※写真をクリックで拡大します。
Home

01/11(Thu) 時を愉しむためのウオッチブランド「カンパノラ」
漆と螺鈿で星空を表現したミドルサイズのムーンフェイズ3モデル発売

《シチズン時計》 時を愉しむための機能を先端の技術で美しく表現したブランド「CAMPANOLA(カンパノラ)」から漆と螺鈿で星空を描いた「ムーンフェイズ」3モデル(270,000円〜300,000円+税)を2月8日に発売する。

テーマは「月が浮かぶ星空」

2000年の登場以来、「宙空(ちゅうくう)の美」をデザインコンセプトとして、独創的なデザインとクオーツによる複雑機構を提案し続けている「カンパノラ」。新製品のケース径36mmは現状のコレクションの中でも最小サイズ。その中に最も身近な天体である「月」が浮かぶ星空を漆と螺鈿で表現した美しいムーンフェイズ。
ムーンフェイズには神話「ヴィーナス誕生」や「眠れるヴィーナス」に登場するヴィーナスの表情をカンパノラオリジナルで描いている。月齢を表すムーンフェイズ(1周:59日)の表情により、針の動きとは異なるグラフィカルな時間の流れを感じることができる。月からの波動を精緻な電気鋳造や白蝶貝の彫刻で表現した文字板、その6時位置には漆と螺鈿が艶やかに煌く小窓を配している。腕元に目を移すといつでも月と星空を愉しむことが出来る。
ケースサイズ40mm以上が主流のカンパノラにあって、36mmの小ぶりなケースサイズは、男女問わず使用可能。また他のカンパノラコレクションとのペアリングも新たに提案している。
http://citizen.jp/news/2018/20180111.html

01/11(Thu) <クレドール>より、螺鈿ダイヤル スプリングドライブ限定モデルを発売
月夜に舞う「桜吹雪」をテーマに

《セイコーウオッチ》 高級ウオッチブランド<クレドール>から「桜吹雪」をデザインモチーフに漆塗りダイヤルに螺鈿細工を施した限定モデル(1,000,000円+税)を数量限定120本にて3月9日から全国のクレドール取扱店で発売する。
2016年3月に発売し、好評を博している山田平安堂(やまだへいあんどう)とのコラボレーションによる漆芸ダイヤルモデルの第二弾。今回も日本の伝統的な技を駆使した漆芸ダイヤルにセイコー独自のスプリングドライブキャリバーを搭載した伝統と先進性が融合した限定品となっている。
螺鈿細工は、切り出した板状の貝片を漆で地板に接着し、上から漆を塗ったのち、貝片がみえるまで余分な漆を研ぎだす装飾技法で、日本では奈良時代より用いられている伝統工芸技法。この限定モデルの螺鈿細工は、一点一点手作業で仕上げている。
漆芸の技が生み出す「桜吹雪」の雅な輝きを描くダイヤル(文字盤)
心騒ぐ桜吹雪の情景を、シンプルで現代的なデザインにアレンジしている。螺鈿細工を中心に、プラチナ蒔絵など日本の伝統工芸である漆芸のさまざまな技巧と多くの作業工程をかけて作り込み完成させた。
ダイヤルを横断する桜吹雪は螺鈿と蒔絵を織り交ぜて表現している。螺鈿部分は、白蝶貝でひらひらと花びらが舞う様子を描写している。貝の向き、大きさ、色合い、全てを計算して並べる緻密な配置は熟練の職人だからこそなしうる技。きらきらと光る螺鈿の背景にはやわらかい輝きを放つプラチナ蒔絵を散らし入れることで絶妙なコントラストを醸し出している。また4時位置に配した一輪の桜の花は、時計を見るたびに和みを感じるアクセントとなっている。
https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/759/20180110

01/10(Wed) NIGO®×K.IBE G-SHOCK35周年記念スペシャルコラボレーションモデル
ファッションデザイナーNIGO®氏とG-SHOCK産みの親 伊部菊雄がコラボレート

