※写真をクリックで拡大します。
Home

04/27(Wed) ブーケをイメージしたソーラーウオッチ『イオ ブーケ(ソーラー)』発売
アクセサリー感覚で身に着けられる「スイートジュエリー」シリーズ
《オリエント時計》 アクセサリー感覚で身に着けられる「スイートジュエリー」シリーズの新作ソーラーウオッチ『イオ ブーケ(ソーラー)』1型3アイテム(32,000円+税、30,000円+税)を5月20日より全国で発売する。今回発売する新製品は、華やかなブーケの花々をイメージし、色とりどりのスワロフスキー・クリスタルをセット。トノー型ケースの上下に10石を、そしてリュウズに1石をあしらっている。文字板のアラビア数字とドットのインデックスがフェミニンな印象に。ブレスレットタイプのバンド中央に入るラインが、清楚なイメージを醸し出している。
カラーバリエーションは全3色。華やかなピンクゴールド、シャンパンゴールドのそれぞれのケースにはホワイトのダイヤルを。ステンレススチールのケースには、ピンクのダイヤルを組み合わせた。各アイテムともスワロフスキー・クリスタルの輝きと好相性な色合いとなっている。
http://www.orient-watch.jp/

04/20(Wed) 地球モチーフのインダイヤルを採用した“EDIFICE”
時刻取得システムと連携するスマートフォンリンクモデル

《カシオ計算機》 ダイナミックなデザインと先進テクノロジーを兼ね備えた高機能ウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、スマートフォンと連携する新製品として、地球モチーフの立体インダイアルを新たに開発し、ワールドタイム機能の独創的な表現を実現した『EQB-600D』を5月14日より発売する。価格は50,000円+税。
この新製品は、地球をモチーフにしたドーム型立体インダイアル「3D Globe Dial」を採用し、ワールドタイム機能を目で見て楽しむという発想のもと開発した。
「3D Globe Dial」は、8時側のインダイアルで設定したワールドタイムの時刻と連動し、まるで地球が自転するように24時間かけて一周する。インダイアル上のカーブ形状の針は、ワールドタイムの都市のタイムゾーンを指し示し、針が上半分に位置するときは18時〜6時の夜間、下半分では6時〜18時の日中を表現。昼夜を感覚的に把握できる。
また、スマートフォンリンク機能をさらに進化させた時刻取得システム「Accurate Time System」を開発し、『EQB-600D』と連携するアプリ「CASIO WATCH+」に組み込んだ。インターネット上で時刻情報を提供するタイムサーバーにアクセスし、独自のデータベースと照合することで、現在位置におけるタイムゾーン情報とサマータイム情報を抽出し、精度の高い時刻を取得できる。
http://www.casio.co.jp/

04/20(Wed) <セイコー ドルチェ&エクセリーヌ>からエターナルブルー限定ペアモデル
「ハネムーンアゲイン」をコンセプトにした大人のペアモデル

《セイコーウオッチ》 <セイコー ドルチェ&エクセリーヌ>より旅先で便利なワールドタイム機能を搭載した、ブルーが基調の爽やかなソーラー電波ウオッチ「エターナルブルー限定ペアモデル」を時計用ケースとしても使えるフェイラーオリジナルポーチ付きで5月13日(金)から全国で発売する。価格は、メンズモデル(SADA035)が140,000円+税、レディスモデル(SWCW105)は160,000円+税で各々数量限定500本。ペアウオッチとしてはもちろんのこと、メンズモデル、レディスモデル各々の単独使いでもOK。
青く澄んだ空や海が広がるクルーズ旅行をイメージし、「幸福」や「平和」の象徴カラーでもあるブルーを基調にデザインしている。クルーズ旅行の寄港先で美しい景色に心打たれる瞬間やドレスアップして出かけるディナー、ゆったりと優雅に大人の時を過ごす二人が改めて永遠の愛を誓うひとときなど、さまざまなシーンで手元を彩る限定ペアウオッチ。
白いダイヤルにさりげなく配した白蝶貝やブルーの時分針が、すっきりとした大人の気品を漂わせている。また、メンズモデル(SADA035)では3個、レディスモデル(SWCW105)では10個のブルーサファイアをアワーマーク(時目盛り)としてレイアウトしており、凛とした表情の中にも大人の余裕を感じさせる華やかな輝きを湛えている。
http://www.seiko-watch.co.jp/

