※写真をクリックで拡大します。
Home

03/31(Fri) <セイコー セレクション>より、カーネーションカラーで気持ちを伝える
ソーラー電波ウオッチ“Thanks M♡M Special Limited Edition 2017”を発売

《セイコーウオッチ》 <セイコー セレクション>より「母の日」ギフトに最適なソーラー電波機能搭載の限定モデル「Thanks M♡M Special Limited Edition 2017」(36,000円+税)を4月21日(金)より全国で発売する。日本国内における販売数量は、母(はは)の日にちなみ限定880本。
今年の母の日限定モデルは、光をエネルギーに換えるソーラー充電機能と、世界4エリア5局(日本2局・中国・アメリカ・ドイツ)の電波受信機能を備えたソーラー電波モデル。電池交換はもちろんのこと、自動で正しい時刻を受信し時刻合わせの必要がないため、何かと忙しいお母さんへの贈り物にぴったり。美しい白蝶貝ダイヤルと、カーネーションをイメージした赤いレザーストラップで、大切なお母さんに日頃の感謝の気持ちを伝伝えるには最適な贈り物といえそうだ。
http://www.seiko-watch.co.jp/

03/31(Fri) 『シチズンコレクション』高品質薄型時計ペアモデル
「母の日」「父の日」のプレゼントに!

《シチズン時計》 手ごろな価格帯で機能性も備えたシチズンブランドのエントリーライン『シチズンコレクション』からシンプルなデザインで、光発電「エコ・ドライブ」やユーザー自身でバンド調整が可能なシンプルアジャストなど便利な機能を搭載した新作薄型ペアモデル(各¥28,000+税)を4月27日(木)に発売する。
この新作は、小振りで薄く軽やかな装着感、上品で落ち着いたデザイン、ユーザー自身でバンド調整ができる「シンプルアジャスト機能」そして求めやすい価格、といった特長をあわせ持つ、光発電「エコ・ドライブ」を搭載するモデル。シンプルで使う人を選ばないので「母の日」「父の日」などのプレゼントにも最適。
「小さく、薄く」のトレンドを受け、ケース径が男性用37.2mmと女性用27.7mmと小振りなサイズで、どちらも7.1mm厚の薄型です。ユーザー自身がバンドの長さを手軽に調整できる「シンプルアジャスト」を備えているので、プレゼントされたり、オンラインストアで購入してもすぐに調整して装着できる。
文字板は、視認性に優れるシンプルな3針とローマンインデックスを採用。見返し部分に合わせて、サンレイ・フィニッシュと呼ばれる放射線状の加工を施すことで、広く見える文字板デザインに仕上げました。
また、ベゼル部分をピンクゴールドに、見返し部分やケースをシルバーにした、控えめでさり気無いコンビネーションのカラーリングを施すことで、落ち着いた雰囲気を作り上げている。
http://citizen.jp/

03/03(Fri) 簡単にベルトカラーが切り替えられるリバーシブルストラップが登場
『CARAVELLE NEW YORK(キャラベル ニューヨーク)』

《シチズン時計》 グループ会社であるブローバ社(本社:米国ニューヨーク、社長:ジェフリー・コーエン)が手掛けるニューヨーク発のファッションウオッチ「CARAVELLE NEW YORK(キャラベル ニューヨーク)」より、くるりと回すだけで簡単にベルトが切り替えられるリバーシブルストラップ仕様の新作ウオッチ2モデルを含む新作6モデル(13,000円〜19,000円+税)を3月16日より発売する。
今回の新作は、ケースとバンドの接合部分をくるりと回すだけで、簡単にバンドのカラーを切り替えられるリバーシブルストラップモデルが登場!クロコダイルの型押しカーフレザーバンドはピンク/ホワイトまたはブラック/ホワイトの組み合わせで、ファッションに合わせて4通りの着用シーンを楽しむことができる。
2017年春のデザインテーマは「BLUSH(頬を赤らめる)」と「BLACK&WHITE」。ピンクトーンを基調に、クリスタルストーンやセラミックを使用した華やかな3モデルと、モノトーンカラーで洗練された大人の女性を演出する3モデルの計6モデル展開で、ファッションに合わせて時計選びを楽しむことができる。
http://citizen.jp/

