※写真をクリックで拡大します。
Home

09/11(Wed) “G-SHOCK”からサバイバル仕様のタフネスウオッチ“RANGEMAN”
機能や構造、操作性を追求した“Master of G”シリーズの新製品

カシオ計算機は、サバイバルシーンで真価を発揮するトリプルセンサー搭載のタフネスウオッチ『RANGEMAN(レンジマン)GW-9400』(¥50,400と¥52,500)を9月21日から発売する。
この『RANGEMAN GW-9400』は、サバイバルシーンで真価を発揮する機能や構造、操作性を追求した“Master of G”シリーズの新製品で、“G-SHOCK”で初めてトリプルセンサーを搭載。計測した方位・気圧/高度・温度データから、進むべき方向や天候変化などを予測でき、的確な状況判断に役立つ。
また、シリンダー状のケースでボタンを保護する新構造「ボタンガードシリンダー構造」や、引張耐久力の優れた「カーボンファイバーインサートバンド」の採用により、サバイバルシーンで欠かせないタフネス性能も強化した。同時に使いやすさも徹底的に高めており、センサー計測の操作はひとつの専用ボタンに集約。ボタンを押すだけで前回と同じモードで計測が開始され、音で計測モードを把握できる。さらにストップウオッチ機能や、時刻を記録するタイムスタンプ機能もワンタッチで起動できるなど、一刻を争う場面での状況把握や時刻管理が素早く行える。
http://www.casio.co.jp/

09/04(Wed) 『オリエントスター クラシック 手巻きモデル』
シンプルなバーインデックスを採用した現代版アンティーク調ウォッチ

《オリエント時計》 『オリエントスター クラシック 手巻きモデル』 1型2アイテム(¥89,250、¥99,750)を9月28日より全国で発売する。
このたびの新製品は、放射目が、繊細な雰囲気を醸し出すのボンベ文字板と、艶やかな曲線を描く両球面サファイアガラスの組み合わせに、シンプルなバーインデックスを採用した現代版アンティーク調ウォッチ。自動巻では表現できないケースの薄さと軽さは、手巻きならではのデザイン。さらに自らゼンマイを巻き上げることで、機械式時計を所有する喜びを一層感じられる時計となっている。また、細いベゼル縁と長く細い足先がこのモデルのアンティーク感をさらに高めているほか、37.5mmのケースと、ゼンマイの巻き上げやすさを考慮した大きめのりゅうずがクラシックなイメージを演出している。
さらに、機械式時計に強みをもつオリエント時計の代名詞ともいえるパワーリザーブ機能も採用。シンプルなデザインとすることで文字板をすっきりとさせ、上品な印象にした。バンドにはマット調の本ワニ皮革を採用し、高級感を高めると同時に、ケースの肌なじみの良さを一層引き立てている。
http://www.orient-watch.jp/

09/03(Tue) 『オリエント スタイリッシュ&スマートDUAL II(デュアル ツー)』
機械式とクオーツムーブメントを搭載、電池切れでも時計としての機能を維持する

《オリエント時計》 『オリエント スタイリッシュ&スマートDUAL II(デュアル ツー)』 1型4アイテム(¥32,550、¥33,600、¥35,700)を9月21日より全国で発売する。
この新製品の最大の特徴は、ダイヤルの3時位置に機械式ムーブメント、9時位置にクオーツムーブメントを搭載した、デュアルムーブメント方式を採用している点。上下で異なる動力源の駆動ムーブメントを搭載しているため、たとえばクオーツが電池切れで動かなくても、ゼンマイを動力とした機械式が動くことによって、時計としての機能を維持する優れもの。
ケースはシンプルでありながら、43mmの大ぶりなラウンドケースを採用。さらに、3個のりゅうずがデザインにインパクトを与えている。その他、バンドはシンプルな3列駒のメタルバンドに加え、カジュアルファッションのスパイスとなるヌバックレザーを採用。裏ぶたはそれぞれが独立した構造で、別々にメンテナンスが可能となっている。
http://www.orient-watch.jp/

09/03(Tue) 強さと美しさを兼ね備えた耐衝撃ウオッチ“MT-G”
《カシオ計算機》 メタルと樹脂の特長を融合させた耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の“MT-G”シリーズの新製品として、タフネス性能を追求し、メタルのもつ重厚感や上質さを表現した『MTG-S1000』(¥99,750と¥120,750)を10月31日から順次発売する。