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年4月に35周年を迎えるにあたり、日本を代表するファッションデザイナー兼ディレクターであるNIGO®氏とG-SHOCKの開発者である伊部菊雄とのスペシャルコラボレーションモデル(2モデル、¥13,500+税))各35本を全世界で販売する。色はイエローとピンクの二種類。
ベースモデルは、初代モデルのDNAを受け継ぐ「DW-5600」と、これまで数多くのコラボレーションモデルに採用されNIGO®氏の思い入れも強い「DW-6900」の2種類。「これまでにない表現をデザインに盛り込みたい」という両氏の思いを元に、色鮮やかな蛍光スケルトン樹脂を採用した。蛍光染料を2層の樹脂でコーティングし顔料化することで退色しにくくする、“G-SHOCK”では初となる技術を取り入れている。
また、裏蓋には「35th Anniversary Model Thank you from NIGO & K.IBE」という両氏からのメッセ―ジを刻印するなど、スペシャルコラボレーションならではの特別なデザインを施している。
https://www.casio.co.jp/release/2018/0110_g-shock35/

01/10(Wed) 人気のハッピーフライトからアラビア数字モデルを新発売!
要望の高い大きめトノー型3モデルとラウンド型1モデルを追加

《シチズン時計》 20〜30代のアクティブに働く女性に向けた「高機能ファッションウオッチ」として時計の新しい価値観を提案する『CITIZEN xC(クロスシー)ハッピーフライト』から、アラビア数字の大きめトノー(樽)型3モデルとラウンド型1モデル(¥59,000と¥58,000+税)を2月8日(木)から発売する。
1996年の発売以来、本当に良いものを求める女性たちに選ばれ続けてきた「シチズン クロスシー」。2011年の登場以来、簡単操作のワールドタイム機能で好評の「ハッピーフライト」シリーズに、要望の高いアラビア数字文字板の大きめトノー(樽)型3モデルと、ロングセラーのラウンド型にアラビア数字を初めて採用した1モデルを新たに追加した。
トノー型の3モデルは、ケースサイズを少し大きくし、視認性の良いアラビア数字を配した。実用性を保ちながら、可愛らしい雰囲気を失わないように、デザイン性の高いフォントと、華やかなカットパーツをインデックスに採用。ラウンド型は、2012年の発売からロングセラーであるEC103シリーズ初のアラビア数字モデル。実用性の中にも、女性が心ときめく要素として、劇場とスポットライトをイメージしたカットパーツを配し、アラビア数字と都市名に華やかなフォントを採用した。
「ハッピーフライト」シリーズは、定期的な電池交換と時刻合わせのいらない多局受信型(日中米欧)エコ・ドライブ電波時計で、ワールドタイム機能も搭載しているので、国内だけでなく、海外(中米欧)でも正確に時を刻む。
クロスシーは、「わたしのステージを上げるアイテム」として、充実した機能と繊細なデザインで、ライフステージの変化を迎える女性の日常に寄り添い、前へ進むすべての女性を応援している。
http://citizen.jp/news/2018/20180110.html

01/10(Wed) リストデバイス“PRO TREK Smart”に限定カラーを追加
蛍石をイメージした深みのあるフローライトホワイトのカラーリング

《カシオ計算機》 アウトドア向けリストデバイス“PRO TREK Smart(プロトレックスマート)”の新製品として、蛍石をイメージしたフローライトホワイトのカラーリングで纏めた『WSD-F20-WE』(51,000円+税)を世界限定1500個で3月16日から発売する。
『WSD-F20-WE』は、「WSD-F20」シリーズに追加となる限定カラーモデルで、カラフルなアウトドアファッションに映えるホワイトを基調とした。アウトドアウェアなどの素材としても用いられる蛍石をモチーフに、フローライトホワイトをカラーリングに採用。ホワイトカラーの上にクリア塗装を重ねた多層塗装により、鉱石の持つ深みのある色彩に仕上げている。
また、発売と同時に、アクティブな旅がより楽しくなる新しいウオッチフェイス「ジャーニー」をリリースする。アナログ時計表示の背景に、現在地の地図を表示。さらに、Googleカレンダーに予定と場所を登録しておくと、最大で直近3件の予定と、その予定の行き先の地図を表示できる。アウトドアアクティビティでの行き先や、旅行で立ち寄る観光スポットなど、計画に合わせて事前に登録しておけば、常に次の楽しい予定が地図情報とともに確認できる。「ジャーニー」は、既存の「WSD-F20/F20S/F20X」にもインストールが可能。
https://www.casio.co.jp/release/2018/0110_wsd-f20/

