※写真をクリックで拡大します。
Home

12/21(Thu)"G-SHOCK"誕生35周年記念モデル「RED OUT」
ブランドを象徴するレッドを全面に採用

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”が2018年4月に誕生35周年を迎えるにあたり、その記念モデルとして、ブランドを象徴するレッドで全体を統一した『RED OUT(レッドアウト)』(5モデル)を1月19日に発売する。
“G-SHOCK”は、開発者が身につけていた腕時計を落として壊してしまったことがきっかけとなり、「落としても壊れない丈夫な時計」を生み出すべく、1981年に開発がスタ―トした。腕時計は壊れやすく丁寧に扱うことが当たり前だった時代に、これまでにない時計を実現するため、200以上もの試作機と2年の歳月をかけて1983年に耐衝撃構造を備えた初代モデルが誕生。以降、ブランドコンセプトである「Absolute Toughness」を軸に、常に常識を覆す新しい製品を生み出してきた。今では、世界中で広く受け入れられ、2017年8月には世界累計出荷台数1億個を達成した。
今回紹介する35周年記念モデル『RED OUT』は、粒子を塗料に混ぜ込むことで光沢感を抑える新たな塗装技術を用いることにより実現したマットなレッドをボディ全体に使用している。さらには、液晶部分までもレッドを採用。裏蓋や遊環などのメタルパーツにはブラックを施し全体をまとめ上げた。35年間タフネスを追い求めて進化し続け、またこれからも新しい価値を生み出し続けていくG-SHOCKのアイデンティティを大胆に表現したもの。
裏蓋には、世界的に有名なグラフィックアーティスト、エリック・ヘイズ氏が手がけた35周年記念ロゴを、そして遊環には“35”を表すスターマークを刻印している。G-SHOCKのブランドコンセプトである「Absolute Toughness」をデザイン・カラーリングにより体現したスペシャルなモデルに仕上げた。
価格は、¥16,500〜¥28,000+税。
https://www.casio.co.jp/release/2017/1221_redout/

12/19(Tue) 「桜空」をテーマにした女性向けメカニカルウオッチ
替えバンド付きの繊細な限定モデルが登場
《シチズン時計》 『シチズンコレクション』から「桜空」をテーマにした女性向けメカニカルウオッチ2モデル(¥54,000〜55,000+税)を1月18日(木)に数量限定(各モデル2,000本)で発売する。
お求めやすい価格で、どんなシーンにも合わせやすいベーシックデザインの腕時計を提案する「シチズンコレクション」から、風に優しく揺れる桜の花びらと、薄日が指す日本の春の空「桜空」をイージした、女性向けメカニカルウオッチが数量限定で登場する。
シルバーとピンクゴールドを組み合わせたケースに、淡く桜の花びらをプリントした、艶やかな白蝶貝の文字板を組み合わせて、繊細な日本の春を表現している。
12時〜5時にはローマ字インデックスを、6時から11時にはスワロフスキー®・クリスタルを使用し、繊細で控えめながらも華やかな雰囲気にまとめている。また、PD7166-54Yは7時の位置に、桜色のスワロフスキー®・クリスタルをセットした桜モチーフのインデックスを配置している。一方、PC1006-50Yは7時位置に桜の花の形のオープンハートの小窓付き。両モデル共シースルーバックを採用し、時計のメカニカルな動きを見ることが出来る。
ワインレッドのワニ革の替えバンド付きなので、1本の時計で異なる雰囲気を楽しめる。 桜がデザインされた専用ボックス付きで、ギフト用として、また日本のお土産として最適。
http://citizen.jp/news/2017/20171219.html

12/14(Thu) メゾン ラデュレとシチズン時計がラデュレの世界観を表現した 時計のコレクションを
スクレ・ラデュレ♥ウィッカ ウオッチコレクション

シチズン時計鰍ヘ、1862年創業以来、世界中で多くの人々に愛されてきた老舗パティスリー「ラデュレ」が展開する「スクレ・ラデュレ」と新たにラデュレの世界観を表現した時計のコレクションを2018年1月1日から1999年に誕生したウォッチブランド「wicca」で発売(各モデルとも¥27,000+税)する。
スクレ・ラデュレのコレクションは、ラデュレの美食と深く繋がっていて、 時空を超えた旅に持つ人を誘ってくれる。
今回のコラボレーションを通じて 「wicca」が今まで表現したことのない新しいかわいさを提案している。 この限定コレクションは今までにないときめきとエレガンスを日常に与えてくれる。写真は、上段 KK3-310-12 、下段右 KK3-310-10 、下段左 KK3-310-14。
http://citizen.jp/news/2017/images/pdf/20171214.pdf

11/27(Mon) 圧倒的人気の「ライデン」シリーズから新モデルが登場
鳴り始めは優しく、最後はしっかり大音量!