今回の『MTG-S1000』は、“G-SHOCK”のタフネス性能とメタルの美しい外観を両立するために、メタルの耐久性を活かした新しい耐衝撃構造「コアガード構造」を採用。モジュールを樹脂製のインナーケースで覆い、ベゼルと裏蓋を4本のパイプで連結したメタルフレームにあたかも浮かせるように収めることで、衝撃からモジュールを守っている。
メタルパーツの採用により、研ぎ澄まされた印象を醸し出すスタイリングを実現。ベゼルやバンドの一部には、ザラツ研磨を施すことでメタルの美しさを引き出した。4層からなる立体的な文字板は重厚感を表現。さらに、エッジが際立つシャープな時字を採用することで、メタルの輝きを感じさせるフェイスに仕上げている。
http://www.casio.co.jp/

08/21(Wed) 和田智氏による「W(ダブリュ)」シリーズに新色2モデル登場
ISSEY MIYAKEウオッチ

 セイコーネクステージ鰍ヘ、ISSEY MIYAKEウオッチ プロジェクトから、日本を代表するカーデザイナー、和田智氏による「W(ダブリュ)」シリーズに、白い文字板にすっきりとしたブルー秒針を使った新色2モデル(45,150円と39,900円)を9月中旬に発売する。
「W」シリーズは、独アウディ社において多くのシリーズを手掛けた和田智氏とのコラボレーションにより、自動車の計器類やアルミホイールからインスパイアされた文字板やケースなど、カーデザインの要素を取り入れる一方、無駄のない落ち着いたダイアルデザインなど、日本のミニマルな美しさを追求したクロノグラフウオッチ。
今回新たに追加するのは、日本伝統の美しい白仕上げの文字板に、静寂の夜明けの空をイメージしたサイレント・ブルーの秒針を組み合わせた新色モデル。これまでの「W」シリーズが持つ躍動感や力強さに、落ち着いた色合いのエレガントさを融合させた魅力溢れるモデルとなっている。
http://www.seiko-nextage.com/

08/01(Thu) ロンジンスポーツコレクション『ハイドロコンクエスト』
2007年に発表したデザインをリファインしたダイバーに相応しいコレクション

 「ハイドロコンクェスト」シリーズは、ウォータースポーツに情熱を傾ける人々やダイバーに相応しいコレクションで、エレガントさと優れた性能を併せ持つタイムピースを求める人たちのために生まれた。2007年に発表したハイドロコンクェストのデザインをリファインし、ダイビングの世界に色彩豊なパフォーマンスを有するモデル。
ねじ込み式リューズとねじ込み式裏蓋、そしてリューズプロテクター付きのこのタイムピースは30気圧(300M)防水機能も兼備えている。全てのモデルは、スーパールミノバの発光によりあらゆる状況下でも読みやすい針となっており、レッド・ブラック・ブルーの逆回転防止ベゼル、ダイビング用一体型延長ピース付き二重安全バックルを備え、妥協のない安全性を実現するプロテクションは、静寂に包まれた水の世界と調和する、パフォーマンスとエレガンスの融合。
 新モデルは、丸型スティールケースでケース径は直径39mmと41mm。3針モデルにはオートマティック又はクオーツムーブメントを搭載「ハイドロコンクェストクロノグラフ」には、ETA がロンジンのために特別に開発したL688.2 コラムホイールまたはクオーツムーブメントを搭載している。ダイヤルは、ブラック、ホワイト、ブルー、モデルによってレッドのアクセントが入り、8〜11 個のアラビア数字インデックス。ブレスレットは、スティールまたはブラックラバーストラップ モデルをラインナップ。価格は¥252,500(税込)。
http://www.longines.jp

07/26(Fri) 心地よい電波めざまし時計の『スーパークリアトーン』
全く新しいカタチの大音量デジタルサウンド

リズム時計工業鰍ヘ、大音量でありながら心地よい音色を響かせる電波めざまし時計『スーパークリアトーンF』(¥5,250)を7月25日から発売した。
従来の大音量のイメージと言えば、けたたましく鳴るベル音が特長だったが、この商品はクリアな電子音を響かせる全く新しいカタチの大音量デジタルサウンドめざまし時計。
アラームを好きな音や音量に合わせ、平日と休日を使い分ける。又、アラーム時刻が液晶下部に常に表示されているので時刻確認も簡単。
カレンダー、温度・湿度、もちろん電波時計なので時刻合わせも不要。子供から年寄りまで毎日使うもので、便利なだけでなく心地よい目覚めを求めている。
http://www.rhythm.co.jp/

