※写真をクリックで拡大します。
Home

07/25(Tue) カーレースの醍醐味をデザインと機能で表現した“EDIFICE”
スマートフォンと連携する「Connected エンジン」搭載

《カシオ計算機》 ダイナミックなデザインと先進テクノロジーを兼ね備えた高機能ウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、スマートフォンと連携して、カーレースの緊張感や臨場感をデザインと機能で表現した『RACE LAP CHRONOGRAPH EQB-800』(3モデル)を8月10日より順次発売する。
今回の『EQB-800』は、「Connectedエンジン」を搭載し、モータースポーツにインスパイアされたデザインと機能を併せ持つクロノグラフ。
12時側のインダイアルには、日本のプロレーシングチームのアドバイスを受け、目標タイムに対するラップタイムの差を直感的に把握できるターゲットタイムインジケーター機能を搭載した。目標タイムの10秒前からカウントダウンを開始し、ハイスピードで走行するレーシングカーが戻るタイミングを計れるため、チームスタッフはドライバーに的確なサインボードの掲出を、観戦者は応援する車が目の前を通過するタイミングを把握できるなど、実用的な機能に仕上げている。また、時計で計測したラップタイムは専用アプリ上でリスト表示やグラフ表示が可能。目標タイムを上回った周回のハイライト表示もでき、スマートフォンとの連携により時計単体では難しい多彩な表現を実現した。
デザイン面では、大胆なケースフォルムとインデックス、車のメーターがモチーフのインダイアルで、ダイナミックでスポーティな印象に仕上げている。
立体的なレトログラード針が目を引く9時側のインダイアルでは、1/20秒単位のストップウオッチやスマートフォンとの接続状況を表示。モード切り替え時には、針が緩急をつけて上下し、車のエンジンをかけた際のタコメーターの動きを表現している。
メタルバンド2モデルと、レーシングカーの強化素材として用いられるアラミド繊維を革バンドに組み込んだモデルをラインアップした。
価格は、EQB-800D-1A:46,000円+税、EQB-800BL-1A:48,000円+税、EQB-800DB-1A:50,000円+税。
http://www.casio.co.jp/

07/20(Thu) 『カンパノラ』2つのオールブラックモデルが数量限定で8月16日に登場
光が存在しない黒の世界「無光の空間」をテーマに

《シチズン時計》 時を愉しむための機能を先端の技術で美しく表現したブランド「CAMPANOLA(カンパノラ)」から時の起源である天体の運行を表示する「コスモサイン」と日本庭園の水琴窟のような透明感のある音色で時を知らせる「ミニッツリピーター」の限定モデルを8月16日に発売する。
両モデルとも、優れた耐摩耗性を誇るデュラテクトDLCをケースに採用しているため、美しい輝きをいつまでも保つ。またサファイアガラスに99% クラリティ・コーティングを施して反射を抑えることで、文字板を見やすくしている。バンドには厚みをもたせ、着け心地を重視した竹斑(たけふ)仕様の高級ワニ革を採用した。
時の起源である天体の運行を、細部に至るまで精密にレイアウトされた星座盤によって表示しており、満天の星をリアルに再現していることから人気のあるモデル。
北緯35度において見ることのできる4.8等星以上の恒星1,027個、アンドロメダ銀河やオリオン座大星雲などの星雲・星団など166個を正確にレイアウト。14版に及ぶ精密な印刷によって表示している。
今作は、漆黒の宇宙の中で自ら光り輝く恒星たちをイメージして、デュラテクトDLCを施したブラックケースにブラックの文字板、ブラックの五徳リングを合わせ、夜空の星たちをさらに引き立てている。
写真は右:コスモサイン(AO4014-09E)320,000円+税、限定数量350本、左:ミニッツリピーター(AH7064-01E)400,000円+税、限定数量200本。
http://citizen.jp/

07/06(Thu) 高機能ドレスウオッチ『シチズン エクシード』40周年記念モデル
薄さを追求した小秒針付き光発電エコ・ドライブ ウオッチが登場

《シチズン時計》洗練されたデザインと確かな品質で、一生つきあえる本物の時計を提案するブランド『シチズン EXCEED (エクシード)』から、「シチズン エクシード 40周年記念 薄型エコ・ドライブ モデル」3モデル(240,000〜250,000円+税)を7月13日に発売する。
エクシード誕生40周年を迎えた2017年、洗練されたエレガントデザインのあり方を求めて、シチズンが持ち得る様々な技術を投入し、3針でありながらケース厚4.5o(設計値)の薄型光発電エコ・ドライブ ウオッチを発売する。
40周年記念モデルにふさわしい、エレガントな高機能ドレスウオッチのあり方を追求して、このモデルは誕生した。エレガントを追求するときのデザインポイントとして、秒針をはずした2針での構成を考えがちだが、秒針つきの3針は、時計に正確な時間を求める日本のビジネスマンに非常にフィットしていると考えている。そこであえて、3針でのエレガントさを追求。こだわりは、秒針の存在とその動き。中3針ではなく6時位置に秒針を置くことで、文字板のアクセントとし、秒針が独立して動く、個性的でエレガントな表情を持つモデルに仕上がった。
エレガントデザインを極めた「エクシード」ならではの薄型アニバーサリーモデル。肌にやさしく、軽く、キズに強い。シチズン独自の技術「スーパーチタニウム™ 」ケース&バンド。ドレスウオッチでありながら高機能 〜光発電エコ・ドライブ〜。
http://citizen.jp/