03/03(Fri) 新世代モジュール『Connected エンジン 3-way』を開発
世界初、全世界をカバーする3つの時刻取得システムを搭載

《カシオ計算機》 カシオ計算機の最先端技術を結集し、世界で初めて3つの時刻取得システムを搭載した新世代モジュール『Connected エンジン 3-way』を開発した。
同社は1974年、時間を1秒1秒の積み重ねの計算であるととらえ、それまで培ってきた計算機開発の技術を応用して世界初のオートカレンダーを搭載した「カシオトロン」を発売し、時計市場に参入。停止することなく自動的に正しい時刻、カレンダー(月・日・曜日)を表示する「完全自動腕時計」の実現を目指した開発思想は、現在も脈々と受け継がれている。
今回新たに開発した『Connected エンジン 3-way』は、全世界で常に正しい時刻を表示する「完全自動腕時計」を目指し、世界で初めて標準電波とGPS衛星電波の受信に、スマートフォンを介したタイムサーバー接続を加えた3つの時刻取得システムを採用したモジュール。新たに構築した独自のシステムにより、スマートフォンを経由してサマータイムやタイムゾーンの情報も自動更新することで、時計の内蔵データを最新の状態に保っている。
同社が得意とする省電力化技術により、GPS衛星電波受信システムを従来の1/4に省電力化し、小型の二次電池の使用を可能とした。また、GPSアンテナの感度を高めつつ小型化しながら、3つの受信システムが干渉せず、効率良く実装できる2枚基板実装構造を採用。2つのDual Coilモーターを含む6つのモーターを搭載するとともに、信頼性を高める耐磁板をモジュール内に配置してJIS1種の耐磁性能も備えながら、従来比90%の薄型化を実現している。
http://www.casio.co.jp/

03/03(Fri) 3つの時刻取得システム搭載した“G-SHOCK”
全世界をカバーする「Connectedエンジン3-way」を搭載

《カシオ計算機》 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、航空コンセプトの“GRAVITYMASTER”シリーズの新製品として、内蔵のタイムゾーンとサマータイム情報を自動更新し、全世界で正確な時刻を表示するBluetooth®搭載GPSハイブリッド電波ソーラーウオッチ『GPW-2000』を5月19日より発売する。
この新製品は、世界中どこにいても常に正しい時を刻み続けるための最新モジュール「Connectedエンジン 3-way」を搭載した。世界で初めて標準電波とGPS衛星電波の受信に、スマートフォンを介したタイムサーバー接続を加えた3つの時刻取得システムを採用。新たに構築した独自のシステムにより、スマートフォンを経由してサマータイムやタイムゾーンの情報も自動更新することで、時計の内蔵データを最新の状態に保っている。
今回、航空コンセプトの“G-SHOCK”として、その世界観をデザインや性能面でも表現している。文字板は航空機の計器をモチーフとし、取得した位置情報から緯度を9時側インダイアル、経度を6時側に設けた小窓で簡易的に表示する。また、時計側のボタンを押した際の地点情報を時刻情報とともにスマートフォンの地図上に表示できるフライトログ機能を搭載した。
構造面では、振動の影響によって緩むビスを、バンドを固定するパーツとして使用せず、バンドをファインレジンのシャフトカバーと、カーボンファイバーを封入したファインレジンのパーツで固定するビスレス方式を採用している。
もちろん、衝撃、遠心重力、振動の3つの重力加速度に耐える“TRIPLE G RESIST”、引張耐久力の高い“カーボンファイバーインサートバンド”、JIS1種に準拠した耐磁性能など、過酷な環境に耐え得るタフネス性能も充実。ブランドのアイデンティティである「タフ」を、構造、機能、デザインなどあらゆる面で体現している。
http://www.casio.co.jp/

03/03(Fri) BLOOMのアニマルモチーフジュエリーに新アニマル登場!
海のラッキーアニマル「サメ」「カメ」で“私らしい私”を

《BLOOM》 ジュエリー・アクセサリー販売のBLOOMは、昨年の11月に発売した新シリーズ「ラッキーアニマルモチーフ」のジュエリーに新たに海のラッキーアニマル「サメ」と「カメ」が加わり、販売をスタートした。
このシリーズは、見た目の可愛さから人気のアニマルモチーフに、それぞれがもつ特長や言い伝えから素敵な意味をプラスしたもの。ファッションを楽しみつつジュエリーから幸せのパワーをもらって、さらに私らしく輝きつづけて欲しいという想いをこめている。ラッキーアニマルは、はるか昔から幸せを運ぶモチーフとして愛されてきた動物から今を生きる女性への贈り物。昨年発売したゾウ・ハリネズミ・フクロウ・ヘビのモチーフに続き、これからのシーズンにぴったりの「サメ」「カメ」が登場する。素材は、K10YGで、価格は¥13,000〜+税。
http://bloomonline.jp

03/03(Fri) 生活防水仕様Bluetooth®オーディオバスクロック
「アクアプルーフ ミュージック」発売

《リズム時計》 生活防水仕様のBluetooth®オーディオバスクロック「アクアプルーフ ミュージック」(¥10,000+税)を3月10日から発売する。

この商品は、スマートフォンなどのBluetooth®対応端末とこの製品を無線接続することで、端末内の音楽やラジオなどを楽しめるBluetooth®オーディオクロック。シャワーなどの水しぶきが掛かっても安心な「IPX4」相当の防水性能を持っているので、お風呂をはじめとした水廻りでの使用に最適。本体から音量調節や曲送りなどの操作ができるので、スマートフォンを脱衣スペースに置いたままでも快適にご使用できる。また、タイマー機能がついており、音楽を流していてもカウントダウンのアラーム音が優先的に鳴るようになっているので、音楽を聴きながらでも、半身浴の時間をきっちり管理したり、料理の時間を測ったりすることができる優れもの。
電源は、「製品としてできるだけ長く使ってもらいたい」という思いから、あえて内蔵充電池を使わず、乾電池式としている。電池が消耗してしまった場合でも、自分で電池交換ができ、交換さえすれば長く使える仕様とした。
しっかりとした時間管理の中、水廻りでも音楽やラジオ、語学学習などを楽しみたい人へぴったりな商品と言えそうだ。
http://www.rhythm.co.jp/

03/01(Wed) 『CARAVELLE NEW YORK(キャラベル ニューヨーク)』新作
ベルトカラーが切り替えられるリバーシブルストラップが登場!