07/18(Thu) 進化するタフネス性能を表現した“G-SHOCK”30周年記念モデル
初代“G-SHOCK”の角型フォルム「GW-M5610」と「DW-6900」をベースモデルに採用

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の30周年記念モデルとして耐久性に優れた“カーボンファイバーインサートバンド”を採用することでタフネス性能を追求する“G-SHOCK”の精神を色濃く反映した『Thirty Stars(サーティスターズ)』(¥34,650と¥25,200)を8月9日から発売する。
 今回の『Thirty Stars』は、初代“G-SHOCK”の角型フォルムを受け継いだ「GW-M5610」と国内外で絶大な人気を誇る「DW-6900」をベースモデルに採用。常に進化する “G-SHOCK”のタフネス性能を表現した30周年記念のスペシャルモデル。高い強度を持つカーボンファイバー(炭素繊維)を織り込み、樹脂に封入する“カーボンファイバーインサートバンド”を採用。進化するタフネス性能を強靭なバンドで表現した。
 両モデルともに“G-SHOCK”を象徴するブラックに、華やかさを際立たせるゴールドを随所にデザインしている。また、カーボンファイバー製のシート上に30周年の記念ロゴや30個のスターマーク、「SINCE 1983」、さらに「G-SHOCK」のロゴをレイアウトし、樹脂素材で挟みこむ最新のバンド成型技術を採用。写真はGW-M5630D¥34,650。
http://www.casio.co.jp/

06/05(Wed) シチズン『クロスシー』よりパッピーサマーをテーマにした夏のスペシャルモデル登場
小ぶりなケースデザインで、華奢な女性の腕元を美しく見せてくれる

《シチズン時計》 20〜30代のアクティブに働く女性に向けた「高機能ファッションウオッチ」として新しい価値観を提案する『シチズン xC(クロスシー)』より、2013年夏の限定モデル2モデル(各¥73,500)を7月5日発売する。※価格は未定。発売日、限定数は予定。このモデルは、「ハッピーサマー」をテーマに夏のさわやかさと大人の可愛らしさをダイヤモンドの輝きと共に表現している。ラウンドモデルはハートと虹を、トノーモデルではハートとさざ波をモチーフにした夏らしくハッピーなデザインが特徴。
機能面では、定期的な電池交換と時刻合わせのいらないエコ・ドライブ電波時計を採用。高機能ながらも小ぶりなケースデザインで、華奢な女性の腕元を美しく見せてくれる。ダイヤモンドを贅沢にあしらい、仕事をがんばる自分へのご褒美として、またプレゼントにもオススメ。左: ES8070-53A 右: ES8055-57W 各\73,500
http://citizen.jp/

05/23(Thu) 計測精度を備えた小型・軽量の“PRO TREK”
方位・気圧/高度・温度を素早く正確に表示

《カシオ計算機》 アウトドアウオッチ“PRO TREK(プロトレック)”の新製品として、方位・気圧/高度・温度をより素早く正確に計測・表示する『PRW-3000』(4モデル:¥42,000)を6月28日から発売する。新製品の『PRW-3000』は、2002年以来となる方位・気圧/高度・温度の計測システムを刷新。センサー、アルゴリズム、LSIなどを見直した新しい計測システム「Triple Sensor Ver.3」を採用し、“PRO TREK”シリーズ最高の計測性能を備えた。
方位計測は、連続計測時間を20秒から60秒に延長し、地図読みやルートファインディングにおける実用性を格段に高めている。また、高度計測では、計測時間を5秒から1秒に大幅に短縮するとともに、計測単位も5mから1mに向上した。
見やすい大画面の液晶はそのままに、ケースの小型化と軽量化を実現。男女問わず腕にフィットしやすいサイズに仕上げている。また、直感的に操作できるよう、方位・高度・気圧を表すアイコンを各ダイレクトボタン近くにあしらっており、機能性と使い勝手の両方面から進化を遂げている。写真は、PRW-3000-1JF。
http://www.casio.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:32