07/05(Wed) シチズン 2カ月で完売の新作が登場
ケーブル充電不要の光発電エコ・ドライブ

シチズン時計鰍ェ、2016年に発売し約2カ月で完売した限定モデルのデザインを継承する新作が、7月7日から発売開始される。
新作は、スマートフォンとリンクする光発電エコ・ドライブ搭載のアナログ腕時計「エコ・ドライブ Bluetooth」の2モデル。好評だったアナログとテクノロジーが融合したデザインを踏襲しつつ、新モデルではBluetooth®機能があることをイメージさせる色としてブルーが選ばれた。
エコ・ドライブ Bluetoothは、アナログ時計としての美しさを保ちながら、スマートフォンとつながることで、腕時計がより便利になる機能を搭載。公式アプリ(自社開発)をインストールすることで、腕時計がスマートフォンとリンクし、自動時刻修正はもちろん、世界316 都市への時刻修正が可能となる。また、着信やメール受信、主要SNSのメッセージも「針の動き」や「音」、「振動」で知らせることができるほか、スマートフォンサーチ(時計からの操作でスマートフォンを鳴らす機能)の便利機能も搭載する。
そして本製品の最大の特長は、太陽光や部屋のわずかな光で充電し、時計を動かす光発電エコ・ドライブであること。一度フル充電すれば最大約4 年可動(パワーセーブ作動)するので、定期的な電池交換やケーブルによる日々の充電から開放される。スマートフォンを使用した場合でも充電完了後約9カ月可動する。価格は7万5000円+税。
http://citizen.jp/

07/05(WEd) 「PROMASTER」のプロフェッショナル向け商品3モデル登場
PROMASTERキーメッセージ『GO BEYOND. 想像のその先へ』

シチズン時計鰍ゥらBASELWORLD2017で発表された「PROMASTER」のプロフェッショナル向け商品3モデルが、7月7日に発売された。希望小売価格は6万6000円〜26万円+税。
http://citizen.jp/

07/05(Wed) 「エコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー1000m」
世界初を実現した高い耐久性 防水性を発揮する技術の結晶

「エコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー1000m」は、ISO/JIS 規格に適合し、飽和潜水にも対応。ケースの10時位置にヘリウムガス排気バルブを設けており、飽和潜水時に時計内部に侵入したヘリウムガスを排出する事により減圧時の時計の破損や損傷を防ぐ事ができる。また、光発電エコ・ドライブを搭載しているため、定期的な電池交換が不要。充電量表示機能がついているため、事前に充電量を把握することができ、時計が急に止まる心配をする事なく、ダイビングに臨むことができる。光発電技術を搭載したムーブメントで飽和潜水対応の1,000m 防水は世界初となる。
さらに、海洋に関する日本の調査・研究機関「国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)」の協力により、高水圧下での防水機能の動的試験や、水深による文字板色調の変化、夜光の視認性の確認などを行い、より実践的な性能を実現している。価格は26万円+税。
http://citizen.jp/

07/05(Wed) 高度10,000mまで計測可能 ビジネスにも合うアウトドアウオッチ
「エコ・ドライブアルティクロン」

「エコ・ドライブアルティクロン」は、高度センサーを搭載したアウトドアウオッチ。高度の計測範囲は、地球上のあらゆる山の高度を上回る地上10,000mから海抜−300mまで。全ての情報を、デジタルではなくアナログで表示することにこだわった。時計の基本機能である「時刻」を表示したまま「高度」または「方位情報」を同時に読み取ることができる。また3本の針を使って高度を表示することで、精度の高い表示をすることが可能に。感覚的に操作できるよう、それぞれの計測表示と時刻を指す針の色を分け、一目で判断できるよう工夫している。多くの情報を表示する文字板は、可能な限りシンプルにレイアウトすることで、視認性を高めた。デザインは大幅に変え、黒を基調にアクセントカラーの色味を抑えることで、アウトドアはもちろんビジネスシーンにも合わせることができるシックなデザインのモデルと、ダークグリーンを基調にミリタリーカラーとナイロンストラップを装備したモデルを用意。ビジネススタイルから、アウトドアスタイルまで幅広く愛用できる腕時計として、コレクションの充実が図られている。価格は6万6000円+税。
http://citizen.jp/