04/05(Tue) ビーチでのグランピングをテーマにした“BABY-G”
20気圧防水とタイドグラフ機能搭載

《カシオ計算機》 “Tough, Cool”をコンセプトにした女性用耐衝撃ウオッチ “BABY-G”の新製品として、ビーチでのグランピングに相応しいデザインと機能を搭載した『BGA-220』(5モデル)を5月14日より順次発売する。
今回の新製品『BGA-220』は、自然を身近に感じられる環境で、贅沢な宿泊や食事などを楽しめる新しいキャンプスタイルのグランピングをテーマにしたモデル。スポーティでありながらも高級感を感じさせるデザインを施し、ビーチでのアクティブな使用を想定して、20気圧防水性能と潮汐情報が分かるタイドグラフ機能を搭載した。
ベゼルにはステンレススチールを採用。ボリュームのある12角形にデザインし、正面にヘアライン、側面にミラーと、それぞれ異なる磨き方を施すことで、上品で質感のある輝きを実現した。文字板中央には、寄せ打つ波を立体的に表現しており、腕を動かすたびにきらめくメタル調の立体インデックスが、スポーティなデザインに上質感をプラスさせている。
ボディカラーには、波や貝殻、水の輝きなど、自然の繊細な色合いを採り入れ、大自然をアクティブに、自分らしく楽しむ女性に向けた“BABY-G”に仕上げた。価格は¥19,000と¥20,000。
http://www.casio.co.jp/release/2016/0405_BGA-220/

04/01(Fri) 『オリエントスター ワードルタイム』の1型3モデル発売
国産唯一の時針と連動する回転リングを装備した
《オリエント時計》 『オリエントスター ワードルタイム』の1型3モデル(150,000円+税)を5月27日より全国で発売する。「オリエントスター」は、1951年に「輝ける星」をイメージして生まれた機械式時計で、「コンテンポラリースタンダード」と「クラシック」という2つのシリーズを展開している。「コンテンポラリースタンダード」シリーズには、ビジネスシーンにマッチした実用的で上質な質感を兼ね備えた数々のモデルが揃っている。なかでも、世界24都市の時刻をひと目で確認できる特徴的な機械式ムーブメントを搭載したモデルが、『オリエントスター ワールドタイム』。都市名を記した内装回転リングが時分針と連動。文字板の24時間表示に都市名が対応し、各都市の時刻が確認できる。精巧な機構を備えた時計だが、国内自社生産の強みを活かし、普段使いできる価格帯を実現した。
http://www.orient-watch.jp/press/details/?press_id=249

03/10(Thu) 『CAMPANOLA(カンパノラ)』から水の波紋をイメージした新モデル
豊かな音色で時を奏でるミニッツリピーターが8年ぶりに登場

《シチズン時計》 時を愉しむための機能を先端の技術で美しく表現したウオッチブランド『CAMPANOLA(カンパノラ)』から、音で時刻を告げるミニッツリピーター機能を搭載した2モデルを4月中旬から百貨店時計売り場や時計専門店、およびコンセプトショップで発売する。
今回の新製品は、8年ぶりとなるミニッツリピーターモデル。コンセプトは、水滴が奏でる音色を楽しむことを目的に、庭園などに置かれた「水琴窟(すいきんくつ)」。手水鉢(ちょうずばち)から地中の甕(かめ)の底にたまった水面に滴り落ちていく水の雫(しずく)をモチーフに、その波紋を文字板デザインに取り入れた。水琴窟が奏でるような透明感と深みのある音色を、ミニッツリピーターの美しい音色のイメージに重ね合わせている。
http://citizen.jp/topics/2016/20160310.html

03/09(Wed) 水深計を初めて搭載した“G-SHOCK FROGMAN”
過酷な水中でのミッションを支える耐衝撃ダイバーズウオッチ


《カシオ計算機》 耐衝撃腕時計“G-SHOCK”より、過酷な水中でのミッションを支える3つのセンサーを搭載したダイバーズウオッチ『FROGMAN(フロッグマン)GWF-D1000』を6月10日より発売する。
このモデルは、水難救助などでの使用を想定し、水深、水温、方位を計測する3つの高精度センサーを初めて備え、大きく進化したダイバーズウオッチ。圧力センサーにより10cm単位で80mまで水深を測る水深計、温度センサーにより0.1℃単位で水温を測る水温計、磁気センサーにより時計が水平でなくても1度単位で方位が測れる自動水平補正機能付き方位計を搭載。水中での捜索や救助活動をサポートする情報をリアルタイムに計測できる。他にも、潜水時間や最大水深、最低水温などを記録するログメモリー機能、浮上速度警告機能など、プロフェッショナルの使用を想定した多彩な機能を備えている。
さらに外装も進化。左右非対称のフォルムを継承しながら、風防には傷つきにくいサファイアガラスを採用、バンドにはカーボンファイバーをインサートするなど、高い耐久性を備えている。また、グローブ装着時でも操作しやすい大型ボタンを採用した。
表面にDLC処理を施した裏蓋には、“FROGMAN”のアイコンとして親しまれている蛙のイラストを刻印。今回はライトを持ってレスキューへと向かう勇敢な姿をデザインしている。価格は125,000円+税と130,000円+税【写真】の2モデル。
http://www.casio.co.jp/

