック」という2つのシリーズを展開。とりわけ「コンテンポラリースタンダード」シリーズには、実用性と上質な質感を両立させた数々のモデルが揃っています。 同シリーズのなかでも、軽やかな着け心地を追求したモデルが『オリエントスター アーバンスタンダード Titanium』。ケースとバンドに、ステンレスのおよそ半分の重さの軽量チタンを採用。そのチタン素材の魅力を引き出せるようエッジを効かせたケースデザインに仕上げられ、40mmサイズ以上の存在感をまとっている。さらに金属文字板には放射目模様を施しより高級感を。ケースガラスに反射を99%抑えるSARコーティングを施すことで、高い視認性を実現した。また、ケース全体とバンドに表面硬化処理が施されているため、傷が付きにくくなっている。 このたび、本格的な機械式時計の質感と極めて軽い着け心地を両立させたこのモデルに、ブラックダイヤルモデルを追加、深みのある黒文字板に12時・6時位置のローマンインデックスと仕上げ分けされたシャープな時分針を合わせることで、時計全体に落ち着きと色気を与えている。スーツスタイルだけでなくオフスタイルにも合う、万能な一本。
http://www.orient-watch.jp/

03/31(Fri) 『wicca(ウィッカ)』「マーガレット」をモチーフにした春の限定モデル
爽やかなホワイト&ブラウンカラーの付け替え用革バンド付きで登場

《シチズン時計》 10代〜20代の女の子に向けた最新かわいいウオッチ『wicca(ウィッカ)』から、ソーラーテック機能を搭載し、春の花「マーガレット」をモチーフにした春の限定モデル(25,000円+税)を4月6日に世界数量限定2,500本で発売する。
この限定モデルは、待ちわびた春が来て、可憐なマーガレットが開く姿をイメージし、ホワイトカラーをベースにビビッドなイエローを文字板やりゅうずにポイントであしらうなど清楚で可愛らしいデザインに仕上げている。白蝶貝文字板の上にはマーガレットの花模様をさりげなく施し、ホワイトとイエローのスワロフスキー®・クリスタルを4ポイント散りばめている。
ホワイトの革バンドのほか、付替え用としてブラウンの革バンドをセット。自身で付替えが可能なので、ファッションやシーンによって2WAYで楽しめる。
定期的な電池交換のいらないソーラーテック機能を搭載しており、フル充電すると光のない場所でも約6ヶ月間動き続ける。限定BOX付き、世界限定2,500本で発売予定。
http://citizen.jp/

03/31(Fri) <セイコー セレクション>より、カーネーションカラーで気持ちを伝える
ソーラー電波ウオッチ“Thanks M♡M Special Limited Edition 2017”を発売

《セイコーウオッチ》 <セイコー セレクション>より「母の日」ギフトに最適なソーラー電波機能搭載の限定モデル「Thanks M♡M Special Limited Edition 2017」(36,000円+税)を4月21日(金)より全国で発売する。日本国内における販売数量は、母(はは)の日にちなみ限定880本。
今年の母の日限定モデルは、光をエネルギーに換えるソーラー充電機能と、世界4エリア5局(日本2局・中国・アメリカ・ドイツ)の電波受信機能を備えたソーラー電波モデル。電池交換はもちろんのこと、自動で正しい時刻を受信し時刻合わせの必要がないため、何かと忙しいお母さんへの贈り物にぴったり。美しい白蝶貝ダイヤルと、カーネーションをイメージした赤いレザーストラップで、大切なお母さんに日頃の感謝の気持ちを伝伝えるには最適な贈り物といえそうだ。
http://www.seiko-watch.co.jp/

03/31(Fri) 『シチズンコレクション』高品質薄型時計ペアモデル
「母の日」「父の日」のプレゼントに!

《シチズン時計》 手ごろな価格帯で機能性も備えたシチズンブランドのエントリーライン『シチズンコレクション』からシンプルなデザインで、光発電「エコ・ドライブ」やユーザー自身でバンド調整が可能なシンプルアジャストなど便利な機能を搭載した新作薄型ペアモデル(各¥28,000+税)を4月27日(木)に発売する。
この新作は、小振りで薄く軽やかな装着感、上品で落ち着いたデザイン、ユーザー自身でバンド調整ができる「シンプルアジャスト機能」そして求めやすい価格、といった特長をあわせ持つ、光発電「エコ・ドライブ」を搭載するモデル。シンプルで使う人を選ばないので「母の日」「父の日」などのプレゼントにも最適。
「小さく、薄く」のトレンドを受け、ケース径が男性用37.2mmと女性用27.7mmと小振りなサイズで、どちらも7.1mm厚の薄型です。ユーザー自身がバンドの長さを手軽に調整できる「シンプルアジャスト」を備えているので、プレゼントされたり、オンラインストアで購入してもすぐに調整して装着できる。
文字板は、視認性に優れるシンプルな3針とローマンインデックスを採用。見返し部分に合わせて、サンレイ・フィニッシュと呼ばれる放射線状の加工を施すことで、広く見える文字板デザインに仕上げました。
また、ベゼル部分をピンクゴールドに、見返し部分やケースをシルバーにした、控えめでさり気無いコンビネーションのカラーリングを施すことで、落ち着いた雰囲気を作り上げている。
http://citizen.jp/

