※写真をクリックで拡大します。
Home

06/12(Thu) オリエントから『moussy ダブルチェーン』 発売
2連のチェーンブレスレットを採用したトレンド感あふれるレディースウォッチ

《オリエント時計》 ファッションブランド「moussy(マウジー)」から、『moussy ダブルチェーン』 1型4アイテム(価格:17,000円+税、15,000円+税)を6月28日より全国で発売する。

「moussy」は、株式会社バロックジャパンリミテッドの基幹ブランドで、2000年にカリスマ店員など一大ムーブメントを巻き起こし、日本でのジーニングカジュアルブランドの先駆者となり、今や多くの女性誌に掲載される人気ファッションブランド。これまで、自分らしいライフスタイルとファッション感覚を持ったパワフルな女性をターゲットに、都会的で強さのあるアイテムと、ヴィンテージ感溢れるマウジージーンズをベースとした、シンプルかつVIPなデニムスタイルを提案してきた。このたび、クールでセクシーなスタイルを求める女性に向けて「ダブルチェーン」を新たに加え、ラインナップをより充実させている。
『moussy ダブルチェーン』は、トレンド感あふれる2連のチェーンブレスレットが新鮮なアイテムで、アクセサリー感覚で気軽に身に付けることができる。ケースは立体的なガラスが特徴のクールなデザインで、従来モデルと同様、スワロフスキー・エレメントをあしらったスクエア型りゅうずをアクセントにしている。IX、X、XI、XIIのローマ数字インデックスがポイントのダイヤルには、「moussy」シリーズでは初となる、日付表示機能を備えた。
http://www.orient-watch.jp/press/details/?press_id=189

06/10(Tue) 大人の女性に向けたハイクオリティ・エレガンス『シチズン エクシード』
デュラテクトαを採用し、優美なデザインを持つ新モデルが登場

《シチズン時計》確かな品質と洗練されたデザインを備えた『シチズン EXCEED(エクシード)』のチタニウムコレクションより、13石のダイヤモンドと白蝶貝を使用し、チタニウム素材と独自の表面処理で、キズに強く耐メタルアレルギーを実現した光発電エコ・ドライブ電波時計1モデル(\170,000+税)を7月に発売する。
エコ・ドライブ電波時計、チタニウムのケースとバンド、そしてシチズン独自の表面加工技術デュラテクトという、使いやすさを追求した高い品質と、上質なデザインを組み合わせた『シチズン エクシード』のチタニウムコレクション。レディスウオッチに新たなエレガンスを創出したとして、登場以来、大人の女性たちの人気を博している。
新モデルはホワイトを基調として、ダイヤモンドと白蝶貝を使用し、洗練された美しさを表現した。高品質な白蝶貝の文字板には桔梗(ききょう)をモチーフにした繊細なパターンを施し、光によって美しい花を咲かせる様子は、見るたびに心も楽しませてくれる。
またデュラテクトの中でも、アレルゲン金属を含まない「デュラテクトα」を施すことにより、金属アレルギーを起こしにくい「耐メタルアレルギー※4」仕様を実現した。
http://citizen.jp/topics/2014/20140610.html

06/05(Thu) 上質さを求める大人に贈るペアモデル『シチズン エクシード』発売
〜メンズ・レディスともにワールドタイム機能とデュラテクトαを搭載〜

《シチズン時計》 確かな品質と洗練されたデザインで、本物を求める大人にふさわしい時計『シチズンEXCEED(エクシード) 』より、光発電エコ・ドライブ電波時計ペア4モデル(メンズ2モデル、レディス2モデル)(\170,000+税、\180,000+税)を7月上旬に発売する。
今回のペアモデルは、長く愛用できるよう、上質でかつスタンダードなデザイン。またシチズン独自の表面加工技術デュラテクトの最高硬度を持つ「デュラテクトα」を採用することで、「耐メタルアレルギー」仕様を実現し、これまで金属製の時計の使用が難しかった人にも安心して使える時計にしている。
メンズ・レディスモデルともに、定期的な電池交換や時刻修正がいらないエコ・ドライブ電波機能を備え、世界4エリア(日本・中国・アメリカ・ヨーロッパ)の標準電波を受信する。さらにパーペチュアルカレンダー搭載のワールドタイムモデルとなり、ワールドワイドでの使用が簡便になった。
http://citizen.jp/topics/2014/20140605.html