12/21(Thu)"G-SHOCK"誕生35周年記念モデル「RED OUT」
ブランドを象徴するレッドを全面に採用

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年4月に誕生35周年を迎えるにあたり、その記念モデルとして、ブランドを象徴するレッドで全体を統一した『RED OUT(レッドアウト)』(5モデル)を1月19日に発売する。
“G-SHOCK”は、開発者が身につけていた腕時計を落として壊してしまったことがきっかけとなり、「落としても壊れない丈夫な時計」を生み出すべく、1981年に開発がスタ―トした。腕時計は壊れやすく丁寧に扱うことが当たり前だった時代に、これまでにない時計を実現するため、200以上もの試作機と2年の歳月をかけて1983年に耐衝撃構造を備えた初代モデルが誕生。以降、ブランドコンセプトである「Absolute Toughness」を軸に、常に常識を覆す新しい製品を生み出してきた。今では、世界中で広く受け入れられ、2017年8月には世界累計出荷台数1億個を達成した。
今回紹介する35周年記念モデル『RED OUT』は、粒子を塗料に混ぜ込むことで光沢感を抑える新たな塗装技術を用いることにより実現したマットなレッドをボディ全体に使用している。さらには、液晶部分までもレッドを採用。裏蓋や遊環などのメタルパーツにはブラックを施し全体をまとめ上げた。35年間タフネスを追い求めて進化し続け、またこれからも新しい価値を生み出し続けていくG-SHOCKのアイデンティティを大胆に表現したもの。
裏蓋には、世界的に有名なグラフィックアーティスト、エリック・ヘイズ氏が手がけた35周年記念ロゴを、そして遊環には“35”を表すスターマークを刻印している。G-SHOCKのブランドコンセプトである「Absolute Toughness」をデザイン・カラーリングにより体現したスペシャルなモデルに仕上げた。
価格は、¥16,500〜¥28,000+税。
https://www.casio.co.jp/release/2017/1221_redout/

12/19(Tue) 「桜空」をテーマにした女性向けメカニカルウオッチ
替えバンド付きの繊細な限定モデルが登場
《シチズン時計》 『シチズンコレクション』から「桜空」をテーマにした女性向けメカニカルウオッチ2モデル(¥54,000〜55,000+税)を1月18日(木)に数量限定(各モデル2,000本)で発売する。
お求めやすい価格で、どんなシーンにも合わせやすいベーシックデザインの腕時計を提案する「シチズンコレクション」から、風に優しく揺れる桜の花びらと、薄日が指す日本の春の空「桜空」をイージした、女性向けメカニカルウオッチが数量限定で登場する。
シルバーとピンクゴールドを組み合わせたケースに、淡く桜の花びらをプリントした、艶やかな白蝶貝の文字板を組み合わせて、繊細な日本の春を表現している。
12時〜5時にはローマ字インデックスを、6時から11時にはスワロフスキー®・クリスタルを使用し、繊細で控えめながらも華やかな雰囲気にまとめている。また、PD7166-54Yは7時の位置に、桜色のスワロフスキー®・クリスタルをセットした桜モチーフのインデックスを配置している。一方、PC1006-50Yは7時位置に桜の花の形のオープンハートの小窓付き。両モデル共シースルーバックを採用し、時計のメカニカルな動きを見ることが出来る。
ワインレッドのワニ革の替えバンド付きなので、1本の時計で異なる雰囲気を楽しめる。 桜がデザインされた専用ボックス付きで、ギフト用として、また日本のお土産として最適。
http://citizen.jp/news/2017/20171219.html