03/09(Wed) <セイコー アストロン>大粒の天然ダイヤが強い存在感を放つ限定モデル登場
世界のラグジュアリー・リゾートを楽しむ大人たちに向けて

《セイコーウオッチ》 世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>8Xシリーズ デュアルタイムより、“ラグジュアリー・リゾート”をデザインテーマに、シリーズ初となる2mm径の大粒天然ダイヤモンドをあしらった500本限定モデル(380,000円+税)を4月15日より発売する。
<セイコー アストロン>は、2012年のブランド誕生以降、デビューモデル(7Xシリーズ)より約30% の小型化とクロノグラフ(ストップウオッチ機能)搭載を実現した8Xシリーズ クロノグラフの発売、そして、二つのタイムゾーンの時刻を同時に表示できる8Xシリーズ デュアルタイムへと常に進化を続け、世界50か国以上で高い支持を集めている。世界のリゾートを楽しむ大人の優雅なひとときをイメージしたこの限定モデルは、上品なピンクゴールド色のケースや、アワーマーク(時目盛り)としてセッティングされたシリーズ初の大粒(2mm径)天然ダイヤモンド、光を反射し美しく輝く24面カットのセラミックス製ベゼル、上質な天然クロコダイルレザーバンドなどにより、華やかで高級感のある表情に仕上げている。
http://www.seiko-watch.co.jp/

03/02(Wed) 新開発の方位計を搭載した“PRO TREK”
方位・気圧/高度・温度を高精度で計測するアウトドアウオッチ

《カシオ計算機》 アウトドアウオッチ“PRO TREK(プロトレック)”の新製品として、自動水平補正機能付き方位計と自然界の多彩な情報を表示するインダイアルを採用し、登山だけでなくカヤッキングや釣りでも便利な『PRW-7000』を7月より発売する。
今回の『PRW-7000』は、登山だけでなく、海や川でのフィッシング、カヤッキング、ラフティングなど、あらゆるアウトドアでのアクティビティに役立つ機能を備えた「Triple Sensor Ver.3」搭載モデルで、自動水平補正機能付き方位計により、時計が水平でなくても1度単位の方位計測が可能となり、体勢を崩しやすいアクティビティ中でも姿勢を気にせず方位を知ることができる。また、センサーを使った計測情報をデジタル画面と秒針で報せるのに加え、タイドグラフ、気圧差、高度差は5時側にあるレトログラードのインダイアルで表示。大型針のスムーズな動きは、デュアルコイルモーターを搭載することで実現した。さらに、目標地点の方角を記録し、その方向へ進むベアリングメモリー機能では、秒針で北を指すのと同時に、インダイアルの大型針で進むべき方角を指し示す。
その他、立体的なインデックスとハイコントラストなフェイスデザインで優れた視認性を確保し、水辺での使用を想定した20気圧防水性能や、釣りに適した時間帯を教えてくれるフィッシングタイム機能など、充実の機能を備えている。価格は¥82,000+税。
http://www.casio.co.jp/release/2016/0302_PRW-7000/

03/02(Wed) SEIKO Sottsass Limited Edition
Feature 見る角度により表情を変えるダイヤルデザイン

《SEIKO》今回の1,000本限定コレクション4モデルは、エットレ・ソットサス作品の過去のアーカイブからインスパイアされたモノトーンカラー。シーンを選ばずに使える洗練されたデザインが特徴で、メタルバンドモデルも新しくラインアップに加わった。
シンプルなケースに2枚ガラスを重ね合わせたシャープなフォルムは、ガラスの裏面に数字や目盛りなどを印刷することで、表示が立体的に浮かんで見える。また、最上層のガラスにはサファイアガラスを使用し、その硬質感が美しさを強調している。価格は¥32,000、¥34,000、¥35,000+税。全て裏ぶたシリアルナンバー入り。
http://www.seiko-watch.co.jp/spirit/sottsass2016/



admin only:
12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637
page:11