07/05(Wed) 世界最速最短3 秒でGPS 受信 世界限定700本のパイロットウオッチ
「エコ・ドライブGPS衛星電波時計F900」

プロマスターSKYシリーズの最上位モデル、GPS衛星電波時計F900の新たな顔「エコ・ドライブGPS衛星電波時計F900」は、デュアルタイムやクロノグラフ機能などを搭載した多機能モデル。航空機のコックピットや、レーダースクリーンに映し出される現在位置等を表示する座標軸からインスパイアされたデザインはそのままに、ダイアルをブラウン、ケースをゴールドにすることで個性的で華やかなデザインに仕上げている。ケースにはキズに強く、軽く、肌にやさしく、サビにくいスーパーチタニウムTM を採用。ビッカース硬度Hv1,100〜1,500 を誇る高硬度のデュラテクトGOLD を施している。パイロットウオッチに求められる時刻の正確性、過酷な環境下でも耐えうる仕様に、新たなバリエーションが加わり、エコ・ドライブGPS衛星電波時計F900の世界を広げた。価格は18万5000円+税。
http://citizen.jp/

07/05(Wed) GS スプリングドライブ8Days ぜんまい駆動で最大8日間を実現
440万円の18Kピンクゴールドケース

《セイコー》国産腕時計を代表する「グランドセイコー」(セイコーウオッチ梶jから、高級時計の専門工房「マイクロアーティスト工房」が開発・製造を手がけ、スプリングドライブが持つ優れた潜在能力を最大限に引き出すムーブメント「キャリバー9R01」を18Kピンクゴールドケースに搭載した「スプリングドライブ8Days」の新作が、8月11日より、セイコープレミアムブティックとセイコープレミアムウオッチサロンで、続いて海外市場において発売される。価格は440万円+税。
グランドセイコーは、今年から新たなステージに向かい、Grand Seikoロゴを12時位置に冠するダイヤルデザインに一新するなど、ブランドとしての魅力をさらに高めているところ。
18Kピンクゴールド製ケースは、数トンの圧力をかける冷間鍛造で密度を高めながら形作り、特別なザラツ研磨を施している。これによって、通常の貴金属ケースを上回る平滑面とシャープな稜線を両立するグランドセイコーならではの造形を実現。また、従来ダイヤルの表面仕上げの手法は、めっきか塗装のいずれかが中心だったが、今回のモデルでは、それらの手法を多層的に組み合わせ、特に光を反射しづらいブラックダイヤルにおいても高い視認性を維持しながら、奥行きのある複雑な美しさを実現した。漆黒のダイヤルの奥から無数の粒子状の煌めきが放たれる様は満天の星空を想起させる。そして、そのダイヤル上には、グランドセイコーの代名詞ともいえる多面カットされた太い針が取り付けられている。特に、広いダイヤルの外周にある目盛りまで届く長い分針と秒針は、スプリングドライブならではの潜在能力と、優れた技能を持った時計師の調整によって実現された。
http://www.seiko-watch.co.jp/

07/05(Wed) 銀座のシンボル‘柳’が浮かぶ エレガントな薄型手巻のクレドール
1日1個か2個の少量生産の手作り

《セイコー》高級ウオッチブランド「クレドール」から、国産最薄メカニカルムーブメント「キャリバー68系」を搭載した女性用機械式モデルを7月21日より全国クレドール取扱店で発売する。希望小売価格はGTBE996が210万円+税、GSBE999が125万円+税。
女性による機械式時計の需要が着実に高まりをみせる中、日本女性の手元を引き立てる、薄型の上品なデザインモデルの展開に期待が寄せられる。
クレドールは、日本人の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチのシリーズとして1974年に誕生。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE D’OR)」を意味するその名前に相応しく、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつに至るまで、厳選された素材に名工の技術を注ぎ込み、その美しさと品質を守り続けている。
今回、搭載した小秒針つき「キャリバー6898」は、国産最高級ドレスウオッチのために、実用性のみならず外観の美しさを追求し誕生。厚さ1.98mm(500円玉程度)と極薄ながら、実用的な機能性を高いレベルで確保した画期的な製品として、18Kゴールドケースの時計や七宝のダイヤルを使用した工芸要素のある時計など、高級機械式時計に多く使用されてきた。
構成部品も極薄であるため、雫石高級時計工房において、高度な技能を有する時計師が一貫して組立・調整からケーシングまで手掛けている。部品の形状補正やあがき(部品と部品の間に必要な隙間)調整には100分の1mm単位の精度が求められるため、時計師の手先の感覚のみで最終的な仕上げを行う。そのため、一人の熟練時計師が一日にわずか1個から2個しか組み立てられない、少量生産の手作りである。
ダイヤルには、セイコーの原点であり女性の心が華やぐ街「銀座」をテーマに、シンボルである柳のデザインをあしらった。柳は、柔らかくしなやかなものは、硬いものよりもよく耐え、丈夫なこともあるという例にも使われ、様々なライフスタイルでもしなやかに凛と生きる現代女性を重ね合わせたモチーフとなり、光の加減によって柳のパターンがさりげなく浮かび上がる、上品なデザインとなっている。
30mmの女性の腕に合うよう絶妙に設計された美しい曲線美のケースには、56個のダイヤモンド、存在感を放ちながらも手元を上品に引き立てる。また巻きやすさを配慮した丸みのあるりゅうずや、シースルーバックの裏ぶたなど、手巻の機械式時計を永く楽しめる仕様になっている。
http://www.seiko-watch.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:5