12/14(Thu) メゾン ラデュレとシチズン時計がラデュレの世界観を表現した 時計のコレクションを
スクレ・ラデュレ♥ウィッカ ウオッチコレクション

シチズン時計鰍ヘ、1862年創業以来、世界中で多くの人々に愛されてきた老舗パティスリー「ラデュレ」が展開する「スクレ・ラデュレ」と新たにラデュレの世界観を表現した時計のコレクションを2018年1月1日から1999年に誕生したウォッチブランド「wicca」で発売(各モデルとも¥27,000+税)する。
スクレ・ラデュレのコレクションは、ラデュレの美食と深く繋がっていて、 時空を超えた旅に持つ人を誘ってくれる。
今回のコラボレーションを通じて 「wicca」が今まで表現したことのない新しいかわいさを提案している。 この限定コレクションは今までにないときめきとエレガンスを日常に与えてくれる。写真は、上段 KK3-310-12 、下段右 KK3-310-10 、下段左 KK3-310-14。
http://citizen.jp/news/2017/images/pdf/20171214.pdf

11/27(Mon) 圧倒的人気の「ライデン」シリーズから新モデルが登場
鳴り始めは優しく、最後はしっかり大音量!

《セイコークロック》 来年で発売30周年を迎えた大音量目ざまし時計「ライデン」シリーズからテンポが徐々に速くなる新しいアラーム音を搭載した新製品2モデル(¥5,000+税)を12月8日より販売する。
今回搭載したアラーム音は、「いきなり大きい音で起こされるのは苦手。でも寝坊はしたくない!」という人へ向けた朝の強い味方。鳴り始めはゆっくりとしたテンポで、その後3段階でテンポが速くなり、最後は「ライデン」シリーズの特長である大迫力の連続ベル音でしっかり起こす。(鳴り始めから約14秒で連続ベル音になる)
大音量の象徴ともいえる左右の大型ベルをカバーで覆い、よりスタイリッシュなフォルムに仕上げており、黒やグレーを基調としたボディに蛍光カラーの差し色を効かせたスポーティなカラーリングも魅力。
2段階の音量切替、なめらかな動きの連続秒針(スイープ秒針)、止めてもまた鳴るスヌーズ、ライトつきと機能満載。また、アラームが鳴りだしてから約5分間で自動的に止まるアラームオートストップ機能つきなので鳴りっぱなしの心配もない。
https://www.seiko-clock.co.jp/news/2017/20171127.html

11/20(Mon) カクテルからインスパイアされた本格機械式時計「セイコープレサージュ」
STAR BAR限定モデル

《セイコー》 本格機械式時計ブランド「セイコー プレザージュ」から、バーテンダーとして初めて現代の名工に選ばれた銀座STAR BARオーナーの岸久(きしひさし)氏が考案した美しい日本の情景を映す「Starlight」と「Sakura Fubuki」の2つのカクテルからインスパイアされた数量限定モデル4機種が、11月から2018年1月にかけて全国で発売される。希望小売価格は4万5000円〜6万円+税。
元来、腕時計とBAR文化は静かに時の流れを楽しむ男の趣味と言う共通の世界観を持ち、高い親和性がある。また、バーテンダーとして初めて現代の名工を受章した岸氏の匠の技によって生み出される繊細で美しいカクテルは、日本の真摯なものづくりそのものであり、機械式時計作りとも多くの共通点を見い出すことができる。
バーテンダーの頂点を極めたように思われる世界最高峰のバーテンダー岸氏だが、その地位と名誉に甘んじることなく、今もなおカクテル作りの技術を探求し続け、世界中のBARシーンに影響を与えている姿勢に、機械式時計作りの伝統を重んじつつ、新たな価値の探求を掲げるブランド・アイデンティティが共鳴したことで、今回のSTAR BAR 限定モデルが誕生した。
無数の星が瞬く夜空を想起させるカクテル「Starlight」からインスパイアされたSARY085,087は、精緻な型打ちパターンとネイビーのグラデーション塗装により、星が瞬く夜空を表現する。舞い散る桜を表現したカクテル「Sakura Fubuki」からインスパイアされたSARY089,091は、ダイヤルの中心から放射状に広がる花びらのような型打ちパターンと光の加減によってわずかにピンクに色づくシルバー色のダイヤルが魅力となる
https://www.seiko-watch.co.jp/



admin only:
no_back
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:1