《シチズン時計》 グループ会社であるブローバ社(本社:米国ニューヨーク、社長:ジェフリー・コーエン)が手掛けるニューヨーク発のファッションウオッチ「CARAVELLE NEW YORK(キャラベル ニューヨーク)」より、くるりと回すだけで簡単にベルトが切り替えられるリバーシブルストラップ仕様の新作ウオッチ2モデルを含む新作6モデル(13,000円〜19,000円+税)を3月16日(木)から発売する。
2017年春の新作は、ケースとバンドの接合部分をくるりと回すだけで、簡単にバンドのカラーを切り替えられるリバーシブルストラップモデルが登場!クロコダイルの型押しカーフレザーバンドはピンク/ホワイトまたはブラック/ホワイトの組み合わせで、ファッションに合わせて4通りの着用シーンを楽しむことができる。
2017年春のデザインテーマは「BLUSH(頬を赤らめる)」と「BLACK&WHITE」。ピンクトーンを基調に、クリスタルストーンやセラミックを使用した華やかな3モデルと、モノトーンカラーで洗練された大人の女性を演出する3モデルの計6モデル展開で、ファッションに合わせて時計選びを楽しむことができる。
http://citizen.jp/

02/23(Thu) 『オリエント ネオセブンティーズ ホライズン』ニューカラー登場
70年代の味わいを表現したソーラークロノグラフに2つの新色を追加

《オリエント時計》 『ネオセブンティーズ ホライズン』の新色1型2モデルを3月10日より全国で発売する。「Neo 70's(ネオセブンティーズ)」は、オリエント時計が1970年代に発表した機械式時計のテイストを、現代的なデザインや色使いで再構築したクォーツ時計のシリーズで、2010年の発売以来、遊び心溢れる様々なカジュアルウオッチを提案してきた。
なかでも『ネオセブンティーズ ホライズン』は、エッジを効かせた42mmのラウンド型ケースが力強い印象を与えてくれる人気のソーラークロノグラフ。2時と4時位置のプッシュンボタンを小ぶりにすることで、ケースの存在感を保ちつつもスマートに身に着けられるようなデザインになっている。金属ダイヤルには、モデル名の地平線(Horizon)をイメージした水平ラインの仕上げ分けや中心が凹んだ6角形の立体的なインデックスをあしらった。立体感と重厚感に溢れ、70年代の時計を彷彿とさせる懐旧デザインといえよう。
そんな個性的な同モデルに2つの新色が加わった。ひとつは同モデルでは初採用となるブラックケースに、鮮やかなブルーの文字板が目を引く。ブラックのメタルバンドは艶消し仕様にし、インデックスの鏡面を引き立てている。もうひとつの新色は、ブラック文字板にゴールドを合わせた70年代風のカラーを。カジュアルからスーツスタイルまで、幅広いシーンに対応できるカラーモデルとなっている。
http://www.orient-watch.jp/

02/22(Wed) ダブルダイレクトフライトを搭載した光発電エコ・ドライブ電波時計上位モデル
『シチズン アテッサ』3月3日発売予定

《シチズン時計》 『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』から、簡単な操作で都市の時刻とカレンダーを切り替え、さらに2つの時刻を表示するデュアルタイム機能で定評のあるダブルダイレクトフライト機能を搭載した光発電エコ・ドライブ電波時計3モデル(140,000円+税、145,000円+税)を3月3日に発売する。
現在、アテッサの最上位機種であるGPS衛星電波時計が好評されている一方で、ダイレクトフライト機能を搭載したエコ・ドライブ電波時計も根強い人気を博している。ソーラー電波時計の市場では、電池交換不要のエコ・ドライブと常に正確な時を表示する電波時計の利便性に加え、高い質感やデザイン性、そしてステイタスを求める傾向が強くなっている。これを受けて新モデルでは、シチズン独自の技術で誕生したダブルダイレクトフライト機能を搭載。従来の直線を活かしたデザインをベースに光発電エコ・ドライブの発電部分となる文字板へと光を導く「光の軌跡」をテーマにケースとブレスレットを新たにデザイン。ブレスレットのセンターにV字の溝を設け、そのV字がブレスレットから12角形で構成されるベゼル、そして文字板へと光を導くデザインとなっている。さらに、複雑な形状にも関わらずシチズン独自のスーパーチタニウム™、そして高度な加工技術により上質感のある時計を完成させている。
文字板は、ブラック×シルバー、ブルー×シルバーに加えて、ブラック×ゴールドもラインナップ。幅広い年齢層、またスーツからカジュアルまでコーディネイトしやすい豊富なカラーバリエーションにより、機能面での価値に加えて、デザインと品質の高さを実感できるモデルとなっている。
http://citizen.jp/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:14