06/04(Wed) 『オリエントスター レディース』 発売
エレガントかつ大人な印象を与える機械式時計

《オリエント時計》 「オリエントスター コンテンポラリースタンダード」シリーズにインデックスに8
個のダイヤモンドとローマ数字を採用し、白蝶貝のダイヤルとの組み合わせでエレガントかつ大人な印象を与える機械式時計『オリエントスター レディース』1型3アイテム(価格:54,000円+税、58,000円+税)を6月21日より全国で発売する。
「オリエントスター」は、1950年の創業の翌年に“輝ける星”をイメージに開発された、本格派機械式時計。時代の流れに左右されないシンプルなデザインと機能が人気を博し、登場以来、多くの本物志向の方から愛されてきた。このたび、「オリエントスター コンテンポラリースタンダード」シリーズに、エレガントな雰囲気を醸し出すNEWデザインのレディースモデルが登場。
27.5mmのケースは小ぶりですっきりとしたエレガントなデザイン。腕なじみの良い5列の無垢メタルバンドを組み合わせることで、全面に鏡面仕上げを施したケースの“艶感”を強調し、より大人な雰囲気を演出している。また、フラットサファイアガラスを採用することで、強度と視認性の双方を高めている。
ダイヤルは、光沢感のあるホワイトまたはピンクの白蝶貝を採用。8個のダイヤモンドを使用することで、エレガントでドレッシーな印象を与える。ビジネスシーンはもちろん、プライベートなドレスウォッチとしても幅広く使えそうだ。
http://www.orient-watch.jp/press/details/?press_id=188

05/22(Thu) 『オリエントスター モダンクラシックスケルトンプレステージショップ限定モデル』 発売
シャンパンゴールドのメッシュバンドを組み合わせた高級感あふれるモデル

《オリエント時計》 オリエントスター専用ディスプレイなどを使用し、同シリーズの魅力をアピールする体制を強化している取扱い店舗の 『オリエントスター モダンクラシックスケルトン プレステージショップ限定モデル』(100,000円+税)を5月24日より全国で発売する。
ケースはシンプルなラウンド型を採用し、球面ガラスからケースにかけて丸みを持たせることで、機械式時計ならではの“温かみ”を感じさせるデザインに仕上げた。また、ケースの縁を薄くし、細く華奢な足形状を採用することで、繊細な印象を与えている。ダイヤルは、膨らみのあるボンベダイヤルを採用し、9時位置にセミスケルトンを配した。機械式ムーブメントを直に覗くことができるだけでなく、ホワイトダイヤルとのコントラストが美しく映える。
さらに、高級感あふれるイエローゴールドのメッシュバンドに加え、カーフ(ワニ型押し)皮革バンドを付属として用意、シーンや気分に合わせて付け替えることができる。
今回、時計本体とバンドを同時に収納できる、専用ボックスも用意するなど、プレステージショップに来店するお客の志向に合わせたモデルとして、このモデルを限定発売する。
http://www.orient-watch.jp/news/details/?news_id=386

05/21(Wed) 『シチズン アテッサ』から最先端技術を搭載したグローバルビジネスウオッチ
ダブルダイレクトフライトに、サファイアガラスベゼルを備えた新モデル登場

《シチズン時計》 最先端技術を搭載し、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『シチズン ATTESA(アテッサ)』より、ダブルダイレクトフライト機能を搭載した光発電エコ・ドライブ電波時計 2モデル(各\200,000〜\230,000+税)が新登場、6月上旬より発売する。
2013年9月に登場した、簡単な操作で都市の時刻とカレンダーの切り替えが可能、さらに2つの都市時刻を表示するデュアルタイム機能も備えたダブルダイレクトフライトは、その簡便さで高い評価を得ている。新モデルでは基本機能はそのままに、ベゼルに透明感が高く、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアガラスを採用し、視認性と実用性を向上させることに成功。サファイアガラスだからこそ表現できる輝きや艶感が高級感を高めている。また通常ラインとしては初となるゴールドをアクセントに使ったモデルを投入し、ラインナップの充実を図った。
http://citizen.jp/topics/2014/20140521.html

05/15(Thu) シリーズに初のソーラークロノグラフモデル『ORIENT Neo70's Horizon』 発売
“仕上げ分け”を施し、“地平線(Horizon)”をイメージさせるラインを中央に水平に配した

《オリエント時計》 『ORIENT Neo70's Horizon(ホライズン)』 1型4アイテム(価格:30,000円+税)を5月31日より全国で発売する。

「ORIENT Neo70's」は、2010年の発売以来、若者のファッションに対応する豊富なメンズカジュアルウォッチを提案してきしたが、このたび、このシリーズ初となるソーラークロノグラフモデル「Horizon」が登場した。
ケースは42mmのラウンド型を採用し、さらにエッジを効かせることで、70年代の機械式時計によく見られる、立体感と重厚感あふれるデザインに仕上げ、また2時と4時位置のプッシュボタンを小ぶりにすることで、ケースの存在感は残しつつ、腕元にスマートに収まるようにした。
このモデルは、金属ダイヤルの3時〜9時位置にかけて金属の筋目を分ける“仕上げ分け”を施し、“地平線(Horizon)”をイメージさせるラインを中央に水平に配した。ケース同様、70年代の機械式時計ならではの独特の雰囲気を醸し出すため、中心が凹んだ6角形の立体的なインデックスを採用することで、「ORIENT Neo70's」シリーズらしいアグレッシブさの中に、懐かしさも感じさせるデザインとしている。ダイヤルカラーもネイビー、グリーン、レッド、グレーの4色と、豊富なカラーバリエーション。また、3列駒の艶消しメタルバンドを採用することで、ダイヤルとインデックスの鏡面をさらに引き立てている。
http://www.orient-watch.jp/press/details/?press_id=183