03/03(Fri) 簡単にベルトカラーが切り替えられるリバーシブルストラップが登場
『CARAVELLE NEW YORK(キャラベル ニューヨーク)』

《シチズン時計》 グループ会社であるブローバ社(本社:米国ニューヨーク、社長:ジェフリー・コーエン)が手掛けるニューヨーク発のファッションウオッチ「CARAVELLE NEW YORK(キャラベル ニューヨーク)」より、くるりと回すだけで簡単にベルトが切り替えられるリバーシブルストラップ仕様の新作ウオッチ2モデルを含む新作6モデル(13,000円〜19,000円+税)を3月16日より発売する。
今回の新作は、ケースとバンドの接合部分をくるりと回すだけで、簡単にバンドのカラーを切り替えられるリバーシブルストラップモデルが登場!クロコダイルの型押しカーフレザーバンドはピンク/ホワイトまたはブラック/ホワイトの組み合わせで、ファッションに合わせて4通りの着用シーンを楽しむことができる。
2017年春のデザインテーマは「BLUSH(頬を赤らめる)」と「BLACK&WHITE」。ピンクトーンを基調に、クリスタルストーンやセラミックを使用した華やかな3モデルと、モノトーンカラーで洗練された大人の女性を演出する3モデルの計6モデル展開で、ファッションに合わせて時計選びを楽しむことができる。
http://citizen.jp/

03/03(Fri) 新世代モジュール『Connected エンジン 3-way』を開発
世界初、全世界をカバーする3つの時刻取得システムを搭載

《カシオ計算機》 カシオ計算機の最先端技術を結集し、世界で初めて3つの時刻取得システムを搭載した新世代モジュール『Connected エンジン 3-way』を開発した。
同社は1974年、時間を1秒1秒の積み重ねの計算であるととらえ、それまで培ってきた計算機開発の技術を応用して世界初のオートカレンダーを搭載した「カシオトロン」を発売し、時計市場に参入。停止することなく自動的に正しい時刻、カレンダー(月・日・曜日)を表示する「完全自動腕時計」の実現を目指した開発思想は、現在も脈々と受け継がれている。
今回新たに開発した『Connected エンジン 3-way』は、全世界で常に正しい時刻を表示する「完全自動腕時計」を目指し、世界で初めて標準電波とGPS衛星電波の受信に、スマートフォンを介したタイムサーバー接続を加えた3つの時刻取得システムを採用したモジュール。新たに構築した独自のシステムにより、スマートフォンを経由してサマータイムやタイムゾーンの情報も自動更新することで、時計の内蔵データを最新の状態に保っている。
同社が得意とする省電力化技術により、GPS衛星電波受信システムを従来の1/4に省電力化し、小型の二次電池の使用を可能とした。また、GPSアンテナの感度を高めつつ小型化しながら、3つの受信システムが干渉せず、効率良く実装できる2枚基板実装構造を採用。2つのDual Coilモーターを含む6つのモーターを搭載するとともに、信頼性を高める耐磁板をモジュール内に配置してJIS1種の耐磁性能も備えながら、従来比90%の薄型化を実現している。
http://www.casio.co.jp/

03/03(Fri) 3つの時刻取得システム搭載した“G-SHOCK”
全世界をカバーする「Connectedエンジン3-way」を搭載

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、航空コンセプトの“GRAVITYMASTER”シリーズの新製品として、内蔵のタイムゾーンとサマータイム情報を自動更新し、全世界で正確な時刻を表示するBluetooth®搭載GPSハイブリッド電波ソーラーウオッチ『GPW-2000』を5月19日より発売する。
この新製品は、世界中どこにいても常に正しい時を刻み続けるための最新モジュール「Connectedエンジン 3-way」を搭載した。世界で初めて標準電波とGPS衛星電波の受信に、スマートフォンを介したタイムサーバー接続を加えた3つの時刻取得システムを採用。新たに構築した独自のシステムにより、スマートフォンを経由してサマータイムやタイムゾーンの情報も自動更新することで、時計の内蔵データを最新の状態に保っている。
今回、航空コンセプトの“G-SHOCK”として、その世界観をデザインや性能面でも表現している。文字板は航空機の計器をモチーフとし、取得した位置情報から緯度を9時側インダイアル、経度を6時側に設けた小窓で簡易的に表示する。また、時計側のボタンを押した際の地点情報を時刻情報とともにスマートフォンの地図上に表示できるフライトログ機能を搭載した。
構造面では、振動の影響によって緩むビスを、バンドを固定するパーツとして使用せず、バンドをファインレジンのシャフトカバーと、カーボンファイバーを封入したファインレジンのパーツで固定するビスレス方式を採用している。
もちろん、衝撃、遠心重力、振動の3つの重力加速度に耐える“TRIPLE G RESIST”、引張耐久力の高い“カーボンファイバーインサートバンド”、JIS1種に準拠した耐磁性能など、過酷な環境に耐え得るタフネス性能も充実。ブランドのアイデンティティである「タフ」を、構造、機能、デザインなどあらゆる面で体現している。
http://www.casio.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:6