《セイコークロック》 来年で発売30周年を迎えた大音量目ざまし時計「ライデン」シリーズからテンポが徐々に速くなる新しいアラーム音を搭載した新製品2モデル(¥5,000+税)を12月8日より販売する。
今回搭載したアラーム音は、「いきなり大きい音で起こされるのは苦手。でも寝坊はしたくない!」という人へ向けた朝の強い味方。鳴り始めはゆっくりとしたテンポで、その後3段階でテンポが速くなり、最後は「ライデン」シリーズの特長である大迫力の連続ベル音でしっかり起こす。(鳴り始めから約14秒で連続ベル音になる)
大音量の象徴ともいえる左右の大型ベルをカバーで覆い、よりスタイリッシュなフォルムに仕上げており、黒やグレーを基調としたボディに蛍光カラーの差し色を効かせたスポーティなカラーリングも魅力。
2段階の音量切替、なめらかな動きの連続秒針(スイープ秒針)、止めてもまた鳴るスヌーズ、ライトつきと機能満載。また、アラームが鳴りだしてから約5分間で自動的に止まるアラームオートストップ機能つきなので鳴りっぱなしの心配もない。
https://www.seiko-clock.co.jp/news/2017/20171127.html

11/20(Mon) カクテルからインスパイアされた本格機械式時計「セイコープレサージュ」
STAR BAR限定モデル

《セイコー》 本格機械式時計ブランド「セイコー プレザージュ」から、バーテンダーとして初めて現代の名工に選ばれた銀座STAR BARオーナーの岸久(きしひさし)氏が考案した美しい日本の情景を映す「Starlight」と「Sakura Fubuki」の2つのカクテルからインスパイアされた数量限定モデル4機種が、11月から2018年1月にかけて全国で発売される。希望小売価格は4万5000円〜6万円+税。
元来、腕時計とBAR文化は静かに時の流れを楽しむ男の趣味と言う共通の世界観を持ち、高い親和性がある。また、バーテンダーとして初めて現代の名工を受章した岸氏の匠の技によって生み出される繊細で美しいカクテルは、日本の真摯なものづくりそのものであり、機械式時計作りとも多くの共通点を見い出すことができる。
バーテンダーの頂点を極めたように思われる世界最高峰のバーテンダー岸氏だが、その地位と名誉に甘んじることなく、今もなおカクテル作りの技術を探求し続け、世界中のBARシーンに影響を与えている姿勢に、機械式時計作りの伝統を重んじつつ、新たな価値の探求を掲げるブランド・アイデンティティが共鳴したことで、今回のSTAR BAR 限定モデルが誕生した。
無数の星が瞬く夜空を想起させるカクテル「Starlight」からインスパイアされたSARY085,087は、精緻な型打ちパターンとネイビーのグラデーション塗装により、星が瞬く夜空を表現する。舞い散る桜を表現したカクテル「Sakura Fubuki」からインスパイアされたSARY089,091は、ダイヤルの中心から放射状に広がる花びらのような型打ちパターンと光の加減によってわずかにピンクに色づくシルバー色のダイヤルが魅力となる
https://www.seiko-watch.co.jp/

11/20(Mon) シチズンからエコ・ドライブBluetoothに新作
「太陽」がカラーリングテーマ

《シチズン》 スマートフォンとリンクする光発電エコ・ドライブ搭載のアナログ腕時計「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth」の新作2モデルが、「太陽」をカラーリングテーマに11月17日に発売される。希望小売価格は、8万円+税と8万5000円+税。
2016年12月に数量限定で発売されたエコ・ドライブBluetoothモデルは、グッドデザイン賞を受賞。電話やメールの着信を知らせる通知機能はじめ、ケーブルによる充電の煩わしさから解放される光発電エコ・ドライブなど厳選された機能のほか、シチズン独自に開発されたアプリケーションにより、アラームや時差修正などを直感的に操作できることが高い評価となっている。
http://citizen.jp/

11/20(MOn) セイコーが「東京マラソン2018」限定モデル発売
大会唯一として大きな注目を集める

《セイコー》 「東京マラソン2018」の開催を記念した限定ランニングウオッチ2機種が11月24日より、全国の時計販売店・大手量販店・スポーツショップで販売される。
同マラソンの公式時計を担当するのはセイコーウオッチ梶B同社の本格スポーツウオッチブランド「セイコー プロスペックス」のランニングウオッチシリーズ「スーパーランナーズ」から、各色限定800本で販売される。希望小売価格は1万6000円+税。また、東京ビックサイトで開催される「東京マラソンEXPO2018」のセイコーブースに於いても、2月22日〜24日の3日間に渡って販売する。
進化し続ける東京マラソンは、フルマラソンで32万人以上(約12.1倍)の応募が寄せられるなど、日本だけでなく、アジアや世界中から集まったランナーが競う日本最大の市民マラソン。セイコーは第1回大会からオフィシャルタイマーとして計時協賛を行い、大会を支援している。この晴れの日に首都・東京を走り抜ける多くのランナーへ贈る、唯一の大会公式ロゴマーク入り限定ランニングウオッチとして、毎年大きな注目を集めている。
https://www.seiko-watch.co.jp/