05/15(Thu) “OCEANUS(オシアナス)”の発売10周年記念モデル
『OCW-S3001C』を6月13日から限定1,000個発売

《カシオ計算機》 「Elegance, Technology」をコンセプトに、優れた機能性と上質なスポーティデザインを融合した電波ソーラーウオッチ“OCEANUS(オシアナス)”の発売10周年記念モデルとして、『OCW-S3001C』(195,000円+税)を6月13日から限定1,000個で発売する。
この『OCW-S3001C』は、「Elegance, Technology」を明確に具現化し、シリーズの中でも人気の高い「OCW-S3000」をベースモデルに採用した10周年記念モデル。幻想的に輝く都会の夜をイメージしてデザイン。ブルー蒸着を施したインダイアルと細部まで丁寧に研磨した16面カットのセラミックベゼルが、従来モデルとは一線を画す、エレガントなきらめきを表している。
また、ベースモデル同様に、軽量なチタンケースや視認性の高い両面無反射コーティングデュアルカーブサファイアガラス、最高峰の研磨技術であるザラツ研磨を採用している。機能面でも、ホームタイムとワールドタイムを同時に表示するので、海外旅行や海外出張に役立つ。ワールドタイムで表示する都市も素早く設定が可能。時針と分針がそれぞれ独立して時計回りにも反時計周りにも動くので、時差が大きい都市でも短時間で設定できる。なお、裏蓋には10周年の証として、記念ロゴを刻印している。
http://www.casio.co.jp/release/2014/0515_OCW-S3001C/

05/09(Fri) シチズン クロスシーの「ティタニア ライン ミニソル」から限定ウオッチ登場
チタニウムの軽さにダイヤモンドきらめくスペシャルモデル

《シチズン時計》 20〜30代のアクティブに働く女性に向け「高機能ファッションウオッチ」として時計の新しい価値観を提案する『シチズンxC (クロスシー)』より、軽さを極めた「TITANIA LINE ( (ティタニア ライン )の「 MINISOL (ミニソル)」シリーズの限定モデル(¥135,000+税)を6月5日に発売する。
デザインテーマは「After the Rain(アフター ザ レイン)」。太陽に反射して輝く雫をイメージした9石のダイヤモンドが特徴的なモデル。上品な白蝶貝ダイヤルでは雨上がりの澄んだ空気に差し込む太陽の光を表現。透明感の中に上品さの溶け込むデザインに仕上げている。
機能面では定期的な電池交換と時刻合わせのいらないエコ・ドライブ電波時計を搭載。いつでも正確な時刻を刻む。またケースとバンドに採用したチタニウムはデリケートな肌の人でも安心して着けることができ、ステンレスの約1/2という軽さ。さらに40年以上開発を続けてきたシチズン独自の加工技術デュラテクトにより、すりキズなどから時計本来の輝きを守り続ける。
着けやすい小さめのサイズ感と軽やかなチタニウム、そしてこだわりのデザインが魅せる、特別感あふれる限定モデルといえそうだ。
http://citizen.jp/topics/2014/20140509.html

05/09(Fri) 『オリエントスター モダンクラシックスケルトン』 発売

丸みを帯びた柔らかな印象のケースデザインが腕元を上品に演出

《オリエント時計》 『オリエントスター モダンクラシックスケルトン』 1型4アイテム(66,000円+税、70,000円+税)を5月24日より全国で発売する。
このたび発売する新モデルは、「クラシック」シリーズで初となる、セミスケルトンを採り入れたモデルで、ケースはシンプルなラウンド型を採用。球面ガラスからケースにかけての丸みを持たせた形状は、機械式時計ならではの“温かみ”を感じさせるデザインに仕上がっている。また、ケースの縁を薄くし、細く華奢な足形状を採用することで、繊細な印象を与えている。ダイヤルは、膨らみのあるボンベダイヤルを採用し、9時位置にセミスケルトンを配した。機械式ムーブメントを直に覗くことができるため、機械式時計を所有する喜びを感じられるだけでなく、腕元もシックに演出、さらに従来モデルと同様、シンプルなパワーリザーブ機能も採用している。
バンドは、カーフ(ワニ型押し)レザータイプと網目の細かいメッシュタイプの2つをご用意し、メッシュバンドモデルは、ケース同様、繊細なイメージを醸し出すとともに、モダンな雰囲気を一層強めています。“シック”でありながら“温かみ”を感じさせるデザインは、スーツから休日のカジュアルファッションまで、幅広いスタイルに合わせてご活用いただけます。
http://www.orient-watch.jp/press/details/?press_id=182



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:26