11/20(Mon) 365色表示イロリアシリーズにコンパクトタイプのNEWモデルが登場
リズム時計「Iroria M(イロリア エム)」発売

《リズム時計工業》 カラー表示デジタルクロック「Iroria M(イロリア エム)」を、11月21日から発売する。
このIroriaシリーズは、フルカラーLEDをバックライトに採用することにより、多彩な表示色を設定でき、好みのカラーで使えるのが特徴。また、枕元のスペースを取らないコンパクトなサイズながらも、時刻やカレンダー表示自体が発光しているので、小さくても昼夜を問わず高い視認性を誇る。

さらに本機に搭載されているリズム時計社独自機能「オーロラグラデーション」は、内蔵されている各LEDの色を時間差で制御することにより、まるでオーロラを見ているかのように、
流れる色の変化を楽める。
http://www.rhythm.co.jp/

11/10(Fri) スマートフォンとリンクするアナログ腕時計エコ・ドライブ Bluetooth
「太陽」をカラーリングテーマとした2モデルが登場

《シチズン時計》 スマートフォンとリンクする光発電エコ・ドライブ搭載のアナログ腕時計「エコ・ドライブ Bluetooth」の新作2モデル(80,000円+税、85,000円+税)を11月17日に発売する。
2016年12月に発売したエコ・ドライブ Bluetoothの数量限定モデルは、先鋭的なデザインと使い勝手の良さから、グッドデザイン賞を受賞。電話やメールの着信を知らせる着信通知機能や、ケーブルによる充電のわずらわしさからユーザーを解放する、光発電エコ・ドライブなど厳選した機能を搭載している。さらにシチズンが独自に開発したアプリケーションにより、直感的な設定操作にてアラームや時差修正などの設定を可能にした。エコ・ドライブ Bluetoothはこれらの機能とデザインで、コネクテッドウオッチ市場に独自のポジションを作り出している。今回は2016年の数量限定モデルをベースにして、光発電エコ・ドライブを象徴する「太陽」をカラーリングテーマにデザインした。
カラーリングテーマは、光で発電し可動するエコ・ドライブを象徴する「太陽」。BZ1025-02Fは太陽が創りだす情景の中から、新しい一日が始まる日の出をイメージしてデザイン。朝日の光をオレンジで、日の光を受けて逆光になる地上の風景をブラックで表現している。BZ1024-05Eは金環日食時に現れる光の輪をピンクゴールドで、太陽の光で逆光となる月と周りの情景をブラックで表現している。
エコ・ドライブ Bluetoothはアナログ時計としての美しさを保ちながら、スマートフォンとつながることで、腕時計がより便利になる機能を搭載している。公式アプリをインストールすることで、腕時計がスマートフォンとリンクし、自動時刻修正はもちろん、世界316都市への時刻修正が可能。また、着信やメール受信、LINEなどの主要SNSのメッセージも「針の動き」や「音」、「振動」で知らせることができる。そしてこの製品の最大の特長は、太陽光や部屋のわずかな光で充電し、時計を動かす光発電エコ・ドライブであること。一度フル充電すれば最大約4年可動(パワーセーブ作動時)するので、定期的な電池交換やケーブルによる日々の充電から人々を解放する。
http://citizen.jp/

11/10(Fri) どこからでも正確に時刻を確認できる「教室の時計」を発売
教室のみならず、オフィスや工場などにもおすすめの掛時計

《セイコークロック》 主に学校や学習塾などの教室での使用に向けて、針や目盛の形状、数字の書体を徹底的に追求することで視認性を高めた掛時計「教室の時計」3機種を11月24日より販売する。教室のみならず、オフィスや工場などにもおすすめの掛時計といえる。
特徴としては、@クロック専用のUDフォントを、フォントメーカーのフォントワークス鰍ニ共同開発、判読性を追求した誰でも読みやすいフォントとなっている。Aデザイン上のポイントとして「3」「6」「9」は「アキ」を広く設計することでより判読しやすくした。B分針と目盛の高さを合わせることで、教室のどの場所からでも正確な時刻を読み取りやすくした。C同一デザインで「衛星電波受信」、「標準電波受信」、「クオーツ」の3種類を選べる。D万が一落下しても割れにくいアクリルカバーを採用し、透明度が高い点も特長。E電池寿命は約5年でグリーン購入法適合商品であり、環境負荷低減にも配慮している。価格は、¥25,000、¥20,000、¥12,000+税。
https://www.seiko-clock.co.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:9